「エリック・シュミット」を含む日記 RSS

はてなキーワード: エリック・シュミットとは

2017-12-17

anond:20171216145303

一般社員まで落ちることはないけど、googleなんかそうじゃない?

100人超えたところでエリック・シュミット社長に据えて、創業者2人はワンランク落ちた地位になってる。

最近社長に復活したけど。

数十人超えるとマネジメントの負荷が大変で、本業の開発ができなくなってくるからね。

と言っても、自分が開発した技術での起業から自分権限持って開発進めたいし。

権限持って薦めるにはそれなりの地位必要よ。実際人のマネジメントするかは別として。

2015-12-20

http://gigazine.net/news/20151219-eric-schmidt-build-better-web/

>「より良いネット」を作るためにヘイト嫌がらせ表現検閲必要性Google会長エリック・シュミットが主張

基本的には良い流れだろうが、弱者を装ってやりたい放題やっている自称弱者連中を適切に判断出来ていない状況で、果たして上手くいくかどうか

2015-09-03

サノケン騒動について、第五の権力について

統括するにはまだ早いと思うのだけど覚書。

業界関係者でも、デザイナーでもないです。念のため)



【1】一連の騒動について

【2】デザイン的に見てどう思うか

【3】佐野氏に同情できるか



【1】一連の騒動について

サノケンエンブレム取り下げまでの一連の事件を振り返ってグーグル会長が書いたエリック・シュミット『第五の権力』を思い出したので書いておく。

まず第五の権力とは何か。

行政司法立法の3つの権力に対して今まで報道第四の権力となぞらえていた。それを本書でエリックは第五の権力のことを、全世界の人がオンラインでつながったことで手にする力と言っていて、つまりインターネットをもった我々のことで、有体にいえば『炎上』のことである

で、サノケン炎上だけど、これまでの炎上と明確に一つ違う点があることを留意しておきたいと思う。

それは今回の炎上海外に飛び火したことだ。

海外デザイナーフォトグラファーらとニュースを通じてオンライン上で繋がり、情報が次々と提供され、外堀を着々と埋められてしまって国はもう言い逃れできなくなってしまった。

恥の文化がある日本人にとって、海外リアクションはすごく耳が痛かっただろうなと思う。

サノケン炎上で我々は世界と繋がったのである


で第五の権力、つまり炎上』についてまだまだ日本過小評価されているような気がする。

佐々木俊尚氏に限っては、いまだにネット民の自制が必要みたいなナイーブな話をしているし、茂木健一郎氏は、権威者層に対する下位層による妬み、対立みたいな話になっている。

いやいや、デザイナー広告業界からタレコミが多かったと思うけどな。政府関係者の中にもサノケンエンブレムが気に入らなかった人は大勢いたんじゃないかなと思うし。

ていうか、妬みの力だけで国は動かないし、動かせるわけがない。もし妬みで国を変えられるのなら、Gakut何人必要なんだよって話だよね。

トートバックの事案、過去デザインの掘り出し、原案意匠の発表と、無視できない事案が重なってエンブレムが取り下げになった。

それに寄与したのが業界関係者言葉と、海外の反応である

しかしたらデザイン業界ではコピペ(盗用)・改変(剽窃)は、慣例的に、普通に行われていたのかもしれない。

でも、もうそれは許されることではなくなった。

どうでもいいけど、茂木氏がクオリア死語)的にデザインが受け付けないと語った時にはこれはギャグなのかなと思った。

(あと茂木健一郎佐野研二郎って名前ちょっと似てるよね)




【2】デザイン的に見て

素人目に佐野エンブレムデザイン的に悪いところを個人的に挙げておく。

1:デザインが堅苦しい。

他のオリンピックエンブレムと比べて、

スポーツの躍動感がない。

祭典のイメージがない等


2:パラリンピックの白黒反転ロゴが、『T』に見えず、『U』に見えること

佐野的にはパラリンピックは『=』(イコール平等)をイメージしたらしいがパラリンピック関係者は、それを

聞いてどう思っただろうね?

まだ『U』でUNITE(結合)とした方が良かったのではないか。せっかく26文字作ったんだからさ。


アルファベットイニシャルが、日本人にはそもそも受け付けないものであること。

なんでTOKYOのTなんだろうね? 

日本には「ひらがな」や「カタカナ」や「漢字」があるじゃん

アルファベット26文字の中で判別できたのいくつあった?

たぶんあれは原案を元に作成されたもので、意匠変更を経て発表できなくなったものなんだろうなと推測。

素人目には、ここまで悪いところを挙げられる。


あとプロ素人境界職務に対して『批判的』になれるかである

批判的になれないのは『商売人』であって、『プロフェッショナル』ではない。





【3】佐野氏に同情できるか

はっきり言って、どうでもいい。

同情は彼の仲間が(同情)するべきことで、無関係の我々がすることではない、よね?

同業者に求めることは、再発防止に努めることだけである

著作権を軽視してトレパクすることは、他人の住所を勝手ネット書き込みすることに等しい犯罪であることを認識してほしい。

とりあえずインターネットウィルスによる情報漏えいと同クラス対策を取らないと自社、取引先の企業価値を大きく毀損する結果になるとだけ忠告しておく。

TPPによって著作権侵害の非親告による摘発が可能になればさらにこの流れは加速するはずだ。

しろ、このことによってオリジナルクリエイター権利が守られることを望みたい。

そういえばトートバックの件でで剽窃したと思われる猫のデザインはいつになったら取り下げてくれるのだろうと思っている。

佐野デザイン名前を付けている以上、名前に大きく責任を持つべきだと思う。

盗用されて被害を受けているデザイナーフォトグラファークリエイターが実際にいることを忘れちゃいけないと思う。

クリエイトすることによって飯を食っている人たちであることを忘れちゃいけない。

佐野氏より、五輪提携企業より先に、こちらに対して、まずどう補償していくのかが今後のこのサノケン事件の焦点になるのかなと思っている。

才能があるのに無名で売れないクリエイターってたくさんいるんだからさ、これを機に還元される流れになってほしいな。

以上です。

2011-09-30

ネット業界に見る理系文系価値

現在国内外インターネット企業が頑張っている。

やっぱ技術

ただ最近の傾向として、技術力がある会社が強いなーというのがあると思う。

特にGoogleFacebook

ラリー・ペイジセルゲイ・ブリンエリック・シュミットという計算機科学スペシャリストがトップにいて、創業期から理系天才達を採用してきた。

もはや学者研究資金のために会社をやって資金を調達してるんじゃないかってぐらいのイメージ

Facebookも圧倒的な技術ですごいスピードで成長してきた

理系文系

これは愚問だし大雑把すぎるカテゴライズなので先に謝っておく。ただ、ネット業界ってやっぱ理系の人が強いんじゃないかと。

技術があってこその業界だし、そう考えると数学的思考が有利になると思う。

プログラミング数学はあまり関係ないというけど、理系の人の考え方は絶対にプラスになる。

それになんだかんだ理系の人の方がプログラミングを始めるきっかけが多い。

これらは文系自分が周りの状況を含めて実感してる。

そう思うとネット業界において文系メリットってなんなんだろう。

文系ができて理系ができないことってある?

自分上司バリバリ理系だ。

大学では計算機科学を主に学んでいた。

プログラマーとしても凄く優れている。

それなのに営業なのだ。しかもトップ。

まぁMBA公認会計士を持っていたりもするのだが、何故プログラマーなどの技術職に行かないのかという経歴と能力

彼を見ていると理系でも文系仕事できんじゃん!って思ってしまう。

文系は営業職などしかない。しかし、理系は本職のプログラマー(これも語弊はあるが)がある上に営業もできる可能性がある、と。

戻れるなら・・

自分は営業が向いていると思うし、仕事は順調だ。

しかし、自分でつくってみたいという思いもあり技術勉強している。

からかわからないが、プログラマーに凄く尊敬の念を抱いてる。

文系プログラマーもいるだろうが、やはり理系出身のプログラマーが圧倒的に多い。

そういうことを思うと、過去自分にちゃんと理系分野勉強しておけよと言いたくなる。

プログラム理系文系関係無い」「文系プログラマーもいっぱいいる」という人はいるだろうが、今回はわかりやすくそういう分け方をしてみた。

まぁ自虐的なんだけど・・ただ自分は諦めたわけではないので、これから勉強していこうと思っている。

2010-01-20

http://anond.hatelabo.jp/20100120103704

そりゃ家柄良い奴に勝つのは不可能だよ。

前の会社に某大臣の娘がパン職か何かでいたが、適当な感じでやってたよ。

あれで一生何不自由なく生きていけることが保障されてるからなあ。

アメリカでも事情は同じっていうかもっと極端じゃね?

エリック・シュミットがどう頑張ってもロックフェラー家には勝てないでしょ。

ゲイツレベルでようやく渡り合えるか?知らんけど。

2010-01-17

Google中国撤退問題

各種報道よりGoogle中国撤退問題のまとめ

2006年1月 Google中国に進出 当局の検閲を受け入れる

2009年12月 Aurora事件 シリコンバレー企業に大規模ハッキング

ハッキングの手口

メールURLリンクを送りつけ→従業員が間違って悪意のあるサイトを訪問→

IE6脆弱性JavaScriptバッファオーバーフロー)を突いた暗号化された

未知のマルウェアが気付かないうちに自動で仕込まれる→

マルウェアサーバーからほかのマルウェアDLしはじめる→

社内ネットワークに侵入→各種データを収集→

イリノイテキサス台湾サーバー情報を送る→痕跡を消去

McAfeeの説明

Adobe Reader脆弱性を突いたpdfを添付した電子メールを従業員に送りつける→

『Trojan.Hydraq』というバックドアトロイの木馬インストールされる→

社内ネットワークに侵入

iDefenseの説明

34社がターゲットになった

Google, Adobe, Yahoo, Symantec, Juniper Networks, ノースロップグルマン、ダウ・ケミカルなど

12/15 シリコンバレーハッキング攻撃開始 

    Googleが侵入に気付く 台湾サーバーを覗く(逆ハック)

1/2 Adobeが侵入に気付く

1/4 攻撃終了 攻撃者のサーバーが閉じられる

1月 Google社内で議論 セルゲイ・ブリン中国撤退論、ラリー・ペイジエリック・シュミットは続行論

1月 Googleが他社や米当局に相談

1月第2週 ヒラリーGoogle, MS, Twitter, シスコ幹部と会談

1/12 Googleブログ中国撤退検討を表明、また検閲廃止を表明

   Adobeが侵入されたことを発表

1/14 ペロシ下院議長がGoogle支持を表明

1/17 現在の情勢

予定

1/21 ヒラリーが『インターネットフリーダム』を発表予定

  • note:個人的なまとめなんで抜け・細かい間違いとかあるかも。公表情報氷山の一角なので、まだ知られてないことが大量にあるのでしょう。

2009-10-16

グーグル純利益売上高ともに過去最高 7~9月期

グーグル純利益売上高ともに過去最高 7~9月期

 【シリコンバレー田中暁人】インターネット検索最大手の米グーグルが15日発表した2009年7~9月期決算は、売上高が前年同期比7%増の59億4500万ドル純利益が同27%増の16億3900万ドルで、ともに過去最高を更新した。主力のネット広告事業が好調だった。エリック・シュミット最高経営責任者(CEO)は同日、「次の技術革新に自信を持って投資する」と指摘。人員採用や、M&A合併・買収)戦略を再開する考えを強調した。

 グーグルは、売上高の9割以上をネット検索サービスなどと連動するネット広告収入で稼ぐ。7~9月期は、政府の買い替え支援策を背景に米自動車大手の広告需要が回復するなど大企業広告出稿が増えた。地域別では、南米アジア太平洋が好調だった。(08:39)

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20091016AT2N1504J16102009.html

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん