「飲水」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 飲水とは

2019-08-06

"強制飲水"

約 791 件 (0.25 秒)

専門用語

ぼくは強制飲尿が見たいです

愛の東京コール

これは熱中症予防のために強制飲水を迫られたオリンピック選手の記録である

観客席 < 飲ーんで!飲んで飲んで!飲ーんで!飲んで飲んで!飲ーんで !飲んで飲んで!飲んで!

パラパラ振り付けあり)

2019-01-28

anond:20190128130024

あるある。木の上に家作ったり、飲水の確保とか色々やってみたくなる

まぁ、肝心の物資と暗くなる空で家に帰るのだが

2018-07-18

小学校のころ冷房なんかなかったしろくに水も飲めなかった

暑くても我慢 水道水さえのむのも怠けてるから我慢とされてた

俺いつも学校から帰ってきても小便黄色かった

透明な小便などあの頃でなかった

だって昼飯の時の牛乳お茶けがオアシス

昼食時のその一日一回しか学校内で飲水できなかったんだよ

水を飲むのはわるい子扱いする教師のせいで。

よく生きてたなーあの頃って思うわ

水ない生活だったんだわ

まして冷房さえなかったのに

2018-04-18

同居人

奇声を上げないでくれ

約束を守ってくれ

何か労働をしてくれ

出来ないなら相応の福祉システムを利用してくれ

私の仕事邪魔をしないでくれ

愛犬が癒やしなのはわかるが

部屋に閉じ籠る時に愛犬も一緒に閉じ込めないでくれ

トイレ飲水自由に出来なくなる

最後

私が不器用性格をしていてごめんなさい

あなたの求める「優しい言葉」を見つけることができませんでした

許してください

許せないなら早く私を見捨ててください

2018-01-26

わかりやすく教えて欲しい電力需給

例えば、淀川で毎時1万リットルの水が流れていて、

飲水として毎時8000リットル取水するとする。このとき、毎時2000リットルは海へと流れていくことになる。

 

これを敷衍して、発電会社が毎時1000kWの電気を発電して電線電気を流す。

家庭では、毎時800kWの電力しか使用しないとすると、

毎時200kWは電線の中で自然消滅していることになるという理解でいい?

2017-08-17

バージニア州事件

あの事件先進国格差問題の中心がむき出しになった感じあるよね。

白人至上主義者っていうそ呼称翻訳がもうあんまりよくないと思うんだけど、とにかく集会主催した(表向きの)トランプ支持者たちは、おそらくほんとうの意味での貧困ではない。ピックアップトラックに乗って集会に駆けつける程度の財は持ってるってのもそうだけれど、世界的な基準で見れば、アフリカ飢餓者のような意味での絶対的貧困ではない。下手をすれば、地球規模で見た場合、彼らの生活の裕福さは上位10%以内に入っている可能性すら有る。アメリカに住んでいて、家があって、公共教育を受けていて、健康で、職があるというだけで、人類幸福な上位陣であることは間違いない。

でもそんな事実は彼らの気持ちを何ら慰めないんだよね。

彼らは彼らの狭い視界の中で無視されていると感じていて、もうその、感じていると言うだけで、彼らの内面世界では真実なのだから他人がそれに対してできることはあんまりにも少ない。彼らの嘆く貧困はおそらく地球規模で見たら取るに足りないもので、飲水にも困っている荒廃国家児童のほうが確実に救いを必要としているけれど、彼らはもうそういう比較にはうんざりしている。

でも、彼らがそういう児童より先に救われなければならない倫理的理由正義)は、ない。

それは彼らもわかっているから、闘争で(選挙多数派を押さえて自分たち意見を優先させようという、ある種の闘争だ)自分たち意見を通そうとしたし、それはある意味成功した(事に少なくともいまはなっている)。つまり「俺が殴られるのは絶対イヤなので、俺は他人を殴る。他人気持ちは俺にはわからんし、おまえに何か言いたいことがあれば俺を殴ればいい、俺のほうが強いけどな」という宣言だ。

そこに有るのは、「他民族主義」vs「白人主義」みたいな今見えてる対立よりもっともっと根深い、「数比べ(選挙)だろうが実際の武力闘争だろうがテロだろうが、手段は何であれ、勝ったほうが正しいという世界観」vs「彼我の立場を交換しても成立する倫理を守り最大多数の納得を追求する世界観」という対立だ。その対立こそが分断なんだと思う。

たぶん、日本も、そのとば口に立っている。この世界観の衝突から誰も逃げることは出来ない。

2017-07-12

食塩中毒乳児死亡

食塩中毒乳児を死なせた疑い 保育施設経営の女逮捕朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASK7C4SQ6K7CUJUB012.html

こういう事件こそ詳細を公表して欲しい。関係者プロフィールは要らないけれども。

中毒死する程の量or濃度の食塩水赤ちゃんが飲んでしまったというのは、強制的に飲ませなくても有り得るんじゃないかと私は思う。赤ちゃんは味覚がとても敏感だが塩味はよく分からないらしいので、食塩水も与えれば平気で飲むのだろう。

よって虐待方法食塩水を飲むのを強制された可能性は低いんじゃないかと思うが、すると虐待をするつもりは一切無い保護者でも、同様の事故を起こしうるという事。怖い。

熱中症対策塩分を摂らせるという事自体大間違いではないけれども大人自分塩分摂取するようなノリで子供にやったら危険だ。

上記の事件は詳細が不明過ぎるんだが、私が気になるのはもしかして暑さ対策エアコン活用しないで飲水のみで対応しようとしていたのではないか?ということ。

そうだったら、飲ませてたのがただの水やミルクフォローアップミルクでも危ないだろうなと思う。

よく水分を摂りよく汗をかきそこそこ元気そうでも、暑ければ熱中症になる事は有り得る。

乳幼児熱中症予防には小手先対応よりもエアコンを適切に使った方がよい。

2016-06-16

陰謀論に関する統計 in アメリカ

http://www.publicpolicypolling.com/main/2013/04/conspiracy-theory-poll-results-.html

「Public Policy Polling」より2013年調査


地球温暖化アンケートに答えた人のうち37%が「温暖化ウソ」と信じている。本当だと考えている人たちは51%。共和党員は民主党員に比べて温暖化デマ説を信じやすい傾向にある。ミット・ロムニー2008年12年のアメリカ大統領選挙共和党候補者)支持者の61%は温暖化デマ説を信じている。


ビンラディン生存回答者のうち6%が「オサマ・ビン・ラディンはまだ生きている」と信じている。


9.11テロイラク関与説回答者のうち28%がサダム・フセイン9.11テロに関与していたと信じている。ロムニー支持者の36%がこの説を信じているが、一方で41%はそう考えていない。


ロズウェル事件回答者の21%が1947年ロズウェルUFOが墜落し、政府がそれを隠蔽したと考えている。ロムニー支持者の27%、オバマ支持者の16%がUFO実在が隠されていると考えている。


影の支配回答者28%が、グローバリズムを信奉する影の権力者たちが世界の秩序をコントロールしていると信じている。ロムニー支持者のうち38%がそう信じており、35%がそうではないと思っている。


ワクチン自閉症回答者20%が子供時代ワクチン接種が自閉症を誘発すると信じている。51%は信じていない。


月面着陸回答者の7%が月面着陸ウソだったと信じている。


オバマアンチキリスト回答者のうち13%がオバマ大統領のことをアンチキリストであると信じている。ロムニー支持者のうち22%がそうした考えの持ち主である


イラク大量破壊兵器査察問題ブッシュ大統領が(イラク戦争の開戦理由であった)イラク大量破壊兵器の所持について故意ミスリードを行ったかどうかについては、ほぼ半々に意見が分かれている。ブッシュ故意ウソをついていたと考えるのは政党別に民主党員で72%、無党派層で48%、共和党員で13%。


宇宙人回答者のうち29%が宇宙人存在すると考えている。


CIA売人説回答者の14%が「1980年代アメリカ都市部コカインを広めたのはCIA」と信じている。


飲水フッ素回答者の9%が「政府がある邪悪意図から私たち飲水フッ素を混入している」と信じている。


レプリタリア回答者の4%が「"爬虫類人"が政治的権力を握って私たち社会を操っている」と信じている。


ケネディ暗殺回答者の51%が「ケネディ暗殺にはより大きな陰謀が隠されている」と信じている。オズワルド単独犯説を信じているのは25%。


ビッグフット回答者の14%がビッグフット存在を信じている。


メディアによる洗脳回答者の15%が「政府メディア国民TV信号波を介して国民マインドコントロールしている」と信じている。(いわゆる「アルミホイル帽ピープル」)


飛行機雲の成分回答者の5%が「飛行機が飛んだ跡に出る飛行機雲は、邪悪意図をもった政府によって散布されている悪い化学物質」と信じている。


病気を造る製薬会社回答者の15%が「新しい病気医療業界や製薬業界が金儲けのために『発明』したもの」と信じている。


ポール・マッカートニー死亡説回答者の5%が「本物のポール・マッカートニー1966年に死んだ」と信じている。


9/11政府陰謀説回答者11%が「政府9.11テロ情報を事前に掴んでおきながらあえて黙過した」と信じている。78%は否定派。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん