「マルチタスク」を含む日記 RSS

はてなキーワード: マルチタスクとは

2018-06-18

発達障害かもしれない

今までずっと生きづらいなあと思いながら生活してきたけれども、そろそろ本気でまずいのではないかと思ったので書いてみる

・小さい頃から物忘れが激しい

・常に思考にもやがかかっているような感じで物事を考えたいのに集中できない

・伝えたいことを上手く言葉に出来ない

ひとつ作業をしていると他のことを忘れてしま

・人の顔を覚えられない

・人に注意されたことをすぐ忘れてしまい何度も失敗を繰り返す

・やりたくないことに対してなかなか手を付けられない、その後追い詰められてやり始めるが途中で嫌になりやりたいことに手をつけ始め、結果間に合わない

マルチタスクのような複雑な作業が出来ない

具体的には

洗濯物を種類別に分けて畳まないとタンスにしまえない

・直前にした失敗を報告しようとするが、自分がした失敗の内容を忘れたり言葉に表せない

・鍵とスマホを毎朝無くし常に遅刻ギリギリ

ピアノの発表会で2曲弾くはずが1曲弾き忘れて退場

算数の授業に必要な道具を何度も忘れ続け授業を受けさせてもらえなくなる

・頼まれごとをしようと移動したはずなのにその事を忘れて何もせず帰る

・苦手な勉強になかなか取り組まず大学受験失敗

など、こういった不注意や怠慢が原因の失敗は数えきれない。ちなみに今も部屋の片付けを中断してこれを書いている。

今までは何とか生きてこれたけれど、アルバイトを始めてから自分の不注意さ、怠慢さを目の当たりにすることが多く、このまま社会に出たらまずいのではと思いはじめた。

もしも発達障害だったらどう向き合っていけばいいのだろうか。ただ不注意で怠慢なだけならばどう対処すればいいのだろうか。対処法が分からずにただただボーッと生きてきてしまった。

とにかく思考にもやがかかっている感覚がとても辛いので何とかしたい。

普通はこんな感覚ないのかな。

それともみんな我慢して生活してるのかな。

しんどいな。

2018-06-17

外来が遅いといわれお悩みの先生方、また、病院での待ち時間イライラされている患者さん方へ

 当方キャリア12年の内科医なのですが、久々に大学に戻され非常勤含めさまざまな外来風景を拝見する機会に恵まれました。

そこで、外来診療についていろいろ考えることがありまして、思いつくままに書きなぐらせていただきます

 外来といえば先生方には何が起こるかわからない地雷原ですし、患者さん方から言えばよくわからない理由で延々と待たされストレスをためる要因なのではと思います

外来のすすむスピード先生によって異なりますし、早いからといって患者さん一人に対する時間が少ないか満足度が低いわけでもなく、

逆に遅いからといってじっくり診てもらえて満足度が高いのかというとそうでもありません。

まり

#1 外来スピードも早く、満足度も高い外来

#2 外来スピードは早いが、満足度は低い外来

#3 外来スピードは遅いが、満足度は高い外来

#4 外来スピードは遅いし、満足度も低い外来

分別されると思うのですがこれは明らかに外来担当する先生能力依存するものです。

診療には様々な待ち時間が発生します。患者さん方は経験したことがあると思いますのでお分かりでしょうが

病院受診したところで、まずどの科にいけばいいのか、決まったとしてそこに受診できるかどうか(時間制限など)

受診が決まったとして、そこにいたるまでのカルテ作成も含めての手続き、やっとその科にたどり着いたところで

予約の合間を縫って診療となると、診察室にたどり着くまでで莫大な時間を費やします。

やっと診察室にはいったところで、この科ではないということで一気に振り出しに戻るなんていうパターンもあります

いざ診療に取り掛かるといっても、検査必要だったとしたら、検査室にいって血液をとったりレントゲンをとったりその結果待ちだったり

そのつど待ち時間がかかってしまます

 そんな現状ですが#1に分類される先生方はこの待ち時間をうまく利用していると思います

どういうことかといいます外来をみるときには、まず予診票というものを書くと思うのですが

それらが診察室に上がってきた時点で、ある程度大まかに鑑別をして検査から帰宅(もしくは入院)までのいくつかのパターンを想定してしまっているのですね。

そこから逆算して、必須検査はこれこれ、なのでその待ち時間はこれぐらいなので先に採血をするとしてその前に簡単な診察だけしてしまおうとか

優先順位をつけてマルチタスク仕事を流していきます。そしてコメディカルを遊ばせることなく適切にリソースを使っていきます

もちろん限界はあるのですが、それをすることによってたとえばカルテ記入にしてもメモ手書きで残してあとでお診察が終わった後に入力するなど

患者さん方に見えない形で、タスク時間的に分散しています

これをするためには、最初の鑑別が適切でないといけないというので大変だし、結局患者さん方の見えない時間タスクを移動しているだけというところでは

あるのですが、結果として外来が早く、患者満足度も高いということになるのだと思います

 一方で#3ですがこのパターン先生もたくさんいらっしゃいます

とてもやさしく、親身に話を聞いたりされているのですが、このパターン先生ありがちなのが、一つの時間しか動いていないというケースです。

どんなに外来が混もうが、患者さんが待とうが、自分の決めた工程で、一つ一つに全力を傾け、ちゃんと診察して問診して、検査をオーダーし、その結果を

そのつど詳細にカルテ記載して次の患者を呼ぶときには前の患者カルテも完成しているという状態になります

目の前の患者さんには全力を傾けているので、患者満足度は高く、信頼されるのですが、結果コメディカルの待ち時間と実働時間が減り、イライラ残業代

産み出すことになりがちです。

#2、#4は単なる力量不足です。#2は必要なことまでしてないのでいつかは医療事故を生むもとになりますし、#4は頻度の低い鑑別まで拾い上げて、自己満足のために

いろいろ検査までして結局結論が出せないという結果になりがちです。とはいえ#1は#2へ、#3は#4にクラスチェンジしてしまうことがありますので注意が必要です。

患者さん方として気になるのはいかに#1を探すかということですが、これはコメディカルが一番よく知ってますので、知り合いに看護師さんとか技師さんがいたら

是非、お勧め先生を聞いてみてください。

自分はどれだといわれれば#1をめざしていますが#3になってるのかなぁと自省しながらこれから勉強していくつもりです。

2018-06-12

anond:20180612155543

20年前にはOSX存在せずなんちゃってマルチタスクの全く別物が動いていて、

かつ今でもUpdateの度にアプリが動くかユーザーが戦々恐々としているMACを見習え、だと?

2018-06-08

頑張ってるあの子のこと褒めてあげて

上司の話。

頭がキレて決断が早い、複雑な業務仕様にも精通してるし、上の人間にも意見できる、なのに細かい作業やらせても怖いぐらいにキッチリしてる。

タバコも吸わないしトイレからは一瞬で戻って来るし昼休憩の時も仕事しててそれでも毎日終電まで会社にいる。

そんなとこばっか見てると、お願いされることを断ることなんてできなかった。

しろ力になりたい、少しでも助けになりたい、と思って笑顔仕事を受け取った。

こんなもんどっからどうやって手ェつけんだよ、、と思っても返す言葉は「おまかせください!」の一択だった。

自分より辛いのは上司から。いてくれて良かったーって思われたかった。

覚悟を決めたら、意外と仕事は回った。でも仕事を早くこなすことは退社時間が早まることではないと気がついた。いつのまにかメールチャットの未読は増え、自分宛の内線は鳴り止まなかった。

月ごとに発表される体制図の位置はどんどん上へ移動した。

でも、褒められたことがなかった。

マルチタスクに次ぐマルチタスクモニタに映る資料のチェックをしながら背後の会議卓で交わされる話に聞き耳を立て、視界の隅で後輩の手が動いているか監視しながら、さら網膜の裏で明日会議アジェンダを整理した。

盗み聞いた話は関係各所に根回しするために役立ったし、後輩の手が止まってることをいち早く気づき、なんか困ってる?と声をかけた。

でも褒められなかった。

この仕事やっときました!って上司チャットで報告すると、イイね!のボタンが一度、押されるだけだった。

「これやってね」は言われる前に着手した。

「こんなことできるかな?」はできないと思っても、やってみます!、と引き受けた。

「これ無理だったらいいんだけど、、」は絶対無理と思いつつも、ざっと見て無理そうなら相談しますね、と引き受け、だいぶ無理してこなした。

でも褒められなかった。

ありがとう、とは言われる。わるいね、とは言われる

でも、

ほんと増田さんいてくれて良かったー。やっぱ増田さんにしかお任せできなかったよー。とは言われなかった。

重度のマルチタスクはもちろん完璧じゃなく、キャッチアップ可能範囲些細なミスはいくつか起きた。

すみません!大変失礼しました!、謝るときは素早さと素直さが重要だって知ってるから、責める隙を与えないぐらい頭をさげ、最優先でフォローに努めた。

なのに今日。だめだった。

致命的なミスをしてしまった。自分勘違いが原因で完全に納期に間に合わないことがわかってしまった。いろんなチームの人を巻き込んだ。いろんな人が険しい顔や苦笑いをしていた。

言い訳かもしれないけど、タスク量が半分だったらしないミスだった。

間に合わないことを伝えにすっ飛んできた上司言葉尻は強かった。

そっかー、そりゃ怒るか。

褒めるのはしないけど怒るのは当たり前にするか。

帰りの電車で涙を止められなかった。

涙止まらなくて顔が痛かった。

悲しさをごまかすために開いたはてブでこの増田を読んで、さらに涙が止まらなくなったから書いた。

同棲中の彼氏浮気されてました]

https://anond.hatelabo.jp/20180607110949

頑張ってる誰かのこと、褒めてあげて。

2018-06-06

今の職場に来てから

「つらそう」「倒れないでね」とか言われる。まぁ異動してきた直後は、周囲の人の顔も何も覚えないうちから「あれやってこれやって」と言われてパニック起こしてたし、元々マルチタスクが苦手なので自分資料広げて仕事してるときに、全然違う仕事の話をされると「あれ、どこにやったっけ?」とそっちの資料も探し始めるからますます机のうえがカオスになっていた。それでさら電話がかかってきて伝言必要ものだったりすると、電話メモを書いているうちについさっきまで何をやっていたか忘れた。

今は多少慣れてきたつもりなんだけど、相変わらず周囲から心配される。持病で表情のコントロールができないので調子が悪いとしかめっ面になっちゃうし、人さまに比べて花粉症の期間が異様に長いので、いまだに鼻水が止まらず、ティッシュで押さえてぐずぐずしてると泣いてるように見えるのかも知れない。

仕事は遅いし、ときどきポカもやるので、一丁前にはほど遠いけど、気がつくとよく繰り返す特定仕事にはだいぶ慣れてきていたりする。残業は多少しているが、あまり遅くまでやっていると集中できなくなるし、翌日に持ち越したくないので、体力的につらくならない範囲で残っている。

まぁ希望してきた職場じゃないから、不平不満はいっぱいあるけど、偉い人たちが早朝から夜まで駆けずり回って働いているのを見ると、何も文句が言えなくなる。心配してもらえるのはありがたいけど、要するにいっちょ前の戦力として期待されていないということだ。多分周囲の人たちは、前任者を新職場から連れ戻してほしいと思っているのではないだろうか。

それに、根本的に仕事が嫌いだ。退職金を割増しでもらえる歳になったら速攻で辞めたい。具体的に何をどうするかは決めていないけど、せめて週3~4日ぐらい働けばいい、気楽な仕事転職できたらなぁ…と思う。ああ、憧れの週休3日生活。親に言うと猛反対されるし、今後まともに年金が出る保証もないのにわざわざ早く辞めるなんて…という気持ちは分かるが、仕事がイヤでイヤでたまらない気持ちが、私の顔やカオスな机に表れているんじゃないかと思う。頼むから辞めさせてくれ~!

女の子って、わりと常にマルチタスクだよね

で、「いそがしーのー」とか言ってる

それ、君がやんなくてもいいことやってるからじゃないか

2018-05-25

anond:20180525145327

複数作業が1画面で完結してるってのはとても重要

タブレットじゃマルチタスク作業がこなせないろだ

2018-05-22

よく皆出来るもんだと驚く

社内SEヘルプデスクをテキパキこなす人が少なからずいることが信じられない。

だってヘルプデスクって、PC関連に絞って業務ざっと挙げるだけでも

と、思いつくだけでこれだけある。

しかも、これらが同時に何個も降ってくるわけだ。勿論何かの作業中でもどんどんやってくる。

更にヘルプ1つ取っても

と、自分のようにDIY感覚コードをいじるしか能のない愚鈍PG崩れでは、絶対に回らない事だらけだ。

まあ「人を見て法を説け」を地で行く、短期記憶力をフル活用したマルチタスク上等という意味では、非常に仕事らしい仕事ではある。

から、それが出来るのが凄いというより、そんな普通のことも出来ない自分無能なのだろう。

でも数百人規模の組織で、これらをワンオペでこなしていてキッチリ定時で上がるとか、出来ない自分からしたら神業だよ神業

2018-05-14

30歳になったら同人やめることにした

二次創作同人やってる。30歳でやめることにした。

理由は3つある。

まず仕事

いまの仕事をずっと続けていけるのか、とか、キャリアアップを考えて行動しなくちゃっていう焦燥、結婚は諦めてるから一人で死ねるだけの貯蓄。

年齢っていうのはその年数生きてる証明だけれど、年齢分の行動、経験集大成として見られてしまうので、年齢に見あった言動容姿でなければいけない。恥ずかしながら、現在でも年齢に見あった思考が出来ていないことはわかっている。

私はマルチタスク精神病むほど苦手なので、なにかをしながらでは難しいと判断している。

計画立てるにしても、実行するにしても、他に考えなければいけないことはなるべく排除したい。

次に熱意。

pixivにあげてもブックマークがつかない、評価も上がらない。イベントに参加してもほとんど売れない。そんな文章を書く意味が見出だせなくなった。最初こそ自己満足で乗りきっていたけれど、承認欲求とのつきあい方に失敗した。やっぱり書く以上は読まれたい、認められたい。

承認欲求が強すぎるのなら離れたほうがいい。

最後集中力

まったく続かなくなった。

3,000字すら書けなくなった。PCの前に座っても、さっきまで考えていた文章すらアウトプットできなくなった。頭の中で考えた起承転結が紙面に起こせない。

原因は熱意と関係があって、書いても見向きもされなかったら、という恐怖が邪魔をしている。どうせ書いても誰も読まない、誰も手に取らない、そういった書いた後のことばかり気になってまったく続かない。体力もなくなって仕事の後や夜遅くまでの原稿作業が苦になってきた。

こんなこと書いておきながら30越えても普通に同人してるかもしれない。

2018-05-06

anond:20180505211659

普段の脳や神経の使い方とは別の使い方をしたせいでは?女性マルチタスクに向いていて、男性シングルタスクに向いているというからさ。

2018-04-23

仕事の上手なさばき方が知りたい

自慢じゃないけどマルチタスクが苦手。可能であれば一つの仕事を片付けてから次の仕事に取りかかりたいけど、何か作業を始めようとすると、電話が鳴ったりして中断される。そして電話の内容をメモってその用件を知らせたい人の机に持っていくとさっきやっていた仕事がなんだったか忘れる。なるべくメモるようにしているけど、断片的に付箋に書いてパソコンに貼ったりしても、何が優先で、具体的にどう取りかかるか分からなくなる。そんなこんなでガタガタしていると半日ぐらいすぐ過ぎてしまう。

今は新しい職場に異動してきて間がないので、周りも優しく接してくれるが、元々そんなに要領の良くないシングルタスク人間なので、慣れたら楽になるのか非常に心配である。人はそれを「無能」と呼ぶかも知れないけれど、同じような状況でも、ちゃん仕事をさばいて机の上もキレイにしている人はどうやってそのようにこなすことができるのか知りたい。もともと仕事が嫌いなうえに、歳とともに記憶力が衰えて、新しい仕事を覚えるのが苦手になっている。どうしても仕事なんてご飯を食べていくために我慢してやるものしか思えないので、積極的に早く出勤したり遅くまで残業して片付けようという気にはなれない。サラリーマンOLとして大きな組織に属している人はだいたい自分仕事を選ぶ権利がないと思うんだけど、それでも仕事を好きになれる?好きじゃなくても頑張ってこなそうと思える?

私は極力嫌いな仕事はやりたくないけど、下手にそこで手を抜くとかえってドツボにはまるので、「給料泥棒と思われない程度には働いている」という状態理想。なまじ優秀だと思われると激務職場でこき使われるのが関の山なので、出世とかエリートポストには魅力を感じない。あ~早く退職金割増ししてもらって辞められる歳にならないかなぁ…。それから年金出るまでどうやって暮らすかが問題だけど。

2018-04-19

マルチタスクが止められない

一人でご飯食べながらスマホいじるとか、ドライヤーかけながらイヤホン使って動画見るとかテレビ見ながら化粧するとか。

マルチタスクって脳に悪いらしいし止めたいんだけどなんかもう癖みたいになってるし、体の一部しか使ってないなら同時に他のこともやったら効率的じゃんみたいに思ってしまう。

2018-03-25

女子多めのアットホーム職場地獄

今いる会社20人未満の規模で社長営業以外アルバイトパート含め全て女性

入社前に面接してくれた女性が、同性ばかりの会社は初めてでそこを少し心配していたら、『うちはドロドロした女性いないから皆さっぱりしてて仲良く仕事してるから全然心配しなくていいよ〜』と言ってた女性が一番感情的ヒステリックタイプで周りに気を遣わせるタイプだった。

でも歳を重ねるにつれて、同性だらけの職場転職する可能性も増えていきそうだし人生勉強だと思ってここでうまくやっていこうと思い直した。

けど仕事中その人を中心にパートさん達が始める出口の見えない雑談がこれまた凄く苦手なことに気付いて挫けそうになった。

旦那の話とか、彼氏の話とか最近のとりとめもない話。何が面白いのか、どういう気持ちでこっちは聞いてよいのかよくわからない話。何も反応してないと、なんか具合悪いのって聞かれて気を遣われるし、それも申し訳いからうんうんうなづいてたり愛想笑いで聴いてますよ感出すとやっぱり話とんできて参加させられるし、変なこと話すとそれを材料にまた新たな雑談の(愚痴の)餌食になるし、頑張って会話に参加すると自分仕事が滞るし、いつも困ってしまう。

自分特性的に、マルチタスクに向いてなくて雑談が苦手なのかもしれないけど、集中してる時に話しかけられると、一旦途切れたのをまた引き戻すのに時間がかかってほんと嫌だ。みんなどうしてるんだろう?雑談くらいなら適当に話しながら書類とかは余裕で作れるって人の方が多いの?

あと雑談の中でも愚痴が多くて、社長や男営業が気が利かない、昔こんなひどいことされたという話で平気で1時間くらい盛り上がってて『それこの前も話してたのになんで笑えるの?』て不思議でたまらなくなる。みんなそれぞれ話なんか出尽くしてるのに、繰り返し繰り返し話題にあげる。絶対言えないけど徳永英明現象自分では呼んでいる。同じエピソード特に落ちもないのに、時には悲哀たっぷりに時には烈しく語れるってすごいとは思うけど、いつもそれをさらっと聞き流すほど強い心がない。愚痴に引っ張られてどっと疲れてしまう。

みんな普段はいい人である程度大人なだけに、悪口に見せないように悪口を言うのが上手だから、多分きっと裏では私も何考えてんだかよくわかんない子とか言われてるんだろうな。でもどうやったらあんなに気持ちを切り替えて、愚痴言った後に楽しくポジティブな顔で仕事できるのか分からない。自分には今はできないけど無理してやってたら出来るようになるのだろうか。ハードすぎる。

ひとつ女性だらけの職場のいい点をあげれば既婚者が多いため、飲み会の回数は少なくて仕事外の付き合いがないところ。



だと思っていた頃が懐かしい。

女性イベント好きである。みんなで美術館とか水族館いこう、誕生日のお祝いしようとか、定期的に言われる。困る。

特に困るのがやっぱり飲み会で、忙しい時期を越えると気分転換にみんな疲れてるよね?ご飯行こう!という流れになる。やさしい強制なので、毎回は断りにくい。二回に一度参加すると、まぁいつもの通り職場愚痴旦那の話と今までの人生の話、あとはその時に参加した若い子に早く結婚しなよ〜っていう流れ。馴染みの流れ。

本音はご飯は自分友達彼氏家族とか大事な人と食べるから楽しいのであって、職場の人とご飯に行っても1ミリストレス発散

しないか行きたくない

けど、みんなそう思いつつそれも仕事のうちと割り切って行ってんのかなと思うと、自分けが行かないわけにはいかない気もする。

でも個人的にこれだけは納得いかないのが、以前の職場は奢りとはいかないまでも入社してすぐの歳下の後輩にはお金は少なく払わせるのが普通の流れだった。

自分に後輩がいた時は、流れで後輩とご飯行くことになった時も、先輩が乗り気なのに行きたくないとか言い辛いことも分かるから自分が誘ったのも同然だと思って支払いは自分が多めに払ったりした。『仕事のお付き合いしてくれてありがと料』だと思ってた。でも今の職場は違う。きっちり平等に分ける。

後輩から誘ったんならまだしも、自分らで企画して、きっちり平等お金払わせるって、違うくないか自分語りする時は先輩顔する癖に、支払いの時は『みんな平等仕事仲間』みたいな感じで若い子にも平気で同じ額支払わせるのが感覚としてよくわからない。

やっすい居酒屋とかならいいけどさ、大抵みんなお洒落でヘルシー志向で美味しいお店行きたがるじゃん。相場より少し高いじゃん。旦那もいなくて一任馬力生計立ててる子に、なんでそんなことできんのかな。

あーあ、みんないい人なんだけど、それはわかるんだけどそこの文化に馴染めない自分異端扱いでなんだろうけど、無理。


転職するしかないのかなぁ。

2018-03-18

ヘッドホン音楽を聞きながら勉強してる人を喫茶店で見かけるけど

脳内でどう処理されてるんだろう

私は多少の雑音があるほうが勉強仕事捗るんだけど

彼らは音楽を雑音みたいに感じることができるんだろうか

それとも音楽音楽として聞きながら同時に勉強もできる完全なマルチタスクが行われているのだろうか

anond:20180316015107

仕事を受ける時点でSLAを決めろ。

タスクが増えれば全てを120パーセント品質にするのは無理、早めに叩きを作って方向性品質レベル上司と握れ。

その上でバッファを用意しながら各作業スケジュールを荒く作る。とは言ってもアイディア等が重要だと閃かないとかもあるのでそう言う場合は早めにやる作業スイッチする。

握りとスイッチの速さがマルチタスク得意にするポイントだと思う。あと、無駄だと思っても相談事項はメールの下書きに書いておけばいい。いざという時、それをコピペしてすぐ遅れるしね。

anond:20180316015107

マルチタスクというなら、タスクを覚えておくメモリーと、そのタスクに切り替える条件、タスクを切り替えるタイミングを明確にすればいい。

与えられるタスクの負荷の総和がCPUの処理能力を超えてたら、期限内に終わらないというタスクが出るのは仕方が無いよね。

マルチタスクはどれもそこそこいい感じに進めておく、他人に処理を依頼するなどが発生した時にそれが終わるまでの時間別のことを進めておく、という仕事方法であって、外的な要因で足止めされるという状況がないなら仕事を切り替えるという処理が発生する分だけ無駄があって、効率が悪い仕事方法ではあるよね。

同じことをずーっとやると疲れてくるからという理由なら、全く違う能力必要とする仕事にしないといけないけれど、果たしてそういう仕事なのかもあるよね。

2018-03-17

シングルタスクでは誰にも負けない!」と言える様になろう

マルチタスクは脳に負担をかけ、脳を破壊するという話題が、数年前?に有りました。

【ライフハック】マルチタスクをすると脳を損傷!1つのことに集中すると生産性はアップする! - NAVER まとめ
マルチタスクの正体とは?あなたの脳を破壊する、仕事に非効率な理由

「実際にマルチタスクは脳に悪いのか?」と検証した人もいます

マルチタスクで脳が破壊されるという情報が信じがたかったので、調べてみました。 - ナルコレプシーです、お見知りおきを

この様に、マルチタスクは脳に悪影響を与えると言う話が近年多く出ていますし、脳に悪影響を与える無理なマルチタスクよりは
シングルタスクプロフェッショナルになった方が良いのではないでしょうか?
マルチタスクが出来ない事を嘆くより、その分シングルタスクでは誰にも負けないと言える様になれば良いのではないかと思うんですよね、個人意見ですが。

Re:マルチタスクができない

元増田です。言葉かいが悪くて申し訳ありません&恩師K先生のこと

元増田です。ホテントっててびっくりしました。

アホの子」についてブコメ等で宜しくない旨ご指摘をいただきましてありがとうございます。そして申し訳ありません。

言い訳しますが、彼ら彼女らと私との間に、愛と信頼できる(と、こちらが一方的に思っているだけかもしれないが)人間関係がある前提で使ったのでした。読み返してみたら確かに気分の良くなる言葉ではないですね…。増田聖人君子でもなければ天才でもないので言葉TPOを間違える。申し訳ありません。

現在仕事教育関係ではありません。ごく一般会社員教員教育関係に就こうとは思ったことはないです。あの仕事こそ増田なんかよりも聖人君子に近い人がなるべき仕事で、更に言えばもっと報酬と人手を割くべき仕事だと思っています。私にはとても無理。

まり広くない世界で働いているので詳細はぼかしますが、口悪く言えば大人に対して同じようなこと「一緒に何が原因でこういう事態に陥ったのか考えましょう」という感じの仕事をしています。かなりダメ社員で成績は悪いし出世も遅いです。小さい細かい、そして金にならない仕事ばかりをやっています。その代わり長期間のお付き合いになる案件が多くて楽しくやりがいがありますが、それは会社にとっては更に宜しくない(割の悪い仕事をずーっとやっている)、というお荷物要員です。が、天職だと思っています会社申し訳ない…

蛇足の手本のような追記を、元増田が思い立ったのは、この方法は、増田が開発したものでも、独自に気付きを得たものでもなく、増田の恩師から増田がしてもらったことを子供たちに返しただけなのだということを言わなくてはと思ったからです。ごく一部のブコメ天才とか良い先生だとか、大変気持ちが良く調子に乗ってしま言葉いただきましたが、ぜんぜん違います。重ねて申し訳ない。

そういう意味では、増田は凡人ですが、増田の恩師、K先生天才なのかもしれません。

増田自身がまさに「アホの子」の元祖で、小5~6年の担任を持ってくれた恩師K先生との出会いがなかったら超ヤバかったのです。

増田は、小学校5年生の秋まで、掛け算九九を暗記しないまま素知らぬ顔でいました。

学校勉強は良くできた方だったと思いますペーパーテストなどでは基本的には98/100点などがずらっと並ぶ感じ、授業を聞いていれば大体頭に入り理解できる、先生説明の途中で勝手教科書の「応用問題」を解き始める感じの子供でした。そして、多動&注意欠陥の傾向が強い子供でもありました。今思えば先生からしてみたら割と厄介だったかもしれません。100点は取れないんですよ注意欠陥っ子なので。歴代先生全てに「見直しをしなさい」「あとちょっと集中しましょう」と通知表に書かれ続けてきたタイプです。

で、小2で掛け算を習う時に「×の記号はその回数足すという意味です」と先生が言ったのを真に受けて、その回数足せばいいなら九九覚える必要なくね?と何故か曲解して思いこんだ。それから先は、分かりやすい2の段とか5の段とか以外は記憶せず「○回足す」で乗り切った。いや乗り切れるわけがいから、他の教科のテストは相変わらず95点とか98点とかだけど、算数だけ85点ぐらい。馬鹿だったわけじゃないのが災いして中途半端に平均的に点は取れていたから、当時のそれぞれの担任先生も「増田さんは算数が苦手なのね」程度に判断されていたのだと思います

ただ、九九を覚えていないと、3ケタ÷2ケタの割り算なんかを解くのが地獄なんですよ。あと倍数とか約数概念が苦手というか、概念しか」分かってなくて実践全然できないという状態。正解できないか面白くない、面白くないから興味がわかない、という状態のまま、分数を学び、少数を学び、速度や割合を学び…、ちっとも理解できてないまま小5になっていました。完全にアホの子のできあがりです。

図形問題証明問題のようなもの鶴亀算的な文章問題なんかは、式を作るところまでは合っている、が計算を間違う。それも理解できない間違え方をしている。割り算は勘を頼りに予想を立てた数パターンを足し算検証して合ったやつを正解としてみよう(足し算だけで最小公倍数や最大公約数をあてずっぽうで探す要領だったと思いますあんまり思い出せないし再現できる気がしない…)という超絶燃費の悪い解き方をしていたので、その時にイージーな計算ミスをしているだけなんだけど。そして間違わないときもあるので、先生からしたら何で算数だけ点数が悪いのか分かりにくかっただろうと思います

ところが、K先生はなぜか(後に大人になってから種明かしをしてもらうのですが)、私が九九を覚えていないことを見破ったのですね。

ある日、放課後に一人で残りなさいと言われて、超絶びくびくしながら教室で待っていたら、教科書を山ほど抱えたK先生が、増田算数嫌いを一緒に克服しよう、と言ってきました。クラスでも勉強ができる方の子供だったし、私より他に勉強を見てやった方が良い(失礼な言い草だな)子がいるのに!と、驚いて、そして腹が立ったのと同時に、凄く怖くなりました。

ばれたくなかったんです、アホだってことを。

ずーっとズルをしてきて、九九を覚えてないズルい生徒だとばれたくなかったし、分かってないのに何となくやり過ごしてただけで本当は何にも分かってないアホだってことも、絶対にばれたくないと思ったんです。K先生は生徒思いで自由タイプ教師で私はとても好きでしたから、なおさらばれるわけにはいかなかった。なので家で計算ドリルやればいいでしょ!とか、じゃあ塾に通う!とか、お父さんに教わるからだいじょぶ!とか、忘れたけど色んな事を言って逃げようと思った。でも誤魔化されてくれずに、「ひょっとして九九を覚えてないだろう?」と当てられてしまい、号泣したんですね。恥ずかしいのと悔しいのと腹が立つのと色んな悪い感情が渦巻いたのを覚えています。凄く辛かったし恥ずかしかった。

そこから分数回、K先生放課後付きっきりで相手をしてくれました。まずは九九を覚えてきなさいと、絶対に役に立つんから先生を信じてくれ、と言われました。K先生を信頼していたのでその言葉も信じることにしたんです。結果的に信じて大正解あんなに苦労した計算がこんなに簡単に!と思いました。アホの子丸出しです。

まぁ勘で割り算解いてたわけで、7の段とか8の段とかの九九の深いところがあいまいな程度でうすらぼんやりとは覚えていたのだとは思います母親に白状したら本屋さんで九九の表のを買ってきてくれたのでトイレ風呂に貼った、小5なのに。でも小5だから本気だせばすぐ覚えられる。

その後は、取りこぼしていた分数(九九が分からないと約分が厄介)、少数(分数が飲み込めてなかったので少数と割合概念が全く理解できてなかった)、速度(以下同)などなど躓いていた個所を一通り先生と一緒におさらいをしたら、算数でも98点取れるようになった。100点はめったに取れません注意欠陥っ子なので。

一度、放課後に残されている私を同級生男の子が数人からかいに来たことがありました。優等生と思われていた増田が!と面白かったんだろうと思う。ただでさえ劣等感に苛まれてべそをかきながら(実際に分からなくなるたびにべそべそ泣いていました)教わっているのにクラスメートにからかわれて死にたい気持ちでしたが、K先生が、勉強ができるようになりたいと頑張っているものを笑うな、と怒ってくれたことを鮮明に覚えています

その後は、からかいに来た生徒たちも一緒に「K先生算数をおさらいする会」がしばらく続いたように覚えています最後はかなり大所帯になっていた記憶ほとんどの生徒から慕われていたのです、K先生は。

大人になってもこのクラス同窓会は続いています高校卒業した年の同窓会で、ふと思い出してK先生にどうして九九が分かってないことがバレたんですか?と聞いたら、テスト用紙の隅っこにいつも消しゴムで消した計算跡があって気になっていたこと、ある日消しが甘い時があって見てみたらひたすら関係ない足し算をしている跡のように見えるが何故???というところから、観察をしてみたらひょっとして、と思ったということでした。掛け算を何度も足してたのを気付かれたくなかったし恥ずかしかったのか、証拠隠滅していたんですね姑息なことに。筆算はそのまま解答用紙に書いてあるのになぜ別の計算必要?そして何故消す?、というところから類推されていたらしい。本当に些細なことからだったし、それ気付かれてなかったら、下手したら高校にも行けなかったよ私…。

私自身がアホの子であり、アホであることを許して丁寧に付き合ってくれて、気持ちも分かってくれた(九九の概念理解してたのは増田の良いところだと褒めてくれた、そしてそのあとを面倒がるのは増田ダメなところだと怒られた)K先生から教わったから、私が人を教えるときにそれを使うことができたんです。私が成したことではなくK先生の教えがあったから。

成人式の後に、K先生の家に同級生たちと一緒に押しかけ酒を飲んでいた時、私たちは酔ってゴキゲンで、先生をべた褒め(先生がいなかったら私ヤバかったとか云々)してたら、K先生は、親や教師や目上の者から恩恵を受けたと感じてくれたなら、それを俺に返そうと思わなくていいから下に渡してやりなさい、とおっしゃったんですね。で、それを実践しただけ。

K先生はとても個性的自由で、保護者の中には批判的に見る人もいたような型破りなタイプ先生で、教わったことはこれだけではなく抱えきれないほどあります。K先生のそのクラスは良い年をした今でも同窓会をするほどのつながりが深くありますが、その中で小学校先生になった人が二桁いる。割合で言うとクラスメートの2割弱が小学校教師になりました。私のようなボンクラがならなくても、K先生に感銘を受けた優秀な先生が頑張っていてくれるので、学校先生大丈夫

いや大丈夫じゃないよね…もっとお金と人を割いてほしい。教師になった友人たちもストレートで職に就けた子はいません。みんな1~3年程度、補助教員の仕事にありついてそこからなんとかポストを見つけて、という感じ。ホント酷いよね…。

増田が友人たちを観察している限りでは、学校先生は「勉強を教える能力」だけじゃなくて、「クラスという集団を統率するリーダーシップ」「学校スケジュールを考える企画力」「それをこなす運営力」「ケースワーカー」などのスキル必要で、かれらはこれを一人か二人だけでマルチタスクでで行っています

あくまでも口と性格と知能に若干の問題がある増田私見ですが、今の日本ホント馬鹿だと思います。何で教育予算増やさないでしょうね…。1クラスは40人でも良いけど(ある程度の人数がいた方がクラス内で多様性を許容しやすいと教師の友人が言っていました。少人数だと浮いた子の居場所を作りにくいそうです)、その代わり担任は3、4人居ても全然いいし(そうすれば学校内で個別指導塾的な役割も持てる)、何なら学校行事企画運営なんかは更に専属で別の担当教師がいるべきだと思います名古屋市だったか小学校クラブ活動廃止というニュースがありましたが大英断だと思う。課外活動地域SCなどで吸収できるとしたら理想の形なんですけどね…。

今の学校は、子供も少ないかポストも少なく教師になりたくて夢と強い意志を持って教師になったという人がほとんどだと思います増田が報告した塾での出来事なんて、彼らにもう少し余裕があれば増田の15倍ぐらいは良い結果を出すと思う。それなのに。

それはともかくとして、増田は、社会人になって初めて下に付いた先輩から「お前はアホで手に負えないが、唯一の取り柄は教わり上手なことだ」と言われました。K先生が小5の秋の夕方教室で、私を壊してくれなかったら教わり上手に変化することはできなかっただろうと思います

その他、耳に心地よかったお褒めの言葉などは、心の栄養にさせていただきますありがとう!。一方で、疑問や批判的なご意見で、増田にとって都合よく答えられそうなものにいくつか。

■そんなうまくいくケースばかりあるもんか

そうですね、増田にとって話しやすいことだけを、それもかなりボカして書きましたので仕方ないです。ごめんなさい。実際は大変でした。

adbが分からなかった子は初めて私が「開眼」した生徒なので思い入れ記憶も多いのですが、躓いた場所に気がついた後は、塾が用意しているカリキュラムや教材をほとんど使わずに、まずはアルファベット用の罫線が引かれたノートを拡大コピーして(形状の見分けがついてない疑惑があったので思いっきり拡大コピーして使った)、アルファベットをaから順番に10回ずつ、声を出しながら書き取り練習!をしました。

何よりも、大手フランチャイズ塾だったのにもかかわらずカリキュラム無視した指導をしてもいい、と許容してくれた教室長の懐の深さと"寺子屋愛"に甘えられたことと、先生バイト仲間の優しさ(教えるのが大変な子を私が見る代わりに、担当生徒数を減らしてくれたり、私の受け持ちの子を共有で見てくれたりのフォローをしてくれた)があったからというのはとてもとても大きいです。

あと、当然すぎるほど当然ですが、成績を上げてあげることができなかった子供もいました。元増田にも書きましたが、私は成績が普通の子指導は得意ではなかったです。勉強アレルギーある子供の方が、悪い言い方になりますが、つけ入る隙が見えやすいと感じていました。なので、主に「すごく良くできる子」と「すごくできない子」の担当をしていました。あと、すごくできない子で、一人だけ、どうやっても引き上げられない子がいました。詳細は書けないですが、これは今でも思い出すと胸が痛くなる。

■そんなの誰にだって出来るだろー

増田もそう思います。なのでホテントってビックリしています。そして前段に長々と書きましたが、増田の手柄ではなくK先生のおかげだと思っています

■生徒のプライバシーは?傷つくんじゃねーの?

浅慮だったでしょうか…アホです。問題が起こったら消すかもしれません。ただ連絡を取り合える子供もいるので耳に入って傷ついたと知ったら直接彼らに謝ります。一応最低限はぼかしているつもりです、ホテルはもちろんフェイクです。あとブクマのご指摘にもありますがabdが区別つかない子というのはそれほど珍しいことではないので…。

学習障害があったんじゃない?

増田現在でも専門ではありませんし、当時はアホの大学生だったので判断はできません。増田個人に関しては前記の通り「傾向」は確実にあるだろうなーと思っています。調べてはいませんが。苦労もとても多いがそれなりに個性的で愉快な性質だなと受け入れられています。長くなりすぎるので書きませんが、それを受け入れられたのも恩師K先生のおかげだったりします。

■なんでx=数学なのに英語出てきたむかつく!が察知できたのか

前段の通り、増田こそが元祖アホの子だったからだと思います。掛け算は足し算、なら覚える必要なくない?!という思考停止とその後の悔しさと恥ずかしさがヒントになりました。思いこんだことから一歩先に進むことの大変さ。

長くなってしまっていますが、あと一つだけ、とても興味を惹かれたので。

id:sarensongjing さん、ブログ拝見しました→http://xn--9ckk0f4c7781a7r3b.com/taihen.html

mustの意味と使い方が理解できなかった、とかすごい分かります

増田経験ですが、英語理解には段階があったように思います

第一段階:アルファベット26文字区別が付く

 私の教えた子はみんなこの辺からスタートでした。まずはアルファベット呪文じゃなくなるようにしなきゃ、だった

第二段階:意味は分かってないながらも、音読は出来るようになる

音になる=過去に耳から得ていた情報を、英語勉強に使っていいんだよと理解してもらった。呪文から普段自分が使っている言葉と地続きの「情報」になるだけで、かなり気持ちが楽になるようでした

第三段階:たまたま知ってた和製英語から類推して、薄ら何を言いたいのか分かるような気がしてくる(気がするだけ)

夜やってるからナイター、でnightは夜!みたいなこと。既に持っている情報を使って新しい知的好奇心が湧いてきたということでもあるかなと思っていました。ただしほとんどの子が、頻繁に間違ったことを言ってくるので可愛くてしょうがなかったです。ダジャレか!

これをしばらく単語覚えゲームとしてやってたら、自然と、接尾語の存在に気付いてくれました。言語は、それぞれ意味を持つ小さなクラスターの集合であるという「概念」が体に沁み込んできたという感じ。理解は、もちろんしていないんですが笑 こうなるともう呪文ではなくなる。

そういえば、nightをナイトと読むというのは、なかなか難しいとこではあるんですが、英語比較的素直に音とつづりが連関しているので

無理やり読んでごらん?ニグフト!、なんか似てる言葉あるでしょ、えーとえーと………ナイト?!とか、そういう風に付き合いました。

アルファベット音読できるようになりさえすれば、割とやりようがある。文法シンプルですしね。

第四段階:文章はどうやら並び順が決まっているらしいと薄ら思い始める

おもしろかったのは、文法発見よりも、接尾語の発見の方が全員早かったんですよ。単語同士の共通点を探したくなるのかもしれない。-fulとかね。fullがくっ付いたんだよー、だから○○がいっぱい!って意味になる、と言ったら目を見開いてた。

単語も、あるクラスタの集合体である、という理解ができたら比較的早く、文章もあるクラスタの集合体である文法発見してくれました。並び順って日本だって決まってるジャン、と言ったらそれからはすごく教えるのが楽になった。

ここまで理解が飲み込めていないと、助動詞の大切さや意味や力が分からないだろうし、mustを覚えるのはイヤだなと思ってしまったのかもしれないですね…。

増田は、牛よりもゆるやかなスピードで付き合っていました。ある子供は、第三段階で中3の冬だった記憶があります教室長はハラハラだったと思う…。受験校を決めなきゃいけない時期だったのですが、お母様に、担任先生の説得をお願いしました。お母様はもっとハラハラだっただろう…、お願いだからあと1回次のテストの結果まで見てくれと。あとちょっとなんだよー!という気持ち

anond:20180316015107

人間の脳はマルチタスクに向かない

マルチタスクが出来ると思っている奴は

質を下げているかタスク単体の時間

短縮して、切り替えスピードが速いだけ

本物のマルチタスクは、右手左手

別々の動きが出来るような奴

ビジネスより大道芸のほうが向いてる

anond:20180316015107

納期守れないのはマルチタスクができないせいじゃなくて仕事量の調整の問題じゃないの?

仕事ごとにある程度の粒度工程表を作って、進み具合を把握してダメそうだったら他の人にお願いするとか早めに連絡するとか俺はやっているよ!

anond:20180316015107

人間の脳はマルチタスクに向いていない

http://gigazine.net/news/20170530-multitasking-is-myth/

はいえ、キャパオーバーなので出来ません、で上司業務コントロールしてもらえるので済めば

ハナから増田も苦労してないだろうし、id:tenari 氏のブコメが良いこと言ってたので帰ったらそれについて少し深堀りして追記するわ

2018-03-16

マルチタスクができない

なぜか一向に仕事ができるようにならない。

社会人を5年くらいやった。


優秀なはてなーはどうやって仕事しているの?

漠然とした疑問で申し訳ない。


主に、複数案件がうまく並行して回せないことで困っている。

期日が先のやつはどうしても温めてしまって、最終的に手が回らず期日すぎちゃうとか最近多い。

エンジンかかるの遅いもんでなかなか動けないということもあるが、案件が多すぎることが大きい気がする。

だいたい平均いつも4~5件の案件を並行している。ほかの社員ふつう2~3くらいなのでちょっと多い感じ。

雰囲気説明なので、あくまちょっとキャパ超えた仕事と考えてください)


数が多くて締め切りに追われてるので前倒しなんてできやしない。

いろいろやってるからか発散してしまってすすみが悪いような気もする。

ここで前倒ししようとしたら発散が加速しそう。そもそも時間ないし。。


地頭は悪くないといわれる。会社でもそこそこ評価はされている。

(さすがにここのところ期日オーバー対応が多すぎて怒られそうだけど)

逆にそのためにいろいろなことを頼まれたりやらされたり。

同期レベルではまだ誰もやったことないような案件とか。いや難しいわ普通に

期待してくれてるんだろうけどさ。


チームでやるような仕事でもないので、仕事を分担とかは難しい。

あくまで一人で回さなければならない。


というわけで、マルチタスクって、なんかコツとかあるんですかね・・・

なんというか、心構えとかものの考え方というか。

そんな簡単ものではないとは思ってる。だからこそまず一歩、何をしたらいいだろうか。

なんというか、すごく初歩的なところから始めなければならないという気がするのだが、

第一歩が何なのかもわからない。


なのでツールがなんとかみたいな、そんな話でもないのかなと思っている。

TODOリストは使っているが。


なんかうまくいかなくて落ち込む。

自分はそこそこ優秀だと勘違いしてきたために、なおつらい。

誰か助けてくれ・・・

2018-03-04

[][][][]

8割の仕事を2割の時間で終わらせる……超速時間術であなたの仕事と人生が変わる極意

マルチタスクを止める」こと。マルチタスク仕事効率を何倍も下げる。メールには即レス、といった言説に惑わされず、認知資源決断意思決定をする際に減少する気力のようなもの)を界王拳を使うべきメインの仕事だけに割り振ることで、効率を最大化するのだ。



マルチタスク人間は存在しない?2つのことを同時にすると中途半端になってしまうことが解明(京都大学研究) : カラパイア

認知資源

2018-03-01

ベンチャーキャピタルVC)に入ってしばらく経った感想

しばらく前に元いた会社をやめてキャピタリストになった。

最近少し落ち着いてきて、今日仕事が早く上がれたので思ったことを書いていこうと思う。

入社して最初に思ったことは、意外と日本ベンチャー企業VB)がたくさんあって、そして思い思いの夢やアイディアを実現しようとしてる。

もちろんVBと接する機会が多いからそう思うんじゃないかって感じだけど、働き始める前の想像よりも国内VBは多い。

ただよく言われるように、スケールが小さかったり海外がやってるビジネスの隙間を埋めるようなところも多い気がする。

ユニコーンなんてポンポン出るもんじゃないとは思ってるけど、5年後に自担VBが生きているかって聞かれると自身を持って肯定できない感じ。

VBって本当に火の車なんだって初めて財務諸表を見た時が忘れられない。

会社預金残高が500万しか無いのに毎月100万以上使ってて、すぐ入金しなきゃ食っていけないなんてザラにある。

逆に昔のベンチャー企業なんてどうしてたのかなって思うときもある。銀行簡単に貸してくれていた時代もあったのかなって。

そういう意味ではVCなんてのは銀行が金を貸さなくなったからこんなに増えてるんだなって思う。

お金を貸さな銀行のお陰で俺がメシ食ってるのか。変な話だ。

  • 振り返りの有無

VCはによって違うかもしれないけど、潰れた後のVBがなぜ潰れたか検証している人が少ないと思った。

投資決定プロセスとき、色々財務状況とか市場性とか諸々をまとめるとは思うんだけど、キャピタリストって走り続けるような職業で振り返り検証とかする余裕ないのかな~。

もちろんITバブルリーマンショックみたいな不測の事態は起こっちゃうわけだけど…

自分投資したVBが(というか投資させてくれってプッシュしたVBが)どうなるかなんてまだわからんから何とも言えない。

中途入社の先輩が言ってた、

キャピタリストって投資プロって思われがちだけど、それは違うと思うんだよね。クソなやつはクソみたいに会社潰してるし、キャピタリストって何処かにセンスが無いとダメだと思う。」

ってのが頭のなかに引っかかってる。

センスってなんやって思ったんだけど、結局は今のビジネス問題点とか裏にある市場デカさとかをどれだけ感じ取れるかなのかもしれない。

電子計算機パーソナルコンピュータにしちゃった企業とか、ネット小売でニッコリな企業とか、その企業の裏にはセンスのある人が金を出したってことなんかな。

今の自分センスがあるのかはわからない。そもそも面倒見たVBIPOして / M&Aされてないからね。


自分はもともと理系畑で、全然金融とかはわからない。というか株も投資信託もやったこと無い。

そんな自分が人の金で投資してるのは今でも笑いそうになる。

ある意味で、VC金融素人でも生きていける感じがする。

トレーダーめっちゃすげえプロがやってるイメージVCなんてVB10個に投資して1個大当たりしてごまかす感じだしね。

金融素人文系理系も同じ。簿記とか大学勉強してても、生きてる財務諸表じゃないと頭に入らないでしょ。

簿記国家資格じゃなくて英検的な立ち位置だしね。もちろん会計士とかの国家資格はまた別だとは思う。

2桁年以上キャピタリストを続けてる人はなかなかいない。

人の入れ替わりが激しい業界だと思ってはいたけど、3年前に居た人が半分以上ターンオーバーしてるのは流石に驚いた。

逆に言えば、キャピタリストは他の業界でもメシ食っていける肩書なんじゃないかなって思うようになった。

そう思わないとちょっとキツいってだけだけど。


  • さいごに

VCは常にマルチタスクをやってて、飽きっぽい性格自分には少し合ってた。ただ、夜遅くちょっとつらいときあるけど。

ユニコーン勝手ユニコーンになって飛び出しちゃうので、ユニコーンじゃないけど面白いビジネスをジワジワ広げられるようにこれからもがんばろ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん