「パクツイ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: パクツイとは

2019-10-17

献血ポスターに憤る人たちへ

献血ポスターに憤る人たちへ

献血ポスターイラスト問題が、連日タイムラインを賑わせている。私のタイムラインでは大元ツイートは流れてこなかったが、オタクオタク献血賞賛し、"環境セクハラ"をこき下ろすツイートがちらほら見られた。シンプルによくわからん、と思った。私自身もオタクから人のことを言えないのかもしれないが、オタクオタク賞賛するのが好きすぎる。献血は確かにえらいが、そんなに過剰にオタクだけ褒めそやすのはどうなのか?それにセクハラは色々な問題を抜きにしてもまず透明化したらダメなのでは?とさまざまな思いが巡り、このオタク献血賞賛ムーヴがどこから来たものなのか調べることにした。

先に結論を述べておくと、「二つの議論を一緒くたにして考えるからダメなのだである

この一文だけで察してくださる方もたくさんいることだろう。そんな方にとっては、以下の文章にさして内容はないと思う。煮るなり焼くなり好きにしていただきたい。

さて、今回の件の発端となったのは、恐らく弁護士のこの方による引用リツイート

https://twitter.com/katepanda2/status/1183729350207623169?s=21

渦中のポスターは、漫画「宇崎ちゃんは遊びたい!」のヒロイン、宇崎花ちゃん献血コラボキャンペーンポスターである

文字通り絵に描いたような爆乳で困り眉の女の子が、挑発するような台詞・表情で』献血を促している。

多分、弁護士の方がここで問題にしたいのは『』の部分だけだ。献血を促すこと自体文句を言っているわけではない。ポスター採用されたキャラクターの造形に問題があるという話で、漫画アニメ作品採用されることに不服があるわけではない、と思いたい。このていで話を進める。

話は変わるが、Twitterランドスラム街である。日々クソデカ主語極右極左クソリプパクツイデマツイお気持ちマシュマロと戦うオタク諸君はこのあたりよくご存知のことであろう。こんな環境で、果たしてまともな議論ができるだろうか?できるわけないのである揚げ足取りは腐るほどいるし、文脈が読めないまま発言の一部のツイートけが一人歩きしたり、過激思想を持った影響力の強い人々が発信する偏った意見が多くのRTいいねを獲得していたりするのだから。一つの議論をまともに話そうというのがそもそも無理な話だ。

ここで話を戻そう。

先のツイートは、一見すると問題提起に見えなくもない。いや、そのつもりがあってしているのかもしれない。この弁護士さんはフェミニストの方々の間では有名な方だと聞いた。だとしたらこの方の主張は、『環境セクハラ配慮しないポスターを貼るのは無責任だが、日本環境麻痺していてそれを問題にする人もいない』であろうと思う。

環境セクハラと言っているものそもそも微妙意味が違う気がする(気になったら各自調べてください)のだが、今回のを要約すると"生きているだけで目に(女性が客体である)性的イラストが目に入ってくる"というところだろう。

私はこの主張にのみ関して言えば、議論されるべき問題であると思っている。女性身体の過度な客体化とアニメ文化が密に結びついた日本では、驚くほど性的アイコンが強調されたイラストがそこら中にあふれている。性的アイコン巨乳とか服の上からでも分かるマン筋とか、困り眉赤面涙目とか、濡れてんのか?みたいなピタピタの服によるわかりやすいボディラインとかそういうものである。生きていれば上述のアイコンの何かしらを目にしたことがあるだろう。それこそ都会ならば場所や時を選ばず、どこにいても見られる。コンビニエロ本撤去が少し前に話題になったが、あの区画に限らず様々な場所にあの手のイラスト漫画があふれているのだ。意識して見てみるとわかるが、そのイラストに感じる独特の「気持ち悪さ」はよっぽど理解がないと感じ取れないかもしれない。それだけ、この国の女性客体化思想は深く深く根付いてしまっている。

とまあこんな具合に、この問題一朝一夕140字ちょっとでは到底語りきれない深刻な問題なのである。そして悲しいかな、今回の件について、この文脈議論を展開している人はあまり見られない。

萌えアニメキャラ献血ポスターに使うのの何が悪いのか?」

オタクの血はいらないということか?」

セクハラだかなんだか知らんが献血量が減ってないならなんの問題もないし知ったこっちゃない」

コミケでのオタク献血の貢献度を知らないのか」

「我々はオタク献血で命を救われた。オタク献血に行くことのなにが悪いのか」

表現の自由がないじゃないか

こんなもんであるそもそも論点がズレていることに、一体この話題に参加したオタクの何人が気づいているのか。指摘しているツイートも少なからずあったが、そちらはバズらずじまい。なぜだろう。原因はわからない。

そもそもこの問題の要点は『性的アイコンが強調されたポスターセクハラだ』であり、『オタクが悪い』『アニメキャラ(クソデカ主語)はポスターに相応しくない』とは誰も言っていない。誰も言っていないのに、勝手オタクの好きなもの批判された、こき下ろされた、エログレーゾーンアニメキャライラストを全て規制しろということか、表現不自由だと逆ギレしているのである

何故?これもわからない。表現の自由が誰かを不快にするのを厭わず行われるべきだというのなら、なぜ「表現不自由展」はあんなにバッシングを受けたのか。人に不快感を与えるという点でそこに上も下もないと思うのだが。

結局日本右寄り日本男性視点優先の社会構造が浸透しすぎており、女性視点気持ちはほぼ透明化されているということなのであろうが、このあたりは話しだすと論文一本じゃすまないので今回は割愛しておく。右寄り日本男性というカテゴリー微妙なところだ。男性というだけで生きやすい国なのだ、ここは。

一方で、もし発端の弁護士の方にアニメキャラ全般こき下ろす意図があるとするならば、それはそれで問題である。過度なミサンドリーという点でもそうだが、このご時世、アニメイラストというだけで拒絶反応を示していてはキリがないし、正当なフェミニズム思想反論材料にならない。アニメイラスト不快、というだけでは「個人問題」になってしまうのだ。とにもかくにも、今回の件は議論にするには材料や前提となる問題提起の部分が弱すぎた。

長々書いたが結局のところ、今回の騒動

性的アイコンが強調されたキャラポスターが誰にでも見えるところにあるのは不快だしハラスメント

ポスターアニメキャラ採用されることはなんの問題もなく、それを規制することは表現の自由侵害である

という二つの問題がごっちゃになったまま拡散され、憤るオタクたちが様々なツイートをし、歪みに歪んで広まったというわけである。繰り返すが、誰もオタクダメともオタクの血が不快とも言っていない。だから「女は献血への貢献度が低いくせにごちゃごちゃ言うべきではない」とか、「巨根男性ポスターについてたら男は嫌だろ?」とかはまた全然別の議論を立て直さなくてはいけないのだと思う。このあたりはミソジニーミサンドリーが混ざりすぎて本来目的を失っているようにも見える。個人の快・不快ではなく、議論フラット目線で行いたいものだ。私自身それができているか甚だ不安ではあるが、特大スラム街Twitterにいるともう何が何だかからない。そしてその辺りを踏まえて、発端の方のツイート個人の快・不快帰結するものかどうかについても、議論すべきかもしれない。私は社会全体の問題だと思うけれど。

ついでに今回の問題をこねくり回したツイッターの人々を十把一絡げに「オタク」と言ってしまったが、これも本来良くない話だ。まさにクソデカ主語。目につくツイッタラーが皆オタクに見えてしまうのは、ツイ歴五年になるクソオタクこと私の決定的に良くない点である反省

さて、散々色々とりとめなく書いたので、このあたりで渦中のポスターのメインキャラについてもひとこと。

失礼ながらタイトルも知らなかったのだが、「宇崎ちゃんは遊びたい!」はTwitter発の漫画作品らしい。現在ニコニコ静画などで連載しており、コミックスも三巻まで出ているようだ。以下あらすじ。

一人でいることが好きな先輩を「ぼっち」扱いするウザい後輩が絡んでくるドタバタラブコメディ。非日常的な要素はなく、基本は主人公ヒロインを中心に大学での青春を描く。

ヒロインショートカット巨乳八重歯、~ッス口調、アホの子というキャラクター性を持つ。ただし他の女友達と過ごす時や独白では標準語で話す。(Wikipediaより引用)

清々しいほど分かりやすオタクの好きなやつである。私も好きである属性は盛りすぎてもいけないが、あって悪いことは一つもない。かわいいことはいいことだ。こんな後輩欲しかった。いつか思う存分揉めると、その柔らかい触り心地を夢見て大学生活を送りたかった。

この宇崎花ちゃんは今回なにも悪くない。だから過剰に擁護すべきでも、過剰にディスる必要もそのいわれも全くない。じゃあ誰が悪くて、なにがいけなかったのか。今回の話はこのあたりが議論されるべき点だったと思う。そしてすでに意見を述べている人々は、反対意見の人々の意見も詳しく聞いてみるべきだ。

最後に、今回の件で一つ良かったことがあるとすれば、献血に興味を持つ人が少なからず増えた点ではないだろうか。結果的に宇崎ちゃんポスター本来目的を大幅に逸れて拡散され、献血を広めることになった。そして宇崎ちゃんの読者もさらに増えたことだろう。よかったね。

献血人類のために必要不可欠な活動であることはわかっているつもりだし、今更その重要性について語る必要はないだろう。ツイッタラー各位は特に、今回の件で献血に救われた人間の話をたくさん見たことと思う。私はウッキウキカントリーマアムをもらいムシャムシャ食べながら献血を待っていたら、ヘモグロビンと鉄の量が足りず献血ルームから追い出されてしまったが、今後も献血をする人が増えるよう祈るばかりである

キモオタクより

anond:20191015161238

このパクツイ死んで

2019-07-29

二匹目のドジョウ保護した

みんなからいっぱいRTいいねを貰えると思ったんだろうな。

結局、その子は「パクツイ乙」とリプがついただけだった。

仕方がないので、自分RTいいねをしてあげた。

2019-07-26

ワンクリック拡散する前にワンクリック確認してくれーー!!!

話題性のあるものほどよくコメントリプライに訂正だのパクツイ指摘だのぶら下がってるから

大抵ワンクリックで済むから……!

刺激的でセンセーショナルに書かれたものばっかりが、真偽如何に関わらず光速拡散するのほんとネット集合愚だけど

知見のある人がツッコんでくれたり誰かがパクツイチェックしてくれるのがネット集合知から

どんなにシェアしたくなる美味しそうな話題でも、本当のところわからないな、と思ったら拡散するのは止そうぜ

無知だったからだろうと、広げちゃったら嘘や盗用の片棒担いだことには変わりないよ

2019-07-23

有名ネトウヨTwitter3名が凍結された件

有名ネトウヨTwitterアカウントが凍結された。

以下三名である

ニライカナイ

https://twitter.com/niraikanai07

500円

https://twitter.com/_500yen

ねこおぢさん

https://twitter.com/necoodisan

なんで凍結された

いずれも DMCA Takedown である

DMCA Takedown が5件承認されると永久凍結となる。

よくある DMCA悪用ではなく、きちんと著作権違反していたツイートが報告された。

ほとんどがテレビ番組キャプチャ画像無断転載が原因だが、ニライカナイのみ著作権者Twitter上とやり取りがあった。

パクツイ常習犯のニライカナイφ★さん、わさびちゃんの写真を無断盗用した上飼い主さんからの削除依頼に「パロディだからセーフ。みんな楽しんでるからいいだろ」と削除拒否 - Togetter

いわゆる猫画像パクツイ無断転載)であった。

画像パクツイを見つけた著作権者ニライカナイ氏に削除を要求した。

それをニライカナイ拒否

そして DMCA Takedown され、無事5アウト永久凍結となった。

2019-07-15

クソリプ大好き人間です

バズりツイに「嘘松」だの「パクツイですよ」だの送る(Togetterでも同じ)、ウケると思ったスレラーメンスレにする、苦しみの叫び増田や好きなものへの熱弁増田に「うんち」と付けるかパンティー改変する、考察で盛り上がってる界隈に「こじつけでしょ」と言う

面白いぞ!と熱く推されるものに「言うほど面白いか?」とエベレストから目線で言う、質問サイト質問に的はずれな事を偉そうに言ったり「自分で調べてください」などと言う、二次創作の場に「公式がこう言ってるのでないです」と言ったり公式通報して二次創作自体を潰す

そんな、場に水をさすことが大好きなクソ野郎です

そもそもこんなことをずっとやってきた、ガキの頃から空気読めない事言ってた、大人になっても同じ、でも俺はそれをわかってやってる

何故なら?それは、その行為により誰か一人でもそれで嫌な気持ちになるのを知っているから!

おかげで俺は嫌われもの大人になってからは居場所が無いと困るので、表立ってはしない事にしてる、というわけでネットでやってる

クソだよなぁ、クソだよなぁ、ウザいだろ?ウザいだろ?

うふふふふ、でもやめなーい♡

なんでって、それが俺のアイデンティティ、俺のセントラルドグマ、俺のアーキタイプ

365日間、好きなタイミングで無粋な言葉の刃を投げつけて場を白けさせることが出来る、話に水をさすことが出来る、その人を嫌な気持ちに出来る

そんな楽しい環境を楽しまずにいる、バカじゃあないか?俺は死ぬまで楽しむよ

どんどん白けさせて、水をさして、場を変な空気にしてやる、ブヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ

2019-07-04

anond:20190703203601

お前みたいな他所からネタパクってきて自己顕示欲満たしてるカス

平気な顔でパクツイとかしてるんだろうな

気持ちの悪い人間だな

2019-06-05

殺人犯Twitterアカウント

日本で起きた殺人事件について芋づる式にネットサーフィンしていると、5年前の不幸な事件に辿り着いた。花火大会から帰る途中だった女子中学生が見ず知らずの男子高校生に襲われ、殺害された事件。この事件を特異にしているのが、加害者男子高校生Twitterをやっており犯行後もツイートし続けていたという点だ。

5年前、犯行数日後のツイートネット拡散され、偶然ながらそれを目にしたことがある。凶悪犯罪が近所で発生したこと加害者が恐怖を感じているという内容だった。事件を起こしたのは他ならぬお前じゃないか。そう思ったが、野次馬精神特に働かず、それ以上掘り下げることは無かった。

今になって事件の詳細について知ると、彼は普段Twitterにどのような呟きを載せていたのか気になってしまった。とても褒められた行為ではないと自覚しながら、5年経った今もインターネットに取り残されている彼のツイートを辿ってみることにした。

犯行半年ほど前から彼のツイートは始まる。最初趣味野球関連の内容が中心で、高校同級生と思しき人のアカウント宛にリプライを送ることも多かった。ごく普通男子高校生Twitterアカウント

急展開を見せるのは事件から数日後。近所で発生した殺人事件に関するツイートが増えた。事件について知人とリプライを交わし、家に警察官マスコミが来たことを呟く。自分殺人事件犯人であることが露呈しつつあることに焦りを感じ、不安を静めるためツイートの数が一時的に増えたのかもしれない。

事件からしばらく経った後は野球関連のツイートほとんど無くなり、知人とのやり取りや、車関連のアカウントパクツイbotリツイートするのが中心となっていく。そして高校卒業から間もない頃に彼は逮捕され、ツイートは途切れたままだ。

事件発生から間もない一時期を除いて、彼のTwitter上での振る舞いは日常のものだった。捜査の手が及ばないと感じるようになり、平常心を取り戻していったのだろうか。逮捕前までは直接の知り合いが大半だったフォロワーに向けて、犯罪者ではないことを示すせめてものアピールだったのだろうか。

罪を犯してから逮捕されるまでの日々を、彼はどんな心境で過ごしていたのだろう。

加害者少年懲役5年以上9年以下の不定期刑に処された。彼が刑期を終えた後、このアカウント行方はどうなるのだろう。

殺人犯ツイートを辿ってみて、明確な答えが出てこない疑問だけが頭の中に残り続けた。

2019-05-22

Twitterで見つけた面白いツイートRTしても何にも反応なくて、

それから数ヶ月後にキュレーター気取りのパクツイアカウントがまるっきり同じネタツイートしているのを、

大学の同期だったやつがRTして俺のタイムラインに流してきたときのこの気持ち

一体何に例えればいいんだろう?

2019-04-08

パクリ増田って何なの?

パクツイはまだわかる

 

パクリ増田何で存在してるの?

リツイートみたいな感じなの?

2019-03-05

anond:20190304143433

自分に何の利益もないけどただ好きなもの宣伝したいってタイプの好きだよ

こちらを宜しくお願いします!みたいな

別にいいんじゃないのかなパクツイとか引用なら便乗感すごいけど

2019-02-27

バズりやすい、外部サイト記事になったりパクツイされやす画像を作って流す

無断使用されるのを待って、されたらすぐに使用料請求

結構稼げそう

2019-02-13

anond:20190213131756

馬鹿なの?要は悪質な場合だよ

Twitterパクツイしてる奴らは通報されまくるんじゃね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん