「正規分布」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 正規分布とは

2023-01-31

共通テスト現代文の平均点が65点前後予想らしい

暗記も公式必要なく、日本語を読んで理解するだけのテストで2/3くらいしかできないという結果だ。

一般的学力分布と同じく正規分布に従っていて

平均点 ≒ 中央値 だとすると

世の中の平均的な人間は、ちょっと長い文章になると1/3は理解できていないことになる。

まぁネットでの会話がまともに成立しないわけだよな。

2023-01-10

文章をしっかり読まないまま反応する人への対応

人間の賢さもまた正規分布するから

平均程度の能力値の人間が一番多く

ものすごい理解力の乏しい人って実は少数派なんだよな

から文章自体も大体の人間が分かる程度の説明でよくて

0.003%ぐらいの人間ことなんか気遣を使って誤解のない配慮をした

勢いのない文章書いても仕方ない

 

誤解するやつは間違えて

どんどん振り落とされていけばいいと思う

まりにひどい誤解への訂正はするけど、それも平均値人間のためのもの

「変んな奴が誤解してるけど、本当はこうなのね」と普通の人が納得すればよくて

理解力低い人間のための訂正じゃないんだよな

 

ものすごく少ない読解力↓に対して配慮して文章の形が崩れてしまうのは

とてもコスパが悪い

2022-12-25

出産予定日死産がつらかったので書く(男性視点

 タイトルそのままの内容なので閲覧には注意されたい。一部の人にはつらい記憶を思い出させてしまうかもしれない。女性視点体験記は数多くある一方で、男性視点のものは少ない。妻が妊娠すると男性覚悟を決める。しかし、(過去自分も含めて)何が起こり得るかはぼんやりしか想像できない。稚拙ながらも自分体験と後悔を書き残しておけば、その解像度が上がるかもしれない。そう思い投稿する。

 分娩室。妻につながれた医療モニタが歪なサインカーブを描いていた。正確にはサイン波の絶対値のような概形でゼロ区間が長い。波形がピークに近づくにつれて妻のうめき声が大きくなる。これが陣痛発作だ。間欠的な小休止を挟みつつ、数分おきに発作が起こる。モニタの値が妻の痛みを表している。全力で妻をサポートしたいなら、助産師の動きを脳裏に焼き付けて、完全に模倣すればよい。一挙手一投足に意味がある。プロの動きを邪魔しないように、分娩室の俯瞰映像想像して立ち振る舞う男性は手が大きいので、より効果的にさすることができる。胎児心臓が止まっていると分かったのは、6時間前のことだった。

 妻がついに妊娠した。待望の我が子で、出産月のコントロールなどとうに諦めていた。妊娠後の検査は全て正常、胎児推定体重は発育曲線のど真ん中。妊娠週数を横軸としたグラフ推定体重書き込み、発育曲線なる2本の曲線の間にあれば正常とされる。何も定量的説明はなかったが、胎児体重はおそらく正規分布に従うので、上下の発育曲線は平均±数σを表しているのだろう。曲線の離れ具合から、発育が進むにつれて分散が大きくなると読み取れる。ちょうどそのど真ん中で、初めての我が子は順調に育っていた。早々に名前をつけて、膨れ上がった妻のお腹毎日のように話しかけた。

 無痛分娩に興味があった。背骨脊髄の間にあるわずかな空間麻酔薬を注入して分娩にともなう母体苦痛を軽減する。一定リスクはあるが、メリットが大きく上回る。無痛分娩のためには麻酔科医の予定を抑える必要がある(※後で知ったがこれは産院によるらしい)。出産予定日は3月末だった。つまり無痛分娩選択することで子の早生まれが確定する。ひょっとしたら4月まれになる可能性もある。そんな淡い期待を胸に、私たち自然分娩を選択した。

 私は3月まれであることがずっとコンプレックスだった。早産の早生まれ、背の順は常に先頭、鬼ごっこはいつも鬼、50m走のタイム肥満児より遅く、ドッジボールではただの的、組体操ピラミッドでは頂上から落ちて何度も死ぬ思い。身体的・精神的な発達の遅れに由来する傾向は「相対年齢効果」と呼ばれ、特に男子場合生涯賃金観点で一生の足枷となる。これは歴然たる統計的事実として知られている(ちなみに、女子もしくは学力上位の男子ならばこの呪い例外となる。興味があればGoogle Scholar検索してみてほしい)。子の幸せを願う親として、自分と同じ思いをさせてはならないという使命感が、自然分娩の選択を後押しした。

 出産予定日に陣痛が起こり、病院に着いてから胎児心臓が止まっていると分かった。1週間前の検診では何も異常がなかったため、その間のどこかで突然死したことになる。我が子の突然死。目の前の現実を受け入れられず、ただただ夫婦二人でむせび泣いた。

 分娩室。妻から我が子が押し出されてきて、一瞬の静寂が広がる。子はすぐに医師がどこかに連れて行ってしまった。分娩室は静まりかえっている。蘇生可能性はゼロ。突然、遠くから赤ちゃんの元気な泣き声が聞こえてきた。我が子の声ではない。不快な、怒りに近い感情が湧き上がる。元気な泣き声がナイフのように心に突き刺さる。どうしてうちの子は。心に深い闇が広がる。妻の一言で、自分が強い嫉妬感情を抱いていることに気づかされた。「向こうの子は無事に生まれて良かったね」妻はいつの間にか、すべてを受け入れていた。

 妻と私、そして布で丁寧に包まれた我が子。一晩を一緒に過ごすことになった。「かわいいお顔を見せてくれてありがとう」口ではそう言いつつ、顔が明らかに赤黒く変色し、傷ついた皮膚から血が流れているのに言葉を失った。病室に来る助産師達はしきりにスキンシップ沐浴を勧めてくる。私はこれが全く理解できなかった。腐敗防止のために徹底的に冷やされている我が子を触り、その金属的な冷たさを感じるだけで心が締め付けられる。おくるみの下にはきっとドライアイスがあるのだろう。定期的に交換してくれている。なぜ進んで苦しい思いをする必要があるのか。言語化できない恐怖感があった。あまりにも触らないためか、助産師手形と足形を取ってくださった。このとき抱いていたのは恐怖感ではなく、エゴ由来のただの現実逃避であったと後に気づく。

 役所での手続き事務的には簡単で、精神的には苦痛しかない。病院で受け取った死産届に記入し、役所に提出すると火葬許可証が発行される。予め出生届の記入方法を調べていた。死産届の様式出生届とほぼ同じであるのに気づきスムーズに記入できたが、子の名前を書く欄はない。様式から現実を突き付けられた。火葬業者によっては、代理で届けを出してくれるらしい。

 火葬場では地獄のような時間を過ごした。大人と違って赤ちゃんの棺はとても小さい。100サイズ段ボール箱とちょうど同じくらいの大きさだ。棺は私が運んだ。今でも100サイズの同じくらいの重さの段ボール箱を持つと当時の記憶フラッシュバックして涙が出る。火葬後のお骨上げはただただ拷問のようだった。赤ちゃんの骨は割り箸のように細く脆い。頭蓋骨割れプラスチックの破片のようだ。「産道を通るために赤ちゃんの頭は形が変わるようになっている」という知識が目の前の現実と急に結びつく。赤ちゃん用の骨壺はすぐには入手できない。仕方なく、急ぎホームセンターで入れ物を購入した。「こんなのでごめんね」

 我が国における年間の自然死産数は約8000程度で推移している。その他、新生児死亡や乳児死亡も含めると、毎年約1万人を超える赤ちゃんが旅立っている。これほどまでにつらく悲しいことがあるのかと、絶望に打ちひしがれていたが、同様の絶望人知れずそこら中で起こり、大きな悲しみを背負っている人達がたくさんいることを知った。死産を繰り返した人、出産で妻と子を同時に失った人。つらい経験をした家族達が集まって語り合う自助グループが数多くあり、「グリーフケア」という名称で様々な取り組みやビジネスがなされている。関連書籍も多く(「産声のない天使たち」「誕生死」等)、図書館には必ずあるだろう。供養の方法複数あり、水子供養場合はずらりと並んだ小さな骨壷を目にすることになる。「天国友達たくさんできるかな?」

 ポジティブに捉えると、妻と一緒に同じ苦難を乗り越えたことで、お互いの心の結びつきが一層強くなったように思う。妻との関係性が、これまでにない、かけがえのないものに変化した。妻の人柄や屈強なメンタルに、改めて敬意を抱いた。

 後悔は二つある。

 第一に、無痛分娩を選ぶべきだった。出産が遅れるほど分娩リスクは高くなる。無痛分娩であれば、出産予定日よりも前に強制的に分娩させられるため、リスク相対的に低いのではないか(正確には医師相談されたい)。本事例では、出産予定日の1週間前には無事であったため、無痛分娩であれば死産を避けられていた可能性がある。「4月まれになるかも」などという勝手わがままで我が子を間接的に殺したのでは、という自責の念に駆られている。

 第二に、我が子ともっと向き合うべきだった。完全に冷え切った子に触れるのには勇気がいる。スキンシップ沐浴を勧めてくる助産師サイコパスのようにさえ思えた。これは完全に誤りである夫婦水入らずで、最後の姿をまともに見られるのは、このタイミングしか残されていない。火葬したら骨になってしまう。家族写真手形・足形・遺骨だけでいいのか。せめてスキンシップだけでも、精一杯向き合って、家族の思い出を作るべきだった。

追記

 皆さん、心優しいコメントをどうもありがとうございます。お察しのとおり、子が旅立ったのはコロナ禍前です。ちゃん言葉にできるようになるまで、事実客観視できるようになるまで約2年半かかり、同時に、受容が進むにつれて記憶が薄れるのに気づき、一気に書き出しました。的確なご指摘が多く、勉強になると同時に、自分自身の認知の歪みにも気づかされ、励まされました。

 本記事へのトップコメントこちからご覧になれます。つらい思いをしている方が、少しでも前向きに、励まされることを願っていますhttps://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20221225220743

2022-12-10

anond:20221210124702

結局、下手な自分を抱えるチームが平均的なチームに対してどれだけ弱いか、上達した自分が居るチームが平均的なチームに対してどれだけ強いかを求めたいという話ですこれは。(なぜなら対戦相手によって変わる試合結果を"勝率"という指標で表す段階で全ての対戦相手をひとまとめにしているから。)

で、今回チームの強さは下手:上手の割合が4:0→3:1→2:2→1:3→0:4の順に上昇していきます。あり得る2の4乗(16通り)のチームのうち、それぞれの比は1:4:6:4:1となりきれいな正規分布となるので、今回は2:2のチームを平均として良い。

2022-11-30

知能指数偏差値が相関して、共に正規分布をとるとした場合

偏差値40以下は知能指数で85以下にあたる。

境界知能、知的ボーダー定義IQ 70〜85未満なので

偏差値40くらいの大学って知的ボーダーが行くような大学となっている可能性がある。

そりゃあ大手企業新卒募集する時、大学名で足切りするよなと思った。

2022-11-17

anond:20221117161408

知能指数はほぼ正規分布に一致するし

現在でも大学進学率は6割以下だし

物事見方考え方についての教育を受けていない人間も多いか

一定数愚かに見える人間がいるのはどうしようもないと思うぞ。

啓蒙しながらゆっくり変えていくか、諦めるしかない。

文句を言っても良くはならない。

マッチングシステム一般化して、知り合える対象が一気に増大したことは魅力ある男女を結びつける効果はあったのだと思う。

ただ選択肢が広がりすぎたせいで、婚活市場価値で平均以下の人間が

「80点なんて贅沢は言わないから、せめて50点以上で、最低でも40点で」

って男女ともやってるから未婚が多くなる。

平均点を50点とした正規分布

40点以下は35%いるので

3分の1が未婚の社会になるのも当然といえば当然。

2022-11-14

anond:20221114193234

それは仮定理解していて使い方もわかる人の話でしょ

そもそも高校生正規分布どころか母集団という概念すら知らないの

それに標準的試験ってなんだよ

もちろん平均50の標準偏差10テストを指してそう言っているのはわかるけど、仮に平均50点だと学校によっては60点未満で赤点だぞ

標準的試験」なんてもの存在しない以上、もともと偏差値が伝えたい「全体での立ち位置」をストレート割合で示したほうがそれこそ理解寄与するでしょうが

anond:20221114191536

からそれ(線形でない概念を無理に線形にすること)がむしろおかしいって今さっき書いたでしょ

なんとなくわかったけど偏差値概念が無理やり正規分布に落とし込んだものであるのに対して

一番根元の増田がやってることっていうのは同じようにして無理やり一様分布に落とし込んでるわけだ

それで君は線形線形と言ってるんだな

だが試験などの分布が一様と正規のどちらに近いかと言えば当然正規分布なわけで

そのギャップ違和感爆発してるのが元増田指標なんだよ

anond:20221114190538

だったら正規分布仮定をよく知らないまま使われがちな指標として、線形性についてミスリーディング統計量を用いることが分かりづらいっていうのも理解できるでしょ

anond:20221114190341

成績が正規分布になる理由特にないでしょ

別に正規分布にならないテストもあるし

CLTって言いたいのかな?

anond:20221114190144

偏差値にこだわりがある人って成績が正規分布になる理由答えられないよね

anond:20221114184251

正規分布自体サポート定義域)が有限じゃねーんだから、それを有限幅の0点〜100点という数字と無理やり対応させようとしたってどこかに歪みが出るだけだぞ。

anond:20221114183216

なんでおかしいんだろう?

偏差値という統計量がそもそも正規分布仮定しているわけで、この改変は偏差値の示すところと全く変わらないじゃん

これがおかしいとすればそれは偏差値正規分布仮定おかしい(→偏差値仮定現実的でない)という話であって、この改変には関係ない(もっと根本的な話)でしょ

追記について:

16点以下に16%(40人学級なら6人)は、多いよ。直感に反しすぎている。

別に、16ってテストの素点(例:化学テストで16点を取る)ではないよ?

anond:20221114180647

ん?それはおかしいだろ。

もってくるべき値は、「点数が正規分布になっていると仮定したときにその偏差値になるような点数」じゃないか

で、それこそが「偏差値」の示す値の直接的な意味なわけだ。(追記:この辺りに書いていたことが完全におかしかったので←の一文に修正した)

元増田では偏差値40で16点とある偏差値40は-1σのことだから、それより下に全体の16%くらいの人間が入ることになる。(この16を一致させるように作ったんだろ?それがおかしい。)

16点以下に16%(40人学級なら6人)は、多いよ。直感に反しすぎている。

anond:20221114180048

わかる、やっぱり今の「偏差値」ではこういう誤解しちゃうよな

なんとなく、偏差値には線形性があるような気がしちゃうんだよ

から正規分布仮定で得られる累積分関数の値をそのまま持ってきたってこと

いいけどあんたの理想像では60→80の差にくらべて60→40が下がり過ぎで実態を表せてないな。

2022-10-10

anond:20221010060040

年収は収穫低減の法則から来てるんじゃないかな。

身長はよくわからないけど、統計を取る対象が大体決まった集団からじゃない? (軍隊とか、小学何年生とか)

IQ偏差値定義のもとで正規分布するような変換をしてるだけじゃないの。

2022-10-06

なぜ成功もっとも才能のある人ではなく、もっと幸運な人に行くか

今年もイグノーベル賞おもしろかった

知能や才能が人口間でガウス分布することはよく知られているが、資産分布典型的べき乗則パレート則)に従う。このように入力正規分布と出力のスケール不変分布の不一致は、その背後に何らかの隠された成分が働いていることを示唆している。この論文では、非常に単純なエージェントベースモデルを用いて、そのような成分が単なるランダムネスであることを示唆する。特に人生成功するためにはある程度の才能が必要であることが事実である場合、最も才能のある人が成功の頂点に立つことはほとんどなく、平凡だが感覚的に幸運な人に追い越されてしまうことを示す。私たちの知る限り、この直感に反する結果は、膨大な文献の行間に暗黙のうちに示唆されていましたが、今回初めて定量的に示された。この結果は、到達した成功レベルに基づいて功績を評価することの有効性に新たな光を当てるとともに、結局のところ単に他の人より運が良かっただけかもしれない人々に過剰な栄誉や資源を配分することの危険性を強調するものである

まりいくら努力しても意味はないし、俺が童貞なのも運が悪いからであり俺が努力しなかったからではないんだよかった

年収の奴らも運が良かっただけで努力意味はない

そういえば上野千鶴子も似たようなこと言ってたな

2022-09-30

弘中綾香は本当に一般男性結婚したのか

一般とは

㋐ありふれていること。あたりまえ。普通。「―の会社」「―市民

であり「普通」とは

特に変わっていないこと。ごくありふれたものであること。それがあたりまえであること。また、そのさま。「今回は―以上の出来だ」「―の勤め人」「朝は六時に起きるのが―だ」「目つきが―でない」

である。異常とは集団の5%未満を指すため、「普通」は集団の95%に属すると解釈することができる。

ここで年収分布を考えた場合、上位2.5%及び下位2.5%は「普通ではない」となる。偏差値でいうと30-70は「普通」となり、それ以外は「普通でない」となる。

実際の年収分布と当てはめてみると年収分布正規分布ではないが概ね年収100万ー1000万は普通ということになる。

まり一般男性とは少なくとも年収において100万ー1000万の範囲にある必要がある。弘中綾香年収1000万超えているだろうから下方婚することになるが、女が本能に逆らって下方婚をするのは相当難しいので「一般男性と結婚」という報道が間違っているのではないかと思う

2022-09-21

昔は俺も「共産主義はいずれ実現可能だろうけど、今ではない」くらいに思ってたけど、今は「永遠に実現不可能なのでは?」とも考え始めている。

というのも、共産主義平和的な実現には全国民教養レベルの向上が必要不可欠だと思うんだよね。

(暴力的な実現を肯定するのであれば、単にロシア中国世界征服して独裁政権樹立すればいいだけだろうが、それはいくらなんでもねぇ。)

ともかく平和的な共産主義というのは、全ての国民が、自らの責務と役割理解して、主体的労働従事できる必要があるんだよね。

そんなことできるだろうか?

昔の俺は「まあ今は無理でも、何百年後か何万年後かわからんけど、理論的には不可能ではないでしょ」くらいに考えていたけど、根本的なところで間違っていたような気もする。

結局、知性というのは、教育環境が全てではなく、生まれつきの部分というのも無視できないんだよね。

どんなに環境が整っても、どんなに教育が向上しても、人類の知性というのは結局正規分布するんだろう。

その程度の低級な人類が、二階から目薬を差すような高等芸を、独裁粛清無しに行えるとは、今となってはなかなか思えない。

2022-09-10

anond:20220910003351

一般線形モデルは基本中の基本なので、「暗に仮定」も何も、知ってて当然現れたらスッと解釈できて当然の内容だと思うんだけど。

いや、だからy=aφ(x)+b型回帰なんて一般線形モデルに限らないのになんで「知ってて当然現れたらスッと解釈できて当然の内容だと思うんだけど」なの?

俺は一般線形モデル普通に勉強したことがあるし解釈できるが、俺のコメントモデルが明示された後にそれを解釈できるかどうかを問うているのではなく「何も言及されていないのにφと書かれた関数だけをみて一般線形モデルだと判断できないだろう」ということを言っている

なおあなたがそれしか知らないから「基本中の基本だしわかるだろ」って言ってるだけで基本中の基本でこの形の関数なんていくらでもあるから

ガウス過程回帰かもしれないし、カーネル回帰かもしれないしスプライ回帰かもしれないし最近ならニューラルネットを使ってるかもしれない それこそどれも基本中の基本だ どれを想定しているかなんて神にしか分からんだろう

例えばX~Pって書かれたときに「Pは正規分布。これは基本中の基本なので、「暗に仮定」も何も、知ってて当然現れたらスッと解釈できて当然の内容だと思うんだけど。」とか言われたらあなた納得するの?

(書かれている文章レベル感的に本当に納得しそうだから怖いんだよな・・・

正規分布を使うときにわざわざ解説なんかしないのと同じレベルの話でしょ。

俺は一般線形モデル解説を求めているわけではなく断りなしに一般線形モデルをいきなり持ち出してくるのがおかしいって言ってる。

上にも書いたけど、X~Pって書かれたときに何も言及なくPは正規分布を想定するって言われたらそりゃ文句を言うでしょ 候補は他にもいくらでもあるんだから

「相関を持ち出すなんて平均しか考慮していない!外れ値や分散考慮していない!」とかご高説を垂れておきながらy=aφ(x)+bでは一般線形モデル以外の候補は想定しなくてよい、みたいなこと言っちゃうダブルスタンダードなんじゃないか

一般線形モデル非線形部分は決定論的な項の話なので、加法ガウスノイズ仮定しているならば非線形部分がどんな関数だろうと相関の強さは一意に定まる。

問題点がわかってないな・・・偉そうに上から目線でご高説を垂れてきた割にこのレベル感とか頼むよマジで

この人は専門ではないけど修論一般線形モデル周りだけ勉強して統計を使ってましたくらいのレベル感か?多分

リンク関数を一つ定めれば相関が定まるのはあなたがいうところの「当たり前」の話 その程度の話は問題にすらしていないことを文章から読み取れてほしい

読み取れてないならあなた勉強不足だよもう 単語の使い方も雑だし

ただ一般線形モデルリンク関数にどれを使うかで相関が変わるの。線形相関を使う場合ならリンク関数はφ(x)=xで定まっていて特に議論なく終えることができるけど、非線形を許容し始めると「どのリンク関数を使うのか?」で相関が変わってしまうのにいったいどうやってリンク関数を定めて、そのうえで「相関が強い」ということを示すつもりなんだということを聞いている。リンク関数の選び方によっては同じデータでも非線形相関を0にもほぼ1にもできたりするんだけど。

夜遅くまで返信返してくれてありがたいことだけど返信されていない俺のコメントを再度貼っておこう

他の都合悪そうなコメントについても何一つ返信ないですよ? 頼むでホンマ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん