「ビリヤード」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ビリヤードとは

2021-06-16

帰って寝る 今日しんどい

飲んで飲んで飲んでしようかな つか親にカーペットひかないように

耳垢がとれなくて 糞イライラした でもこれって価値あるのかな ないような 野田放送ブラウザバック

まじ無理やりやらされてるねん この世界を 耳糞とるのも かくのも 無理やりやらされてるねん つれーわ

ビクニ オレ子育てうまいよ 常に否定してくる上司が常にいたらうざいだろ? だからせめて自分くらいは自分を許そう肯定しよう いいよ~かいていいよ~~

37度のお湯いれていいよ~  違うんだ あの物理時間 嵐のこんさートで欠席して笑ってしまったのはやらされたんだ 無理やり ちくしょー

まじ無理やりやらされた 義務でやらされた これも義務で書かされてる 死にたい 仕方なく生きてる

他の人は平気で生きてるから大丈夫  それを知らなくても幸せに生きてる 

ああ かゆくて 書けない これも親のせいだ すべて

性癖が歪んだのも 親のせいだ  ストレスかかるのわかってるのにやめれないのも洗脳されてるから親のせいだ

つまねえのも 洗脳で親のせいだ ビリヤードブレイクショットをしたのは親だから

そこからすべてが洗脳が始まり今に至る そのすべてが合わさっていろんな交通事故などが起きる

行き詰ったとき 精神的に参ったときに 行きつくミューズは雨ちゃん

2021-06-08

どうやって生きていけばいいんだろう → うまく生きたいがゴール 目的 → 生きるの向いてるがゴール 目的 → 多分完璧主義なので一生満足しない 際限がない

この答えに関しては多分答えない ネットやりすぎて答えがあるのが当たり前におもえてるけど 回答なしもあるから

10年くらいずっとこのスタイルについて考えてきたけど答えでないし 先延ばししてるときだけたのしい これについて考えてると苦しい 答えがでないか

永遠ビリヤードをずっとやらされてる おれたちは海の一部 俺たちは宇宙の一部 もっと次元の話ををしたい どうやって生きていけばいいんだろうは若干低次元 答えもでないしね

永遠ビリヤード = 風が吹けば桶屋が儲かる 

どうやって生きていけばいいんだろう系って答えでないし めんどい とにかくめんどい 1か月スパン実験して~とかめんどい とにかくめんどい

抜きたいけど行動に移さないってことはビリヤードが動いてないのだろう 駆り立てられない 

ビリヤード以上に高度な話ってないよね  ブラタモリ 素粒子 の話は気になる ニュートリノの話

うさぎと亀の話 向こう見ずでガムシャラに動くか それかめっきり考えて動かないで答えだして一気に動くか

ビリヤードよりかは低次元っぽいけど 考えちゃうし 一生それで苦しめってことか まあ考えなくなるのを待つしかない

とりあえずベッドでは考えないでいるか じゃあなにすればいいの ずっと携帯みて動画でもみとくか

2021-06-02

眠る前に アウトプットするべきでない

なんかうなされる でも眠る前くらいしかアウトプットする場所がない

PCしてる時にアウトプットする機会が必要

なんで生まれてきたの? 親が産んだから

その親はなんで生まれてきたの? またその親が産んだから 以下ループ 生命先祖が産んだから

生命先祖はなんで生まれたの?  この世が無限ループしてて そういう設定の世界から

なんだこの世界 なんでこの時代に生まれたんだ

なんだこの世界の設定 おれはFF10みたいな世界の設定に生まれてきたかった

これ文字にしたい やっぱアウトップットは文字にするべきだ

天与呪縛フィジカルギフテッド ラプラスの悪魔

一門一刀にして 答えて朗読する 毎日 おれ一問一答好きなんだよね

この世はどうやってできたのですか? ー この世はループしてできてる そういう設定

いままでの出来事は決まってたのですか? - ラプラスの悪魔ビリヤード原理ですべて決まっていた

なんで生まれ落ちたのですか? 親が産んだから 永遠ビリヤードに駆り立てられてる 無理やりやらされてる 30年前は意識がなくおだやかにいれたのに はやくそれになりたい

2021-05-11

anond:20210511045130

二十五年くらい前、夜の大学に入り浸ってた。

・・・ネットはあったとしても「わざわざ趣味でやる」人の遊びだったし、ケータイよりも家(ワンルーム暮らしから部屋?)電話の数のほうがフツーだったし。

隣県から電車通学の実家暮らし組と親元離れての下宿一人暮らし)組とで、夜中に顔を合わせるメンバーがハッキリ分かれてる時代だった。

学生デビューで仕送をそっくり中免と中古バイクに使いきってしまって、夜な夜なメンバーと街中や隣県に繰り出していた......

・・・なんてこともなく、誰も夜の部室に来ないと、独り寂しく24時間営業ドーナツ屋で、今よりも沢山あったチェーンの古書店で集めた翻訳SFを、わざわざ持参して読み更けったりしてた。(ボーリングカラオケビリヤードマージャンも、もうひとつノリきれなかったので加わらなかった)

しかし当然、管理したい学校側としては夜は門を閉めてしまうので、塀のいちばん低い所の情報は日々更新されて伝わってきていたし、有志(ユーチューブ勝手市販の曲をアップする程度のお行儀の良さ)が金網フェンスを切り開いて気付かれてない場所とか、何故か閉めても閉めても開けられてしま通用からバイクを出入りさせていた。

2021-01-07

フォークダンスで、女子と手をつなぎたくない

フォークダンスで、男子と手をつなぎたくない」というとフェミニズムの人からは大喜びだ。しかし、逆にして問題提起を行う男性がいるのだろうか?

私はフォークダンスで、女子と手をつなぎたくない男子だった。

なんとかこのフォークダンス単位をほかで代替できないだろうか?と考えたが、出席しないとダメとか言われたのでしぶしぶやった。

相手も嫌がっており、虐待に近いもの苦痛だった。

これは高校時代の話である

この時期になると受験勉強でだれもが忙しく、私も勉強しないわけにはいかなかったので、恋心など生まれようがなかった。

ただし、目に留まった異性はいた。

数学の授業は習熟度別で行われる。私は都合よく窓際だったので、章末問題をさっさと解いて寝ていた。ただの作業だなこれと思いながら解いた。

眠りにつこうと思った。

ふと右を見ると、大人のための残酷童話教科書の間に挟んで読んでいるのである

ここまで鋼のメンタルを持った異性を、私は生涯で1回も見たことがない。「女子でもそういうのするのいるのか」と思って感心していた。

ビリヤードカラオケをする仲だったが、在学中に下の名前で呼んだことは一度もなく、今でも呼ぼうとは思わない。

なぜ思い出したのかというと、「からかい上手の高木さん」と机の位置が一緒だったかであるしかし、机は並べていない!

2020-12-31

何で東京緊急事態宣言さないの?

どこにも書けないか増田に書く。

 

私は某地方都市在住だが、SNSで呑気に飲みの画像を上げている首都圏の連中を見て、腹を立てている。

一人であちこち飲みに出るのが趣味だが、今月の半ばから時短要請が出たせいで飲みに出ることができない。ランチすら休んでるところが多い。

まあ、時短といえど、東京のように22時までなんて甘いもんじゃなく、酒の提供が19時までだからどこも休業するわ。

 

はじめは、「ほぼ医療崩壊しているから、仕方ないよね」「今我慢すれば、感染者が減って一人で飲みに出るくらいはできるようになるよね」と呑気に考えていたが、

時短要請が出てから二週間経つ今も、感染者はあまり減らない。

そんな中、時短要請の延長が決まった。おそらく、状況によってはさらに延長するだろう。

 

飲み歩きが好きだから、なじみの店はたくさんあるし、行きつけのバーもある。

このまま時短要請が延長し続けたらどうなるのだろう。どこもつぶれて、繁華街シャッター街になってしまう。すでに700店もの店がつぶれているらしいのに。

 

昨日、繁華街を歩いていたら、私が高校生の頃からあった酒屋が閉店セールをしていた。

なんとなく入ったビリヤード店の店長は「うちは飲食店じゃないから、お金もらえないんですよ。夜に働いていた常連さんも来なくなりましたね」と苦笑していた。

 

テレビをつけていたら、東京飲み屋で飲むサラリーマンや、若者が笑っている映像が映る。

SNSでは少人数のオフ会をしたり、飲みに出掛けているツイートを見る。

来年GOTOトラベルが再開したら、草津温泉にでも行こうかな」なんてツイートも見る。

こっちでは、GOTOトラベルもしばらく再開しないだろう。だって感染者が増えた原因は東京から観光客のせいだと言われているんだから

 

さっさと東京緊急事態宣言を出せばいいのに。

2020-12-11

エリートリベラル共に言いたいのは唯一つ「お前らはゲームマスターでもなければプレイヤーでもない」ってことだ

所詮お前らは俺達と同じゲームコマに過ぎない。

プラスチックを削って作った、球体の付いた棒状のアレだ。

コマ自分で動くことはない、ただプレイヤーの手によってのみ動かされる。

サイコロで決められたスタート地点から、決められたルールで進んできて、たまたま知力や財力を得ているだけだ。

それぞれのコマが何マス進めるのかとか、このマスでは何ができるのかとか、そういうことはお前らが決めることじゃないし、決められることじゃない。

なのにお前らはそれを自分たちが決めるもんだと思いこんでいる。

まれによって得られるものや、社会的地位を、自分たちで決めることができると思っている。

あまつさえ、他のコマの進み方を自分たちで救うことができるなどと思っている。だがそれは思い上がりだ。

俺たちはただのゲームコマであり、それらはすべて神、すなわち自然法則に従って動いているにすぎない。

自由意志だと思っているものも、全ては宇宙が始まった時のビッグバンからビリヤードのように粒子が粒子を衝いていく運動の結果にすぎない。

そこに目的はないし、それゆえに正義もない。ただただ存在があるだけだ。

なのにお前らは正しさがあると勘違いし、線引をし、その線の中に入らないものにたいしてとても冷徹な態度を取る。

しかし、その態度もまた、そこにそうやって存在する以上仕方のないものなのだろう。

からお前らに「俺たちを救え」とか「お前らも落ちろ」とは言わない。ただ指摘をするのみだ。

滑稽である、と。

2020-09-23

旅行中は普段できないことや体験をしないといけないと思い込んでた

この間、友達4人と軽井沢に生まれて初めて行った。

大浴場やビリヤードのあるホテルチェックインし、「じゃあなんか有名な滝あるらしいしそれでも見に行くか?」みたいな流れになってたけど、

皆「おお、滝いいねえ(ベッドに寝そべりスマホいじりながら)」みたいな感じで腰を上げようとしない。

結局、2泊3日中俺たちはほとんど外出しなかった。

日中ホテルの中で麻雀打ってた。

ラス引いた奴がコンビニ行くなり大浴場で風呂に浸かるなりで輪番して、本当に2泊3日ずーっと麻雀打ってた。

そしてこの旅行は俺の人生で最高に楽しい旅行だった。

別に旅行からといって必ずしも名所を廻ったり、カヌー漕いだりする必要は無いのだと学んだ。

2020-08-28

とある人事部長の後悔を聞いてほしい1(追記あり

かつて、大手企業人事部長をしていた。

人事部長という役職名ではないが、似たような名称ポジションだった。

人事の機能ひとつに『処分をつける』というのがある。

問題のある社員への指導教育だったり、人間関係トラブルに決着をつけたり、罪を犯した人間を罰したりする機能だ。

それに比べれば、勤怠管理だの、給与の支払いだの、社会保険手続きなどは子どもの遊びに思えてくる。

そんな、面倒くさい問題10年近く携わってきた。

今でも夢に見る。

後悔がある。どうしてあの時、もっとやれなかったんだろう、やらなかったんだろう。

どうして、あの人の心に寄り添うことができなかったんだろう。どうして、自分の思う正しさを貫くために上位の役職者を説得しなかったのだろう。

そんな後悔を吐き出したくて、はてな匿名ダイアリー投稿することにした。

事案は4つある。そこまでぼかしてはいない。私自身と向き合うためには、真実を吐き出さないと意味がないからだ。

事案1 真奈美さん(※仮名。以下同じ。当時50代前半)

 彼女現場仕事をする職種だった。現場といってもそこまで肉体労働ではないけれども、専門職なのは間違いない。

 ある年から、その仕事外注に出すようになった。このままでは失業することになるが、組織として無責任だということで事務職職種変更となった。

 結果は想像のとおりだ。てんで話にならなかった。

 料金計算を間違えた請求書を送るし、システム上の顧客情報を誤編集するし、よく交通事故を起こすし、難しい質問がきたら硬直して動かなくなるし、気分の浮き沈みが激しい。

 職種変更してからは、1年毎に様々な部署をたらし回しになった。当時の私は人事部長でも何でもなかったけれども、1年毎に異動するパターンの人なんだな、というありきたりの感想だった。

 こういうタイプの人は、適合する部署が見つかると十年単位で同じ部署に磔になる。いい部署が早く見つかってほしいな、と思ったのを覚えている。

 真奈美さんは自殺した。

 4つ目の部署だったと思う。この部署は、基本的事務主体だが、肉体労働仕事もあった。

 彼女は、あろうことか肉体労働ポジションに充てられてしまったのだ。木を切ったり、ごみを運んだり、池に浮かんだ鳥や鼠を回収したり…

 一度だけ、見たことがある。ごみ処理場のダストシュート軽トラックが止まっていて、60から70くらいの老人達シルバー人材センターの会員だと思う。派遣労働者ならもっと若いことが多い)が伐採くずをダストシュートに投げ込んでいたのだが、その現場彼女仕事をしていた。

 泥まみれの作業服トラックの荷台の上で、えっちらおっちら伐採くずをダストシュートに放り込んでいた。

 ひどい話だろう。でも、当時の私はそうは思わなかった。その部署には肉体労働ができる男性が足りていなかったので仕方がない。そう思っていた。真奈美さんの上司男性だったけれども、管理監督職がそんな仕事をすべきではないと素朴に考えていた。

 労働組合女性部が人事研修課に怒鳴り込んできたのを今でも覚えている。「どうして女性社員にあのような仕事をさせているのか」、「あなたたちには法的な正しさ以外は理解できないのか」といった内容だった。

 その後すぐ、真奈美さんの職場を覗きに行った。上司に怒られている最中だった。周りの社員は何も言わないでいる。むしろ失笑していた。仕事が早いわけでもなく、制度が高いわけでもないので当然の結果だったのかもしれない。

 翌日、私は課長相談に行った。「真奈美さんはあのような状況ですし、肉体労働女性社員がケガをしたらうちの課の立場が悪くなります。今年度末で異動させた方がいいと思います。早ければ来月にでも」といった内容だった。課長は、「急ぎの案件ではない。そのうちまた検討する」と言っていた。

 それが12月の初旬だった。この3週間後に真奈美さんは死を選んだ。死因は延べない。

 今でも夢に見るのは、課長相談をした場面だ。どうして、「うちの立場が悪くなる」という理由を述べたのだろう。「真奈美さんの健康心配です。大事になる前に手を打ちましょう。今すぐに異動させるべきです」となぜ言えなかったのだろう。

 なぜ私は、正しい行いができなかったのだろう。

事案2 結衣さん(当時18才)

 結衣さんは高校卒業してすぐに採用された。

 性格は明るめだったと思う。高い声の人で、社内で大声で笑い過ぎて注意を受けることがあった。

 配属されたのは債権管理部署だった。知能テストで理数分野の点数が高かったのと、定型的な業務が中心の部署なので、新人に相応しい配属先だと判断された。

 問題が起こった。配属されて3か月が過ぎた頃、人事に連絡が入った。「あの子服装が派手過ぎる。あれではお客様の前に出せない。試用期間中なのにあれはひどい」というものだった。

 先輩や上司が注意しても直す気がなく、それどころか、注意した男性の先輩をハラスメントで人事に訴えると威嚇したという。

 結衣さんのいる部署の前を不定期に通ってみると、いくつかのことが判明した。

 実際、派手な装いだった。髪は金髪だったし、ピアスをしていたし、ひらひらスカートを身に着けていた。

 接客態度もお世辞にもよいとは言えなかった。お客にため口になったり、自分1人では手に負えないのに先輩に相談せずに不動産会社に怒られていた。

 人によって態度が違う。若手社員に対しては強気だが、お父さん風(?)の優しい雰囲気社員の前では借りてきた猫のようにおとなしい。

 結衣さんに対して研修室で面談を行った。当時は役職がついていた私と、課長(事案①と同じ人)と、結衣さんの直属の上司がその場にいた。

 本人が言うには、

・変な格好で来ているとは思わない

仕事に来る服装自分で選びたいし、他人が口を出すのはおかし

・この格好が自分らしい。学校でも、アルバイト先でも文句を言われたことはない

 面談平行線に終わった。

 結衣さんは、最後には「努力します」と言ったけれども、金髪が直ることはなかった。服装大人しめになった気はしたが、私にはファッションのことはわからない。彼女と同年代女性社員廊下でやんわりと聞き取ったところ、「反省する意思はない」とのことだった。

 試用期間で切るべきである。それが課長判断だった。

 私は反対したが、すでに人事のトップである総務部長まで話が通っていた。あとは役員級が承認するだけだ。

 さて、当時の手帳を見ながらこれを書いているわけだが、その中には彼女に対する個人的乾燥として、こんなことを書いていた。

自分意志があって動いているように見える。高校生で3年間アルバイトをしながらうちの入社試験に通ったのはすごいし(※当時の弊社の高卒入社倍率は30倍程度だった。おそらく今でも)、3人の年配社員に囲まれても自分意見を貫いたというのも尊敬できる。うちの娘や息子を見ていても思うが、彼女は優れている。ぼんくらじゃない。うちの子ども達が情けなくなってくる。でも、うちの会社とは相性が悪い性格なのは否めない



 結衣さんは、その後どうなったと思う? ここに記している時点で読み手は察しておられるだろう。

 久保になったのだ。試用期間で切られた。

 あの時、研修室で「あなたを本採用できない」と伝えた時の彼女の面持ちは今でも覚えている。一瞬、歯ぎしりをしたように見えた。眉間に皺を寄せたと思ったら、すぐに平時の顔つきに戻った。淡々とした声の調子で、「わかりました」と言っていた。涙を浮かべるのを我慢していた。

 …それから、私は結衣さんを首にしないために何をしたと思う? なにもしなかった。

総務部長は承認したというが、本当だろうか?』

まさか総務部長やそれよりも上の人間が、高卒の子半年で切るという意思決定はしないだろう』

『よくある新人への脅し文句だ。通過儀礼のようなもの

 手帳には記していないが、私は当時、こんなことを考えていた。情けない。今でも結衣さんの顔が脳裏に浮かぶことがある。

 そのことがあってから、「別の会社でうまくやれていたらいいな」とずっと考えていたし、ずっと祈っていた。

 真奈美さんと違って、結衣さんの夢は見ない。良い知らせがあったからだ。政令指定都市職員として働いていることがわかった。

 知ったのは偶然だ。回覧物に閲覧済のシャチハタを押している時、偶然に名前を見つけた。

 あの時の安堵を言い表すのは難しい。心の底から安心できた。この日は早く家に帰る予定だったが、変更して居酒屋に寄ることにした。

事例3 和也さん(当時20代後半)

 発達障害と呼ばれていた。私には診断能力はないが、周囲の評価はそうだった。

 ある時、彼が直属の上司を怒らせてしまった。その上司は、一般市民その他の重要人物が観ている前で怒鳴り声を上げたのだ。私も見ていた。イベント会場だった。彼が指示を守らなかったのが原因のようだ。

 その上司和也さんは偉い人から説教を受けた。後日、彼の指導教育を人事で受けることになった。

 事前の報告書によると――まず、空気が読めない。他人が喜ぶとかイラつくとか、そういったことを予想できない人だった。

 会話能力が低い反面、言語での表現能力は高い。文書ドキュメント作成能力社員の平均を超えていた。特にプログラミング能力が秀逸であり、エクセルの帳票データを改良しては、これまで半日かかっていたものを20分で~みたいな改革を進めているとのことだった。

 文章レイアウトのこだわりが非常に強く、人が気にしない箇所でも時間をかけて修正する。かと思えば、オフィシャル文書で使うべきではない表現見積りあざッスヽ(^^)など)をメールにしたためることもあり、取引からやんわりと注意を受けることがあった。

 彼と面談した頃は、人事研修課長と呼ばれる立場になっていた。実際に面談してみて感じたのは、論理性が高いということだった。すべての言葉理由を付けようとする。とりとめのない理由もあれば、よく考えているものもあった。

 「職場の和が乱れるのはどうしてだと思う?」という質問に対しても、「理由不明です。非常識なことはしていません。でも、ほかの人と自分の感じ方が違うのはわかります」と答えていた。

 ほかにも多くのやり取りはあったが、どうにもおかしい点があった。

 彼の発達障害についてだ。当時は発達障害という言葉流行り始めていた。今ほどには一般的言葉ではなかったと思う。

 彼は発達障害なのか?という疑問を持った。というのも、発達障害に関する書籍を読んだところ、真の発達障害では弊社の面接突破することは不可能だと確信たからだ。

 彼との面談では、イラっとすることはあったものの、怒りの感情とまで呼べるものは湧いてこなかった。彼はその実、他人配慮することができるのではないか

 つまり発達障害を装っているのだ。本来的には、別の何かであって、それが原因で周りとの不和が起きている。サイコパスとか、ソシオパスとか、反社会性障害とか、当時は色々と調べたが、素人結論を出すことはできなかった。

 ひとつだけ、わかったことがある。『演技』ができる人間だということだ。

 彼の採用面接の記録を見たところ、今の状況とはまるで異なる印象が記されていた。例えば、個人面接では溌剌とした雰囲気だとか、グループ討論では司会を務めており、周囲と協調しながら自分意見を主張できる~といった内容だ。

 グループ討論というのがポイントだ。個人面接では、面接官との相性次第でどうにかなることもある。それが合否の大半を占めるといっても過言ではない。しかし、集団面接相手は同じ受験者だ。その中でリーダーシップを取って、しか面接官3人すべてから評価というのは、これまでの彼の社内評価矛盾している。

 この問題については、根拠を示して解決できるものではなかったので様子見とした。彼は不和こそ引き起こしているものの、能力自体問題はなかったからだ。小さいミスは起こすようだが、大きいミス経験はないし、頭の回転も速かった。それに、弊社にとってプログラミングができる人材は希少だった。

 和也さんのケースも私の失敗例のひとつだ。

 彼と彼の部署は結局、不和を乗り越えることはできなかった。和也さんの態度にキレた別の上司が、彼に対して暴力行為を働いたのだ。それを見ていた一般市民警察通報し、社屋の前にパトカーが停まった。

 最終的に、彼と、彼に関係する社員が全員処分となった。

 半年後、和也さんは転職した。退職面談の記録によると、次に行く会社ではプログラミング専門職のようだった。IT業界には詳しくないが、はてなブログでもたまに見る名前会社だ。

 彼にとっては、よい結果になったのかもしれない。でも弊社にとっては違う。あれから、社内インフラ等の整備に関する部署が新たに誕生したし、私が退職する間際も情報関係業務ができる人材は常に足りない状態だった。

 あの時、様子見ではなく、もっと抜本的な対応をしていれば。

 今思えば、電算管理システム担当している総務課にでも異動させてやればよかった。そうすれば、あん事件によって心が傷つくこともなく、今でも働いていたのかもしれない。



追記

昨日の夜にはてなブックマーク人気エントリーに入っているのを見ました。

凄まじいブックマーク数に驚いています

今では、この日記を消したい思いでいっぱいです。

ずいぶん迷いましたが、消さないことにしました。

私は結衣さんのような人に憧れていたのです。

権威や、周囲の空気に流されずに自分を保ち続けようとする姿が羨ましかったのだと、日記を書いている最中自覚しました。

誤字や脱字が多くなりましたが、修正しません。このままにしておきます

意見をいただいた皆様への感謝を込め、はてな匿名ダイアリーコメントの一部に個別に返信します。

※全員へのコメントを考えていたのですが、やはりどうしても途中で切れるので一部としています。ご容赦ください。

推敲を2回しました。誤字は少ないと思います

ブクマ三桁コースやったね!。。

コメントありがとうございます

長文なので0かな、と思っていました。

今は消したい思いです。

事案2の女は普通なクソだろ。周りに同情する。 あとこの女が高卒の男だったら絶対増田はこんなふうに褒めてないはず。

性別関係なく、上司や周りに空気に逆らえる人間が眩しかったんだと思います

ただ、若い子なので、自分感情をぶつけて周りを不幸にすることがあったのは間違いないです。

死なないで。今すぐこの増田プリントアウトしてもしなくてもいいか病院に行って。 あなた必要なのは医療です。 読み物としては面白かった

ありがとう

もう少し考えたいと思います

面白かったのなら幸いです。

彼は発達障害を演じていたのではなくて、定型発達の一般人としての振る舞いを求められて、都度学習しては演じていたのだと思いますよ 発達は本来自分のままに過ごすと問題を起こ...

コメントありがとうございます

そういう見方もありますね。

彼は頭の回転が速いタイプだったので、面接対策の本をよく読んで勉強していたのかな、とあなたコメント読んでいて感じました。

突然久保になる結衣さん

日曜日の朝、「お前はなにをしてるんだ?」と恥ずかしさでいっぱいになりました。

率直な印象を書くと、自分ができることを過大評価している感じがするね。本人に起こったことは、本人の選択によるところが大きく、他人がしてやれることなぞはたかが知れているも...

重々承知しています

でも、期待が働いてしまうのです。

例えば、ビリヤードの玉が転がっている最中に、横からちょっと力を加えると別方向に・・・みたいな。

自分の力で助けてやりたい、何とかしてやりたいと思うのです。

叶わないことの方がずっと多いのですが。

大事な所で誤字があったり、人物に対する考察が激浅だったり、あん自体無能匂いがひしひしと伝わってくる。

無能だと思います

大事なところで失敗を繰り返してきました。

苦言に感謝します。ありがとう

真奈美さん50代だったのか しんどい

体力がそこまでないタイプの人でした。

肉体労働仕事適材適所ではなかったのです。

とある中小企業で総務平社員(だった)も罪を告白してみる 人事部長さんの後悔を見て、自分過去(数年前)がフラッシュバックしたので、総務平社員だった自分勝手懺悔意味を込...

ありがとうございます

返信させていただいております

昔の、たとえばサザエさん波平とかが働いている会社では こういうった和也なんかはトンチの受け答えで 「あらそれもそうねえ、あはは」で居場所を作ってもらえていた気がする   ...

今はどこの会社も余裕がありません。

適合できない人が生き残りにくくなっています

退職鬱の症状はなかったのですが、最近になって、当時のことが頭をもたげてくるのが苦しくてしかたがありません。

人事部が、障害を持っている可能性のある社員のことを、せきららネット告白ねぇ。おもしりことをいうね。

よくないことをしているのは自分でもわかっています

こんなことを試さざるを得ないほど苦しいのです。

各事例については、当然ぼかして書いています

本人が特定されることはないと信じています

久保になったのだ。試用期間で切られた。 なるほど久保結衣になったのね

コメントありがとうございます

誤字なのです。この年になると、体調がいい日と悪い日との落差がひどいのです。

事例1~3を書いた日は頭の回転が鈍く、こんなことになってしまいました。

それ以後の内容については誤字が少ないはずです。

2020-07-30

サッカーをよりエキサイティングにする方法


https://togetter.com/li/1567399

このまとめ読んで思ったけどコートの広さとボールプレイヤーの移動速度の問題なのでは?


例として、

卓球はあの狭さのコートで道具(ラケット)を使って相当な速度でボール応酬をする。

テニスも道具を使うせいでサービスエースがかなり多い。

ボウリングはゴール(ピン)まで20メートルの一本道。

バスケットボールコートもそれほど広くなく、ドリブルをし続けるルールがあるため、必然的にゴールに向かって動き続ける動きが多い。

アメフトはゴールから遠ざかる動きに制限があるため、点が入りやすい。


逆に得点の遅いゲームはそれなりにルール自体理由がある。

ビリヤードコートは狭いが、ターン制かつボールの動きが止まるまで待つ必要がある。

ゴルフもターン制でボールの動きが止まるまで待ち、そして広いコートを移動する必要がある。

・その点、野球もターン制で一回ボールを投げるとボールが落ちるか誰かキャッチするまで次のボールを投げることができない


まりサッカー改善方法はこの3つ

・全員道具を持ってボールをかっ飛ばす

選手が一歩でも後ろに下がったらルール違反不退転

プレイヤーの移動速度、ボールの射出力を補うためにプレイヤーパワードスーツ(人型ドローンも可)を着用する。

2020-06-29

[][]作戦3日目 さらば、泊地・快活CLUB

本日の主な戦果

アタイ艦隊の主な戦果は、こんな感じ。

2020年梅雨イベ】
《E1-2》
《E2-1》

第二海域第一段階の攻略開始

というわけで、第二海域第一段階(E2-1)の攻略に着手。

さっそく1回目の出撃でボスにS勝利して、幸先もよく、海防艦・八丈をゲットしたのだが。

今回のイベントアタイには珍しく積極的に攻めてる。

いつもは出撃に慎重になりすぎて、イベント終盤間際にあわててるアタイなのに。

いや、急ぎ過ぎてる感もある。

そりゃまぁ、無職逃亡中で手持ち無沙汰だから

泊地・快活CLUB

ここ数日お世話になっているネカフェ、快活CLUB

ほんと、その名の通り、快活!

無料モーニング
ドリンクバー
鍵付完全個室

今回は利用しなかったが、いつかアタシも使おう。

無料シャワー

これは今回、利用した。

快活クラブVR


そんな快適な、快活CLUB

でも、それも今日でお別れ。

明日は、アタイも帰るのだ。

母港へ。


さて、逃亡兵のアタイに、明日はあるのか?

2020-03-16

anond:20200315195100

ビリヤードボウリングスポーツに入りますか? と言うのに似ている。

やってる人たちはスポーツだと言うだろうし、コミュニティのあり方や楽しさは実際同じだろうけど、やはり同じではないと俺は思う。

2020-02-15

anond:20200215121609

天体パニック映画の始まりはいつもそんな感じ。

めっちゃ遠くを通過するから安全と思っていたら、いきなり未発見小惑星とぶつかって

まるでビリヤードの玉のように進路ががらりと変わって、地球めがけて飛んでくるの。

2019-12-13

緩募】 眼鏡キャラ活躍するマンガ

長男小学4年生)の視力が落ちてしまい、眼科眼鏡をかけるよう言われたらしい。実際に見えにくいのは事実のようで、家の中では眼鏡をかけるけど、学校眼鏡で行くのは頑なに拒否している。理由は言わずただただ「嫌だ!」と。親バカだけど、そんなに眼鏡が似合わない顔でもないのに。

思うに、彼が知っている範囲での「眼鏡キャラ」の扱いがあまりよくないからかけたくないのだと思う。のび太とかわんぱくだんのひろしとか、基本的眼鏡キャラヘタレから自分もそういうキャラにあてはめられそうで嫌なんだろう。

自分がどうだったかを考えてみると、確かに眼鏡はいやだったけどかっこいい眼鏡キャラにあこがれた部分もあったことを思い出した。具体的にはブレイクショットというビリヤード漫画ででてきた敵キャラ(?)に眼鏡がいて、そいつ中指眼鏡の真ん中を押し上げるポーズがかっこよくて、よく真似してたんだった(中2の頃)。

小学生がみるような漫画でかっこいい眼鏡キャラはいないのだろうか。

追記

はてな記法には詳しくないので使い方間違っていたらすみません

https://anond.hatelabo.jp/20191213091146

自分眼鏡歴長いのでそんな偏見はないつもり。

”世の中カッコイ眼鏡ブーム”というのは小学男子に伝わってないか、少なくともうちの子はわかってないっぽい。

https://anond.hatelabo.jp/20191213111158

1番目はありそう。

2番目は「運動で外れないようにもできる」と話しているけど、「かっこ悪い」と思っているのかも。3番目はキャラ的になさそう。

いずれにしろ小学生に正攻法の説得(いじめダメと言うことや傾聴も含む)ってあまり意味がないんじゃないかと思っている。それよりも形から入って、自分に都合よく事実を考えて行動する/できるようになる方が早いんじゃないかと(要するに「漫画キャラのかっこいいあいつみたいになりたい」という動機で行動するほうが現実的じゃないかと)。

・Dr stone

これは今まさに読んでるんだけど、小学生にはあの活躍ぶりは響かないみたい(「銀狼と一緒じゃん」と言っても「ふーん」って)。ワートリ、三月ライオンスラムダンクも同じで、「実はいいやつ」とか「実はすごい」というのがわかる年齢ではなさそう。もっと直球でかっこいいキャラいいんじゃないかと勝手に思っている。ヒカルの碁は一時はまって毎晩対局させられた(いすみ君?の髪形にしたいらしい)。

コナンくん

これは忘れてた。確かにいかも。でも全巻揃えるのはつらいし、シンガポール舞台映画は確か奥さんが連れて行ったはずなんだけど、あまりリアクションがないな。

あられちゃん、ウシジマくんはボケですよね

他にもいろいろあげていただいてありがとうございます。まずは大人が読んでみようと思っているので、メモして本屋に行ってみます

12/16 さら追記

マンガ博士のみなさん、いろいろとご意見ありがとうございました。

推薦やコメントは何個かあればうれしいと思っていたのですぐに一度目の追記をしたのですが、

それからあっという間に100コメントを超えてしまい、ホッテントリに入ったのをチラ見したその後は怖くなり見ないようにしていました。

またマンガ以外にアニメも挙げてくれてありがとうございます

ただテレビ時間制限があるのであまり見てない/見せてないのです。ゲーム時間(30分)も含めて1h以内としているし、

レグザタイムシフトも使いこなすため、ポケモンやDr stone、ゾイドワイルドなどを繰り返し見てしまって、

それ以外に広げられないのが現状です。でも親の時間という設定で少しずつ他のアニメも見せてみようと思います

コメントへのご返事

anond:20191213121146

そういう見方もあるんですね。

ただうちの長男眼鏡の扱いが雑なので、たぶんそういうことはないと思います

でも、子供気持ちをpositiveな要素で考えることも必要ですね。ありがとうございます

それ以外個別

電脳コイル

安心NHKだし、あらすじも面白そうですね。でもプライムビデオ放送終了!

ウィッシュリストに追加しました。

バーロー

https://b.hatena.ne.jp/entry/4678573943894038530/comment/Cru

かに毎週見てれば違うのかも。とりあえず学習マンガを買わせてみました。

個人的にはサバイバルなどの左開きより、右開きに慣れてほしいです。

「ぼくらの」、「ダンサー・イン・ザダーク」、「魔太郎がくる」、「彼岸島

お願いですからやめろ下さい。

・トカッチ

https://b.hatena.ne.jp/entry/4678573943894038530/comment/helioterrorism

見てたけどまだ小さかったからなー。志尊君横浜流星くんがでるたびに「みてただろ」と言ってもノーリアクションです。

・毒島の佐世保

最高。あのホームランシーンは有名だけど、他にも名台詞が多くて人生の糧になるマンガだと思う。

「直球が早くないとカーブが生きない」だとか、満面の笑顔で「とっても嬉しい」と相手に伝えることだとか。

ハリーポッター

完全に大穴でした。こんど見せてみます

2019-09-23

anond:20190923164713

4,5,6だけだった。

ビリヤードとか、ボウリングとか、映画ならある。

焼き肉屋難易度高そうなんだが。

回らない寿司屋はどうなん?

2019-09-18

漫画喫茶火災で死んで名前公表されたくねえ

さみしい人みたいやん

ビリヤード室がいいなあ

仲間とゲームしてる時に死んだ扱いになる

個室だったらホント不良品同士やりあえの不良品定義まんまだ

名前が出たら遺族が差別されそう

2019-05-21

anond:20190520080352

文脈を読めないアホほど自分の主張を言いたいだけがために他人をアホって言いたがるよね

何でアホ呼ばわりされたか分かってない。

尾木直樹は「スポーツ運動」だと思い込んでる。

からビデオゲームeスポーツ」が理解できない。

その理解力の低さで炎上してるわけ。

なのに元増田は、尾木と同じく「スポーツ運動」で考えてしまってる。

からビリヤードみたいな激しくないスポーツは、スポーツじゃないかもしれない」とかアホ言うわけ。

2019-02-27

インド人ビリヤード遊び

最近は良くアプリの8 ball pool(ビリヤードのこと)をプレイしてる。なんだか頭の中がとても乱雑になっていて、考えることにに嫌気がさした時、ただボールを見つめて、どうすれば全ての玉が上手くポケットに滑り込んでくれるのか、バンクショットの角度をどうするか、どのくらいの強さで玉を弾くか、分析試行を繰り返していると、混乱状態の頭や感情が、少しは落ち着くような気がする。

ゲームをしていて、Azad君というインド人と友人になった。ある日ただただ黙々とゲームに勤しんでいたら、ゲーム中にやたらとわたしプレイを褒めてくる人ががいた。私は特別なことは何もしていなかったし、その人の方がゲームの実績は明らかに上だったので、なんだか不思議気持ちだった。

あげく、その人は私のために勝ちを譲り、友人になりたいと言った。その日から、異常といえるまでの私への執着を見せ、毎日私と一緒にプレイしたがった。2人でクラブを作り、適当に思いついた"pool of thron"というのが名前になった。最後のthroneのスペルが間違っているのを、その時からずっと彼には言えないでいる。バンクショットを打てるようになったのは、彼が教えてくれたからだ。しばらく一緒にプレイしていたが、彼の様子はどうもおかしく、ただゲームを一緒にプレイしているだけなのに、私のことを女性として好きになったといいだす。この時、お互いに顔も見たことがなく、私のゲームアイコンはpool bossという色気のかけらもないやたらと偉そうな熊だった。Azad君の連日の愛の告白と執着心にはとても困った。彼は賢くて、無邪気なところがあり、私に対しては非常に優しくしてくれた。彼との時間はとても楽しく、これからも友人としてずっと一緒に遊んでいたいと思っていた。何故彼が姿も見えない、私に対して恋愛感情を抱くのかは、不思議しょうがなかった。

聞くところによると彼はまだ大学院生で、後から交換したLine誕生日欄を見て、20歳であることを知った。彼女いたこともなく、女友達もいないそう。私に対しては異常なまでに積極的であったのに現実では女の子に話しかけることが出来ないようだ。それなら、行き場のない恋心や性欲やらが画面の向こうの私という唯一の女性らしき存在に向かっても、しょうがないのか、ともう28を過ぎてそれなりの経験を経て、少しばかり擦れてしまった恋愛観を会得してきた私は思う。

彼は本当に私を愛しているといい、一緒に遊んでいない時もずっと私のことが頭から離れず、私が愛しく、恋しく、抑えきれない感情をどうコントロールしていいかからないのだという。私も、そんな風に誰かを愛した気になっていたことがあったなぁ、とそんなに昔のことでもない、日々がその人の為にあり、その人とほんの少し関われるだけこの世界が輝き、最後はお互いに身を削るように痛く終わった恋愛のことを思い出す。

恋心というのは、つまりは性欲であり、相手の事が頭から離れないのは、脳の動物的な本能と人を生殖に促すホルモンのせいなのである。それを私たち燃え上がるような恋だとか、熱い愛情だとか呼んでいるのであるが、

この種の保存の、本能には争うことは難しい。

そもそも私たちはなんとなく自分のやることやしたいことを、自分で決めているように考えているが、その実、この世界を司る巨大なシステムのような何かに踊らされているだけなのかもしれない。"人"あるいは"動物もっと言えば"生物"として。この巨大なシステムは、全体最適を常に複雑に計算し、"個"はお互いに僅かに影響しあいながら、それぞれに与えられた役割を全うしていく。我々はあたか自分がそれを選び取ったかのように信じ込んでいるが、全ては予めプログラムされた故の行動に過ぎない。のかもしれない。

なんだか話がずれてしまった。Azad君の話に戻そう。先日、いつものようにプレイをしていたら、おもむろに私の名前を呼び、自分真剣勝負をしてくれと言う。買ったら、彼が新しく作ったもう一つのゲームアカウントを私にくれると言う。彼はただただ私の為に、アカウントを使い分けて、ここ2週間程かけて100millionのコインが溜まったアカウントを作ってくれたのだ。その為にface bookアカウント新規作成して。これには驚いた。正直、戸惑いもあったが、彼の気持ち感謝しありがたく受け取ることにした。因みに勝負には負けた。もともと勝負はあまり関係無かったようだ。

100Mのコインがあると、何ができるかと言うとバンクショットで黒球を入れないと勝てないという、特別ステージで遊ぶことができる。私と彼は日々バンクショット練習をひたすらやっていたから、私もこの難しいショットをそれなり決めることが出来るようになっていた。彼から上達を褒められ、驚かれるのが嬉しく、一人で地道に練習したりもした。今ではおよそ70%くらいの精度で決めることができる。これは、8 ball poolの全プレイヤーの中でいうと上位0.001%くらいには入るのではないだろうか。そう考えると、結構すごい。新しいことを始めて数週間、または数ヶ月でコツを掴み、本質理論理解し、先駆者を追い抜いていく。これは割と得意な作業だ。日頃から自己輪郭あやふやになりがちで、自分とはどう言う存在なのか未だに答えは見つけられていないが、これはひとつ、確固たる私の信念であると言える。

"智は力"ということ。学ぶこと、知ること、集めたピースを並べて関連性や裏にかくれた理論本質思考すること、こういった一連のプロセスを非常に楽しくワクワクとしながら取り組むことができる。理論がわかれば、上達まで最短距離のシードを得たようなもので、先人達の同じ轍を踏まず、車輪の再発明もしなくてすむ。ただただ闇雲に取り組む人よりも物事スムーズに進むから、より多くのことを成し遂げられるのだと思っている。世界は謎に満ちているが、我々には4000年以上の人類試行錯誤を重ねてきた歴史があり、今ある事象の多くのことは既に起こっており、実はほとんどが解明もされている。まずはそれを学ばずしてどうして新しいものが生み出せようか。

思いつくままに思考を巡らせていたら、自分でも思わぬ方向に進んでしまった。

ENTP、もしくはINTPらしい、性質だなぁ。

真実と、本質を愛し、世界を司るシステム理論を解き明かしたい、というのが私の根源的な欲求である。これによって富、愛、豊かな人間関係が得られ、更に問題を抱えている社会を、少しは良くすることができるかもしれない、と期待を抱いている。

そんな事をぼんやりと考えたところで、今は特別に何か行動へ移すことはなく、また私の興味はこの黒球をどうやってバウンドさせるか、どうやってAzad君をもっと驚かせてやろうか、という風なことに移り変わっていくのである

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん