「グルメマンガ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: グルメマンガとは

2019-10-15

グルメマンガかいてた人がダイエットマンガかきはじめたけど、本人もマンガの中で糖質制限のせいでアイデアかばないっていってるくらい漫画自体もつまらなくてほんとかわいそうだわ

2019-08-28

anond:20190828130517

まぁでもグルメマンガってジャンル固定してるわけであまり違う話入れられても読んでて困るっしょ

例えばボクシングマンガなのに気がついたら戦争漫画になってたら混乱するし

グルメマンガ多様性のなさ

できらぁ!→え!?同じ値段で?の繰り返し

2019-07-01

2019上半期面白かったマンガ

うたかたダイアログ 3 稲井カオル

面白かったのに3巻で終わりかあ。売れてないわけじゃなかったと思うんだけど。

ダラダラ続いて欲しかったと思う反面、密度高いまま終わって良かったのかな。とも思う。





須波優子と百合な人びと (MFC) 綿桐 さや

面白かった。百合ギャグ個人的に引っかかる物が少ないので、これで終わりは惜しい。

チノさんが出てくる話が面白い。




姫乃ちゃんに恋はまだ早い 1巻 ゆずチリ

面白かった。ズレたまま並行して走っていく感じが上手い。

先生大人視点が入るとまた味わい深くておかしい。






きな子めがねを忘れた 1,2巻 藤近小梅

まだ出るか。って感じのミニマル系イチャラブだけど、これは意外と新鮮だった。

ミニマル系イチャラブは男女のやり取りがハイコンテキストでそこが面白作品が多い気がするんだけど、

本作は逆を行きつつ成立してるのが新鮮で上手い気がする。クラスメートの反応と相まってほっこり感ある。




球詠 5巻 マウンテンプクイチ

ヒリヒリしたゲーム展開でまるっと一冊。安定して面白い。

画は毎ページみどころいっぱいで最高。カッコいいしカワイイし。

百合スポーツ良いわあ。もっと流行ればいいのに。

まあこのレベルで動きのある画を描ける人いないって話だろうけど。






薄花少女(5) 三浦靖冬

時代の空気を完全に再現した背景が最高で、毎巻楽しみにしてた作品だったので残念。

これだけ強固に作品世界を成立させている背景は、一般的意味で背景と呼んでしまうのは作家申し訳ない気になる。

何巻だったか忘れたけど給水塔と桜の画が記憶に残ってる。

あと、最後エピソード最後にふさわしくて良かった。






放課後ていぼう日誌 4 小坂泰之

安定して面白い。

話としてそんなに起伏があるわけではないけど、それぞれの釣り面白さが出てて飽きない。





1518! イチゴイチハチ!(7) 相田裕

7 巻でおわりかあ。こういう作品はダラダラ続いてさ、何世代も入れ替わって行ってさ、ついに終わる時に「ああ、最初の頃カラスヤとかいたなあ。」なんて思って喪失感に浸るのが正しい楽しみ方だと思うんだけど。

残念だけどまあ7巻まで出て環会長は送り出せたのでそれなりに区切りはついたのかな。






水は海に向かって流れる(1) 田島列島

田島列島復活。めでたいですね。内容はさすが。面白い。





さめない街の喫茶店 はしゃ

2017 らしいけど、自分が読んだのが最近なので。

モノの画が最高。カットされたフルーツとか、ラップされたケークサレとか、ガラス器とかその中の液体とか、あらゆる画が楽しい

人も魅力ある。表情も良い。特に双子は良い。

マンガとしてもヒューマン?一つまみファンタジー小さじ1の食べ物マンガって感じ。

オーブン使う料理ばっかりなのはわりと新鮮かも。まあ洋菓子いからそれはそうかって話だけど。





メタモルフォーゼの縁側(2)(3) 鶴谷 香央理

なぜか2巻をスルーしてて、3巻が出たタイミングで2,3読んだ。

個人的には王道若者の成長記録モノに見える。

うららは苦しんでもいるけど基本的には(大人や友人に、直接に間接に、)救われていて、そんな中でどこかに向かおうとするあり様や、愛されっぷりがグッとくる。




廃墟のメシ1 ムジハ

面白かった。あっちで見たアレや、こっちでみたアレがふんだんに盛り込まれB級SF食べ物マンガなんだけど、画力があるので独立して十分面白し、カレーを探すってオモシロ設定も楽しい

最後の展開は正統派SFぽい意外性があって期待感をあおる。でも演出オフビートでそこもまた良い。

品質B級SFグルメマンガSF好きはマスト






ストロベリー(1) サライネス

オーイエー!おれたちのサライネスが帰ってきたぜー。

前作も悪くなかったけど、やっぱりこのノリすよ。

「誰も~」を楽しんでたオッサン/オバサンは迷わずBUY。若者もぜひトライしてみて。

父ちゃん記者会見する話、超好き。しょうもない話にさらにしょうも無い話を何段も重ねてくるの最高。

この作品視点のものちょっとスポーツ新聞ぽい気も。平和で良いと思います





蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック(4)植芝理一

4巻にして動き出しましたー。良いっす。

個人的には母さんは母さんにしか見えなかったので、今までちょっと評価しずらかった。

おれが実ぐらいの年齢なら別な見え方していたのかもとは思う。

画は常に最高。毎ページ見どころしかない。空間とモノ/ヒトとか、人体とか、服のしわの一つ一つまで見どころ。

なんなら線の端のインクまりまで好き。

電書版の画質は1巻と比べると多少マシになった気がするけど、もう少し綺麗になるとうれしい。

アフタは電書版の画質が他誌(他社?)と比べてイマイチな気がする。

2019-06-21

男のなんでもない日常マンガって

グルメマンガのことじゃね?ってふと思った

日常描きつつ飯くうくらいのことしか出来事がない

それが男

まるで囚人

2019-06-15

目玉焼きの黄身いつつぶす?

読んでると出てくる料理めっちゃ食いたくなってくる・・・

あるあるなごくふつーのものから手軽にできそうに思えてなおさら

とんでもグルメマンガならどうとでもなるけどねえ

中学生のころフードファイトみながらスーパーカップバニラを食べるのが楽しみだったのを思い出すなあ

2019-01-20

「木根さんの1人でキネマ」が「美味しんぼであるとするなら

ジャンルの中興の祖、親子関係問題あり)

シネマこんぷれっくす」が「ミスター味っ子」で

上記少年マンガ寄りにアレンジ

おやすみシェヘラザード」が「鉄鍋のジャン」で

(題材を逆張りでつかう)

「邦キチ!映子さん」は「ダンジョン飯である

(際物素材から何故か美味しそうなものができる)

なので、今から映画マンガ企画を立てるとすると

上にあがってないグルメマンガを元に考えると

はかどるのではないかなあ、「クッキングパパ」とか

包丁人味平」とか

ブラックカレーならぬブラックスプロイテーションですか)

2018-12-09

anond:20181209033847

全く同じポーションで買えとはいってない。

 

パルは一見普通カツ丼でも、あらかじめ低温調理することで

普通では生焼けになるような「極厚」のカツ丼をつくったりしている。

あの肉料理には夢があるよ。

一時期はやった美味しんぼなどのグルメマンガより写真がある分再現やすい。

 

それでもなれてなくて写真からでも割合が決めづらい人もいるだろう。

分量4人分程度に換算したものがあるぜ!

単行本だ!買ってあげてね!6巻まででてるらしいよ

2017-09-11

[] かねもりあやみ 「サチのお寺ごはん」1巻(ギブアップ

いろいろあきらめて活力なく毎日生きててインスタントとかコンビニばっか食ってる27歳OL主人公

ある日コンビニで寺に住む3人の男と出会ってから食事にお呼ばれしたり自炊するようになる


久住 昌之 (原案協力)ってことと新聞テレビ欄でドラマやってるのを知ってたから読んでみた

でも途中でギブアップした

理由1:説教がうざい

寺ってことで毎回坊主説教が少しあるけどそれがうざい。しかもそれほどうまいこと言ってなくてすかっとしない

理由2:会社の同僚、上司がうざい

主人公の勤め先の同僚やら上司がほんとむかつく

主人公仕事押しつけて飲み会行ったり、主人こうが弁当作ってったっら、そのせじで梅雨入りしたとかいいがかりつけてくるし

ほんと胸糞悪い

お寺ごはんっていうからには疲れたOLがお寺の精進料理で心をいやすくらいでいいのに、なんでわざわざストレス要素をぶっこんでくるのか

男3人と仲良くするってのも都合よすぎっていうか少女漫画チックで気持ち悪い

グルメマンガエロが混じってる不倫食堂と同じような、食欲と性欲いっしょにしちゃいかんだろてきなものを感じる

こっちは性欲じゃないけどそれと同等の少女漫画的都合いい展開があってほんと読んでて気持ち悪い

2017-06-17

ミカミカクってマンガ知ってる?

モノを食べる必要がない異星人のクミカが、

初めて食べ物を食べて感動するって話なんだけど、

そもそもその異星人の星では、食べ物を食べるって超贅沢なわけ

んで、クミカ実家貧乏から実家仕送りするために

地球出稼ぎをしてるんだけど

周囲がクミカに飯を食わせようとする

 

 

もうグルメマンガから仕方ないけど

でもこれ周囲が超余計なお世話じゃね?

貧乏人に贅沢覚えさせて

贅沢なしで生きていけなくさせるって

マンガ買ったはいいけど

抵抗感がすごくて読むの辛い

2015-03-18

シュマリゴールデンカムイ

似てるってのをホッテントリで知って、今シュマリ読んでるところ。

確かに似てる部分はあるけど、シュマリ全体の1/10くらいじゃん。

逆に言うと、手塚治虫があのテーマで書いたらあっさり3,4話で終わっちゃうってことなんだなーと。

波瀾万丈すぎるのにあっさりサクサク進むから逆にメリハリがなく感じるレベル

演出に凝る今の作家が書いたらいったい何十巻になるんだってレベルの内容だよ。

火の鳥しかり、何を今更って言われるであろうことは百も承知だけど。

あと読んでて既視感たくさんあったよ。ゴールデンカムイ以外にも。

熊谷達也の邂逅の森に、ヴィンランド・サガ

結局似たテーマを扱う以上、広がりに限界はあるってだけのこと。

ゴールデンカムイはそこにかろうじてグルメマンガ的要素のボリュームを増やしてちょこっとだけ幅を広げてる。

とりあえず最後までシュマリ読も。

2014-12-28

作者の異性主人公xグルメマンガの相性マジ最悪

作者が男で女一人のグルメマンガとか。

その逆とか。

異性をメインに据えるって時点でキモすぎで読めたもんじゃないのに、それが3大欲求の食欲と重なるともうヒドさ2乗増しだよ。

食欲への衝動だって男と女で言うまでもなく違いがあって当然で、それは絶対理解想像できるようなもんじゃないのに。

どんだけ傲慢なんだよ。

しかもひとりがたり系になると、食の描写以外にもひとりシチュを好むっていう設定を付け加えるから、もう痛々しいにも程があるっていうレベルを超えた、度を越したキモさがにじみ出ててマジで吐きそうになる。

2014-08-18

最近グルメマンガ増えすぎだろ

スピリッツ内だけでも2つとか。

いい加減やめてくんないかな。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん