「懐メロ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 懐メロとは

2019-06-22

今でも覚えてること

小学校1,2年のどっちかで、宿題国語のワークがあった

そのなかで「か」から始まる給食当番エプロンみたいなイラストで5文字単語書きなさいってのがあって、

かっぽうぎなんて言葉がでてくるわけもなく、苦肉の策で「かっこいい」って書いてぺけもらって納得いかなかったことがある

子供向けのクイズ本で夏になるとおじいさんおばあさんが歌う曲は?なんて問題があって、その答えが「懐メロ」でそんなん知るか!!!ってなったこともあるし

昔は子ども知識基準がやたら古臭く設定されてた気がする

2019-06-10

anond:20190610121009

いやようかい体操は覚えているだろ。

たぶんドラゴンボールOPくらいの認知度で懐メロの一つとして残っていくんじゃねーの?

2019-03-15

みんなにとっての懐メロはなに?

どの曲?

聴き放題で昔の曲ばかり聴いてる

当時聞かなかった有名なバンドとか

大人になったら懐メロを聞くというけど

自分が聴いてた曲というわけでもないな、と

自分大人になって思う

2019-01-21

ファミマでスウォール360/ヘイ・ナウ・ナウがかかってたw

なんでこんな超懐メロがかかってんだよ

2018-12-08

king crimsonライブが最高に詰まってた

こないだ2000年以来18年ぶりにキンクリのライブを見てきた。

懐メロオンパレードセットリストなんだが、そうぞう以上に詰まってた。

やっぱドラムが3人もいると音の密度が詰まりに詰まって最高。

東京ではまだライブやるみたいだし、おっさんバンドと切り捨てずに一度見てみても損はしないと思う。

最高に詰まった時間満喫できる。

anond:20181208075649

逆説的に、俺がリアル小学生だった昭和後期(1970年代後半)ころのほうが、子供でも演歌積極的に好きとはいわんまでも、「テレビでよく流れてる歌謡曲」の一種としてアイドルソング等価に消費していた印象

幼児からすると「紅白歌合戦に出てる歌手」は20代も50代も等しく「大人」だった

それが色気づく年齢になると「演歌おっさん文化」には興味が乏しくなり、そのまま年齢を重ね、「おっさん文化」に触れる機会がないまま50歳手前になると、相変わらず20代当時に好きだったor最近J-POPやらアイドルソングやらアニメソングしか聴かないオサーンができあがる

1970年代まれ以降であれば、演歌に限らず、ゴルフやら料亭やらバーやら、旧来のおっさん文化に接する機会がないまま30代40代になって年齢を重ねてる者は多かろう

で、元田が記しているような問題結果的21世紀演歌は残らなかったという展開は、「ストーンズとかピストルズみたいな1960~70年代洋楽」にも該当しそう

俺がリアル20代だった平成初期ごろには、オールタイム定番になると思ってたが、今の若い奴がみんな普通に「1960~70年代洋楽」聴いてるかというとねえ

いや、映画ボヘミアンラプソディはヒットしてるけどさ、ああい懐メロ映画って定期的にあるやん

2018-07-28

anond:20180728100515

チルなおすすめの曲教えてって増田ブコメで出てた曲、だいたい聴いてみたんだけど、ほとんどが古い曲で引いた。はてなイノベーターアーリーアダプターがいるとは思えなくなってしまった。

特にトップブコメサマー95?とかいう曲。ふっっっっっっっっっる!!って思った。音、リズム、すべてが古い。ダサい自分には「懐メロおじさんおばさん大集合」に思えて、はてなーってホントに歳くってんだなと。とにかく引いた。

2018-07-23

世の中には猫ソングほど犬ソングは多くないのか?

自分ウォークマンにはJ-POPボカロアニソン童謡洋楽懐メロと様々なジャンルの曲を入れているが、ある日いつものように聴いていてふと気付いた。

ソングに比べて犬ソングのなんと少ないことか。

試しに書き出してみた。

ソング

・Everybody Wants To Be A Cat(Disney)

嗚呼、素晴らしきニャン生(Nem)

・或る化け猫恋物語(Nem)

黒猫女子(すこっぷ)

黒猫ダンス(横山だいすけ小野あつこ)

黒猫タンゴ(皆川おさむ)

・こねこねんね(今井ゆうぞうはいだしょうこ)

・こねこパン屋さん(神崎ゆう子)

・前夜祭の黒猫(mayuko)

地球ネコ(今井ゆうぞうはいだしょうこ)

・ドラネコロックンロール(坂田おさむ)

ねこねこしゃんしゃん(ふうかワンワン・うーたん)

・ノラネコ(otetsu)

・ぼくの目は猫の目(忌野清志郎)

迷子猫奴(mayuko)

・まねきネコネコ(杉田あきひろつのだりょうこ)

・夢猫の子守唄(西村知美)

かたや犬ソング

ペス、いっしょにきもちよくなろうね(牢獄P)

・おさんぽクンクン(横山だいすけ三谷たくみ)

これだけだ。

特に狙ったわけではない。やはり猫の方が歌にしやすいのだろうか?

2018-06-20

置いてけぼりの日本カルチャー

いつも増田を見る側だったけれど、初めて書く側になる。

 

今やK-POPアメリカでも火がつき、BTSビルボードチャート1位をとった。

これは、アジア人アーティストでは坂本九PSY以来のこと。そして映画ジャスティス・リーグ」で差しまれアイドルソングも、BLACK PINKというK-POPグループ。数年前の「カーズ」ではPerfumeが扱われていたんだけれど、取って変わられてしまってちょっとショックだった。NETFLIXの『世界の今をダイジェスト』という番組でも、K-POP熱狂ぶりが取り上げられているから見てみてほしい。

  

今やK-POPは、世界と繋がってる。そしてこの国際的K-POPブーム特に日本マスメディアではあまり報じられていない。

それは日本ポップス特にアイドル=ひと昔前のポップス世界から遅れをとっていて、マスの人たちにとって国外音楽流行には興味がないからだと思う。要は置いてけぼりだ。

  

日本アイドルは、世界と異なり独自カワイイ文化」と言う人もいるだろう。プデュ48であるメンバーが「日本では愛嬌が求められる」と発言したことも、そこに繋がってくる。

 

だけれど、それはお金を持っている世代相手をメインとして、国内の目先の利益を追い求めた結果。

日本懐メロあるいは一昔前の音楽と、握手会ビジネス限定ビジネスを中心とした愛嬌で食っていけるのは今のうちで、現に48Gなんかは総選挙メンバースピーチしていたように人気が落ちてきている。そのライバル坂道が人気なのも、売り方が時代に合ったところもあるだろうけど、AKBの代わりとして新鮮に映っている部分もあるように感じる。このままだといずれ坂道も、人気メンバーが抜けたら人気が落ちる可能性はある。ニューエラヨウジヤマモトとのコラボには驚いたけれど。

LDH系がダンスも曲もファッション展開も、すごく頑張っていると思うんだけど...そこが増えて行かないところ、音楽的には国内向け音楽の側面が強くて、もどかしい

 

そして何よりこれから先を考えると、国内だけで売り上げを上げていくには限界がある。だからこそ、アジアアメリカ勝負できるような楽曲ファッションを取り入れていって、国外に目を向けていくべき。けれどそうすると多分、日本国内では売れない。国外でも言葉ガーとなる。ジレンマだらけだ。

 

韓国ではファッショントレンドも、上流から下流まで行き着くのは早い。けれど日本は、上流は上流、下流下流で分断されて、行き着くまでに時間がかかるどころか、マスまで行き着かないこともある。空気を読むことが最優先される世の中じゃ、隣の友達と同じ格好をすることが正義だもんな。突き抜ける奴はとことん突き抜けないと痛い、だから同じ格好をすれば安心ということなんだろう。

そのうち、世界トレンド日本に持ってきても売れず、ビジネスしづらい国になり、相手されなくなる日が来るかもしれない。逆に日本トレンド世界に持って行ったところで時代遅れ。日本国内だけじゃ厳しいからと、国外に出たところで相手にされない可能性がある。

 

クールジャパンとか、すごいねニッポンと言ってるうちに、どんどん遅れを取ってきているように思えて辛い。アジア内でも、どんどん差が開いていると思う。どうすれば置いてかれずに済むんだろう。

2018-06-03

Mステは頑張ってる

まずなんといっても金曜日20時台で30年続く大長寿番組だ。(ミュージックフェアのほうがはるか長寿だけどあちらは若干の懐メロ感もあるので別枠とする、時間帯も夕方だし)

はるか昔には夜のヒットスタジオベストテントップテン、などの人気音楽番組歌番組があったのに、時代の流れとともにそれらはあっさりと終わっていった。音楽番組は深い時間帯の物になり細々とやっているのが現状だと思う。

そんな中でMステは30年続いてるのだ。小沢健二が久しぶりにMステに出た時、「30年前から、今もまだこのような音楽番組があってくれたことが嬉しいです」みたいな事を言っていた。

続けられる理由はいくつか考えられる。ひとつジャニーズ枠があること。毎週必ずなんらかのジャニーズグループが出るのでこれはもう約束事になってる。お披露目としての意味も出るのでジャニーズMステ関係はなにかしらの太いパイプになってるはずだ。それとよくわからない街中インタビューダンス推しまくる最近企画傾向、これらはやはり若者に見てもらう番組でありたいという意思だろう。音楽番組は油断するとすぐに懐メロ番組になってしまう。続けるにはなんらかの若返りをはからないといけないのだ。

それらが番組を続けさせるための努力だとしたら、音楽番組としての使命というのもMステは捨てていないと思う。海外アーティストを呼ぶ、バンドには生演奏をさせる、セットも手を抜かない、これからという売り出し中のアーティスト積極的に出す、こういった特徴に音楽番組としてのポリシーを感じる。

かに昔に比べれば謎のランキングダンス企画が増えた。これはもう時代として仕方ない。だってオリコンランキングとかやってもアニソンとかが上位で出演者はどんなリアクションすればいいかからないだろう。

俺はもう、Mステがあってくれるだけでありがたい。最近だとあいみょんみたいな新人ちゃんフューチャーしてくれたり、チャットモンチー最期の出演をフォローしてくれたり、そういうのが、金曜20時に流れてくれる事がほんとにありがたい。

かつての音楽番組の華やかさみたいなものスタジオきれいなセットを組んでたくさんのカメラワークで見せてくれる、これを今も高いレベルで見せてくれるMステは本当に頑張ってると思う。ジャニーズ全然いいよ、ダンスもいいよ、素晴らしいアーティスト達が輝ける舞台を用意してくれる、紅白ほどじゃないが贔屓のアーティストが出た時に「緊張します」と言ってるのを聞いて一緒にハラハラちゃう。そういうMステが生き残ってくれてることが本当に嬉しい。

からみんな、Mステ見て。youtubeもいいけど、音楽配信もいいけど、茶の間Mステはとてもいいものだよ。

2018-01-21

あの頃はよかった、あの頃をもう一度

東京オリンピック

大阪万博

やったら経済効果があるどころか、長年にわたり赤字が出ることが予想されているイベントをなんでやろうとしているのか

高度経済成長期にやったイベントを、半世紀たってなんでもう一度やろうという話になるのか

あの頃の日本は勢いがあったから、イベントをもう一回やったら日本も勢いを取り戻すという予想にもとづいているということ?

そういうノスタルジーを共有できる層が日本人口にどれだけいるというのか

高齢者テレビ懐メロ番組を見ながら、あの頃はよかったねという発想とあまり変わらないと思うのだが

そういうノスタルジアのためにどうして赤字を垂れ流すイベントを反対を押し切ってやってよい空気になったのか

こういう爺むさいことが違和感なく受け入れられるような、感性閾値の低さにどうして世の中が慣れ切っているのか

さっぱりわからない

2018-01-01

今宵の月のように

さすがに思い出すよなああの頃

これが懐メロ

2017-12-26

違法アップロードを無くすには違法アップロードを辞めるのが一番

Aくん「漫画村クソすぎやろ💢」

Aくん「おっとネット巡回してたらコラ画像思いついたか虹裏アップロードしよ」

Aくん「作業用BGMニコニコで聞くンゴ」

Aくん「と思ったけどここはYouTuber見るのじゃ」

Aくん「このレトロゲーを実況してるとかやはり信用できる」

Aくん「BGMにこの懐メロ流すのわかってるね。わかる」

Aくん「投げ銭でもしてやるか」

Aくん「おっと女児アニメ始まってるからキャプ取らなきゃ」

Aくん「今日はいい感じのキャプが取れたかRTが止まらないですわぁwwwww」

こういう奴らがいなくなってはじめて、「違法アップロードはよくないんだ」という意識が人々に芽生えるんだろうなと僕は思います

以上。

2017-11-09

anond:20171109105710

冬ソナ流行った時はあのテーマソングをいろんな人が歌ってて面白かったな。

以前、朝夕にEテレでやってた人形劇ハッチポッチステーション』や『フックブックロー』などで沢山の懐メロが歌われていて好きだったんだが、それらの後釜の『コレナンデ商会』ではオリジナル曲しか歌われないみたいなので(単に私が見てる時に歌われてないだけなのか?)残念。

2017-11-08

懐かしのJ-pop

amazon musicが使えるのでとりあえずJ-popヒッツというプレイリストダウンロードした。一通り聞いたけど古い曲が多くて懐メロヒット集みたいな感じだった。何曲か印象に残ったのをメモする。ちなみに自分1990年まれです。

Love is.../ 河村隆一

出だしで悲鳴に聞こえた。全体でも悲鳴に聞こえる。なんとなく聞き覚えはある。

セーラー服を脱がさないで/ おニャン子クラブ

サビだけ聞いたことあったけど全体の歌詞ドン引きした。当時これを歌わされてた人どんな気持ちだったんだろう。

田園/ 玉置浩二

親が玉置浩二好きだったので懐かしくなった。この人の唄で「フォッ…フォフォフォッ…フォフォフォッフォッフォッフォッフォー」みたいな歌あった気がするんだけどタイトルが思い出せない。

ズルい女/ シャ乱Q

全国の小学校替え歌流行りました。

2017-11-07

あーもう昔聞いてた音楽聴くと泣けてしょうがない

懐メロってこういうことかよ

我が身のこととは思えない

2017-11-05

72時間ホンネテレビネット勝利・・・というわけでもないと思う件

例の元SMAP3人がabemaTVでやってるやつ。

いや、確かに今、地上波ではできないことやってるかもしれないけどさ。

そもそも3人は地上波でがっつりトップを張ってた人たちなわけで。

応援に出てくる人も、基本、地上波の人たちだし、やってる企画もまあ、多少youtubeやらインスタやらが絡んで、若干ゆるくなってるけれど、基本、テレビバラエティと一緒のようだし。

youtuberとかも出てたけど、むしろ、共演したらyoutuberなんて所詮アマチュアで華がないことがばれちまってるし。

まりネットからは、既存コンテンツを超えるような才能なんか出てこないことが明らかになったわけで、見ようによっては「ネット界に、地上波テレビを頂点とする既存エンタメから黒船がやってきた」ようにも見える。

CMも、普段のアベマと違って、かなり地上波と一緒だし。

今は、ネットがまだまだ周縁の地だから自由可能性があるようなことになっているけど、このままくいと、ネットテレビ地上波と同じようなしがらみやら「大人の事情」が支配するようになるのも、時間問題じゃないかな。

しかに、言葉本来意味での「メディア(=媒体)」の中心はネットに移っていくのだろうけれど、それは「ネット」を「地上波的なもの」が支配していくということになりそうな気がする。

ま、abemaって4割は地上波テレビ朝日のものだしな。

今、3人がライブやってるけれど、これが見事なまでに「みんながテレビを見ていた時代懐メロ大会」になってんだよな。

で、「なつかしい!」とか「いい選曲!」とか「3人最高!」とかコメントがあふれてんだけど、結局、「テレビ黄金時代を懐かしんでる」だけじゃないのかな、あれ。

2017-08-01

https://anond.hatelabo.jp/20170801165637

連投規制、行数規制が厳しくなってSS投稿スレの住人は数年前に死んだ

本家2chをまとめサイト転載するのが禁止になって、アフィのないSS保管庫サイトとばっちりで死んだ

それでもまだ投稿を続けている人はいるが数年前よりさらに厳しくなっているらしい

別の常駐板ではワッチョイ(IDのようなもの。一週間経たないと変わらない)が導入されて書き込みを控える人が増えた

またある板ではワッチョイに加え強制的IPが表示されてしまうようになった

名前欄にコマンド入力すればIPは表示されないようだが、面倒だしうっかりミスしてIP丸出しのまま変態的な書き込みをしたら目も当てられないのでそういうのを気にしない人以外は書き込みをやめた

最近、ちょっくら質問したくてとある専門板に初めて行ってみたら該当スレは見つかったものコピペ荒らしが住み付いてまともな書き込みは2年くらいなかった

好きなアニメスレを見ていたが、住人がわりと高齢っぽいのにネット初心者が多くて、昭和懐メロネタには食い付くのにギコやモナーを一切知らない、昔のおもしろコピペマジレスしたりで萎えて行かなくなった

そんな感じ

2017-07-31

湯〜園地が成功した本当の理由

湯〜園地に行ってきた。

新聞テレビネットニュース、多くのメディアが取り上げ、初日には指原莉乃も来園。

収支の部分はわからないが、動画再生されたら実現→再生されたので本当にやります地元さびれた遊園地活用して実現しました、というストーリーはもちろん、露出・評判ともに素晴らしく、大成功といっていいと思う。

実際、行ってみてとても楽しかった。

アトラクションは古い遊園地のそのままだけど、ちょっとの工夫で「湯〜園地」ナイズドされていたし、

1000人規模のボランティアスタッフはおじさんもおばさんもいて、めちゃくちゃに親切だった。接客に慣れていない人も多かったけれど、とにかく楽しんでもらおうという気概であふれていた。

薬剤師会の腕章をつけた人たちが経口補水液を沢山配っていて、熱中症予防につとめているのが伺えるし、

のんのアナウンスDJがかける懐メロが心地よかった。

そもそも別府コンテンツ力、コンテンツを活かす発想力、発想をかたちにする実現力、すべてが備わった地域活性の手本となる好例だったと思う。

別府市長の自治体を動かす力は知らないけれど、彼自身キャラクターも素敵だった。





でも、湯〜園地が成功した理由はやはり、クラウドファンディング支援した人、事前に公式サイトで購入した人だけが入園できる仕組みだったからではないだろうか。

これから書くことは私の偏見だし、決して自分SNSでは書けないようなことだが、はっきりと感じたことなので残しておきたい。


先ほど私が書いた「成功した理由」とは、報道ソーシャルポジティブな反応がほとんどで、来場者の満足度が高い理由を指す。つまり開催中にうまくいった要因である

こういったイベントは、大々的に開催が報道されることで、興味を持ち始める層がいる。

イベントを開催するまでのストーリー努力を知っている事前購入者とは情報格差がある。思い入れ支援の想いが違う。

端的に言えば、前者は往々にして民度が低いんだろうと私は考えた。

湯〜園地の中はゴミなんて全く落ちていなかったし、ボランティアスタッフいちゃもんを付ける客や、トラブルを起こすような客、列をきちんと守れない客がどこにもいなかった。

頭の悪そうな人はおらず、理解のある人ばかりだったと思う。

スタッフオペレーションが悪いだの、待ち時間が長すぎるだの、衛生面が気になるだの、MAPがわかりにくいだの、別府駅-ラクテンチ間の誘導がよくないだの、悪いことを言おうと思えばいくらでも言える。


でも事前購入者は、どれだけ別府市民ががんばって、工夫を凝らしてくれたものだかはよくわかる。

ちょっと至らなくても、かなりの手づくりでも、ただただ実現したことに驚くし、嬉しいし、なんだって目をつぶれるのだ。

当日券を求めるような層は、他の遊園地と同じようなスムーズ対応、洗練されたおもてなしを求めるのではないだろうか。

クラウドファンディングを触ったこともないようなリテラシーの低い層は、正直なところ民度も低いのではないか

これは、湯〜園地に行き、来場者のあまり民度の高さに驚いたのでそういったことを考えた。


秩序を保つには受け入れる人間の選定も大事だ。

そういった狙いが別府側にあったかからないが、成功の背景にはそんな要因もあると思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん