「家族愛」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 家族愛とは

2019-06-16

男:

母親がクソだと罵る → ミソジニー認定

母親が好き → 理想母親を私に押し付けるな・マザコンエネ夫候補

父親がクソだと罵る → その通りだ!

父親が好き → 素敵な家族愛

今日も無敵で素敵な人生

2019-05-05

「妹の姉」がなんだかぞっとする

件の漫画を読んだのが例のバズってる批判ブログ(へのブクマコメント、への当人からの返答)がきっかけだったため、当初から批判よりのバイアスがかかっていることは否めない。

フーン、知らなかったけど読んでみよう。

漫画としてものすごく上手く出来ていて面白い。故に、軋轢を抱えた姉妹芸術へかける熱い思いと家族愛物語として爽やかな青春譚のようにさらりと読まされてしまう。

しかし確かに指摘されている通りだ。問題点ありすぎる。

幸いなことに、『尊い』などと絶賛する声や批判への批判タイムラインには現れないが、無言でながやまこはるちゃんツイートリツイートが流れてくるのを見てはぞっとしてしまう。

この違和感の正体を探るように批判よりのツイートを探してはうんうん、と頷いて安堵感を得ている自分は全くもって卑怯人間だと思う。卑怯が極まって、結局こうして初めて増田に書いていたりするくらいには。

以下、個人的なあれやこれやを書かせてもらう。

考えたままつらつら書いたのでまとまっていないし、ろくに推敲もしていないので読みづらいと思う。

あの物語アウトライン

当人の了承なく作成されたアイコラが校内に貼り出され、無遠慮な性的からかいへの苦痛を訴えるも「芸術から」「妹はあなたを愛しているから」をまるで免罪符か何かのように振りかざされ、訴えを取り下げられる。

苦痛を訴えた当人は自らに課せられた性的幻想を打ち崩すセルフヌード作品アイコラ作者に「勝利」する。

自らを打ち負かした当人ますます心酔するアイコラ作者は当人の断りなく、芸術家でありミューズである彼女のところに押しかける。

なぜなら彼女ミューズを「愛して」いるから。

めでたしめでたし

と、説明することが可能ではないだろうか。

行動だけを取れば狂気の押しかストーカーであるアイコラ作者の暴挙批判されない。

アイコラ作者は彼女の妹であり、妹は姉を愛しているから。

そして姉はセルフヌードで妹を打ち負かしたことにより、芸術と称したアイコラを生み出した「妹」から屈辱を跳ね返し、彼女もまた、妹を心から愛しているのだと証明した(という幻想を抱かれている)から

まれな才能を持ち、嫉妬と羨望で火花を散らし合うライバル同士でありながら、誰よりも身近な存在である姉妹」という関係性、妹から狂気を孕んだ一方的な執着と崇拝。

妹のじっとりとしたまなざしには、うがった目ではなく「性的まなざし」が見受けられる。

美化したなまめかしい体つきで腰をくねらせて悩ましげな表情を見せる幻想の「姉」は妹の性的願望の現れであり、だからこそ、絵を見たもの性的欲望をそこに向ける。

自身性的消費にショックを受けた姉は、身勝手幻想を打ち壊さんとばかりに貧相な胸で股を大きく広げ、好戦的な表情を見せつける自身セルフヌードで妹に勝利する、というクライマックスは冒頭の「自身性的消費」にショックを受けていた彼女が取った行動としては信じられないほど鮮やかで爽快感に溢れている。

からこそ、この作品は魅力的だ。

『消費されることを拒んだ自身の裸体を自ら晒し屈辱を跳ね返す』

並大抵の人間に出来ることではないだろう。

自分の裸を無断で見世物にされて本気で嫌がっていた、自分感覚と近しいものを持った思春期女の子』の物語を読んでいたと思っていたら、彼女超人だったことが明かされ、別々の道を歩むと思っていた芸術家二人は「姉妹から」というある種の血族の呪いにより、べったりと癒着した関係が続くのだと示唆されて物語は終わる。

『素敵なお話』としてうっとりしようにも、あまりに妹の行動、周囲の無邪気さが不快で、それらに対してとった姉の行動、その強靭さは信じがたく、『冷静に考えるとめちゃくちゃ嫌な話なのに物語として綺麗に落ちてるところがすごい』という薄ら寒さを感じた。

not for me.で済む話なのかもしれない。

要は『作者が萌えを貫くためにぶち壊した倫理観価値観キャラクター自分には受け入れがたいもの』なのである

お話からいいじゃない、被害者はどこにもいないんだからで済むと言われればそれまでである

とはいえ、作中の『性的被害を訴えても取り合ってもらえない』『家族愛から、の一言不快なことを受け入れることを強要される』『女体は軽々しく性的消費をしていいものとされている』といった事象はあまり現実世界での出来事と地続きで『理不尽性的消費が受け流されている作品世界気持ち悪い』のだと思う。

それが男性の手によって描かれていることを『社会における無自覚暴力再生産』として取る人がたくさん居たからこそ、『男性に置き換えると物語が成立しない、この世の中での男体と女体の扱われた方の不均衡』への嘆きも含めての批判が広がっているのだろう。

美術学校関係から指摘されていた『ヌードモデルを性的に見ることの非常識さは業界への偏見助長するもので許しがたい』という意見に関してはもっともだと思う。

性別を入れ替えては〜という意見を見て、少し前にモーニング新人賞話題になった漫画のことを思い出した。

この作品と同じく、芸術を志す兄弟ライバル心と羨望と執着が描かれ、結末はこの作品と同じように、兄弟間でのべったりとした癒着に落ち着いて終わっていた。

そういう話が好きな人が多いということに尽きるのだろう、結局のところは。

2019-04-07

[]4月7日

○朝食:ホットサンド

○昼食:オクラ大根おろし納豆たまご。(うどんの具のつもりが、大根おろしおろしすぎて丼に入らなそうだったので、具だけ食べた)

○夕食:人参キャベツマッチルームウインナーロールパン

調子

むきゅー!(今後、この鳴き声は「給料が無! 略してむきゅー!」という意味を持つことになると思うと、なんだか悲しくなりますね)

今日ネットフリックスでザ・ランチという海外ドラマを観ていた。

僕はこういう、家族愛コメディものがたまらなく好きなので、既視感があっても一切気にせず楽しくとても楽しく見ていられる。

そして、海外ドラマのお供といえば作業ゲーなので、ゲーム遊んだ

グラブル

今日グラブルの日と決めて、一日中ぐらぶってた。

ガチャピンに大量にもらったキャラたちのレベル上げのため、土日スラ爆。

半額期間中にしときゃよかったよ……

最終上限解放キャラがたくさんいるので、まだまだしたりないなあ。

今日サンダルフォンと水団長100にできたけど、アンチラとアニラがまだLV97、ガンダゴウザと水ランスロットが81、ヴァンピィちゃんが91と、まだまだたくさんいるから来週もスラ爆しないとなあ。

ニラレベルが95になったので、早速編成して使ってみた。

僕の火の編成の武器は、コロマグ石三凸、ゼノイフ斧(メイン)、コロ杖4凸五本、無垢剣、バハ剣、ゼノイフ刀、天司武器SSR

キャラは、火テレーズ、恒常パー様、アニラ。(控えに、おとたん)

こんな感じで、180↓グリムニール30連に行ったところ、10位〜7位をうろちょろする感じで、青箱もそこそこ出ていい感じでした。

今までの、完全に養分踏み台よりは全然マシなので、マグナ石四凸へのモチベが上がってきた。

そんなわけで、風エレも8箱掘った。

いちおう、古戦場前までにティアマト石の四凸を目標に掲げておくけど、できるといいなあ。

マグナII武器に関しては、どう考えても無理)

それと、シュヴァ剣が出ないので、前々から準備してた、バハ剣のフツルス化およびスキルレベル上げと、コスモスBL作成を行った。

これで、光の編成はメインがゼノコロ剣、シュヴァ剣4本、コスモスBL、バハ剣フツルス、無垢剣、プリキュアコラボ武器、シュヴァ銃1本。(天司武器はまだ無凸SRから入らないけど、早く作らんとなあ)

キャラは、SSRアルベールサンダルフォン、ロザミア。

コスモスBLの第二スキル目当てというより、シュヴァ剣とゼノコロ剣とバハ剣と無垢剣で7本の剣の攻撃力を水増しするのが目当て。(プリキュアコラボ武器を、失楽園EX武器に変えると良いかいか計算機叩かないとだけど、タルいなあ)

シュヴァ剣染めまでの繋ぎにすぎないから、まあそこそこでいい感じ。

今ふと思ったけど、まだ使ってない五周年チケをゼノコロ剣2本目に使うって…… さすがにないな。

2019-04-04

[]4月4日

○朝食:なし

○昼食:チキンかあさん煮定食大戸屋

○夕食:キャベツ人参ピーマンウインナーコンソメで煮たもの納豆、卵。

調子

仕事は、まあ、適当に、なんかちょいちょいちょいちょい。

帰ってからは、ネトフリオリジナルのチャンピオンズというドラマを見てた。

いい感じにバカっぽくて、いい感じに家族愛もので、超好き。

こういうコメディ8割、家族愛2割ぐらいのバランスが、創作物を楽しむ上で一番好きかも。

ポケモン青(3DSVC):悪ポケないし、それに準ずるポケ縛り

(縛りのルール4月1日分を参照してね)

月見山攻略しつつ、コイキングレベル上げ。

今のPTは、コラッタ19、コラッタ11コイキング13。

anond:20190404140550

向こうも結婚同棲願望もないみたいだけどなあ

困った時は金銭的にも助けるよ

でも、ごめんほっこり家族愛とかは提供できないって伝えてはある

雲隠れはさみいかな笑

月一とかで会っては欲しいw

2019-03-30

幼少期に受けた兄から性的虐待のこと

もうすぐ20歳になる大学生です。

秘密はくるしいので、書き残しておきます

ずっと相談たかったけど、できなかった。

長くなります文章は書き慣れていなくて、ぐちゃぐちゃだけど、誰かが見てくれますように。

わたしは、小学1.2年生くらいから3歳上の兄から性的虐待を受け、小学卒業あたりまで性的な目で見られていました。

まずはお風呂性器や胸を見られ、触られるところからまりました。

まだ幼かったので、それが性的なことだとは理解できませんでした。

兄は必ず、わたしがお風呂に入るとついてきて、そのようなことをしました。

何故かだんだんと怖い気持ちになって、お風呂に兄がついてきそうなときは、父親を呼んで3人で一緒に入りました。

ある日、兄と2人きりでお風呂に入ってしまい、「胸を吸わせてほしい」と言われました。

嫌だと言いましたが、何度も言われるので、応えてしまいました。

これは駄目なことなんだと察し、わたしは怖さと気持ち悪さを感じました。

何日後かにあったピアノの発表会の帰り道で、そのことを思い出して震えて動けなくなったことも今でも覚えています

わたしは汚いんだ、と思うようになりました。

母にも心配されましたが、本当のことは言えませんでした。

誰にも言えない秘密になりました。

しかし、兄がお風呂についてくるのが耐えきれず、 ついに母親に「お風呂にお兄ちゃんが入ってくるのが嫌だ」と打ち明け、お風呂に兄がついてくることはなくなりました。

それでも、兄から性的行為は終わりませんでした。

小学2年生か、3年生の頃です。

わたし和室で本を読みながら眠ってしまい、ふと目を覚ますと、兄がわたしの服に手を入れ、「(わたし名前)、起きなよ、起きなよ」と言いながら胸を揉んでいました。

まりの恐怖に叫びました。

寝起きで上手く声が出せず、息が苦しくて、足で兄を蹴って抵抗しました。

ほんとうにこわかったです。

ずっと覚えてます

うたた寝すらもできない、

気付かなかっただけで、今までも寝ている間に何かされていたのかもしれない。

兄と自分に対する嫌悪感気持ち悪さ、不安、そして自分は汚れているという感覚でいっぱいになりました。

からの直接的な行為は覚えてる限りだとここで終わりました。

でも、性的な目では小学卒業くらいまでずっと見られていました。

わたし小学生の頃から胸が人よりも大きく、目立っていました。

小学校高学年くらいから、兄に「(自分名前)は、胸が大きいよね」と言われてきました。

性的目線や笑いがまとわりつきました。

その頃、同学年の男子からも同じようなことを言われ始め、「わたしはそんな目でしか見られないんだ」と悲しくなりました。

普通は気にすることではないのかもしれませんが、兄とのことがあったため、妙に気になりました。

運動会は、胸にさらしを巻いて出ました。

それから月日が経ち、兄は性的行為発言をすることはなくなりました。

なるべく、会話もしないようにしていたし、関わることも少なくなりました。

あれは幼くて、善悪判断がつかなかったから起きたこと、性的好奇心から出来事だと思うようになりました。

兄は、その時のこともきっと忘れているんだろうな、と。

そう思うと、前よりは普通に接することができました。

しかし、中学生になったある夜に

から「一緒に寝てほしい」と言われました。

「一人だと寂しくてたまらない」と。

なんとなく昔のことを思い出して断ると、

兄は言いました。

「小さい頃みたいなことはしないから。」

聞いた瞬間に背筋がゾワっとしました。

やっぱり、まだ覚えてたんだ。

忘れてなかったんだ。

かに縛られたように、その場から動けなくなりました。

絶対に無理だから」と言い、わたし自分の部屋に戻りました。

この時、兄は笑っていました。

この人にとっては、そのくらいの出来事だったんだ、と。

わたしけがずっとトラウマを抱え込んでいるんだ、と。

そのときわたしは一生このことに縛られて生きていくんだな、と思いました。

兄の少し肩が触れただけで、目が合うだけで鳥肌が止まらなくなります

自分はきたない、価値がない、知られたら気持ち悪がれる秘密がある、

毎日、昔のことを思い出します。

自己肯定ができません。

明るく振舞って、本当の自分を隠しています

もっと酷いことをされた人もいるのに。

しかし、そのこととは裏腹に、異性との距離感がわからず、どこまで性的なことに及んでいいのかもわからないでいました。

何故か、いけないことの区別がつかないのです。

貞操観念がわからないのです。

しろわたし性的なことをするために生まれ人間なのだと思うようになりました。

兄との記憶や、兄の手や舌の感触を別の人で塗り替えたくてたまりませんでした。

こんなわたし純粋に人を好きになるなんて気持ち悪いことで、本当は駄目なことだと思う。

中学生の頃に好きな人性的関係になってしまったり、高校に入っても何人かから同じ扱いを受けました。信頼していた男友達に襲われた時から、人を心から信用できなくなりました。2.3人とお付き合いしましたが、わたし依存されやすいようで、いい思い出はありません。

わたしは断れない性格なので、相手けが悪いわけではありません。

もう、抵抗の仕方を忘れていました。

押し倒された瞬間に無感情になります

しかし、わたしは性行為ちゃんとできませんでした。

痛くてしょうがないのです。

初めても、無理矢理されて血がたくさん出て泣き叫びました。

今でも、長時間入っている状態を保てません。

なんて中途半端価値のない人間なんだろうと思います

今は優しい方とお付き合いしており、その人以外と性的関係になることはもちろんありません。その人のおかげで、悲しい記憶も、思い出さない日はないけど、少しずつ薄れています

でも、こんな身体でごめんね、と思ってしまます

こんな自分では、離れてしまうのではないかと涙が出ます

本当の自分を見せたいけど、見せたら彼の負担になってしまうのではないかと。

自己肯定ができず、日々のストレスでこの前身体を壊し、

最近まで彼には言わず精神安定剤を少しだけ飲んでいました。

副作用があるため、今は控えています

明日、兄が家を出ます

やっと解放されるんだ、と肩の荷がおりた気持ちでした。

母に「見送りに行かないの?」と聞かれました。

行けるわけがありません。

一刻もはやく離れたいのです。

母に、行かないと言うと

「酷いね家族愛がないねがっかりした。

そんなに冷たいなんて。」

しょうがないの。

ごめんね、親不孝で。

本当に無理なの、

20年弱一人でたたかってきたの。

責めないで。

思い出させないで。

こんな娘でごめんね。

涙が溢れました。

部屋にこもって泣きました。

ここに書いてないことや、今までのことをひとつずつ思い出しました。

生きるのはすごく難しいです。

自分を大切にするのは、すごく難しいです。

わたし自分肯定できない代わりに、わざと明るく振舞うとき自分を愛します。

周りの人を愛します。

傷は一生癒えないから、忘れるしかない、

自分を認めるしかないのかな。

方法がわからない。

すごく長くなってしまいました。

ぐちゃぐちゃな文章でごめんなさい。

読んでくれた人がいたら、本当にありがとう

2019-03-18

ゾンビランドサガのライブ最高だった

はじめに

私はこれまでライブライブビューイングも行ったことなかったんだが、画面越しでは何度か見たことがあった

そういうアニヲタ結構居るんじゃないだろうか

メディア話題になりがちな陽のヲタクとか、声優好きなヲタクとかではない、「それ以外」のヲタクはかなり多いと思う

理由は長くなるので省くが、ゾンビランドサガはそういう層のヲタク結構刺さったらしい

これまでのアイドルアニメ好きとはちょっとズレた層に刺さった

これは5chやTwitterを1クール以上観察して感じたことだ

※もちろんアイドル好きオタクにも刺さったが、全体の割合体感少なかったと思う

アイドルアイドルアニメについて議論するシーンでも「他見てないか分からん」が多数派だった

 

から今回が最高だって言っても、Twitterで5万ツイートされトレンド入りしたとしても、他のライブと比べてどうたったかという答えは出づらいと思う

でも、視点を変えれば今回は「アニメの一部として」最高だったんだと思う

普段ライブを見ないような人達が最高だったと言っていたら、その理由しか考えられない

 

フランシュシュ中の人)という存在

そもそも、このアニメライブ押しの方針がなかったのか知らないが、歌って踊れる声優は半分と言った所だった

その割に難度は高く、楽曲を収録する際にも音楽担当に何度もリテイクをうけながら作ったらしい

視聴者も「実際にライブやる用じゃないよね」という感想だったと思う

歌うだけでも何度もやり直しを食らう楽曲を、経験が乏しい人が激しいダンスありのライブで歌うのは相当厳しいだろう

しか練習期間は仕事の合間の3,4ヶ月程度しかない

からファン声優ライブはおまけとか記念程度に思っていたと思う、少なくとも私はそう思っていた

12月に行われたサイゲフェスは実際にそのくらいの出来だったし、ファンも内情を理解して「みんな頑張っていたな」という感じの感想だったと思う

それでもアニメそもそも素晴らしかったのと、「頑張っていた」のがアニメ内のフランシュシュと被っていたので十分感動的で好評だったのだけれど

 

そんな中で、今回のライブ

今回のライブはそんな初々しさまみれの状態で行われた、初単独ライブだった

ファンの間では「ライブには何を持っていけば良いのか」「何を着ていけば良いのか」「立つのか座るのか」「サイリウムは買えば良いのか」「どこで買えるのか」「いつ行けば良いのか」と言った初心者丸出し質問が相次いだ

ほとんどがライブビューイング参加だったからというのもあると思う

明確に回答できる者も少なく「俺はこうする」「周りに合わせる」などという腹の探り合いに発展しているのは面白かった

 

当初BD購入者先行抽選で、1000人の箱で行われる予定だったこライブは、アニメの人気によってライブビューイング69劇場の追加が決まり

その後あにてれでの生配信ビリビリでの中国配信まで決まった

運営の柔軟な対応によりファンはこぞって応募し、ライブビューイングはほとんど満席だったらしい

※ちなみに私のBD抽選落選ほとんど皆落選してた(倍率10倍位?)

 

次元の壁を超えるライブ

蓋を開けてみたら、想像を遥かに超えた出来だった

一言で言えば「アニメ再現度の高さ」がすごかったのだと思う

アニメを見ているのか、声優ライブを見ているのか一瞬わからなくなるくらい、というのは言いすぎではない

 

歌声アニメで聞いたそのものだった

ダンスアニメで見たそのものだった

衣装アニメで見たそのものだった

ファンや歓声がアニメで聞いたそのものだった

演出アニメで見たそのものだった

彼女たちの努力アニメで見たそのものだった

チームワークがアニメで見たそのものだった

それを、ストーリーを追いつつ、ストーリー順にやっていく

違うのはせいぜい髪の色と次元くらい

これは錯覚する

完璧実写化がそこにあった

 

思えば伏線はあった

本作のキャスティングキャラクター中の人が似ているように作られている

演技も「できるだけ素に近く」のようなオーダーを受けるくらいで

まり中の人が素で全力を出しても「キャラっぽくなる」わけだ

そして3ヶ月前の、まだ慣れていないパフォーマンスも、思えばまるで本編第三話のようだった

 

でも伏線はあっても現実アニメじゃない

普通は他の仕事がある中、3ヶ月そこらでそんな完璧にはならない

皆そう思っていたはずなのに、彼女たちはやってのけた

しかも作中の曲をほぼ全部やった、3ヶ月前より7曲増え計9曲ある状況で、「すげぇ本物だ!」というくらいまで仕上げてきた

その「行間」がモロにアニメと被ってしまって、1曲目から勝手に涙が出てきた

誰かが「こんなのアニメの続きじゃん」とか言ったが、よもやそんな、昨日までなら一笑に付したであろう世迷い言を首肯する日が来ると思わなかった

 

元々作中の楽曲はよく練られている

「泣けば良いのか笑ったら良いのかよくわからないアニメ」と評されるだけあって

アイドルっぽい曲というよりは、友情努力勝利生き様死生観家族愛応援のような感情を揺さぶる曲が多い

一定パフォーマンスが出せたら、感情を激しくシェイクするようなポテンシャルを持っていたのだが、それが完全に発揮されていた

 

と、この時点で十分絶賛するレベルなんだが、あと何点か追加ポイントを挙げたい

 

新旧アイアンフリルサプライズで出たこ

これは流石に「マジか」と呟いてしまった

だって本編に少ししか出ていない、2期があれば確実に絡むだろう重要存在ではあったが「まさかさないだろう」と思われていた

そのBDしか付いていない楽曲は評判がよく、「出たらいいのに」とはよく言われていたが、練習もかなり必要なわけで・・・

しかもそれに対してファンが「まるで本当にトップアイドルが来た」かのような反応でこれまたアニメと被る

何で君たちBDしか付いていない曲で乗れるんだ、ああ全員BD購入者だった

訂正:アイアンフリルの曲はCDに付いてたんだった

 

作中と同じように「アンコール最後の曲」をやったこ

ファンが居なければ成立しないネタというのは割とあると思うが

これほどまでに本編と綺麗に被るネタは見たことがない

まんま本編じゃないか

こういう、大体100点だなというラインさらに乗せてくるのはゾンビランドサガらしい、多方面から出るアイディアを何故か上手く昇華できてしまっている

 

今回、数曲がフル初お披露目だったこ

かなり歌詞をこだわってくるタイプだったので脳の処理が追いつかなかった

眼の前のライブと、歌詞と、本編とが脳内グルグルグルグルしていた

 

「これからもっと飛躍していきたい」という声優フランシュシュの状況が

本編のフランシュシュと被っていることも面白かった

同じスピードで完全再現していったら絶対面白い(ちょっと追い越しちゃったけど)

 

今回のライブ成功記事になったのだが、作中と同じような写真の構図で記事にしているところがいくつかあった

演者ファンどころか、メディアまで一緒に再現に加担しているのがとても楽しい

 

ライブビューイングは場所依存が激しかったらしいが

私がいた新宿ではめちゃくちゃ盛り上がった

あとやっぱ音響がいい

夜の部は家で見たが、5割り増しで良かったと思う

実況スレ楽しいんだけどね

 

まとめ

まだ語りきれていないが一旦ここまで

とにかくここまでアニメのものライブは見たことがなく、ひょっとしたら今後もないかもしれない

(でも次は佐賀でやるらしいから、また一歩アニメに近づくかもしれない。最後に一つ足りないとしたらたえちゃんだね)

 

全体を通して、とにかくライブの作り手から作品愛を感じた

衣装も極力アニメに合わせるし、「どういうストーリーの中での歌か」という文脈大事にしていた

セトリストーリーのものだし、ファンを巻き込んでストーリーの一部にしてしまうのは上手いなと思った

この求心力はやっぱり本編ありきなんだと思う

 

しませてくれた関係者感謝

お前まじ伝説やん

 

なおライブBDで発売される予定

昼の部最高だったから見て

 

参考

https://zombielandsaga.com/event/detail.php?id=1070824

 

__

 

ところで田中美海はここ最近プリパラWUGとゾンサガで同時にアイドルしてたってマジ?

さすが天才子役(ちがうか)

To my Dearest、指先まできれいだった、2番難しすぎワロタ

2019-02-28

anond:20190228093839

逆に言えるかどうかは、韓国人の親たちが孫欲しいみたいなことを子に思ってないか、彼らに質問してみたいとわからない。

 

俺は韓国って家族愛とかすごい気にするお国柄だと思うけどな。

 

データだけみて全体の感情を読もうとするのは、感情について質問するのをサボってるだけで、非知性的だよ。

2019-02-19

anond:20190219183345

日本だと「A男とB男の関係同性愛しか見えないからA×Bは公式文句は言わせない」

ってのは腐女子界隈に実在するけど(んでB×A派と争ってたりするが「A男とB男の関係公式同性愛である」って認識だってのはどっちみち共通なわけで)

「前作では同性愛者ではないが、続編では同性愛者にしろ」ってのは見ないなあ

まあ「前作では恋人はいないが続編では恋人を用意しろ」ってのなら履いて捨てるほどいるし

別にエルサが異性愛であるとは表現されてないんだからそれが同性でもいいだろ、ってのは別につの意見としてあってもいいと思うけど

ただアメリカはともかく、日本だとアナ雪前作は「異性愛至上主義から解放」ではなく「恋愛至上主義から解放」として受け取られた感があるし

もしエルサに同性の恋人が出来たら「結局相手王子から女に変わっただけで恋愛至上主義である事には変わらないのかよ」

批判する人多そうだし、ディズニーもそういう意見があるのは十分承知だろ

モアナやシュガラ2でヒロインに男の恋人作らなかったのもその辺の配慮だろうし

それに基本的アナ雪は家族愛テーマから(その後発表された短編もそうだし)

そこに他の人間が入ってくる事は考えにくいと思うけどな

エルサにアナ以上に大切な恋人(男だろうが女だろうが)が出来たらぶち壊しだろ

2019-02-16

anond:20190216144025

ラブライブ”の意味については、

世界博愛と寛容で包むラブのマインドを伝播するライブ”のように俺は捉えている。

世間的な感覚では、ラブ=セックス、と捉えて「ラブライブ」の単語いかがわしい響きと感じがちなのはよく分かる。

もし「ライブする少女たちはセックスシンボルではないか」と問われれば、「その側面は間違いなくある」としか言えない。

だが、この作品はそれをネガティブに描かない。そこに意義がある。

作中の彼女らは、自分たち女性から逃げていない。

素直に、真っ向から自分たち女性であること、少女であること、若者であること、地域学校に属する人間であること、そして成長する人間であることを全身で表現し、ライブで伝えるのだ。

そうした姿が不健全に映らないのは、世界観がそう設定されているからというのもあるが、

パフォーマンスをするキャラクター、そして演者が、純粋であることを恥じない強い精神を持っている/持っていく動線が描かれているからだ。

結果として、観る者は作品の独特の世界観に没入するほど、世俗的で動物的な「ラブ」ではなく、より高次元の「ラブ」への感度が高まっていく。

友愛、親愛、対立する者への愛、家族愛、級友や地元の人々への愛、郷土愛自然動物への愛、都会への愛(受容)、先達への敬愛、全国のアイ活する同志への愛。

これほど全方位に「ひねくれていない」生き方ができるのは現実の我々からすると眩しいが、作品によって感度が高められるとそれを肯定したくなるのだ。

結果として、ラブライブファンになると、ラブに対する意識が多かれ少なかれ、高まるはずだ。

2019-01-25

anond:20190125091415

ぶっ叩かれない映画の何が面白いんだ?

映画に限らず、芸術ってのはアブノーマルからいいんじゃないか。

ところが昨今ではアクション映画にまでやれポリコレ家族愛チャイナマネーだと...

そりゃクリント・イーストウッドも切れるって。

2019-01-07

anond:20190107154304

落ち着くためにも状況は客観的理解しておいたほうがいいと思うので、あくまでオレ理論ですが書いときます情報が少ないので的外れなところも多いと思います。何いってんだこいつ?だったらスルーしておいてください。







まず大前提として、恋愛感情というのは好きと欲しい(所有欲・独占欲支配欲)がごちゃ混ぜになります。欲しいがない好きは無いし、好きがない欲しいもない。なので問題になる場合は好き・欲しいの比率です。

好きは相手本位の考え方になりますが、欲しいは自分本位の考え方になりがちなんですよね。だから恋愛中は相手本位の考え方と自分本位の考え方が同居する。ここが恋愛の難しいところだと思います増田さんが自分気持ち矛盾を感じるのはこの辺が原因なんじゃないでしょうか。

増田さんには耳の痛い話だと思いますが、上手に付き合うためにはいかに相手本位で考えるかが大事になりますし、逆に言えば欲しい気持ちを抑える、自分本位の考えをいかに抑えるかが大事ですよね。

ただですね、好きな気持ち、欲しい気持ち相手の行動や態度でも増減します。もっと与えたくなる女性もっと独占したくなる女性っています気持ちアンコントローラブルなものですし、コントロールできるのは体感的に半分くらいです。

好きの割合が多ければ恋愛はうまくいきますし、欲しいの割合が多ければあまりうまくいかなくなります

個人的統計(?)では、恋愛の終わりになればなるほど、断られる人の欲しいの比率は増える傾向にあります相手が離れていく気配を感じると欲しいが強くなるんですよね。




次の前提として、好きという気持ちは2年で終わります。そこから家族愛の期間に移行します。なので2年間付き合ってたということなので、ちょうど次の形に変わるべき時期でもあったと思います一般的には同棲とか始めておいたほうがいい時期で、それをしないといわゆる長くダラダラした付き合いになりがちです。

しかし、欲しいという気持ちは2年じゃ冷めないんですよね。これがまた恋愛のやっかいポイントです。好きは家族愛になるくせに欲しいは欲しいまま。家族愛恋愛初期のときめきのような強さがないので、増田さんも今思い返したら好きより欲しいばかりに感じると思いますが、きっとそんなことはないはず。ちゃんと好きだった上で欲しかったんだと思いますよ。

逆に彼女さんについて考えてみても、付き合い始めてから2年たち、彼女さんにとって増田さんは家族のようになった。彼女さんにとって増田さんが家族になればなるほど、増田さんの欲しいは刺激されてほしい感情は増えていきます。するとどうなるか。まぁ口うるさい親みたいなもんになっちゃうんで、やっぱり一人暮らししたくなるのが大半かなと思います




ちなみに、同棲していたりするとまた話はかわりますが、基本好きより欲しいのほうが喪失時のダメージが大きくなります。好きなもの我慢できるけど欲しいもの我慢できないですよね。それはおもちゃ売り場で泣き叫んでる幼稚園児を見ればきっと分かると思います





最も欲しかった女性が手に入らなかった。でもこれは悪いことではないと思うんですよ。なぜなら最も好きな女性は別である可能性がとても高いからです。どうしても自分そばにいて欲しい女性と、自分そばで笑っていてほしい女性って、やっぱりちょっと違うんですよ。彼女さんの笑顔を見るためにあれこれ考えてた日々は、いつのころから減ってきましたか

そう考えて消化すれば、来るべき最良のパートナーと長く好きで居続ける関係のためのヒントはたくさん見えるんじゃないでしょうか。

最初に言ったとおり、相手の行動や態度でも好きと欲しいは変わります。「自分自然体で好きで居続けることができる女性」がきっと最良のパートナーです。さっさと見つけ出しましょうよ。

2018-12-26

ただの愚痴

愚痴自分語りメンヘラでもかまちょでもなんでもいい。匿名だし。一人で抱えてるの辛い。たぶん読み辛いし暗い。愚痴からな。

自分社会に出てちょっと経つ社会人。20数年生きて、少し前に人生で初めて恋人ができた。

予定外。恋人とかできるとも思ってなかったし、適当に稼いで葬式代と損害賠償代貯めて死ぬのが人生目標だし、そもそも異性を好きになったの初めてだ。

告られた側なのだけど、まあ若い女、かつ恋人ナシ、となると片手しかいない職場だったから、自分かー、とは思ったけどパニック半分で受け入れた。その人のことは観察対象としては大好きだったので。本当は同期の女(かわいい)のことが好きなのだろうと思ってたかマジでパニくったのだけど。

一緒にいて苦痛って程でもないし、まあすぐ飽きられるだろう、捨てられるだろう、って思ってた。というか、これは今でも思ってる。

さて、自分は前述の通り若造しか相手干支半分以上年上。所謂結婚適齢期。ご兄弟最近人の親になったとかで、いわゆる「普通」というような、結婚して、子供を産んで(産むのは貴様ではないだろうが)幸せに暮らすのを信じて疑わない人のようだった。

相容れない。

人柄も挙動も好みではあるが、無償の愛、みたいな、家族愛みたいなもの、本当に受け付けない。というか、自分は死んでも子供を産みたくない。見知らぬ他人強制同居なんて無理。自分兄弟が苦手すぎてトラウマになって実家に帰る数週間前から体調を壊すのに、万が一にも、というほど低くない確率あいつに(=自分に、なのだが)似たりしたら死ぬ

殺すか死ぬわからんけど、少なくとも一つの命は散る。散らす。自分の手によって。

そうでなくても自分学校とかそういう過干渉集団にいい思い出がない。関わりたくない。仕事すら人間関係煮詰まってるのが嫌で派遣みたいに転々流浪の民できる仕事転職した。雑談に巻き込まれない仕事万歳

話がそれた。

なんだっけ、そう、子供を産みたくない話。

この話な、大泣きしながらすでに相手に話したんだ。付き合って割とすぐのころ。職場の人が人の親になったそうで、新生児写真を見せられ、そこにいた老若数人の女でかわいいと言うイベントがあったから。自分社会人なので同調した。覚えてないけどなんか色々褒めた気がする。年の近い先輩が現実のものとして、先輩本人にも自分にも他人事ではないように言ってるのを聞いて、なんとも言えない嫌悪感が湧いて、ああ、世間一般自分感性がズレてんだな、って気付いた。いや本当は気付いていたのだけど、目を逸らしていたことを突き付けられたみたいな気分になった。

自分幸せ相手幸せは相容れないのだろうなと思って文面でカミングアウトしたのだけど、その結果が「会って話そう」で、案の定泣き喚いて無様に不明瞭に伝えることになった。

その時なんて言われたかはよく覚えてないが、子供ワガママみたいな扱いをされたのは今でも恨み深く覚えている。あとは望んでも来ないこともあるし、成り行きだし、みたいな。そういうことを言われた。何も伝わんなかったな、ということは自分の心に刻まれた。

本当、ホンットにこの時点で別れを告げておけば良かったと思う。お互い傷が浅いというか。でも子孫繁栄の話以外はスゲー好きな人なので、踏ん切りもつかず、ズルズル甘えて今に至る。今も普通に付き合ってくれてる。

ここから話が少し変わり、品のない話になるのだが。

自分性交渉が半端なく苦手だ。

触ったり触られたりといった接触は嫌いではないのだが、挿入が無理。

最中からめちゃくちゃ痛いし、暖房どれだけ入れても寒くてたまらないし、腹は壊すし、3日は椅子に座ると痛い。何しても痛い。なお病気はない。機能性の月経困難症、つまりよくわかんねーし原因もないけど月一でめちゃくちゃ腹が痛くなるやつだけだ。解決法がないので思春期からこっち月一気絶する生活を送っている。病気ではないから何も治らない。月経痛に加えて交渉痛もあるなら病気じゃないかと、ワンチャン臓器の摘出も頼めるんじゃないかと思って最近病院に罹ってみたが機能性〜の判定。終了。薬を貰ったのだが、出血が減る代わりに痛みが3倍くらいになった。殺してほしい。

ほんと殺してほしいエブリデイ。

こういう時って行為断っても良いのだろうか?

ていうかこんだけ具合悪くなるのは多数派ではあるまい?女性の方々におかれてはどの程度の痛みで済むものなのか。やはり耐えられる程度でごまかせる程度なのだろうか。羨ましい。

あいうほど入れられることはないのだけど、ゼロというのは男性にとって酷なのだろうと思うと、どうしてもたまの誘いを断るのが大罪に思えてしまう。三十路って衰え行くものなんじゃないのか?まだなのか?挿入以前の段階ならほぼ毎回だが?

話が進まなくなる。

で。

そんな苦痛行為を経て、自由になれない一年前後を経て、多量に金を必要とし、話の通じない、(もしかしたら自分世界一嫌いな生き物に似た)他人軟禁される生活が待っているわけだ。子供を産む、ということは。

もちろんこれが悪意に満ち満ちた穿った視点の意地の悪い表現なのは自覚している。

しか現実問題相手は余裕で法律ストップのかかる残業時間を常とする激務の人間で、実家は片道3時間距離なので、どう楽観視しても他人との軟禁は避けられない現実なのだろうと思う。

産んだら可愛いとか自分の子供は特別だとか、そんなことを無責任に言わないでほしい。自分の子供が万が一特別可愛いとしても、それと繋がる話の通じない他人の子供とも触れ合うことを強要されるのが女親なのだろう。性器が体外にはみ出てないだけで無条件で家事ができて人間の雛が好きでいつでもいい匂いがすると決めつけるのはやめてほしい。

こんだけ嫌だと泣き喚いても理由を列挙しても認めてもらえない「普通」なんて何が普通だと言うのだろう。

普通になれない自分が悪いのか。

悪いならもう関わらないから早く見放してほしい。幸せに生きるために、子供という他人は私に邪魔だと繰り返しているのに、それでも子供はいいぞ、産めば変わる、と押し付け続けるのはやめてほしい。なんでそんなに私を不幸にしたいんだ。幸せに生きられないならすぐに死にたい。そのためにも養育費よりも葬式代を貯めたい。でもそれは悪なのだ。周りの言う幸せにハマれなければダメなのだ。無条件で子供が好きで、80まで生きることを当然と疑わなくて、子々孫々繁栄することを当たり前に願える、そんな普通人間になれない私が異端で愚かで悪なのだ

なら早く殺してくれよ。

2018-12-24

鍵のついた部屋

物心ついた、小学生高学年の頃に引越しをする事になったが、新居の親の寝室には鍵がついていた。

ドアノブを回しただけでは開かないので、内側から鍵を開けて貰う必要がある。

小さい子供が眠れずにぐずって親の寝室を訪れるような描写をたまに見るけど、そんな物は我が家にはない。そのくせ、自分の部屋には鍵はないのでプライバシーは筒抜けだ。弟が突然扉を開けて来たり、父親勝手漫画を読んでいたりする。

もう少し子供の思いを汲んで、中学校も行きたい中学に行かせていてくれたら、私はもう少し親元に滞在していたかも知れない。でも私達子供はいつも蔑ろにされて、親の支配下に置かれていた。

塾や習い事だけは頻繁に行かされたが、辞めたいと言っても決して許されなかった。

子供を交えた会話も少なく、その影響か、自然的グループの中での対話を諦める癖がついていた。

家族を題材にした作品は多い。それが観衆の心を打つのは、結局家族も人と人との集まりしかないという反証ではないだろうか。虚構の中に真実を求めているから、何十回も何百回も、家族大事だと繰り返すのだ。

家族愛を銘打った題材に触れる度、私はあの父のいない冷たい家庭と、鍵がかけられて何が起きているかからなかったあの部屋を思い出す。

2018-12-02

[]12月2日

○朝食:白菜小松菜ネギえのきタラを煮たものうどん

○昼食:カットフルーツの盛り合わせ

○夕食:白菜小松菜ネギえのきマグロ、シャケを煮たものうどん

○間食:ドンタコス

調子

はややー。

昨日ポケモンGOをがっつりプレイたからか、筋肉痛で体が痛かった。

けど、もうすぐお正月なので、置いておける保存がきく食材を買い出しに行っていた。

ただ問題にすぐ気づいたのだけど、電子レンジが壊れたままだから、買えるものの幅が狭すぎる!

買わないと生活が不便にもほどがあるのだけど、ここ最近食生活がわりかしきちんとしてるのは、電子レンジが使えないか自炊してるという側面もあるし……

低所得雑魚雑魚ちんちんとしては(なぜ急に陰茎の大きさを卑下したのかはわからない)、家電を買うなんて贅沢は許されないし、ひとまずは乗り切ろう。

正月休みは長めの連休がもらえるので、その時になにか楽しいことをする準備もしておこう。

長めの海外ドラマを一気見とかかなあ。

今日ドラマではなく映画をみた。

「ウィーク・オブ・ウェディング」という、コメディ映画

連作ものじゃないのを見るのは久々かな。

僕はこういう基本はコメディで、少しだけ家族愛ものジーンとする系の映画がたまらなく好きなのだけど、

自分自身家族問題で揉めているからか、あまりのめり込めなかった。

まあ、しゃあない。

iOS

ポケモンGO

メタグロス進化させる程度にはプレイグロスバンギの二匹のCPをあげればレイドバトルとかも楽しめるのかしら。(今の所強い人がんばえーってしてるだけだしなあ)

それとバンギラスのCPをたくさんあげたりもした。

3DSDS互換

ポケダン

サナギラスバンギラスに進化させた。

これで「あくタイプポケモン進化するとあくタイプになるポケモンメガシンカあくタイプになるポケモンフォルム違いがあくタイプポケモンを含む)」を全員コンプリートできた。

疲れたぜ!

今日やれた楽しいこと

OK1.グラブル:討滅戦マニアック二週、共闘デイリーイベントデイリーをこなす

OK2.ポケダン青:サナギラスレベルを上げる

OK3.散歩+ポケGOメタングメタグロス進化させるまであと三匹なので、キリよくそれだけは捕獲する。

明日やりたい楽しいこと

1.グラブル:討滅戦マニアック二週、共闘デイリーイベントデイリーをこなす

2.ラジオ聴く月曜日は大好きなのがあるので

2018-11-24

[]11月23日

○朝食:サンドイッチコーヒー(ペッラペラキュウリが入ったサンドイッチと、うすくてぬるいコーヒーのくせに、ぞっとするほど高い値段で腰抜かしそうになった)

○昼食:シチュー玉ねぎほうれん草鶏肉)、ロールパン

○夕食:同上

○間食:ドリトス

調子

はややー。

今日シチューを作った。

玉ねぎ鶏肉ほうれん草を炒めて、市販のルウで煮込んだだけなのに、とても美味しくできた。

特にほうれん草の食べ方は、これが正解なのでは? と思うぐらいには、ハマってて大満足。

明日も同じ内容で作れるだけの食材があるので、また作ろうと思う。

THE GOOD COPを最後まで見た、家族愛もの大好きなので、とても楽しめた。

けど海外ドラマって終わり方がなあ。

綺麗に終わらないというか、お話を途中でぶったぎるというか、もどかしい

ただ、ドラマ熱が上がったので、続いて欲望が止まらない! を見始めた。

THE GOOD COPのような家族愛ものを期待したら、どちらかというと毒親との向き合い方みたいな話で、ちょっとイメージと違った。

登場人物も、ちょっとこうなんというか、言葉選びが難しいな。

なんだろう、露悪的? でちょっとこう、もう少しポリコレ意識してもいいんじゃない? いや、うん、どうだろう、こんなもんなのかな、わかんないや。

iOS

グラブル

日課と、六属性マグナは巡った。割とスキル餌にできるSSR武器が落ちてくれて、風の天司武器スキルレベル8まで行けた。

3DSDS互換

ポケダン

ベトベターベトベトンに、ヘイガニシザリガーに、ヨーギラス二匹をサナギラス二匹に、サボネアノクタスに、とたくさん進化させられた。

これで残るは、コイキングギャラドスサナギラスバンギラスの二匹でレベル上げは終わり。

それと、アイテム進化勢の、ブラッキー用の月光リボングミコノハナ用のリーフの石を集めれば、あくポケ(および進化前とフォルム違いやメガ進化前)を全員仲間にできる。

今日やれた楽しいこと

OK1.グラブル:島H、マグナ(闇、光)、討滅戦マニアック二週、共闘デイリーをこなす

OK2.ポケダン青:レベル上げをして仲間を進化させる

OK3.THE GOOD COPと、欲望が止まらない!という海外ドラマを見る

明日やりたい楽しいこと

1.グラブル:島H、マグナ(闇、光)、討滅戦マニアック二週、共闘デイリーをこなす

2.ポケダン青:レベル上げをして仲間を進化させる

3.散歩:4時間ぐらい

4.欲望が止まらない!と、サイテー! ハイスクールという海外ドラマを見る

2018-11-17

幸せそうな連中ばかり

あぁ俺には夢も希望もない

から幸せそうな連中が憎い

家族愛とか絆とかそんなもの壊れてしま

ああ憎い憎い

2018-10-04

anond:20181004143708

10:34 地上に平和をもたらすために、わたしがきたと思うな。平和ではなく、つるぎを投げ込むためにきたのである

10:35 わたしがきたのは、人をその父と、娘をその母と、嫁をそのしゅうとめと仲たがいさせるためである

10:36 そして家の者が、その人の敵となるであろう。

10:37 わたしよりも父または母を愛する者は、わたしにふさわしくない。わたしよりもむすこや娘を愛する者は、わたしにふさわしくない。

...マタイ福音書より。

ま、少なくとも信仰の篤い地域では普遍的道徳ではないんじゃないかな。イエスさんも家族愛よりも神への愛が大事だと語っているし、ゴータマさんも悟りに近づくためとはいえ息子に悪魔くんなんて名付けたり後に家族を捨てたりしているし。

多分日中韓儒教圏以外だと、そこまで孝行を尊い道徳として重視したりはしていないだろう。

そもそも家族愛を「教える」ことがおかし

愛すべき家族は愛すべきだが

愛する価値のない家族は愛するべきではない

DV虐待の原因になる

2018-08-27

カメラを止めるな!批評

カメラを止めるな!」の批評としてどれぐらい共感があるのか知りたいので書いてみる。

できるだけネタバレしない程度に書くが、観た人にはぜひ読んでいただき、私の意見に対して感想いただきたい。

私はこの映画に1点だけ言いたいことがある。

家族愛のくだりが全くもって蛇足ではないか、ということだ。

こういう構造映画撮ってみました!笑わせたかったのでーす、でよかったじゃないか、とおもえて仕方がない。

エンドロールさらメタ構造を見せるものだったし、やっぱり見せたかったのはそこなのだろうと感じて仕方ない。

脚本上、つまらなそうに見えてしまたから、怖くなってドラマを付け足してしまったのだろうか。

マッドマックス 怒りのデス・ロードのように、行って帰ってくるだけ!と振り切ってよかったのではないか

そっちのほうがもっともっとパワフルで強いメッセージがあったのではないか

すでにカメラを止めるな!を観たみなさん、どうでしょう既出

2018-08-20

Mr.インクレディブルを見ていると悲しい気持ちになる

今日風邪で早退した。

タオルケットにくるまって、鼻水をすすりながらネットぽちぽちしている。

怖い話読んで怯えてみたり、

美味しいカルボナーラの作り方を調べてみたり、

最近流行りの映画は何かと調べて見た、特に意味のないことをするのが最高に楽しい

くだらないこと is 人生

ピクサーMr.インクレディブルの続編が公開中らしい。

家族愛テーマに据えたこ作品はそこそこ好評のようだ。

Mr.インクレディブルという映画が、私はあまり好きではない。

嫌いというわけではないけれど、苦手だ。

世の中には、特別な人とそうでない人がいるんだよ。

そういう風に言われている気分になるからだ。

それっぽい言葉で言うと、選民意識ってやつかもしれない。

私がこの映画を見たのはまだ小学生の頃のことで、当時そんな言葉は知らなかったけれど。

前評判も妙なすりこみもないまっさら状態で見て、作品中に流れるそんな空気を感じた。

このことを誰かに言ってもあまり共感されたことはない。

両親に言うと、「はいはいあんたは特別人間だよ」とテキトーに返された。

例えば、保険会社で働くボブは神経質な上司に悩まされ、鬱屈している。

スーパーヒーローだった輝かしい過去を忘れられない。

俺はもっとすごいやつなんだ、こんな身分自分にふさわしくない。

じゃあ、彼の言う、こんな仕事しかできない普通の人たちはいったい何なんだろう。

若い頃、ボブは自分ファンである子供シンドロームを無下にした。

そりゃあ、危険仕事最中だし、仕方ないと思う。

しかし、私には、普通の人が特別な人に並び立ちたいと願ってはいけない、と言っているように見えた。

その後、それが遠因となって大問題となったあとでも、後悔する様子もなければ、謝ることもない。

それから、最終盤、「ゆっくり」走って徒競走で2位になるダッシュ

私が1位の子だったら、妙な手加減されてすごく嫌な気分になると思う。

そもそも、この映画におけるスーパーヒーロの行動原理は良いことをしたい、家族を助けたい、ではなく能力を思う存分使いたいであるように見える。

それは人として当然の欲求かもしれない。特別な力や才能を持つ人は得てしてそう思うものなのかもしれない。

でも、その様子が、「俺は一般人とは違うんだ。こんなやつらとは一緒にしないでくれ」というように描写されると、一般人たる私は何なんだろうな、と悲しい気分になる。

今作におけるヴィランであるシンドロームスーパーヒーローとしての能力を持っていないことも印象的だ。

訴訟を起こし、ヒーロー引退きっかけを作った人物もそうだった。

彼らヒーローたちにとっての敵は、常に好意的でない一般人たちだった。

私は、自分特別人間ではないという自覚がある。

あの物語に私が登場するのだとしたら、すっ転んでモンスターから逃げ遅れたところをヒーローに助けられて、ありがとう!さすが!すごい!という役どころだと思う。

もしくは、冴えない保険会社オフィスにぴったりな冴えないOL

シンドロームにすらなれないだろう。

この映画好きな人自分のことを特別だと、スーパーヒーロー側の人間だと思っているのだろうか。

そちらの方が健全なような気もする。

うがった見方だろうなとも、私が卑屈すぎるだけとも思う。

じゃあ、どういう展開なら納得したんだ、と言われても答えることもできない。

ただ、なんとなく悲しいなあと思う。

2018-08-03

anond:20180803152603

家族愛が無さすぎて、世間体に悪影響あって困ってんだけど?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん