「森永」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 森永とは

2022-06-13

anond:20220613103945

ちな食料品の過剰包装が始まったのはグリコ森永事件が始まりやで。

グリコ森永事件っていうのは…まあググって調べて。

それまで食料品の多く、例えばキャラメルなんかは紙箱そのままの状態で売っててフィルムで包まれてなんて居なかった。

キャラメルの個包装はされてたよ)

食料品でそんな状態から雑貨品なんて開封されていたとしても気づけない構造なのが当たり前だった。

なんて話は老人の豆なんだけど、最近その記憶が正しいかどうかが怪しくなってきているのが悲しい。

ひょっとしたら記憶捏造してるかも。

間違ってたらごめん。

2022-06-02

不買と不買運動を混ぜないでもらいたい

anond:20220601000620

資本主義経済における商品購買行為基本的択一選択形式を取るからして、個々人の購買というのは不買の裏返しである

たとえば「明治おいしい牛乳」を買う=「森永のおいしい牛乳」を買わない、ということだ。

このとき購買者は森永社員雇用安定に対する責任を負うか? 負うわけがない。そもそも商品選択理由説明する責任からして無い。

あたりまえだよな。購買者は個々人の自由意思商品選択し、選択理由内心の自由範疇だ。

しか不買運動はそうではない。運動は怒りによってしか起こらない。義憤と言ってもいい。

まず明治なり森永なりに対する怒りがあって、その憤怒の発散行為として企業処罰するために声を上げ、不買運動扇動する。

これは目的が怒りの発散であり処罰から、たいして責任のない社員給料が下がるのは、よくて已むを得ない犠牲だし、たいていの場合メシウマである

そこで逡巡するような人はそもそも不買運動なんてやらない。

不買運動扇動する連中は悪徳企業における善意従業員に対して責任を負うか?

道義的には負うだろうが、それ以前にまず不買運動という営業妨害なり名誉棄損なり風説の流布なりといった具体的加害行為責任を考えるのが先だろう。

個々の購買者は不買行為責任を負うか?

負うわけがない。不買行為不買運動への加担ではない。

2022-05-25

はせがわくんきらいや」1976年1955年に起きた「森永ヒ素ミルク事件」で被害を受けた(と記...

2021/5/14

はせがわくんきらいや」 1976年

1955年に起きた「森永ヒ素ミルク事件」で被害を受けた(と記述している)作者と同じく被害者で後に亡くなった(はせがわくん)との触れ合いを描いたものである

作者は体の弱い、野球しても打てない、走れない、鉄棒しても出来ずに落ちてしま友達を「はせがわくんなんかきらいや!」と言いながら支え合っていく。

ある日、はせがわくんのお母さんに何気なく「何ではせがわくんは体が弱いの?」と尋ねる。

お母さんは困った表情をして「あの子赤ちゃんの時に毒の入ったミルクを飲んで体を壊してしまったの。」と教えてくれた。

「何で毒の入ったミルクなんか飲ませたんやろ?」と分からずじまいであったが

はせがわくんが一緒に山に行きたいと言えば一緒に行き、帰りは「はせがわくんなんかきらいや」と文句を言いながらはせがわくんを背負って家まで帰る。

この物語は「相手と接して理解し合う」事の大切さを教えてくれていないだろうか?https://go2senkyo.com/seijika/181114/posts/241095

2022-05-20

90年代前半のオリコン月間ランキングを眺めて知らなかった歌手ピックアップしていく

オヨネーズ麦畑

1990年1月の3位。わざとらしく東北弁を効かせたデュエットソング。90万枚の大ヒットだったらしい。

地方出身アーティストが真面目に歌っている…というわけではなく一種コミックソングの扱いだったようだ。

CoCoはんぶん不思議

1990年2月の8位。90年代前半に活躍した女性アイドルグループらしい。

おニャン子モー娘あいだの「アイドル冬の時代」において気を吐いていたアイドルの一つという感じか。

高野寛「虹の都へ」

1990年2月の13位。線の細い感じの男性シンガー

パッと聴いた感じは徳永英明稲垣潤一と似たような印象を受けた。

THE FUSEBoysGirls」

1990年3月の16位。ホコ天で人気のあったロックバンドらしい。

かにそれっぽい曲調。明るくノリのよいビートロック

AURA「愛・オーランド

1990年4月の19位。イカ天出身ヴィジュアル系バンド

当時のヴィジュアル系ってだいたいメタルパンク由来の「硬派」「尖ってる」感じを出してるイメージだけど、

このAURAは、ヘビメタ色の薄いコスプレ的な見た目、コミカルなほど明るい曲調など、後年のヴィジュアル系にかなり近いと思った。

NORMA JEAN「GET A CHANCE!! 」

1990年5月20位。イカ天出身ガールズバンド

いかにもプリプリの影響を受けて出てきましたという感じ。時代を感じる。

ribbon「あのコによろしく

1990年8月の19位。CoCoと同じテレビ番組から登場したアイドルグループらしい。

永作博美ってこれでデビューした人だったのか。

SHORT HAIRS「トランジスタグラマー

1990年9月の18位。レベッカNOKKOが、NORMA JEANの元ギタリストと組んで、レベッカ解散直前に一曲だけ出したもの

ギタリストの人がNOKKOのヘアメイク担当していた繋がりらしい。

BY-SEXUAL「FLAPPER」

1990年11月の19位。正統派な感じのヴィジュアル系ロックバンド

Wikipediaによると「日本一下手なバンド」として有名だったらしい。

丸山みゆきFIRE

1990年11月20位。テレビドラマスクールウォーズ2」の主題歌ということで、1の主題歌ヒーロー」を意識した洋楽カバーにしたんだろうか。

他の曲を聴いてみると、もっと大人しいアイドル然とした曲を歌っていたようだ。

晴山さおり「一円玉の旅がらす

1991年1月の18位。NHKみんなのうたからヒットしたという演歌調の曲。歌手は当時16歳。

消費税導入で(端数を支払うための)1円玉に注目が集まっていたという背景もあるらしい。

BAKU「ぞうきん」

1991年2月の16位。ホコ天出身らしい。

学校に提出するぞうきんのことを歌った明るいユーモラスな曲。

児島未散ジプシー

1991年3月の6位。物悲しい雰囲気歌謡曲

先日亡くなった俳優宝田明の娘らしいが、宝田明あんまりピンと来ないな…。

KATSUMI「Just time girl

1991年5月の6位。爽やかで癖のない男性シンガービーイング系っぽい(ビーイングではない)。

障子久美「あの頃のように」

1991年6月の13位。松任谷正隆プロデュースデビューした女性シンガーソングライター。

歌唱力で売っていた感じなんかな。ちょっと広瀬香美を思い出した(デビューは障子久美のほうが先)。

上田知華I WILL

1991年8月の19位。楽曲を聴いただけではあんまり引っかかりのない普通の曲だという印象。

当時からいろんな歌手楽曲提供して実績のあった人らしい。その中でいちばん有名なのは今井美樹の「PIECE OF MY WISH」か。

昨年亡くなったらしい。

L.L BROTHERS「L.L BROTHERSのテーマ

1991年10月の7位。ヒップホップ系。まだヒップホップが広くは定着してない頃だよねたぶん。

テレビ企画高校生制服対抗ダンス甲子園」で優勝してデビューしたらしい。

SUPER CHIMPANZEE「クリといつまでも

1991年10月の15位。何だと思ったらサザンオールスターズ桑田佳祐だった。

加納さん「加納さんのいいんじゃないっスか」

1991年10月20位。何だと思ったらウッチャンナンチャン南原清隆だった。

楠瀬誠志郎「ほっとけないよ」

1991年12月の7位。ピアノを弾きながら歌ってる映像を見て「愛は勝つ」のKANかと思った。

ピアノ弾きながら歌う系男性シンガーがちょいちょい出ていた時代だったのかな。

山本英美Christmas in the Blue

1991年12月の16位。名前女性かと思ったら男性シンガーだった。

「X'mas in the Blue」と「Christmas in the Blue」とがあって発売時期も違うみたいだが何が違うかよくわからない。

中西圭三Woman

1992年2月の13位。声のいいおっちゃんが歌ってるソウルっぽい楽曲

ZOOの「Choo Choo TRAIN」とブラックビスケッツの「Timing」の作曲者なのか。そう聞くとなんかすごい。

デイト・オブ・バース「ユー・アー・マイ・シークレット」

1992年2月の19位。アーティスト名も楽曲名も歌詞英語洋楽かと思った。

妖しげでトリップ感のあるサイケ楽曲時代を感じさせない。個人的いちばん気に入った。

島田歌穂ステップバイステップ

1992年3月12位。これは洋楽カバーなのか。ミュージカルっぽい発声…と言われたらそうかも。

エリート一家に生まれ英才教育を受けて子供の頃から現在まで芸歴を重ねているらしい。すごい(小並感)。

GAO「サヨナラ」

1992年7月10位。性別不詳の歌手っていうコンセプトがすごいな。確かに見ても性別わからん

RABBIT「Thank you my Girl

1992年7月17位。当時としてもオールスタイルだったのではないかと思われる正統派ロックバンドっぽい感じ。

イカ天出身バンドの中では最初メジャーデビューしたらしい。

KIX-S「また逢える…」

1992年8月の8位。B'zの女性版として企画されたらしい。

ビジュアルはまさに女性版B'z。こういうタイプ女性デュオって他にあんまり思い浮かばないし新鮮だな。

でも楽曲あんまりそれっぽくないな。VガンのEDテーマ歌ってる人なのか。そっちの曲は知ってた。

陣内大蔵「心の扉」

1992年8月の16位。じんのうちたいぞう。すごい名前だ。本名らしい。なんかネットリした歌い方をしてる。

西川幸一リキッドマン

1992年10月の15位。ユニコーンドラマーらしい。

当時、ユニコーンメンバー連続ソロシングルリリースするという企画があったらしく、この曲はその一環ということのようで。

なぜこの曲だけランクインしたのだろう…。

浜田麻里Cry For The Moon

1993年2月11位。女性ロックシンガー草分けとしていくつかのヒットを飛ばした人らしい。

雰囲気としては大黒摩季っぽいかもしれない(もちろん浜田麻里のほうがデビューは先である)。

久松史奈天使の休息」

1993年2月の18位。こちらも女性ロック歌手らしい。

なんか系譜を感じるな。もうちょっと後に相川七瀬とかが出てくるのか。

USED TO BE A CHILD「僕らが生まれあの日のように」

1993年3月の6位。出生率低下を受けた厚生省の「ウェルカムベビーキャンペーンの一環として結成されたチャリティーグループらしい。

メンツ小田和正チャゲアス飛鳥カールスモーキー石井玉置浩二徳永英明浜田麻里山本潤子となかなか豪華。

ちなみに翌年1994年出生率ちょっと回復したらしい。

MULTI MAX勇気言葉

1993年4月17位。こちらはチャゲアスチャゲを中心としたユニットらしい。

チャゲの歌い方って単体で聴く井上陽水に似てるな。

THE WAVES「WE ARE THE CHAMP 〜THE NAME OF THE GAME〜」

1993年5月の13位。これはサッカーの「オーレーオレオレオレー」か。Jリーグ開幕だなあ。

ZYYG「君が欲しくてたまらない」

1993年6月の3位。グループ名と曲名ビーイング系っぽいと思ったらビーイング系だった。

デビュー時は二人組、曲調はロック色が強い感じで、ちょっとB'z的なコンセプトだったのだろうか。

コルベッツ「瞳を僕にちかづけて」

1993年6月20位。ちょっと古くさいロックバンドという感じ。いまでもメンバー変わらず活動しているらしい。

本城裕二「夢 with You

1993年7月の6位。テレビドラマ「チャンス!」の企画として、久保田利伸の同名の曲を、主演の三上博史が役名でカバーしたもののようだ。

Z団「江ノ島

1993年9月の6位。サザンオールスターズ絡みの企画らしい。よくわからん

Voice24時間の神話

1993年9月17位。男性二人組ユニット双子らしい。ちょっとフォークっぽい曲調。

久宝留理子「男」

1993年10月の13位。女性目線で男を扱き下ろす歌詞おもしろい。ちゃんと本人の作詞なのも良い。

REV抱きしめたい

1993年11月の15位。ビーイング系。クソイケメンやな。

もともとZYYGベースの人と二人で組む予定だったのが音楽性の違いにより決裂してソロユニットになったらしい。

ちなみにZYYGベースの人は音楽性の違いによりZYYGからも早々に脱退しているらしい。

松田樹利亜「だまってないで」

1993年12月の16位。ほのか90年代後半っぽさが混じってきた気がする。

何も知らずに「実は小室ファミリーですよ」と言われたら信じるかもしれん。

高山厳「心凍らせて」

1993年12月の19位。こっちはド昭和だなあ。分類としては演歌になるのか。

東野純直「君だから

1994年2月の19位。爽やかな感じの男性シンガーいかにも90年代っぽいバラード調の曲。

いまは「支那ソバ玉龍」というラーメン屋をやっているらしい。音楽情報ラーメン情報が入り交じるTwitterアカウントおもしろい。

熊谷幸子「風と雲と私」

1994年3月12位。松任谷正隆に見いだされて他のアーティストへの楽曲提供も多数。「第二のユーミン」という異名もあったらしい。

この曲は明るい前向きな感じだけど、他の曲を聴いてみると郷愁を誘うような独特な曲調でちょっとジブリっぽいかもしれない。

池田聡「思い出さない夜はないだろう」

1994年3月の19位。80年代ぽさもある哀愁の漂う歌謡曲という感じ。

藤川賢一「大切な君の胸へ…」

1994年3月20位。しっとりとして高音が綺麗な曲。曲調だけならビーイング系DEENとかFIELD OF VIEWっぽいかもしれない。

To Be Continued「君だけを見ていた」

1994年4月の7位。楽曲としてはあまり癖のない感じ。ボーカル岡田浩暉俳優としてよく見かける(名前は知らなかったけど)。

ICE BOX「冷たいキス

1994年5月12位。こういう氷菓子あったよな、と思ったらガチ森永の「ICE BOX」の企画で結成されたグループらしい。

しかボーカル女性以外のメンバーは、中西圭三池田聡・(久宝留理子「男」を作曲した)伊秩弘将という、この記事で取り上げた人たちばかり。

点と点が線でつながった感覚やね。なんかこの曲の「令和バージョン」もあるらしいよ。

橘いずみ永遠パズル

1994年5月の19位。「女・尾崎豊」と言われたらしい。

暗めの歌詞をパワフルに歌う女性シンガーっていうとあいみょんあたりの先祖なのかもしれんね。

GEISHA GIRLS「Grandma Is Still Alive

1994年8月17位。お笑い芸人ダウンタウン白塗り芸者コスプレして歌うという企画らしい。作曲坂本龍一

Be-B「憧夢~風に向かって~ 」

1994年8月の14位。ソロ女性シンガー

見た目はかっこいいんだけど歌は意外にポップというか可愛らしい。ちょっとリンドバーグっぽいか

しまえに「家、ついて行ってイイですか?」に出演していたらしい。

山下久美子DRIVE ME CRAZY

1994年11月の18位。80年代から活躍しているアイドル(?)らしい。

この頃には30代半ばのはずだけどコロコロとした可愛らしい声だな。

Wikipediaによると「胸キュン」という言葉最初に発した人物だとか。マジかよ。

Dual Dream「Winter Kiss

1994年12月20位。男性ツインボーカルというのが特徴的だ。雰囲気TUBEっぽい。冬だけど。

ソースhttps://cd100.net/oricon/

2022-04-30

anond:20220430233743

そうだねフィクション模倣犯なんて山ほど居るけど模倣犯を出すようなフィクション存在を許してはいけないね

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E5%9B%BD%E3%81%A8%E5%9C%B0%E7%8D%84_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

この映画で用いられた「走っている電車から現金等を落とす」という手法は、1955年の内川清一郎監督の『悪魔の囁き』のなかで使われたものであるが、この後のフィクション作品だけでなく、現実現金受渡し目的犯罪で数多く模倣されている。1963年9月草加次郎事件1965年新潟デザイナー誘拐殺人事件1984年グリコ森永事件1993年甲府信金OL誘拐殺人事件2002年新城市会社役員誘拐殺人事件2004年大阪パチンコ店部長誘拐事件などの例がある。手法模倣ではないが、映画の影響を受けて身代金誘拐に及んだ者もおり、1963年の吉展ちゃん誘拐殺人事件[4]、1980年名古屋市女子大生誘拐殺人事件などの例がある。

森永ムーンライト美味すぎ

たまたま食べる機会があったのだけどなんだこれめちゃ美味い

たぶん過去にも食べたことはあるはずだけど全く覚えてない。そのくらいフツーのクッキーなんだけど、ものすごく美味いフツーのクッキーという感じ

強いて言えば卵の風味が強い?けどわざとらしさはない。そういえば少し黄色味がかったボディだ。

こういう、研ぎ澄まされたフツーっていいよね

ココアはやっぱり森永」VS「チョコレート明治

森永製造したココア明治チョコレートに加工してタッグを組む、という熱い展開が最終回

2022-04-01

anond:20220330232514

森永ビヒダスヨーグルト『便通改善』という製品効果があると聞いた。自分では試してないんだけど。

2022-03-29

死ぬまでにできたらいいのになリスト

・若くて巨乳の女3人と生ハメ中出しセックス

・4LDKのマンション東京横浜大阪に買って住む

プリウス最高グレードを買う

宝石類を3カラット以上の物を50種類集める

・自宅にゲームセンターを作る

・自宅にオフィスグリコ森永コンビニボックス自販機コカ・コーラーのサーバーを設置する

・100万円くらいのPCを買う

・100インチテレビを買う

・高級な家具というかアンティーク家具を買う

ハイブランドの服を買う

・猫を3匹買う

・今世の中にある沢山のゲームソフトを集める

ソシャゲネトゲランカーになる

・高級ベッドを買ってぐーたら寝まくる

・美味い料理を食いまくる

悟りを開く

以上

2021-12-06

anond:20211206220421

ココアは甘くないヴァンホーテンをお湯で練り練りして、滑らかになったら

温めた牛乳を少しずつ注ぐと美味しいと思う。

砂糖や甘みが欲しい場合は、練るときに入れる。

森永のはお砂糖はいってるのが美味しい。

ミロはココアというより麦芽飲料?かな。

明治のもオイシイヨ。

2021-11-30

森永冷凍クッキー生地いいですよ。

いつでも焼きたてのおいしいクッキーが食べれます

サクサクで味は売ってるクッキーの味でおいしいので、すぐなくなるのが難点です。

2021-11-24

毒物混入事件は起きまくっていても、ほぼ全て隠蔽されている可能性が高い

 過去に様々な毒物混入事件が起こり、そのたびに企業の売上はガクンと下がった。

 過去報道していたのは、もっと金を払わないと潰すぞ、ということだ。

 最初から金を払わなければ、そもそも無関係相手なのでこんなことは起きない。

 マスゴミ自分たち以外の業界が、宣伝必要もない完全な独占企業になってもらっては困るので、スポンサーライバル企業ネガキャンすることはない。

 もしそんなことをするようになったら、相当自分たちの影響力が下がっていることを意味する。

 つまりマスゴミスポンサー以外をネガキャンしようとするときには、もうとっくにそんな力はないということだ。

 皮肉なことに、マスゴミ宣伝効果が高ければ高いほど、彼らは力を出し惜しみして、まともに宣伝しなくなる。

 下手にそんなことをすれば、その業界は直ぐに独占状態になってしまうからだ。

 もしスポンサー以外の企業が一位になれば、「あれを追い抜きたければもっと宣伝費を払え」と焚きつけるチャンスだ。

 そんな状態をわざわざ不意にするわけはない。

 もしマスゴミ宣伝力が落ち、何をしても寸とも上がらなくなれば、逆に他の企業の失墜を狙う可能性はある。

 それが成功すれば、スポンサーの業績は全く上がらなくても「業界がこれだけ不景気な中でスポンサー企業が業績を維持できるのは、宣伝しているお陰である」と主張できる可能性がある。

 だからマスゴミとしては、スポンサー企業がよっぽど調子が良くて、業界を独占しそうな場合を除いて、この手の毒物混入事件報道することはない。

 過去報道された事例を見ても、どれも当該企業業界一位をぶっちぎっていた時期に起きているので、それはもう明白だろう。

 特にグリコ森永事件なんて、新聞捏造までして過剰報道してたことを思い出しても、そもそも犯人マスゴミ工作員だった可能性が大だ。

 だからそういうタイミング以外で起きた、マスゴミ無関係異物混入事件は、完全に黙殺される。

 警察もそうした大企業マスゴミ懇ろからマスゴミ黙殺し、企業側も全く協力する気がない事件を、まともに捜査しようとはしない。

 つまり簡単完全犯罪ができるわけだ。

 注射器毒物(それこそ殺虫剤でも洗剤でもいい)さえあれば、誰でも簡単に起こせる事件の上に、あれだけ模倣犯を生む特色があったのに、なぜかマスゴミ報道がパタリと止んだ途端、模倣犯の話しさえ聞かれなくなったのは、それが理由だろう。

 大体、精々混入できるのは、一店舗で1,2本が限界であり、その飲料などをたまたま飲んだ一人二人が体調を壊したところで、騒ぎになることはない。

 他に飲んだ人間被害を受けたという報告もなければ、何が原因だかも分からない。

 こうした事件が表面化するのは、犯人マスゴミ犯行声明を送って、マスゴミがわざわざそれを大々的に報じた場合だけなのだ

 こうした事件常態化していれば、どこかの企業調子が良い時に直ぐ、それを報道すれば出鼻を挫くことができる。

 つまり我々は、少しでも恨みを買ってそうな大企業飲料物など買ってしまえば、殺鼠剤でも飲まされる可能性がある。

 マスゴミ工作という理由によって。

2021-10-28

anond:20211028185641

森永ごちうさって結構コラボしてるけれどキモオタに目をつけられた今回で亀裂入らないといいんだけどね……

anond:20211027165211

万能、誰がどんな状況で飲んでも美味しい、っていうのは難しいと思う。メジャーものはとっくに飲んでると思うし。最近は以下がおすすめ

・ハニーレモンジンジャー 炭酸で割って飲む

森永 ピュアココア 砂糖入れたり調整する

チャイ 飲み慣れないと新鮮でいい

バカルディ モヒート 割り方工夫する

ちょっとカスタマイズして、自分好みの味に調整できるものの方がいいんじゃないだろうか。

2021-10-06

anond:20211006212645

うちの年寄りは紙パック開けるのは問題ないけど

おいしい牛乳の栓は開けにくい、痛いって言ってて

量も減ったのもあって最近すっかり買わなくなって森永の買ってる

2021-09-16

日本公害歴史

バズってる「日本薬害歴史」の公害バージョン作ってみたよ。

 薬害歴史はてブhttps://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/chou_kaorinn/status/1437974388062654468

足尾銅山鉱毒事件(1870年代)

政府古河鉱業「確かに鉱毒出したけど対策たからもうおしまい!」→谷中村農民「そうはいくか!ちゃん補償しろ!」→政府「お前らうるさいから消えろwww」→谷中村廃村村民強制退去

土呂砒素公害(1920年~)

宮崎県西臼杵郡高千穂町役人上級国民ヒ素粉塵災害なんて町の恥じゃ!隠蔽しろ!www」→50年後に住民西日本新聞被害告発してやっと被害が明るみに出る

イタイイタイ病(1955年~)

厚生省「過労か栄養失調じゃね?www」→「ごめん、鉱山から出たカドミウムが原因だった」

森永ヒ素ミルク中毒事件(1955年~)

厚生省「確かに森永ミルクが原因かもしれないが、明確な因果関係はないねwww」→森永(1970年)「ごめんなさい、やっぱりウチのせいでした」

水俣病(1956年~)

チッソ厚生省御用学者メチル水銀なんてない!そんなこと言い出す学者なんか日本に要らない!さっさと消えなwww」→「ごめんな、やっぱりチッソメチル水銀のせいだったわ」

四日市ぜんそく(1959年~)

三重県四日市市高度経済成長にはコンビナートがどうしても必要になるから我慢してくれwww喘息死ぬのは高齢者子供ほとんど死なないしwww」→「わりい、四日市乳児死亡率が全国1位、国内平均の2倍になってしまったwww」

カネミ油症事件(1968年~)

農水省「ダーク油(原因となった特殊な精製油)の提供なんか出来るかwwwおとといきやがれwww」→「ごめんな、あの時提供していれば・・・

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん