「出資者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 出資者とは

2019-04-16

ケムリクサ最終話の謎の2カット考察

最終話にあった、りんとわかばがただ走ってるだけの映像に謎の声とSEが付いた長回しカット(8秒くらい)がすごい。

本当に赤い根の上を走ってるだけ。よく見たらその根の形や模様(モデルテクスチャ?)もループなの。2回ループしてる。この単調な画面が8秒くらい続く。

何かが飛んでくるようなSEに合わせてりんが「ふっ!」とか声出してるんだけど、映像は坦々と走ってるだけ。何が起きているのか俺の頭では理解が追い付かない。誰か解説頼む。

その直後のりんがケムリクサを使いながらジャンプするカットもすごい。

わかばが止まっている。時間停止の能力が発動している。

これまで時間を止められるケムリクサなんかあったっけ? それ使えばもっと道中楽ができたはず。ということは、最近得たものりりがかつて作っていたのを記憶の中で見て、それをりんが再現したとか? 作っていた時期はワカバと別れてから自分を分割するまでかな?

それとは別に、緊迫した状況なのに画面奥で走ってる途中のポーズのまま静止してるわかばくんが間抜けで、すごく味わい深いカットになっている。

考察否定されないよう予防線を張っておくと、商業制作の素材と役者を使った「趣味アニメ」(好意的解釈すれば無料公開用の映像特典)を作ってネット投稿する余裕があるのに、放送局配信サイトに納品する本編は万策尽きて未完成のままなんて、普通に考えたらあるわけがないだろ。

最終話前にあれだけ信じろ信じろ言ってたくせに、たつき商業クリエイターとしてのプライドは信じられないの?

からあれは単に未完成なだけのカットではなく、映像と音声が食い違ってることに何らかの意味があるカットで、その次も画面奥のわかばを動かす余裕がなかったのではなく、時間停止能力が発動したと解釈するべきなんだ。

たつき信じろ考察しよう。

ももしかしたらだけど、本当に未完成だった可能性が微粒子レベル存在するかもしれない。でもその場合ヤオヨロズ福原Pがすごい。超すごい。

だってファンが喜びさえすれば、本編を未完成のまま納品する一方で、監督趣味アニメを作ってネット個人名義投稿してもいい、普通に考えたらありえないビジネススキーム福原Pが作ったってことだから

たつきプロデュースとしてこれ以上のものがある?

ファンだけならまだしも、出資者にも未完成版を電波にのせつつ12.1話投稿することを納得させてるんだよ? 本当にすごいことだよこれ。

放送前のネットメディアの記事を見て、このおっさんアニメ業界を憂う者ごっこしてイキってるわ、テレビアニメの作り方、変えてみましたペーゥかよ、とか思ってたけど、福原Pは本当に新しい方式を作って成功させてしまった。バカにして申し訳なかった。

これから未完成の本編と、本編の制作リソースを利用した監督個人名義ファンサービスの両輪でファンを増やす斬新なビジネスを続けていってくれ。頑張れヤオヨロズ


……っていうのを最終話放送直後に炎上狙いで書いて投稿時期伺ってたけど、けもフレ2の炎上が叩きコミュ内でセルフ燃料生産を始めちゃって、今さらケムリクサやヤオヨロズちょっとイジるくらいじゃ簡単燃えそうにないから、もう投稿ちゃうね。

2019-04-08

anond:20190408173350

売れるかどうか分からない時のリスク分散

おもに出資者にとってのメリット

けものフレンズ2の悪意とはなんだったのか

先に言っておくと、100%邪推

けものフレンズ2に悪意があったかどうかという話をする前に確認必要な3点がある。

1つは「誰の悪意か」もう1つは「誰に対する悪意か」そして最後に「悪意とはそもそも何なのか」だ。

順を追って考察していく。

まず「誰の」。

これはもっともわかりづらい。情報が少なすぎるからだ。内部の、それもかなり上流の意思決定観測できる立場人間でないと、これを多少なりとも正しく認識することは不可能だろう。

だが、一般論としてプロジェクトのものに対して作家性を出せるほど最上流に近い立場がどこなのかはわかる。監督プロデューサー原作者出資者だ。これは大雑把には後になるほど上流にいる、と考えて差し支えない。

じゃあ後の方が…と考えるのはまだ早い。上流に行けば行くほどプロジェクト全体の舵取りができる立場になるのは事実だが、それは個々の部分に手を出すことができないほど図体がでかい、という意味でもあるからだ。原作者にある権利は全てを無に帰すボタンを持っているというだけ、と平野耕太も言っている。

次に「誰に」

これは悪意の存在のもの否定するのでもなければ論を待たず、「アニメ一期」だろう。ここに「一期のファン」を含める向きもないではないが、流石にそれは被害妄想、というよりは加害者存在妄想と言っていい。そこまでを悪意の射程に収める意味がない、というか入れなくてもそれくらいの被害は出せるからだ。

その上で、考慮に入れなければならないのは一期のさらに前…すなわちNEXON時代けものフレンズだろう。言うまでもないがNEXONアプリけものフレンズはなんだかんだであまり成功とは言えず、無料化からサービス終了という結果になった。この経緯の悪あがき感、そして終了後に放送されるアニメというのを見ても関係者のデターミネイションはかなり強かったと言えるだろう。最初に立ち上げた時点での絵図自体がかなり大きかったというだけなのかもしれないが、だとしてもそれは原因であって否定要素にはならない。

ここで最後っ屁として出てきたアニメ一期が、まったく予想もしない形でとんでもないブレイクを起こした。この誤算はできれば立て直したい(夢物語)であろうプロジェクトにとっての嬉しい誤算かと思いきや、それを主軸にプロジェクト自体を立て直そうとしたら主軸にできなかった、という最悪の誤算が重なる。このたつきヤオヨロズ降板騒動に関しては詳細が全く不明瞭なので言及を避けるが、結果としてユーザーほとんどの求心力を一手に引き受けるアニメ一期は外様に置かざるを得なくなってしまった。「悪意の矛先」はこのようにして発生した。

そしで最後、「悪意とは何か」

前段の締めで違和感を感じた人もいるだろう。ここでいう「悪意」というのは、「憎悪」「害意」よりはむしろ恣意」に近い。法律用語の「悪意」であればさらに近いだろう。もちろん法的な話ではないのだが。

すなわち、「座組の上でけものフレンズアニメ1期を埋葬する必要があった」これがプロジェクト最上流においてなされた「悪意」の正体だと私は睨んでいる。この必要性の根拠は単純に言って、たつきの代わりは誰にもできないというただそれだけの話だ。たつきを外した穴を埋められるアニメ1期のようなものは(探したのかもしれないが)無かったので、別のもので蓋をしなければならなかったのである

が、にもかかわらず「サーバルプロジェクトシンボルなので絶対に主役で出せ」「一期で得られたメリットは引き継げ」というおそらくは出資者レベルから要望を取り入れざるを得なかったのだろう。特にサーバルに関する要求は確実にあったと断言できる。その結果として埋葬は生き埋めのリアルタイム実況中継となり、悪意は憎悪に化けた(ように見えた)のである

そう見えたのはおそらく視聴者だけではない。末端の現場スタッフもそうだったのではないだろうか。セルリアンが絵から現れる実験をした時にハカセセリフ(としか思えない口調)をかばちゃんが言っていた、という事案があったが、これは収録が別録りになった時など、間をはかるためにその場にいる人が代わりに台詞を言うなどの手法をとることがあり、その際に発生した音声素材ではないかという説がある。これが実放送レベルで出てくるというのは、相当チェックがザルであったことがうかがわれる。つまりそのくらい現場モチベーションは低かったのだろう。これを上流視点で見ると、「誰も言うことを聞かない」という表現になる。現場の混乱を理由に挙げる人もいるが、その現場の混乱の理由としては無理なスケジュールよりもこちらの方が大きかったのではないだろうか(というか、厳しいスケジュールが無理なスケジュールになった原因と呼ぶべきか)。

まとめると、けものフレンズ2で起きていたことの背景は「けものフレンズという企画の中核を巡るお家騒動」ということになる。あくまでもここで争っている主体はコンセプトであって、人が、つまり吉崎・たつき木村細谷お家騒動をしていたわけではない。人間がそれをやっていたのはたつき降板以前の段階で、今話しているのはその後の話だからだ。悪意説と悪意否定説が入り乱れている理由も半分はここにあるだろう。「悪意」と呼ぶかどうかが怪しいラインなのだ。私はこれを「悪意」と呼ぶにふさわしいと思うが、そうではない人も多い。

2019-04-04

けものフレンズ寓意メモ(加筆)

ビースト

 1期の狂信的ファン。誰彼構わずいかかる

 その最終カットビーストである事を示す黒きオーラが消える

 が、制作陣の淡い願望だろう。

 ホテル崩壊(2期の商業的な失敗)程度で死に(消え)やしないかと。

 

イエイヌ

 1期で切ったソシャゲファン

 もしくは、

 2期を擁護しようと振る舞い、誹謗中傷され心が折れた通期ファン

 ビーストにズタボロにされて引きこもる(隠れファン化)

 

うみのごきげん

 インターネット風評

 

ミライ  … ヒト

かばん  … ヒトのフレンズ

キュルル … 素のヒト(過去のヒト)?

 

 空腹…欲望(儲け)こそがヒトのヒトたる所以

 欲望によって消費する者達が居なければ2期も無かった

 

 ミライソシャゲファン投影先で、

 そのフレンズである かばんとはソシャゲ勢の生き残りの寓意

 でありつつも、1期のみのファンとして乖離、別の主体へ。

 キュルルはネットを知らない素の(旧来的)視聴者を想定か。

 2期の"かばんさん"は、1期を普通に「卒業」したファン

 

サンドスター

 素材(リアル)をネタ(キャラ)に変えるもの

フレンズ

 作られた作品

セルリアン

 物語駆動させる動因としての障害

 商業的な炎上も含むのか?

セルリウム

 ヒトの思いに反応して姿形を得るもの

 視聴者の側で潜在的に抱えている葛藤寓意か。

 それは常に強く出口を探し求めているが故に、

 象徴的に類似性のあるものに反射的に投影され、時に

 全人格的に同化されてしまえば、これの否定人格否定にも

 受け取られるように…。

 ビーストセルリアンの違いは、純粋ファンを経るかどうかか。

 

火山

 サンドスターを産み出す火山とは、出資者制作陣か

 地上は、運営コントロール下のソシャゲ空間

海底火山

 1期とは別の財源?

 海底は、運営コントロールの効かないSNS空間

 

もし仮に、

 ネットでの1期狂信者等によるバーサーカー状態が、

 10制作中時点くらいまでに止んでいたのなら、12話の展開は、

 ビーストセルリアンとの化学反応によって黒オーラが消え(ここまでは描写がある)、

 アムールトラガレキの向こうに消えるのではなく、こちら側に残る…

 という展開も予定していたのかもしれない。

 

 そうだったかもと思える理由は、

 最終話エンディングに1期のオープニングを準備していたこと。

 

 キュルルの願い通りアムールトラをも、ともだちとして対立は溶け、

 その歌詞通りに「♪のけものはいない」と歌い上げたかった故だろう。

 その願いも空しく、2期バッシングはなお苛烈さを極めている。

 その現状を前に安易ハッピーエンド描く事ははあまりにも空々しく、

 現実をそのまま反映するかのように、アムールトラガレキの向こうに

 そのまま残さざるを得ないと判断したのではなかろうか。

 敗北を、厳しい現実を素直に認め、残酷なこの世界の姿をありのままに、

 その通りに提示された訳だ。まさに鏡として。

 

 リアル原作だ …というコンセプトそのままに。

 

 セルリウム  + ヒトの思い = 攻撃する複製体

 セルリウム  + 生 → 死

 セルリウム  ─加工処理?→ サンドスター

 サンドスター + けもの = フレンズ

 サンドスター + 無機物 = セルリアン

サンドスターロウ)

 

 セルリアン ─破壊(生→死)→ サンドスター(多数)

 けもの + くさり + サンドスター = ビースト

    (ヒトの造りしモノ)

 

要素:無機物 姿 細胞 命 人の心 人の思い

 

 人の作った道具=無機物+人の思い(弱い)

 書かれた絵  =無機物+人の思い(強い)

 フレンズ=生きた動物+人の心(サンドスター)

 かばん=ヒトの毛髪(生きてる?)+サンドスター(+α?)

 セルリウム細胞の素?

 細胞+思い(遺伝子的な?)=思いに応じた姿?

 

 セルリウム…生・死、聖・邪、愛・憎を反転させる?

 

2019-03-29

こうして自分マイクロソフト本社に入った(波乱万丈編)

最近googleに入った話がはやっているので便乗してマイクロソフト本社に入った話をしてみる。

君はだれ?

性別:男、京大 情報修士(大学では飲食バイトマージャンバイク・飲みに勤しみあまり勉強せず)

やった事(時系列順・箇条書き)

暗黒時代
リハビリ就活
入社

結論っぽいもの

  • 暗黒時代は何度も自殺を考えたが、腹をくくればなんとかなる場合もあるようだ
  • どうせ人生めちゃくちゃだしと腹をくくって外資系一本に絞ったのがよかった
  • 博士課程で留学生とつるんでいたのがよかった。おかげで英語を話すことに抵抗が少し減った
  • 研究で食っていくのは無理と早めに見切りをつけたのがよかった(バイトとか家でandroidやら地デジをハックしていたのが役に立った?)
  • 貧しい時は飲食バイトで覚えた卵料理が役に立った
  • 色々書いてると余裕で本一冊になりそうなので、そのうち書籍化を狙ってブログでも書いていく・・かも??

2019-03-19

まれたくなかった

まれたくなかった。毎日まれたくなかったことで頭がいっぱいだ。

私が生まれたのは1990年代後半のいわゆる就職氷河期時代だ。就職氷河期世代といえば今はアラフォー世代ということになるが、この時期に20代前半だった世代時代の波に煽られ新卒就活に失敗し、20年経った今でもまともな雇用にありつけず不安定生活を強いられている層が他と比べて多数存在するのは周知の事実だろう。そんな閉塞感いっぱいの時代に、何をトチ狂ったか私は誕生させられてしまった。

幸いにも今は売り手市場であり、就職氷河期などと揶揄されることはなくなった。こと新卒就職については生まれた頃より何倍もマシになっているに違いない。しかしそれはあくま結果論である。もし状況が改善せず、景気状況が芳しくなかったがために今のアラフォー世代のような辛く苦しい就職経験し、結果として職にあぶれ不安定生活を甘受しなければならなくなったとしたら、一体どう責任を取るつもりだったのだろうか。「仕方ない」「運が悪かった」で済まされるべきことだろうか。

問題は景気状況だけではない。顔や性格、ある一定能力のような個人に備わった属性的なものから、親や実家の太さ、周りの人間などの環境的要因まで本当に様々な要因で不幸な人生を歩まざるを得なくなる可能性がある。もちろん中にはそういった不利な要素を克服し、幸福人生を切り開けた人だっているだろう。しかし、それはたまたまその人に能力努力する力、環境などが存在しただけであり、克服できなかった人が甘えているなどと批判されるべき理由にはならない。克服するだけの力を持ち合わせなかったのもまた、本当に偶然に過ぎないからだ。

しかしこと生命誕生に関して偶然はない。予期せぬ妊娠などの偶然はあり得るが、出産までの過程に必ず「産む」という意思決定が介在するからだ。上記で挙げたような偶然の事象により辛く苦しい人生を歩むことを強いられるかもしれないにもかかわらず、出産意思決定においてそれらが十分に検討されているとはとても思えない。不登校から引きこもりニートになってしまった子供を「お荷物迷惑だ」などと言ってはばからないテレビの中高年ニート特集取材に答える親、いわゆる「陰キャであるがゆえに健全人間関係の形成の失敗およびそこに端を発する人格形成の歪みが生じたオタクになってしまった子供を「気持ち悪い」などと表現友達と笑い合っている親などなど、子供がそうなってしまたことについて少しも悪びれない親たちを挙げれば枚挙に遑がない。その人たちの不幸は本当に偶然やってきたものだし、そもそもまれなければその人たちだってそんな不本意人生など歩まなくて済んだのに。

「育ててもらったくせに何様のつもりか」と言う人がいる。何か頼んだ上での不義理であれば「〜してもらったくせに」と表現するのは正しい。でも人生は違う。よく言われることだが、誰も産んでほしいなんて頼んでない。はじめからまれなければこんなことにはならなかった。いくつもの不利な要素を偶然にも背負い突如として人生ゲームに参加させられた上、結果としてプレイングが下手くそだと出資者に偉そうな顔をされるとは何事か。出資者たるものリスクは当然織り込み済みではないのか。「勝手に産んだくせに欠陥品が出てくると文句をつけるとは何様のつもりか」

注意:こういうことを書くと、必ず「自分勝手わがまま」などと偶然にも幸福人生を歩めた人々からのありがたいご指摘が飛んでくるが、上記文章意味を何一つ理解していないので出直しいただきたい。また、幸福人生を歩んでほしいから産むんだ、といった主張も考えられるが、ここではそれに失敗した場合どう責任を取るのかという話をしていることに留意されたい。

2019-03-09

anond:20190308232628

つまんないからやめようよ

って一言がないか興行成功して出資者たちがニコニコできて丸く収まってて

まらないと思うのは全然いいんだけど元増に見る目は無いんだなということは分かる

2019-02-12

anond:20190212151118

店の経営や雇われている人の生活責任は取れないし、その店の太客でも出資者でもないので、ちゃんとして欲しいとかは特に無いよ

行く前にステーキ焼いたのは意味不明だけど(電話番号教えた意味)、

ステーキは一応提供はされたわけで。それを拒否しただけなのでしゃーなしだと思う

ただ、安い店でも、命や健康に関わるのだけはNG

別の店で炙りをやった皿をそのまま手渡されて、うっかりそのまま受け取り、火傷をしたケースは、本社クレームを入れて治療費払って貰ったよ

ちなみにその店の店長さんは500円割引きで片付けようとしとった

どうあってもイヤなのは客単価高いのにオーナー道楽の店で、それを知らずに入ってしまった時に味わう不条理

そういう店を見分ける手段いからね

2019-02-09

anond:20190209104355

北朝鮮の頭の中はお花畑、ということか

で、頭の中お花畑と話し合って解決しろ、と

出資者無理難題をおっしゃる

2019-02-08

けものフレンズ2に出てくるフレンズ

1話、意味のない規則・順序を守らせることにうるさいフレンズ

2話、他者との比較劣等感を抱き、嘘をついて虚栄心を満たそうとするフレンズ

3話、あとから報酬要求し、脅迫いたことをするフレンズ

4話、身の丈に合わない物件を紹介するフレンズ他者からの指示で動いているがいざとなると自己保身に徹するフレンズ


これなんかの皮肉で書いてるのか?

騒動後に出てきた怪しい噂の数々を信じる(あるいはその噂を脚本家が参照していると仮定する)のなら1→KFP広報、2→吉崎、3→福原たつき、4→出資者カドカワの下っ端とか変な類推をしてしまう。

もし何の意図もせずこんなキャラたちがぽんぽん出てきたのだとしたらそれはそれで闇だと思う。

2018-12-28

一見理想郷に見える女だけの国ってどう考えてもエロ漫画の導入だろ

その国は女性しか住むことが許されず、男は基本的に入ることすら出来ない。

3K仕事はすべて機械化か外部で処理されており、女性苦役から開放され、日々を健康的に生きる。

子供快楽が欲しくなったときだけ厳選された男を招き入れ、女性主体となって一夜をともにすることはある。

とかそんな触れ込みで喧伝されてる国。

  

主人公少女強姦されたことで心を病みケアの一環として女だけの国に移住してくるんだよ。

そこは天国もかくやというこの世の楽園で、優しくて性格のいい美少女美女しかいないの。

ルームメイトや隣人は皆、傷付いた自分に対して親身になって接してくれるし、生活も快適だ。

そして何より、恐怖の対象しかない男がいないことで心を癒やし、持ち前の快活さを取り戻していくの。

  

だがその実、女だけの国は、女を騙して囲い、性的搾取するための巨大な娼館しかなかったのだ!

夜を告げる鐘とともにすべての食事に混ぜられていたナノマシン活性化

すべての女性発情し、自由意志で厳選された男を国へを受け入れ、淫らに舞い踊る。

もちろん、厳選された男とは、政府高官企業の重役等、女だけの国の出資者だ。

  

親切にしてくれたパン屋店員さんも、優しかった学校先生も、私も男嫌いだと断言してくれたルームメイトも、

誰も彼もが街の往来で全裸になり、見たことのない表情で男に媚びを売り、穴という穴で玩具男根を貪り嬌声をあげる。

体質からか何故か発情せず正気を保ったままの主人公少女は、その地獄のような光景に泣きながら逃げ惑うも、

悲しいか所詮はなにの力もない非力な少女路地裏に追い詰められ、でっぷりと太った男に組み伏せられてしまう。

なんということか! その男は、少女がこの国に来ることになった発端となる事件犯人ではないか

そう、とある新興宗教教祖の息子であるその男は親の権力後ろ盾に、凄惨監禁強姦事件を起こすも罰せられず、今日も女だけの国に遊びに来ていたのだ!

ブヒヒ、発情した駄肉では勃たないと思ってたけど、いい表情してくれるじゃんw」

幸せな女だけの国なんて、そんな馬鹿なことがあるわけないじゃんw」

「わざわざボクチンに犯されるためにここまで来てくれてありがとうwww」

哀れ、発情してない奇異な人間ということで、少女は夜通し輪姦されてしまう……。

  

という悪夢を見て飛び起きる少女

ルームメイトや寮長に心配され、あの事件のことを思い出しただけなんだ、

ここにいれば大丈夫なんだと一応は心の平穏を取り戻すも、今夜も鐘の鳴る時間は近付いてくるのだった。

って感じの。

2018-12-27

anond:20181227150905

そんな詳しくないけど

テレビ広告収入は微々たるものほとんど円盤

原作方面ゲーム方面、グッズ方面制作方面、その他よくわからん会社出資して赤字垂れ流して回ってるっていう認識(俺が)

(全体でどう回収してるかっていうか、各出資者がそれぞれ回収してるんだよねこれ)

制作者も人生削って作ってるとかなんとか

もちろん資金回収方法確立されてる会社は強い(子供向けグッズとか、ゲームとか、何かの宣伝とか)

最近は1クール分をまとめた映画で回収するっていう手法も目立ってきた、パチンコは縮小だろうか

アニメ映画はまた全然

 

で、そもそもやっぱ視聴者規模が小さいよなあ?というひとりごと

よその同じ映像コンテンツで言えば、ハリウッドなんかは輸出できるので何とかなってる(規模がでかい

Netflixユーザー数がクソ多いから回ってる

2018-12-07

anond:20181207104256

まあ言わんとすることは分からんでもないが、後継シリーズが前シリーズだったり他作品をなぞるような形になるのはガンダムに限った話じゃないからな。SWだってそうなってしまっていたわけだし。

クワトロ風に言えば「出資者無理難題をおっしゃるからそうなる。これはある意味仕方ない。

2018-10-10

anond:20181010111834

いか労働者歯車)と、仕組みを作る設計者や出資者根本的に違っていても、両者の取り分の差が3倍とか4倍程度ならともかく、10倍以上とかおかしくね

よほど高度な資格持ちの技術者とかなら高給なのも納得できるが、経営トップ仕事は金と人の配分と命令銀行取引先との交渉とかで、資格とか技術あん関係ない

労働者はいくらでも替えがきくというのなら、設計者や出資者だって替えはきく、なりたがる奴は多数おるだろう

anond:20181010041115

労働者歯車)と、仕組みを作る設計者や出資者根本的に違う。

資本家労働者、という切り口だけではなく、会社内でもマネージャーとヒラ社員といった区分でも評価は分けられるべき。

利益平等に分けるような共産社会が失敗した歴史を知らないのか。

2018-09-30

・誰にもdisる権利はない

・利害を共にしている責任者出資者ならdisる権利がある

同業者ならdisる権利がある

・金を払った客ならdisる権利がある

・金を貰って活動している者に対しては誰でもdisる権利がある

金銭の関わらない趣味活動であっても誰でもdisる権利がある

2018-09-16

anond:20180916184326

本来製作委員会って、単に利益を分配する為の組織出資者集合体に過ぎなかったはずなのに、それが作品の内容にまで責任を持つような状況になっている事に違和感危機感を覚える

2018-08-16

anond:20180816101840

郵政民営化されるのはともかく警察民営化されたらどうなんの?

出資者国民じゃなくなるって

2018-07-20

anond:20180720010441

よくぞ言ってくれた。

シンデレラガールズは、シンデレラプロジェクト組>アニデレ組>声つき>声なしのカースト存在し、なおかつゲーム運営には費用がかかることを考えたら、そう頻繁にカースト下位は起用されにくいのだ。

さらに、システム開発などなどで予算必要となる時、出資者などに成果(課金実績)を見せる時は、当然ガチャが回りやす知名度や人気の高いアイドルを出さないといけないのだ。

デレステ1周年曲の「BEYOND THE STARLIGHT」にこんな歌詞がある。

譲りたくなんかない

どんな世界も頂点は一つしかない

そうして

ぶつかって火花が散って

つながって星座になって

永遠に語り継がれる僕らの神話(ファンタジー)

要はどの担当Pも輝ける舞台を譲りたくないさ。

当然だろう、自分担当が一番だって思ってるんだから

だったらその舞台担当を上がらせるために努力するしかないのだ。

モバマス時代からずっとそうだったように、これからもそうするしかないのだ。

180720 1500 不等号が逆とのご指摘があったので修正。たしかにこれじゃ声なしが有利になっちゃうな。

2018-06-20

これだけ「KADOKAWAのせいじゃねえよ」と明言されているのに

まだ「KADOKAWAのせいにしか見えない〜」とか言ってる奴がいるんだな。

KADOKAWA幹事会社ではない」「出資比率も高くない」「決定権も何もない」

「むしろ事態解決のための話し合いをKADOKAWAが主導」「ヤオヨロズ福原と共同で弁明」という事実に対して、

たつきの「カドカワ方面」という曖昧発言一つだけを頼りに戦いを挑んでるんだから逆に尊敬するよ。

2018-05-17

anond:20180517222357

東京Fランなら全く難しくない。

と思ったが、その場合出資者であるから進学を阻止されるかな。

恋人の両方の家が金持ちで、かつFランでもなんでも進学し放題の放蕩息子・娘という条件を満たすのは難しい。

2018-05-08

いい加減起業ベンチャーを分けたら?

イノベーションだ!ベンチャーだ!とか言ってるが、実際は起業支援しかなってないのがおおい。

バックにあるのは役所であって、役所役人役所役人なりに成果を出さないとならないってのもあるんだろう。

かつ、役所の成果だから基準をはっきりしないとならない。とすると、「創業率」で見ないとならない。すると、起業ベンチャー区別をつけない。

まあ、ベンチャーなんて本当に死屍累々。あるいは雇われに近い状況になってくるわけだ。社長として好き勝手して楽しいというのなら起業のほうが正解だろう。

また、これから創業する人にも起業ベンチャーの2つを分けて考えて、自分はどちらか?をちゃんと見ないとならない。

違いは2点ある。

1.(A)数か月で売りが見えるか、(B)見えないか

2.(C)自己資本融資だけで自力でやるか、(D)自力でできないか

A・Cを両方満たすのが起業。だけど、社長として好き勝手出来るのはこれが一番いいだろう。

A・Dも起業といえば起業だが、実態は雇われに近い。

B・Dがベンチャー

B・Cのパターンでうまくいくのは非常にレアケース。つーか、金持ちの家にでもうまれんと無理じゃね?

1について数か月で売りが見えるのなら、銀行融資創業することができる。

けども、数か月で売りを立てるということは、創業時点でもう商品ができてないないとならない。

なおかつ、ここが想定顧客で、もう後はそこに売りに行けばいいというめどをつけてないと数か月では無理だ。

受託飲食はこれになる。フリーランスこちらになる。非常にレアケースだが、同人だけで飯を食えてるのもここになる。

だが、2について数か月で売りが見えるために、外部の金を入れる必要はない。とすると、正真正銘自分会社オーナーだ。

だけども大きくなれない。基本的年商数億円、従業員数十人クラスで終わりだろう。

でも、それぐらいに人数であれば自分が全部見通せるわけだから自分判断が正しくて、金づるさえちゃんとできていれば、遊び惚けてても何とかなる。

自分が全部に口出すことができる。逆に、外部からうるさく言われることもない。

よって、社長としては一番楽しいパターン

また、よくある起業についての指導についてはもっぱら、A,Cについてについて取り扱う。

2について、数か月で売りが見えないものは、外部から金を入れないとならない。

いや、生きていかないとならないから。

B・Dと、A・Dのパターンがある。

1を満たさな研究開発型、よく言われるベンチャーというのはこれだ。

2を満たさな出版社頼みの作家フランチャイズによる起業こちらになる。まあ、研究開発型、ベンチャー自動的に2を満たさないためこちらになる。

出版社頼みの作家フランチャイズによる起業はA・D、研究開発型,ベンチャーはB・Dになる。

けど、外部から金を入れるということは、当然外部の奴が口出してくる。

外部の奴の機嫌を損ねると本当に散々振り回される。

そもそも、その金出すところの外部の奴がまともだという保証は全くない。

嫌な客なら切ることができるが、嫌な外部の出資者オーナー絶対切れない。

それでもそこにへいこらして、やっていかないとならない。

質が悪い奴だと本当に奴隷しかならないし、そこまでやっても、全部奪われてほっぽり出される懸念もある。

けど、イノベーションだというのはこちら。

よって、社長で、他人に使われずに生きたいというのはA・Cのパターンでどうやるか考えたほうがいい。

年商数億円ぐらいの中小企業おしまいだが、一番幸せだよ?

A・Cのパターンでできないというのは、ある意味新たな宮仕えになるようなものだ。

2018-05-07

anond:20180507120115

出資者が「やれ」って言って条件が合ったからでしょ。

プロ野球選手と一緒。経営者会社員とは違うぞ。

anond:20180507113924

いえ、違います会社従業員のものですね。

出資者には出資していただいてるにすぎません。

2018-04-06

(いち出資者視点で)クラウドファンディングなんて

特に物理的な製品を作る系は、

よほど慣れたメーカー担当しない限り、

少量生産の低品質ラインの歩留まりカバーしきれない)、

しか製品化できるかはバクチで、ほぼアイディア勝負のみ、

それに賛同できる人たちだけ出資するのだと個人的には捉えているのだけど

(おまけにアイディアのみの勝負ゆえ、少人数のチームであたることもあり、

各種マネジメントにも不安定さが見込まれます)。

クラウドファンディング露出するようになり出資する層が広がった影響で、

品質に慣れた客層も参加するようになり、

上記のことが飲み込めていないであろうコメント散見されます

  • 曰く「海外では納期が遅れても良いのかもしれませんが、日本では遅れるなんて許されませんよ」
  • 曰く「この品質日本では受け入れられませんよ」

もっとも、これらのようなコメントは、海外クラウドファンディングでも一定割合である印象。定量的に計測していないけど……)

キビシい、キビシすぎるよ!

クラウドファンディングでは高品質を求められないんだって

品質製品製造出来るのは、既にライン成熟して大量生産から検品までの体制がしっかり組めている場合なんだって

(超少量生産職人らによる全家内制手工業で高品質担保とかもあるけど)。

アイデア勝負のもの品質(Q)を求めたら、それこそ出荷が遅れたり(D)、出資額が膨大になっちゃう(C)。

CDの何を重要視するプロジェクトなのかのお話(大概の事例に則り、全部を満たすのは無理という前提で)。

もちろん、出資金を受け取ったにも関わらず、プロジェクト実行者がドロンできてしまい、

出資者が泣き寝入りするしかないようなファンディングインフラ提供者が未だにある

トラブル時の問題解決当事者に丸投げするような規約を書いているところが、概ね該当)ため、

出資者が監視がてら建設的なコメントを出し、一定プレッシャーを与えるのは良いと思うのです。

ただ、筋違いプレッシャープロジェクト実行者にもどうしようもない部分があるため、

それなりに汲んであげても良いのでは?

最近思うのでした。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん