「特別給付金」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 特別給付金とは

2021-04-29

この1年を振り返ってみた

正直あまり明確には覚えてない。

いまあれこれ言っても後知恵になってしまうだろうから政府などの擁護できる部分はなるべくそうすることでバランスを取りたいと思う。

初期〜第一緊急事態宣言

クルーズであるダイヤモンドプリンセス号で感染蔓延確認された。政府隔離措置を取り、乗員を下船させないまま医療関係者専門家を送り込んで防疫や治療などに当たることになった。

この1ヶ月ほど前に中国で新種の病気が広がっているという話はあったものの、やはり日本としては急に降ってきた事案だろう。対応がおぼつかないのは仕方ないと思う。

それでも専門家から見れば不手際は目立つし、実際に万全だったとは言い難いだろう。船内隔離にしても「入口が違うだけ」などのお粗末さはあった。

感染症のリスク評価も甘いまま乗客おろし、客はその足で公共交通機関を使って寿司屋に行ったことが報道されるとブーイングが起きたりもした。当時はまだそこまで危機感がなく、下手に私権制限するよりはそうするのが無難だったという判断もわからなくはない。

 

あれよあれよと感染が広がって緊急事態宣言を出す出さないで少し揉めたあと、初めて宣言が出された。

宣言自体に法的な強制力はなく都庁レインボーブリッジが光るだけなどと言われたが、国民意識は少し変わったと思う。マスクの着用率は急増してほぼ100%に近くなり、出入り口に消毒液を設置する店舗も増えた。官民問わず手探りで事態模索していたように思える。

マスクや消毒用アルコール在庫が払底して気軽に買えなくなってしまった。そこで政府が配った布マスクはアベノマスクなどと揶揄されていたが、政府が一括で購入して国民に配布するというアイデア自体は悪くなかったと思う。実行する能力にやや欠けていたのは政府というより官僚問題だと言えるかもしれないし、それを見切れずに強行した政府の責任とも言えるかもしれない。

このとき配られたアベノマスク安倍首相は退任までずっと着用していた。ただのパフォーマンスだというのは簡単だが、それでもやるべきことはきちんとやっているわけで、俺はこの点をけっこう評価している。会食禁止と言いつつ会食してる人々に比べれば圧倒的に真摯な態度だろう。

医療マスクなども手に入りづらい状況が続いていたが、こちらはどのような措置が行われたのか知らない。ツイッターで見るかぎり何もしてなかったわけではなさそうだし、ブルーインパルスを飛ばす以外にもなんらかの支援はあったようだ。

また給付金として10万円が支給されることが決まりバタバタはしたもの比較的早く国民の手に届いたのではないかと思う。事業主などへの特別給付金がどうだったかはあまり詳しくないが、大学生が軽い気持ちで詐取できる程度には審査などがゆるく、こちらもスピードハードルの低さを重視していたと思う。

小学校を急に閉鎖したりなど、とにかくいろんなことを慌ただしく実施していた印象があり、それらへの批判も出ていたが、なんだかんだで国民の側も混乱があったためお互い様だったと思う。

第一緊急事態宣言首相交代

第一緊急事態宣言が解除されたあとは、なんというか、漠然としていた気がする。感染者数は低い水準に留まり続けていた。

街を歩く人のほとんどはマスクをつけていたし(高リスク群の高齢者に限ってはなぜか着用率が低い印象があるが)、消毒液の設置率や利用率も高かったと思う。

飲食店でも対応が進み、換気装置を入れたり衝立を置いたりし始めていた。

3密やソーシャルディスタンスなどのキーワード意識されていたと思うが、東京以外でもそうだったのかは知らない。

この機会にテレワークを導入する企業散見されたと思う。ハンコ大臣が辞めたのもこの時期だったか

なんとなく、少しずつ、感染予防の意識が高まり対応も進み、敢えて反発するような人も少なく、小康状態が続いていた、というのが一市民としての感想だ。

政府がどういう動きをしていたかいまいち思い出せない。首相が交代したのは2020年8月ごろだった。

首相の息子と官僚利益供与を疑われるような状況下で会食をするなどがあったが、首相自身はもっぱら携帯電話料金の引き下げに意欲を示していた。

首相交代〜第二次緊急事態宣言

上記のようななんとなくの生活が続いていたが、感染者数が増えてきたということで、第二次緊急事態宣言が発出される。

今回は給付金もなく、マスク枯渇などの危機もなく、第一次に比べると日常の延長線上にあるかのようなものだったと思う。

二次緊急事態宣言はいまいち影が薄いが、制限は強くなっている。象徴なのは20時以降の飲食店営業自粛要請だ。ここで夕食難民が発生することになった。

以前から、深夜営業しているレストランコンビニ利用者こそ少ないもの需要はあると言われてきた。20時というのは少し残業すれば到達してしまう宵の口でもあるため、夕食を食べられないサラリーマンなどが急増した。

帰宅に片道1時間かかるような人なら、空腹のまま帰宅してから何か食べるより、コンビニで何かを買って駅や公園などで食べることを選んでもおかしくないだろう。あるいは営業している貴重な飲食店に集まることになる。

20時以降の営業自粛要請で防ぎたかったのはいわゆる飲み会なんだろうが、あまりにも副作用が大きかったと思う。そういう苦労に巻き込まれた人が、もっとも防ぎたかったであろう深夜の飲み会での感染発生を、よりによって厚労省役人が起こしたというニュースをどのように見たか政府想像できるのだろうか。

「気の緩み」というのであれば、まさしく厚労省こそが真っ先に非難されるべきだろう。そこをうやむやにしたまま国民に高圧的に指図するような態度もまた反感を買うものしかない。

国政はもっぱらオリンピックでごたごたしていたような気がする。地方自治体都庁に引きこもって沈黙するかテレビ毎日しゃべるなどの激務をこなしていたようだが、対策をきちんと進めていた自治体もあった。つまり、これといって統一的な基準目標などは共有されておらず、各自バラバラに動いていた。

二次緊急事態宣言現在

第三次緊急事態宣言が直前に予告され、いま現在はその状況下にある。

制限さらに強くなり、東京都では酒類提供禁止や夜間のネオン消灯など、強制力こそないもの制限事項は確実に増えている。

一方で国民の側も路上公園などで酒盛りを始める人が出てきた。大阪府では病床がパンクした。

IOC会長かなにかが来日するのに合わせて緊急事態宣言は解除される。

雑感

首相になってから途端にしょぼくなったように見えるんだけど、新任による不慣れから来るものでもなさそうで、なんなんでしょうねこれ。

2021-01-05

特別給付金を配りまくればいいじゃん

将来税金が上がるとかいう奴がいるけど俺は低年収で低税率なんでほとんど関係ないっすね

2020-12-16

勝負の3週間」、戦いの記録

本日12月16日をもってコロナとの戦い所謂勝負の3週間」が終わる。全日本国民の功績を後世に伝えるため、その戦いぶりを以下に記す。過不足あれば随時更新する。

11月25日(新規1930、死亡21、重症410

11月26日(新規2499、死亡29、重症435)

11月27日(新規2510、死亡23重症440)

11月28日(新規2674、死亡32、重症462)

11月29日(新規2041、死亡13、重症472)

11月30日(新規1429、死亡20重症493)

12月1日(新規2019、死亡33重症488)

12月2日(新規2419、死亡41、重症497)

1週目最終日。直近1週間の陽性率6.26%(検査数:249127)

12月3日(新規2507、死亡27、重症505)

12月4日(新規2425、死亡43、重症520

12月5日(新規2497、死亡32、重症519)

12月6日(新規1999、死亡20重症530)

12月7日(新規1502、死亡47、重症536)

12月8日(新規2148、死亡38、重症555

12月9日新規2802、死亡45、重症543)

2週目最終日。直近1週間の陽性率6.42%(検査数:247247)

12月10日(新規2948、死亡37、重症554)

12月11日(新規2781、死亡32、重症578)

12月12日(新規3012、死亡28重症583)

12月13日(新規2373、死亡23重症588)

12月14日(新規1662、死亡58、重症592)

12月15日(新規2402、死亡45、重症618)

12月16日(新規2987、死亡51、重症605)

3週目最終日。直近1週間の陽性率6.18%(検査数:293671)

〜〜〜(「勝負の3週間」終了) 〜〜〜

12月17日


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(12/18) ブコメの指摘見て直してる。ありがとう

さすがに全部は記録できないかタイトル変えた。

統計の数値は厚生労働省オープンデータより https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/open-data.html

2020-11-27

仮に残りの8000万人がマイナンバーカードを所持しだしたら役所死ぬ

現役の公僕です。都内役所で働いています特定されない範囲で書いていきます。かなりの長文です。

今、ニュースでは「国がマイナンバーカードを持っていない人たちに申請書送るからさっさとカード作ってね」みたいな報道がされているかと思います

これはうちの役所では確か今から1か月くらい前だったと思います総務省から都道府県を通じてそのような旨の連絡が事前に来ていました。

「令和2年12月以降複数回分けて申請書をJ-LIS地方公共団体情報システム機構のこと。マイナンバーカードを作ってるところ)から国民へ発送するから住民からの問い合わせとか対応はそっちでよろしく~」みたいな感じで。

周りの職員からは怒りの声しかあがりませんでした。

国は現場を何も知らないからそんな強引なことが言えるのだ、と。

ちなみにうちの市のマイナンバーカード所持率は20パーセント弱で、だいたい全国平均とほぼ同じくらいですが、既にマイナンバーカード新規交付や再交付事務処理で人手が絶望的に足りない状況です。

市民の方々が土日でもマイナンバーを受け取れるように、緊急的に予算の許す限り会計年度職員非正規職員)を雇って、窓口を平日夜間も土日もフル稼働させていますがそれでもあまりに厳しい状況です。

さら出張所の職員たちにも協力してもらって出張所でもカードを受け取れるようにして拡充を図りましたが、新規申請してカードが出来上がっているのに受け取り予約できずにいる人たちがまだまだ数千人単位で残っています

所持率20パーセント弱でこれなので、国が目指している所持率100パーセントまり国民マイナンバーカードを持つようになったら、完全に役所事務量的にパンクして死にますだって、所持率が増える見込みはあっても減る見込みはないのですから

でも本当の地獄はこれからなのです。

地獄その① 2025年問題が絶対に来る

まず、マイナンバーカードについて簡単にですが説明します。

マイナンバーカードというのは2015年にマイナンバー制度のもと運用が開始されました。2015年にマイナンバー通知カード緑色の紙のやつ)が届いてすぐ申請した人もいるかと思います

そしてマイナンバーカードには電子証明書というのが搭載されています。ちなみに電子証明書は2種類あって、署名電子証明書利用者証明電子証明書があります

それぞれの電子証明書の詳細はここでは割愛しますが、電子証明書には「カード発行日より5回目の誕生日まで」と有効期限が設定されています。(要するに5年間有効。)

さらにややこしいですが、マイナンバーカード本体有効期限というのも存在します。大体の人は「カード発行日より10回目の誕生日まで」とされています。(要するに10年間有効。厳密にいうと未成年者は5年間、永住者じゃない外国人在留ビザ有効期限と同一。)

もうお気づきの人もいるかと思いますがつまり2025年問題とは、2015年にマイナンバーカードを作った人のカード本体更新2020年にマイナンバーカードを作った人の電子証明書更新が重なってしまい、役所事務量的にパンクして死ぬということです。

これはうちの役所だけでなく、全ての地方自治体がおそらく一番恐れていることだと思います

2015年のはともかく「なぜ”2020年に”マイナンバーカードを作った人に限定されるの?」と思う人いるかもしれません。

それはなぜかといえば、10万円の特別給付金マイナポイントが大きくかかわっているからです。

10万円の特別給付金申請というのが今年5月頃にあったかと思います給付金申請書がなかなか送られてこないかマイナンバーカードがあればネット申請できるということで多くの方がネット申請したと思います

そしてマイナポイントというのが今年9月からスタートしました。20000円チャージすると5000円分ポイントがついてくるっていうアレです。

それらのせいでカード新規申請者が爆発的に増えました。つまり、5年後の2025年に電子証明書更新必要な人が爆発的に増えたのと同じです。

からしたら所持率アップにつながったと喜ぶかもしれませんが、うちらからしたら政府関係者全員ぶん殴りたくなるくらい窓口が混んでしまいました。

2025年にはその比じゃないものすごいレベル役所が混むと思います。というか絶対に混みます。そして、役所は死にます

これは、どちらか一方が1年でもずれていれば回避できたかもしれないですね。

地獄その② 増やしたくても増やせない

しかしたら「役所パンクするのを分かっているなら人員を増やしたり機械を増やしたりすればいいんじゃないの?」という声もあるかと思います

予算がおりれば人員は増やせるかもしれません。また、増やせなくても出張所の職員さらに協力してもらって休日出勤させれば人手不足に関しては何とかなるかもしれません。(かなり反発されるとは思いますが)

しかし人を増やしてもマイナンバーカード事務処理に使用する機械、つまり統合端末”というのが増やせないのです。(各自治体がもつ住民記録システムとは違います

統合端末というのは、マイナンバーカード交付処理や電子証明書の発行や更新処理で絶対になくてはならないものです。

しかし、統合端末の台数制限というのが自治体に設けられています。確か1つの市区町村自治体で最大130~140台だったと思います

ちなみにうちの市は最大数J-LISから借りています。これ以上増やせないのです。

仮になんとかして強引に増やせたとしても、今度は市のサーバーJ-LISの全国サーバーを結ぶ回線の同時接続数がネックになります

実はこの同時接続数=その市区町村が持つ統合端末の台数、ではないのです。

同時接続数<統合端末の台数の台数 なのです。

まり、全ての統合端末を使って一斉に接続しようとするとタイムアウトエラーが発生し、交付事務電子証明書事務が止まり、正常に手続きできなくなるのです。

そしてその不利益を被るのは住民なのです。何とか予約してカードを受け取りに役所に来たら機械エラーが出ちゃって「ごめん今日無理だからまた予約取り直して来て」と言われたら、誰だってぶち切れますよね。

地獄その③ 本音では窓口に来てほしくないけど、でも来てもらわなきゃ困る

しかしたら「マイナンバーカードを窓口で受け取らせる仕組みがおかしい。クレジットカードみたいに家に直接送ることはできないのか?」と思う人もいるかと思います

結論から言うと、できなくはないが"推奨されていない"からできません。

どういうことかというと、まず、申請からマイナンバーカードが出来上がるまでの過程を整理させてください。

1:マイナンバーカード交付申請書(QRコード付き申請書のこと。)を住民役所に依頼する。
2:職員統合端末を使って交付申請書を作成し、住民に手渡す。
3:住民交付申請書を使って郵送やスマホなどで申請する。
4:申請された情報をもとにJ-LISカード作成・発行される。
5各市区町村J-LISからできあがったカードが送付される
6:カードが届いた後、職員交付前の事務処理をして、いつでも交付できる状態にした後申請した住民交付通知書を発送する
7:交付通知書を受けとった住民カードの受け取り予約をする。
8:受け取り日に住民が窓口に来てカード交付する。おしまい

上記過程は、交付時来庁方式とよばれるもので、おそらくほとんどの自治体がこの方法カード交付していると思われます

しかしもう一つ別の交付方法があります

それが申請時来庁方式です。

申請時来庁方式とは、住民カード申請する際に交付申請書に必要事項を書いたうえで先に顔写真を撮って、カードが出来上がったら本人限定郵便市区町村から送付する方法です。

先ほどの交付時来庁方式との一番の違いは、住民からすればカードを受け取るためにわざわざ役所に行く必要がないという点です。

まり上記過程でいえば1の時に顔写真を撮ってしまって、6の時に交付通知書ではなくカードのものを送ってしまうのです。

そうすれば7と8が省けるので役所住民もめちゃくちゃ楽なのです。

しかしこのやり方は、国からは推奨されていない方法なのです。

なぜかといえば、マイナンバーカードというのは基本的に本人以外の誰にも知られないようにしなきゃならない"マイナンバー"というのが記載されているので、"カード交付時に"本人であることを顔認証して厳格に確認したうえで手渡すことがルールとなっているためです。

ということは、申請時来庁方式では一応1の時に顔写真付き身分証明書を使って本人確認できれば"カード交付時に"役所職員本人確認を取らずに郵送できるため、この方法は国からしたら「やるなとは言わないけど、できればやめてほしい」方法なのです。

ちなみにこの方法で何かしら被害が出た場合に国は責任を取りません。だって"推奨されていない"から

補足ですが、申請時来庁方式をおこなっている役所に友人がいたため色々話を聞いたことがありますが、本人限定郵便で送ったとしても本人が不在だったので渡せず、しか郵便局の保管期限が過ぎて役所返戻された例や、本人が身分証明書を何も持っていないため家で受け取れずにカードが戻ってきてしまったという例が少なくないみたいです。

よく考えてみれば、身分証明書がないかマイナンバーカード申請したのに、家で受け取ろうとすると身分証明書必要になるって、意味が分からないですよね。

また、本人限定郵便普通郵便よりもコストが高く、それをすべての住民に送ろうとしたら普通にめちゃくちゃお金がかかります。そして各住民カードの送付状況や返戻状況を確認するコストもかかります

とにかく、そういった色々な理由で少なくともうちの市では、交付時来庁方式カード交付しています

結論 やっぱりどうあがいても役所死ぬ

マイナンバーカードを作らないでくださいとは言いません。マイナポータルというのがどんどん便利なものになれば、マイナンバーカードを所持したくなる人は増えると思います

しかし、今の国の方針を見たら、カードを持ちたくなるようなインセンティブが全くないので「作らなくていいや」と思う国民8000万人もいるのは当たり前です。

せめて、マイナンバーカードがあれば確定申告ものの数分で終わらせられるとか、税金引っ越しとか各種申請ネット簡単にできて完全に役所に行かなくても何でもできちゃうくらいのレベルに持っていければ、個人的にはみんなカード持ちたがるのかなと思います

押印廃止エクセルの作り方とか、評価できる点はありますが、正直先が暗くてやってられないですよほんとに。

2020-11-14

anond:20201114071912

まあ、この手の問題女性就労し始めたあたりから分割して統治せよがずっとされている感じがするけど、今回もそれな。

正直、特別給付金がなくなることに反発を覚えたけれど、夫婦合算での計算になるというのに溜飲を下げた自分がいる。

ここ最近はずっと専業主婦という無償労働者の立場を弱め、鞭を打つような政策ばかり打ちすぎた。

格差問題だと言いながらも、高所得者配偶者に稼ぐインセンティブ与える政策はどうなんだろうと思ってた。

何かあれば「私は仕事があるから」と逃げる地域活動PTAフリーライドしている我儘なワーキングマザーイライラしてた。

鞭を打ちながらも実働部隊専業主婦というPTAやら地域活動やらに余計な仕事押し付け行政にも疑問を感じていた。

今回のこれはその辺は平等にやってくれたんだという印象がある。だから、嫌だけど溜飲は下がる。

...まあ、こうすればトピ主みたいな人たちとは結託しないから、分割統治されてるなーとは思ってるよ。

2020-11-02

大阪市民だけど、前回・今回の住民投票では分断を感じて怖かった。

 ※私の小さい観測範囲内での感想です


普段から親しい間でも政治の話はしないようにしているが、こと「(いわゆる)都構想」の話になると、自分から賛成・反対の意見を言い、そして自分意見と逆の人を強く否定する人をネットでもリアルでも見かけるようになった。


反対多数の結果を踏まえて今後は属性ごとの賛成・反対の割合が詳細に分析されていくのだと思う。支持政党年代性別、住んでいる地域(区)によって、他にも大阪市に住んでいる期間の長さや、働いているかいないかなどの属性関係あるかもしれない。(分析される内容については非常に興味を持っている)

ただ、分析がされるごとに、「市民は正しい判断をした」とか「〇〇に選挙権を与えるな」とか「〇〇区民は大阪市から出ていけ」という意見が出るんだろうなと思っている。怖いのでしばらくSNSは控えておく。


0か100か、敵か味方か、勝ったから負けた方は言うことを聞け、正しい判断をした!とかそういうのはもうやめてほしい。結果がこれほど僅差であるということは、どちらか選ぶということは非常に難しいのだ。反対意見否定するだけではなく、お互いに歩み寄り、落としどころを見つけて行くことはできないだろうか。

綺麗ごとだというのは分かっているが、少しくらい希望を持たせてほしい。


私も相手自分意見押し付けたり、相手否定することがないよう、自分自身をも戒めていかなければと思った。



↓以下、その他個人的感想


大阪市在住の友人・知人の間で住民投票の件は話題に上がらなかった。

 一部、自分から話題にする人は、賛成・反対の立場を明確にしていた。

 普段温厚な友人が「現役世代ではない世代選挙権があるのはおかしい」と言ってたり、

 職場の同僚が「私は反対です!賛成する人は市を廃止する意味が分かっていない」と言ったり、

 「アッこの話はやめよう」となった。


大阪市以外の大阪府民の関心が高いように感じた。

 大阪府以外の近隣県民の関心はそれほど高くないように感じた。

 投票権がない人からよく出た質問は「結局都構想って何?何が争点になっているの?」だった。

 それに答えられる人はあまりいなかったように思う。


・結果が僅差になることは事前調査で分かっていたが、どちらの結果になっても「大阪で勝った方」が

 国政への影響が強くなるということに疑問を感じていた。

 「僅差」な違いでしかないのに、どうしてそうなるんだ?

 なのでどちらに投票するか真剣に悩んだ。

 維新を支持しているかどうかと、市を解体して特別区を設置することに賛成するかどうかは、

 別の話なんじゃないのかと思っていたが、そうではないようだ。

 (それが政治だと言われればそうなのかもしれないが、腑に落ちない)


・これだけ結果が僅差なのに開票86%くらい(NHK)で「反対確実」になった理由が分からなかった。

 (無知すみません)


・「市民サービスってなんだ?」と考えるきっかけにはなった。

 私個人としては満足している内容もあるが、改善してほしい点もある。

 水道料金は他市に比べて安いと思う。

 区役所での対応は丁寧で、職員さんがわかりやす説明してくれる。(満足)

 休日住民票発行などの対応してもらえる出張所がない。

 特別給付金支給は他市に比べて2~3週間遅かった。


最後に、私は今回期日前投票に行きましたが、非常にスムーズ投票できました。

土日に対応してくださり、ありがとうございます

今回の投票に関わった職員の皆様、本当にお疲れ様でした。

2020-10-04

生活保護受給者タバコ買ったら駄目っていうのであれば

酒、タバコの愛飲者はこないだの特別給付金10万は辞退しないといけない理屈に容易に結びつけられそうなんだが

そこんところは理解してるのかな。

2020-09-14

anond:20180424102112

言いたいことは何か分かるけど、適度に人の手を経由した方がやりやすいこともあるんじゃないかな。

例えばスーパー自動支払い機の例だけど、私は導入されたときに嬉しかった。小銭を使おうとして店員の目の前で財布の中を引っかきまわす居心地の悪さや、大した買い物でもないとき一万円札五千円札を出すときの気まずさから解放されたから。コンビニだと商品自分でピッと読み込むセルフレジまで出てきたけど、結局慣れてる店員さんにレジで処理してもらう方が早かったりする。

どこの業界でも人手を減らす一方で、手間のかかることはやりたがらないし、細やかなサービスを求めると結局時間がかかってしまう。賑やかな居酒屋で、なかなか来ない店員を待つより、タブレットで好きなタイミングで注文できる方がお互いに幸せではないだろうか。

別に今のシステムが最高だとは思ってないし、職場システムなんか使いにくいところだらけだけど、いろいろなシステムをつないで自由データのやり取りができるようにすると重要情報漏洩すると思い込んでいる人たちがシステム構築を牛耳っているからそうなってしまうのだと思う。

特に役所系は、縦割りがひどすぎて特別給付金支給や新型コロナ感染者数把握などに手こずったわけだが、何で同じ仕事をするのに自治体によって別々のシステムを使ったりするのか理解できない。

結局上の人たちが自治体の垣根を超えて、統一的なシステムを作ろうとしないと今の非合理的仕事のやり方は改善出来ないと思う。結局IT技術知識がどうこうの前に、それぞれの仕事合理化するのにどんなシステム採用するかを考え直さないかぎり、どうにもならないと思う。

システム専門家がどうこう言うより、偉い人たちの意識改革必要だと思う。

2020-08-30

これはもう、書類の書き方がわかっていない。

自身責任に帰すべきでない理由

コロナ書類を貰いに行って、コロナ特別給付金なのに

どこをどうやったら、コロナ以外に理由があるんだろう。

 ↓

それなら、コロナって書けばいいだろう

 

うむ。だから、わかってないなと窓口に人が来なくなる。

このコロナで窓口に人が少ないということを、どれだけ恐怖しているかわかってない。

□ コロナ □ コロナ以外(いか理由記載

と書けない とわかった。

 

これ、水際作戦で、申請させないようにしてるんだよね? あんまりだっておもう。

でも、1週間で1行ぐらい、すすんでるよ。

2020-08-08

コロナ特別給付金はがきをうけとった6月頃の赤い封筒にって

あのさ

その封筒を受け取ってないから、申し込んでないわけで

はがきを送ってとどくなら なぜこの葉書に申込欄を付けて往復はがきにしない?

理由を教えてくれ

届いてないってわからないんだろうか?

いつから普通郵便は100%になった?

98%でも200万世帯が不着なのだが、国がわからないはずがないゆえに なぜそんなことが書いてあるのか理解ができない。

 

なぜ、なんどもなんどもしつこくしつこく 連絡のたびに申請用紙をくつつけない?

偏差値40台

 

はがきがとどいて やったーこれでおれも10万円応募できるーとおもったら6月頃の郵便物にとしかかいていないおれの気持ちをさっしてくれ

どうかんがえても 何が歯科事故による不着が最多で国民の2% 2百万人でおきていないとおかしいんだが・・・

 

ぼくの主張(1) まとめ 予算が足りません大臣

     (2) AKB48握手会は10秒1000円より

2020-08-03

anond:20200803135528

いや、この状況下でもそれなりの収入可処分所得がある人はお金を使った方がいいと思うんだけど…

普段まり外食をしないうちの両親は、特別給付金をもらったらせっせと外食産業に金を落として歩いていたぞ。そんなに高い店には行ってないと思うので、どの程度業界危機を救えるか分からないけど、心がけとしては良いことだと思った。

私も普通に給料ボーナスももらえたので少し意識してお金を使った方が良いかなと思ってる。旅行もすごく行きたいのだが、あいにく都民なので先方から拒否されそうだ…。

2020-07-07

国勢調査強行する日本マジで氏ね

もうストレスメンタルが爆発しそうだから吐き出したい。

キラキラ総務省国勢調査を強行するつもりらしいが、あまりにも世間とズレすぎてる。

「非接触方法調査します!」って言った中身がインターホン越しでの対応とかバカにしてんの?

それに「オンラインでの回答を推進します!」ってじゃあテメーらその為に何してくれんの?

結局芸能人起用して広報しましたくらいしかしてねーじゃん。

そもそもオンライン回答なんて、十万円もらえる特別給付金申請ですら両手で数えられる人数の人くらいしか申請がない高齢者が多いウチの地元じゃ頭数にも入んねーよ。

それに国勢調査なんてポストに突っ込んで回答くれるとこなんて半分あれば良い方で、お年寄りには項目一つ一つ説明して聞き取らなきゃまともに回収出来ないのわかってる?エリート官僚にはわかんねーだろうな。

正直こんなクソみたいな対策だけでこのコロナ渦中に強行するなんて愚行だよ。

クソ統計じゃなかった基礎統計であり根幹を担う統計なのは理解してるし、定時性が求められるのも理解はするが、なぜ強行するのかがわからん。どう考えても1年ないし2年ずらすべきだろう。

加えてこの豪雨災害で更に市町村人員を割かれるからな。

自民党党大会コロナで中止するのに国勢調査は強行するなんてこの国、この内閣はクソやな。救いようがないよ

2020-06-01

マイナンバーについて無知すぎる記事

https://mainichi.jp/articles/20200531/k00/00m/040/139000c

記事は、無料記事の部分だけでも、おかしい所が満載なので、自分メモ代わりにおかしいと思われるところを書いておこう。

政府国民が開設する全ての預貯金口座情報とのひも付け(連結)を義務化する検討に入った。

から検討はしてるんだが。義務化とは何を義務化しているのか分かってるのだろうか。

銀行口座マイナンバーを「銀行が」ひもづけるだけ。誰に何を義務付けるか、全く分かってない記事に見える。もちろん銀行側にマイナンバーの紐づけを義務付けるわけだ。個人が紐づけを拒んだ場合は、銀行から解約していいことになるのだろう。細かいことは知らないが。

あと、根本的に勘違いをしているのではないだろうか。この検討は、「政府が」銀行口座マイナンバーをひもづけるわけ「ではない」。よって政府銀行口座情報を持つわけでは全くない。ちゃんとわかってるのだろうか?あくまで、銀行側の業務として、マイナンバーを紐づけるだけだ。

マイナンバー機能しなかったことが背景にあり、

2020年5月に始めた特別給付金には、何の関係もない。もし現在紐づいていたとしても、今回の給付金にはマイナンバー使用していないのだから無関係だ。

政府国民資産状況を正確に把握することが可能

ここだけは合ってる。ただし不正確だ。いまでも国民資産を正確に把握できるが「効率的」にできる「可能性」があるだけ。重要なのは効率的になる可能性」の話なのであって、それも、今後のシステムをどう作るかにかかってる。

現行法マイナンバーと口座情報ひも付けを認めていない。ひも付けさせる場合は本人の同意必要で、金融機関任意で行っている

文章推敲されてないようだが。「認めていない」のに、銀行任意で行ってるのはおかしいだろうに。認めていないのか、認めてる(==金融機関が行ってる)のかどっちなんだ。当然もうすでに認められてる。

減収状況を給与明細などで申請しなければならない複雑な手続き批判殺到

給与明細はもうすでにマイナンバーはついてる。なので、今既に、減収状況はマイナンバーで把握しようと思えばすぐ把握できる。

複雑な手続きをする必要があるのは、今全くマイナンバー周辺のシステム的な投資が足りないからであって、銀行口座とは関係ない。

全体的に記事があまりマイナンバーについて無知すぎてどうしようもない。

まぁ国民も分ってる国民は少ないだろうからしょうがないのだが。

30万円が10万円になってよかった?

特別給付金の申込書みたいなの投函したけど、誰でも10万円と困窮者に30万円とどっちがよかったんだろうね。

アンケートしたら誰でも10万円の圧勝だろうけど、それって10万円の方が給付対象が圧倒的に多いからだよね。

一方で困窮者は(条件によるだろうけど)30万円もらえるところが10万円になったわけで、(さらに持続化給付金対象外なら)大いに不満だと思う。

でも、その不満の声ってなんでマスコミは拾わないんだろう。

新聞買ってる人は30万円なら給付対象じゃないだろうから

2020-05-31

年収1000万超えだが子ども二人の現実

都内まで一時間くらいのところに住んでる。賃貸

買い物は近所のスーパー

車はプリウス

服は家族全員基本はGU

旅行は年一回国内に二泊三日、

外食ファミレス回転寿司

収入はほぼ子ども教育費(公立小だが習い事複数させている)に消える。

子ども教育費はけちりたくないと夫婦ともに考えていて、

それはその通りに出来るが代わりに他の部分での余裕は全くない。

おまけに年収中途半端にあるせいで自治体から支援所得制限に引っ掛かりほぼ受けられない。

普通の家庭は中学生まで医療費無料だがうちは小学校入学からずっと払っている。

息子がとある病気普通医療費の補助が出るのだがそれもない。

児童手当ももらえない(特別給付金みたいなのののみ)。

社会保障費もとんでもない額とられている。

こんなもの

2020-05-30

マッチ売りの少女

マッチ売りの少女がいました。毎日街角マッチを売っていますが、買ってくれる人は誰もいません。

ある人は商材が悪いんじゃない? と言いました。ある親切な人は生活資金融資制度について教えてくれました。別の人は特別給付金申請方法を教えてくれました。

少女は「マッチ買ってください」と言いました。

通りがかった人がもうすぐマスクが届くから、それまで頑張って!と言いました。

少女は「マッチ買ってください」と言いました。

町の人たちは少女を励ますためにみんなで拍手をすることにしました。たくさんの感謝と励ましの言葉も届けられました。

少女は「マッチ買ってください」と言いました。

少女を励ますために町はライトアップされ、ブルーインパルスが空を舞いました。

寒さとひもじさから少女は思わず売り物のマッチを擦りました。すると、そこには、、、、、が見えました。

みたいなミスマッチを感じる。

2020-05-29

与党である不自由民主党はなんとか支持率を保っていた。独自の巧妙な補助金給付審査制度ほとんどの審査会は全て数人のみの議員で出来ていた)を利用し、支持率維持のために補助金支給を繰り返していた。大企業は、政府の株買い支え政策補助金支給政策消失を恐れ、なかなか野党政権を取らせなかった。

国民不自由民主党の支持者が多かった…というより、Baramakiと呼ばれたこれらの金が特別給付金として与えられることを期待していた。ただ国民給付金を受けるためには、それなりに内閣支持率を下げなければならなかった。率を下げ過ぎて野党政権を取れば給付金もなくなりそうなので、国民は巧妙に計算しなければならなかった。不自由民主党のほうはこの点、兵記者クラブという団体に偽の政権支持率を報じさせることで対抗していた。

ところがあるとき、兵記者クラブによる支持率捏造と、国民給付金の支給妨害暴露された。国民の怒りはクラブに向かい都市部では、少なくない数の兵記者所属テレビ局法曹団体看板が、現実でまたはSNS上でトマトや卵やペンキを投げつけられたり、汚されて晒し者にされたりした(こうしたデモ歴史上の事件名をもじって白虹作戦や石看板ペン作戦と呼ばれていたようである)。

2020-05-26

もちろんみんな特別給付金申請用紙の名前の右側のチェックにはレを書くよな

2020-05-24

アベノマスク来たー!

でも一日違いで特別給付金の振り込みのほうが早かったです。

2020-05-22

anond:20200522054825

今給に税金買えると、対象日の前後の処理がめんどくさい。

とくにコンビニとか1分の違いで税金が変わる。わかってりゃ一回レジ締めりゃいいがミスはある。

それを考えると、後日税金分かえすほうがいいが、レシート取っといてくれはきつい。

そうすると、みなしで、少し多く返せばいいか

まぁ10%と雑に計算して どんぐらいつかったか

まぁ 100万も 月に使わないだろう

じゃぁ多めで100万円まで消費税を一回払ってもらって、数カ月後にかえそう。

100万円なら、月10万円 返せばいいな。

特別給付金とか言う名前にして、月10万円、国民に返そうぜ

2020-05-11

空挺ドラゴンズ見終わった。

面白かった。

こういう単純明快アニメが一番楽に見られる。

でも楽なのばっか見てもな…

でも楽なのしか見れない。疲れすぎてて。

さて。休み今日しかいから、面倒くせーけど特別給付金申請書作って出してくるか

(職場の面々とか親とか、申請はえーこと。こういうことに対する行動力すげえなみんな。

やらなくちゃいけないことはしねーのにな…)

あー。

面倒くさいついでにマイナンバーカード申請も…すればいいんだが、これはもっと面倒だ。

写真撮らないといけないんだもんな。はー。

2020-05-10

特別給付金理念支給額を決めた理由を問いただしたい

アホどもは泡銭が手に入れば気にしないんだろうけども

2020-05-02

暇じゃないけど暇なので特別給付金申請ネットでやってみました、あっけなく一瞬で終わりました。

パスワード何回か間違えて役所までロックを解除しに行った甲斐がありました。

あとこなくていい上司が来たので半ば仕事になりません。

諦めて他の日に捗ることをしようかと思います。そのときデスクの片付けでもします。

今日はもう少ししたら帰ります

今日もいくつか増田を書きましたが、トラバブクマがつきませんでした。

ゴールデンウィークどころではないですね、飛び飛びで出勤するかも知れません。

今日はもう少ししたら帰ります

また明日よろしくお願いします。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん