「ぶるん」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ぶるんとは

2021-12-18

ごめん、行動力賞賛したいけど正直すげーイラついたし罵りたくなったわ

全体的にバカじゃねーのかと思う。

 

まずさあ、掲示板ってほっといても利用者と一緒に高齢化するんだわ。

掲示板が長続きするにはいかに新陳代謝を長く保つかが全てと言っていい。

新しい若い人(その掲示板歴的にも肉体年齢的にも)が来て高齢化ネタ堂々巡りを薄めてくれないともたない。

希少な若い人に来てくださいっていうしかないところで「最初からおっさんを集めます」ってなに?

ズレてるよね。

 

なんかこいつズレてんなー。まさかそこからわかってないのか?って話をすると

そもそも現代日本社会って中高年が多すぎるわけ。

若者の方が希少。

普通に掲示板作ればおっちゃんねるじゃん。

 

そしてお前みたいな中高年が知ってるサービスってのは猶更中高年の牙城なのよ。

若者は中高年を避けて新しいサービスに集まるもんからね。

おめーらが好きなtwitterなんかももう異常なおっさんとおばさんがマジョリティの我が物顔で

30代ぐらいが若者ヅラしてるし本当の20代以下の若者は少ないし隅っこに居る。

  

そういうどこ行ってもおっちゃんねる社会において

若者が「同世代だけのエクスクリューシブなコミュニティが欲しい」っていうならそれはわかるよ。

希少少数派の仲間同士でやる場所が欲しい、「若者ちゃんねる」が欲しい、これならわかる。

(がるちゃんだってもともとそういうコンセプトじゃないんか?あそこですら高齢化してそうだが)

 

なのにうんざりするほどのマジョリティ側が何言ってんの?って話なわけ。

石を投げれば中高年の社会で「おっちゃんねるがほしい」って何?

根本的にズレてるよね?

特定ニーズリサーチどころか社会実相すら見れてないじゃん。

 

 

私も中高年男性なのだが、ガルちゃんみたいな感じで、

おっちゃん同士でゆるく色々語れる匿名掲示板があれば良いなと唐突に思った。

5ch(2ch)は15年近く見続けているが、おっちゃんに限定しているわけではない。

意味わからん

5chなんか実際中高年男性のたまり場じゃん

どの板行ったって相当純度の高いおっさんプールだよ。それでダメならどうしたいわけ?

爆サイ空気感があまり合わなかった。

いや空気とかじゃなくて爆サイの方が5chよりはまだ若いんじゃない?

言ってることの意味わからん

思考ガバガバしてて腹が立つ。

他にも掲示板サービスは数多くあるだろうけど、おっちゃん同士のゆるいコミュニティサービス自分制作してみたいと思った。

何かのテーマ掲示板利用者ごと高齢化するとかならしょうがないけど

最初から「中高年」が参加資格テーマもない掲示板ってマジでゴミだぜ?

体の不調の話とか病気の話とか親の介護の話とか時の止まったような自分が若かったころの音楽テレビの話とかそんなのをやるの?

それ単にあらゆる掲示板古参排除に失敗した時に発生する滅亡エンドの光景なんだが。

 

「10年20年で回収する」って寝言も酷くて

仮にそこまで掲示板が続いてたら老人ちゃんねるになってるんだけどそれはわかってる?

そして社会ネットもはなから老人だらけなのでその時ですらお前の掲示板に何の差別性も発生しないよ。

どこにいてもおっさんだらけ老人だらけの社会で「おっさん」とか「老人」がコンセプトってただのバカだろ。

 

 

俺は行動に移す奴は好きだし、大概のことはその行動力に免じて甘めに評価する人間だ。

それでもそういうのを差し引いても我慢できないぐらいお前にはムカつく。

 

最後にお前のゴミなところまとめな?

・「おっちゃん」だらけの社会ネットマジョリティの「おっちゃん」をやりながらその立場にもある種の恩恵にも自覚がない

社会においてもネットにおいても滅茶苦茶有難い「若者」の価値理解してないどころか排除を目指している

排除しなくたって若者はお前の掲示板なんかに来ない。「おっちゃん」すら来るか怪しいが。)

新サービスの為のリサーチどころか自分が生きてる社会に対してすら恐るべき盲目

自分を含む中高年男性呼称おっちゃん」に何とも言えないキショい自己愛と甘えが充溢している

 

お前が「おっちゃん」として何らかの息苦しさを感じてこの掲示板を作ったならそれは愚鈍すぎてイラつくし

何か新サービスを作りたいが先にあって「おっちゃん」がいけるテーマだと思ってるなら無能すぎてイラつく。

 

もうちょっと脳味噌クリアにして生きてくれねーかな。

anond:20211217215002

 

4

sp_fr_v7_2011 何でこんなに、直訳すると「(お前が属する)マジョリティーが憎い」で済む話を、長々と力説できるのか、不思議だ。そのエネルギー自分を高めるために使った方が、増田で毒吐くよりなんぼか幸せになれるだろうに。

2021/12/18

俺はおっさんだ。

別におっさんのこともおばさんのことも憎んでない。若者のことも老人のことも。

zheyang 思い込みが激しくて「根拠の浅い自分勝手な前提」で無理矢理話を進める

2021/12/18

それってこのsp_fr_v7_2011みたいなやつのこと?

  

俺はおっさんことなぞ憎んでないしどこにも1ミリもそんなこと書いてねえ。 

ただ少なくともネット上ではおっさん多数派であってどこへ行ってもウンザリするほどおっさん

「女や若者が素性を悟られないように溶け込む努力をする」なんて話がある程度におっさんデフォ

おっさん同士で話す場所が欲しい」って何言ってんの?ってなるだろ。

  

takamurasachi おっさんは息苦しさを感じることすら許されないの草

2021/12/18

もしも元増田おじさんが5ch等の既存サービスで息苦しさを感じてきたのだとしても

それは「おじさんだから」ではないだろ。(それなら女や若者はどうなっちゃうんだ?)

発達障害でみんなの話の流れが読めないとかそういう属人的何かを疑って治療に向かった方がまだ建設的なんじゃねーの。

 

poontan 中高年が社会の圧倒的マジョリティなら、その中で「自称おっちゃんだけで集まりたい人たち」をセグメントにしてもそれなりの人数にできるんじゃないの知らないけど

2021/12/18 リンク

この無責任に「ポジティブでいいこと風なこと」を書き捨てる人間が”いい人”で俺みたいなのは”悪い人”っていう

その評価基準本当に興味ない。

こいつみたいにいい人ぶる競技なら俺の方がずーっとうまいよ、やる気がしないだけで。

 

masakinihirota 孤独死まっしぐらもおじさんたちの行き場をどうにか生み出そうと考えた結果、こうなったのに合わないんならスルーしてほしいんだな。実際、結婚できてないコドおじが重い社会問題になりつつあるのはどうしたらいい?

2021/12/18

全体的に何言ってるかわからないけど、

元増田おじさんも俺も社会問題どうあたるべきかなんて話はしてねーよな。

 

hakusai_chan どこにそんな怒りポイントがあるのか……あと年上だから多数派からって偉ぶるのは違うと思うけどそんなに若者に対して遠慮する必要もないと思う

2021/12/18 リンク

若者に遠慮しろ」ってどこに書いたのか教えてくれ

 

SndOp 年齢に囚われず、趣味で集まるような空間・・・そうグラフィーリリースが近い予感がした。

2021/12/18

その通り

年齢に囚われず同じ趣味で~の方がよっぽど意味も将来性もあるし現にうまく回ってるし

上手く回ってるもの新陳代謝しない限りは利用者と一緒に老いていくんだ

 

kakaku01 俺は金掛けて掲示板なんか立ち上げたことがないので、とてもじゃないけどこんなご立派なお説教はできない。

2021/12/18

じゃあお前等は金出して選挙出馬したこと当選したこともねえんだから

二度と政治家様の政策に対してご立派なお説教をしないようにな。

 

shirontan 行動力あって楽しそうにしてる人見ると嫉妬ちゃうよねー

2021/12/18

おめーほんとに元増田嫉妬する要素があるのか?

おっちゃんなのに貯金が少なくてその中からピンボケ掲示板作ってる人、これに本当に羨ましい要素あんのか?

そうやってテキトーすぎる煽り書くのを許す緩さ怠惰さがお前の人生全部を表してねーか?

 

これがさめて金が有り余ってて経験積むための一発目です!とかならまだいいが

貯金がないのに」とか「10年20年で回収」とか言ってるのがメチャクチャ嫌な気分になるわ

元増田前澤友作で「お金を捨てたくてゴミ作ってみました!」と言う話なら羨ましくはならないけど罵る気も起きなかったな

  

HaJK334 まあネット一世を風靡した女叩き、韓国叩き、ゆとり叩き、老害叩き、同性愛叩き、障碍者叩きを見ると30代半ば~50代の日本人中高年一般男性にとってここ15年程のネット空間はさぞかし居心地が良かったろうなとは思う

2021/12/18 リンク yellow 1 clicks

お前の脈絡のないサヨク臭には乗れないがまあそういうことだよ。

どう見ても「おっちゃん」はネット主人公様なわけじゃん。

これで「ぼくちんおっちゃんゆえに息苦しい!」って感じてるならそれは別の問題が潜んでそうだし 

「何か新サービスを立ち上げたい…おっちゃんでいける!」と思ってやってるならドン無能企画者だよね。

  

ifttt マジョリティ特権性に無自覚なことに怒ってるのかと思ったけど、それもズレてる気がするな

2021/12/18 リンク

そのサヨクくせえ言葉使いには乗れないがちょっと合ってる

「それもうお前個人メンタル問題なんじゃね?」みたいなことをなんでもかんでも世代論とか社会思想かにしすぎじゃね?

 

twitterやめたなんとかさんだってあの人が苦しいの絶対twitterのせいでも社会問題のせいでもないし思想マターでもねえじゃん 

いまやサヨク側の人間ですらもうみんな腹の底ではそれをわかってるのに言い出せなくなってるバカさというのはあるよね 

あの人の息苦しさの大部分は当人のなんらかの障害無能問題に過ぎなかったかもしれない

ちょっと周りの人間が優しくしてやればよかっただけの話だったかもしれないのに

力の限りの大袈裟な話にしたから引っ込みがつかない

 

brightsoda "滅亡エンドの光景" はい、その滅亡エンドが延々とみたいですといわれたら終了では

2021/12/18 リンク

それならどこにでもあって希少性ゼロだと書いたんだが

終了してるのはお前の目か脳では

 

mventuramventura 元増田には頑張れと思うけど、これはこれで分かるな... おっさんマジョリティだよ(人口ボリュームでも)みたいな話。でも若い人はもっと動画・音声系のサービスに行ってて掲示板は使わないかも。 増田

2021/12/18

そもそも掲示板の時点で「おっちゃん限定」みたいに断らなくても中高年しか来ないんだよな

そういうことだよ

当該サービスは中高年も来るか怪しいが 

 

surume000 それ、おっチャンネルに書けよ

2021/12/18

やだよマナー悪いじゃねえか

 

lady_joker 人様のやっている特に無害な行動に対してここまでイライラできるのがすごいな。刃物持って人混みとかに突撃しそう

2021/12/18 リンク

おめーの自作小説へのダメ出しに対して見せる憤怒や創作ネタニュース垣間見せる攻撃性のほうがやべー奴に見えるぞ。

ダメ出ししてくるギャラスト系じじいがゴミであることとおめーがやべーことは両立する。

あとおめーの小説は車に骨乗せて海に行くようなやつだけ読んけどどうも映像を頭に浮かべずに文字を書いてる気がする。

刃物持って人混みとかに突撃しそう」をお前に合う形に直したすごいひどいことを書こうと思えば書けるがお前のこと嫌いじゃないからやめておく。

お前は美しいものにせよひどいことにせよそれを表現する言葉イマジネーションが自負に比べてまだ全然足りてないんじゃねーの?

  

yujimi-daifuku-2222 あまりに広過ぎる中高年男性という集団キャンセルフェミニストの粗雑な論法内面化して叩く増田知的怠惰すぎる。/ごめんと前置きすれば攻撃的かつ一方的な態度が許されるわけではない。勘違いしないように。

2021/12/18 リンク yellow

この場合の「ごめん」は煽りです。

  

mayumayu_nimolove 馬鹿増田の方だろ。別にあのサービスはお前に使って欲しいわけじゃない。むしろお前のようなやつを排除する狙いがあるのかもな。頭働かせてさ。別のサービス使う、って選択肢一つ設けて黙ってそこ行けよ

2021/12/18 リンク

勿論俺はあのサービスを使わない。

そしてお前等もあのサービスを使わない。

お前等もあのサービスに俺と全く同じ「0点」を付けてるくせに

それを直接的な罵り口調で伝える人間には反発していい人ぶるんだよな。

ごめん、そのいい人ぶりっこ競技ほんと興味ない。

 

hib3 何様?って思ったけど、はてながこういう人たち向けのプラットフォームを構築できてるのある意味すごいと思う

2021/12/18

こういう人格障害には優しくて増長させるのがはてブの駄目なところ。 ネット

2021/12/18

いや素に戻っちゃうんだけど

お前等もはてなブックマークなんか使ってる時点で、「こういう人たち」とか「人格障害」とかさあ…

 

2021-12-13

で?おまいらその選別された優秀な遺伝子で何するの?

インパール作戦やるのか?おっぱいぶるんぶるん総統に忠誠を誓うのか?

2021-11-26

フェミニストもっと問題に集中すべき

フェミニストたちは全く気付いていないのかもしれないんだが何か問題提起をするときに、ほぼ確実に「自分思想上の敵に対する攻撃」を入れているってことになんで気が付かないのか。無自覚にお尻なでるおっさんみたいに無自覚に言ってるから気づかないんだろうな。

街中に萌え絵が張られていて気持ちが悪いので、ちょうどいい線引きないですか?というのが問題なんだが、街中に萌え絵が張られている!性的搾取公的セクハラオタクキモイ!というなんかいちいち余計なのつけて相手挑発してくるのなんなの。すれ違いざまに赤の他人にいきなりぶん殴られてこのビラが気に食わないか土下座しろと迫られてできるかよ。喧嘩売っといてけんかになったら被害者面するって何なの。

そんでこちらとしては深呼吸して落ち着いて「問題はわかりますがなんでのっけからぶんなぐりに来るんですか、もっと落ち着いて話できないですか」という反応をすれば「問題が見えていない!差別主義者!」と返ってくるので、もう全部準備された会話にしか見えてこない。どういう反応しても問題が見えていない差別主義者って返し続けられるだけだしな。

要はフェミニストたちは「うるせーな!表現の自由だろ!」っていう方向に議論を進めたいんだよね、みんなに議論がめんどくさくなってもらって最も雑な解決策に固執してほしいんだよ。進めたいっていうとまるで意図しているように思われるかもしれないが、フェミニストたちの議論の仕方はまず一発ぶんなぐって状況を硬直させて0か百かの結論しか出ないようにしたうえで自分たちが百取ろうと見え見えにやってくるから反発を受ける。さら相手に百損させようという魂胆まで堂々と含めてくる。

そしてこういう反発を受けるまでが定式化されるまでつづけた挙句にそういういきなりワンパンぶっこんだことは全部なかったことにして「本当はこういいたかったのに・・・」って被害者ぶるんだよ。

そしてこの方式は、アンチフェミにも採用されている。どっちが先かなんて知らんが、まぁ要は同じ議論をしている。

いきなり殴る、議論結論は0か百かしかないように設定する、そのうえで百を与えないお前らは失格人間だと人格批判をする、議論が決着をみないと急にわかってもらえなくて傷ついた、という。

もうこの天丼何百回ループするんだろうか。もうあきたわ。

宇崎ちゃんの時に「公共の場に張り出すならどういう絵が適切なのか」という議論をする最大のチャンスだったのに、いきなりこれがセクハラかどうか、ですらなく、お前らセクハラすんなよとか言い出してもうだめになった。あいつら議論台無しにすることにかけては天才だ。そういう訓練うけてるんだろうな。

まぁ、極左革命闘志たるフェミニストたちは社会の分断と闘争が欲しいだけだからそういう議論するんだろうな。あらゆる指摘にはあらゆる想定問答が用意されており、そのように返すだけの単純な仕事をしていれば、巧みに自分たちを被害者にできる、というメソドロジー確立したので、誰でもできる簡単フェミニズムになった。そして社会無自覚に分断を深め、いつしか取り返しのつかない闘争が始まる。

フェミニズムはこれまでの極左思想集大成だと思っているし、次のバージョンはマスキュリズムだと思っている。そしてもう手遅れだと思っているので日本の皆さん、さようなら、を言いたい。

2021-11-23

私の中の私が、私に厳しい

本当にしんどくて、どうしてこんなことやらないといけないんだ。苦しい。って気持ちになると、頭の中の松岡修造の真似をした私が「そんくらいでやめる?甘えんなよ」「被害者ぶるんじゃない、恥ずかしいぞ」って注意してくる。

すぐ悲観しがちな性格なのでほぼその通りだと思うんだけど、何やるにも注意してくるのでまずは我慢してうける、何があっても泣いてでもやるっていうのが染み付いている。

で、毎回限界きてボロボロになってから周りに、頑張れなくてすみませんって謝ると、いや無理しすぎだから我慢強すぎ。と言われる。

社会人になってから、3回くらいやってるので、周りの迷惑を考えるともっと軽く考えるべきなのはわかってるんだけど、それはそれで「人よりできないのに?」「お前、これまでの評価我慢強くやってる姿勢があるからだぞ。甘えを出した瞬間終わるぞ」って言われるのでできない。

てか、もう30年近くそれで生きてきたからやり方わかんない。

その反動なのか、四六時中夢小説のことを考えてる。二次元キャライチャイチャしたいというよりは、自信に溢れてステキ女性になりきるのがいいんだと思う。

年取ってボケときに、自分はその夢キャラだと言い張るんじゃないかとドキドキしてるけどやめられない。

ボーッとするってどうやるんだろう。知り合いに何もしてない時何考えてるの?って聞いたら、なんも考えてないよ?って言われて驚愕した。

考えるのをやめると途端に不安になるんだけど、普通の人たちはそんなことないのか。

不安になったら今の状態に合った夢小説ストーリー作って妄想世界に入る。そして、そのまま仕事もする。っていうのがいつもの流れ。

できる私。に憑依されてるので仕事ができるように見えるらしく、そんなに実害はない。

割と重度の逃避癖である自覚はあるんだけど、病院先生に言おうとすると「そのくらいで?」「悲劇のヒロインやってんなよ」って言われて急に怖くなってしまい言えない。メモを持ってても渡せない。

表面上の症状が治ったら通院終わってしまう。

同じような人っていないのかな?

助けてくれたり共感してくれる人に言うことができないので、表面化してないだけで、増田とか書き捨てできるところならいるんじゃないかと思ったんだけど。

2021-11-18

萌え絵が叩かれてるんじゃないことわかってるだろ

叩かれてるのは萌え絵じゃない

もう萌え絵児童向けの絵も全部融合してる

子供から見たら全部同じ可愛い絵だ

これを「萌え絵気持ち悪い」と言ってくるやつは単なる時代遅れ

萌え絵気持ち悪いと言われてる、差別されてるってことにしたほうが都合良いんだろうけど

本当は違うことわかってるだろ

そりゃそう的外れな叩きをしてくるやつはいるけどそうじゃない方が主流で

でも自分たちのためにあえて叩いてくる相手基地外に仕立て上げるために

そちらの声を大きくしてるだろ

 

叩かれてるのは、公共だろうが女子高生だろうがオッパイでっかくしてぶるんぶるんさせたり

へそ出したりミニスカ履かせたりするオタクの手癖だろ

TPOを守れるようにオタクの手癖治せばそれで済む話だろ

しかフェミ連合?かなんかの最初の主張は行きすぎてると思うよ

でもその後こんなに多くの人が、それに対して「たしかに変な部分多い」と異を唱えるのは

そのオタクの手癖にみんな違和感あるからだろ

その手癖なおしてそれでも叩いてくる奴なんてきちがいだよ、それである程度の合意は得られるはずだと思うぞ

なんで悪い手癖治さずにそれを押し出すのか意味がわからねえ

なおせその手癖を

悪いところは直して改善しろ

なんで毎回ありのまま自分世間に受け入れられて当然という姿勢なんだよ

 

大体体を強調した要素の絵に拒否反応出すのキチフェミと言えるか微妙なんだよ

街のあちこちフリー!みたいな性的キモい筋肉した半裸の絵があったら

オタクはよくても一般の男だって眉顰めると思うぞ

体の線強調した絵が嫌な目で見られるのって通常の反応だろ

直せよその手癖を

世間を見ろ

2021-09-24

anond:20210924124437

え、特殊性癖なの?そんな

現実的な超乳とか求めてないよ。グラビアアイドル普通にいるレベル巨乳が、二次元表現ぶるんぶるん揺れるくらいでいいんだよ

2021-09-22

「負の性欲」という概念ちゃんちゃらおかしいと思うしそれを言い出した奴等は叩かれて当然だと思っているが

でも「アセクシャル」や「アロマンティック」って、意味不明さという点では「負の性欲」と同じだよなあと思う。

「負の性欲」は駄目で、アセクシャルやアロマンティックは持ち上げるというのが謎過ぎる。

恋愛感情が「ある」事の証明は出来ても、「ない」事の証明はできないよ。

アセクシャルやアロマンティックって単に人間デフォルト状態であってそれに特別名前を付ける必要性を全く感じないんだよね。

人間は皆アセクシャルやアロマンティックの状態で生まれ、そのうち誰かを好きになる人もいれば一生誰も好きにならない人もいるだけという話。

まり本当にただただ、ごく普通ーーーーーーーの人でしかないと思うんだけど、なんでそこまでしてマイノリティぶるんだろう。

アセクシャルやアロマンティックは存在する!」って、「負の性欲は存在する!」と同じくらいのカルトだと思うんだよ。

おっぱい以外で揺らすなら?

お腹かな。

ぶるんってゆれても

不快にならんやろ

2021-09-21

乳揺れが話題なので

俺は男性だが、過剰に乳を揺らす表現とか、不自然乳袋といった表現は嫌いだ。

で、乳揺れが話題なので、どんだけひどいものなのかと件の動画を初めて見てみた(今さら)。

おっぱいぶるんぶるん大暴れしてるのかと思ったら、言われてみればちょっと揺れてる?くらいに感じた。

まあでも、ヘソ出しじゃなくて警察制服でも着せた方がふさわしいかなとは思った。

(普段は半裸の男性芸人なんかでも警察関係仕事だとたぶん服を着ると思うし)

でも乳揺れは…そんなに話題にするほどだったか

2021-09-04

コロナ感染した反コロみた

最初ざまぁみやがれってことでこれをもとにエロネタを作ろうとしてたのに(可哀想女の子性的)、なんか読んだらうちに同情してきた。今更被害者ぶるんじゃねえって思いもありつつ悲惨さの方が強すぎた。フィクションじゃないか可哀想からからエロさを追うことよりもなんとかなって欲しいと思った。とりあえず貴重な存在なので、追いたい。

2021-09-03

なんか何歳になっても好きな格好していい!40歳以上がミニスカート履いてもいい!みんな好きな格好しようよ!みたいなこと言う女いるけど

なんだかんだ言ってブスなおばさんがミニスカート履いてたり胸出す服着てたら笑うんだろ?そうだろ?

正直に言ってやった方がそいつのためになるだろ

偽善者ぶるんじゃねーよ

2021-07-26

anond:20210726145636

僕がなにより絶望したのが、同業のゲームライターたちをはじめとして、ゲームファンクリエイターインフルエンサー場合によっては作曲家当人もが、この件に感動しここまで指摘してきた諸問題を見なかったかのように「ゲームが認められた」というような論旨の発言を恥ずかしげもなく振りまきだしたことだ。国威発揚に都合よく利用されることは認められていることとは全く違う。

同性婚の認められていない国で虹色ドレスが登場するのと同じで、つまりは「利用価値があるうちは、使ってやる」と言われているだけだ。

表現は不当に規制され、バッシングの矢面に立たされてきたビデオゲーム文化を、こんな時だけ都合よく使われるのは(繰り返しになるが)本当に許しがたいことだ。

最後のもそうだけど、この発言に関しても、こう思う根拠が気になるんよなぁ

都合のいい利用である根拠はどこにある?オリンピックは国が偉ぶるためのものしかいから?

国が偉ぶりたいとも思ってないし、本当にオリンピックで俺は偉ぶるんだぞーと国が思ってたらやばいとも思うけど。

2021-07-12

メロス激怒した。必ず、かの邪智暴虐じゃちぼうぎゃくの王を除かなければならぬと決意した。メロスには政治がわからぬ。メロスは、村の牧人である。笛を吹き、羊と遊んで暮して来た。けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった。きょう未明メロスは村を出発し、野を越え山越え、十里はなれた此このシラクスの市にやって来た。メロスには父も、母も無い。女房も無い。十六の、内気な妹と二人暮しだ。この妹は、村の或る律気な一牧人を、近々、花婿はなむことして迎える事になっていた。結婚式も間近かなのであるメロスは、それゆえ、花嫁の衣裳やら祝宴の御馳走やらを買いに、はるばる市にやって来たのだ。先ず、その品々を買い集め、それから都の大路をぶらぶら歩いた。メロスには竹馬の友があった。セリヌンティウスである。今は此のシラクスの市で、石工をしている。その友を、これから訪ねてみるつもりなのだ。久しく逢わなかったのだから、訪ねて行くのが楽しみである。歩いているうちにメロスは、まちの様子を怪しく思った。ひっそりしている。もう既に日も落ちて、まちの暗いのは当りまえだが、けれども、なんだか、夜のせいばかりでは無く、市全体が、やけに寂しい。のんきなメロスも、だんだん不安になって来た。路で逢った若い衆をつかまえて、何かあったのか、二年まえに此の市に来たときは、夜でも皆が歌をうたって、まちは賑やかであった筈はずだが、と質問した。若い衆は、首を振って答えなかった。しばらく歩いて老爺ろうやに逢い、こんどはもっと、語勢を強くして質問した。老爺は答えなかった。メロスは両手で老爺のからだをゆすぶって質問を重ねた。老爺は、あたりをはばかる低声で、わずか答えた。「王様は、人を殺します。」「なぜ殺すのだ。」「悪心を抱いている、というのですが、誰もそんな、悪心を持っては居りませぬ。」「たくさんの人を殺したのか。」「はい、はじめは王様の妹婿さまを。それから、御自身のお世嗣よつぎを。それから、妹さまを。それから、妹さまの御子さまを。それから皇后さまを。それから、賢臣のアレキス様を。」「おどろいた。国王は乱心か。」「いいえ、乱心ではございませぬ。人を、信ずる事が出来ぬ、というのです。このごろは、臣下の心をも、お疑いになり、少しく派手な暮しをしている者には、人質ひとりずつ差し出すことを命じて居ります。御命令を拒めば十字架にかけられて、殺されます。きょうは、六人殺されました。」 聞いて、メロス激怒した。「呆あきれた王だ。生かして置けぬ。」 メロスは、単純な男であった。買い物を、背負ったままで、のそのそ王城はいって行った。たちまち彼は、巡邏じゅんらの警吏捕縛された。調べられて、メロスの懐中から短剣が出て来たので、騒ぎが大きくなってしまった。メロスは、王の前に引き出された。「この短刀で何をするつもりであったか。言え!」暴君ディオニスは静かに、けれども威厳を以もって問いつめた。その王の顔は蒼白そうはくで、眉間みけんの皺しわは、刻み込まれたように深かった。「市を暴君の手から救うのだ。」とメロスは悪びれずに答えた。「おまえがか?」王は、憫笑びんしょうした。「仕方の無いやつじゃ。おまえには、わしの孤独がわからぬ。」「言うな!」とメロスは、いきり立って反駁はんばくした。「人の心を疑うのは、最も恥ずべき悪徳だ。王は、民の忠誠をさえ疑って居られる。」「疑うのが、正当の心構えなのだと、わしに教えてくれたのは、おまえたちだ。人の心は、あてにならない。人間は、もともと私慾のかたまりさ。信じては、ならぬ。」暴君は落着いて呟つぶやき、ほっと溜息ためいきをついた。「わしだって平和を望んでいるのだが。」「なんの為の平和だ。自分地位を守る為か。」こんどはメロス嘲笑した。「罪の無い人を殺して、何が平和だ。」「だまれ、下賤げせんの者。」王は、さっと顔を挙げて報いた。「口では、どんな清らかな事でも言える。わしには、人の腹綿の奥底が見え透いてならぬ。おまえだって、いまに、磔はりつけになってから、泣いて詫わびたって聞かぬぞ。」「ああ、王は悧巧りこうだ。自惚うぬぼれているがよい。私は、ちゃん死ぬ覚悟で居るのに。命乞いなど決してしない。ただ、――」と言いかけて、メロスは足もとに視線を落し瞬時ためらい、「ただ、私に情をかけたいつもりなら、処刑までに三日間の日限を与えて下さい。たった一人の妹に、亭主を持たせてやりたいのです。三日のうちに、私は村で結婚式を挙げさせ、必ず、ここへ帰って来ます。」「ばかな。」と暴君は、嗄しわがれた声で低く笑った。「とんでもない嘘うそを言うわい。逃がした小鳥が帰って来るというのか。」「そうです。帰って来るのです。」メロス必死で言い張った。「私は約束を守ります。私を、三日間だけ許して下さい。妹が、私の帰りを待っているのだ。そんなに私を信じられないならば、よろしい、この市にセリヌンティウスという石工がいます。私の無二の友人だ。あれを、人質としてここに置いて行こう。私が逃げてしまって、三日目の日暮まで、ここに帰って来なかったら、あの友人を絞め殺して下さい。たのむ、そうして下さい。」 それを聞いて王は、残虐な気持で、そっと北叟笑ほくそえんだ。生意気なことを言うわい。どうせ帰って来ないにきまっている。この嘘つきに騙だまされた振りして、放してやるのも面白い。そうして身代りの男を、三日目に殺してやるのも気味がいい。人は、これだから信じられぬと、わしは悲しい顔して、その身代りの男を磔刑に処してやるのだ。世の中の、正直者とかい奴輩やつばらにうんと見せつけてやりたいものさ。「願いを、聞いた。その身代りを呼ぶがよい。三日目には日没までに帰って来い。おくれたら、その身代りを、きっと殺すぞ。ちょっとおくれて来るがいい。おまえの罪は、永遠にゆるしてやろうぞ。」「なに、何をおっしゃる。」「はは。いのち大事だったら、おくれて来い。おまえの心は、わかっているぞ。」 メロスは口惜しく、地団駄じだんだ踏んだ。ものも言いたくなくなった。 竹馬の友セリヌンティウスは、深夜、王城に召された。暴君ディオニス面前で、佳よき友と佳き友は、二年ぶりで相逢うた。メロスは、友に一切の事情を語った。セリヌンティウスは無言で首肯うなずき、メロスをひしと抱きしめた。友と友の間は、それでよかった。セリヌンティウスは、縄打たれた。メロスは、すぐに出発した。初夏、満天の星である。 メロスはその夜、一睡もせず十里の路を急ぎに急いで、村へ到着したのは、翌あくる日の午前、陽は既に高く昇って、村人たちは野に出て仕事をはじめていた。メロスの十六の妹も、きょうは兄の代りに羊群の番をしていた。よろめいて歩いて来る兄の、疲労困憊こんぱいの姿を見つけて驚いた。そうして、うるさく兄に質問を浴びせた。「なんでも無い。」メロスは無理に笑おうと努めた。「市に用事を残して来た。またすぐ市に行かなければならぬ。あす、おまえの結婚式を挙げる。早いほうがよかろう。」 妹は頬をあからめた。「うれしいか。綺麗きれいな衣裳も買って来た。さあ、これから行って、村の人たちに知らせて来い。結婚式は、あすだと。」 メロスは、また、よろよろと歩き出し、家へ帰って神々の祭壇を飾り、祝宴の席を調え、間もなく床に倒れ伏し、呼吸もせぬくらいの深い眠りに落ちてしまった。 眼が覚めたのは夜だった。メロスは起きてすぐ、花婿の家を訪れた。そうして、少し事情があるから結婚式明日にしてくれ、と頼んだ。婿の牧人は驚き、それはいけない、こちらには未だ何の仕度も出来ていない、葡萄ぶどうの季節まで待ってくれ、と答えた。メロスは、待つことは出来ぬ、どうか明日にしてくれ給え、と更に押してたのんだ。婿の牧人も頑強であった。なかなか承諾してくれない。夜明けまで議論をつづけて、やっと、どうにか婿をなだめ、すかして、説き伏せた。結婚式は、真昼に行われた。新郎新婦の、神々への宣誓が済んだころ、黒雲が空を覆い、ぽつりぽつり雨が降り出し、やがて車軸を流すような大雨となった。祝宴に列席していた村人たちは、何か不吉なものを感じたが、それでも、めいめい気持を引きたて、狭い家の中で、むんむん蒸し暑いのも怺こらえ、陽気に歌をうたい、手を拍うった。メロスも、満面に喜色を湛たたえ、しばらくは、王とのあの約束をさえ忘れていた。祝宴は、夜に入っていよいよ乱れ華やかになり、人々は、外の豪雨を全く気にしなくなった。メロスは、一生このままここにいたい、と思った。この佳い人たちと生涯暮して行きたいと願ったが、いまは、自分からだで、自分のものでは無い。ままならぬ事であるメロスは、わが身に鞭打ち、ついに出発を決意した。あすの日没までには、まだ十分の時が在る。ちょっと一眠りして、それからすぐに出発しよう、と考えた。その頃には、雨も小降りになっていよう。少しでも永くこの家に愚図愚図とどまっていたかった。メロスほどの男にも、やはり未練の情というものは在る。今宵呆然歓喜に酔っているらしい花嫁に近寄り、「おめでとう。私は疲れてしまたから、ちょっとご免こうむって眠りたい。眼が覚めたら、すぐに市に出かける。大切な用事があるのだ。私がいなくても、もうおまえには優しい亭主があるのだから、決して寂しい事は無い。おまえの兄の、一ばんきらいなものは、人を疑う事と、それから、嘘をつく事だ。おまえも、それは、知っているね。亭主との間に、どんな秘密でも作ってはならぬ。おまえに言いたいのは、それだけだ。おまえの兄は、たぶん偉い男なのだから、おまえもその誇りを持っていろ。」 花嫁は、夢見心地で首肯うなずいた。メロスは、それから花婿の肩をたたいて、「仕度の無いのはお互さまさ。私の家にも、宝といっては、妹と羊だけだ。他には、何も無い。全部あげよう。もう一つ、メロスの弟になったことを誇ってくれ。」 花婿は揉もみ手して、てれていた。メロスは笑って村人たちにも会釈えしゃくして、宴席から立ち去り、羊小屋にもぐり込んで、死んだように深く眠った。 眼が覚めたのは翌る日の薄明の頃であるメロスは跳ね起き、南無三、寝過したか、いや、まだまだ大丈夫、これからすぐに出発すれば、約束の刻限までには十分間に合う。きょうは是非とも、あの王に、人の信実の存するところを見せてやろう。そうして笑って磔の台に上ってやる。メロスは、悠々と身仕度をはじめた。雨も、いくぶん小降りになっている様子である。身仕度は出来た。さて、メロスは、ぶるんと両腕を大きく振って、雨中、矢の如く走り出た。 私は、今宵、殺される。殺される為に走るのだ。身代りの友を救う為に走るのだ。王の奸佞かんねい邪智を打ち破る為に走るのだ。走らなければならぬ。そうして、私は殺される。若いから名誉を守れ。さらば、ふるさと若いメロスは、つらかった。幾度か、立ちどまりそうになった。えい、えいと大声挙げて自身を叱りながら走った。村を出て、野を横切り、森をくぐり抜け、隣村に着いた頃には、雨も止やみ、日は高く昇って、そろそろ暑くなって来た。メロスは額ひたいの汗をこぶしで払い、ここまで来れば大丈夫、もはや故郷への未練は無い。妹たちは、きっと佳い夫婦になるだろう。私には、いま、なんの気がかりも無い筈だ。まっすぐに王城に行き着けば、それでよいのだ。そんなに急ぐ必要も無い。ゆっくり歩こう、と持ちまえの呑気のんきさを取り返し、好きな小歌をいい声で歌い出した。ぶらぶら歩いて二里行き三里行き、そろそろ全里程の半ばに到達した頃、降って湧わいた災難、メロスの足は、はたと、とまった。見よ、前方の川を。きのうの豪雨で山の水源地は氾濫はんらんし、濁流滔々とうとうと下流に集り、猛勢一挙に橋を破壊し、どうどうと響きをあげる激流が、木葉微塵こっぱみじんに橋桁はしげたを跳ね飛ばしていた。彼は茫然と、立ちすくんだ。あちこちと眺めまわし、また、声を限りに呼びたててみたが、繋舟けいしゅうは残らず浪に浚さらわれて影なく、渡守りの姿も見えない。流れはいよいよ、ふくれ上り、海のようになっている。メロス川岸うずくまり、男泣きに泣きながらゼウスに手を挙げて哀願した。「ああ、鎮しずめたまえ、荒れ狂う流れを! 時は刻々に過ぎて行きます太陽も既に真昼時です。あれが沈んでしまわぬうちに、王城に行き着くことが出来なかったら、あの佳い友達が、私のために死ぬのです。」 濁流は、メロス叫びをせせら笑う如く、ますます激しく躍り狂う。浪は浪を呑み、捲き、煽あおり立て、そうして時は、刻一刻と消えて行く。今はメロス覚悟した。泳ぎ切るより他に無い。ああ、神々も照覧あれ! 濁流にも負けぬ愛と誠の偉大な力を、いまこそ発揮して見せる。メロスは、ざんぶと流れに飛び込み、百匹の大蛇のようにのた打ち荒れ狂う浪を相手に、必死闘争を開始した。満身の力を腕にこめて、押し寄せ渦巻き引きずる流れを、なんのこれしきと掻かきわけ掻きわけ、めくらめっぽう獅子奮迅の人の子の姿には、神も哀れと思ったか、ついに憐愍れんびんを垂れてくれた。押し流されつつも、見事、対岸の樹木の幹に、すがりつく事が出来たのである。ありがたい。メロスは馬のように大きな胴震いを一つして、すぐにまた先きを急いだ。一刻といえども、むだには出来ない。陽は既に西に傾きかけている。ぜいぜい荒い呼吸をしながら峠をのぼりのぼり切って、ほっとした時、突然、目の前に一隊山賊が躍り出た。「待て。」「何をするのだ。私は陽の沈まぬうちに王城へ行かなければならぬ。放せ。」「どっこい放さぬ。持ちもの全部を置いて行け。」「私にはいのちの他には何も無い。その、たった一つの命も、これから王にくれてやるのだ。」「その、いのちが欲しいのだ。」「さては、王の命令で、ここで私を待ち伏せしていたのだな。」 山賊たちは、ものも言わず一斉に棍棒こんぼうを振り挙げた。メロスはひょいと、からだを折り曲げ、飛鳥の如く身近かの一人に襲いかかり、その棍棒を奪い取って、「気の毒だが正義のためだ!」と猛然一撃、たちまち、三人を殴り倒し、残る者のひるむ隙すきに、さっさと走って峠を下った。一気に峠を駈け降りたが、流石さすがに疲労し、折から午後の灼熱しゃくねつの太陽がまともに、かっと照って来て、メロスは幾度となく眩暈めまいを感じ、これではならぬ、と気を取り直しては、よろよろ二、三歩あるいて、ついに、がくりと膝を折った。立ち上る事が出来ぬのだ。天を仰いで、くやし泣きに泣き出した。ああ、あ、濁流を泳ぎ切り、山賊を三人も撃ち倒し韋駄天いだてん、ここまで突破して来たメロスよ。真の勇者メロスよ。今、ここで、疲れ切って動けなくなるとは情無い。愛する友は、おまえを信じたばかりに、やがて殺されなければならぬ。おまえは、稀代きたいの不信の人間、まさしく王の思う壺つぼだぞ、と自分を叱ってみるのだが、全身萎なえて、もはや芋虫いもむしほどにも前進かなわぬ。路傍の草原にごろりと寝ころがった。身体疲労すれば、精神も共にやられる。もう、どうでもいいという、勇者に不似合いな不貞腐ふてくされた根性が、心の隅に巣喰った。私は、これほど努力したのだ。約束を破る心は、みじんも無かった。神も照覧、私は精一ぱいに努めて来たのだ。動けなくなるまで走って来たのだ。私は不信の徒では無い。ああ、できる事なら私の胸を截たち割って、真紅心臓をお目に掛けたい。愛と信実の血液だけで動いているこの心臓を見せてやりたい。けれども私は、この大事な時に、精も根も尽きたのだ。私は、よくよく不幸な男だ。私は、きっと笑われる。私の一家も笑われる。私は友を欺あざむいた。中途で倒れるのは、はじめから何もしないのと同じ事だ。ああ、もう、どうでもいい。これが、私の定った運命なのかも知れない。セリヌンティウスよ、ゆるしてくれ。君は、いつでも私を信じた。私も君を、欺かなかった。私たちは、本当に佳い友と友であったのだ。いちどだって、暗い疑惑の雲を、お互い胸に宿したことは無かった。いまだって、君は私を無心に待っているだろう。ああ、待っているだろう。ありがとうセリヌンティウス。よくも私を信じてくれた。それを思えば、たまらない。友と友の間の信実は、この世で一ばん誇るべき宝なのだからな。セリヌンティウス、私は走ったのだ。君を欺くつもりは、みじんも無かった。信じてくれ! 私は急ぎに急いでここまで来たのだ。濁流を突破した。山賊の囲みからも、するりと抜けて一気に峠を駈け降りて来たのだ。私だから、出来たのだよ。ああ、この上、私に望み給うな。放って置いてくれ。どうでも、いいのだ。私は負けたのだ。だらしが無い。笑ってくれ。王は私に、ちょっとおくれて来い、と耳打ちした。おくれたら、身代りを殺して、私を助けてくれると約束した。私は王の卑劣を憎んだ。けれども、今になってみると、私は王の言うままになっている。私は、おくれて行くだろう。王は、ひとり合点して私を笑い、そうして事も無く私を放免するだろう。そうなったら、私は、死ぬよりつらい。私は、永遠に裏切者だ。地上で最も、不名誉人種だ。セリヌンティウスよ、私も死ぬぞ。君と一緒に死なせてくれ。君だけは私を信じてくれるにちがい無い。いや、それも私の、ひとりよがりか? ああ、もういっそ、悪徳者として生き伸びてやろうか。村には私の家が在る。羊も居る。妹夫婦は、まさか私を村から追い出すような事はしないだろう。正義だの、信実だの、愛だの、考えてみれば、くだらない。人を殺して自分が生きる。それが人間世界の定法ではなかったか。ああ、何もかも、ばかばかしい。私は、醜い裏切り者だ。どうとも、勝手にするがよい。やんぬる哉かな。――四肢を投げ出して、うとうと、まどろんでしまった。 ふと耳に、潺々せんせん、水の流れる音が聞えた。そっと頭をもたげ、息を呑んで耳をすました。すぐ足もとで、水が流れているらしい。よろよろ起き上って、見ると、岩の裂目から滾々こんこんと、何か小さく囁ささやきながら清水が湧き出ているのである。その泉に吸い込まれるようにメロスは身をかがめた。水を両手で掬すくって、一くち飲んだ。ほうと長い溜息が出て、夢から覚めたような気がした。歩ける。行こう。肉体の疲労恢復かいふくと共に、わずかながら希望が生れた。義務遂行希望である。わが身を殺して、名誉を守る希望である斜陽は赤い光を、樹々の葉に投じ、葉も枝も燃えるばかりに輝いている。日没までには、まだ間がある。私を、待っている人があるのだ。少しも疑わず、静かに期待してくれている人があるのだ。私は、信じられている。私の命なぞは、問題ではない。死んでお詫び、などと気のいい事は言って居られぬ。私は、信頼に報いなければならぬ。いまはただその一事だ。走れ! メロス。 私は信頼されている。私は信頼されている。先刻の、あの悪魔の囁きは、あれは夢だ。悪い夢だ。忘れてしまえ。五臓が疲れているときは、ふいとあんな悪い夢を見るものだ。メロス、おまえの恥ではない。やはり、おまえは真の勇者だ。再び立って走れるようになったではないか。ありがたい! 私は、正義の士として死ぬ事が出来るぞ。ああ、陽が沈む。ずんずん沈む。待ってくれ、ゼウスよ。私は生れた時から正直な男であった。正直な男のままにして死なせて下さい。 路行く人を押しのけ、跳はねとばし、メロスは黒い風のように走った。野原で酒宴の、その宴席のまっただ中を駈け抜け、酒宴の人たちを仰天させ、犬を蹴けとばし、小川を飛び越え、少しずつ沈んでゆく太陽の、十倍も早く走った。一団の旅人と颯さっとすれちがった瞬間、不吉な会話を小耳にはさんだ。「いまごろは、あの男も、磔にかかっているよ。」ああ、その男その男のために私は、いまこんなに走っているのだ。その男を死なせてはならない。急げ、メロス。おくれてはならぬ。愛と誠の力を、いまこそ知らせてやるがよい。風態なんかは、どうでもいい。メロスは、いまは、ほとんど全裸体であった。呼吸も出来ず、二度、三度、口から血が噴き出た。見える。はるか向うに小さく、シラクスの市の塔楼が見える。塔楼は、夕陽を受けてきらきら光っている。「ああ、メロス様。」うめくような声が、風と共に聞えた。「誰だ。」メロスは走りながら尋ねた。「フィロストラトスでございます貴方のお友達セリヌンティウス様の弟子でございます。」その若い石工も、メロスの後について走りながら叫んだ。「もう、駄目でございます。むだでございます。走るのは、やめて下さい。もう、あの方かたをお助けになることは出来ません。」「いや、まだ陽は沈まぬ。」「ちょうど今、あの方が死刑になるところです。ああ、あなたは遅かった。おうらみ申します。ほんの少し、もうちょっとでも、早かったなら!」「いや、まだ陽は沈まぬ。」メロスは胸の張り裂ける思いで、赤く大きい夕陽ばかりを見つめていた。走るより他は無い。「やめて下さい。走るのは、やめて下さい。いまはご自分のお命が大事です。あの方は、あなたを信じて居りました。刑場に引き出されても、平気でいました。王様が、さんざんあの方をからかっても、メロスは来ます、とだけ答え、強い信念を持ちつづけている様子でございました。」「それだから、走るのだ。信じられているから走るのだ。間に合う、間に合わぬは問題でないのだ。人の命も問題でないのだ。私は、なんだか、もっと恐ろしく大きいものの為に走っているのだ。ついて来い! フィロストラトス。」「ああ、あなたは気が狂ったか。それでは、うんと走るがいい。ひょっとしたら、間に合わぬものでもない。走るがいい。」 言うにや及ぶ。まだ陽は沈まぬ。最後の死力を尽して、メロスは走った。メロスの頭は、からっぽだ。何一つ考えていない。ただ、わけのわからぬ大きな力にひきずられて走った。陽は、ゆらゆら地平線に没し、まさに最後の一片の残光も、消えようとした時、メロス疾風の如く刑場に突入した。間に合った。「待て。その人を殺してはならぬ。メロスが帰って来た。約束のとおり、いま、帰って来た。」と大声で刑場の群衆にむかって叫んだつもりであったが、喉のどがつぶれて嗄しわがれた声が幽かすかに出たばかり、群衆は、ひとりとして彼の到着に気がつかない。すでに磔の柱が高々と立てられ、縄を打たれたセリヌンティウスは、徐々に釣り上げられてゆく。メロスはそれを目撃して最後の勇、先刻、濁流を泳いだように群衆を掻きわけ、掻きわけ、「私だ、刑吏! 殺されるのは、私だ。メロスだ。彼を人質にした私は、ここにいる!」と、かすれた声で精一ぱいに叫びながら、ついに磔台に昇り、釣り上げられてゆく友の両足に、齧かじりついた。群衆は、どよめいた。あっぱれ。ゆるせ、と口々にわめいた。セリヌンティウスの縄は、ほどかれたのである。「セリヌンティウス。」メロスは眼に涙を浮べて言った。「私を殴れ。ちから一ぱいに頬を殴れ。私は、途中で一度、悪い夢を見た。君が若もし私を殴ってくれなかったら、私は君と抱擁する資格さえ無いのだ。殴れ。」 セリヌンティウスは、すべてを察した様子で首肯うなずき、刑場一ぱいに鳴り響くほど音高くメロスの右頬を殴った。殴ってから優しく微笑ほほえみ、「メロス、私を殴れ。同じくらい音高く私の頬を殴れ。私はこの三日の間、たった一度だけ、ちらと君を疑った。生れて、はじめて君を疑った。君が私を殴ってくれなければ、私は君と抱擁できない。」 メロスは腕に唸うなりをつけてセリヌンティウスの頬を殴った。「ありがとう友よ。」二人同時に言い、ひしと抱き合い、それから嬉し泣きにおいおい声を放って泣いた。 群衆の中からも、歔欷きょきの声が聞えた。暴君ディオニスは、群衆の背後から二人の様を、まじまじと見つめていたが、やがて静かに二人に近づき、顔をあからめて、こう言った。「おまえらの望みは叶かなったぞ。おまえらは、わしの心に勝ったのだ。信実とは、決して空虚妄想ではなかった。どうか、わしをも仲間に入れてくれまいか。どうか、わしの願いを聞き入れて、おまえらの仲間の一人にしてほしい。」 どっと群衆の間に、歓声が起った。「

anond:20210712125327

2021-07-08

anond:20210707122109

見てたのはおっぱいです。

ぶるんぶるんゆらしてたのはおねえさんで。

見られたかなああのなら揺らさなければいいのでは?

2021-06-24

anond:20210624194808

増田では「ほらな、女は都合のいいときだけ権利を主張し、都合の悪いとき被害者ぶるんだ!」って言われるやーつ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん