「園子温」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 園子温とは

2018-09-15

anond:20180915172929

邦画から漫画映画化TV製作映画を抜くと

北野武園子温黒沢清是枝裕和あたりの作品ばかりになるから

薄暗い食卓でボソボソ喋って役者が急に大声あげる映画になるのも事実だよね

ラノベも同じような所があるんじゃないだろうか

2018-08-20

anond:20180820093938

日本に「ストーリーにこだわる監督」ってそんないるか

園子温とか?

男性向けでもストーリーに凝った映画ってなんかあったっけ?最近

2018-04-27

anond:20180427002016

横だけど、園子温の「ヒミズ」は原作無視して勝手震災要素を入れ込んだので全く推奨しないぞ

anond:20180426215827

しりあがり寿あの日からマンガ』が、「当時の雰囲気」をパッケージしてるという意味では一番最適じゃないかなあ

あとは、園子温ヒミズ

2018-03-28

anond:20180328191503

映画よく知らん一般人にはビッグフィッシュを勧める

間違いなくいい映画だし監督ティムバートンということで知名度もあり勧めやす


本当はハネケのファニーゲームとか園子温冷たい熱帯魚を勧めたいが

一般人相手にこれらの映画説明してみろ

反応は目に見えている

2017-11-15

わすゆの乃木園子のことを“園子”って呼ぶのやめてw

どうしても鈴木財閥令嬢の方が思い浮かぶから

普通に作中でも呼んでた“そのっち”で良いでしょ。

園子って呼び名美白で知られた鈴木その子とか映画監督園子温かいるけど

やっぱり園子といえば鈴木園子なんだよなぁ。

からわすゆの乃木園子のことは今後“そのっち”と呼んでくれ。

2017-10-30

anond:20171030191457

園子温映画自殺サークルのワンシーンでいっせいのいっせいのいっせいのせっつってグバーってシーンがすでにあるだろ表象現実化するのもいい加減にしろ

2017-07-14

https://anond.hatelabo.jp/20170714192319

ディアレン最高じゃんか。マイナーどころってさ共有しにくいんだよね。嘆き。昔、園子温愛のむきだし作ったときに、園子温園子温!名作ができたぞ!って騒いでもソノシオン?だったもんなー。それはさておき、おめでとう!

2017-02-22

最近深夜アニメは血しぶきや断末魔がないから観る気しない

普段から園子温タランティーノスプラッター映画みてるから申し訳ないけども…生ぬるいんすわ

ゆるゆりかのんのんびよりとかそういうのばかりでしょ?今って

ひぐらしのなく頃にとか00年代は血しぶきや断末魔が多くて最高だった

2016-12-15

園子温監督ラブアンドピース観た

カドーン!お前を〜忘れな~い♪

って曲が耳に残る

2016-07-23

日本人の血しぶきが見たくて断末魔が聴きたくてたまんねえよ

映画の話です

洋画スプラッターサイコスリラー作品が充実してますよね

邦画北野武さんや園子温さんなど一部が頑張っているだけでしょうか

でもヤクザ映画はあまり好きになれないです

悪の教典とか王道サイコスリラーですが良かったです

2016-05-08

http://anond.hatelabo.jp/20160507164503

いや日本映画まらんよ。だって見なくてもオチわかるし。ハートフルハートウォーミングなのがいいんでしょ?みんな頑張ってるのが見たいんでしょ?もたいまさこがいいんでしょ?

たぶん例に挙がった監督って、だいたい現状を肯定する話だったり、ゆるかったり、なんか切ないねみたいな日本人特有のワビサビを感じさせるのばっかでしょ。役者とか舞台は違うけど結局同じテーマしか扱ってない。まあ安心して観れるんだろうけど、完全マンネリで、テレビ2時間ドラマででもやってたらいい。


あくまで俺目線意見だけど、もっと意外性があっていいと思う。日本にどれだけの脚本家がそれだけ練った話を作れるだろうか。あと社会風刺とか絶対しないよね。何かを訴えかけるようなことは苦手な民族性からなんだろうけど。警察正義。だからジョークさぶい。ブラックジョークって最高に面白いと思うんだけど、そういうのない。テレビと違う映画の魅力って、公共の場では自重すべききわどい表現を前面に押し出せることだと常々考えているんだが、女子供年寄り向けの映画ってほんとくそまらんと思う。


日本映画全部嫌いなわけじゃなくて、過去作だけど好きな監督作品は、

大森立嗣ゲルマニウムの夜」「ケンタとジュンとカヨちゃんの国

 もっと不条理とか理不尽さを突き詰めていってほしい。

吉田大八腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」「桐島、部活辞めるってよ」

 いわゆる日本サブカルを支える"俺ら"視点作風がいいと思う。

北野武ソナチネ」「アキレスと亀

 バイオレンスブラックジョークが秀逸。

黒沢清CURE」「LOFT

 なんか突っ込みどころ満載な、独特の空気があっていろいろ面白い


俺が観た園子温は「紀子の食卓」「冷たい熱帯魚」とかだいぶ変態に傾倒していて、観客置いてけぼりでただぶっとんでりゃいいの?ってのがいまいちな印象。

塚本晋也の「鉄男 The Bullet Man」はようわからんかったが、「野火」がすごいらしいので見てみたい。


あんまり知らないのに通ぶってすみませんでした。

2016-05-07

邦画だって面白いんだよ!絶対おもしろ映画監督リスト

邦画はクソだと思ってるやつ、映画監督で見ろよ。配給で見るな!

ネット社会でアレはダメだったか邦画ダメになった、みたいに言ってるやつは見てる映画が悪い!

大体、「みんな」が見る東宝映画は金かかってるぶん、スポンサーに気を遣ってCMを入れる民放ドラマみたいになってる状態で(NHK視聴者と国に気を遣いまくってる)

邦画漫画実写はダメだとかいうヤツもいるけど、じゃあ漫画映画一切見んなっつーの!と言いたい(「みんな」見るから売れる、だからやる。摂理

あと批評家宣伝方法がどうのとか言っても、今更批評家興行は決まらないし……(インターネット時代になって批評家時代は終わったのだ)

この時代日本にもしっかりした作品を作る映画監督が居ることを、ハッキリと言っていたい。

オリジナルで良作連発。漫画実写だけどミニシアター系でよくできてるのもたくさんだ。

そういうのが認められるようになったら、邦画はまともなものが売れるようになるんだ。

わりと認められてる漫画実写の「ピンポン」や「青い春だって今みたいに大規模公開の分類ではなかったんだぞ。小規模の名作だ(ていうか、どっちも松本大洋だった)

商業監督三池や堤を見てこいつらダメになった……って言うのは勝手だけど、あれは金稼ぎの中で十作に1作くらい好きな風に作ってる監督なわけだよ。

その1作が良作か駄作かで、その監督価値業界で決まってるわけ。

でもそんなの映画好きしか当たり引けないって。そんなに映画見ない人は、駄作見たくなきゃ避けるべき監督だ。

海外映画祭をとるような園子温は、とてもじゃないがおすすめできない。サブカルで奇抜なのが好きで、邦画に見飽きたくらいで見る監督だ。

(間違ってもクドカン監督作品は見るなとか言いたいけど、最新作は見に行く予定だ。大友監督は、ちょっとまともなのとってくれないと分かりません)

から最近おすすめ映画監督をここに書く。我々「みんな」は良作を作る監督を学び広めるべきなんだ。

邦画ファンならみんな知ってる名前だろうけど、興行を支えているのが邦画ファン以外の東宝ワーナーファン宣伝ブランド力)というのが虚しいではないか

電通マスコミによる印象操作映画を語っているのは、悔しいと思わないか

条件として。

傑作を作る監督も居る。だけど、そんなの邦画全体を見て年に1作2作あるか無いかなんだから、手っ取り早く傑作を求めても仕方がない。

「約9割の確率で駄作を作らない監督マイナー過ぎず、佳作、良作を量産できている監督」を以下に書くので是非「ジャケ買い」ではなく「監督買い」してくれ。

代表作に「アヒルと鴨のコインロッカー」「ゴールデンスランバー」「ちょんまげぷりん」「残穢-住んではいけない部屋-」など

ミニシアター系でロングランになったアヒルと鴨の監督。どんどん規模の大きい映画を多く撮るようになった。

ただ、まだ三池や堤のように適当に撮ってないし、商業監督に寄っては無い。邦画ファンも認める『佳作』を『量産』してくれる。

知れ渡る知名度と合わせて、見た目がくまさんみたいに大きくなっているのが気になっている。

代表作に「舟を編む」「川の底からこんにちは」「ぼくたちの家族

満島ひかり旦那嫉妬をするな、彼女は才能に惚れたのだ。日本映画界を背負って立つ予定の監督

堅実で丁寧で突っ込みどころがない、かつユーモアあふれる作風が特徴。若干32歳で舟を編む。賞をとりまくった。

淡々とした演出がTHE邦画といったところか。これからメジャーに寄っていくのか分からないが「舟を編む」だけは見ておくんだ。いいな、わかったか絶対だ。

正直推していいのか迷ったけど、代表作に「モテキ」と「バクマン。漫画実写で二つそろったとこだし、駄作を作らないという観点からラインナップ。

ポップでメジャーサブカルミュージックドラマ監督ならではの作風。ただ一つ、原作ファンには手厳しい(まほろ外地だって原作ファン的にどうなのか)。

しか原作通り映画にするってどうなの?議論を使うと、彼の実写方針は正しいのだと思う。

映画そこまで好きじゃなーい邦画くらーいってヤツを連れて行くなら、大根監督一本だ。(エロには気をつけろ!)

堤化しないことを祈る。

代表作「リンダ リンダ リンダ」「天然コケッコー」「もらとりあむタマ子」「味園ユニバース

邦画ファンなら必須チェック監督になっている気がする。自らの作風をつかみ始めたのか、近年、油が乗ってきたように思う。

画が良い。キャラが良い。2時間監督ノスタルジックファンタジー世界に浸れたら幸せ

代表作「純喫茶磯辺」「さんかく」「ばしゃ馬さんとビッグマウス

銀の匙 Silver Spoon」という人気原作で華麗に滑った印象があるのだけれど、あんなもんで消えてたまるか!映画自体は良作なんだ!

いきなり任されたってのは、映画業界の期待の現れでもあったはず。

人間のどうしようもないところをポップに描く監督映画活動が途切れないことを祈ってます。才能は消えない。

代表作「南極料理人」「横道世之介」「モヒカン故郷に帰る

飯テロ映画南極料理人」が好きな人は多いかもしれない。キツツキや横道を経て、最新作モヒカンを見て確信した。この人は天才

単調なのが味わいでもあるが、作品によってはストーリーも効いているし、王道を嫌っているのか泣かしにこないでコメディに走るので気楽に見てほしい。

今まで長編映画は6作あるが、全部良作なので、いつでも安心して見てくれ。

安定してる人ってそんなに居ないので、これくらいは覚えられるはず。

何人か漏れている気がしないでもないが、他にもおすすめ監督が居る。ただ、良作率が6割程度に下がる他、発表間隔が長かったり、まだ出始めの新人監督なども居るので、そのへんは容赦してほしい。



まぁ他にもいろいろ居るんだけど、好きな監督自分で「宣伝」してください。

SNS時代なんだから、今更企業宣伝に踊らされてる時代でもないでしょう。

追記・ブコメ返信:

内田けんじ追加命令が多いので追加します。新作撮る気はないんでしょうか?あと入江悠、大森立嗣、いいですね。好みではないけど良いです。あとは規模と宣伝ができるバックがついた監督も多いので、その辺はスルーしてます矢口さん滝田さんとか、テレビ局がついてるので監督買いする人も一定数居るでしょう。とくに好みではないですが、悪くない監督だと思ってます。え、岩井俊二はもうみんな知ってるでしょう?堤さんや三池さんの映画にも好きなものはあります。堤さんは、最近丁寧になってきました。見てますよ。ただたまに許せない時があるだけです。橋口亮輔監督はいいけど、量産してくれるんだろうか?今後の監督として薦めにくいんすよ~過去作のレンタルおすすめ。30分も映画見てられないとか義務教育でつまらない授業45分からやりなおすべき。あともうなんか、ここに入ってないから気に食わないとか言われてもね。そんなに好きなら、あとは自分宣伝してください。それがすべてと言っているでしょう。そういうお話をしたかったんです。邦画好きはもっとシャベリになるべき。

うそう、これ入門編なのです。人それぞれだなって思うような監督は、このリストではおすすめしにくいんで。別のときに別の方法勝手宣伝します。リストは好みの監督なんだなって思われるかもしれませんが、もうちょっとカオスなのも結構好きです。好みとか抜きにして良いのは良い、でまとめてます。どうせ、このリストから見るのなんて1人の監督から1作くらいでしょ?カオス作に当たったら責任とれない><個人的に大好きな映画映画通に批判されるだろうから入れてないですよ三池監督自分だけの宝物にしたい気持ちわかりますよね。

映画批評家死語)や映画好きの漫画家(じゃあ貶してないで自分フォロワー宣伝すれば)に守ってるとか言われても知りません。一増田になにを求めるの?増田テラフォをdisってないよ。

あと洋画見ないのかって言われたけど、こんだけ書いてて洋画見てない増田に見えますか?映画館でやる洋画なんて絶対面白いんだから日本公開されない洋画を見てから洋画ファン洋画ファンと名乗ってくださいね邦画が楽しくてそこまで手を伸ばしてる余裕ないので、増田邦画好きと名乗ります邦画と似た洋画名作もたっくさんあるんだけどなぁ?洋画イコールドンパチCGって認識もどうなの?洋画にたいする侮辱じゃない?

アニメあんまり詳しくないです。ごめんなさいね。言われてる監督は一通り見てるけど、アニヲタからしましたら色々あると思うのでなにも言いません。ただ日本アニメ作風がとても邦画寄りですよね。D映画より好みに合います

あと、あともなにも追記がうざいな。ブログ教えろって言われたけど、絶対嫌です。もうちょっと丁寧にインテリジェンスに、文章見なおしながら普通に書いて楽しんでます。そもそも感想文が上手くないんで、もっぱらツイッターだけど。これは思ってること一気に書いたので、読みにくいという指摘は「だよね」って思ってますよ。すごい共感した。

この映画監督リストが気に食わない人は自分で好きな映画宣伝してくださいよー邦画洋画もどっちも日本じゃ下火なんだから、こういうところでどうでもいい議論して、じゃあいっちょ見るかくらいの熱が欲しいんですよ。駄作を批判した分、同じ熱度で良作紹介するのは映画ファンマナーとしてきっと必要ですからね。今は批判したらしっぱなしだから…。

2016-03-03

村上龍園子温

似てないか?

ネルギッシュでアングラ風な初期〜中期と、自分自身スノッブ化していく衰退期みたいな?

ガハハ

2016-02-18

映画を年に二百本観る人はそれだけで信用できるか

年間200本の映画を観るぼくがオススメする7つの映画と7人の映画監督 - 私を構成する映画監督 - - Hikikomotrip

信頼できる映画評を各人間を見分けるにはコツがいる。見ればわかる程度のアレもいるが。

一番わかり易い見分け方は、まずライムスター宇多丸ラジオ映画番組(正しくは番組内の一コーナー)「ムービーウォッチメン」を聞くことだ。

信頼出来ないやつはそこで述べられた評言をまんまパクる咀嚼せずにパクる宇多丸ラッパーだけあってキャッチークリティカルフレーズを次々と考案してくれるので、使い勝手が良い。

そういうのをアホは何も考えずに右から左で流すだけだから、「それってどういう意味なんですか?」と聞かれたときにうまく対応できない。

感想評論のパクりが悪ってわけじゃない。むしろ、それが有用だと思えばどんどんパクるべきだ。

しかし、それにはあくま自分感性や理性というフィルターを通して自分なりに噛み砕いたうえで、自分言葉として精製する過程必要だ。

それがアホにはできない。

たとえば、コレ。

この人がぼくに与えてくれたのは「ヒップホップ」。彼の映画の作り方はとってもヒップホップ思想に近いと思うんですね。サンプリングオマージュを多用するパッチワーク方法論はまさにヒップホップのもの。ぼくがラップが好きなのは彼の映画が好きだからなのかもしれません。


 手法思想が似ているからどちらも好き??? 

 じゃあお前、ウンコとオシッコは似たようなプロセスを経て製造されるけど、オシッコほど喜んでウンコまるのみできる自信あん???

 こういうのは圧倒的リファレンスを有し、かつ日本ヒップホップ界のレジェンドである宇多丸が言うから重みがある(別にタランティーノ形容してヒップホップ的と評したのは彼が初めてではないし最後でもない)のであって、そのへんのやつが言うと「え? 具体的にどういうこと?」と疑問が湧いてしまう。タランティーノ映画観てて「あ、このBGM、『アラモ』だな」とか「あ、このシーン、『修羅雪姫』だな」とか思うか?本当にタランティーノヒップホップ魂を感じているのか?ちなみにタランティーノ映画で流れるヒップホップってせいぜいウータン・クランくらい(っていうかRZA)だぞ。

 いやいやタランティーノは我々の知らない引用ネタをさも知っているものかのように見せるのが巧くて……と言うのだったら、手法として最もヒップホップ(=引用パッチワーク)的な『ジャッキー・ブラウン』が肌にあわないってどういうわけ? 

 結局、ヤクザ狂人が出てきて人が無残に殺される映画が好きなだけってなら最初からそう言えば?

 そもそも宇多丸リスペクトしてんなら『ハート・ロッカー』以外の気に入った映画劇場複数回観ろや!

 こういう何も考えずに宇多丸フリーライドして周囲の評判を稼ごうとする人を業界では「紫の服の人」と言います

 用例:

 映画会社社員A「このまえ公開された◯◯なんですけど〜ネットにひどいこと書かれてて〜見て下さいよこのブログ〜」

 広告会社社員B「ん〜???ああ、このブログね。これは「紫の服の人」だから気にしなくていいよ」

  

 というところで、本日増田、お開きです。最後増田おすすめする本当にキモチいい七人の監督の七作を紹介してお別れです。

周防正行:『舞妓はレディ』と『終の信託』以外全部。入門編は「シコふんじゃった。」。シコったあとで『Shall We Dance?』を見ればこの監督独特のリズムに慣らされる。

キャスリン・ビグロー:『ハートブルー』と『ゼロ・ダーク・サーティ』。最初に観るなら『ハートブルー』。それを最後にしてもいい。

北野武ヤクザ映画全部観た後でまだ北野武を知りたいと思う余力が残っていれば『みんな〜やってるか?』あたりも。『アウトレイジ』は単発として間口は広くても北野映画入り口にはならないと思うので『BROTHER』あたりで覚悟をきめておこう。

タランティーノ:一通り全作観終わった最後に『デス・プルーフ』。この監督フィルモグラフィー順に観るのが良い。よって入門編は「レザボアドッグス」

ポン・ジュノ:全部。入り口としてなら『グエムル』。度胸と覚悟と自らのゲスさに自信があるなら『殺人の追憶から入ってもいい。

園子温:ない。七人のなかで一番優先順位が低い。強いて挙げるなら『地獄でなぜ悪い』(スラップスティック好きなら)と『冷たい熱帯魚』(とにかくエグい救いのない話が好きなら)。

クリント・イーストウッド:全部。ただ順番があって、西部劇諸作飛ばしていきなり『許されざる者』を、『許されざる者』や『ダーティ・ハリー飛ばしていきなり『グラン・トリノ』観ても感動はしてもよく飲み込めないと思う。気軽に楽しみたいなら『インビクタス』や『ジャージー・ボーイズ』あたり。

2015-10-02

3年間好きだった人とセックスした結果分かった事

セックスして2週間くらい経つけどいまだに色んな考えが頭を巡ってる

これは備忘録として思う都度書き足し、増田にも心にも留めておこうと思う

2015.10.1

・部屋に入る前、入った後で二人の関係性は何も変わらない

部屋で二人きりの時はそりゃもちろんまるで恋人かのように仲良くしてた

だけどもちろん部屋に入る前は緊張もあり二人の間には20cmくらいの空間があって、

夜明かしてしていざ帰るとなった時も、その距離は埋まっていなかった

私個人のガードの固さが問題なのかもしれないけど、どっちにしてもいち個人の関係として何も変わらなかった

セックスした所で世界自分気持ちも変わらない

セックスしたら何かしらが終わりになると思っていた

けど、彼を嫌いになる事も、逆に余計好きになる事もなかった

私の心の中はそのままで、二人の関係性にただセックスしたという事実が残るだけだった

・今までは何故抱かれないのかと変なコンプレックスを抱いていたけど実際抱かれた今ではセックス無しのコミュニケーションもっと楽しむべきだったと少し反省してる

これはついおとといまでは無かった感情

「やっとセックス出来たぞー!」と達成感しか無かったけど、よく考えたら、これまでセックス無しで散々二人でデートしてたのってすごくない?っていう。

ただただ一緒にいて話してるだけで楽しかったのってすごくない?っていう。

もうああい時間は訪れないのかなって思ったら恐怖すら感じた

恋愛する上では、知らなくていい事がある

今までは恋愛するんだったら相手の事全部知ってから…とか思っていたけど、それは幻想だった

特に相手が遊び人である場合自分と彼の手近な所で色恋沙汰が行われている場合もあるし、余計な事は詮索するもんじゃないと思った

もちろん知った上で…というのも大切なのだろうが、私も彼の本命になることを望んでいないのだから、彼のすべてを知る必要は全く無い

これから好奇心で周りの人に探りを入れてしまう事も沢山あると思うけど、きっとただただ無駄に擦り傷つくるだけなので、出来るだけ避けたい(無理)

恋人セックスする事こそが正義なのかよくわからなくなった

私と彼は付き合っていないのにあんなに身体の相性が良い

もし次に付き合う人が彼よりも相性が悪くて下手くそだったらどうしようって杞憂

果たして、一人に決めてその人とだけセックスする契約結ぶ事が正しい事なのかわからなくなってしまった

ド真面目で通っていた私にしては有り得ない変化

2015.10.2

セフレになるなら自分彼氏が出来てから、がいいのかもしれない

彼に本命いるからこんなに卑屈になるんだ

自分にも本命をつくって、その片手間で彼と会ってセックスすればいんじゃね?

自分気持ち分散するし

あーでもそしたら本命彼氏にとっちゃとんだ浮気女だよな

そもそも彼とセックスしなくて済むくらい夢中になれる彼氏をつくれば良いのか

園子温監督作品恋の罪」を観た

「愛の無いセックスには金銭を介在させなきゃならない」

彼のセックスには愛があったのだろうか

そもそも私にはあったのだろうか

ここは匿名ダイアリーから言うけど、私には愛はあったよ、たしかにあった

あの狭い布団で、ずっと二人きりでこのまま外の世界とも触れ合わず閉じこもっていられたらって願った

それって愛でしょ?愛じゃないのかな

・そもそもセックスにそんなに深い意味は無いみたいです

私が思っている程、セックスって大した事無いものみたいです

ある程度の女性男性が同じ布団に入って寝込めば、男性性器は盛り上がる

それにあわせて女性雰囲気も盛り上がる

それで気づいたら性器が触れ合っている

多分そんなもん

セックスなんてそんなもんなんだ

私が思っている程大仰な儀式でも何でも無いんだ

とんだ勘違いをしていた

・忘れられたくない

彼にとって忘れられない女になりたかった

セックスしてしまった今、他の遊んでいる女性達と私は何ら変わりなくなってしまった

間違えた

やらなきゃ良かったとは思わないけど、やらないっていう選択肢も出来たんだな

今後の糧にはなりました

2015.10.3

・とことん酷いことされたら嫌いになれたのに

レイプされたとか彼女の自慢話されたとか全く連絡寄越さなくなったとか冷たくなったとか

誰が見ても彼が悪いと言ってもらえるようなことをされたらとことん彼を嫌いになれたのに

彼は絶対悪者になってくれない

私は彼を嫌うこともできず、ただこの気持ちがぶらんと宙に浮くだけだ

ああでもこうして忙しくしていると、彼のことで悩むことすら馬鹿馬鹿しいと思える

ようになるかもしれない

2015.10.5

・私は本来の戦いから逃げているだけ

彼のファーストでなくて良い、セカンドで良いなんて言い訳だと韓国の子に言われました

確かにそうかもしれないな

そもそも正面からぶつかるのが怖いから言い訳ばかりしてるんだな

なんだかバカバカしくなってしまった

セックスの話するのに抵抗無くなり過ぎでしょ

なんでもあけすけに話すのは元来の癖だけど…

セックスの話してる自分が好きなんだな

やっぱりセックス神聖視してるから、その話をする事=特別だと思ってる

とんでもないことだ

本当にもう人に話すのはやめよ

というか誰彼構わず話すのやめよ

もう自分の中で答えは出てる訳だし

2015.10.6

・なんだかすごくもったいないことしたような気がして来た

の子の言った「ちやほやする女がいるか調子に乗るんですよ!」が頭から離れない

あー、彼がこの後「俺は9つも下の女の子に好かれててタダマンさせてもらった〜」とか自尊心たっぷりになると思うと吐き気する

自分は安定した固い地盤にいて、そこを通りがかった若い女の子を良いようにしたと思うと悔しいな^^

まぁその分驕ってもらったり楽しい思いさせてもらったりしたからウィンウィンなんだけどね

あれー、なんで私やっちゃったんだろう

あの24時間は最高に良かったけどね、今思い出してもちょっと涎垂れるくらい

それにまぁ処女じゃないしねー、失う物は何も無い、っていうか何も失ってないんだよね

からまぁいっかー、

ただあの一回で終わったと思い思われるのが嫌だから、意地で、もう一回くらいはやっときたいなー

2014-05-20

彼氏の出来ない(一部の)高学歴女が好きな男

一見なんの問題もなく社会的生活を営んでいそうで、初対面であれ?この人何かおかし・・・と感じさせるタイプの人がいる。例えば東京都北区赤羽という漫画はそういう日常に潜む変人に対しての嗅覚が異様に鋭い作者が今まで出会った変人を特集した漫画である。とくにこれ。

http://www.amazon.co.jp/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%8C%97%E5%8C%BA%E8%B5%A4%E7%BE%BD%E4%BB%A5%E5%A4%96%E3%81%AE%E8%A9%B1-%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%89KC-%E6%B8%85%E9%87%8E-%E3%81%A8%E3%81%8A%E3%82%8B/dp/4063763366/

そしてそういう男しか愛せないタイプの女がいる。

そういう女は初対面の段階でいくつかのシグナルをもとにそういう男を見抜いてハマってしまうのだ。まずはそういうタイプは大抵喫煙者。やめようとしてもやめられないタバコ依存です。中学生くらいにかっこいいと思って吸い始めてるけど今は依存全然辞めれない。

そしていわゆるサブカルチャーが好きであるジョジョ椎名林檎ブランキー・ジェット・シティ、といったメインカルチャーちょい外れくらいのところを通って今はがっつりサブカルです。最近映画だと、アクトオブキリングとか見てる。基本的エログロを含むキツい風刺のきいた作品を好みます園子温はだいたいカバー

本人もキツイジョークを好むので、見知らぬ人をクソババァとかクソジジィとか呼んでみたり、職場にいる完全イジられ属性を持ってるけどアンタッチャブルな人に対するみんな思ってるけど言わないようなことをだんだん言い出します。毎日顔を合わせるレベルの人をメンヘラ下品素人童貞ちょっと臭いとか言っちゃう。でもあくまでその人をけなしているわけではなくてその人の特徴について話しているつもりなので、翌日も普通に一緒に仕事します。本人は悪口のつもりではないし逆に同じようなことを言われていてもなんとも思いません。

そういう毒の効いた発言を何度か繰り出してこの人は大丈夫だな、と思い始めたら年上だろうが上司だろうがタメ口です。でもそういう相手を嗅ぎ分けるのは下手じゃないのでタメ口聞かれる相手はなんとも思いません。ただし、それを周りで見ている事なかれ主義人間体育会系人間が影で注意したりします。それに対してイラッとします。

まあまあここまでのタイプ20 人に一人くらいいるかもしれません。もうちょっと希少価値高めになると高校中退してます。そういうタイプはだいたい早熟かつ要領は良くて中学までは勉強できるので比較進学校学校に通い、その環境に三年間も耐えられず中退します。家に金があるとそのまま社会からドロップアウト。一般家庭の場合大検とっていい大学いってます

自分料理とかしないのでカップラーメン率高し。そして何もなければ一日中寝ているのに何故かガリガリです。身長はそんなに高くないことが多いですが、とにかくガリガリ。外でないし運動嫌いだし運動神経も良くないので色白です。喉仏と鎖骨がでているのでそういうところもそういう男が好きな女子の心を刺激しているんですね。でも 30 代近くなってくると代謝が落ちて太ってくるので気をつけて欲しいところです。

酒は好きですがたくさん飲めるかどうかは体質なのでひとそれぞれ。ただし共通点としては酒を飲むと高すぎる自意識の壁が突然とっぱらわれてキャラが変わるタイミングが訪れます。酔った時だけ素直になりますが、日頃気を遣って抑えている言いたいことが爆発して一度心を許した相手に対していわゆるドSになります。同様の理由でセックスの時もどSです。

インターネットリテラシーは高いです。Yahoo ジオシティーズ南条あや。そしてはてな民

というわけで上記に該当するはてな民の皆様は、そういう男がしか愛せない、高学歴だけど顔は日本人の平均くらい、自己意識が強すぎていわゆるイケメンには絶対にいけない、休日は一人で映画ばっか見てるような女を探して幸せにしてあげてください。

2013-06-09

アニメ惡の華10話を見て思うこと

アニメ惡の華」最新話がびっくりするくらい面白かったので雑感と浅い考察

普段は萌えアニメしかみないので難しいことはよくわからないけど、考えをまとめたかった。

原作全く知らない。


春日の抱えてるモヤモヤ青春時代に誰もが抱える系のもので、厨二病と近い?

自分はすごい人間だ、他の人間とは違うと思い込みたくて、実は周りの人間と大差ないという現実から目を背けているモヤモヤ

自分に対するモヤモヤ


(何話か前の、本を読んで自分を取り戻さなくちゃ、という台詞にはずっとそれは違うだろと思ってた。本を読むなんて、受動的な行為で、自分は作れない。)

春日本人もそれは違うと薄々感づきつつも、読書現実逃避と他とは違う自分を演出するための道具として使っていた。


中村さんの抱えてるものはまた春日とはタイプが違う。世界に対するモヤモヤ。とにかく今いる場所から抜け出したくて、自分の居場所がないと思っているモヤモヤ。(家庭に何か事情がある?)

周りの人間は、本質が何も分かっていないと感じてるタイプ

春日体操服を持って帰ったのを見て、春日の欲望に触れて、人間のドロドロした本質が見れて面白そうと思ったか春日に近付いた?

欲望に忠実な人間面白いと思ってそう。人間なんてこんなものだという気持ちと、ドロドロした汚い部分を、理性で覆い隠して普通のふりして生きてる人間への興味?

(園子温映画と通じる部分があると思う。)


佐伯さんは、周りから優等生扱いされてるけど、誰も自分内面を見てくれなかったところに、春日から告白され、内面を好きになってくれたと思っていたので春日に惹かれていたが、それも最後春日言葉で否定され、結局春日自分の外見、作られた部分しか見ていなかったと気づいたので、もういいよ、となった。

恋愛感情理想を抱いてる。好きと言って、自分自身を認めて欲しい。

春日くんの中身をぶつけて、見せて、としきりに言ってるのはその分自分の中身も見せたい、認めて欲しいことの表れ?


春日佐伯さんも中村さんも選べなかったのは自分に自信がないからで、どっちかを選ぶということは、どっちかを選ばないということになる。

春日は選ぶ決断と同時に選ばない決断を強いられていて、どちらにも嫌われたくないので選べなかった。

春日は、周りの人間に認められたい、嫌われたくない、受け入れて欲しい、自分の汚い部分や空っぽの中身を見せたくない。

遠くへ行きたい中村さんに着いていったのも、現実逃避



惡の華ほんとに面白い

あれくらいの年代人間がみんな抱えてるモヤモヤが入り混じっててすごい。

展開も面白い


体操服は、春日の抱えている欲望のメタファーか。

春日くんにびっちり張り付いて〜という中村さんの言葉面白かった。


来週も楽しみだな。

2011-02-04

園子温 「冷たい熱帯魚

ネタバレしてます

凄い映画見たってのが最初感想だった。

この映画は一般市民が怪物へと進化する様子かもしれない。

村田の導入は表面→本性で、終盤の主人公の導入は本性→表面だと思う。

園子温監督はこの映画を救いのない映画と言っていた。

修復不可能な家族はやっぱり修復不可能。

終盤、主人公の決意から起こされる怒濤の行動、

最後に娘の前で「生きるって痛いんだよ」と残し首を切って絶命する。

その直後、娘は父が死んだことをあざ笑い喜ぶ。

主人公の思いが全く届かず家族崩壊したままなことを象徴していた。

終盤、主人公は狂気と残虐性を持って、

表面上は理想の家庭を築こうとする。

抑圧された感情と、前々から持っていた欲求が爆発して

方法を問わずそれを実現させようと動いてしまったのだと思う。

仲の良い幸せな家庭、その象徴というのが

主人公にとっては一家揃っての食事(もちろん携帯もなし)であり、

子どもの理解と妻との愛がそこになければいけなかったのだろう。

妻を乱暴し、問題を言わせ、暴力で打ち消す。

手段が省略され主人公の目的と結果だけが残り、表面上の解決が得られる。

主人公が起こす極端な行動は

理想を実現させるために積極的に動くことのなかった過去反動であり、

方法を問わずに行われたその結果は表面的には主人公の望むものに近い。

一般市民の代表である主人公は、怪物である村田に振り回される存在であった。

が、決意からか、主人公は村田を殺害し、自らが怪物へと進化する。

これは「今日から俺が村田の役だ」という台詞が象徴している。

願望が狂気を呼び怪物を生んだ。

誰もが内に秘めているかもしれない怪物の誕生

これだけでも凄まじいのに、この映画ではラスト

怪物を否定し何も救いを生まないことを言い、

どこまでも観客を突き放す。まさに傑作。

救いがない映画だがそれで誰も救われる人がいないわけではな

園子温監督も言っていた。

僕が言うことではないのだろうけど是非色々な人に見て欲しい映画

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん