「日中戦争」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 日中戦争とは

2020-08-11

香港】周庭氏逮捕民主活動家・羅氏「彼女は無期刑を受ける可能性。日本の皆様のサポート必要です」 ★6

サポートってなんだ日中戦争

2020-08-06

太平洋戦争知識ってどれくらい持ってればいいんだ?

日中戦争から続き物とか、総力戦研究所、パープル暗号、開戦の意思決定終戦会議でのドタバタやクーデーターとか、

色々あるわりに人によって違ってたりする。

2020-08-02

戦史叢書、各巻の概要(書きかけ)

.

戦史叢書

防衛研修所戦史室(現・防衛防衛研究所)が編纂した太平洋戦争及び日中戦争大東亜戦争)に関する公刊戦史。

開戦経緯、戦争指導、個々の作戦等について、各種文書口述記録並びに外国の公刊戦史等を元として、記述するもの

1966年昭和41年から1980年昭和55年)にかけて編纂・発刊。

大本営関係34巻 · 陸軍戦史37巻 · 海軍戦史21巻 · 陸軍航空戦史9巻 · 年表1巻の全102巻で構成

戦略レベル以上の分析史料批判に欠ける。旧軍所属していた元軍人が書いているため、身内に係る批判がされにくい。陸海軍対立編纂事業にまで及ぶ。捕虜の取り扱いや占領行政に係る記述が無いか少ない。索引が無い。誤りが多い等の問題点が見られるようだ。

.

.

戦史叢書第099巻 陸軍軍戦備

 日本陸軍の軍備及び戦備並びにこれらに関連する事項について記述官制について記述

 扱う期間は慶応3年1867年)~昭和20年1945年8月15日

.

戦史叢書第008巻 大本営陸軍部<1>昭和15年5月まで

 明治元年1868年から昭和15年1940年5月までの約70年間に亘る陸軍中央部施策中、大東亜戦争関連事項につきその大綱を概説して記述国防上の政策軍令機関等の制定改廃、帝国国防方針の制定改定等について記述

 扱う期間は明治元年1868年)~昭和15年1940年5月

.

戦史叢書第009巻 陸軍軍需動員<1>計画

 主として大正6~7年(1917~1918年)頃から昭和12年1937年)頃までの約20年間に亘る陸軍軍需動員の計画準備について記述徴発制度法令官制計画等について記述実施面については、戦史叢書33巻『陸軍軍需動員<2>実施編』に詳述。

 扱う期間は大正6~7年(1917~1918年から昭和12年1937年)。

戦史叢書第065巻 大本営陸軍部 大東亜戦争開戦経緯<1>

 大本営陸軍部の立場から大東亜戦争日中戦争太平洋戦争)に至った政戦略の経緯や戦争指導について記述。主として「大本営政府連絡会議」及び「御前会議」の運営及び開催に伴う陸海軍及び外交当局の動きについて記述

 扱う期間は昭和6年1931年)~昭和16年1941年8月30日

.

戦史叢書第091巻 大本営海軍部・聯合艦隊<1>開戦まで

日本海軍創設から大東亜戦争」開戦までにおける海軍中央部施策 、開戦から終戦までの大本営海軍部・連合艦隊戦争指導および作戦指導概要記述

.

戦史叢書第088巻 海軍軍戦備<2>開戦以後

 日本海軍の軍備及び戦備並びにこれらに関連する事項を重点的に概述。

 扱う期間は昭和16年1941年11月昭和20年1945年8月15日

.

戦史叢書第043巻 ミッドウェー海戦

 昭和17年1942年6月5日から7日にかけて行われたミッドウェー海戦及びその前後海軍作戦について記述。本作戦は、戦争全般ターニングポイントとみなされている重要な戦役(戦闘)であり、本作戦の失敗(敗北)以降、開戦から常に先手を取り続けていた日本海軍は、守勢に回ることとなった。なお、本作戦は、アリューシャン列島西部要地攻略作戦と一体の作戦として計画及び実行されたものであり、戦史叢書第029巻『北東方海軍作戦』を関係して参照することが望ましい。

 明治戦争勃発前までの海軍作戦構想が概述されている。

 扱う期間は昭和17年1942年1月昭和17年1942年6月

 (但し、海軍作戦構想概略部にあっては明治以降)

.

戦史叢書第046巻 海上護衛戦

 海上輸送及びその護衛について総合的かつ包括的記述

 外地特に南方占領地)から海上輸送は、戦争中の国力維持に対し極めて強い影響を与える。戦争敗因の一大要因として、わが海上輸送力の減退に基づく国力喪失が挙げられており、それらの実相並びに諸対策実態を明らかにするためにも、これらの関連分野全般に亘っての総合研究叙述が必要とされるところである

 扱う期間は明治40年(1907年4月昭和20年1945年8月

.

戦史叢書第082巻 大本営陸軍部<10昭和二十年八月まで

 昭和20年1945年1月8月にかけての大本営陸軍部の作戦指導及び戦争指導の経緯を記述

 扱う期間は昭和20年1945年1月20日~昭和20年1945年8月15日

.

2020-08-01

年表(近現代

関ヶ原の戦い日露戦争

1600-10-21 関ヶ原の戦い

1615-05-07 大阪城落城し、大坂夏の陣終わる。豊臣氏滅亡

1853-05-23 アメリカ艦隊浦賀沖に来航(黒船来航)

1861-04-12 アメリカ南北戦争1865年5月9日まで)

1865-04-15 リンカーンアメリカ大統領暗殺

1867-01-30 孝明天皇崩御

1867-02-13 睦仁親王践祚

1867-11-09 大政奉還

1868-01-03 王政復古

1868-01-27 戊辰戦争1869年6月27日まで)

1868-07-17 東京奠都(「江戸ヲ称シテ東京ト為スノ詔書」煥発)

1868-10-23 元号慶応から明治に改められる。

1871-08-29 廃藩置県

1872-10-16 琉球処分琉球藩設置)

1875-06-28 讒謗律太政官布告)及び新聞紙条例太政官布告公布

1877-02-14 西南戦争1877年9月24日まで)

1877-05-26 木戸孝允死去

1878-05-14 紀尾井坂の変(大久保利通暗殺

1879-04-04 琉球藩廃止沖縄県設置

1888-03-09 ヴィルヘルム1世プロイセン王兼ドイツ皇帝崩御

        フリードリヒ皇太子(フリードリヒ3世)がプロイセン王兼ドイツ皇帝即位

1888-06-15 フリードリヒ3世崩御。ヴィルヘルム皇太子(ヴィルヘルム2世)がプロイセン王兼ドイツ皇帝即位

1894-07-25 日清戦争1895年4月17日まで。宣戦布告1894年8月1日台湾平定終了は1895年11月30日)

1898-07-30 ビスマルク死去

1901-01-22 ヴィクトリアイギリス女王崩御

1902-01-30 日英同盟成立(1923年8月17日失効)

1904-02-10 日露戦争1905年9月5日まで) 

.

日露戦争終結太平洋戦争勃発

1905-09-05 日露両国講和条約ポーツマス条約)締結(日露戦争終了、条約発効は同年11月25日)

1909-10-26 伊藤博文暗殺

1910-08-22 韓国併合ニ関スル条約調印

1910-08-29 韓国併合ニ関スル条約発効

1912-07-30 明治天皇崩御皇太子嘉仁親王践祚元号明治から大正に改められる。

1914-07-28 第一次世界大戦1918年1111日まで)

1921-11-25 皇太子裕仁親王摂政就任

1922-02-01 山縣有朋死去

1922-02-06 ワシントン海軍軍縮条約調印

1923-08-17 ワシントン海軍軍縮条約発効

1925-04-22 治安維持法公布

1925-05-05 普通選挙公布

1926-12-25 大正天皇崩御皇太子裕仁親王摂政)が践祚元号大正から昭和に改められる。

1927-03   昭和金融恐慌

1927-04-05 鈴木商店破綻

1928-06-04 張作霖爆殺事件

1929-10-24 大恐慌

1930      昭和恐慌

1930-10-02 日本ロンドン海軍軍縮条約批准

1931-09-18 満州事変柳条湖事件に始まる)

1932-03-01 満州国建国

1932-05-15 五・一五事件

1936-01-15 日本ロンドン海軍軍縮条約を脱退

1936-02-26 二・二六事件

1936-12-31 ワシントン海軍軍縮条約失効

1937-07-07 日中戦争1945年9月9日まで。盧溝橋事件に始まる。当初は宣戦布告をせず、「支那事変」と呼称

1939-05-11 ノモンハン事件

1939-07-26 アメリカ政府が日米通商航海条約の廃棄を通告

1939-09-01 第二次世界大戦ドイツポーランドに侵攻して始まる。1945年9月2日まで)

1940-01-26 日米通商航海条約失効

1940-03-30 中国汪兆銘政権成立

1940     アメリカ、対日石油輸出を制限

1940-09   アメリカ、対日屑鉄全面禁輸

1940-09-23 北部仏印進駐

1940-09-27 日独伊三国同盟調印

1940-11   日本アメリカの各種交渉1941年12月まで)

1940-11-30 日本中華民国間基本関係ニ関スル条約日華基本条約)調印

1941-01-08 戦陣訓(陸訓一号)示達

1941-04-13 日ソ中立条約調印

1941-06-22 独ソ戦ドイツバルバロッサ作戦を発動したことにより始まる。1945年5月8日まで)

1941-07-26 アメリカ在米日本資産の凍結を実施

1941-07-28 南部仏印進駐

1941-08   アメリカ、対日石油全面禁輸

1941-08-28 近衛首相ルーズベルトアメリカ大統領に首脳会談提案(結局、沙汰止みとなる)

1941-11-26 アメリカ日本に対しハルノート提示

1941-12-08 太平洋戦争日本英米に対する宣戦布告及び真珠湾攻撃に始まる。1945年9月2日まで)

        1941年12月(開戦)~1942年7月頃(フィリピン全土占領)まで日本軍の占領区域は拡大を続ける。

1941-12-16 戦艦大和竣工

.

太平洋戦争

1942-04-18 米空母から発進したB-25爆撃機によるドーリットル空襲東京空襲

1942-06-05 ミッドウェー海戦

1942-07   日本軍、フィリピン全土占領

1942-08-07 米軍ソロモン諸島ガダルカナル島、ツラギ島、ガブツ島、タナンボゴ島に上陸

        (ガダルカナル島の戦い、連合軍の本格的反攻始まる)

1943-04-18 山本五十六連合艦隊司令長官ブーゲンビル島上空で戦死海軍事件)。

1943-05-12 米軍アッツ島上陸5月29日まで。日本軍は全滅し、「玉砕」の語の使用始まる)。

1943-09-30 御前会議絶対国防圏構想を決定。

1943-10-01 在学徴集延期臨時特例(勅令)の公布

1943-11-05 東京で大東亜会議を開催(6日まで)、大東亜共同宣言を発表。

1943-11-22 エジプトカイロ英米首脳会談カイロ会談。26日まで)

1943-11-28 イランテヘラン英米首脳会談テヘラン会談。同年12月1日まで)

1944-03-08 日本軍、インパール作戦開始

1944-04-17 大陸打通作戦(同年1210日まで)

1944-06-19 マリアナ海戦日本軍は旗艦大鳳以下空母3隻と搭載機400機を失い、西太平洋制海権制空権喪失

1944-07   ブレトン・ウッズ協定

1944-07-04 本軍、インパール作戦を中止。

1944-07-18 東條英機内閣総辞職

1944-07-22 小磯国昭内閣成立。

1944-08-02 テニアン島日本玉砕テニアンの戦い)

1944-08-11 グアム島日本玉砕グアムの戦い)

1944-09-11 米軍ペリリュー島上陸ペリリューの戦い

1944-10-20 米軍フィリピンレイテ島に上陸レイテ島の戦い)

1944-10-23 レイテ海戦始まる。

1944-11-24 米軍の新型爆撃機B-29マリアナ諸島より東京を初空襲

1944-12-10 日本軍、大陸打通作戦完了

1945-01-06 ルソン島の戦い(同年8月15日まで)

1945-02-04 クリミア半島ヤルタ英米首脳会談ヤルタ会談11日まで)

1945-02-18 硫黄島の戦い(同年3月22日まで)

1945-03-10 東京空襲

1945-04-01 沖縄戦(同年6月23日まで)

1945-04-12 ルーズベルトアメリカ大統領死去。トルーマン副大統領アメリカ大統領に就任

1945-05-02 ベルリン陥落

1945-08-06 アメリカ広島県広島市原子爆弾を投下

1945-08-08 ソ連日本に対し宣戦布告

1945-08-09 アメリカ長崎県長崎市原子爆弾を投下

1945-08-14 日本ポツダム宣言を受諾

1945-08-15 玉音放送

1945-09-02 日本政府ミズーリ号にて降伏文書調印(太平洋戦争大東亜戦争終結

1945-09-09 日本政府中華民国南京にて降伏文書調印(日中戦争終結

.

戦後占領バブル崩壊

1945-09-10 国共内戦

1950-06-25 朝鮮戦争

1950-08-10 警察予備隊設置(後身は陸上自衛隊

1951-09-08 日本国との平和条約サンフランシスコ平和条約)並びに日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約

        (日米安保条約)調印

1952-04-26 海上警備隊設置(後身は海上自衛隊

1952-04-28 日本国との平和条約並びに日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約発効

        日本占領状態が終了し、独立国

1952-08-05 日本国と中華民国との間の平和条約発効

1952-10-15 警察予備隊保安隊に改組される。浜松に航空学校が設置される(後の航空自衛隊に繋がる)

1953-03-05 スターリン死去

1954-02-01 保安庁に航空準備室が設置される(後の航空自衛隊に繋がる)

1954-05-29 ビルダーバーグ会議初開催

         (於オランダ、ヘルダーラント州レンクム、オーステルベーク(Oosterbeek)、ビルダーバーホテル

1954-06-01 保安隊臨時松島派遣隊編成

1954-07-01 自衛隊法施行自衛隊成立)

        陸上自衛隊保安隊から改組)、海上自衛隊海上警備隊から改組)、航空自衛隊(新設)設置

1954-12   高度経済成長1973年10月まで)

1955-11-15 自由民主党成立(保守合同

1955年11月  1975年4月30日 ベトナム戦争

1956-07   昭和31年度年次経済報告(経済白書)発表(「もはや戦後ではない」)

1956-12-12 日ソ共同宣言発効

1956-12-18 日本国際連合に加盟

1958-08   大躍進政策

1960-06-23 新日安全保障条約発効

1960-12-27 池田勇人内閣、「国民所得倍増計画」を閣議決定する。

1962-10-15 キューバ危機

1963-11-22 ケネディアメリカ大統領暗殺

1964-08-02 トンキン湾事件8月2日及び4日。アメリカによるベトナム戦争への本格的な介入が始まる)

1964-10-01 東海道新幹線開業

1964-10-10 1964年東京オリンピック(同年1024日まで)

1966-05-16 無産階級文化大革命文化大革命)(1976年10月6日まで)

1971-01   世界経済フォーラムダボス会議を開催)設立

1971-06-17 琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定沖縄返還協定)締結

1971-07-15 ニクソン訪中宣言

1971-08-15 ドル・ショック

1971-12-18 スミソニアン協定

1972-05-15 琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定沖縄返還協定)発効(沖縄復帰)

1972-09-29 日本政府中華人民共和国政府共同声明

1973-10-06 第四次中東戦争

         勃発後に産油国による原油公示価格値上げや産油制限が発表され、オイルショックとなる。

1973-10-21 日米欧三極委員会の初会合(於東京

1975-04-30 ベトナム戦争終結

1975-11-15 G7サミット初開催(於フランス・ランブイエ)

1978-01-07 イラン革命(1979年2月11日まで)

1978-08-12 日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約調印

1978-10-23 日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約発効

1978-12-22 改革開放(中国共産党第十一期中央委員会第三回全体会議にて提唱

1985-09-22 プラザ合意

1986-12   バブル景気1991年2月まで)

1987-10-27 1987年大韓民国国民投票

1987-12-08 中距離核戦力全廃条約INF条約)発効(2019年8月2日失効)

1989-01-07 昭和天皇崩御元号昭和から平成に改められる。

1989-04-01 消費税導入(当初は3%)

1989-06-04 六四天安門事件

1989-12-03 マルタ会談終了(冷戦終結

1989-12-29 日経平均株価取引時間中に38,957円44銭の最高値を付ける(史上最高値)。終値は38,915円87銭。

1990-03-27 総量規制バブル崩壊の始まり

.

現代バブル崩壊パンデミック

1990-10-03 東西ドイツ統一

1991-01-17 湾岸戦争

1991-12-25 ソ連崩壊

1993-07   衆院選自民党が敗北し、非自民連立政権誕生する(55年体制終焉

1993-11-11 欧州連合条約マーストリヒト条約)発効(調印は1992年2月7日)

1995-01-17 阪神淡路大震災

1995-03-20 オウム真理教による地下鉄サリン事件

1995-11-23 Windows95日本国内で発売される。

1996-03-23 台湾民主化総統民選となる)

1997-04-01 消費税率が3%から5%に上がる。

1997-07-01 香港返還

1997-07   アジア通貨危機

1997-11-03 三洋証券経営破綻会社更生法適用申請する)

1997-11-17 北海道拓殖銀行経営破綻公表

1997-11-24 山一證券経営破綻公表

1998-10-23 日本長期信用銀行、破産国有化

1998-12-13 日本債券信用銀行、債務超過国有化

2001-01-06 中央省庁再編

2001-09-11 アメリカ同時多発テロ事件

2003-03-20 イラク戦争201112月15日まで)

2006-12-30 サッダーム・フセイン死刑執行

2008-09-15 リーマン・ショック

2009-09-16 鳩山由紀夫内閣総理大臣に指名される(政権

2020-07-18

いや、日中戦争というのがありましてね。

アメリカとなぐりあえる、ということは、中国とも殴り合えるという国がいるという、ことでして。えぇ。

あんがいわすれらてるんだけどよ

元中国と本家アメリカと、戦争しているバカ?っていう国がいるんだけどよ 知ってる?国の名まえ 国の名は?

2020-07-17

anond:20200717114512

そりゃ今は感染が広がってないから。

かつコロナはなんとか医療容量に足りる範囲だったらある程度死者が抑えられることもわかってきた。しか医療容量が足りなくなると一気に死者が増える。

経済優先は感染拡大の許容でしか無い。コロナ恐れずに足らずというのは医療容量が足りた上での話。

スペイン風邪は2年間で全人口の1/4が感染した。この内1/5が同時にかかるとして、2割が重症化するとして、人口1%重症病棟があればできるよ。

GoToの1兆円を検査拡大と医療容量拡大に打ち込む。検査拡大で感染速度を遅らせた上で、その間に医療容量を拡大する。無論空床の間は病院にとって負荷があるから損失補填する。

そこまでやるのならGoToもできるというか、感染しても受け入れられるから普通に近い生活を遅れる。

いまは第二次大戦とき中国講和を蹴倒して、アメリカが一旦お前中国からでろと言って、アメリカイギリスの介入を招いた後そのままアメリカイギリス戦争をするようなもの

そして兵站無視というのもよくにてる。

日中戦争をさっさと終わらせとけばよかったのにねぇ。

今で言うならきちんと感染拡大に備えた準備をしてからだわ。

2020-07-08

anond:20200708102412

もともとの土地は狭すぎ、何もなさすぎ
日中戦争後の交渉中国代表して発言した独仏露が中国領土のリースを言い出す
英も便乗して香港周辺の土地を99年借用
WW2で日本香港GET敗戦で不当に強奪した土地は元の持ち主へ
米中「そういや香港ってもともと英が中から戦争強奪
英「リースしてた土地がないとやっていけないし、再借用するのはコスパいからまとめて返すわ」

2020-06-28

歴史は繰り返すのだろうか

1930-31 昭和恐慌     2011 東日本大震災

1936 東京五輪招致成功   2013 東京五輪招致成功

1937 日中戦争勃発     2019 新型コロナウィルス流行

1938 東京五輪返上      2020 東京五輪延期決定

1941 真珠湾攻撃成功      2020 感染者数を抑え込んだ日本しゅごい!

1945 敗戦        202X (五輪招致成功を起点にすると2022年くらい? 何が起こるのだろう……)

2020-06-27

anond:20170809013919

日中のどっちが正しいかとかそういうのはいらんから、なぜ立ち止まれなかったのかを考える材料提供してほしい。

立ち止まれなかった時点で(立ち止まるべき戦争であったという時点で)日本が悪いって結論出てるじゃん。

そしてこれが日中戦争をガン無視する理由にもなっている。

日本の悪の証明書からな。

まあ、太平洋戦争を「植民地解放正義戦争」と言い張るのも無理すぎるんだけど。

2020-06-26

anond:20170809013919

メモ感想

.

>なぜ立ち止まれなかったのかを考える材料提供してほしい。

加藤陽子の本(『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』等)が参考になるかも

.

>そりゃ大きく変わったのは事実だけど、ずっと前から変わっていたんじゃねーの?

そのへんを考えると、日露戦争終結あたりから歴史を見ていった方が良さそうだな

他のコメントブックマーク含む)を参照してみると、結節(ターニングポイント)としては例えば、以下が挙げられるようだ

開国ペリー来航)

征韓論

台湾出兵

日清戦争

日露戦争

シベリア出兵

世界恐慌

満州事変

・五一五事件

盧溝橋事件

・第二次上海事変

トラウトマン工作

.

>ここから既に国内人材物資徴発が始まっていたわけで、いわゆる戦時下体制内閣は挙国一致内閣

マスコミは1937~1941年もっとスポットあてるべき。

1940年体制』(野口悠紀雄)ってやつかな?

.

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20170809013919

ブックマークコメントで、

>それを言ったらペリーが来たときから

日中戦争満州事変帰結で、満州事変日露戦争ロシア革命辛亥革命の延長線上にあり、日露戦争日清戦争維新の不平士族征韓論が背景にあり、維新関ヶ原の… つまり卑弥呼黒幕だったんだよ!

とある

こういうような考え方をして、信長時代から維新まで歴史を説き起こしたのが徳富蘇峰近世日本国民史』だったような気がするな(ふと思い出した)

.

anond:20170809013919

日中戦争ってなんで日本が負けてんだ

教育でも兵器の質でも圧倒してるのに何で負けてるん?

日本軍ってひょっとして精神的に雑魚なのでは

anond:20170809013919

日中戦争重要なのはくその通りなんだけど、それを言うなら盧溝橋事件日華事変/日支事変)からじゃなくてせめて満州事変からにしないと....

anond:20170809013919

日中戦争ですら戦前日本が変わりきった後だからでは

日本軍国主義に至った究極の変化は、広田内閣における軍部大臣現役武官制復活あたりじゃないか

あれで陸軍が気にくわない内閣が成立しないようになったから、それ以降は全て慣性だろ

知らんけど

anond:20170809013919

まあ、日中戦争だけなら、日本民間人ほとんど死なずに済んだわけで

先の戦争日本をめちゃくちゃにされた悲惨戦争、という文脈なら、対米戦争だけしか見ないのは仕方ないかもね

日本対外政策の腐りっぷりは、第一次世界大戦から後、シベリア出兵山東出兵張作霖爆殺とずっと続いて

日中戦争もその延長上って感じだからなあ

2020-06-22

anond:20200622120857

アメリカの参戦は日中戦争に対する介入としてやられたの知らんのか?

anond:20200622120247

アメリカ中国に対してやりたい放題やってた日本に対する(日中戦争)の介入としてなされたのですが?

中国有色人種ではなかった?

anond:20200622115513

そもそもトラウトマン和平工作中国側講和受け入れをそのまま受け入れていれば、満州国存続、朝鮮半島日本領でそのまま日中戦争終了でした。

そもそもアメリカについては日中戦争で負けそうな中国が泣きついてきて、アメリカ中国に加担しただけのもの

2020-06-02

anond:20200602001302

日中戦争から太平洋戦争も途中で止めるチャンスがないわけじゃなかったけど

「ここでやめたら戦死した英霊に対して申し訳ないと思わないのか」

一言でずるずる続いたんやで。

2020-05-18

安倍首相退陣シナリオはあるか?

風呂入りながらふと思いついたので。

はじめはどうやったら有罪になるんだろうかと思ったけど、いまの検察にそんな骨のあるやつはいないよな、と思い直したので、退陣というタイトルにした。

きっと指揮権発動という会心の一撃が炸裂するんだろうなぁ。

まぁぼんやりこんなこと思ったわけよ。

1.諸問題山積みにも関わらず、東京オリンピックをなんとか無事開催させ、なんだかんだいいながら任期満了退陣

2.2019年夏の参院選公職選挙法違反からみで連座制から有耶無耶帳消しを狙い、解散総選挙退陣

3.自民党内で水面下で動きがあり、突如(でもないか)マスゴミの手のひらクルー世論誘導が一気に加速し安倍おろしが起きる。

4.東京オリンピック間際に天変地異がおきて、今回のコロナのような後手後手の対応しか取れず、世論に屈し退陣

5.尖閣沖縄めぐり中国と第二次日中戦争が起きる。結果は知らん。

6.お腹痛くなる(二度目)

7.宇宙人襲来

まぁ、お花畑かもしれんが、どんなシナリオだったら現実味がありそうかなと。適当しかニュース見てないから、こんな考えしかかばないんだけどな。ゴメンな。

日本の隠れたNo.1シンクタンクであるはてなー諸兄のご意見拝聴したく。

2020-04-07

anond:20200407211326

日中戦争の発端となった盧溝橋事件中国共産党軍が日本軍国民党軍双方に発砲して始まった。

米国ルーズベルト政権内には多数の共産主義者が潜入して石油禁輸などの強硬対応をとって日本を対米宣戦に追い込んだ。

日本国内ではゾルゲ尾崎一派によるスパイ活動日本の出方はスターリンに通じていた。

先の大戦敗戦革命企図した国際共産主義運動工作というのが定説となってきている。

2020-03-16

東京五輪って一度中止

東京五輪。中止なのか延期なのか、それとも予定通りの開催なのか?

東京五輪って一度中止になっているんだよね。

1940年日中戦争で。

日本の新型コロナ感染者数は比較的少ない数で推移してる。

検査体制や軽症者スルーのような対応に対する問題

自粛ムード休校解除後の人の動きの問題

そこらが解決できれば収束に向かうかも

ただ、国内での問題解決されても

多くの国の問題解決されない限り、選手応援団も来れない状況にはなるのかな?

やっぱり、漏れ伝わってる2年後延期が現実的なのかな?

2020-02-22

ジョーカーゲーム原作)超おおおおおおおおおおお面白いな!

アニメ化されたんだっけ?なんか腐女子に人気ありそうな感じ?

ぐらいに思ってたんだけど、読んでみたら、何だよ普通にエンタメじゃーん!しかも、このミス2009と2010年シリーズ連続で2位に入ってたことにも今さら気付いたわ。

帝国陸軍スパイ養成学校「D機関」のスパイ達の活躍を描く短編連作シリーズ(既刊3冊)。日中戦争太平洋戦争開戦ぐらいという、どうやっても暗く深刻になりそうな時代舞台にしてて、実際明るいとは言えない内容だけど、それでもいい意味で本当に軽やかでスラッスラ読めてびっくりした。およそあらゆる技能精通したD機関スパイ達が意外な手段他国スパイを出し抜いたりする展開はほとんど俺TUEEEだし、短編コンパクトさも読みやすさに貢献してるんだろう。

おもしろいのは、連作ではあっても、レギュラーキャラクターほとんどいないところ。D機関の長である結城中佐がほぼ唯一のレギュラーで、他のキャラは基本使い捨て(必ず死ぬという意味ではない)

スパイ達の本名は明かされず、任務に合わせて与えられる偽名でのみ呼ばれる。だから、もし仮にあるエピソードで登場したスパイ既出キャラだとしても、読者はそれに気付くことさえできない。それぞれのスパイがD機関選抜試験を受けた際の感想に、ほとんど同じ表現を繰り返し用いている(「自分以外にこんな面倒な試験パスする者はあるまい」など)ところを見ても、意図的キャラとしての固有性を消しているっぽい。スパイが顔のある個人として描かれるのは、機関を辞める時だけだ。

にもかかわらず、このシリーズにはやはりキャラクター小説的な読み心地を強く感じる。それは、結城中佐の圧倒的な存在感や、D機関スパイ以外の毎回のゲスト描写もしっかりしてる(彼らの視点で進行する話の方が多いぐらい)ということもあるが、最大の理由は、名前の無いスパイたちによって構成されるD機関のものが、一つのキャラクター」「主人公」として描かれている、ということなんじゃないだろうか。キャラクター小説という意味ではたしかアニメ向きかもしれないけど、これ実際どういう風に料理したんだろう?

アニメ化されてからですらもう4年も経っている作品だし、たぶんものすごく周回遅れの話をしてるんだろうけど、あまり面白かったのでつい興奮して書いてしまった。アニメしか見てない人もいちど原作を読んでみてほしい。自分もあとでアニメを見てみる。

(唯一の不満は、表紙の結城中佐らしき人物軍服を着てること。「一見して軍人とわかる者(略)は何人といえども絶対に出入りさせるな」とすら言ってる人なのに!しっかりしてくれ森美夏

コロナ(COVID19)と日本厚労省

今回のコロナウイルスで一番心配なのは厚労省

感染拡大阻止に無知

・正しくない目標を持つ結果

感染蔓延を進めてしま

ことだ。

https://www.pref.kumamoto.jp/common/UploadFileOutput.ashx?c_id=3&id=30386&sub_id=43&flid=222592

この熊本県の発表で分かることは、コロナ感染者だった発症者が風邪症状が5日続き、インフル陰性で38.6度であってもコロナ検査されていないということ。

発症前のコロナ感染者は感染力は低い。そもそもウイルスが少ないし、咳くしゃみなどでのウイルス拡散力も小さいからだ。

だが、この感染者の感染力が高かったのは容易に想像がつく。

では、なぜこの患者検査されないのか。

現在厚労省感染者数を減らすことに努めているから、というのが合理的な答えだろう。

厚労省職員クルーズ船乗船者の対応

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3911566.html

市井の声

https://twitter.com/Emi333333333332/status/1230846889559375872

を見てもその傍証と言えるだろう。

事実、1日の検査可能数は3000を超えているはずなのだから

https://www.yomiuri.co.jp/national/20200218-OYT1T50112/

こういう例で優先的に検査しないのはむしろおかしな話である

さすがに厚労省人間もそこまで愚か者揃いではなかろうからリーダーおかしいのだろう。その意味で冒頭の厚労省厚労省リーダーということだ。

その人は感染蔓延より今の感染数を少なくすることに努めているようだ。

重症コロナ感染者を早く発見し、その患者を優先治療することがコロナ拡大阻止の王道だろう。

そうしないと感染者の増加により重症者が増え対応不可になる。

武漢で起きたのはそういうことで、相模原はすでに病床がない。

https://www.kanaloco.jp/article/entry-278014.html

今後全国各地がこうなっていってしまうだろう。

400病床交換した藤田医科大の英断無駄になってしまう。

この方針を続けるとそうなってしまうのは避けえず、東京五輪はなくなり、安倍政権もさすがにもたないだろう。

悲しいのはその結果は日本にとっても自民党にとってもその厚労省の人にとってもいいことではないだろうに

日本の誰も与党野党も勇敢な医師もそれを止められなさそうということである

1940年東京五輪は予定されていた。

奇しくも当時は冬の五輪も同年で、札幌で開催予定だった。

それは1938年7月日中戦争の拡大に伴い返上されるのだが、ちょうどその頃、日本軍は武漢作戦実施中であった。

直前までIOC実施に向けた交渉を行った嘉納治五郎翁は交渉の帰路、肺炎で儚くなられた。

戦後日本物語が終わろうとしている。ただただ悲しい。

2020-02-20

岩田教授批判した組織が重層だからって理由

組織が重層でだれも指摘する必要がないから、最善最善を尽くしてるから赦してくれ、批判すんな?

それって、かるーい気持ち日中戦争トラウトマン和平交渉蹴って、アメリカの介入招いて日米戦争になってボコボコにやられて日本全土を焦土にしたどこぞの戦争と何が違うんだ?

しかも、あのクルーズ船の乗客おろし公共交通機関で帰らせようとする有様。

首相はふぐ食ってる有り様。

マジでパンデミック起きるぞ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん