「間伐」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 間伐とは

2019-05-05

間伐とサノス

「割りばしはエコじゃない」に対する反論をするために間伐について調べてたら、間伐が「木が密集すると全体の木の成長が阻害されるので、ある程度木を伐採して残った木をいきいきさせる」という目的を持つことを知って、これまんまサノスがやろうとしてたことじゃんと思うなど。サノスは間違っていなかったんだな

2019-01-21

anond:20190121165323

俺もダウン症ダメだよ

から不良品ガンガンつぶすべきだって

胎児状態で分かればもちろん、20ぐらいでうまく育たたなかったら間引くべき

間伐しないから優秀な木も枯れてしま

2018-11-19

anond:20181119110852

出来そこないの下草は間引いていかないとメインの木も育たないと思うんだけどなあ

本当間伐しろ

2018-10-23

増田氏の髪切り

増田氏は自転車に乗る。お昼過ぎ自転車で坂を登ったとき、頭が汗でかゆく感じた。かゆみを覚えるようになったら髪を切るタイミングである

増田氏は自分で髪を切る。用意は簡単である百均で買ってきた髪切り専用となっているキッチンバサミと新聞紙一枚を押入れから取り出せばよい。床に新聞紙を広げ、シャツを脱げば準備は終わる。増田氏はなんでも反対に写す鏡が嫌いなので、髪の毛を切るとき感覚を研ぎ澄ます必要がある。気合いを込めずに完成するのは丸刈りだけである。断たないこと梳くことそして切りすぎないことを念頭に置きつつキッチンバサミを右に左にふるう。

まず一番難しい前髪にハサミを通す。右手の二本の指で前髪を一房つまみ左手のハサミで毛先を揃えるように落とす。次に密集した髪の毛を刃先を滑らすようにして削ぐ。ここで注意しないといけないのは、面倒だからといって断ち落としてしまうと全体の形を揃えるのが難しくなり、総じて髪型が短めの人工芝に限りなく近くことである。髪の毛の総量は変化しないが頭が蒸れるのでおすすめしない。

前髪に満足したら次は頭頂部と後ろ頭である。多少切りすぎても頭の輪郭がでこぼこになるだけであるため、大胆にハサミを入ればよい。茂った毛をバッサバッサと切り梳き間伐を繰り返されよ。しかし虎刈りまで切ってしまうと人に頭を指されるので程度というものが肝心である

襟足を触ってそれほど不揃いに感じなければ、最後は耳の周りである。耳の周りは毛の量に比例して蒸れるため大幅に毛を落としたくなるが、左右で同じことを繰り返さないとならないため初心者のうちはほどほどにしておくことをすすめる。増田氏ほどのベテランになればはじめから完成したイメージを持ってハサミを入れることができるが、センスが身につかないうちは両側を同時進行するべきであろう。もみあげが剃り上がっている人を見かけるかもしれないがあれは一瞬の油断より毛を断ちすぎた成れの果てである

すべての工程完了すると、ハサミを置き両手で頭を検分する。頭頂部から前に後ろに右に左に手のひらを滑らせ不揃いの房がないかどうかを確かめ、一つひとつ見逃していたものを削ぎ落とす。多少の不自然があっても毛が伸びるに従って自然に長さが揃うため、それなりに満足すると頭から毛をしっかり落としシャワーを浴びる。髪の毛を切った後の洗髪剤の泡立ちは格別であり、この爽快感のために髪を切っているといっても過言ではない、と毎回増田氏は考える。

増田氏は二ヶ月から三ヶ月に一回の間隔で髪を切る。暑い夏は早めに切るし寒い冬は伸ばしたままにする。増田氏は大学生のある日、キッチンバサミで髪の毛が切れるのではないかと思いついた。かれこれ十年程前になる。爾来この作業を続けているため、自分の髪の毛を触ったのは優に五十回を越えるだろう。一連にかかる時間は十五分ほどであるためこれまでの人生で頭を撫で回した時間は十時間は下るまい。増田氏はこれ程自分の頭部を触る人間も少ないのではないだろうかと常々考えている。時には散髪代を払わなくてよい分、人生において得をしているのではないかとも考えることがある。

この文書はどこかにいるかもしれない「これからキッチンバサミで髪の毛を切ろう」と検索する物好きのために書かれたものである

2018-08-24

anond:20180824112321

生産性が今ない奴はもうガンガン処分していくべきでしょ

間伐しなきゃ森は痩せ細る

もうゴミを育てる余裕はない時代なんだよ

ゴミが減ってきてからまたやればいい

2018-08-03

anond:20180802235009

広島はいのししも増えているが、熊や猿が増えた。最近は熊が人家の近くまで出てくる。

熊が人家の近くにでてくるとか、江戸時代にもなかったのではないか

郷土史家の人が言ってた。山がどんどん古い植生に戻っている。

昭和時代には綺麗な杉林だったところが、この15年くらいの間にだんだん広葉樹林にもどっている。

これも杉林の中は、営林署の人が綺麗に刈って、間伐もしていたのだが、しなくなってツタが生え、木の勢いがなくなり

周辺からだんだん広葉樹林になっていた。

松林昭和時代にはかなり広くあったが、昭和から平成にかけて松食い虫で枯れて、広葉樹林に戻った。

山がずれている場所を丁寧にみると、植生の生え換わりのさかい(杉と広葉樹)みたいなところが多い。

平成になってから広葉樹が生えはじめたところは、まだそれほど大きな木になってない。

2018-07-06

田舎も悪くない

消防団操法大会話題になっていた。

消防団操法大会かい田舎の闇 −

https://anond.hatelabo.jp/20180703194538

俺も農業やるために田舎Iターンしてもうすぐ3年になる。

かに操法大会は誰がどう見てもクソだし、田舎には他にもたくさんのクソな文化元気一杯息づいているのだけど、それは「イケてる文化を生み出す人」、「まだクソになっていない文化保守時代に合わせてアップグレードする人」がいないのが原因だと思う。実際、そういう人たちが活動をしている地域じゃクソな文化は淘汰され始めてイケてる文化が創られてるし。

(例:https://www.hinagata-mag.com/17714

ほんで、これは手始めに移住者とかまだ色々諦めてない人がモデルケースを示すしかないと思う。

俺のところでは弱ってきた桜並木間伐して新しいのを植えようって自治会が言い出したんだけど、伐採から木の処理まで全部業者任せにしようとしてたんだ。

結構本数あって100万円近くかかるっていうから移住者コミュニティ中心で地元ボランティア募ってみんなで切るって自治会に話通して。

切った木は森林組合から借りてきたウッドチッパーでチップにして、赤土で水はけの悪い道路に撒いたり、乾かして休日燻製ワークショップ開いて消費したり、ピザ窯作って薪として全部使った。

結局かかった額は1万円。でも、地域への人が遊びにくることが多くなった。

なんかこういう楽しい側面もあるわけよ、田舎。まだ文化が醸成してないから色々新しいこと始める余地があるの。

別に地域おこしみたいに大義名分持たなくてもいいからさ、

短い人生ネガティブ思考時間使うより楽しいことやってクソなこと淘汰してけばいいじゃんってそういう話。

2017-12-02

世界一クリスマスツリー騒動に思うこと

樹がかわいそうだとか、自然破壊だとか言っている人は、木は絶対に切っちゃダメという前提で批判をしているのだろうか。


主催者移植が難しいことは明白」「材木にする前提」 樹齢150年の大木を“植樹”したクリスマスツリーが物議』

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1711/30/news142.html

この木を切ったことが「自然破壊」かどうかは、この木の出自をはっきり知らないと、何とも言えないのではないかと思う。

樹齢150年の木を天然林から、わざわざこのプロジェクトのために切り出してきて、終了後に燃やしてしまうなら、単なる自然破壊かもしれない。

でも、もしこの木が人工林から間伐で切り出されてきたもので、プロジェクト終了後は製材所に送られて板に加工されるなら、なんのことはない、間伐材一時的に展示しただけの話で、自然破壊どころか、そもそもこの木は、人工林を手入れするために切った方がよかったものかもしれない。

切られた樹はクリスマスツリー定番の樅の木じゃなくて、あすなろの木、ようするにヒバだ。

ヒバは人工林に植樹される樹で、べつに珍しいものじゃない。

人工林はその名の通り、人の手で作ったものなので、人間が定期的に間伐して、森の木の本数を減らしてやらないと、森がどんどん暗くなり、木が育たなくなって、森が傷んでしまう。

人工林の木は収穫期がすごく長い農産物のような側面があって、いずれ切ることを前提にして植えられたものだ。

150年はかなり長い伐採期間ではあるけれども、これぐらいの樹齢の木を間伐として切り倒して、森を明るくする、つまり木と木の隙間を空けて、森全体を守ることはべつに日本林業では異常ではないはずだ。

木を切ることが即自然破壊だという人は、牛を殺すのがかわいそうといった直後に「すき焼きおいしいです」と言っている人に似ている。

自分は単なる林業オタクにすぎない。この件に関しては、林業関係者の冷静なコメントが読みたいと思った。

2017-08-20

山たくさん持ってるけど維持費安いよ

実家が山10個以上もってるけど年間3万円いってないような。

間伐森林組合補助金勝手にやってくれてるみたい。

高いところは何が違うんだろう。

2016-10-19

年収1千万欲しけりゃ木こりになれ

大企業自然維持のため間伐なんたらで木こり募集してるよ

2014-10-03

保安林に関する誤解について

保安林について誤解している人が、特に建設畑を中心に多いので、もっとも求められないであろう増田で解説。

保安林指定された林地は売買出来ない。

⇒出来る。土地の売買については一切の規制がない。

保安林指定された林地の木は伐れない。

⇒伐れる。保安林指定要件にもよるが、例え禁伐であっても除伐や危険木の伐倒までは禁じていない。

保安林では森林施業を実施できない。

指定要件による。急傾斜、落石防止等の禁伐保安林でなければほとんどの森林で35パーセント以下の間伐が行える。

保安林皆伐することが出来ない。

指定要件による。著しく地力が低く、一度皆伐すると森林再生が困難と判断された保安林などは急傾斜等でなくとも禁伐の要件が付される事がある。しかし、大半の保安林都道府県知事の許可を事前に受ければ皆伐も可能である。ただし、許可要件に必ず再造林が付される。

保安林手続きを踏めば解除できる。

基本的には出来ない。公道の新設等、公共利益に与する施設の新設以外の要件保安林解除が受け付けられることはない。ただし、火山土砂崩れ等によって該当林地が消滅し林地の復元不可能場合は解除される事がある。民間人個人的に解除を行うことは一切出来ない。

2014-06-18

http://anond.hatelabo.jp/20140618140412

勝手に生えてた木材は100歩譲ってそうかもしれないが、植林したり間伐したりしないと木材資源なくなっちゃうじゃん。

そんで植林したり、間伐したりするためには巡り巡って所有という概念を認めるしか無いじゃん。

 

資本主義が最も優れた経済方式なわけではなくて

資本主義が最も悪くない経済方式なだけ。

 

直感的に正しいと思うことが正しいなら、この世にだまし絵はないという話じゃないけど

直感的に正しいと思うことが正しくないことはわりとある

2013-09-25

http://anond.hatelabo.jp/20130925203642

花粉症はともかく、杉の間伐を行ってないのは未来予測でもなんでもないだろ。

植物育てていて間引くなんて知りませんでしたってのはよっぽど。

公共事業費は伸びて箱物は立つの

杉の間伐は行われず、花粉症蔓延し、太い木がないと国内需要が嘆き外国の木やご神木を切り倒す。

多くの問題が置き去りになって放置され、いつの間にか当たり前になる。

福島原発も、いずれスギ花粉みたいな放射能注意報になるんだろうか?

原発のことがいいたいわけじゃない。あまりにも、場当たり的すぎて根本的なことが行われていないんじゃないだろうか?

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん