「犯罪被害」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 犯罪被害とは

2023-12-04

ここで犯罪被害に遭われた方は[認定個人情報保護団体]に問い合わせてみると良いよ

2023-11-13

anond:20231113150209

いや、お前が犯罪被害にあったと想定しろ

お前は拷問されて相手を殺したいと思わない程寛容じゃないだろ

そんなお前のためにも死刑制度はあったほうがいいだろ

anond:20231113151917

他人事じゃん

お前が犯罪被害当事者になること考えろよ

拷問受けても相手に死を望まないほどお前は寛容じゃないだろ

anond:20231113172307

いや、死刑廃止論者がキモい理由であって、別に論を展開してるつもりはさらさらない

例えば、お前のことを強姦しまくって何日にも渡って暴行肛門オロナミンCを何本も詰め込んで、ストレスで髪の毛が全部抜け落ちて、被害がもう殺してくれと叫んでもやめない

そんな犯罪被害にあった時にお前は加害者に死を望むはずなんだよ

それが残虐な犯罪と罰を天秤にかけた時に、罰を不当に軽く見積もる価値観内面に持ってるってキモいだろ

どうだ?キモくないか

2023-11-12

anond:20231112151147

あなたは、死刑相当の残虐な犯罪被害にあったとして、それでも犯人死刑求めないのか?」

被害過去形なら求めない

苦痛を与えられ「続けている」場合は、正当防衛行使するけど、それとこれとは別。

過去のことは水に流して、どうやって再犯を防ぐかを考えた方が建設的だから

ぶっちゃけ死刑って最も倫理的だよな

死刑反対を掲げるとなんかインテリっぽいし、人権配慮してますみたいな感じで自己ブランディングになるんだけど

たったひとつ思考実験を突きつけるだけで死刑廃止論者は黙るしかないんだよな

あなたは、死刑相当の残虐な犯罪被害にあったとして、それでも犯人死刑求めないのか?」

こうやって当事者意識を突き付けるだけで、死刑廃止論者は黙る

そりゃあ死刑になるような犯罪自分無関係だって高を括れば、死刑なんてあってもなくてもいいに決まったる

じゃあ自己ブランディングに使えるし死刑廃止とか言っちゃうよねって話

死刑廃止論者って薄っぺらなんだよな

2023-11-11

anond:20231111142521

ホントだね、脅迫その他の犯罪行為があったのなら警察相談すればいいだけの案件

本当だって根拠は見つけられてない(団体によると「抗議文の委細について第三者からの信頼に足る裏付けが不十分」)けど、仮に本当だとして、

犯人属性は何ら関係ないこと(騙っているかどうかもわからない)、

ゲーム運営に「抗議」するのは筋違い警察相談する案件であること(団体理解してて「抗議する事そのものについても不適切」としている)

文章ゲームへの不平不満を書く必要はなかったこと(犯罪被害を抗議したかったんじゃないの?)、

④元々活動してなかった団体艦これアンチトップとして入り込んで暴れまわった結果であること(個人裁量で、会則に沿わず団体名義でのアンチ活動を行っていた)

ってことでやってることは単にアンチ活動煮詰まった感じだね

2023-11-02

anond:20231102143827

おんなじだね じゃあないんだよ

女が嫌いだからレイプされようがどうでも良いって言ってるけど

それが行きつくところは嫌いな人間がかかわる犯罪被害全てがどうでも良いになっちゃうから

それは良くないよねって話をしているんだよ


ちょいちょいうまい事言おうとして言えてないこの感じは

うまい事を言いたいって言う気持ちが強すぎる結果本来テーマからずれていってしまうんだろうか

anond:20231102133825

弱者男性こそタレントとかアイドルとかの所謂推し活とかしてそうだけど

その人らが犯罪被害にあった時にどう言う感情になるんだろうか

それでも知ったこっちゃないなのかな

anond:20231102132926

今いなくても今後出来るかもしれないじゃん

パートナーとか結婚相手までの深い付きあいじゃなくっても

ちょっと世間話をする程度の友人って言えるか微妙関係の人であっても

犯罪被害にあったって話を聞くと思ってる以上に嫌な気分になるよ

そうなった時に損するよって話をしているんだよ

anond:20231102131856

仮に自分に近しい人が犯罪被害に会いそうな時に

親はもう死んでるか疎遠で兄弟姉妹とは険悪、恋人はおろか友人もいない弱者男性に「近しい人」なんていないんだぞ

anond:20231102130659

から優しくしないって言うのと犯罪被害など知ったこっちゃないって言う意見表明は全くの別物だよねって話をしているし

レイプ犯罪じゃないなんて言ったとは思っていないんだけど?


まあ自分には廻らないと高を括っているからそんな事言えるんだろうなってのは同意ですね


仮に自分に近しい人が犯罪被害に会いそうな時に

自分が書いた文章に感化された人が知ったこっちゃねえわって素通りするシーンを想像したら

とてもじゃないけど元増田みたいな文章は書けないなあ

anond:20231102130218

何もレイプ犯罪じゃないなんて言ってなくて、他人犯罪被害なんか知ったこっちゃないと言ってるだけだよね

女性に優しくしないの範疇だと思う

巡り巡って〜については巡らないと思ってんだろうねという話をしたんだが?

2023-11-01

anond:20231031115133

長い

安易に触れられるのが問題であって、ある程度工夫したらクリアできる程度のバリアがあれば十分

自ら工夫してエロに辿り着くのなら、それは特別行為である自然理解するが、ノーガードで触れれは当たり前のものと思って今後の判断が狂う

我が子の端末には様々な規制を組んでいるが、ガチガチには固めていないから、知恵があればエロなど見放題だ

ガチガチにしてるのは決済関係位置情報パケットキャプチャでの監視

変な犯罪被害からだけは守らないか

他は知らん

我が子よ自分で辿り着け

2023-10-29

anond:20231028105536

レズビアンバーの月一日しかない身体女性イベントに乗り込んできてトランス女性を受け入れない差別主義の店だと晒し上げ謝罪に追いこんだり、性犯罪被害者トイレ風呂に男が入るのは怖いって言ったら、ペニスフォビアだの精神病院行けだのつるし上げたり、幼少期にペド犯罪被害にあった作家出版社に、ペドフィリア差別は許さないと詰め寄ってペドフィリア差別反対声明出すまで吊るし上げるようなキチガイ達だよ、とても信じられないわ。

トランス達もタックをつけてペニスつけたまま女湯入った自慢してる人たくさん居るし、女湯はおっぱい天国だの動画配信したり、脱衣所で他の女の裸を盗撮して「ブラより先にパンツ脱いでるの珍しい」とかつまらコメントつけてブログに上げたりしてる。

ペニスがついていても女と認められたら、女を女湯や女子トイレに入れないのは残虐な差別だって起訴するに決まってる。

現に既婚子持ち五十代にもなってツイッターキンタマチンチンおしっこじょーとか騒いでた経産省職員は、ペニスついたまま女子トイレに入る権利裁判で勝ち取ったし、アメリカコリアンスパも訴えられてペニス付きトランス女を女湯に入れないのは差別だと判決が出た。

ニューヨークヨガスタジオトランス女でも男子更衣室を使ってもらうと説明を受けて入会したのに、髭面でペニス出して女子更衣室を使って止められたら屈辱的な差別をされたと500万ドルふっかけて裁判しているし。

2023-10-25

1 事案の概要

本件は、東京都板橋区前野町5-38-2所在村山マンションルームシェア

事業を営んでいる原告の富澤佳代子およびその父が、平成30年3月中旬頃に、被

告Aが、原告インターネットの「ルームシェアジャパン」(http://roomshare.jp/

という、シェアハウス等の紹介を目的とした掲示板サイト自己物件について紹

介をしていたのを見つけ、Aからサイト掲載メールアドレス宛てに、「今すぐ

‐2‐

住みたいんですが住めますか」というメールがあり、富澤が当初、「他に内見希望

者がいるのでその人が辞退すれば住めます」と返信し、Aが様子を見ていたところ、

原告が、「内見希望者が辞退したので内見可能になりました」というメールをAに

送り、Aがルームシェア契約ができる可能性が高まったものと考えて、平成30年

3月28日に板橋区前野町所在村山マンションに行ってそのまま原告契約し、

207号室でルームシェア契約をしたが、原告は、契約当時、被告の外観上、特に

問題のないような人であり、危険性や精神疾患を抱えている者ではないと判断した

ため、契約してしまったが、後日になって、Aが同シェアハウス内で様々なトラブ

ルを起こしたり、精神疾患を抱えているような様子が分かるようになったが、そも

そも自己管理する物件が、賃料さえ払ってもらえれば多少のルール違反には目を

ぶって事業をしていたため、被告Aに対しては、形式的なことを言って居住させ

ていたが、被告Aが、夜中に隣室の者に対して「(生活騒音が)うるせえんだよ、

ぶっ殺すぞコラ」と大声を出したり、Aが隣室の者の生活騒音を抑えるために条例

に基づいて警察官を呼んだりした件について、営業妨害であると考えて、当該事件

が起きた4月中旬の時点で、「あなたはうちは無理だから出て行ってちょうだい」

と強く申し向けて退去を要請したこと、これに対してAが丁寧な謝罪を重ねて、も

う二度としないから何とか住まわせてもらえないか電話で言ったため、原告がこ

れを憐れんで同情し、「分かった、でも次警察を呼んだら出て行ってもらうからね」

と言って、Aを同所に継続して住まわせることとしたが、6月頃に、Aが205号

室の者が出す生活騒音激怒して「ガタガタうるせえんだよお前、次やったらぶっ

殺すからな、覚えとけよボケが」などと怒鳴り散らした件で、205号室に居住

細川真作および204号室の者が同時に原告に苦情を行い、原告がAに注意のメー

‐3‐

ルをしたものの、その時は、Aの怒声があまりにも強く、205号室の細川及び2

04号室の者、および原告とその父が恐怖を覚えたため、形式的な注意のメール

しただけで終わった。しかし、6月中旬頃に、Aが、同シェアハウス志村警察署

警察官を呼んで、このシェアハウスの住人は生活騒音がうるさいからどうにかし

てくれ、と言って警察官指導要請した件で、同シェアハウスの多くの者から

告に苦情のメールが入り、先日Aが激怒して怒鳴り散らした件も含めて、原告が遂

に堪忍袋の緒が切れてAに対し電話をし、「また警察を呼んだよね?もう出て行っ

てくんない?」と言われたこから、Aが強気に出て「205号室の者がわざとこ

っちに嫌がらせしてくるんでこっちも我慢限界なんですよ」などと反駁したとこ

ろ、原告が、自分ではAを説き伏すことができないと考えて、同所の実質的なオー

ナーである父親電話を交代し、父親が「お前何モンや?うちは安いところやから

多少生活騒音があっても許しとるんや。それが嫌なんやったら出て行けやオンド

レ。」「出て行かんのやったらワシが今からお前のところに行って追い出すぞ」など

とAに言ったこから、Aと喧嘩になった。しかし最終的に、「もう警察は呼ばな

いな?男同士の約束だぞ」ということで、紛争は納まり、Aは引き続き同所に居住

することとなった。                                平成30年9月4日にはじゅりちゃん9月20日には延岡サンタナトラブルがあった。

                                       平成30年10月は記録がないので不明である

しかし、平成30年11月に、209号室に住む篠原直樹との間で口論があり、

篠原が振るった暴行等の件で、Aが前野町交番通報したため、前野町交番巡査

オーナーである原告電話で色々と事情聴取したことで、原告である富澤が個

人的なストレスを抱えるようになり、パニックに陥って、仮にAが篠原から犯罪

害を受けたにせよ何にせよ、Aが同シェアハウスに入居したせいで様々な混乱が起

きており、Aが邪魔だと考えて、原告は、父親相談してAを追い出すことに決め、

るのは当然であり、契約を解除した上、被告を同シェアハウスから退去させられる

原告、富澤佳代子は、板橋区前野町所在する淑徳大学児童発達障害に関す

研究を行っている大学教員であり、これと同時に、板橋区前野町5-38-2所

在の昭和49年建築村山マンションの2階に存在する部屋を8室にパーテーシ

ョンし、また、共同ベランダキッチントイレ、個室シャワールームなどを完備

し、ルームシェア事業実施しており、他にも、足立区西新井など数か所にもマ      西新井にいったのは結局令和元年8月17日である

ンションを購入しており、同様にルームシェア事業を行っている。

記載内容は、部屋の写真などがついていて、家賃は38000円であり、「ベッドあえい」という記載もあるなど、諧謔に富むが、一

日本語としておかし記載もあった。

被告は、e ルーム自体は、賃料も安価で、インターネットも利用でき、ビル外に4分100円の個室シャワーもあり、コインランドリーも近く、都心部にあるため、周辺にスーパーがたくさんあり買い物には事欠かず、白山まで歩けばすき家もあるため、朝食にも困らないし、2か月に一度振り込まれ障害基礎年金の16万円があれば、そこでも生活していけると考えたものの、床が硬く、寝ると腰が痛くなることや、入居当初日の3月はじめ、同ルームでそのまま横たわって寝たところ、空調があまり質が良くなく、厳寒期なのに対して室内が極寒だったこから寒さで震えて起きてしまい、空調があまりに酷いと考えたため、最初上野にあるニトリエクスプレス適当な寝具を買おうと思い立ち、山手線上野ニトリに行ったものの、高級布団しかなく、寝袋は売っていなかったので、適当秋葉原方面へ歩いて行ったところ、たまたまドンキホーテがあり、店員に聞いたら1500円の寝袋があることを知ったので、この寝袋とパソコンを置く台を購入して、e ルーム帰宅した。

被告は、そもそもシェアハウスでは生活保護は無理だという頭があったので、はてなブログコメント欄に書いていた「えごいすた」という者と連絡を取り合い、匿名チャットなどで談合し、生活保護を受けるために居候させてくれないか、などと話を持ちかけていたが、えごいすたから、今は実家に親がいるから無理だから、一旦帰郷してまた東京にきたときに、マンションを買うから居候の件はそのときに考えてくれないか、ということでその話は終わった。

シ そのまま、2階に上がり、207号室に案内されて、契約書を受け取ったが、契約書記載の、身分証明書コピー提示要求されず、初月家賃の支払いとサインを求められただけで、その他は、共有ワイファイの暗証番号などが伝えられた。その後のメールでも、契約書は渡したが、うちのハウスには特にルールはないか適当にやってほしいといった趣旨メール返信があり、また、「えと」こと富澤も、被告において極めて上品で淑徳な印象を受けたので、安心できる人物と信頼し、しばらく同ハウスで日数が過ぎた。

被告は、3月28日に入居したときから、隣室の者が、やけにうるさく、床に物を置いたりして、ガタガタと生活騒音を立て、その回数も相当数に上ったため、次第にイライラを募らせるようになり、4月中旬に、遂に我慢できずに、夜中に目が覚めて、隣室の方に向けて、「うるせえんだよ、ぶっ殺すぞボケが」と叫んでしまった。被告は、4月中旬に、隣室の者の出す音が、東京都迷惑条例違反している

と考えて、志村警察署警察官を呼んで指導してもらったところ、隣室の者が卑怯にも居留守を使って警察官対応に応じず、部屋に閉じこもってオーナーの富澤に苦情を入れ、これを聞いた富澤が、被告警官を呼んだ行為営業妨害ととらえて、直ちに被告携帯電話し、「警察を呼ぶなら今月末で出て行ってくんない?」などと言われたため、被告において、富澤が、淑徳で大人しい女性ではなく、面前で会うときの態度と、裏での日常生活で、人格を使い分けるタイプ精神障害者であることが分かって裏切られたとの感を抱いたものの、散々インターネット検索した挙句に同ハウスを見つけた矢先に、同所を追い出されると、実質的には他にいくところがなかったため、富澤に精神疾患がある点については言及せず、富澤が分かるような穏やかな口調で「もう二度としませんからなんとかここに住ませてもらえないでしょうか」「お願いします」などと繰り返し説得し、富澤の怒りを鎮め果せて、富澤から「分かった。でも今度警察を呼んだらそのときは出て行ってもらうからね」と言われて、事なきを得た。また、富澤が、被告の説得を聞いて憐憫の情を抱いたのか、被告に対して、「206号室が開いたから移る?」などと持ちかけ、

被告がこれに応じて、転居を決定し

被告は、そのまま206号室で生活を開始したが、今度は205号室に居住する細川真作が、激しい音を立てて居室のドアを閉める、ガサツで他人迷惑も気にしない男であり、また、部屋でも、壁が薄いのに壁に物をぶつけるなどする行為が、相当回数に及んだために、被告イライラを募らせ、6月頃に、被告激怒して、「ガタガタうるせえんだよ、次やったらぶっ殺すからなこのクソガキが」などと叫

んでしまたことと、被告が、細川及び同シェアハウスの他の生活騒音がうるさい者に報復をするために、スピーカー大音量音楽を流していた件で、細川と204号室の者が個人的に嫌気を感じたために、富澤に、迷惑をしているといった電話を入れた件で、富澤が、被告に注意のメールをした。

被告は、6月頃に、同ハウスの多くの者が、あまりにも節度がなく、ドアの開

け閉めの音、床を歩く音の大きさ、室内で出す生活騒音があまりにもうるさく、ス

トレスが蓄積して、志村警察署相談し、警察官を呼んで生活指導をしてもらうこ

とを企図したが、ハウスに来た警察官形式的しか仕事をしなかったうえ、同ハ

ウスがあまりにも無法地帯であることから被告パニックを起こして一時騒然と

なり、同ハウスの者が、自分たちに都合のいい野放図な生活を、被告警察を使っ

邪魔しており不都合と考えて、一斉に富澤に苦情を言った件で、実態としてはそ

の当時、同ハウスを安い賃料で多くの者に利用させ、その代わりに特にルールを設

定せず無法地帯を許していた富澤およびその父が、同ハウス警察を入れられると、

11

退去者が出るのではないか営業妨害であると思料して、被告電話をし、「また

警察を呼んだね?もう出て行って」などと言ったが、たまたまその時は被告強気

に出て「こっちもこのハウスの色々な者から迷惑を受けている。生活騒音がうるさ

くて仕方がない、生活できない」と反駁したことから、富澤が、自分の力では被告

を説き伏すことができないと考え、通常は高度のパニック障害精神疾患を抱え、

日頃から発狂しているため、同ハウスの者には正体をさらしていなかった真の管理

である富澤の父親電話を交代し、父親が「お前何モンやコラ」「うちは安い賃

料で貸してるから多少の生活騒音は見逃しとるんや」「嫌なんやったら出て行けや」

「出て行かんのやったら今からワシがお前のところにいって追い出すぞ」などと、

滅茶苦茶なことを言い、被告ヤクザ者同然の喧嘩となったが、最終的には「もう

警察は呼ばないな?男同士の約束だぞ」などといって決着して、以降も被告は同所

に住めることとなった。

チ その後も、205号室の細川は、相当回数生活騒音を立て、204号室の者もうるさかったが、被告は、警察沙汰になると退去しろと言われるし、裁判所機能していないから訴えたところで無駄であると考えて8月の夏までは我慢して生活し、東京での生活が一段落したことから宮崎県実家暮らしている母や祖母病気なのでその様子を見に行くと言って、ケースワーカーに、帰省要請をして、

9月5日に、新幹線延岡市に帰省した。帰省後、富澤に、帰省していて部屋を使っていないから、家賃をまけてもらえないかメールをしたら「共益費の8000円だけサービスできます」との返信があり、被告は9月分の家賃実家の最寄りの郵便局から富澤の口座に振り込んだ。

被告は、10月10日まで延岡市で過ごした後、同ハウスに戻った。一か月、田舎帰省していたこから、同ハウスでのストレスも和らいでいたため、205号室の細川に対し、ドアの開け閉めや生活騒音を出さないようにすることを狙って、「以前は怒鳴り散らして申し訳ありませんでした」云々といった手紙と共に2000円を封筒に入れて、細川の部屋のドアに挟んでおいた。細川は素直にこれを受け

取って以降、生活騒音は次第に少なくなっていった。

テ 10月中は特に何もなかったが、富澤親子の気が代わり、玄関先にルール表が貼付され、生活騒音を出さなことなどに関して注意書きが設けられた。

ト 11月6日に、被告洗濯をするためベランダに出ていたところ、被告が同ハウス自分喧嘩を売っていたことなど、かねてより積年の恨みつらみを募らせていた209号室の篠原直樹が、被告が共同ベランダにいて人目につかない場所にいるのをいいことに、「おい、ドアの開け方がうるせえんだよ」などと因縁をつけて喧嘩となり、もともと会社などで上司などからいじめを受け、ストレスを抱えてお

り、そのストレス被告に当たり散らそうとした篠原がこれに激して、被告がして

いた洗濯洗濯機のスイッチを止めて被告を突き飛ばし、「お前は気持ち悪い」「こ

シェアハウスのみんなから嫌われている」「キッチンゴミ、片づけていなかっ

たのお前だろ」「ぶっ飛ばすぞ」「さっさとこの家から出て行けや」などと、諸般の

実質ないし形式的因縁をつけて、被告の服を破り、暴行器物損壊脅迫侮辱

犯罪行為を行った。その後も、篠原被告玄関誘導し、ルール表を手に取っ

てこれを被告の首元につきつけ、「このルールはお前のためにできたもんだぞ、音

楽をかけるときイヤホン使えや、ねえならヘッドホンを買えや」などといって暴

行を行った。

被告は、上記犯罪行為を受けたこから前野町交番に110番したが、かけ

つけた警察官形式的しか仕事をしなかったために、現行犯逮捕に至らず、篠原

居留守を使ったために、警察対処ができなかった。その後も、被告は、本件に

関する予想判決文を作成して、セブンイレブン印刷機印刷し、これをもって志

警察署や前野町交番に何度か足を運んで、どうにかしてくれと言ったが、いずれ

警官も、なお形式的しか対応しなかったため、捜査は進展しなかった。

前野町交番地域2係の巡査が、被告からオーナー電話番号を聞いていたた

め、巡査オーナー電話でやり取りをした件で、富澤も次第にストレスを募らせ

るようになり、確かに被告篠原から犯罪被害を受けたが、富澤親子は、同ハウス

は安い賃料で売り上げを上げたいし、ハウス内については細かいルールを設けず、

今時の若者の好き勝手に任せておけばいい程度に考えていたため、法律ルール

かまし被告が同ハウスに入ったせいで、様々なトラブルが起きており、被告

邪魔だと感じるようになったため、かねてより被告精神疾患があって神経質だと

思っていたこからルームシェア契約書の条項を利用して、被告契約を解除す

ることにした。

2023-09-25

消費しているようで不安になる

ジャニー関連の性犯罪の話、次から次に出てきて今日も文春の記事がでていて。

胸が痛くなる話で、告発するのはどれだけ苦しかっただろうかと思う。


ところで、このような犯罪被害の話を、有名人スキャンダルスキャンダラスな話として消費してしまっていないか自問して不安になった。


答えをどうやって出せばいいのかわからないけど書き付けさせてほしい。

2023-09-10

女って男の犯罪被害過小評価してるよな

某は性犯罪から騒がれてるだけであって、男の暴力被害は見向きもされないよな。

そして統計上、男の犯罪被害は女より多い。

トラウマを抱えて生きている男が多いのは自殺率を見ればわかる。

2023-09-09

女って男の犯罪被害過小評価してるよな

某は性犯罪から騒がれてるだけであって、男の暴力被害は見向きもされないよな。

そして統計上、男の犯罪被害は女より多い。

トラウマを抱えて生きている男が多いのは自殺率を見ればわかる。

2023-09-03

anond:20230523091825

でも、犯罪被害は男ばっかり被ってるから女はもっと肩代わりするべきでしょ。

2023-08-27

anond:20230827165124

「どんな格好をしていても性犯罪に合わない安全がほしい」ならそう言えばいいだけの話だろ。

格好によって犯罪に巻き込まれ因果関係が仮にあったとして

二次元女子の格好はまったく現実女子犯罪被害と因果関係ないじゃないか

より因果の近い現実女子がどんな格好してもいいなら

当然因果から遠い二次元女子がどんな格好してもいいだろ。

そういう当然の演算から導き出される結果を端的に言うと

「(フェミ二次元の)エロい格好を認めた」となる訳。

露出するのが「悪い」じゃなくて「危ない」なんだよ

悪くはないよ。痴漢だろうが強姦だろうが強盗だろうが殺人だろうがするやつが100%悪い。

でもそれ、犯罪被害に遭ってから言って何か意味ある?

レイプされた後に「あなたの格好は悪くないよ」とか、強盗殺人された後に「治安の悪い所で夜中出歩いてたあなたは悪くないよ」とか言われても何の意味もなくない?

理想論ばっか言ってないで頭のおかしいやつは世の中にいるっていう現実に向き合おうよって話なのよ。

おかしいって言ったけど、本当は犯罪行為するやつ=頭おかしいやつじゃないんだよ。

人間は日々理性でもって犯罪行為をしたい欲求を抑え込んでる。

日々悶々とする男子痴漢したい欲求を持ってるが、ほとんどの人が抑え込んでる。

困窮してにっちもさっちもいかない人々、あるいは単純にお金が欲しい人は日々窃盗をしたい欲求を抑え込んでる。

企業会計担当社は横領したい欲求を抑え込んでる。

時々理性のたがが外れてしまった人が犯罪を犯す。満員電車でバレないと思ったから、目の前にお金が落ちてたから、企業横領防止がザルだったから、たがが外れる理由は様々だが、誘惑がなければ外れなかった人が多くいる。

から、そういう崖っぷちにいる人の背中を押すような真似をしないためにも「そういう格好は危ないよ」って言ってんじゃねーの。その上であなたがするのはもちろん自由だけど、こっちがそれぐらい言ったって別にいいだろ。

2023-08-26

男のほとんどはパワハラ暴力を受けた経験がある

なので、女のほとんどが性犯罪にあったことがあるというのは特別でもなんでもないんですよ。

女は、性犯罪を盾に、男の犯罪被害過小評価しないでください。

そもそも性犯罪という犯罪自体が大げさ。

せいぜい強要罪でしょう。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん