「懐疑論」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 懐疑論とは

2019-07-17

数年前、前髪が後退し始めて対策を始めた

寝る時間23時~6時。お肌のゴールデンタイムを逃さない。最近ゴールデンタイムには懐疑論があるが、

どちらにしろ十分な睡眠は肌の炎症を抑える効果がある。

朝起きたらフルーツビタミンサプリ。肌を再生させる働きがある。豆乳を投入し、イソフラボンによって疑似的な女性ホルモンを生成。

肌の維持と髪の毛の増量に繋がる。日中はあまり日に当たらず、ランニングをして仕事ストレスを発散、筋トレをして血流を良くする。

野菜中心の晩御飯と、タンパク質も欠かさずにとり海藻類、亜鉛意識して取ることで髪質を整える。

風呂では頭皮を軽くマッサージし、髪と頭皮の汚れを落としばい菌を増やさない。

数年後、健康で肌の綺麗なハゲが出来上がった。

2019-07-07

昨今ちょいちょいゴキブリにみたいに沸く「e-sports懐疑論」ってさぁ

どれも根拠薄弱で矛盾だらけで自己中心的な論ばかりだからいずれもフルボッコにされてるよね。

いくら野球離れが進んでるからってe-sportsを叩いてもe-sportの成長は止まらない

それどころか逆にe-sports知名度が上がって野球離れどころかサッカー離れにもつながると思うんだが。

https://news.livedoor.com/article/detail/15806304/

https://full-count.jp/2018/12/03/post259338/

2019-05-28

ヴィーガン批判する者はなぜ二酸化炭素排出量削減にも反対しないのか?

見出しレトリックで、「あっちにも反対しろ」ではなく「どっちにも反対しないだろ?」という趣旨です。

もちろん地球温暖化懐疑論者に向けた文章ではありません。

ヴィーガンの主張は主に二つ、「畜産業における劣悪な飼育環境をなんとかしよう」と「畜産業環境に与える悪影響をなんとかしよう」です。

菜食主義者」よりも「反畜産主義者」のほうが正確なのでは、という気もしてきます

前者はエシカルヴィーガン後者はエンバイロメンタル・ヴィーガンと呼ばれ、微妙立場が異なります。まあ両方を兼務している人も多いのでしょうが

たとえばエシカルヴィーガン立場では「まともな環境飼育された家畜の肉は食べてもよい」というヴィーガンすら存在しています

一方で、エンバイロメンタル・ヴィーガンは、環境保護の観点から畜産業問題に着目しているので、動物実験を用いた医薬品化粧品問題には関心が薄いでしょう。

現代の食肉生産の多くは、環境負荷の高いいわゆる 工場畜産 (factory farming) に頼っています。そして私たちは実に多くの家畜動物を消費しています。鶏が580億匹、豚が14億匹、牛が3億匹など。これは1年の数です。想像できますか?

エサとなる穀物生産や放牧のために貴重なアマゾン森林が広く伐採され、土地河川汚染され、温室効果ガスを膨大に排出しています

世界飢餓人口 は8億人。そのようななか、家畜に与えられている飼料の総量は40億人以上もの食事に相当すると言われます

牛肉100グラムを作るためには穀物が1600グラム必要とされているため、穀物をそのまま食べた場合に比べてかなりの無駄が発生しています飢餓問題は基本インフラ教育水準失業率社会構造など複雑な問題が絡みますが、それでも菜食のメリットは極めて大きいものです。

肉食は水も土地エネルギーも浪費します。世界人口2050年に100億人に到達するとも言われているなかで、サステイナブル食糧体制の確保は急務です。

日本エシカルヴィーガン教会かいうところのサイトから引用しました。

エシカルヴィーガンを名乗っていますが)こういったものがエンバイロメンタル・ヴィーガン基本的な主張だと思います

基本的には「二酸化炭素排出量削減」などと同じですよね。

クリーンミート」が「再生可能エネルギー」や「電気自動車」などに相当するでしょうか。

二酸化炭素排出量を削減しようと唱える人に「俺たちに息をするなと言いたいのか?」などと絡む人が(私の観測範囲では)いなかったことを考えると、ヴィーガンに対して「おまえたちは生きているだけで虫や微生物を殺しているのだが?」などと批判することが、かなりズレていることがわかると思います

あるいはヴィーガン側の主張としても「畜産コストが高いので減らしていきませんか? そのためにはまず肉食を減らしませんか?」といったものであれば、納得する人は多いのではないでしょうか。

実際、大半のヴィーガンは、いきなり全人類の肉食を禁止しようだなんて思っていないでしょう。

「できることからやればいい」のです。

ここであなた脳裏には肉屋を襲撃するヴィーガンのことがよぎったでしょうが穏健派ヴィーガン賛同すれば過激派ヴィーガンにも賛同することになるという論法スリッピースロープにすぎません。

まり「なるべく自動車ではなく公共機関を使おう」と同程度には「なるべく牛肉ではなく野菜を食べよう」という主張は成り立つと思うのですが、いかがでしょうか。

ちなみに私はヴィーガンではないので「おまえらヴィーガンは…」と一括りにするようなレッテルはご勘弁ください。よろしくお願いします。

2019-04-28

anond:20190428100230

MMTが主張している「インフレが起きた時」と言うのはイコール好景気な訳で、払えない国民は少数のはず。

それでも払えない国民が出るだろうと言うなら、そもそもMMTが前提としている「インフレが起きた時にカウンターとして増税すれば良い」が成り立たない訳です。

貴方MMT懐疑論者ならこの理屈をもってMMT反論するのをおすすめします。

2018-09-09

科学主義原子力技術

科学主義と単に言う多くの場合ポジティブイメージで語られることはない。

科学主義科学絶対主義科学原理主義科学万能主義科学崇拝主義科学教などという別名もあるように、科学に対して盲信・狂信的な思考や行動・言論を指すからだ。

科学主義唯物論経験論・合理主義・理性主義実証主義などを備えた考え方で、対論として挙げられるべきは、それらの主義・論と対比される主義・論である

科学主義者に取ってみれば、よく揶揄されるディストピア論へ対しても「正しく科学運用されるとディストピアになり得ない」「科学評価基準科学である」と解釈するため、そもそも科学主義者の心理の中に「科学の誤った運用によるディストピア存在しても科学によってディストピアは生じ得ない」とされている。

誤解されがちなのは科学主義は冷淡で感情考慮しない」だが、科学主義者にとってみれば「感情科学によって判定し得るものであるため、本当に誤解でしかない。

昨今の日本では東日本大震災による福島第一原子力発電所事故によって原子力技術運用について懐疑的言論が目立つが、科学主義者は懐疑論科学の参考にしても懐疑論によって原子力技術運用をやめない。

科学主義者に取ってみれば万物の根源力たる原子力の究明や実証主義的な運用は言ってみれば聖書宗教原典の一編の作成へ非常に親しいものであるため、その手は止まるはずがない。

科学主義者は言う「原子力技術人類は扱いきれないのではない。人類がまだ科学を知らないだけだ」と。

このエントリを読み「科学主義者とは対話できない」と思った者は忘れちゃならない。

科学主義とは科学を盲信・狂信することなのだから

2017-07-27

https://anond.hatelabo.jp/20170726215433

これに関してなんだけど、

http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/orcagy/status/888355304450215937

を見てて感じたこと。ちょっと視点は違うけど。

およそアメリカで偽科学批判する人が歴史修正主義親和的であるのは考え難いが本邦はそうでもない。

その理由を、この偽科学批判歴史修正主義批判は違うと言う意見アメリカではおよそあてはまらないのかなって感じた。

「実害性や人が死ぬかどうかで、違う」

これに関してはアメリカの偽科学批判者がまず批判する「創造論」や「ID論」にも当てはまってしまう。

キリスト教原理主義親和性が高く、それらの中にはテロリズムに走るものもいるが、そんなものはごく一部で大部分の創造論者やID論者には当てはまらない。

それに危険性を言うならある集団への差別憎悪偏見助長することの多い歴史修正主義の方がさら危険とも言える。

歴史科学ではなく、追試もできない」

なんというかアメリカの偽科学批判者なら進化論に関する議論で何度も聞いてそうである

進化自体は追試できないし、方法論や手法は違うが現在ある証拠から過去再現する点では古生物学歴史共通しており、原理的に歴史を偽科学から除外することにはならない。

さらに言えば、アポロ計画陰謀論アポロ11号が月面に着陸したこと自体歴史的事実であり、厳密には追試できないが、アメリカの偽科学批判者はアポロ陰謀論否定する。

「専門分野の違いだ」

著名な懐疑論者でThe Skeptics Society創始者マイケル・シャーマーは反ホロコースト否定論でもしられる。

こうして見ていくと、偽科学批判者が歴史修正主義者たりうる理由が良くわからないが注目する点で

江戸しぐさなどは批判している」

そう、実は偽科学批判をしている人も歴史修正主義批判している例はある。

では何で、南京事件慰安婦問題など、日本もっと議論になる歴史修正主義スルーするのか。

これで気づいたのは、それらの南京慰安婦に関する議論日本では、政治的イデオロギー的、感情的な反応が引き起こさる。

ある意味「虎の尾」と言える。

そう考えると、アメリカ政治的イデオロギー的に議論となる創造論を主要なテーマとしている偽科学批判者は「虎の尾を敢えて踏む」どころか「虎が倒れるまでボコボコにして、再度起き上がってくるならまたボコボコにする」くらいの覚悟最初からあった感じなのでは。

実際、創造論ID論アメリカ公教育から排除はされているが、何度も復活を試みようとされている。

虎の尾を踏んだ山本弘氏あたりはネット黎明期から今にいたるまでさんざん難癖をつけられている。

そうやって考えると偽科学批判者の中に感じられる「我々は政治イデオロギーから自由である」と言う勘違いが生じやすかったり「自分政治的イデオロギー立場に反しない限り歴史修正主義認識できるが、政治的イデオロギー立場合致する物は歴史修正主義認識できない」こともなんとなく分かってきたかな。

いわゆるニセ科学批判はその選択性を批判してるんだが、本人は「普通の日本人」として選択したつもりもないから何を批判されてるか分からないところとか

2017-04-05

必要なのは第二の反管理教育運動

1980年代1990年代日本各地において管理教育に対する懐疑論が巻き起こっている中、外山恒一などの若者管理教育廃止のために立ち上がりました。

彼らの運動には犠牲もありましたが、1993年には事実上管理教育の終息を実現できたのです。

そして月日は流れること2013年公共交通利用者激怒させるような事件が発生しました。観光列車ブーム蔓延してしまったのです。

観光列車ブームは様々な効果をも起こしましたが、それはわずか。むしろ反発のほうが大きいです。

観光列車の走っている地域は走る前よりもむしろ沿線住民鉄道離れが加速しているようです。あたか観光列車公共交通を駄目にしているかのようです。

観光列車ブームの暗部に憤った人々がネット上で立ち上がりました。

彼らの思いはたったの一つ「公共交通を返せ」

私たちが出来ることは3つあります

2017-04-02

日本自体貧困化と不寛容社会について考える。

人類貧困問題解決するにあたって有効手段が「戦争」「革命」「高い税金であることは皆が知っている。

日本では2011年から2016年にかけて、戦争の代わりに大災害が起きた。

しかし、それでは貧富の格差は縮小できなかったので、不寛容社会を訴える政権が出てきた。

しかしそれでも上手くいかないと言うことで今度は日本社会根底からの改造が出てきた。

効果としてはいまいちだが、貧困世帯に対する生活環底上げ実施や、富裕層に対する税金の取立ての徹底などにより、結果として相対格差は減少しつつある。

現在日本では天皇制のものへの懐疑論富の再分配の本格化に向けた議論が進んでおり、日本社会は一度リセットする方向に進んでいる。

2019年元号が変わる予定だが、そもそも2020年までに日本共和化されるのではないかという動きまである

いずれにせよ、日本社会2019年に一度リセットされることに間違いはないようだ。

2016-07-11

実行直前に思い浮かんだのは

永遠回帰自然斉一性への懐疑論だったなあ。

もしそうだったら痛い思いするだけ損ではないか、みたいな。

2015-12-29

地球温暖化

2015年地球全体の年平均気温が過去最高を超えることが確実となった訳だけど、

懐疑論ドヤ顔で論じてた人息してる?

2015-10-24

http://anond.hatelabo.jp/20151024012848

2007年IPCC第4次評価報告書(AR4)で、概ね、有識者の間では温暖化しているとの共通認識が持てたらしい。

地球温暖化リスクが一般に認知され始めたのは1980年代の末であるしか地球温暖化に対する懐疑論や、緩和策の費用対効果疑問視する意見などにより、実際に削減義務を伴う対策が始まるまでに多くの議論が行われた。 温暖化が「疑う余地がない」(AR4)とのコンセンサスを得て、対策必要性が広く認識されるまでに約20年間の時間を要した。

2015-02-08

地球温暖化懐疑論

昔は温暖化は起きてないって意見をよくみたけど、それ言ってた人はまだ意見変えてないのかね。宮崎哲也とか。

最近は後退して、温暖化は起きてるけど人間活動とは関係ないって意見をよくみるね。

2014-10-20

スムージー懐疑論

健康のために野菜果物スムージーを作って飲むのが流行っているらしいが、なんでわざわざそんなのとするのか昔から不思議しょうがない。

バナナとかリンゴとかほうれん草とか、そのまま食ったほうが旨いだろ。別にあんなミキサーでドロドロにする必要あるか?

ドロドロを飲むってそんなにうまかないだろ。グリーンスムージーとかマズすぎ。

バナナはそのままかぶりついてモグモグ食ったほうが旨いし、リンゴはシャクシャクの歯ごたえが旨いし、ほうれん草はおひたしが一番。

食材そのまま食えば栄養は変わらないし、アゴ使うから目が覚める。

スムージーとかデザートでたまに飲むからいいんだよ。ミキサーに入れてドロドロにするあの行為がなんか料理やった気になってるだけ。

流動食食ってるわけじゃないんだから食べ物は歯ごたえ感じようぜ。

2014-06-04

範囲が狭いからなのか、いまいち話題として挙がってこない。

明日成立予定の規制強化案への、Twitterでの論点がずれ気味の件。

「いったん創作物対象から外して懐疑論を抑え、厳しい基準を通し、後から対象を広げる」という道筋が濃厚だ。一部は明言されてもいる。

定義の範囲が気になる人が多いようだが、最も問題なのは単純所持」という基準だろう。

調べるまで存在するか否かすら分からないのだから、もしこのまま運用されれば、何の裏付けがなくても疑義を口実にした行使が許される。

事情は少し違うが、例えるなら「刃物はあぶないので、所持したらだめです」「火は危険なので、起こしたら捕まえます」と言われたあげく、部屋にずけずけ入られたら、国民は「治安の為に仕方がない」と納得するのだろうか。

本来は製造、流通といった行動こそ取り締まりの出番なのに、最初から発想にないのか、それともあえて入れてないのか。

せめて「販売目的の所持」などと付け加えればいいのに。

2014-05-26

フランス移民反対の政党首位政党になるのをご存知ですか?

フランス有権者の1/4の支持を得る見込みなのは反移民・反EU政党国民戦線

まあ、フランス以外でもこの流れはある。

スウェーデン 右派民主党が3.3から9.8%へ躍進

デンマーク 右派政党が26.7%の得票率

などなど。

まあ、移民いれようとしている日本も同じ道を辿りそうですね。


5月26日 AFP】22~25日に投票が行われた欧州連合EU)の欧州議会選挙で、フランス極右政党国民戦線National Front、FN)が仏有権者の4分の1余りからの支持を得て同国の首位政党となる見込みであることが分かり、仏政界には激震が走っている。

 仏内務省が発表した開票率80%の暫定結果によると、マリーヌ・ルペン(Marine Le Pen)党首(45)が率いる反移民・反EU政党国民戦線が26%の得票を確実にした。これによりフランス欧州議会に保有する74議席中の3分の1を国民戦線が占めることになる。

 仏経済低迷の責任EUにあるとするEU懐疑論と現政界への怒りと失望という2つの潮流に後押しされた国民戦線は、保守中道連合政党国民運動連合(UMP)の得票率を20.6%に抑え、首位に躍り出た。この欧州議会選で国民戦線は、フランス全土で行われた選挙としては過去最高の支持率を獲得した。

2012-05-20

http://anond.hatelabo.jp/20120520121545

金を出してみた組みだけど

比較的黙ってるなら、批判的でもいいと思うけど

そこまで、いろいろ語るってことは、興味を持っている。ということだよね。どういう側面でも。

そうやって、興味は持つけど、コンテンツに対して金は払わん。というのは、考え物だと思って、懐疑論派だけどとりあえず、金は出したよ。

 

金を出したのに、この程度だなんてがっかりだ。というのは、私は正当な指摘だと思うけど。

カネを出さずに、この程度の事に (買う奴は)ひどいやつだ。みたいな論調って いかがなものかと思う。

買ってもいない商品の文句を言うAmazonレビュワーとかと、同じじゃねーか。この件だけで言えば、買ってない奴はマジで何の迷惑も被ってないだろ。

嘘だろって指摘はいいけど、買った奴が物好きかどうかは、益田に関係ない。

もっといえば、見てもいない映画番宣だけで 金払ってみようとしてる奴に 文句言ってる状態だぞ。

 

第一 まぁ、多少高いとは思うが5000円って、そこまで騒ぐほどの金額でもないだろ。300円の有料メルマガを1年間購読したら3600円だ。そんなもんだろ。

有料メルマガとして売るなら、どうのこうのって。そこまで言い始めたら、読み手の読解力は0でもいい。みたいな話に突っ込む。

少なくとも、嘘を嘘として見抜けないうんぬん。系の論者まで言い始めたら、そらおかしい。おまえ、今まで何つってた?というのは、俺思っていいよね。

嘘じゃね、って指摘は有益からいいけど、それ以上は必要ないだろ。

 

もっと困っている人をとか、なんとかいうなら。見つけ出して、同じ事をしてくれ。そしたら、どっちに払うかはその時 比較して 考える。

この件に対して文句言うなら、見過ごしてもいいけど、こっち=金払った奴にまで文句言うってどういうこと? いくらなんでも、それは、ひどい。

2012-02-23

ゲハブログ地球温暖化懐疑論者に共通すること

  • 基本的に、一次ソースは一部しか確認しない
  • 単なる一人の関係者意見を、その団体の総意だと言い張る
  • 既に十分考慮されている事項について、鬼の首を取ったかのように「こんなことも想定していないのは無能」と騒ぎ出す
  • それがもう想定済みであることを指摘されると、「意見が通らなかったのは不満だが、主張したいことが言えたので満足」と言って逃げる
  • 意見が対立したときに、『一部だけ譲歩』ということができないない
  • 不確定要素を含んでいることを前提とした主張は、その不確定要素を理由に攻撃する
  • その割には、自分の主張には「可能性を排除することはできない」と言って逃げ口を作る
  • 都合の良いデータを出してくれる機関正義
  • 最終的に陰謀論にもっていく

2011-04-16

http://anond.hatelabo.jp/20110416183745

エネルギー形態として電力が好まれるようになって来ている

あーごめんなさい、エネルギー消費を減らすべきではないか?という方向の意味です

>大多数の学者は、地球温暖化していると主張している(地球温暖化懐疑論批判)。

う、うんと、大多数の学者が主張している、が論拠なら思考停止じゃね?

まあ論文は今読んでます

>今回の事故経済的被害はま計算が出ていないが、風評被害を除けば、限定的。都市が吹き飛ばされたわけではない。

ここらへんをサクっと見逃しちゃうところがどうも良くない気がするんだけど。

風評被害をなんで除いちゃうのか、土壌汚染の今後についても少なくとも半年やそこらで元通りにはならないよねー?

わざと論点ずらしてるのかよく分からないけど。

http://anond.hatelabo.jp/20110416180847

個人的には維持はともかく拡大するべきなのか疑問(需要は増えるんだろうけど)

エネルギー形態として電力が好まれるようになって来ている(エネルギー白書)。

どっちかというと地球って今冷却化してるんじゃなかったっけ?

大多数の学者は、地球温暖化していると主張している(地球温暖化懐疑論批判)。

人的被害がなくても30km以内しばらく立ち入り禁止で、世界的にも風評被害が大きくて経済的なダメージかいけど、これって無視しちゃいけないんじゃないかなぁ。

今回の事故経済的被害はま計算が出ていないが、風評被害を除けば、限定的。都市が吹き飛ばされたわけではない。

30Km以内でも、一部の地域は屋内退避指示が解除されている。放射線の濃度もずいぶんと低下しているし、水道水などの放射線物質の混入も観察されなくなっている。

土壌汚染がどうなるかが注目されているが、どうなるかについては誰にも十分な知見は無い。

2011-01-19

議論をすることは、他者及び論じうる価値存在を前提にしている。

懐疑論がその前提にまで及ぶと、自己矛盾が生じる。

故に、およそ議論をする者はすべて、他者及び論じうる価値存在について反懐疑論であるといえる。

むずかしげなことを言ってみたいだけなので、おこらないでください。

2010-06-05

ナイーブなエコとナイーブな反エコ

切込隊長ブログ記事「なんかエコ活動とかやってる奴がいるけどさ」に、ブクマを見るとほぼ全面支持なのに驚いたのでちょっと書いてみる。「エコ」がこれほど不人気となると正直、日本人類未来は暗いと思わざるを得ないからだ。またその一方で、そうなるのも仕方がないのかなと諦観する気持ちもある。理由は、グリーンピースをはじめとする「環境保護団体」には確かに、隊長が指摘するような非合理性と偽善性がつきまとっており、一般人が不信感を抱いて当然だからだ。

なお、私は環境問題専門家ではなく、市井の理工系の人間に過ぎない。ただ、多少の科学知識があればこの程度のことはわかるはずだということを示すためにこの記事を書いている。

物理のセンスのない「エコ」活動

隊長曰く、

なんかみんな、エコバッグ持ってたり、スタバとか逝ってマイカップ持ち込んで飲んでたり、してるけどさ。

本当にエコとか考えてるなら、風呂の回数減らせよ。一日おきでいいだろ。ドライヤーも使うなって話だ。マイカーぶんぶん通勤してる奴が、得意げになって使用済み天ぷら油の再利用とか言ってて馬鹿なんだろうかと思う。

これは全くその通りと言わざるを得ない。ここでは話を単純化してCO2の削減についてのみ考えることにすると、生活の中でCO2を直接的・間接的に最も排出しているのは自動車光熱費(特にエアコン)であるのは余りにも明らかなのだ。CO2は基本的に炭素を含むものを燃やしてエネルギーを取り出したときに排出される。そして、物理を少し学んだことがあれば自明のことなのだが、日常生活の中ではものを動かしたり熱したりというのが圧倒的にたくさんエネルギーを使うことなのだ。そして、50kgぐらいの人間1人を動かすために、1tぐらいの乗り物を使い、そしてゴムタイヤでアスファルトの上を走る自家用車というものがいかに、たとえば鉄道と比べればエネルギー効率が悪いかは明らかなわけで、エコバッグとかマイカップとかをやっていても車通勤をしているだけでおつりが来るぐらいのCO2を排出することになる。

つまり、個々人が「忍び難きを忍び、堪え難きを堪え」るような「エコ」活動は自己満足以外の意味はほとんどないのだ。

本来の「エコ」とは何か

では、本当の「エコ」とはなにか。上に書いたことからおわかりだろうが、エアコン冷蔵庫を高効率のものに買い換えさせ、人間やものが移動する必要を減らしつつ、できるだけ自動車依存しないように路面電車の整備や業務のIT化を進めていくといった社会構造の改革をするほかない。同時に、エネルギー源をできるだけ化石燃料依存しないように、その方面での技術開発も進めていくことだ。

要するに、「エコ」とはどこまでも今後のエネルギー資源戦略の話であり、マクロ経済都市工学、そしてエネルギー工学といった堅い分野の成果を積み上げていく話なのだ。本質的に、「忍び難きを忍び、堪え難きを堪え」たり、経済成長を否定したり、科学技術を悪と糾弾したりするような話ではない。

ちなみについでに言うと、温暖化CO2原因論に対する懐疑論跋扈している(どういうわけか、池田信夫氏を筆頭にラディカルなリバタリアンは判をついたようにそうなのだが)が、化石燃料の枯渇を見据えればどのみち取らねばならない対策は同じである。だからそのことは考えなくてよい。

もう一つ、隊長の書いている

環境を考えて、太陽電池パネルをつけました」とかさ。太陽電池パネル生産するのにまず二酸化炭素エネルギーロスがかかるっつーの。

はよくある誤解で、最近では太陽電池では余裕でエネルギーの元が取れるようになっている。

ニューエイジ運動による「エコ」の簒奪

ではなぜ、このような誤った「エコ」のイメージとそれにたいする反感がここまで広まってしまったのか。それは、グリーンピースに代表される環境保護団体の姿を考えてみるとわかりやすい。彼らの中には菜食主義、呆れるほど不合理な反捕鯨運動経済成長科学技術物質文明への否定的評価、そしてオカルトじみた「スピリチュアル」といったイデオロギーへの親和性が強く見受けられる。これは本来、上に述べたように「エコ」と必然的な結びつきはどこにもない。にもかかわらず、世間では「エコ」というと、もっぱらこうした偽善的で胡散臭い印象ばかりがはびこってしまっている。これはなぜなのか。

答えを書いてしまうと、これは近代現代欧米に特徴的な「ニューエイジ」と呼ばれるある種の疑似宗教社会運動の産物なのだ。ダーウィン進化論などの影響によりキリスト教的思想基盤が揺らいだ後、既存の価値観を否定し、オルタナティブを「東洋」に求める動きが西洋社会には発達した。それが「ニューエイジ」なのだ。西洋にはなぜか、日本のあらゆる事物を「禅」に結びつけ、むやみやたらと親日的な人(それでいて捕鯨のこととなると途端に北朝鮮まがいの反日戦士になる)が多いが、これも一つには「ニューエイジ」の影響である(日本がそれを利用した面も多分にある)。このほか、北京オリンピックへの反対運動の旗印がなぜ「チベット解放」ばかりで「ウイグル解放」ではなかったか、本質的に同じ宗教の分派であるイスラム教があれほど嫌われる一方で紛れもない異教徒であるダライ=ラマがなぜあれほど尊敬されるのか、そういったことにもこの「ニューエイジ」が背景にある。そしてついでに言えば、オウム真理教とか船井幸雄とかはたまた「水からの伝言」といった訳のわからないものは、日本にこうした「ニューエイジ」が「逆輸入」された結果であるといっても間違いではない(早い話、オウム真理教伝統的な漢訳の仏教用語ではなくサンスクリット語やパーリ語をカタカナ書きした用語を使っていたのはこのためだ。これが「阿吽真理教」であったり、ホーリーネームが「マイトレーヤ」や「マンジシュリー」ではなく「弥勒」や「文殊」だったらあれほど信者を集めたかどうか想像してみるとよい。オウム仏教原理主義でありつつ、伝統回帰ではなく伝統否定なのだ)。

少し脱線気味になったが、要するに「エコ」を敵視している人は戦う相手を間違えているのである。グリーンピースをはじめとする「ニューエイジ運動キモいことには何の疑いもない。ああいう偽善的かつカルト的なものは叩いておくべきだと私も思う。しかし、「エコ」全体を一緒くたに攻撃するのは誤爆もよいところなのだ。

おわりに

鳩山内閣エコ政策が嫌悪されたのはこう見ると当然の話だ。鳩山氏の「いのちを守りたい」というエコ政策は、本物の「エコ」のような国家戦略ではなく、もっとナイーブな感情に端を発していて説得力がまるでなかったからだ。鳩山夫人のオカルト嗜好ともども、これも「ニューエイジ」の影響の産物である面が多分にあり、国民偽善臭を嗅ぎ取ったのはおそらく当たっている。

しかし、エコは本来国家戦略であり、未来にわたる豊かな生活を保つために不可欠である一方で、日本国益にも繋がる可能性をも秘めているのだ。上に述べたように「エコ」のためには重工業技術力が強く求められるのだが、これは日本の得意分野であって、中国韓国といった新興国に対して優位を比較的強く持っている分野でもある。同様の事情を抱える独仏が「エコ」に梶を切り、オバマも「グリーン・ニューディール」を提唱しようとしているのはこのためなのだ。日本政府がこの方面に消極的なのは、重電産業に身を置くものとして実に歯痒いものがある。どうか、もっと事実を冷静に理解し、お涙頂戴物語としてではなく国家戦略としての硬派な「エコ」の推進の世論の形成に手助けをしてくれる人が一人でも増えて欲しいものだ。

追記

誤植訂正。b:id:yoh596さんご指摘どうも。

2009-10-11

http://anond.hatelabo.jp/20091010141506

イルカの知能うんぬんだって、脳の体積からくるこじつけですよ

脳の体積よりも、行動や鏡への反応からの推測の方が大きいよ。

もちろん、それが十分な根拠になるかってのには懐疑論もあるわけだけど、

イルカ信者はそう信じている、または「他の動物よりも自意識をもっている可能性が高い以上」、他の動物よりもその分リスクがあるってことを認めるべきと考えているわけだ。

あと、人道的屠殺というのは、動物愛護の観点よりも、

自動化による生産性向上と、屠殺従事者の精神衛生上の対処から

発展したものであることをお忘れなく

それは単純に不正確、動物福祉的側面は無視できないほど大きい。

例えば、マクドナルド契約畜産業者の選別なんかにも、動物福祉思想の強まりが絡んできている。

それと「動物愛護」の問題と「屠殺従事者の精神衛生」の違いがよくわからない。

その精神衛生ってのは動物苦痛の問題とは別なの?

大事なのは何を殺して食べるか、とかではなく

自分の生きる糧となってくれた生命感謝して、

自分の命を大事に生きることでしょうよ

これまでの意見は他人の意見の代弁だったけど、私個人の意見を言います。

捕鯨捕鯨もそれ自体はどうでもいいし、私も肉は食べてます。

でも「食べられた命に感謝してる自分」とか「業を背負って生きる自分」とかに酔ってる偽善は気持ち悪い。

その感謝だの業の自覚だのが牛や豚にとって何の意味があるわけ?お百姓さんや漁師さんに感謝ならわかるんだけどさ。

牛や豚相手には単なる自己満足にしか思えない。

ましてそれを大事なこととかいって偉そうにするのはやめて欲しい。

アニマル・ライツや反捕鯨の人の方が言ってる理屈はわかる分だけ、まだ罵られても納得できる。

2009-08-15

http://anond.hatelabo.jp/20090815052356

アメリカ経済学者デフレ時の金融緩和に反対してる人なんか見たことないけど、懐疑論というのは具体的に誰?アメリカでは金融緩和の手段に関して有効性とかに議論があるだけで金融緩和自体に反対してる人はまずいないんじゃないかと。あとアクセスランキングとかはてぶ数とかでも池田氏日本経済学者でトップなわけで何を根拠に日本ネットリフレが優勢と思い込めるのかがわからん。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん