「パンプキン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: パンプキンとは

2017-11-13

クリスマスイルミネーション増田巣まんょしー音美類の済ます陸(回文

部屋の中でマフラーする人ってカッコいいよね。

おはようございます

中尾彬です!

ドンドンヒューヒューパフパフの体裁を保って

かれこれここに書き続けている増田

もう何回になったのかしら?

どうりでもう世間はすっかりクリスマスなのね。

ここ、

みかん花咲く丘公園駅前の広場

噴水があって、

てっぺんに立っているポール

クリスマスツリー見立て

そこから円錐状に

オレンジLEDイルミネーションが飾られているわ。

先日その点灯式があったの。

バンド演奏なんかも合ったりなんかしてライブは盛り上がって

街中はちょっと早いにおとずれたクリスマスに、

賑わってたわよ。

レコード屋さんはこれから

山下達郎フェアーに向けて大忙し!

大変なんだろうけど、

もうこれは冬の風物詩として

仕方ないわね。

これからクリスマスが終わるまで、

その曲しかヘビロテでかからないこの商店街

あいたたどんどんどん級だけど

からってサンタクロースは早くには来ないわ。

だって煙突がないんだもの

あ、煙突と言えば商店街に入る手前にある

銭湯の梅湯の煙突があったっけ。

とてもサンタクロースが入れそうな煙突じゃないけど、

でもきっとそこからのろしのように上がる煙を見て

サンタさんはやって来てくれるはずよ!

ノーラッドにサンタさんを見付けてもらいましょう~

うふふ。


今日朝ご飯

パンプキンパンが美味しそうだったので、

もういったいハロウィーンはいつに終わったのよ的な感じだけど、

パンプキンには罪はないわ。

美味しいんだもの

デトックスウォーター

濃いめに作っておいた

ジャスミンティーをお湯で割る、

自分で好きな濃さに出来るからいいのよね。

この時期はあまり冷たいものガブガブのまないから、

濃いめに作っておいて、

お湯で割るスタイル

便利で良いわよ。


すいすいすいようび~

今日も頑張ろう~おー!

2017-07-26

(元)料理人サイゼリヤメニューについて雑に感想を述べる

自分は、客単¥5,000~¥10,000程度の中級店にて10年ほどフレンチ中心にイタリアンちょっと経験した(元)料理人

サイゼメニューについて「雑に」「適当に」感想を述べてみる。

(元)「料理人であるからして基本的には自分の好みではなく、料理としてどうなのかという点から感想を述べてみたい。

(自分の好みによるコメントも含まれるがあくまでも「基本的自分の好みではなく」な。)

もちろん、あの値段・業態なのだからそれらを無視して評価することはナンセンスと思っている。

(パスタはアルデンテであるべき!とかステーキの焼き方を聞くべき!とか、そういうのおかしいでしょ。)

分類名はサイゼ公式サイトメニューに準ずる。


サラダ

サラダは総じて悪くない。お好みで(自由に使える)粉チーズ黒胡椒をかけても楽しめる。ドレッシングもよい。

やわらかチキンは本当にやわらかく臭みもなくうま味も残っている。個人的おすすめシェフサラダ。クルミを使う等がワンランク上っぽいね


スープ

コーンクリームパンプキン共に悪くない。いずれも滑らかで素材の味を十分に表現できている。

食べたことないんで評価できないが、ミネストローネは期待できない気がしてしまう。

後述もされるが、サイゼ含め廉価店ではトマト系は総じて火の入れ加減が甘く、トマト嫌いが嫌がる香り・味を残した状態のまま提供されることが多いので。

(トマトはクーリのようにフレッシュ状態を残すか、しっかり煮込んだソースのどちらかがよいと思っている。

中途半端な火の入れ方のソース(料理)を食べた結果トマト嫌いが増えると経験上思っている。)


パン

パン類は総じて悪くない。

ちゃんとオーブン(パントリートースターがあるのかな?)で焼いてくるところは評価できる。


おつまみ

野菜ソースは玉ねぎ硫黄化合物系の臭いが残り、残念ながらサイゼでは最も評価できないものと思っているが、

グリルソーセージは秀逸。古典的ソーセージの味に近い。このソーセージ好きな人はシャルキュトリを楽しめる人だ。

野菜ソースやめて更には芋もいらないから、ディジョンマスタードを添えてくれないだろうか。

エスカルゴもよい。フォカッチャよりむしろミニフィセルを合わせることをお勧めする。

以前の自分スペシャリテでもエスカルゴはバジリックソースを合わせた。

ペルノでフランベして生クリームも使ってくれればそれに近づくが、サイゼではまぁ無理だな。

ほうれん草ソテーは、れん草が西洋種(苦みがある)と思われるので、若干ポーションを減らしてでも

東洋種(甘味が強い)を使ってもらえたらもっとよくなると思う。

残念だが評価できない筆頭はムール貝そもそもムール貝ではなくパーナ貝だし。

パーナ貝は食感が固くうまみ自体も乏しいので(しか野菜ソース使用)、メニューから外してしまってもよいくらいだと思ってしまう。


イタリアの味

おおむね悪くない。特にコメントもないが本当に悪くない。


パスタ

残念だが、これは全体的にいただけない。

食感は業態を考えれば致し方がないことなので評価対象としていないが、ソースがどれもだめ。

トマトの扱いについて前述しているが、どのソースも煮詰めが甘い。高級な素材を使用するのではなく、単にもっと煮詰めるだけでおいしくなる。

ただ煮詰めた分歩留まり悪化するので、ギリギリバランス提供していることは分かるが。

特にペペロンチーノ評価できない。

火を通したニンニクの良い香りはせず、人工香料に見られるような悪しき臭いのみが鼻につく。


ドリアグラタン

ドリアグラタン系は総じて悪くない。この値段にしてベシャメルはかなり頑張っていると思う。

低価格なベシャメルだと香料の粗悪な臭い(粉乳系のあれな)が鼻につくことが多いがサイゼではそのようなことがない。

このベシャメルが実現できるのにパスタソースの出来が悪いので残念に思う。


ピザ

ピザ系は総じて良い。生地についてはなんとも言えんが、業態を考えれば大変よくできている。

個人的感想申し訳ないが、コロコロ(ルーレット)いらない。ナイフフォークの方が食べやすい。(大人数で食べるならしかたないが。)

でもああいうところでコストダウンしてるから、あの値段で提供できるんだよね。


米料理

ごめん。食べことないので評価できない。どうなんですかね?増田諸君


肉料理

これらは妥当というしかいね。値段を(考えてはいけないんだけど)考えれば非常によく出ている。

前述しているが、野菜ソースサイゼで最も残念なものなので(素材の悪いところしか出ていない)

それを使ったメニューについてはお好みならどうぞという他ない。

どうでもいい話だが醤油ベースソースガルソースと名付けた意図はなんなのか。

ガルムとは古代ローマ時代から使われた魚醤(ナンプラーとかしょっつるとか)のことだが(ブオナッシージによる)、

こんなマニアック名称を使うのなら、サラダはインサラータと言ってほしかったし、ミネストローネもミネストラと言ってほしかったし(ry


■デザート

ごめん。ほとんど食べことないので評価できない。おそらくいずれも妥当と思われる。


■(おまけ)酒類

サイゼワインについては言わずもがなだが、グラッパ(少々癖がある)も悪くない。

興味がある人は一度食事(飲み)の最後に飲んでみることをお勧めする。

メニューには「ぶどう焼酎」などと書いてあるが、普段日本焼酎を好む人が好むものではなく、

ワインブランデーブドウ由来の酒をたしなむ人は気に入る可能性があると思う。


■(おまけ)その他

テーブル備え付けの荒く刻んだ唐辛子はよい。

オーリオピカンテではテーブルをベトベトにされてしまうだろうし、タバスコでは酢が立ってしまい辛味のみの提供とならない。

タバスコテーブルに置かなかった、しかし用意はされているのは大変に賢明であったと思う。

自分の好みだがベシャメル系の料理に卓上でタバスコをかけて食べるのが好きなので。

ちなみに、ベシャメルは古典的には塩とカイエンペッパーで調味するものであり白胡椒は使われなかった。(ベシャメルに限らず白いソースはほぼそうであった)

タバスコをかけることとは全く違うけどね。


以上

異論突っ込みはたくさんあるでしょう。

2016-07-11

カボチャ英語パンプキンじゃない

子供英語絵本読み聞かせていて今日はじめて知った。

カボチャ全体を指してスクワッシュ、西洋カボチャは「ウインタースクワッシュ」、日本カボチャは「トロピカルスクワッシュ」。ペポカボチャは「サマースクワッシュ」といい、その中でもオレンジ色に熟したものパンプキンというらしい。

パンプキンがそんなに限られた物だったとは知らなかった。

2016-01-14

[]カップヌードルリゾット パンプキンポタージュ

前置き

半額で130円だったから買ってみた。

半額だからってだまされたか・・・普通カップ麺なら100円超えた時点で買わないのに・・・

まあめったにしない贅沢だからいいやと

感想

予想通りの味。

商品名以外に表現すべき言葉はない。

カップスープパンプキンポタージュでおかゆつくったらこうなるんじゃないって感じ

単体だと味濃いし栄養微妙かなと思って、オートミールを後入れで追加して混ぜて食べたら味もボリュームもいい感じになった。

具はそこそこ大きかった。

水入れたタイミングでよく混ぜるのがポイントなんだろうな。手順でもしっかり書いてあったし。

ついつい2個買っちゃったからもうちょっと時間たってから2個め食べようと思う。

また買う?

買わない。

半額でも100円出すなら別のもの買う。

定価の260円だったらもっとでかくて食べごたえあるカップ食品あるよなあ・・・

手軽さとボリュームならおにぎり2個かったほうがまだいいかも。

容器の半分くらいしかないから食い気のはった男は選ばないだろうし、健康志向の女はまずこういうの買わないだろうしでターゲット層がぜんぜんワカンネ。

カップヌードルごはんはわりと食べごたえもボリュームもあっておいしかった気がしたんだけどなあ・・・

2016-01-13

かぼちゃってすげえ

季節問わねえしうまい

春夏は夏野菜かぼちゃとして

寒くなってきたらパンプキンとして

甘い野菜だけどさつまいもより汎用性高い気がする

2015-10-04

パンプキン系が好きじゃない

ハロウィンの時期になると何かとパンプキンのものが発売されるけどそんなに需要あるのかな。

正直全然きじゃないというかむしろ嫌いな方なのでその手の商品を買ったことがない。

かぼちゃって男性はあまり好まないよね?女性向けなのかな?

2015-09-28

[]パンプキンシザース感想

仕事が一段落したので、久しぶりにアニメを一気見した。

 軍人組織モノのアニメは本当に面白く見れるなあ。最近多い、エロゲっぽいのっぺりとした画で魔力バトルする学園モノはどうも受け付けない感じがする。

 このアニメは、もう10年も前の作品何だなと思うと時代の移り変わりは本当に早いなと関心。

 原作は読んだことがないが、まだWikipediaを見たらまだ連載中とのこと。あのクサイ台詞の数々は原作者が考えたものなんだろうか、それともアニメ演出なんだろうか。どちらにしても、リアルタイムで見たら相当寒かったんじゃないかな。でも、自分が日々上司理不尽を働かれ、汚いモノを見てきたからこそ、今見るとアホみたいにまっすぐなセリフ水戸黄門的なカタルシスを与えるんだろうな。今の自分にはアニメリアリズムなんて求めてなくて、現実には振りかざすことができない正論・暴論を惜しげもなく叩きつけるアリスちゃんがスゲー好きなんだよね。

 超安定した公務員でありながら、その中の閑職に飛ばされた人々。夢やぶれてこの職場に流れ着いた人や、夢をみて職場にやってきた人たちが交差する。それぞれに影響しあって互いに新しいものが見えていく。この作品の魅力はそういう「それぞれ人生の交差」っていう点に有るんじゃないかと思う。そうすると、このアニメではデッカイ話もないし、かと言って単調で毒にも薬にもならないほどの日常系でもない。程よい緊張感で特殊フィクション軍人日常を描く佳作と言えるんじゃないかな。

 個人的には、変に謎兵器とかの伏線を張らずにギャグ勧善懲悪劇に突き抜けていれば忘れられない作品になれたんじゃないかと思うと残念。

 やっぱり一番魅力的なのは伊藤静が演じるアリスちゃんだよなあ。まず、伊藤静の声を聞いているとアドレナリンがドバドバ出ていると言う感じがする。これだけで本当に最高。それでもって、どこまでもバカで真直ぐな言動が「キャラに深みがない」といえばそれまでだが、プロレスプロレスと分かっていて楽しむような余裕が視聴者に有れば、楽しめるのではないか。アリスちゃんだけ軍服の色が違うのは貴族からなんだろうか? こういうの見るとこち亀中川を思い出すよなあ。

 男性キャラは丸眼鏡の隊員に、ちょっと感情移入しちゃったんだよね。エリートコースだったはずなのに、汚職を許せなかったという理由で閑職に飛ばされてしまうと言うのは、やっぱりどこまでも突き抜けた「バカ正直さ」の権化で応援したくなってしまうんだよね。もう一人の金髪の隊員は無責任軍人って感じで対象を表していていいんだよな。

 途中に外国お姫様がお忍びでやって来る回が有ったけど、一話完結できちんとまとまっていたし、お姫様も可愛かったし、見ていて一番印象に残ったな。でも、あのキャラは可愛すぎてむしろ浮いていたとう感じがしたので、これってもしかしてアニオリ回だったのかな。

 2クールもやっておいて全体を通して何が言いたかったの? というのがマクロ的な感想だけど、ミクロ的にはどこまでも「兵隊お仕事」を遂行しようとする波乱万丈を楽しめば、ミクロ的には面白いと言う感じなんだよね。ただ、謎兵器とか秘密結社とか散々伏線を張って置きながら最後では一切回収を放棄して、「我々の戦いはこれからだ!」という感じの大団円を無理やり入れられた感じだよな。まあ、日常系アニメには全体を通して言いたいことなんて端っからナイわけで、謎の解決を視聴者に期待させた罪も有るんだけど、こういう終わりかたも有りなのかなと思っています原作も完結してないわけですし。

 最後の数話でアリスちゃんが突然「姫騎士」って感じになってて笑った。でも剣術のシーンはちょっとテンションが上がっちゃうんだ。女の子が剣を振り回して豪快に戦うのは本当に見ていて大好きな演出なんだよねえ。

 軍の閑職、戦災復興機関、やる気みなぎる貴族隊長という共通項ではチャイカにこんなキャラが出ていたよな。何か原案となるような史実があるのか、作家同士でなんとなく影響しあっているのか分からないけと、こういうのほんとうに好きなんだよね。

2014-08-13

久しぶりにまともな野菜食べるとうまい

ぶなしめじ2株とキャベツ半玉が少し安かったから買った。

普段野菜と言えばもやししか食ってないけど。

キャベツを1/3、ぶなしめじを1株切った。

賞味期限が切れて使い道がなくなってたパンプキンシチューのルウを半分使った。

カレールウと違って汎用性低いからずっと余ってたやつ。

シーチキンの缶詰も1缶入れた。

ラーメンばっか食ってたら食う機会がぜんぜんなかったやつ。

レンチン

くっそうまかった。

個人的にぶなしめじが好きって言うのも大きいけど。

包装開けてにおいかぐと芳しい香りを鼻孔いっぱいに吸い込むのが好き。

つってもレンチンしたら香り飛んじゃうんだけどね。

ともあれ久しぶりの(普段に比べれば)まともな料理うまかった。

2014-01-24

小さい書店なのに

 店内は古本店頭には雑誌がおいている小規模の本屋がある。「幼児向け」「妊婦向け」「主婦向け」の雑誌と、マンガ雑誌が置いてあるけど、「灯台」「パンプキン」は複数置いてある。他の大手出版社雑誌は一冊しか置いてないのに。これは層化なんだろうか、店主が。

2009-11-10

常識

常識とは集団的偏見である、という事は現代においては常識であるが、その常識も当然、集団的偏見である。そしてそれもまた常識であり、常識であるからには集団的偏見であるという事は免れず、ここにいたって私はパンプキンスープを召し上がるのである。おいし。

2008-12-08

誰も知らない

日記を書きたいと思います。

地球のどこかでひっそり暮らしております。。。

今日食べたもの。

ヨーグルト 70cal

肉まん(ビーフカレー) 250cal

抹茶ソイラテ 160cal

納豆巻き 150cal

パンプキンプレッツ 200cal

みかんポッキー 67cal

2007-11-13

掲示板じゃないんだから

ここはAnonymousDiaryはてな匿名ダイアリー、つまり日記だよ?

ちゃんと日記書こうよ!

わたしは、午前中は評判の最近オープンした美容院カットカラーリング

はじめてのところってちょっと緊張するけど><

丁寧にカウンセリングしてくれて、仕上がりもばっちり^o^

それに、シャンプーマイナスイオンが配合されてて超いい感じ

そのあとは、Y美と待ち合わせしてイタリアンカフェランチ

ここのパスタは、この前雑誌にも出てて超評判です(^_^)/

ペスカトーレを食べたんだけど、ほんとおいしかった??(*´∇`*)

そのあとは適当ショッピングして、これまた評判のスイーツがあるお店へ(=v=)ムフフ♪

おいしそうなスイーツがいろいろあって迷ったけどO(≧▽≦)O ワーイ♪

パンプキンマンゴーのトロピカル風タルトを食べたよー♪

もちろんとってもおいしかったですv(=∩_∩=) ブイブイ!!

2007-10-28

http://anond.hatelabo.jp/20071028001109

カボチャっつーとおばーちゃんが作ってくれる煮物とか、山梨名物ほうとうとかになっちゃうからなぁ。

パンプキン○○でがんばるか。

2007-07-28

幼児カレーとつわものと

近所のカレーやさんに行った。

土日しか営業していない本格カレー店である。千円で食べ放題

店内に入ると、例によって店員がいない。キッチンで作業音。

先客は一組。幼児、嫁、姑の組み合わせのようだ。嫁はちょっとぽやぽやっとした感じ。姑はちょっと品の良いおばさまである。

席を確保し一瞬躊躇する。いくら何度も来ている店でいつもカリーバイキングしか頼まないからといって、いきなり無言で皿を手にとって盛りはじめるのはまずくないだろうか。いつもは店員にちょっと挨拶して始めるのだが。

おばさまが店員を呼ぶ。

「おきゃくさまよぅ」

笑いの混じった、明るい声だ。

バイトの店員が一瞬出てきていらっしゃいませを言ってひっこむ。ひっこんでどうする。

とりあえずトイレに行って手を洗う。出てきて水を自分で勝手に用意して飲んで、落ち着いたところで「カレーバイキング食わせてもらいますよー」とキッチンに声をかけて盛り始める。おばさまが「もらうってー」と復唱する。

私はまずキーマカリーから始める。

甘みのあるカリーを食べていると視界の隅に幼児に対してカリーを食べさせようとしているのが見えた。

色からして子供専用のスイートカリーだ。

舌をつけるかつけないかで顔を引いてしまい、「んべっ」と舌を突き出す。

何度か挑戦していたが、食べてくれない。

母親が食べてみせた。

幼児が食べるようになった。

人間生物として良くできているなと思う。

次のおかわりはちょっと辛いパンプキンカリー。少なめに盛る。

食べていると青年が入ってきた。店員がいないのでちょっとまごまご

「またおきゃくさんよー」とおばさま。青年レジに行き、キッチンを覗き込む。

ようやく店主が出てきた。

「あらいらっしゃい。こっちは初めてだっけ?」「ええ。お金先ですか?」「あとあと」

そうか、彼は向こうの店の常連なのだな。

このカレーやさんは東京のある大学の近くにも店舗があるお店で、こっちに店舗ができたときに「東京の名店がやってきた」とちょっとうわさになったのだ。

青年が早速カリーを大盛りにする。

店主と青年がしばらく大学と昔の東京の店に関するトーク。カレーに関する歴戦の勇士といった感じである。

大学の話におばさまも絡んでほのぼの高学歴ゾーンを形成していた。いやみがないのがいやみという感じ。

聞いているだけで笑みがこぼれてしまう。

私はさらに辛いポークカリーへ挑む。

おばさまがピッチャーを持ってきて水を注いでくれた。

お礼を言ってふと青年のテーブルを見ると水がない。

私はコップを取りに行き、青年の水を注いだ。

世の中はお互い様だ。

野菜カレーを食べ終わり、千円払っておばさま方と青年挨拶して帰った。

長々と書いたのに読んでくれてありがとう

私は誰かに知っていて欲しかったのだ。今日私は、確かに幸せだったということを。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん