「大杉栄」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大杉栄とは

2018-08-09

無職としての学問

 特に文系において、大学研究を取り巻く環境が厳しいので、少し愚痴を書かせていただきたくお邪魔します。

* * *

 研究生活が実生活、ことに家庭生活に対し極度の不安定性を与えることは、今日に始まったことではない。

 例えばかの有名なマックス・ウェーバーによる1919年の講演の中では、「大学に職を奉ずるもの生活はすべて僥倖支配下にある」と語られており、「精神的に打撃を受けることなくこうした境遇に堪ええたためしは極めて少ない」とまで言われている。

 このような状況は、100年の時と洋の東西とを超えた今日日本においても、同様である。むしろ人口減少と学問に対する軽蔑——それはおそらく、ウェーバーが講演の中で強調した、学問がなんの「救い」も「啓示」ももたらさないということを、多くの人々が正しく認識たからに他ならないが——に直面している極東島国の方が、研究生活を取り巻く環境過酷であるといえるだろう。

 博士号を取ったとしても多くの人々には就職先がなく、あっても有期雇用で、しか低賃金であり、長期的な研究生活の途を描くことは全く不可能である

 日本より恵まれ研究環境を有する国、例えば博士課程から給与が出るアメリカや、高等教育がほぼ無償であるフランスの例を持ち出すことは簡単であるしかし、研究生活はその研究者が根ざしている言語文化、あるいは人的ネットワークにある程度は依存せざるをえない。また、他国研究環境は、一部だけを切り出せば外面的には羨望の的になりえるが、実際は、給与と引き換えに研究テーマ選択制限されたり、あるいは無償で得られる研究環境には限りがあったりするのである

 当然のことながら、研究者における研究成果はそれぞれのおかれた研究生活の諸条件に左右されるのであり、それは資本的な制約を大きく受ける理工学系のみならず、人文系についてもそうなのである

 ハンナ・アーレントのように、生地での生活を根こそぎ奪われ、新天地で大きな研究成果を挙げる例もないわけではない。大学官職への道を閉ざされてから活躍したカール・マルクスそもそも学歴のなかったピエールプルードンなども、偉大な思想家としてのちに崇められる存在であるしかしながら、すべての人が偉大な人、指導者のような人、あるいは預言者になることを目指して研究に励んでいるわけではない。実態はむしろ逆であり、陽が当たらない部屋で日がな一日、誰も読まないような古雑誌の1ページをどう解釈するかについて考え、その謎を解けた時に無常の喜びを感じる、そういう人が研究生活に入るのである。そのような、全くつまらないことこそ重要研究成果なのであり、むしろ大きな社会的反響を呼び起こす御宣託が科学的な研究成果とは全く呼べないようなものであることは、ウェーバーの指摘するところであり、歴史が度々証明してくれたところでもある。いずれにせよ、研究生活とは社会的名声や富と全く関係がないどころか、資本主義社会ではしばしばそれらは相反するものとなるのである

 尤も研究者も所詮人間であるからして、研究のものの「客観性」や科学位置付けとは無関係に、それぞれの求める研究生活上のあり方というのは存在する。名声や富を求めて研究に取り組む人もいるのかもしれない。しかしそれは明らかに悪手だ。羽生名人でも挽回できないぐらいの悪手だと思う。

* * *

 さて、反面、家庭生活はまさに「経済」の必要に駆られるところのものであり、十分な収入、定住可能な住居、そして可能な限り多くの家事労働自動化が進んだとはいえなお労働集約的だ)が投入されて、初めて成り立つものである

 収入がないなどもっての外であり、亡命収監失踪放浪なども、家庭生活とは相容れないものである

 歴史を顧みれば、自死発狂、子捨て、虐殺に至るまで研究に身を置いた人々の末路は様々であるが、なんとかしてそのような事態は避けたいと誰しもが願うところであろう。

 できれば平穏無事に、昭和時代理想とされたライフスタイル、すなわち夫婦円満子供と共にマイホームに住み、安定した立場で働き定年後は年金生活という人生を歩みたいところである(これは皮肉である)。

 しか今日の若き研究者は、子供はおろか結婚もままならず、マイホームマイカーも持たず、年金制度破綻を前に怯えながら年老いるのである

 もしあなた結婚したとすれば、それはパートナーの全く寛大な心によるものか、パートナー無知蒙昧で完全に誤った選択をしたかのいずれかであろう。

 さら子供がいるとすれば、当然あなた研究生活放棄するか、あるいはなんらかの安定した不労所得に拠って研究生活と家庭生活の両立を試みねばなるまい。(あるいは、あなたが非常に体制時代に順応的な研究をなしていたとすれば、すでに十分な収入に恵まれいるかもしれない。これこそウェーバーの言った「僥倖である。そういう人には心から祝福を送ろう。願わくば同じような僥倖が数多の迷える研究者たちにあらんことを。)

 多くの研究者たちにとって、結婚出産研究生活首にかけられた縄である

 女性研究者の研究生活性別役割分業的発想や家庭生活に対する支援パートナーから十分に得られないなどの理由によりすぐに縛り首になってしまうが、男性研究者の研究生活も同様に性別役割分業的発想や金銭支援パートナーから十分に得られないことですぐにギロチンにかけられてしまう。

 いずれにしろ他者にとって金にならず有用性のわからない行為としての研究は、家庭生活に直面すると挫折する公算が大きいのである

 だからといって、家庭生活を全く否定してしまうことも困難である穂積陳重来日本の身分法学者は、日本国民の位置付けを次の三つの身分のいずれかあるいは複数に属するもの定義した。すなわち、夫婦、親子、親族である

 しかし、親が死に、結婚もせず、親族との紐帯も弱いとなれば、その人は社会的にも法律的にも、全く孤立した存在となってしまう。

 その人は十分な社会保障の対象にならないことはもちろん、社会生活上の様々な面で制約や不利益を受けることとなる。

 実際上の問題として、社会的要請として家庭生活に入ることを我々は求められており、多くの人はその生活が全く不幸であり耐え難く絶望的なものだと感じていたとしてもなお、家庭生活に甘んじているのである

 当然、研究をしていなければ家庭生活が楽になるとは全く言うことができない。しかし、少なくとも研究生活が家庭生活と激しく対立することであることは自明であることのように思われる。

 あるいは「家庭」という理想像の崩壊高齢者二人世帯や単身世帯シングルマザーの増加、生涯独身者の増加などによって、家庭生活という名付け自体空虚ものになっているという批判があるかもしれない。

 しかし反面で、なお結婚出産経験する人は半数を占めており、「家庭」に代わるほど普遍化された結婚出産を前提とした私的領域生活モデルはいまだに存在しないわけだから、やはり家庭生活という呼称を用い、特に若い研究者たちにとってはそれを重視せざるを得ない現状もあるのだ。

* * *

 収入、定住、家事労働を求める家庭生活は、無収入、度々の転職と転居をもたらし、にもかかわらず時間の余裕を求める研究生活とは、完全かつ深刻に対立する。

 では、この間の解決はどのようにしてもたらされるのか。非研究であるパートナーの忍耐によってであろうか。あるいは研究生活の適度な抑制によってであろうか。

 前者はこれまでの男性研究者がしばしば採用した方法であり、女性人権がない時代であればよかったが、21世紀にもなってこの方法採用しようと思っている人がいるなら、その人は妻を見つけることができないであろう。

 後者方法は、実際には採用し得ないものであり、つまりそれは相撲レスラー炭水化物摂取を控えるとか、プログラマーが1日3時間しかモニターを見ないようにするとかいう話であって、研究生活を「適度に抑制する」などということは単に研究生活否定しかない。

 研究者はその人をして全的に研究に没頭せしめなければ、素晴らしい「霊感」を得られないものである。そうでなければ、特に人文学研究においては、それは単なるジャーナリズムに陥るであろう。

 そして、これもウェーバーと同じく声を大にして言いたいところであるが、そのような素晴らしい「霊感」、今日言葉であれば「イノベーション」などというものは、研究のみならず仕事や様々な形の労働の中でも、それに没頭し専心していなければつかむことの能わざるものであり、行政府が旗をふって労働時間の長短や職業訓練の有無をいくら弁じ扇動しようとも、生まれてこないものなのである

 家事労働ワークライフバランス長時間労働問題は、まさにこの没頭の可能性にあるのであり、特に家事労働時間を細切れにしてしまうために人をして何かに没頭させることを妨げること大であるワークライフバランスも、結局その目的とすることが明らかでないか低賃金かつやることのない中途半端余暇をもたらすだけである長時間労働改善しても、人々が自ら欲するところのものに取り組めるような労働時間の設定でなければ、それが長かろうが短かろうが、人々の不満は変わらない。いくら労働時間が短いとしても過労死は起こりうるし、長く労働していても過労死しない場合があるのは、この理由によるのである

 とにかく、家庭生活の求めるもの根本的に否定しなければ、研究生活は成り立たないのである

* * *

 では、解決方法は何か。家庭生活問題点は、それが夫婦という二者で成立するように想定されていることである。それゆえ、収入と定住を男性が支え、家事労働女性が支えるという構図が出来上がった。

 しかしこの想定は噴飯ものであり、シングルマザーは全て一人でやらざるを得ず、あるいは逆に親族から支援収入不安が軽減されたり、実家を譲り受ければ定住も可能というように、家庭生活の諸条件の実現は夫婦という関係性の外部で決まっていることが多い。

 もし家庭生活に関与してから研究生活継続するためには、家庭生活を成立するためのリソースを外部から調達することが最も望ましい。(逆にいえば、外部からリソース調達できなければ、ついにここで研究生活のお墓を立てるしかない。自分研究というアイデンティティよ、さようなら、と。)

 ただ、ここには二つの問題がある。一つは、リソース調達である大川周明のように徳川家から調達したり、大杉栄のように政治家からぶんどってくることができれば最高だし、あるいは明治時代のように女中を置いたりできれば最高だが、なかなかそういうわけにはいかない。もう一つは、その調達個人能力に帰せられることで、研究能力とは別にそれに取り組む環境規定されてしまうということである

 この二つの問題解決するためには、若い研究者同士で研究生活を支えるための生活ネットワークを構築するしかない。あるところには金がある人もいるだろう、あるところには手が余っている人もいるに違いない。

 どうせ研究生活に勤しんでいる人以外に若い研究者に対して同情を寄せてくれる人はいないのである

 アカデメイアリュケイオンがどうだったかはわからないが、古今東西大学に併設されている寮や大学街(カレッジ)では生活上でも学術上でも研究者のコミュニティ形成されていたはずだ。修道院のようなものである

 いま、若い研究者は官僚主義的な大学制度によって互いに分断され、地方に散住し、有能なもの国外へ出て行ってしまっている。もう最後タイミングである

 いま我々若い研究者が団結して助け合わなければ、この国の研究はすぐになくなる。もし研究のなくなり方が緩やかであれば、日本語で達成された学術的成果を、多少なりとも国際的に、人類のために遺す時間猶予が生まれるかもしれない。あるいは、国外から救いの手が差し伸べられるやもしれぬ。「タコツボ」を脱しなければならない。近くで助け合って生活し、なんなら雑誌なども出して(いまであればブログでいいのかもしれないが)、特に文系では消え掛かっている研究の灯火を、なんとか引き継いでいかねばならぬ。ならぬと思う。

いや、それとももう、研究生活を諦めるべきなのか。

2018-07-25

anond:20180725111005

武田信玄 肝心のところで判断ミスったちょっと足りない武将

吉田松陰 キチガイチンピラアナーキスト大杉栄とタメを張るレベル

孫文   国の父言われてるけどしょっちゅう立場豹変させまくってたよね? 裏切った相手多すぎじゃね?

ってことで、あんまり名言じゃないんだなぁ。

2018-06-01

anond:20180601151556

そら日本共産党とか公式左翼政党は真面目にやらんといかんだろう

しかし、広義の左派リベラル派のサブカル系文化人、よい例が浮かばないが、津田大介とか香山リカとか後藤和智みたいなのが、こういう快楽要素に訴える発想に欠けてるのは絶望

たとえば昔の大杉栄とか、「金持ちに一杯食わせてやれば面白いぞw楽しいぞw」と思わせるような演説が売りで魅力があったんじゃないの

2017-08-11

https://anond.hatelabo.jp/20170811145853

言ってることはよく分からんけど、「奴隷の鎖自慢」ってのは大杉栄だけど、こういうこと言う人って大杉栄読んでるのかな。

2016-11-25

やっぱりフェミフィルターはどっかおかしいと思う

新聞江刺昭子なる女性研究者寄稿があった。

記事では日陰茶屋事件という100年前の事件が取り上げられており、大逆事件で知られる大杉栄

何股かけていて約束を破ったら刺された、とかいう話だったが、そんなのはどうでもよろしい。

話題最近不倫騒動に移り、昔と比べて女性経済的自由を得た現代でも不倫バッシングがあるが、

それは家制度を復活させようとする勢力のせいかもしれないという内容だった。

なるほど、女性史の研究者という立場からすると、あの騒動はそういう風に見えるものらしい。

いや、そんな面倒な話なんだろうか。

不倫バッシングについて私見を述べると、あれは単に結婚という契約を破ったことと、

それが今まで当人が作り上げてきたイメージ矛盾していることが問題とされたのであり、

制度の維持というとこまで意識していた人は少数派だったとしか思えない。

ただ、一連の騒動では、キャラクター自体を売りにし、スポンサーから金をもらうタレントと、

本人がクズでもその成果物は別個に評価されうる人がいて、両者で受けるダメージに差がついてしまった。

そこはまあ同情の余地がある。

不倫が発覚したことで、結果的女性の側が大きなダメージを受けたことは間違いない。

だが、そこに家制度というのは大して関係してこない。制度を破ったのは、男も女もお互い様だ。

あの場合、女がああいキャラで売っていたから、裏切りの対価が高くついたというだけの話だ。

男だけが不当に守られたのではない。彼らは自分を守る術を持っていたのだ。

そもそも、男はキャラクターなんて漠然としたものでは、なかなかやっていけないのである

そんなものでは評価承認もされないから、わざわざ別の努力を積み上げなければならない。

己の技能が芸というレベルに達して、ようやく公共電波に乗ることを認められる。

逆に、女というのは積み上げた技芸よりも、若さキャラクター世渡りしている部分がまだまだあって

(男の側も女の努力や才能を評価していないわけで、そこは大いに反省すべき点だ)、

からこそ、それを失ったらどうしようもないというだけではないのか。

何でもかんでも家制度や家父長制のせいにする論調には、いやMMRじゃねえんだから、と突っ込みたくなる。

二言目にはユダヤのせいとか言い出す人と同じ臭気が漂ってくるではないか

2008-07-13

失敗はなお無為にまさる。大杉栄

失敗はなお無為にまさる。

大杉栄

2008-07-09

青空文庫のお気に入り50

はてなナツ100」にトラックバック

http://anond.hatelabo.jp/20080708184613

 とても面白い企画だと思ったので、便乗させてください。

ご覧の通り趣味に走って暗めですがそのあたりはお許しを。

作家一作品としたら100にいたらなかったので50、元増田

さんとの作品の重複は避けたつもりです。

芥川龍之介結婚難並びに恋愛難」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000879%2fcard1131.html&noimage=0&split=0

チェスタートン「金の十字架呪い

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f001123%2fcard43496.html&noimage=0&split=0

太宰治「燈籠」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000035%2fcard1568.html&noimage=0&split=0

福田英子「妾の半生涯」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000057%2fcard43276.html&noimage=0&split=0

福澤諭吉「旧藩情」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000296%2fcard45664.html&noimage=0&split=0

ガンジー「非暴力

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f001277%2fcard47024.html&noimage=0&split=0

ガールシン「四日間」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000340%2fcard1867.html&noimage=0&split=0

萩原朔太郎「月に吠える」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000067%2fcard859.html&noimage=0&split=0

原勝郎「東山時代における一縉紳の生活」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f001037%2fcard4995.html&noimage=0&split=0

林芙美子放浪記(初出)」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000291%2fcard45649.html&noimage=0&split=0

樋口一葉「うつせみ」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000064%2fcard390.html&noimage=0&split=0

穂積陳重「法窓夜話」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000301%2fcard1872.html&noimage=0&split=0

石川啄木「時代閉塞の現状」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000153%2fcard814.html&noimage=0&split=0

泉鏡花「術三則」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000050%2fcard4590.html&noimage=0&split=0

カフカ「道理の前で」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f001235%2fcard47213.html&noimage=0&split=0

河上肇貧乏物語

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000250%2fcard18353.html&noimage=0&split=0

北原白秋「邪宗門」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000106%2fcard4850.html&noimage=0&split=0

北村透谷処女の純潔を論ず」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000157%2fcard45241.html&noimage=0&split=0

小林多喜二「党生活者」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000156%2fcard833.html&noimage=0&split=0

幸田露伴魔法修行者」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000051%2fcard1437.html&noimage=0&split=0

幸徳秋水「筆のしづく」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000261%2fcard2410.html&noimage=0&split=0

倉田百三出家とその弟子」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000256%2fcard1412.html&noimage=0&split=0

桑原隲藏「蒲寿庚の事蹟」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000372%2fcard4706.html&noimage=0&split=1

ルブラン「奇巌城」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f001121%2fcard46187.html&noimage=0&split=0

牧野富太郎植物一日一題」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f001266%2fcard46820.html&noimage=0&split=0

三木清人生ノート

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000218%2fcard46845.html&noimage=0&split=0

南方熊楠神社合祀に関する意見

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000093%2fcard525.html&noimage=0&split=0

宮武外骨「一円本流行の害毒と其裏面談

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000063%2fcard385.html&noimage=0&split=0

宮沢賢治カイロ団長

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000081%2fcard1918.html&noimage=0&split=0

森鴎外仮名意見

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000129%2fcard677.html&noimage=0&split=0

内藤湖南応仁の乱に就て」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000284%2fcard1734.html&noimage=0&split=1

中原中也山羊の歌」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000026%2fcard894.html&noimage=0&split=0

中島敦「狼疾記」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000119%2fcard42301.html&noimage=0&split=0

夏目漱石虞美人草

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000148%2fcard761.html&noimage=0&split=0

仁科芳雄「日本再建と科学

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f001163%2fcard43706.html&noimage=0&split=0

大杉栄日本脱出記」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000169%2fcard2582.html&noimage=0&split=0

折口信夫「翁の発生」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000933%2fcard18406.html&noimage=0&split=0

尾崎紅葉金色夜叉

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000091%2fcard522.html&noimage=0&split=0

ポー「アッシャー家の崩壊」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000094%2fcard882.html&noimage=0&split=0

スウィフトアイルランドにおける貧民の子女が、その両親ならびに国家にとっての重荷となることを防止し、かつ社会に対して有用ならしめんとする方法についての私案」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000912%2fcard4268.html&noimage=0&split=0

タゴール「ギタンジャリ」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f001075%2fcard33221.html&noimage=0&split=0

寺田寅彦「流言蜚語」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000042%2fcard43260.html&noimage=0&split=0

徳冨蘆花「謀叛論(草稿)」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000280%2fcard1708.html&noimage=0&split=0

戸坂潤「思想風俗

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000281%2fcard1710.html&noimage=0&split=0

内村鑑三「後世への最大遺物」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000034%2fcard519.html&noimage=0&split=0

上田敏海潮音

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000235%2fcard2259.html&noimage=0&split=0

ワイルド幸福の王子

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000332%2fcard2232.html&noimage=0&split=0

イエイツ「春の心臓

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f001085%2fcard44.html&noimage=0&split=0

与謝野晶子「女子の独立自営」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000885%2fcard3631.html&noimage=0&split=0

吉野作造「蘇峰先生の「大正青年帝国の前途」を読む」

http://mgw.hatena.ne.jp/?url=http%3a%2f%2fwww.aozora.gr.jp%2fcards%2f000323%2fcard2171.html&noimage=0&split=0

2007-11-28

ただいま。

今日PHSからこの「何故浮気ダメなのだろうか 」というエントリーを読みました。

http://anond.hatelabo.jp/20071128082705

数ヶ月前に、かなり長い間片思いをしていた相手とようやく付き合うちょっと手前までいったかな。という時期に「まだ一人の女に縛られたくはない。もっともっと遊びたい。結婚を考えるのは自分が十分に遊んだと思ってからで良いと思う」と言われて、彼に対してずっと長い間持ち続けていた「好き」の感情が何か憑き物が落ちるように一気に冷めていったことを思い出しました。

どうして一気に恋愛感情が冷めていったのかは、この人の理論からすると「よく分からない」と言うことになると思います。

でも今何となく思うことを書いてみると、やはり

「あなた」と「私」の関係は、それは何も「彼氏-彼女」の関係である必要はない、そんな風に呼ばなくとも、この世界において、唯一無比のかけがえのないものなのである。いや、むしろ「彼氏-彼女」の関係と世間一般の概念で定義する事のほうが、我々の関係の「かけがえのなさ」に対する冒涜ではないか?

つまり、私が誰と仲良くしようとも、あなたとの関係は唯一のものであり、その価値は少しも貶められないのである。浮気なんて少しも気にする事はないのだ。パートナーの動向に常に目を光らせている監視社会よりも、みんなが自由で仲良くできる世界の方が、余程すばらしいと思わないか?

こういうことを言う人と、「唯一無比のかけがえのない関係」を長期間にわたって築くことができるというのは論理矛盾しているようにも感じたからなのかな、と思われるのです。

人の心は、時間が経つと平気で変わってしまいます。

だからこそ、約束や紙切れで絆をつないでおかないといけない。

こういう発言をする相手が、明日も「あなたとの関係は唯一のものであり、その価値は少しも貶められない」と言う発言をする保障は、どこにもありません。

昔から人は信頼できるパートナーと愛し愛されていないと、どうしても心が安定しないものです。

多くの人が書いたように、それはその時代の結婚の形態によって必ずしも一対一の関係ではなかったのかもしれません。

私はやはり信頼できるパートナーと愛し愛される人生を送りたいと思っています。

毎日が嫉妬と猜疑心と絶え間ない諍いと苦しみで塗りつぶされる生活を送るのは、精神が持たないように思います。

朝起きたら何となく幸せな気分で目が覚めて、夜寝るときには天の神様と、隣にいる最愛の人に最大限の感謝をしてから床につきたい。

そんな風に思います。

蛇足:

かつて大杉栄が「自由恋愛主義」を唱えて、別に相手がいても自分が恋愛するのは全くの自由。パートナー恋愛するのも全くの自由。ということを実践していたのですが、その結果がどうなったのか。。。と考えると、「浮気は自由」というのは難しい点があるなと思います。

私の知り合いも「自由恋愛主義」を実践して、その結果おそらくトラウマを残すことになりましたし。

2007-04-20

[][][][]英語会計IT

[時間とは出来事である][出来事管理帳][出来事を管理する] 大事を小事の犠牲にしてはならない。ゲーテ


この時代の通貨は時間なのである。

一番重要な事柄を最初に処理する。カーネギー

[2522880000秒][86400秒][25億秒][29200日]時間とは出来事である。

時間とは出来事である。時間をコントロールするということは、すなわち、出来事をコントロールすることである。

コントロールできる出来事とコントロールできない出来事

時間管理(その1)

[86400ドル][投資家][銀行家][方針][運用][決算][86400秒]

ラインホールド・ニーバーの祈り The Serenity Prayer

ラインホールド・ニーバーの祈り The Serenity Prayer

変えられないものを受け入れる心の静けさと

変えられるものを変える勇気と

その両者を見分ける英知を我に与え給え。

私は私のことをします。ですから、あなたはあなたのことをして下さい。

[トレードオフ][機会費用][選択と集中]人生はトレードオフ

[時間管理マトリックス]「B 緊急でないが重要」がポイント!

A 緊急かつ重要 

B 緊急でないが重要

C 緊急だが重要ではない 

D 緊急でも重要でもない

エピクテトスからマルクスへ - 哲劇メモ

諸々の存在のうち或る物はわれわれの権内にあるが、或る物はわれわれの権内にない。

意見や意欲や欲望や忌避、一言でいえばおよそわれわれの活動であるものはわれわれの権内にあるが、

肉体や財産や評判や官職、一言でいえばおよそわれわれの活動でないものはわれわれの権内にない。

そしてわれわれの権内にあるものは本性上自由であり、妨げられず、邪魔されないものであるが、

われわれの権内にないものは脆い、隷属的な、妨げられる、自分のものでないものである。

そこで次のことを記憶して置くがいい、

もし本性上隷属的なものを自由なものと思い、自分のものでないものを自分のものと思うならば、君は邪魔され、悲しみ、不安にされ、また神々や人々を非難するだろう、

だがもし君のものだけを君のものであると思い、自分のものでないものを、事実そうであるように、自分のものでないものと思うならば、

誰も君に決して強制はしないだろう、

誰も君を妨げないだろう、

君は誰をも非難せず、

誰をもとがめ立てしないだろう、

君は何一ついやいやながらすることはなく、

誰も君に害を加えず、

君は敵を持たないだろう、

けだし君は何も害を受けないだろうから。

Amazon.co.jp: 人生談義〈下〉 (岩波文庫): エピクテートス, Epictet, 鹿野 治助: 本 pp.252-253

自らの意見や意欲、欲望や忌避がそのまま多くの人びとを拘束することになるような地位に生まれつく人がいる。

わたしたちは幸運にも、奴隷の子であったエピクテトスとは反対に絶対的権力者となったストアの哲学者をも知っている。

最盛期のローマ帝国を治めた皇帝マルクス・アウレリウス・アントニヌスである。

Amazon.co.jp: 自省録 (岩波文庫): マルクスアウレーリウス, 神谷 美恵子: 本

[権内][権外][分限自覚][エピクテートス]意志の力でどうにもならない物事

自省録

自分と未来は変えられる。他人と過去は変えられない。

「なんとなく」を可視化し、「変えられるもの」に集中する - 点と点をつなぐためのメモ - connecting the dots

最近、他人を説得したり、意見することにエネルギーを使うことをやめました。それよりも、自分を変えることが大切。

[時間とは出来事である][機会費用][権内][権外]英語・会計・IT

[タルムード]カネより時間を大切にせよ

つれづれフォト日記:「86400ドルのプレゼント 」

自分の銭を分けてやりたがる者は見当たらないが、生活となると

[人間関係]「僕は全く誰にも期待しない。だから幸せなのさ。」

私は私のことをします。ですから、あなたはあなたのことをして下さい。

支配したり、服従したりしないで、それでいて、何者かで在り得る人間

人が投げたボールをすべてキャッチすることはない

[biz]中ぐらいの勝利で満足する者は、常に勝者でありつづけるだろう。

[人間関係は腹六分]

粉屋と息子とロバ

何をやらないかを選択するという厳しいトレードオフに耐える強い意思

大事を小事の犠牲にしてはならない。ゲーテ

幸福への道意志の力でどうにもならない物事は悩まないエピクテートス

僕が一番欲しかったもの - YouTube

僕が一番欲しかったもの - 作詩:槇原敬之 作曲:槇原敬之

僕のあげたものでたくさんの

人が幸せそうに笑っていて

それを見た時の気持ちが僕の

探していたものだとわかった

どうしたら他人を喜ばすことができるか、毎日考えてみる

「この処方箋どおりにしたら、二週間できっと全快しますよ。

それは、どうしたら他人を喜ばすことができるか、毎日考えてみることです」

アルフレッドアドラー

道は開ける デール カーネギー


[5億年後地球海水蒸発][五億年後地球海水蒸発]

カネより時間を大切にせよ

つれづれフォト日記:「86400ドルのプレゼント 」 - livedoor Blog(ブログ)

[悪口][陰口][告げ口][お世辞][心にもない言葉]ねたみ・批判にあった時

たいていの人は、自分で決心した程度だけの幸福を手に入れる。リンカーン

ハーバード大学医学部留学・独立日記 ... ゴールを紙に書くことの大切さ

Amazon.co.jp: 夢に日付を! ~夢実現の手帳術~: 渡邉 美樹: 本

どの港に入るのか分からなければ、どの風も追い風にはならない。

自分がやらない限りこの世に起こらないことを私はやる。ビル・ジョイ

未来を予測する最良の方法は未来を創りだすことだ。アラン・ケイ

金を残すは下、事業を残すは中、人を残すは上。

何物かを選ぶことは、他の一切を捨てることである。チェスタートン

[仕事][選択と集中][KFS][全体最適][パレートの法則][仮説実践検証][PDCA][時間管理マトリックス][改善]

決心する前に、完全に見通しをつけようと決心する者は、決心できない。

アンリ・フレデリック・アミエル

必要な条件をすべて与えられながら即座に決断を下すことのできない人

選択しなければならないのに選択しないのは、

それ自体がもう選択していることになる。

ウィリアムジェームス

間違った決断は、最後まで下されない決断に優る。

ブライアントレーシー

きみには、次のことしか言えない。

ボッカチオが『デカメロン』の中で言っているように、

「やった後で後悔するほうが、やらないことで後悔するよりもずっとましだ」

という一句だ。

今日きみが享受している、恋することによって得る喜びは、明日になればもう受けられないものなのだよ。

それを受けているきみは、わたしにすればイギリスの王よりもうらやましい。

マキャベリ

失恋の格言

愛することによって失うものは何もない。

しかし、愛することを怖がっていたら、何も得られない。

アンジェリス

最善の策は正しいことを選ぶこと、

次善の策は間違ったことを選ぶこと、

最悪の策は何もしないことを選ぶこと。

セオドア・ルーズベルト

ある事を真剣に三時間考えて、自分の結論が正しいと思ったら、

三年かかって考えてみたところでその結論は変わらないだろう。

フランクリン・ルーズベルト 第32代米大統領

開発スピードを重視,1週間で決めるルールを徹底した --- ブラザー工業

「人間は行動した後悔より、行動しなかった後悔のほうがより深く残る」

行動・非行動の研究より

コーネル大学社会心理学者 T・ギロビッチ博士

[タキトゥス]勇気あるところ、希望あり。タキトゥス

失敗はなお無為にまさる。大杉栄

成功の反対は失敗じゃない、何もしないことだ。

マイク・タイソンの名言「自分の情熱に従え。自分の本能に忠実になれ。人の群れに惑わされず、いつも自分でいろ。」

A・カーネギーの名言「ベストを尽くせば誇りに思える。」

行動は必ずしも幸福をもたらさないかも知れないが、

行動のない所に幸福は生まれない。

ベンジャミンディズレーリ

ウォールストリートジャーナル」の調査で、

65歳以上の人を対象に以下の質問をしました。

「人生をやり直せるとしたら、何をやり直しますか?」

どのような回答がもっとも多かったと思いますか?

解答

最も多かった答えは、

「仕事上でもっと冒険する」でした。


Amazon.co.jp: 仕事を成し遂げる技術―ストレスなく生産性を発揮する方法: デビッド・アレン, 森平 慶司: 本 GTD

Amazon.co.jp: 方法序説 (岩波文庫): デカルト, Ren´e Descartes, 谷川 多佳子: 本

Amazon.co.jp: フランクリン自伝 (中公クラシックス): フランクリン, Benjamin Franklin, 渡辺 利雄: 本

批判ばかりされた子供は、非難することをおぼえる。

殴られて大きくなった子供は、力に頼ることをおぼえる。

笑いものにされた子供は、ものを言わずにいることをおぼえる。

皮肉にさらされた子供は、鈍い良心の持ち主となる。

しかし

激励を受けた子供は、自信をおぼえる。

寛容にであった子供は、忍耐をおぼえる。

賞賛を受けた子供は、評価することをおぼえる。

フェアプレーを経験した子供は、公正をおぼえる。

友情を知る子供は、親切をおぼえる。

安心を経験した子供は、信頼をおぼえる。

可愛がられ 抱きしめられた子供は、

世界中の愛情を感じ取ることをおぼえる。

ドロシー・ロー・ノルト

Amazon.co.jp: 1分間ですべてが決まる!: 吉田 たかよし: 本

1分間でも時間を無駄にしないために、

嫌いな人については考えないことにしよう。

アイゼンハワー

人の悪口を言う暇があったら自分の事を向上させる方がよい。


自己の向上を心がけている者は、喧嘩などする暇がないはずだ。

エイブラハム・リンカーン

1分間でも時間を無駄にしないために、きらいな人については考えないことにしよう。

アイゼンハワー

自己の向上を心がけている者は、喧嘩などする暇がないはずだ。

おまけに、喧嘩の結果、不機嫌になったり自制心を失ったりすることを思えば、

いよいよ喧嘩はできなくなる。

こちらに五分の理しかない場合には、どんなに重要なことでも、相手に譲るべきだ。

こちらに十分理があると思われる場合でも、小さいことなら、譲ったほうがいい。

細道で犬に出会ったら、権利を主張して噛みつかれるよりも、

犬に道を譲ったほうが賢明だ。

たとえ犬を殺したとて、噛まれた傷は治らない。

エイブラハム・リンカーン

議論したり反駁したりしているうちには、相手に勝つようなこともあるだろう。

しかし、それはむなしい勝利だ―相手の好意は絶対に勝ち得られないのだから。

ベンジャミン・フランクリン

竜馬は議論しない。

議論などは、よほど重大なときでないかぎり

してはならぬといいきかせている。

もし議論に勝ったとせよ、

相手の名誉をうばうだけのことである。

通常、人間は議論に負けても

自分の所論や生き方は変えぬ生きものだし、

負けたあと持つのは負けた恨みだけである

坂本龍馬

相手を黙らせたからといって、相手の意見を変えさせたわけではない。

バーナード・ショー

相手を黙らせたからといって、その人を説得できたわけではない。

ジョン・モーリー

嫉妬深い人間は、自ら真実の徳をめざして努力するよりも、

人を中傷するのが、相手を凌駕(りょうが)する道だと考える。

プラトン

徳高き者に茨(いばら)の道は付き物と心得ております。

それよりも、意地の悪い者どもにかれこれ言われるからといって、

やるべきことをやめてしまってはなりますまい。

そんな連中は、立派な船と見れば卑しい大口を開けて、

落ちて来もしない餌(えさ)をうろうろ待っている鱶(ふか)のようなものです。

人がどんなに善い事をしても、心がゆがみ目がかすんだ者の口を通せば、

手柄はよそに移ったり、消えてしまったりしがちなものです。

逆に愚かな行いが、自分たちの尺度にぴったりなので、

最高の業績などとほめられたりいたします。

シェイクスピア

IT

クロード・シャノン - Wikipedia

ハーバード大学教授のハワードガードナーは、この論文について

「たぶん今世紀で最も重要で、かつ最も有名な修士論文」と評した。

ビル・ゲイツなんてコンピュータ・サイエンスになんの貢献もしてない

秀丸エディタの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

WEBページやニュース・ブログの保存なら「紙copi」

Maxthon - Wikipedia

「DeepBurner」のページは移転いたしました

RAR,7z,ISOファイルの解凍はALZipで!(windows7・AES暗号化・unicode・40種の形式に対応)

syssafety.com

WinRAR in Japan

Technophilia:Google Desktopでファイルを共有する(しない)方法 - ITmedia エンタープライズ

QTParted �p�[�e�B�V�����ݒ��c�[��

Geek to Live:のぞき見されたくないファイルを暗号化する方法 - ITmedia エンタープライズ

ライブカメラソフト「LiveCapture!」がv2.0.0で動画のリアルタイム配信に対応

英語・英会話

一年で「通訳案内業試験」に合格した英語勉強法 - 大前研一

シュリーマンの英語を半年で習得する方法 - 音読と暗誦

VOA 英語を母国語としない人たちのための基本英単語1500語でニュース

中学生レベルの英語力の奴が4ヶ月でTOEIC「Bクラス」を出す方法 (b) - log

Redirect

Duo Duo 3.0 Duo 4.0 英語 英会話

英語教材「 聞き流すだけで英語をマスター」 (季想社)

404 Blog Not Found:Life is so soa?ring.

Longmanは、「最初の英英辞典」として是非使ってもらいたい辞典。

一番の特徴は、単語の説明に使うための2000語程度からなるThe Longman Defining Vocabularyという、

「単語を定義するための単語リスト」が用意されていて、

辞書内の説明が(固有名詞などを除けば)すべてそれでなされているという点。


日本の娘たちが秘所まるだしにつながれ、もてあそばれ、奴隷らの国に

米軍の残虐行為:リンドバーグの衝撃証言

・・・・・・・・・・・・・リンドバーグ日記の抜粋・・・・・・・・・・

*各地の太平洋戦線で日本人捕虜の数が欧州戦線に比し異常に少ないのは

捕虜にしたければいくらでも捕虜に出来るが、米兵が捕虜を取りたがらないから。

手を上げて投降してきても皆殺しにするから。

*あるところでは2000人ほど捕虜にしたが本部に引きたてられたのはたった100か200だった。

残りの連中にはちょっとした出来事があった。

それを知った戦友は投降したがらないだろう。

『これは良いジャップです。ニューギニアの海岸で拾い上げた死んだジャップのものです』

日本人捕虜や降伏しようとする兵士を射殺することをなんとも思わない。彼等はジャップに対して、動物以下の関心しか示さない。

「普通の日本人は知性が低く、無知である。たぶん人間なのだろうが、人間であることを示すような点はどこにもない」タイム

名誉白人といわれて喜ぶアホ

訓練中の米兵

日本兵・ドイツ兵を殺すことをどう考えますか。 日本兵 ドイツ

心から殺したい。 44% 6%

[ショービニズム][chauvinism]

[差別]今ここで人種隔離を!明日も人種隔離を!永遠に人種隔離を!ウォレス

[差別]黒人が人間だと考えることは不可能である。モンテスキュー

YouTube - Algerian Genocide by France

イギリス兵が日本人捕虜を殴らない理由

アーロン収容所の英軍女性兵舎の掃除

戦場にかける橋と猿の惑星とピエール・ブール

イラク人虐待はコンテスト: 依存症の独り言

世界は『嘘だらけのヨーロッパ製世界史』でできている:日経ビジネスオンライン

忘れようにも忘れられない海外で受けた差別

学問・学習・勉強・受験・受験術・勉強法

代々木ゼミナール(予備校) | ご案内


誰もが無知である。ただ無知な分野が違うだけだ。

我々は、現在の知識によってのみ物知りであるにすぎない。

勉強する事は自分の無知を徐々に発見していく事である。デュラント

知識に何ものかを付け加え他の人々がより多くのものを付け加える

仕事・ビジネス

銀行がお金をつくるプロセス

心が拒否してしまうほど

簡単で受け入れがたい

ジョン・ケネス・ガルブレイス

ローンの書類への借り手の署名は 銀行に対し、ローン金額と利息を支払う義務を負う。

返済できなければ 家や車などの資産を失う誓約をさせられるのだ。

それは借り手が果たさねばならない大きな約束である。

同じ署名が銀行にも必要とされているだろうか?

銀行は借り手の口座にローンの金額をちょっと書き込むだけで、魔法を使ったようにその金額を手に入れる。

それって絶対おかしくないか?

でも それは事実なのだ!

はてなダイアリー

信用創造 - Wikipedia

[全体最適][ボトルネック][仕組み]

最小の努力で最大の効果を得るには、全体最適が常に優先されるべきである。

正しい仕事は何かが正しく定義され、評価されなければ、誰も正しい仕事などするはずがない。

会社に損失を与えてきたのは、人間が正しい仕事を行わない「仕組み」をつくりあげた会社組織そのものである。

ゴールドラット博士

制約理論(TOC:Theory of Constraints)

Amazon.co.jp: ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か: エリヤフ・ゴールドラット, 三本木 亮: 本

[機会費用]KFS(Key Factors for Success)

[パレートの法則][20対80の法則][80対20の法則]パレートの法則

スタートアップの始め方

Forbes 400のリストを上から見ていって、

MBAを持った人にチェックを付けていけば、ビジネススクールに関するある重要なことがわかる。

22番目にNikeのCEOフィルナイトが出てくるまで、MBAは1人もいないのだ。

トップ50の中にMBAはたったの4人しかいない。

Forbes 400のリストを見ていて気付くのは、多くの人が技術的なバックグランドを持っているということだ。

だからビジネスで成功する助けになることを学ぶために2年間を投資しようと思っているなら、

MBAを取るよりはハックの仕方を学ぶ方がいいことを証拠が示しているのだ。

ポール・グレアム - Wikipedia

1995年ロバート・モリスと最初のASPであるViawebを創立。

Common Lispで書かれたViawebソフトウェアでは、ユーザーインターネットストアを作成することが出来た。

1998年、ViawebはYahoo!の45万5000株(4960万ドル相当)と交換でYahoo!に買収され、同製品はYahoo!Storeとなった。

業績不振の米国企業のエグゼクティブでMBA取得者の比率は90% 

業績好調の米国企業のエグゼクティブでMBA取得者の比率は55%

(Adage.com 2006年3月21日より)

MBA型リーダーは企業を破綻させる 米国をまねる日本企業の落とし穴:日経ビジネスオンライン

MBAは必須?The Ten Day MBA - Steven Silbiger辺りの本を幾つか読んでおけばそれで充分。

こんなくだらないアイデアで大儲けしちゃったネットビジネス特選10:らばQ

1週間に4時間しか働かない人の仕事術 - himazu blog

Google AdSenseで大儲けしている個人のリスト | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ

商売は、女と口を狙え

技術的優劣と市場支配 - デファクトスタンダード

美人投票 - Wikipedia

「選択肢が多すぎると意欲が削がれる」マルチコアの問題点 « WIRED.jp

ジャムが24瓶並んだ陳列は、最終的に60%近くの客の目を引いた。

それらの客は全員、前を通り過ぎるときにジャムを少し試食した。

だが、奇妙なことに、割引券を使って実際にジャムを購入した客は3%にとどまった。

一方、6瓶しかない陳列には、最終的に前を通り過ぎた客のうち40%しか目を留めなかったが、30%がジャムを購入していた。

明日は今日とは違う自分になる

遊び感覚でいろいろやって,成り行きを見守る

成功するというのはね,右に倣えをしないっていうことなんだ

新しいアイデアというのは,新しい場所に置かれた古いアイデアなんだ

六韜(りくとう)

【第十 挙賢篇】

文王が呂尚にたずねた。

文王「賢者を登用しようと思いながら、かえって世が乱れてついには滅亡に至るのは、なぜであろう」

呂尚「賢者を登用しても、献策を採用しないからです」

文王「その原因はどこにあるのか」

呂尚「世間で評判の良い人間ばかりを登用して、ほんものの賢者を見逃しているからです」

文王「それでは、どのようにすればよいか」

呂尚「まわりが褒める人間を賢者だとみなし、貶す人間を愚者だと決めつけると、仲間の多い人間だけが昇進し、少ない人間は退けられてしまいます。 こうなると腹黒い人間が登用され、その結果、世の乱れはいよいよ激しくなって、ついには滅亡に至るのです」

文王「では、賢者を登用するにはどうすればよいか」

呂尚「それぞれに官位にふさわしい人材を登用し、与えられた職責を果たしているかどうかを調査し、相手の能力をよく勘案して、官位に見合う実績をあげるようにしむける。 これが賢者を登用する道であります」

【第二十 選将篇】

武王が呂尚にたずねた。

武王「すぐれた人物を選んで将に任命したいと思うのだが、人物を見極める方法を教えてほしい」

呂尚「外見だけで判断してはなりません。外見と中身の一致しない場合があります。世間の人々が軽蔑する相手でも、聖人だけはその真価を認めるのですが、 凡人にはそのあたりの機微はわかりません。深い洞察力があって、はじめて見抜くことが出来るのです」

武王「どうすれば見抜くことが出来るのか」

呂尚「それには8つの方法があります。

第一に、質問してみて、返答の内容で判断します。

第二に、問い詰めてみて、どんな対応をするかで判断します。

第三に、スパイを使って裏切りを誘い、誠意を確かめてみます。

第四に、表面からずけずけたずねてみて、人柄を観察します。

第五に、財貨を管理させてみて、どの程度清廉であるかを観察します。

第六に、女を近づけてみて、どの程度貞節であるかを確かめます。

第七に、困難な任務を与えてみて、どの程度勇気があるかを判断します。

第八に、酒を飲ませてみて、その酔い方を観察します。

この8つの方法をすべて試みてみれば、おのずから賢者か愚者か見分けることが出来ましょう」


アイデア

Amazon.co.jp: アイデアのつくり方: ジェームス W.ヤング, 竹内 均, 今井 茂雄: 本

アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない


読書

Amazon.co.jp: 決定版 大国の興亡―1500年から2000年までの経済の変遷と軍事闘争〈上巻〉: ポール ケネディ, Paul Kennedy, 鈴木 主税: 本


メモ

韓国財閥10社の売上高、GDPの76.5%~大企業の独走状態


資本主義にある本質としての「格差創出」(その2) : 古川利明の同時代ウォッチング

世界史教科書風に記述すると、「産業革命」ということで、毛織物産業をはじめとする「工業の勃興」によって、土地の囲い込みが起こり、強大な地主が出現することになります。しかし、もともと人が住んで、細々と農業を営んでいた細切れの土地を、彼らが勝手に囲い込み権限などはどこにもありませんでした。そのため、彼らは武装した、日本でいうところのヤクザまがいの連中を雇い、そこに住んでいる人たちを力づくで追い出したのです。まさに、「地上げ」です。

 数字的に見ると、1710━60年の50年間に囲い込まれた土地は33万エーカーでしたが、続く1760年から1843年までの間には、その面積は700万エーカーにも増大しています。

そして、19世紀の後半には、

イギリス国土の半分が、わずか2500人の地主に所有される

というところまで行ってしまいました。



ブラジルリオデジャネイロでは、富裕層の間でヘリを持つことがステータスであると同時に、

渋滞と犯罪から逃れるために必要な空の道を確保するための道具として普及しているらしい。

200以上もヘリポートがあり(ニューヨークの私設のヘリポートは3つ!)、

ごく一部の富裕層は渋滞や危険のない空を使って自由に行き来する暮らしを送っているそうである。

ちなみにブラジルでは500の家族が国の国富の40パーセントも所有しているとのことで、

残り60パーセントを1億8千万人で分配しているそうなので、日本など比較にならない格差大国である。


アルゼンチン・タンゴ的アルゼンチン: 極東ブログ

アルゼンチンでは、大土地所有者、富農と

その他の中小零細農民の間には規模の点で著しい格差があります。

たとえば土地の55%を2%の富農が所有。

大豆では、わずか20%の生産者が収穫全体の八割を独占し、

さらにその20%のうちの2・2%が収穫全体の46%を占めているといいます。


http://www.noguchi.co.jp/archive/goldrush/gr_012.php

1847年にわずか16ドルで買えた土地が、18ヵ月後には何と45000ドルに高騰した。

この利益は、土地所有者に帰属する。第6回で述べたように、ブラナンはサンフランシスコ不動産を所有したが、56年における彼の所得は、50万ドルにもなったという。

開発による利益が、社会に還元されず、少数の土地保有者に帰属してしまう。だから、社会全体の富は増えるのに、貧困者が増える。

この状態を変えるには、土地に対する税を強化し、利益を社会に還元すべきだ。その半面で、労働や資本に対する税は軽減すべし。

1870年代、サンフランシスコの新聞発行者ヘンリージョージが唱えたこの意見に、熱烈な支持が集まった。

彼が79年に書いた『進歩と貧困』は、全世界で200万部以上売れた。


資本主義にある本質としての「格差創出」(その8) : 古川利明の同時代ウォッチング

ルソーの場合は、「人間の平等」というとき、「私有財産の不平等の是正」ということに言及し、それが具体的には

累進課税、相続税の強化」という形で提言している

山しかなかったスイスは「相続税ゼロ、あっても2%」でお金持ちの国になった

Amazon.co.jp: 相続税をゼロにせよ!: 渡部 昇一: 本

国家は共和制でなければならない

http://www.noguchi.co.jp/archive/goldrush/gr_019.php

鉄道王たちは、鉄道完成時にすでに裕福になっていた。

これは、彼らが得た利益の源泉が、

運賃以外のところにあったことを明確に示している。

「誰が損をしたのか?」といえば、それは

巨万の富を生み出した仕組み

現代の人々が、鉄道王がやったことを真似ているにすぎない。


Corporate Crime Corporate Violence: A Primer (A Harrow and Heston Special Edge Supplementary Text): Nancy K. Frank, Michael J. Lynch: 9780911577235: Amazon.com: Books

路面電車を崩壊させた米自動車メーカー

共謀者達は司直の手にかかっています。同年の4月には、

全米中の電気輸送手段をガソリンディーゼルで動くバスに切り替え、

その交通機関へのバスや関連製品の販売を独占するために共謀罪を

働いたかどで、シカゴの大陪審はGM、スタンダード石油、ファイヤーストーン

フィッツジェラルドなどを起訴し、また陪審は彼ら

有罪判決を下しました。しかし極軽い罰です。GMと他の

有罪企業は各社5,000ドルの罰金、フィッツジェラルドと他の有罪人は

それぞれ1ドルの罰金で済まされ、刑務所に送られた者は一人もいなかったのです。

誰が電気自動車を殺したのか?

年間利用者は延べ150億人で、収入は十億ドルだった。


エコノミック・ヒットマンが語るアメリカ帝国の秘史  ―経済刺客、暗殺者、グローバルな腐敗の真相

エコノミックヒットマンは資源のある第三世界の国の指導者に近づいて、

世界銀行の融資を受ければ飛躍的な経済成長が可能になるともちかけ、巨額の借入をさせます。

でも実際の受益者は巨大なインフラ構築を請け負うべクテルハリバートンのような米国の巨大企業(融資の大部分は彼らの手に落ちます)と、

現地のエリート階級のみであり、庶民には国家が背負った巨大な負債のみが残ります。

この借金はとうてい返済できないので、世銀の指導により社会福祉や民生支出が大幅に切り詰められ、天然資源が略奪されます。

パーキンスは、自分の役割は、エコノミストという肩書きの裏で第三世界の指導者を抱きこんで、自国民をないがしろにして、

米国の政府と企業にとってのみ好ましい政策をとるように誘惑することだったと告白しています。


ナチスとアメリカ企業の協力関係

ザ・コーポレーション:わたしたちの社会は「企業」に支配されている

法人資本主義

負債としてのお金 money_as_debt

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん