「プラトニック」を含む日記 RSS

はてなキーワード: プラトニックとは

2022-04-23

何で「ただしイケメンに限る」を否定するの?

 外見の良い異性に心惹かれるのは生物として当然のことであってそれを必死になって否定するのが理解に苦しむ

 「ブサイク同士のカップルブサイクなのに彼女出来ている人も居るからただイケは間違い!!」なんて言う奴がいる。街中でイチャついているカップルは高確率ブサイクだ。美男美女でイチャついているカップルほとんどいない。それはお互いに惹かれ合っているからではなく、イチャついている姿を見せることで「俺たちこんなに愛し合ってるんだぜ!幸せだぞ!羨ましいだろ?」とアピールしているだけだ。ブサイク故に差別され、コンプレックスを拗らせ周囲を見返したりたいが、美男美女を得ることが出来ないのでブサイク同士で互いをリア充アピールに利用しているのだ。

 所謂美女と野獣」カップルというのも女が金目当て、世間体、周囲のマウント、もしくは「ブサイクでも愛してあげる優しい自分アピールのために発生するものだ。それは否定論者も内心では分かりきっているけど気づいていないふりをしているだけだろう。ブサイクカップルを引き合いに出してただイケ否定する馬鹿は世のカップル全てが愛し合ってると本気で思ってるのか?だったら、何でこんなにも離婚率が高いか説明できるか?何で彼氏彼女に振られる奴が多いか説明できるか?

 カップルというものセックスが全てではないが、重要な要素だ。でなければ、同性婚同性カップルなんて者がたくさんあるはずだ。男同士でプラトニック結婚をしてよそで女の愛人作るなんて奴がいてもおかしくない。パートナーには性格価値観の一致などの要素も必要だが、外見も外せない要素だ。

 「イケメンは鑑賞用」なんて馬鹿丸出しの理論は辞めてくれよ。イケメンタレント推している女は明らかに欲情しているだろ。そもそも鑑賞したいだけなら花や景色でもいいわけだ。だが、「推しの花」「推し景色」なんて言葉は聞いたことがない。本当はイケメンが大好きだけど、現実は甘くないので、ブサイク経済力依存しているだけだ。そもそもイケメンタレントブサイクの夫も同じ人間なので、二人の魅力を比較していることは火を見るより明らかだ。

 「若い内は外面重視、大人になったら内面重視」なんていう支離滅裂理論も辞めてくれ。それもイケメン結婚したいけど、それが難しいので手頃なブサイクで手を打とうという打算を成長という言葉で隠しているだけだ。「若い頃は女が好きでした。でも経験を積んでいく内に男の良さを知ってゲイになりました」っていってるのと変わらないぞ。

 かくいう俺もブサイクだ。イケメンやそれに惹かれる女を憎く思い、同時に美人に心惹かれる矛盾に悩み、自己嫌悪した時期もあった。それを克服しようとブサイクでオ○ニーしようとしたこともあったが、結局無理で中断した。美人を見ても美しいと思わないようにしたこともあったが、食べなければ腹が減り、息をしなければ苦しくなるのと同じで止めることは無理だった。それで気づいた。美形に惹かれるのは当然のことで、それを辞めるように強制することは自分にも他人にも出来ないのだと。

 だから、俺は美人を美しいと思うことに罪悪感は一切抱かないし、生涯独り身の覚悟も決めた。当然イケメンが羨ましくなったり、彼女が欲しくなったりする時期もあるが、それは一時の気の迷いですぐに治まる。勿論相手ブサイクの女でも差別してはいけないと肝に銘じている。

 かつて自分が女とセックスする様子を想像したが、気持ち悪すぎて吐きそうになった。同性からしても気持ち悪いのだから、異性からすれば大金を積まれても無理だろう。

 無論、自分性格が良いなんて思わない。性格は悪いことは自覚しているし、直したいとは思っている。だが、外面があれなので仮に性格がどれだけ良くても勝負できないことは百も承知だ。恋愛のためではなく、社会に生きる者として性格の悪さを改善していくつもりだ

 ただイケ女性蔑視だという意見もあるが、おれはそうは思わない。「女は男を顔で選ばない」とか言ってる男は「俺は面食いだけど、女は顔で男を選ぶなよ。ブサイクな俺でも選べよ」というダブスタ自己中な考えを抱いているのだろう。逆にただイケは男が女を外見で選ぶ自由を主張する代わりに女にも同様の自由を認める男女同権に根ざした素晴らしい考えだと思う。

 さらブサイク男に自覚と諦めを促すことで女がブサイクからありがたくもない好意を寄せられるデメリットを少しでも減らせる。

 一部には「僕ちゃん性格が良いのに選ばれないんだ!女は外見でしか判断しないクズだ!」などと抜かす奴もいるが、そんなのはただの幼稚なクズなので放っておけば良い。

 

 それなのになぜこの意見否定する奴が多いのか。男の場合は前述の理由によるものだろう。若しくはイケメンだが、自分モテるのは外見ではなく、内面によるものだと思いたいのだろうか。それに関して言うならあなた内面に魅力があることとただイケは何ら矛盾しない。あなたは外見がイケメンであるからこそ一次選抜をくぐり抜けて、素晴らしい内面評価して貰えたのだ。 

 女で否定する場合心理は以下の通りだろう

自分ブサイク差別しない聖女だと思われたい

イケメンパートナーが得られなかったときブサメンパートナーを利用したい

・現にブサメンパートナーを利用しているが、下心がばれたくない

 実に愚かだ。もし聖女だと思われたいなら嘘をつくのではなく、ボランティア募金に励めば良い。その方が効果的に社会評価を上げられるだろうし、現に誰かが助かるのだから一挙両得だ。俺は両親が不仲で嫌な思いをしたので、結婚妥協してする者では無いと思っている。もし、世間体、金、マウントなどのくだらない理由ブサイク妥協して結婚すれば、ブサイク遺伝子を引き継いだ挙げ句、親の夫婦仲が悪いという地獄の様な環境で育つ哀れな子ども誕生させることになる。頼むから妥協して結婚なんてしないでくれ。

 ちなみに俺が述べたこととほぼ同じ主張が「ブサメン学」というサイトに分かりやす論理的に述べられている。「何だこの読みにくい駄文は」と感じたなら、そちらのサイトを読むことをオススメする。

人口の2%は相貌失認という顔の違いが分からない病気らしい。その人たちに限ってただイケ否定できるだろうが、極々少数派なのでこの場では考慮しない。ただイケ必死になって否定する意見が余りにも多いのでとて少数派の意見とは思えない。

2022-03-20

anond:20220320150608

でもプラトニックラブこそ愛をフィクション投影してるわけで、女性の描き手がレズビアントランスではなくゲイ18禁描いたらそれはもうヘテロセクシュアルすり替えのようにみえる。受けと攻めの型があるのは、そのどちらかに感情移入するからであろう。

(と、やおい女性の性の解放の一端を担ったという上野千鶴子思想が少なから自分に刷り込まれてるわけですが)

2022-02-14

きな子が「触られるの嫌系女子」だった

これなんとかならんの?

こういう人居るよねネットでちょいちょい見るわ

 

・人を好きになれない(Aセク

・中性っぽい

手作りの貰い物とか食べられない、おにぎりも食べられない

・同性でも触れられるのが嫌

自分から触るのはギリOK

若い

パンツルックオンリーで肌も出さな

・美には興味がある

サブカルが好き

ピアスとか好き

クズっぽい趣味が好き

 

プラトニックなら、とも思ったけどそもそも人に興味がないみたいなんだよな

2022-02-11

id:baikoku_senseiだが呪術廻戦0を見た!よかった!

みんなー!セックスだよ☆

つーわけで呪術見ました

0はあらすじは知ってるけどちゃんと読んだことはなく

本編も最初読んだのはメカ丸死んだとこあたりからたまに読みはじめて

これから世界の話がなかなか始まらないあたりで興味持ちはじめて

禅院虐殺死滅回游で嵌まった感じ

映画家族連れとか女の子が多くて雰囲気が違った

シンウルトラマンの予告毎回観るけど本当に5月にやるんすかね?

いじめシーンがあることは知ってたからキツかったらイヤだなーと思ったらあっさりだった

リカちゃん編集声好き

つーか、全然泣くとこじゃないのに乙骨とリカちゃんが通じあってるとこで泣きそうになる

オッサンになったからなのか?昔は恋人幽霊ってセックスできないか意味ないジャンって感じだったけど、今は心が通じあってるならプラトニックでええやんって…

事前に感想チラッと見たら、序盤はシンジ君だけど後半乙骨と言われてたが

境遇もQのシンジと被ってて面白かった。

マキさんアクションええなー

小学校のは面白かったけどちょっと唐突な感しあり、しかし尺の問題なので仕方ない

デフォルメも忠実に映像化するのはちょっと引っ掛かったがこっちが慣れてないだけと思われる

というかッス口調のキャラを見るとあさひと鯱山の顔が浮かぶっスやっぱ怖いスね猿の呪いは…

夏油がチラチラ暗躍してる感じ面白

乳揉みは映倫禁止スよねやっぱ怖いスね映倫は…でも揉み抜きにしてもエロかった(ニホンヘコサル並感)

生前夏油もおもしれー男…乙骨オルグする時の無駄高速移動すき

禅院家ぶっつぶそーのあたりでその後の根切りシーン思い出して妙な面白さが

マキの血を踏んでも気にしないのは秘書が猿の血を避けてたのと対比スね

猿殺しは思想であって感情ヘイトしてたわけじゃないから素が出たとかですかね?

一応高専生だし憎からず思ってたとか?

おにぎり先輩(シャケと聞くとU19の飯田くんを思い出す)の逃げろって呪言じゃね?思たけどそういや乙骨呪い耐性あったからそれなんすかね?

ぐちゃぐちゃにしてやるのあたりはもっとぬるっとした方が好みだけどあそこで乙骨が異常性出してきたら変になるのもわかる

乙骨パンチでふっとぶ夏油すき

その後のナナミンのシーンでアレ黒閃じゃんてなった

冥冥さんミサ艦長じゃん

やっぱりエヴァじゃないか(憤怒)

ミゲルパーミッションで足止めしてたと思ったらガッツリ戦闘してて笑った

雑草より健闘しとるやんけ

不殺で加減してたとかもなさそうだし

京都は故メカ丸と2代目かものりとしが頑張っててよかった

純愛のとこ、流れは知ってたけど自分生け贄にしてたのは知らなかった

シンエヴァやんけー!

声優ネタとか別作品ネタ繋げるのはオタクの悪いクセだよな

玉藻前は何だったんすかね?ガードベント説はあるけど

介錯されて死ぬ夏油いいっすねーこの後がアレだから変な面白さがあるのはよくない

リカちゃんありがとう…(成仏)すき

個人的な好みでは呪霊してた時のがすきだが

キングヌーやったんやと思いながらエンドロール

でめやっぱミゲルが凄かったなとか考えてたらオチもお前か!

結論面白かったス

天元編とかミミナナがダイジェストなのは演出としてはあり、ただミミナナが悪堕ち原因なのは知ってないと分かりにくくないか?といらん心配したり(説明がくどくなってもだめだけど)

結論としては面白かった。

私は…大怪獣のあとしまつも面白かったと思います

2022-01-16

女性向けおねショタ作品

女性向けおねショタ作品まりないの悲しい。

個人的に「私の神様」は至高でした。

ああゆう感じのエロに傾きすぎないほのぼの日常プラトニックラブぽいのが読みたいけどあまりない。

2022-01-14

anond:20220114092935

から見て、相手が「若い女である」というのは、それだけでかなりの加点ポイントだが、

そういう加点要素(異性である、胸がおおきい、尻がおおきい)を剥ぎ取ってなお、

かわいい、美しい」だけでどこまで心動かされるのか…っていう思考実験だと思うのよね>男の娘

からまり性的なところをPRするのも違うと思うんだ。

から見たら、それが男装の麗人になるわけで。

性というあがらえない魅力をはいで美しさとプラトニックに特化することに「純」を感じるってのかな?

その純だけでどこまでイケるのか?そういう心の遊びだと思う。

2022-01-02

anond:20220102224536

なんだープラトニック浮気不倫じゃないから責めきれないイライラ嫁の日記かと思ってワクワクしたのに

2021-12-21

誉世夫と真莉愛のバラード

幼なじみマリちゃん正式に付き合ってもうすぐ1年。そしてその日にオレたちは結婚式を挙げることになっている。

敬虔クリスチャンである彼女の強い希望で、オレたちは結婚するまで「プラトニック関係」でいる約束をしている。

オレはクリスチャンではないが、諸般の事情により意図せず純潔を保ち続けているため、一刻も早く行為におよびたかったのだが、

愛するマリちゃんのために「そういうプレイ」だと自分に言い聞かせて興奮・・・じゃなくて辛抱してきた。

披露宴会場での打ち合わせの帰り、いつものようにカフェに寄ったら、思い詰めた表情でマリちゃんがこう切り出した。

「ヨー君、実は、この結婚の話、なかったことにしてもらいたいの」

「え?ちょっと、いきなり何言ってんの?」

「実は・・・私、妊娠してるの」

「に、妊娠!?

彼女カバンからエコー写真なるものを取り出した。

「三ヶ月・・・なの」

よく分からないけど、本物っぽい。

プラトニックなオレらの子どもではないことは明白だ。

「もちろん、ヨー君の子どもじゃないの。だから、私、ヨー君とは結婚できない」

マリちゃんうつむいたまま、シクシクと泣き出し、オレは頭の中が真っ白になってしまった。

落ち着いて整理しよう。父親はオレじゃない。つまり二股掛けられていたってことか?いやいやマリちゃんに限ってそれはない。ないはず。ないかも。

ってことは誰かに無理矢理?職場ちょっとエッチ上司がいるって言ってたけどそいつなのか?まさかそいつ不倫していたとか??

いやいやいや、敬虔クリスチャンマリちゃんに限ってそれはない。でも、戒律禁止されればされるほど興奮・・・って何を考えてるんだ、オレは。

子ども父親は誰なの?」

・・・・」

「オレと別れてその相手と一緒になるってこと?」

・・・・」

「黙ってないで、教えてよ。いきなりこんなこと言われて、オレ、訳がわかんないよ!」

ついつい、声を荒げてしまった。

しばらくして沈黙を破るようにマリちゃんが話し出す。

「ある晩、天使が来たの・・・

回想:

どーもー!天使ですっ!今日は顔だけでも覚えて帰って下さいね~ってここはあなたの家だっての!

この度はおめでとうございます!なんとあなたは全人類の中から選ばれ、神様の子どもを妊娠するという大役をゲットされました!

いよっ!憎いよっこの大法皇っ!!

で、早速なんですけど、子ども名前は「イエス」って付けてくださいね。これ、決まりなんで。

イエス以外はノーね、なんちゃって!ヒア・カムズ・ザ・フラッド!!

そいじゃまたー!


・・・ってことがあったの。私、てっきり夢だと思ってたんだけど、生理が来なくなって念のために検査薬で調べたら陽性だったから慌てて病院に行ったの。そしたら『三ヶ月ですね』って・・・

マリちゃん。そんな作り話でオレが納得するとでも思うの?オレのこと嫌いになったならそう言ってくれよ。別の男と一緒になりたいなら、正直にそう言ってくれよ!その方がこんな言い訳されるよりよっぽどましだよっ!!」

「ヨー君!聞いて!」

涙をボロボロとこぼしながらマリちゃんが絞り出すように言った。

「私だって信じられないよ。でも、本当なんだよ・・・。私、ヨー君以外の男の人と付き合ったこともないし、今でもヨー君のことが大好きだし、大切に思ってる。でも、こんな話、ヨー君が信じられないのもよく分かるの。疑がって当然よね・・・。だから結婚はなしにしてください。何も言わず、このまま私のことは忘れてほしいの。ワガママ言ってごめんなさい・・・。私、一人でこの子を産んで育てる。神様の子どもだもん、きっとなんとかなるわ・・・それじゃ、さよなら

ちょっと待ってよ!」

そう言いながらも追いかけられない自分がいた。

オレとはプラトニックな付き合いをしながら、別の男と寝ていたのか?

そういや「一人で育てる」って言ってな。妊娠を告げた相手に捨てられたのかもしれないな。なんて野郎だ!いや、彼女もか。

二股掛けてたんだから自業自得だよな・・・そんな子と結婚しなくて良かったじゃないか・・・

無理矢理自分を納得させようとするも、彼女の「神様の子どもだもん・・」と言った時の作り笑いが脳裏に浮かんでくる。

あれはオレを心配させたくないときに決まって彼女がする癖だ。

どんな時だってオレのことを気遣い自分の事は後回しにしてたっけ。

オレの仕事愚痴を、頷きながらいつまでもかに聞いてくれたっけ。

「今どきそんな彼女はいねーよ!いろんな意味で!」と友達に何度言われたことか・・・

そのマリちゃん・・・そんなことするか?

本当に・・・神様の子どもなのか?

次の日、オレは、マリちゃん待ち伏せた。

マリちゃん!実は、昨日の夜、オレんちにも天使が来たんだ」

回想:

どーもー!誉世夫(よせふ)君、こんばんは!天使ですー!って見りゃ分かるっての!?

すでに真莉愛ちゃんから聞いてると思うけど、彼女には神様の子どもを産んでもらうことになったのよ。

2000年に一度あるかないかビッグイベント!それに選ばれたんだから宝くじ当たるよりもすごいことよ。

あ、今「宝くじの方が・・・」とか思ったでしょ? この、欲深男っ! 燃えるゲヘナに投げ込んじゃうぞ!

うそう、神様エッチなことしないか彼女は今でも処女から心配しないでね。ったく処女厨めんどくせーな、もう!

まあ、世間処女出産なんか信じるわけないよ、当然。根も葉もない噂話もされるだろうね。

でも、君が信じてるんだからそれでいいじゃん。それが愛ってヤツじゃん。スレッジハンマーじゃん?


「って言われてサ。笑っちゃうよね?でも、たしか天使の言うとおりだなって思ってサ。だから、オレ、マリちゃんと一緒に『神様の子ども』、育てたいなって思ったんだけど、いいかな?」

「ヨー君・・・

こうしてオレたちは予定通り結婚した。

彼女が本当に処女だったかって?

ったく処女厨めんどくせーな、もう!

2021-11-23

[] 聖女の魔力は万能です コミカライズ 最新話まで

面白かった

展開が早いのもいいし、恐れてた恋愛ハーレム展開もほぼないまま、かるーいプラトニック程度で済んでいる

漫画の最新話が気になるところで終わってるけど、

調べてみたらアニメ終盤の展開とちょうど重なってた

この続きはアニメで補完しよっと

漫画としてもしっかりしててあたり作画だった

少女漫画だと顔ドアップとかでかいコマ割りで作画コスト下げてる印象あったけど、そんなことほぼなかった

あと少女漫画ありがちな悪役令嬢的なのとか、ムカつく下卑た男もほぼゼロ

重箱の隅をつつくんであれば、主人公の態度、性格かなあ

自分卑下するんだけど、ことあるごとに「イケメンに優しくされるのは元喪女からつらい><」みたいに言うのが若干鼻につく

当たり前だけどブスではないし普通に美人しかみえなくて、現世での喪女要素ゼロから

2021-11-22

無音じゃないと抜けない

AVIVオカズとして見る時はかならずミュートにする。たまに気まぐれでつけたりするけど、ほとんど興奮材料にはならずノイズしか感じないので結局切ってしまう。

ごく稀に女優の喋り声や喘ぎ声がかわいくて「おっ」と思うこともあるけど、それもエッチな興奮とはまた違った趣という感じなので、個人的に発電が捗ることはない。

そもそも、抜く時は自分いちばんエロいと思う瞬間で一時停止して行うことが多い。要は画像で抜いているようなもので、これのおかげで今まで男優のケツを見ながらフィニッシュするという悲惨な失敗をしたことがない。

無音じゃないと抜けない要因として考えられるのは、昔から夜な夜な家族にバレないよう静かにシコっていた習慣が大きいと思う。

幼い頃は兄妹4人の雑魚寝の中で、大きくなると兄が下段で寝る二段ベットの中で、毎日バレないように細心の注意を払いながらシコシコしていた。

ちなみに雑魚寝時代精通しておらず、オーガズムけが得られたのでティッシュの処理を悩む必要もなかった。

もうひとつの要因としては、当時のオカズ探しにPSPインターネット接続使用していたということ。

PSPブラウザでは動画全般が見ることができないので、エロに飢えていた自分全裸画像とか官能小説とかをひたすら漁っていた。音のないもので抜くのが常だった。

もう一点挙げるとすれば、自分女性の甲高いアニメ声萌え声が好きなのだが、それに対する「好き」というのは極度にプラトニックな、純粋神聖ものであるべきという考えているので、自分の汚らわしい性欲に触れさせるなんてもってのほかだし、丁重に扱いたい、という信念が心のどこかにあると言えばある。

聴覚的なものに関しては健全な刺激と捉えているのかもしれない。耳舐めや囁きなどのエロ向けASMRを何個か聴いたことがあるけど、心地良さはあっても劣情を煽られることはなかった。

リアルな音像にゾクゾクすることはある。でもそれは性的な刺激というより、バイノーラ特有の「そばにいる」錯覚による安心感メーターを振り切って耳から脳内へ注ぎ込まれるような感覚であって、体(脳)がびっくりしている、と言ったほうが状態表現としては適切だと思う。

……というわけで、自分は音を消さないと射精がままならない体なんだけど、この間初めてソープに行っていざ童貞卒業しようと思ったら嬢の喘ぎ声がうるさくてイケずに終わるという悲劇になったので、これからは音をつけて抜く訓練もしていかなくてはならないと思った次第。

2021-11-20

所詮お前も私も1コンテンツに過ぎない

これはフィクションです。

相互フォロワーに一つ年下の、文字書き創作者の天才(以下創作者)がいました。大元は某有名ゲームに影響を受けてはいましたが彼女一次創作は非常に面白く、私は創作者のファンでした。私自身絵も文字も書くタイプオタクだったので、創作者のキャラの絵を描き、キャラ二次創作小説を書き、創作者にずっとファンだと伝え、自分一次創作と同じくらい創作者の一次創作を愛していました。今でも、創作自身より私は彼女創作を愛している自負がありますし、今だって彼女がしなくなってしまった創作をずっとし続けています公式私自身が無くしてしまいましたが……。

その当時の身内に、世間テンプレートのような二次創作腐女子(以下腐子)が参入しました。私は、腐子が苦手でした。苦手な人類でした。R18話題の連発、二次創作こそ全てだと言わんばかりの傲慢な態度、所謂デカタイプオタク所作私自二次創作カップリング物を読んだり書いたりすることもありましたが、基本はプラトニックものばかり。カップリングも大多数がNL物、それも公式で付き合った、結婚した実績がある、公式が好きだと明言している、ほぼ確実な匂わせがある(周囲からネタノリではなく持て囃されている、周囲に早く付き合えと言われている、告白シーンは切り取られているが「××さん、私──」等告白に繋がっているのだろうと想起されるシーンが入っている、そもそも恋愛もの)等のものばかりで、とても少ないものでした。一切BLを読まないわけではありませんが。

しかし腐子が苦手だからと言って私の好きな人達が腐子を嫌ってくれる訳ではありません。それどころか身内は皆、彼女に好印象を抱いているようでした。……共感は出来ませんでしたが、皆に好かれるのはまるで私と正反対のこういう人間なのだろうと理解は出来ました。

そのうち、創作者は一等腐子と親交を深めるようになっていました。創作者は腐子を慕い、腐子も年下の創作者が可愛かったようで、仲良くしている姿がよく目に入りました。私が彼女言動違和感を覚えるようになったのもこの頃からだったと思います

創作者の言動がイキリっぽくなり始めました。

いえ、私が見抜けていなかっただけで前兆はあったのかも知れません。イキリとまとめてしまえば簡単ですが、もう少し言えば、腐女子のノリ、害悪声優厨のノリ、互助会村長のようなノリ……とにかくネットでよくいる女オタク(偏見)をごちゃ混ぜにして割ってしまおう!という感じのツイートをよくしていました記憶があります。その頃彼女の信奉するコンテンツ堕落前兆を見せ始めていたので、こちらも影響していたのかもしれません。その頃、私はそのソシャゲを身内の中でいち早く辞めていました。数ヶ月後、私の同い年で特に仲の良いの身内が腐子と内々で仲違いし縁を切ったのと同時に、私も腐子と縁を切りました。創作者は我々が腐子と縁を切ったのにも気づいていない様子で、変わらず腐子と仲良くしていました。鈍感だな、と思ったのを覚えています

時間は飛んで、季節が一巡りした頃です。その頃、創作者は一次創作の話を殆どしなくなっていました……と言えば語弊があります。正確には「私の好きな」一次創作の話を、殆どしなくなっていました。彼女の新たな擬似一次のような二次創作に馴染めなかった私が悪いのかもしれません。でも、歴史モノ、前述ゲーム世界観のみを前提とした二次創作、完全BLクソデカ感情前提、(鍵垢でとはいえ)あけっぴろげセンシティブ……。私には受け入れられないものでした。あとそのBLの片方が好きな人間だったのでキツかったです。TLに流れる地獄のような創作。すり減る心。また私の好きな、あの面白一次創作の話をしてくれるかもしれない希望。私はやはり大好きなキャラを描くため机に向かうことしか出来ませんでした。

きっかけは、私の書いた一次創作小説が爆死したことです。私が彼女キャラ単体絵小説を書いた時、彼女はいつもRtいいねをして「○○さんめちゃくちゃ絵上手くなったね」「これのどこどこすごい良い!」「○○さんの××めちゃくちゃ好き」……そう言ってくれていました、思い返せば、それで自惚れる私も私でした。

その小説に、彼女いいねは付きませんでした。

辛くて悔しくて、r18や愚痴、醜いものを吐き散らす鍵垢に逃げ込みました。彼女はその垢もフォローしてくれていましたし、表向きは大作が爆死して悲しい、で逃げたことにしていました。でも実際は違います

彼女彼女キャラを書く私が好きなだけだ。

そう自覚してしまった、辛かった。匿名掲示板に書き込んだりしてみたりもしました。創作者が元最高の創作者じゃなきゃ縁を切れたのに。そんなことを何度も考えました。私はその鍵アカウントしか顔を出さなくなりました。縁を切る前、1度だけ彼女ともくりをしましたが、彼女が私の苦手な思想を喋る中、私がそれに相槌を打つ。お互いに地獄のような時間だったでしょう、そうそうに切り上げたのを覚えています

縁を切ったのは、本当に些細なことでした。他のゲームで、私と創作者の推しは同じでした。その推しPUがやってきた時、彼女が「俺の(某声優)がやってきた!」と言いました。

本当に些細なことです。

それが、私には許せなかった。

具体的な話をすれば、先程の歴史BL二次創作のメインキャラ、かつ彼女が最も愛していたキャラクターのイマジナリー声優がその某声優だったのです。また、私自推しを好きになったきっかけがストーリーで出てきた姿やコーデ、彼の語る内容が好きだったのもあったと思います声優とか、正直どうでもいい。それが本音でした。結構近場の頃に推しの声やってるカス不倫したり推しの声やってるクズ二股したりしていたのもありました、そも声優自体に好印象を抱けてはいませんでした。

私はただ声優ばかりを取り沙汰されるのが気に食わなかったのでしょうか。それとも私は、心の内で彼女から離れる口実を探していたのでしょうか。自分でも分からないままです。

私はその日に彼女をブロ解しました。勇気が足りなくて、メインで存在していた鍵垢だけ、ブロ解しました。でも彼女がすぐ気づいてくれたなら……まだ戻れたかもしれません。でも彼女が私の鍵垢にフォロリクを送ってきたのは、それから4日後でした。それも、彼女キャラクター単体を描いた時でした。RTいいねをして、彼女が褒めて、それに私からの反応が無く違和感を覚えたのでしょう。……呆れました。そして気づきました。私だって彼女のことが大切ではなかったことに。

所詮彼女一次創作が好きだっただけでした。

それに気づいて、私は元々稼働していた……今は倉庫になってしまった垢以外の全てのアカウント彼女をブロ解しました。後悔は、ありませんでした。

今も時々、版権や自らの一次創作をしながら、彼女一次創作を描くことがあります。絵を上げ続けているアカウントでも、もう彼女からRTいいねも無くなりました。私はフォローを解除して、何故彼女フォローを解除していないのか分かりませんが……態々こちからブロ解する義務はないと考えました。

世間的に見れば私は意地悪なんでしょう。他人一次創作を乗っ取って、我がもののように描き続けている。でも、先にそのキャラクターを愛さなくなったのはどちらでしょうか?そのキャラクターを一番愛しているのはどちらでしょうか?キャラクターの名前や設定すら忘れているくせに、本当にキャラクターを愛しているとほざけるのでしょうか。

私は悪者です、所詮二次創作著作権法違反がどこまで効くかは分かりませんが、訴えられれば否応なしに負けます。それでも、誰がどう見ても悪者でも、私はキャラ達を愛しています。金を払って正式に彼ら彼女らをうちの子にできるのならば、ええ。払いましょう。札束で思う存分、頬をぺちぺちしてやる。そう思いつつ、私は今日も、創作者のキャラクターを書き続けています

私はこれから創作者のキャラクター達と生きていくでしょうが、もう二度と、彼ら彼女らを描く時に彼女のことを思い出さない。その決心のチラ裏書き散らしとして、この文章を〆とします。

2021-10-23

彼女のことをイニシャルで呼ぶとすればCになる

だけど、そういう呼び方はどうも馴染まない。

彼女は、僕らが小学生の頃から知り合っていたと主張していたが、その頃の僕は彼女あくまでも集団の一部として捉えていた。

小中学生の交友関係はあまりにも広く、そして浅い。


そういうわけで、僕が初めて彼女のことを個として認識したのは高校一年生の時だった。

彼女とは、ある授業がきっかけで近しい関係となった。その授業は、どこの学校にでもあるような、他の人と相談しながら進行する授業。

そうは言っても、彼女積極的に話し合うことで親交を深めたというわけではない。まずもって、彼女はカモクなのだ

僕と彼女コミュニケーションは、会話というよりは問答に近かった。それでも、授業を通して彼女に一歩近づける、それだけで彼女の魅力を知るには十分だった。


後に続く彼女との関係の基礎はこの時期に形成された。一年間にわたる彼女とのささやかな交わりを経て、僕は彼女のことを意識するようになった。

しかしながら、その後1年にわたって、彼女との関係は進展しなかった。

高校2年生という期間は、他の生徒にとってもそうであるように、高校生活の中でもとりわけ忙しい時期だ。

授業のような特別な機会が与えられなければ、彼女を顧みることさえ忘れてしまうほどに。


高校3年になって再び出会った彼女は、少しばかり気難しくなっていた。それは、1年間彼女に見向きもしなかった僕に対するささやかな反抗であるようにも感じられた。

僕らは1年に渡るブランクを埋め合わせるために、2人で過ごせる時間場所を求めていたが、快適な居場所は多くはなかった。

学校には僕らの関係を冷やかすような人間はいなかったが、それでもやはり居心地が悪かった。また、駅前喫茶店などといった場所では、僕らのような客が長居すること自体が歓迎されていなかったし、僕としても周りの目があると純然たる彼女との時間に集中できなかった。

そういった理由から必然的彼女との時間は僕の部屋で過ごすことが多くなった。親も僕が彼女を引き連れて自室に籠っていることを容認していたし、ともすれば応援していたように思う。僕らの関係は親にとっても都合のいいものだった。


彼女と長い時間をかけて向き合うと、段々と彼女の心の内が見えてきた。

例えば、彼女はムキになると素っ気ない態度を取るようになった。今になって考えると、彼女のそういった部分にも理解を示すべきだったのだが、当時の僕はそれができるほど賢くはなかった。

彼女の新たな魅力にも気づかされた。それは、彼女ユウキだった。僕が見向きもしなかった間に彼女が手に入れた新たな武器。それは僕にとって、彼女の全てのように感じられたし、それはまさしくCそのものだった。高校生という多感な時期に彼女毎日のように向き合うことができたのも、彼女のそういった部分が僕の心を引き付けて離さなかったからだ。


高校3年の冬に、僕らは一度だけ同衾したことがあった。あの時は単純な好奇心から彼女をベッドに連れ込んだのだが、どうにもやる気が出なかったのでそのまま寝てしまった。僕らにとっては、机を挟んで向き合う方が遥かに適していたのだ。そういう観点から言えば、僕らの関係はどこまでもプラトニックだった。


それからほどなくして、僕らは高校卒業して、そして同じ大学に通うことになった。

僕らの関係に変化が訪れたのは、大学生になってからのことだ。


長い春休みが明けて久しぶりに彼女に会いに行くと、彼女はすっかり変わり果てていた。

知り尽くしているとさえ思っていた彼女はすっかり豹変してしまった。


大学に入ってからは、彼女真意を読み解くことが途端に難しくなった。

彼女のことをより深く知るにつれて、以前にも増して彼女のことが分からなくなった。

僕は、高校時代のように彼女真摯に向き合うことができなくなってしまった。


それからほどなくして、彼女と別れることを選んだ。

彼女と長い人生を共に歩んでいたら、自分がどうなっていたのか知る由もない。

彼女に関する記憶も日々薄れていくのだが、今日のような記念日には彼女のことを思い出す。

今日10月23日化学の日。




受験でお世話になった化学恋人見立て恋愛話をでっちあげようと考えたけど、青春というものを一切知らないので上手くいきませんでした。

2021-09-16

anond:20210914204639

じゃあ、かつて「チンポをしゃぶったことのある」男はどうなったかということを、これから書いていこうと思う。

女性ゲイといった、具体例がわかない人には【大島薫】という人の人生を読んてほしい。俺は彼ではないけど、男なのにチンポをしゃぶって、しゃぶられて、彼女だけをつくって、ちんぽでアクメして、されて、女とだけと結婚して、自分の子供が欲しいし、射精前立腺快楽享受たかった、ということを書く。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B3%B6%E8%96%AB

いきなりカミング・アウトすると、俺は「中年童貞で、益田界隈では(KKO)で結婚してはいけない、社会最下層のヘテロセクシャルオッサンである。それでも、かつてはバイ・セクシャルだったし、性の究極点を求めていたのだ。それが、なぜにヘテロセクシャルに落ち着いたのかを、つらつら書いていくことにする。今となっては、増田の「毛の生えたちんぽを舐めたい」なんて反吐が出るし、つまりゲイ野郎も大嫌いだし、エロは「女に当然に中出し漫画に至っては受精シーン」を要求する。それでも「中1までに男と女セックスをして、ついでに男に掘られて前立腺刺激から射精気持ちよくなる」ということができなかった人生は後悔しているのだ。だから、元バイ・セクシャル懺悔を書いていこうと思う。

ところで、俺もちんぽをしゃぶったことある12歳ぐらいのときに、日能研に通っていた同期の男の子ペニスをしゃぶってみたんだよ。理由は思い出せないけど、受験で疲れていたからだと思う。彼はまだ毛が生えてなかった。その時は、包茎ちんぽを剥いて勃起させてハードにジュポジュポしてみて、途中で「ヤバいのがくる」からやめろって言われて、ストップさせられたから彼を精通させられなかったけどね。今となっては、もったいないことをしたと思う。当時はちょっと塩っぽい、カウパー腺の分泌液をもってして、他人のチンポってこんな感じか、と思ったものよ。いまとなっては、そこを超えれば精通させてあげれたし、他人の精液ってこんな味かと知る機会を失った。そして、増田の言うとおりチンポの感触は忘れられないのも、事実だ。

ただ、自分は当時、プラトニック関係彼女がいたのだ。それで、チンポをしゃぶったあとで後ろめたさはあった。ただ、匿名でこんなことを言うのはあれだけど、神に誓っても良い。チンポをしゃぶったことがあるのは、本当にこのときの1回限りだ。

そんで、中学受験の果に、中学に入って、当時はオナニーを知らなかったから、同期(♂)にオナニー方法を「手コキされて」教えてもらって、あまつさえ別の同期(♂)に「フェラされて」抜いてもらったことある。いま思い出すと、キツネ目で女顔の中1男子に「いま、イッタでしょ?」ってニヤニヤしながら「手からドロっと滴るマイ精子をみせつけられたシーン」とか懐かしいし、そいつの無理やりシコシコする手コキは痛かったし、さらに別のヤツに「いきそう!」といった瞬間に激しくなったフェラは下手くそだったけど、おっさんとなったいま思うと、青春だったと思う。当時の「オイラペニスはでかい」っていう噂を聞きつけて、何人かの男子にマイ・チンポを手コキかフェラで「抜いて」もらうイベントが発生した。概ね、施設公園多目的トイレに入って、まずはチンポをフルボッキさせるのね、お互いに。オイラのちんぽは中1で 14cm あって、しかも太くて、長さと太さで負けたことはなかった。なんだったかな、チンポはオナニーすると腹側が伸びるから努力しろってアドバイスもらったけ?そんなこんなで、かぶと合わせしたり、触らせてー、舐めてみても良い?、となって手コキかフェラでシコシコしてもらって、オイラ射精したら、お開きというのがルーティンだったかな。そんなときに限って「あっ///」みたいな、こもった声が出ちゃうのだ。自分でシコるときには声が出ないのにね。そんなこんなで、男に手コキとフェラで抜いてもらう経験を、1年間で 6人に 10回ぐらいやってもらったのだった。

もちろん、抜いてもらった瞬間はすごく気持ちが良かったが、当然にイジメ対象になった。たしか、ちんぽデカ夫、とか言われたっけ? それで辛くて、『性』が嫌いになったよね。チンコがでかくて、ホモが近づいてくる、そんなヤバイやつというのが当時の俺の評判だった。女にも「ちんこかいの?」「誰に抜いてもらったの?」と聞かれたっけ。どいつもこいつも「私(女)とセックスしよう」というやつはいなかったが。そんでもって、未だに童貞であるし、そのことに不満はないが、それでも後悔しているのが、男の同期にちんぽを尻穴に突っ込むか、突っ込んでもらって男色世界を知ろうとするチャンスをロストしたことだと思う。当時は、絶頂の果てに罪悪感がマックスになっていただろうが、性欲マックスのあの頃にしかできないであろう、男のケツで射精するのはこんな感じであるとか、他人のチンポを穴に入れられると気持ちいいとか、あのときに知っておきたかった。当時は性欲でホモになるのが怖かったし、自分の子供ができるのも怖かった。エレクチオン・バトルしたあとに、自分射精を終えたあとで「お礼に」ケツ穴を差し出せば良かったのだろうか。中高を通してヤリ目的彼女はできそうだったが、ヤった後で振る方法がわかんなくて、デートが続かなかった。ヘテロセックス子供ができるのが、どうしても怖かったのだ。それに、小6のときの本当に好きだったあの娘と橋の下キスしたあとに、無理やり押し倒してセックスをやれば脱童貞の果に、子供ができたとしても良かったのだろうか、という気持ちが「女に対する性欲」を打ち消してくれたのは、自覚的だった。俺は、今もあの娘のことが好きだ。消息は知らないし、今の俺に彼女幸せにできる余裕はないが、彼女の笑窪はどうしても忘れられない。

中1までに性欲の向けた先の限界を知れば、のこりの中高5年間を勉強に突っ走り、その後の人生は安泰だったのかもしれなかったが、もはや KKO になってしまったので過去はどうでも良い。童貞ではあるけど、風俗店なんかに絶対に行かないのは、小6・中1のとき自分に戻って「タダで男と女セックスできる」可能性が「自分にはあった」ので満足しているし、オッサンとなった今では「子供がほしいから女とセックスしたい」という気持ちけが残ってしまったので、おそらく『今は』ヘテロセクシャルだろう。だから増田のように「成人男子のチンポをしゃぶりたい」というのはわかんないけど、俺のような「若い頃はちんぽをシャブリシャブられた果に、ヘテロセクシャルオッサンができあがるよ」というのは教えてあげたいと思ったのだ。だから、この駄文を書いている。

これからは、ヘテロセクシャルおっさんが、男色に無関心となっていく理由を書いていこうと思う。今は、男性器が嫌いというか、少なくとも舐めたいとすら思わない。要は、他人のちんぽにそそられる理由が、年齢と比例して低下する根拠を書く。それなのに、相変わらずマンコは舐めたいし、ペニスでワギナに射精はしたいのだ。これはどういうことなのか?はやい話が、オッサンになったのだ、この俺が。

かに、俺は小6のときに「毛の生えていない包茎ちんぽを無理やり剥いてフェラして、あと少しで射精できただろうという経験」は忘れられないが、今は全然に興味が無い。少なくとも、無料で、無罪で、日本アフガンみたいな世界になっても「絶対にしない」と思う。なんというか、「あのときに」新品のチンポを舐めたという記憶が、性体験として自分の中では至高であっても、「ガキのチンポ?、全く興味ないよ」って言える。何故か?

たとえば、覚醒剤中毒者が「至高のエクスタシー」を知っているかもしれない。俺も、若いときには「それを知ってみたかった」のだ。だって、これだけ批判されるのに、彼らは消えないからね。ただし、逮捕は嫌だったか絶対に手を出さなかったが。でも、アナルなら逮捕されないらしいので、試してみることにした。芸能人ホモから追放された人は、少ないからね。

それで、結果として、ゲイの連中も覚醒剤中毒者が主張するような、前立腺という「肛門性交中毒性があって、ノンケであってもハマるし、知ってしまえばマンコはアナルに劣る」という主張が、無理だったことに気がついちゃったのよ。主に2つの理由で。

ひとつめの理由は、ホモになる努力、たとえば前立腺絶頂することに投資してみたけど、巷で言われるほど気持ち良い体験が得られなかったのだ。デイルドーで突いてみたけど、ウンコと血が混じったものが出てきて、そりゃゲイHIV にかかるわー、とすら思った。そして、受け側のゲイでも全員が肛門性交絶頂できていないことが 5-MeO-DIPT という「ホモ御用達」の薬物が違法化された事件で明らかになった。つまり、被挿入されるゲイの連中は、実は全員が絶頂できていないことに、俺は衝撃を受けたのだ。ホモは嘘つき、ってね。

ふたつめの根拠は、俺はどう頑張ってもマンコが大好き人間で、マンコが気持ちいいだけでなく、次世代を生み出す「ゲイには絶対提供できない」偉大さに気がついてしまったのだ。マンコは偉大。なんと言っても、男の俺が持ち得ない子ども提供してくれるからだ。どうしても、ホモ妊娠できないからね。

まぁ、なんだ、自分が「ホモでは無い」ことは死ぬまでわからんと思うよ。俺もわかないし。俺も「ちんぽを舐めたい」と思ったのは、小6から中1までだもん。個人的には、冒頭のように「誰かを射精させて、精子を飲んでみたかった」時期がありました、ってことは事実だし、実際にやった過去はありました。今はヘテロセクシャル自覚してるし、当時はチンポを舐めると「歓んでくれる」人が周りにいただけで、本当は「チンポが好きじゃなかった」ということに今はしている。それに、俺には、もう「チンポを舐めると歓ぶ」人がいないだよ。なぜかというと、俺はオッサンになって、もうチンポを舐める価値があると思える人は、誰かのものになってしまって、奪うと確実に「恨まれちゃう」年齢になってしまったのだ。それで、おっさんになった俺が「こいつのチンポをしゃぶりたい!」ってヤツと、俺に「こいつならチンポをしゃぶらせよう!」ってやつもいなくなったのよ。つまりバイ・セクシャルの「男☓男」「女☓男」は、前者の方が早期にマッチしなくなるのだと気がついたのは、おっさんになってからでした。あ~あ。

というわけで、おっさんからみたら、「マンコ」が好きな男は、若いうちは「チンポ」が好きでも問題ない。そんでもって、おっさんになっても超越した性的経験で「オーバーライドされて、ホモセクシャル化」されることは、すくなくとも俺はなかったし、ネットではみかけないし、大丈夫なんじゃないかと思う。仮にホモになっても、子供がほしけりゃ、精巣に注射して、静止を取りだして顕微鏡受精卵を作って、子宮に戻せば良いだけだ。ただし、産んでくれる相手がいたらな。

... 以上、つらつらとオッサンの後悔を書いてきたわけだが、結語として「もし俺が小6に戻れたとしたら、どう生きるか?」ということを書く。まぁ、そりゃ、小6のときコンドーム薬局自販機で手に入れて、あの日橋の下キスした後に好きだったあの娘を押し倒してセックス漬けの日々を過ごし、それと同時に塾では「浮気して」チンポを貪り食い、中学に入ったら小学校関係を捨て、更にはアナルでイクことを教えてもらって、中高大はマンコするだけの彼女をつくってヤりたい時にマンコしつつ、その一方で発展場でアナルの皆楽を貪り、資格をとって社会的に安定を獲得し、ちょうど『バイ』な性欲が両立できなくなった頃に「子供がほしいから」という理由で『ヘテロセクシャルに転換し、若くて美人貞淑女性を娶る、って人生になったわけだ。それは、それで地獄だな、って書いていて思う。そして、そんなことしてたら愛の無い子供をつくるか、H*V 拡散者になってただろうから、しなくて KKO と言われても全く恥ずかしくない。でも、いま小6に戻れたら「男に与えられた、前立腺の歓び」と「男に与えられた、射精の悦び」と「男に与えられた、孕ませる喜び」の3つを全力で獲得しにいく。絶対にだ。

結論。男においては「男好き」と「女好き」は両立する。それに、「男好き」の対義語は「女好き」ではない。それだけは、理解してほしい。あとは、自分で考えろ。そして、後悔しない行動をとれ。なんと言っても、時間は巻き戻せない。

2021-09-14

120日後に死ぬオジ

出世はしごを外されたオジが

リモート授業の中、希少なJCJKと知り合い

プラトニックラヴを育む物語

オジは高校教師1993の真田広之くらいに美化したヴィジュアル想像してお楽しみください

2021-08-30

男性全員、プラトニックラブに目覚めた方が幸せになれる

今後、性的同意問題はどんどんセンシティブになってゆく。

一度行為に及ぶと、「性暴力」と認定されるリスクへの怯えで疲れてしま時代が来るだろう。

ところで、アダルトメディアにより存分に性欲を満たせるようになって久しい。

にも関わらず男性たちが「彼女が欲しい」のは人と親密になりたいからだ。

それなら性行為への執着を捨てた方が、疲れにくくなることで、

恋愛の質を向上させることができるのではないのか。

2021-08-29

処女厨に伺いたいのでちょっと来てください

趣味一次創作処女厨キャラを登場させたはいいけど、「処女厨」がよく理解できていなくて困っている。

増田が女なので、どうしても「女にとって都合のいい処女厨」になっている感が否めない。

そこで「処女厨」の方に色々伺って、「処女厨」っぽさを出すための参考にしたいと思っています


自分処女厨(もしくはそういう傾向がある)という方、自分処女厨じゃないけどそういう創作物好きという方は下記の質問にご回答いただけると嬉しいです。

一部の質問に対してだけのご回答でも嬉しいです。男女問いません。

※全て創作物の中を前提にして考えてください。

※大変恐れ入りますが、現実創作物区別がつかない方はお引き取りください。



キャラに関する質問は全て「処女」を前提としてご回答ください。

①どんな容姿の子が好き?


②どんな性格が好き?


③どんな服装が好き?


主人公貴方)とその子との関係はどういう関係が好き?


⑤どこまでだったら異性との交流は許せる?

  • 肉体関係さえ持っていなければどこまでも有り


⑥何から何まで自分の好みに染めたい派?別にそういうのは関係ない?


⑦尽くして欲しい?尽くしたい(お世話をしてあげたい)?


他人の呟きとか創作物とか見たときに「明言してないけどこの人処女厨っぽいな」と思う瞬間とかある?どこからそれを感じた?


⑨その他(上記質問以外で教えてくれること等があれば教えてください)



ここまで読んでくださりありがとうございます

2021-07-13

恋愛で何ができるのか

30歳だけどさいきんになって、「この人、恋人...!」と呼べる恋人ができた。今の相手にもかかわらず感情が表に出ない人間だというのが自分に対する周囲の人間から評価で、あまり惚れた腫れたに縁がなかった。羨ましいというよか、同調圧力の方が重かった。そんなんで30年間で経験したのが分離して二つで、完全なプラトニックラブ(あっても握手程度)と恋愛いっさい抜きの身体関係だった。それら両方をコンボにするとこういう現象が起こるのかー、恋愛とはこんなものなのかっていう概要がつかめてきた。気がする。まとめるとこんなん

 

社会的接触により 自分一人では表層させられない自我を知る

身体接触により 輪郭を知る 

 

前者は平たくいうとこの「ワタシの知らないワタシ」というやつ。セックスにおける関係性のせいで自分はS寄りなんだろうって勝手に思い込んでいた。しかし体の大きさのハンディでそうなってるだけなのであったことに気づいた。今の恋人いじめられたり、イジられると嬉しくなってる自分がいる。関わる人間によって鏡写しのように反応を変わっていゆく人間っていう生物のサガが面白い

後者他人接触されることにより、自分身体の造形を知る。毎日毎日30年間フロで自分の体を洗い続けてるのに、だ。自分以外の手、また他の部位によって自分の体の皮膚の性質と柔軟性と温度について知ることとなる。自分身体生活していたはずだったが、新しく彫刻されたような自分の体の姿かたちをreconizeする。オキシトシンも分泌される。また、たぶんエンパシーと呼ぶやつだろうか。自分には足りなかったり持っていない体の部位の事を考え始めるのが異性間交流なのだろう。

この二つは足し算ではなくて、恋愛という関係性においては掛け算になるようだ。信頼関係のある人間同士が濃厚接触すると一種背徳感のような感覚も芽生える。

社会的接触によって、他社の眼鏡から見た自分を知ることとなるためアイデンティティ解像度が上がり、身体接触を通じて相手感覚について思いをはせるようになり、抽象思考が育まれる。

 

以上。早く集団免疫が構築されますように。人類の交雑が、フォースとともにあらんことを!

2021-07-06

anond:20210706095942

なにが引っかかるのか不明だけどミッキーミニー普通にキスするぞ

プラトニック関係性的関係(または性的な想いを抱いた関係)はフツーは分けられてる

日本以外は年齢制限も掛けられる

anond:20210706091240

ロマンテック関係(恋愛関係)』や『性的関係』は、スラッシュ("/")で区切って表現

友人や家族チームメイトなど、性的関係ではない『プラトニック関係』は、"&" で区切って表現しますってフツーに書かれてる 

 

下記はAO3という二次創作サイトヘルプ

How do I tag a romantic or platonic relationship?

Romantic and/or sexual relationships are indicated by using a slash ("/") separator (for example, Mickey Mouse/Minnie Mouse). Nonsexual, non-romantic relationships—such as platonic relationships between friends, family, teammates, etc.—are indicated with an "&" separator (for example, Hinata Shouyou & Kozume Kenma).

 

Platonic and romantic relationship tags are separate, so searching and filtering by Aerith Gainsborough & Sephiroth won't show results tagged with Aerith Gainsborough/Sephiroth unless both tags are added to the particular work or bookmark.

 

https://archiveofourown.org/faq/tags?language_id=en#platonic

2021-07-01

私は同性愛者ではありませんが、大谷翔平さんと一緒に森の中の丸太小屋に住みたいです。私たちセックスをすることはないでしょう。しかし彼が臀部を引き締めながら木を切るとき、次第に汗ばむ裸の上半身を、キッチンの窓から見ていた私は密かに腰の炎を燃やします。私は階段を登って、自慰行為をするでしょう。私は翔平を頭から追い出そうと、必死女性身体想像しますが、それが無意味なことを知っています。最終的に私は絶頂に達することができないでしょう。そして私は怒りと切なさを感じながら階下に戻ります。時には私たちテーブル越しに目を合わせることがあるでしょう。その瞬間、私は自分自身の奥底に潜む感情に、喜びを見出す暇もなく蓋をして、そしてそれぞれがしていたことに戻っていくのです。ある日私たちの一人が死に、もう一人が丸太小屋の外に彼を埋めますそれから彼は旅立った友人にちょっとした詩を書いて、そして真のプラトニックな愛なしには生きる理由を見出だせずに自殺するでしょう。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん