「ル・グウィン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ル・グウィンとは

2019-04-15

東大入学祝辞琴線が触れた人

アーシュラ・K・ル・グウィンの『左利き卒業祝辞』も、どうか読んでくれ。

きっと損はさせないから。


追記

祝辞を読んだ後に「これ、ル・グウィンじゃん!!」って気づいて興奮してたら、出典書くの忘れてました。

リンクを張ってくれた増田さん、ありがとうございます。お手数おかけしてすみませんでした。

原文は岩波現代文庫の『夜の言葉にのってます

よろしくねがいします。

2019-01-17

anond:20190117000412

梨木香歩ル・グウィンいいですね。綺麗ですね。

山内さんって何書いた人ですか?

2014-05-11

http://anond.hatelabo.jp/20140511043102

なるほど。参考になったよ。

ぼくはいま、ル・グウィンのような本格ファンタジーに(小学生にはやや難しい。中学生以上向け)、バルザックゾラドストエフスキーあたりの大衆文学古典を混ぜたような(ストーリーのわかりやすさを意識)、テーマとしては言語哲学認知言語学カバラを混ぜたような小説書いてるんだけど、ほんと全然読まれないんだよね。そもそも第1話アクセスがないので、目次ページしか見られてないんだ。本文読まれて「つまんね」って切られるなら、自分の実力不足ってわかるんだけど、読まれてすらいないからほんと悲しい。

からつぎ書くときは「なろう」の人気ネタに乗っかろうかなと思った。

2008-09-23

http://anond.hatelabo.jp/20080923035510

確かに似たような話は結構あるよね。

そもそも、問題になっている「全体の利益のために誰かを殺す制度」が、星さん独自の発想なのかも微妙。『生活維持省』の数年前に海外SF既出とかいう話もあるみたいだ。国内にも類似した設定の作品は多い。

海外SFだと、ル・グウィンの「オメラスから歩み去る人々」がそういう設定を使っているらしい(フォーカスを当てる部分はまた少し違うのだけど)。「生活維持省」とこちらで、初出がどちらが先かまでは自分にはちょっとわからないのだけど、きっともっと昔にも同種の設定を使った作品というのはあったんだろうな。創作を評価するときは、パクリかどうかはひとまず置いておいて、その作品の中で何を表現しようとしたか、それがどの程度表現されているかを評価する…という方が健全なような気はする。

イキガミは未読なので何とも言えないけどさ。

追記:もう少し調べたところ、生活維持省1960年で、オメラスは初出が1973年らしいので、一応星新一の方が古い、ということが判明。

   まあ、発言の趣旨は特に変わらないんだけどね。アイディアでなく、その調理法をこそ評価すべき。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん