「アブラ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アブラとは

2020-10-21

anond:20201021224001

みんみんの良さを知ってる人が少ない。

アブラヒグラシに人気がかたよりすぎ

2020-08-02

ミンミンゼミはミーンミーンってなく。ツクツクボウシはつくつくぼーしってなく。

アブラゼミアブラタブラってなく。

2020-06-09

anond:20200609185638

「○○年縮めた男」の元祖アブラアム=ルイ・ブレゲの伝記をどうぞ

「○○には2種類ある。××とそれ以外だ」の元祖ノーザンダンサーの伝記もどうぞ

2020-06-05

anond:20200605101501

英語の授業だって出来ないとダメだろう。

授業で何度かやるエクセルを出来ないことを特別視??? ちょっと何いってるか良く分からないですね。特別とは。

エクセルで使うのなんて、SUMとかAVERAGEなんだからサムだのアブラアゲだの言っておけば分かるし、

クリックすりゃヒントだって出るし、関数選択するだけでもいけるしやりたいことはExcel内で関数検索するのも可能

便利なツールを面倒だからと挑戦せずに、放棄する姿勢が悪いんじゃねーの

しらんけど

2020-04-08

anond:20200406204925

やだもう

さだサンセの四角い御尊顔が

アブラゲに見えてきちゃったじゃないの

2020-02-24

お兄ちゃん、らぁめぇぇぇん!!

ニンニクマシ野菜マシアブラ多めぇぇぇ!

2020-02-19

唐揚げレモンを掛けるのは、使ってるアブラが悪いせい

油が不味いから、レモン中和する必要があるんだ。

本当に美味しいから揚げは、レモンを掛けない方が圧倒的に美味しい。

私はロリコンじゃないから味にはうるさい。

2019-12-22

来年こそ忘年会スルーしたい

忘年会スルーなんて言葉Twitter話題らしい

忘年会くらい行ってやろうよ、と思っていたが来年こそスルーしま

二年目女子です

忘年会終わった

参加した女子は私だけ

新人三人男子を車に乗せて会場へ

幹事だったが、上司は好きなもの注文して金が足らなくなったが酔っぱらって払わないので、二万自腹で払うはめに

始まってすぐ、カラオケといってハチトラというので、ルビーの指輪を歌わされた

酔っぱらって来ると、ヤキュウケンにといって、じゃんけんをさせられた

さらに、変な曲がかかって、アブラギッシュな親父とチークダンスというのをやらされた

もうやだ

そりゃあTwitterで荒れるわけだよ

2019-12-20

俺の読み方シリーズ

soccer=そっかぁ(納得)

dangerダンガー

Average=アブラアゲ(平均サイズ)

Sum=サム

appleあっぷ

cook=クック(コックがクック?)

anond:20191220150251

2019-12-12

会社名じゃないけど・・・

anond:20191212000317

フランス語のセンセがフランス人料理の好みみたいな文脈で「スアブラソース」って言葉を出したから、

アブラってフランス語があるんだと思い込んで、いっしょうけんめい辞書で探したのを思い出したねw

suabla?

souabla?

soibla?

seuwabulla?

souavulla?

とか、ず〜っと探したけど、そんな単語載ってない... で、翌日くらいに「酢油ソース」=フレンチドレッシングってことだったんだと気がついたww

2019-10-25

仙台牛タンは薄切りを食え

anond:20190813123238

何やら仙台グルメの話が盛り上がっているが、

個人的ひとつ言いたいのは、厚切り牛タン絶対にNOということだ。

仙台の名店と言われる店の多くが厚切りで牛タンを出してくるが、はっきり言ってありえない。

牛タン素人調理しているんじゃないかとすら思う。

厚い牛タンなんてゴムみたいな食感で、あごは疲れるし味はボヤけるしすぐに飽きるし、全然牛タンとしての旨みを活かせていない。

サクサクと噛みきれる厚切りは、それはそれで不気味だ。肉としての威厳が無い。

あんものを店で食うなら、土産用の薄切り味噌漬けを家で焼いて食ったほうが100倍美味いと、俺は思う。

こう思うにいたったきっかけは、20年ほど前、仙台出張した際に地元の人に連れられて入った牛タンである

夏の日だった。

地理には疎いが、仙台駅の西口から10分ほど離れたところだったと思う。ビルが並ぶ通りから少し裏道に入った場所だった。

さな食堂風の店構えで、知る人ぞ知るという雰囲気である

ここで出された牛タンが薄切りで、その完成された味に驚いたのだ。

メニュー定食

焼き魚を乗せるような長方形の皿に、飾り気無く盛られた牛タン。薄切りとは書いたが、普通の薄切りよりは厚めだ。だが厚切りではない。そして一口が小さい。

同じ皿には、意外なほど大量に添えられた漬物がある。

そしてサイコロ状の肉が一個と、白髪ネギが浮いたテールスープ

麦飯。トロロ。(案内してくれた人にこれは後半に食べろといわれた)

まあ、牛タンだし普通に美味いんだろ程度に思いながら肉を口に運び、そして打ちのめされた。

小さく薄切りにされた肉の一枚一枚に、牛タンの味が凝縮されていた。

見事なまでに旨みだけがコンパクトに封じ込められている。

肉は硬すぎず、適度な噛み応えがある。

噛むとジュワっと肉汁が噴き出す。

厚切りになどしたら下品間抜けな味になるところを、美味さが一口にまとまるように絶妙バランス計算された分量だった。

今までの人生で食べてきた牛タンのコクがすべてここに集結したかのような味である。よく出来たアニメ最終回と同じ感動だ。

試しに二、三口分をいっぺんに食べてみたらこれはもう方程式が狂ってしまい、途端に「違う」と感じた。

やはり意味があっての薄切りなのだ

この店は牛タンだけでなく定食としての完成度も恐るべきクオリティだった。

薄い一切れの味が濃厚で、一口食べるごとに「牛タンを食べた!」と満足できる旨みの強さなので、他の食材にも箸が進む。

まずは当然麦飯。

塩加減が強い牛タンと一緒に食べると、少しパサパサめの麦飯が、まるで砂漠で飲む水のように喉を通過していく。

気づけば食事開始3分で茶碗は空であり、当然おかわりを注文する。

そして名前がわからない手作り漬物と、よくダシの取れたテールスープ、ここまで温存しておいたトロロ。

以前の俺は漬物が嫌いだった。しかしこの定食を食べた時から漬物を愛するようになってしまった。食前に残したらどうしようなどと思っていた自分馬鹿らしい。

一口分の漬物牛タンで巻いて口に運び、麦飯とともに十分に咀嚼する。

牛タンの旨みと野菜の瑞々しさが絡み合い、絶妙に美味い。

笑いたくなるほど麦飯が進む。

夢中でほおばった勢いで軽くむせそうになりながら、それをあっさり味のテールスープをすすって流し込めば、ピリリと効いたコショウで食欲がさらに増進される。

これを何度も繰り返す。

牛タンの旨みを常に新鮮に味わい続けることができる、黄金食事だ。

まりクーラーの効いていない店内がかえって食欲を煽る。

汗をかき喉が渇くが水を飲んでいる暇などない。

至福である

さらにおかわりを注文する。店のオバサンがニヤリと笑う。

すでに麦飯を二杯平らげているので腹もそれなりに膨れかけているはずだが、ここでトロロを投入だ。

この手順をはじめて聞いた時は、牛タンの美味さと余韻をトロロが壊すのではないかと恐れた。しか杞憂だ。

刻み海苔が添えられ甘めのダシで味付けされた冷たいトロロは、牛タンの油と旨みでギトギトになった口と食道に、これまた清涼剤のように染み渡る。

例えるなら、大学時代サークル仲間と一緒に行った海水浴だ。小学校友達プールの帰り道に飲んだラムネだ。

晴れ渡った青空ギラギラと照る太陽イメージ脳裏に広がる。

夏だ!! 俺は今夏を味わい尽くしている!! そう心から確信した。

行儀など気にする余裕もなく、とにかく目の前の牛タン定食を味わい尽くすので精一杯だった。

冗談抜きに、俺と牛タン定食だけの空間だった。

まりの美味さに食事中はほとんど口も聞かず(案内してくれた人は食べる順番などを細かく指示してくれた。はじめは鬱陶しかったがあとから本気で感謝した)ガツガツ定食をむさぼり、店を出てからはひたすらに美味かった、本当に美味かっためちゃくちゃ美味かった、と連呼することしかできなかった。

案内してくれた彼は、特に言葉を返さずに、しかし心から笑顔で静かに頷いていた。

夢のような牛タン体験であった。

それ以来、牛タンは薄切り派になった。

何年か経ち、また仙台に行く機会があったので当然のごとく牛タン屋に向かった。

一人だったので、とりあえず有名店なら外さないだろうと思って適当店舗に入った。

しかし、出てきたのは厚切りのブサイク牛タンで、タン特有の味や匂いぼんやりと口中を漂うだけで美味くもなんとも無く、噛みきれない肉にイライラするだけであった。

テールスープもギトギトしているだけでアブラ水を飲んでいるようだった。

漬物だけの方がよっぽど食が進んだ。

しかし、これが有名店であり、地元民や観光客などから歓迎されているという事実に、さら絶望した。

あれから何件か牛タン屋をめぐっているが、どこも厚切りのものばかりで、あの奇跡のような薄切り牛タンにはめぐり合えていない。

どうやら牛タン界隈では、薄切り派に居場所は無いらしい。

俺は少し牛タンを嫌いになった。

できることなら、あの店、あの奇跡牛タン定食を出す店に、もう一度行きたい。

もう一度あの薄切りの牛タンを堪能したい。

そしてみんなにも行ってほしい。

ご存知の方がいたら、どうか店名を教えてほしい。

しか20年も前だ。

店はもう残っていないのかもしれない。

ぶっちゃけただの個人的な思い出話であり、厚切りか薄切りかは別にどうでもいい。

どちらにしろあの牛タンは恐らくもう食べられないのだ。

2019-06-19

anond:20190619190442

はい!食べ終わりましたー

結果は・・・大成功!!!!!!!!!

とってもおいしかったです!

だいたい冷凍チャーハン2/3袋に虫ちゃんぽん麺1袋150gでちょうどよかったですね

味の濃さもアブラっぽさも中和されてほんとおいしかったし食べごたえありましたー

ちゃんぽん麺がフライパンにこびりつかないか心配でしたが、チャーハンアブラとテフロンでまったく焦げ付かずにすみました

いやー200円でこんだけおいしいってほんとすごいですよ

ちゃんぽん麺を挿れることで水分をすってくれたのかベチャベチャ感もほとんどなかったですしね

あと少し残ってますが1玉と合わせるには若干少ないかなーって感じなのでどーするか悩み中です

anond:20190619150538

叩くパッティングではなくコットンパックをすすめてみたらどうかしらと思います

例えば化粧水をしている男性としていない男性を比べると明らかに後者の肌は固いです。肌の固さは見た目に影響します。

女性から肌がやわらかいのではなく、多くの女性化粧水などのケアを取り入れているから肌がやわらかいのですね。

また、たぶんあなた自然なこととして受け入れている肌の不快感化粧水などのケアで解消できます。肌のツッパリとかアブラっこさとか。

革靴をずっとほっとくと乾燥して割れちゃったりして長持ちしませんよね。時々磨いて油をつけてあげますよね。革って動物の皮膚ですよね。同じことですね~。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん