「肩甲骨」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 肩甲骨とは

2017-06-20

教えて!マッチョ増田

ラットプルダウンを負荷高めでやったせいか

最近は痛みがあってからやすんでいるのだが

肩甲骨肩甲骨あいだが痛い

肩をあげると痛い

痛み我慢して筋トレしたい

肩をすぼめてあげると痛い

2017-04-21

早朝ウォーキング気持ちよすぎる

せっかく朝日が早く登るようになったのでウォーキングを開始。

ランニングほど用意も必要ないし、汗も今のところそれほどかかないのでとにかく気軽なのがよい。

過去一度ランニングをはじめて挫折した経験あり。)

そしたら思った以上に色々とよい効果があったのぜぜひ皆におすすめしたい。

こんな人におすすめ

日中だるい

・頭がどうもスッキリしない

肩こりがひどい

・寝付きが悪い

ストレスが溜まって機嫌が悪い

・ご飯がなんか美味しくない

・むくむ

・お通じが悪い

英語が苦手

そもそもはヘルニアの保存治療のため、整体先生相談しながらスタート

時間帯は一日の始まりが良いということなので、朝5時に起床。

まずはコップ一杯の水分を摂取

軽く腹筋と背筋運動をしてからストレッチ

その後歯磨き洗顔トイレを済ませたらウェアに着替えて出発。

先生から教わったウォーキングのコツ

・腕は90度に曲げて親指を立て、できるだけ大きく振って肩甲骨の動きを意識する。

・腰をひねるように脚を出し、腰を落として大きめの歩幅であるく。

・息は鼻から吸って吐き出すときは口を細くすると、自然腹式呼吸になる。

20分以上を心がけ少しでも辛いと思ったらやめる。

・40分前後が望ましいが、時間に無理をすると続かないので余裕が感じられる程度に収める。

通勤途中などのながらウォーキングはむしろ身体バランスを崩すのでダメ。(服装荷物が原因らしい)

・2日に一回は休む。身体に不調を感じたら無理してやらない。とにかく長く続けることが大事

まずは朝日の中を歩くだけで気持ちがいい。

さらに大きく手足を動かすので、身体の可動域が自然と広がるようで気持ちがいい。

言われたとおりの呼吸法をすると自然と深めの腹式呼吸になるので、内蔵やお腹筋肉が中から伸ばされているみたいで気持ちがいい。

程よい運動の後のシャワーがこの上なく気持ちがいいし、朝ご飯も驚くくらいおいしい。

朝5時に起きるために自然と夜が眠くなるし、気持ちがいいウォーキングをしたいからと深酒もしたくなくなる。

やろうやろうと思ってできなかった英語ヒアリング時間にピッタリ。

何より、40分間余計なことを考えないでいい時間がこれほどまでに贅沢なものとは思わなかった。

こんないい事づくしなウォーキングのためなら時間調整だって苦もなくできるのが何より楽しい

はてなでは運動瞑想野菜350gが必要らしいけど、多分、ウォーキングだけで十分。

Working is my best recommendation of the lifefuck. why don't you do it!

2017-03-26

自重筋トレメモ

日替わりで

下半身】→【大胸筋、腕部】→【背中

の順番に行う

下半身スクワット背中デッドリフトはどちらも大臀筋ハムストリングを刺激するので休みを入れるなら背中の翌日が良い

腹筋は元気な時になるべくやる

最後のアイソメトリックで搾りきる

下半身


【腹筋】


【大胸筋、腕部】(ウェイト有)


【大胸筋、腕部】(自重)




背中

2017-01-28

肩が凝るという感覚がわからない

痛みはわかる。とてもわかりやすい。だけど凝るってなんなんだ。重い?重いってなんだ?

というか、凝るっていつと比べてるんだろうか。

5年前の肩凝ってない状態なんてさすがに覚えてないだろうから筋肉痛みたいに凝ったり治ったりが割と短い期間に起きるものなのか?

いやその前に、みんなはいつの間に凝る感覚を学んだんだろうか。

しかしたら俺はずっと凝ってる状態なので慣れちゃって気付いてないのでは?

と思って肩こりに効く肩甲骨を動かす運動を数ヶ月やってるが効果が今ひとつからない。

そもそも俺はアハ体験とかが苦手なので、1ヶ月かけてじわじわ治られても困るんだよ。

たまにパソコンやった後に「あー肩凝った」とか言ってる人いるけど、あの人たちどんだけ感覚が鋭いんだ。

羨ましい!俺も言いたい!「あー肩凝った」って言いたい!

2016-11-17

死ぬべきではないたくさんの理由

【追記】

トラックバックありがとう。誰か読んでくれると思ってなかったので返信遅くなりました、すみません

死にたいと思ったことは、これまでは全くありません。

「恥ずかし〜死にてえ〜」みたいに冗談で言うことはあっても、実際に人生を終わらせたい、終わらせようと思ったことは

どんなにつらくても悲しくてもなかったです。

それだけに、この心情の変化に自分自身危機感を抱いたという感じです。

*****

いま過労で鬱になって休職中で、ふっと「面倒だしそろそろ人生終わらせてもいいのかな」と思う瞬間がある。

そういう時のストッパーにしたいので、今死ぬべきではない理由自分勝手にいろいろ書いてみる。

■基本編

・そもそも生きていること自体レアなんだから、わざわざ自分で命を絶つ必要はない。

 死ぬ時は嫌でも死ぬんだし。

他人と比べて編

自分人生なんだから他人と比べてどうこうという話ではないけど、

 病気とか不慮の事故とか経済的理由とか寿命とか、のっぴきならない理由明日生きられない人がごまんといる。

 その中で、自分で敢えて人生を終了させるのは傲慢

自分の年齢で亡くなった人の報道をきくと、「ああまだ若いのに」とすごく思う。

 ということは、やっぱりまだ死ぬには早いんだと思う。

家族

・新婚なんだから、もうちょっと新婚生活を楽しみたい。

・いま死んだら多分、夫はすごく悲しむと思う。もしかしたら同じように鬱になるかも。

 大事な夫が悲惨な目に遭うのは耐えられない。

・同様の理由で、実家の人たちにも多大なショックを与えるからやめておくべき。

 特に母はちょっとおかしくなってしまうかもしれない。両親が健在なうちはやばい

・なんだかんだ、お金負担もかなり掛けるはず。それもやだなあ。

家族自殺したってなるといろいろ世間的な引け目も感じさせそう。それもやだ。

・夫側の親御さんも悲しむだろうな。申し訳ない。

・まだ結婚記念日を祝ったことがない!祝いたい。

旦那誕生日ケーキを焼きたい。今年は買うつもりだけどいつか。

・産むのも育てるのもすごい大変みたいだけど、やっぱり子供も欲しい。

 そもそも出来るかわからないけど、最低限トライはしてみたい。

・とりあえず、大事な人ともっと一緒にいる時間を持っておきたい。バカな話をして盛り上がったりしたい。

仕事

・得意分野の中でもまだまだ成長の余地はあると思う。去年まで未熟だった部分を乗り越えるという体験もっとしたい。

・そもそも働いたことのない分野がいっぱいあるから、将来のパートとかでもなんでもやってみたい。

休職したきっかけになったことを言った人のほうが長生きするの悔しい。元気になってもっと成長して見返したい。

■食べたいもの

都内の美味しいたい焼きをまだ全然制覇できてない!したい。

・美味しいお寿司屋さんと、美味しいおでん屋さんに行きたい。

・美味しいお寿司屋さんの玉子焼きが食べたい。

築地の食べ歩きをしたことがないから、してみたい。特に玉子焼きは食べたい。

流行りがだいぶ過ぎたけど、一度ちゃんとハワイアンパンケーキを食べてみたい。

・芋きんつば食べたい。

中華街で食べ歩きしたい。蒸したての中華まんとか、角煮がはさんであるやつとか食べたい。

露天風呂日本酒をくいっとやってみたい。

クラフトビールの飲み比べとかしてみたい。

都内の美味しいベーグル屋さんに行きたい。有名店制覇したい。

名古屋モーニングを食べてみたい。

・めちゃくちゃお腹が空いた状態で、コンビニ味付け卵を食べたい。

・おしゃれして旦那ちょっと良い店のコースを食べたりしたい。あるいはホテルラウンジとかで甘いお酒を飲みたい。

■行きたいところ編

巣鴨帝釈天は行きたいと思いつつまだ行けてないからちゃんと行きたい。

安産祈願ってやつに行ってみたい。子供できてないけど。

ハワイにもう一回くらい行っておきたい。アイスのお店に行きたいし、前回ガーリックシュリンプを食べられなかったから、美味しいお店を調べて行きたい。

国内温泉にもうちょっと行きたい。

足湯も行きたい。

・昔行ったヨーロッパにもう一度行きたい。今度は夫と行きたい。

パリ行きてえ〜

箱根に行ってみたい。「はこね」って書いた饅頭買いたい。小田急ロマンスカーで行きたい。旦那と。

沖縄行きたい。前回は随分昔だから大人になった今行きたい。楽しそう。

水着買ったのにまだ1回しか着てない!もう一回くらい着ておくかな...

東急プラザ銀座とか新宿NEWOMANとか、話題になったスポット全然行けてないから一度は行っておきたい。

映画館の、ちょっと高いカップルシートに座ってみたい。

池袋かなんかにある、雲みたいなシートのプラネタリウムに行ってみたい。

ラブホテルに行ったことないから行ってみたい。

一人カラオケやってみたい。

肩甲骨ほぐしに行きたい。

・もう一回タイ古式マッサージに行きたい。

代々木上原あたりにあるモスクが一体どうなってるのか知りたい。いっつも気になってる。

■その他やり残してること編

銀のエンゼルが溜まってるのにまだ応募してない!

ウォンカーウァイの映画、まだ観てないやつみておきたい。

・30代、40代、50代の自分経験してないからしておきたい。

 おばちゃんになると肝が座って人生楽しいらしいから、それを体感したい。

・まだ人生において「これで満足!」という感覚を得たことがない気がする。そういうのちゃんとしたい。

仏教的な意味での「人間らしく生きる」っていうのがイマイチ腹落ちしてないから、その辺整理したい。

 というか、「これが人間らしく生きるってことか〜」って思ってみたい。

結婚指輪クリーニングに出したい。

・新しい靴が欲しい。

MA-1っていうの着てみたい。できるうちに流行りの格好しておきたい。

・一度くらい高めのクリスマスコフレを買ってみたい。

・高い基礎化粧品使って、やっぱ高いのは違うな〜って実感してみたい。

ジョジョはもう一回くらい読み返しておきたい。

・ウシジマくんの続き読みたい。

*****

ざっと思い浮かぶだけでもこんな感じか。

利己的でもみみっちくてもなんでもいいから、この辺ちょくちょく思い出して生きていきたい。

2016-10-23

プロが教える)肩こり解消!肩骨甲冑はがし

・サビついてませんか?あなた甲冑

デスクワークに夢中になっているとどうしても錆びついてしまもの

肩甲骨で錆を一気に落としてしまいましょう!

専用の液体をぬれば往年の輝きがよみがえるかもしれません。

文責:JACK POLE(日本甲冑はがし協会界事/マクロビテック整肩院院長)

2016-07-24

私の体験したオカルト体験をここに記す③

体験した出来事に対する主観と、憶測を記す。もしよかったら①から読んでほしい。

http://anond.hatelabo.jp/20160724155200

芝の神社仏閣巡りと厄除け祈祷の話。

夕方日没黄昏、ちょうど逢魔が時の頃に具合が悪くなるようになった。ふわふわして自分足音が聞こえなかったり、重力感触、足が地面を歩く動きが感じられなかったり、悪心が酷かったりする。窓の無い部屋に居れば大丈夫のようだが仕事に支障がある。対策として日光を浴びて、米食をしっかりとることを始める。根拠稲荷神なら米が良いはずだという短絡思考だ。しかし、食事を取ると異様に疲れる。時間が掛かる。

うつつに、白い籠に覆われて、体が透けて溶けてなくなり、ぶよぶよした膜のような体が骨も残さず上から下に剥がされた。芯みたいな私だけ残り、それ以外が無くなった。それから稲荷神社意識が繋がり、私は赤い線が縦に1、2本通った白い着物みたいな和服を着ていた。神様夕方や夜に出る有象無象てんぷら油を固めるように固めてポイすると良いと教えてくれた。

連日のしんどさから一人のときはべそべそ泣いていた。時々、狐が心配して頭を撫でてくれる。

真夜中にLINEで喚いて相談した友人(その節はありがとうございました)から清明神社に行ったらどうかと教えてもらったけれど遠いので、取り急ぎ東京で一番強そうな徳川将軍家に頼ることにした。増上寺と芝東照宮

東照宮近辺で何かに呼ばれている気配があって引き寄せられてそちらへ歩いたら、小山の上、鬼門辺りに小さなボロボロ稲荷神社があった。ガラガラ鳴らすための鈴の紐が切れて落ちている。地図鳥居マークがあるけれど名前が書いていない。近くの案内には円山随身稲荷大明神と書いてあった。社の中から具合悪そうな狐が闇堕ちに必死で堪えている様子で辛そうにこちらを見てきた。ご挨拶くらいしか出来ない力不足申し訳なく思う。誰でもいいから早く助けてあげてほしい。

山を下りて、引き寄せられるまま更に歩くと宝珠院という辨才天に辿り着いた。北条氏みたいなトライフォースの紋が目立つ。歓迎されているようで陽気な雰囲気だと感じた。

増上寺の勝守はステロイドくらい強そうな雰囲気。芝東照宮の厄除守も並々ならぬ感じ。勝守(弓矢)も効きそう。新しいお守りは勢いがある。気軽に持っていい物ではなさそうだが、持ち歩き始めてから逢魔が時の頃に具合悪くならなくなった。強い。有難い。





電話予約をした指定の日に地元神社厄年厄払いへ。調べたらお祓いの際はスーツのような正装をすべきらしい。堅苦しくない程度にそれらしい服装に着替えていざ。イメージでは夢で見たのと同じ、裾が広がるタイプワンピースのような白い着物を着ている。

祓い最中に何か見えないか頑張ったけれど見える物は何もなし。

動作では、最初に見えない引力で右手左手の順に組んでいた手をほどかれて膝の辺りに姿勢を直すよう誘導された。祝詞で住所氏名を唱えた辺りで、前から押されてどんどん後ろに仰け反るくらい体が傾いて、肩甲骨のあたりから歯のような根のある何かを、親知らずを抜くようにメリメリと3つくらい抜かれた。抜けた後に穴が開いているような気がしてしばらく落ち着かなかった。合間に神様大丈夫だよと笑っていたように感じた。

ストレッチ系のマッサージを受けた後くらいにはスッキリたか効果があったと思う。

2016-04-17

さっきはてなアカウントを取ってきた。

ここはたまに見てたけど、自分で何か書こうと思ったのは初めてだ。

昔の思い出ふたつを自分のためだけにここに書き捨てる。


高校生の頃、ある日学校から帰ってすぐ犬の散歩に出かけた。

から二、三歩歩いたところで、行く手に人が立っているのに気づいた。

黒っぽい格好をした眼鏡おっさんだった。満面の笑みを浮かべていた。

おっさんズボンのファスナーから褐色の長い物が出ていて、扇風機のようにぶんぶん上下左右へ躍動し、旋回していた。

それが何だったのかは今でもはっきりとはわからないが、冷静に考えるとたぶんおっさん性器だったんだろう。

そのおっさんに目がひっかかって、脳が理解した時、一瞬で目の奥、肩、全身から温度が抜けていった。

普段自分の体を取り巻いている自分の分の空気が一気に冷えて、薄っぺらい膜に凝縮されて、自分の体全面へと頼りなくぴっちり張り付いた。

そのおっさんから発されている空気が、その薄皮一枚だけを隔てて自分を圧し潰してくるようだった。

喉が鈍痛で詰まった。

その圧迫だけをただただ感じさせられながら、目をおっさんからもぎ離して、連れていた犬の方へと動かした。

犬は普段通りに体をゆらして呼吸をしていた。

反射的に口が動いて、犬に「行くよ」と声をかけて、そうしたら足も動かすことができた。

私はおっさんから努めて目を逸らし、犬の背中の毛並みと、動く肩甲骨を見ながら、笑顔おっさんの脇を通り抜けて、普段通り散歩コースの道へと歩き出した。

他のことを考えるような余裕はなかった。

おっさんはそこにたたずんだまま、追いかけては来なかった。

振り向いて確認はしていないから本当のことはわからない。でも動く気配はなかった。

そのまま普段より念入りに、時間をかけて散歩をした。

散歩コースを何周かしてからゆっくり家の近くに戻って、何度もおっさんがいないことを確認してから、家に入った。

家族に話すことも、誰かに通報することも考えなかった。そういう発想がなかった。

今でもそうしようとは微塵も思わない。しないことは自分のために正しい判断だったと思っている。

社会的には正しいわけはない。おっさんに何がしか制裁を与えるチャンスも失った。

でもそれ以上自分の何か、自分構成する何かの一欠片でも、あれのために損ないたくなかった。


友達には一度この話をしたことがある。

女子グループのおしゃべりで、他の子痴漢にあった話をするのを聞いて、私もこの話を笑い話風味にして吐き出した。

でも未だにこの思い出が、腹の中を時々渦巻くことがある。

あのおっさん生殺与奪を握られたと思った瞬間を、この先も私の脳は多分しつこく覚えてい続けるんだろう。

その暗い予感が本当にいやだ。

私のこの恨みはどこへ持っていけば捨てられるんだろうか。


ここまででもう体力を使い果たしたから、もう一個の思い出は最低限吐き出したいことだけ書く。

同じく高校生の時、こっちは夏休みの登校日で、昼過ぎだった。

帰る途中で知らないおっさんに声をかけられた。

「ねえ今サボり?暇?俺とカラオケ行かない?」

瞬時に上述の思い出が頭をよぎって恐慌状態に陥ったが、ともかくしどろもどろにでも断った。

するとそのおっさんはこうのたまった。

「お前なんかね、高校生じゃなくなったら誰にも相手にされなくなるよ」

こっちは今なら言える。ふざけんな馬鹿野郎大嘘つき。ブーメラン野郎。何とでも思い浮かぶ。

こっちの恨みはもうそろそろ痛くなくなりそうな気がする。

いつしかこれらの思い出は、ネット上で嫌でも目に入る熾烈な女叩きと化学反応して、よくわからないことになった。

普通に友達とも話せるし男の人と恋愛もする、ネットで男叩きもしない。

でも男の人から少しでも一方的性的好意を向けられたと感じると、それが例えどんなに仲の良い男友達であっても気持ち悪くて即縁を切りたくなる。

男の人とハイタッチとかした後、反射的に手を拭ってしまうくせも、とても失礼なこととはわかっていても直すことができない。

ネットの女叩きをたまに回避しそこねて、品性下劣文章が目に入ってくると憎悪燃えるスルーすることができない。

自分が苦しいだけの不毛憎悪だ。

今まで長いこと憎しみを抱え続けてきた。

うそろそろ楽になりたい。戦う気力はない。それはよくないことなのかもしれない。

でも今は、卑小な自分のためにとりあえず自分が楽になりたい。



書き終わって思った。

私は無言かつ匿名ぼんやりとした他者を求めてここに来た。

その私の暴力性を断罪せず見逃してくれますように。

2016-03-28

僕の幻翼

人が誰かを抱きしめるとき相手をつなぎとめる手が、僕には無い。

僕は仕方がないから、できる限り言葉と態度で彼女を縛る。

そうした術は生まれてきてきたときから学んできたし、逆に、だから僕は生きていられる。

僕の手足は生まれときに向こう側に置き忘れてしまって、こちらの僕からは、失われていた。

ファントムペインが有名かもしれないけれど、ハード的な意味での肉体の損失は、

ソフト的なものの損失を意味しない。

僕の左の肩甲骨には左手の、右には右の、手のひらの感覚がきっちりある

そのおかげか、彼女たちに抱きしめられるとき自分のすべてを抱きしめられている感触を得る。

まるで羽を押さえ込まれているみたいだと思う。

そのときだけ、フワフワした不安定さが無くなって、やっと僕は地面に降りられると感じる。

月曜日には紗江が、

火曜日には由香が、

水曜日には栄子が、

木曜日には。

僕をきちりと地上に繋ぎ止めてくれる。

普通の人ならセックスとき相手をつなぎとめておける手は僕には無い。

できる限り言葉と態度で彼女を縛る。

明らかに暴力行使、力づくというカードが切れない僕という立ち位置は、

オープンリーチしか許されない麻雀みたいな交渉になる。

まり勝負にはならない。勝ち、というもの存在しない。

でも、多くの人間自分が良い人でありたいから、圧倒的な勝ち分を幾分か譲ってくれる。

特に、裕福な人達、美しい女の子

彼女たちはもう、とてもたくさん「持っているから」それを分け与えることに躊躇しない。

それどころか、彼、彼女たちは、それを与えることで自分たちの徳が上がると信じている。

天使財産を献上することが、人間性の向上につながるという信仰に近い。

僕は天使ではない。けれど、ときどき肩甲骨の裏側に力を入れて、

そのように振る舞うことは可能だ。たぶん、誰にだってそうだ。

神というのが世界のもの象徴であるのと違って、

天使は明らかに世界の一部のなんらかの象徴だ。

それは美徳であったり、平和であったり、自由であったりする。

から、そういった象徴化された天使たちはときどきやらかして、

人間世界に落とされてしまうこともある。

僕も少しやらかししまって落ち込んだけれど、そもそも、もともと僕は人間なのだ

ときどき、天使として振る舞うことでメシを食う、それだけのことだ。

今は、ほんの少し休んで。

次はもっと高く飛べるように。

確認するために、すこし、手のひらを握る。

肩甲骨に力を溜める。

みんなが信じている、僕の幻翼に。

2015-08-14

http://anond.hatelabo.jp/20150814214824

ふだんはウンコネタ書いている増田です

今日も車運転中にもよおして、通りがかったスロット屋でギリセーフでした。出かけた先でソフトクリームなんぞ食うものでは無い

さて

サラリーマンを長年やっていると何かしらの変化、人生へのインパクトが欲しくなります

ピアスしてみましたが、早々に飽きました。穴をデカくして土人みたいにする気はありません。ただ耳たぶで何かが光っていればと

そして次に私が長年思い抱いていたのは「デビルウィング」です

若い方はデビルマンを御存じないかもしれませんが、暗黒のヒーローです

悪魔の力を身に付けた正義ヒーローは空をも飛ぶことができます。その際「デビルウィングゥッ!!」と心の中で叫ぶと背に翼が出現しま

余り大きいもんもんは反って自分が小物、つまり背中に鯉とか龍は小男っぽくてドン引きしま

から肩甲骨辺りに小さい対の悪魔の翼を

と、思いましたがデビルマンデビルウィングは三日月のような形でした

何か翼を授けるレッドブルのようなデザインがあればご教示いただきたい

2015-07-06

一週間ほど前からずっと右の肩甲骨の辺りが痛むので右側向くのが辛い

2015-05-25

ソープへ行っても何も変わらない

過去、同じようなことを言われていたらごめんなさい。

初めての投稿で、少しドキドキしてます

初めてなんです♪、って言えば優しくしてもらえるかもしれない、みたいな打算的な期待もしています

巷でよく、「ソープへ行け」みたいな言説があるじゃないですか。

ぶっちゃけ、あんなの嘘っぱちですよね。

ちょっとくらい体験させてもらったくらいでは、何にも変わりやしませんよ。

ただただ絶望が増すだけです。

しかに女の人の体は柔らかいし、細いし、ぬめぬめしてるし、気持ちいいというのは間違いないかもしれません。

指先でそっと撫でられると少しひんやりしてくすぐったいし、自分からは見えないので背中を撫でられたのだか舐めてもらったのかわかんないけど不意にびくっと反応しちゃったりして恥ずかしくなったりもします。

けど、自分右手に馴染みすぎて黒ずんで皮が伸びきったような鈍感息子にとっては、なんというか、そこまで特別な刺激ではなかったような気がします。

くぱぁと開いた神秘洞窟に侵入させてもらっても、これで俺も晴れて大人の男だ、みたいな感慨もなく、あー、うん、こんな感じなのかー、みたいな、なんかふわふわしたような、現実味の無さ。

跨がってもらって、汗だくになりながらも腰を上下スクワットしてくれて、胸のあたりのふにふにした物体が2つ別々に弾んでいるのをぼんやり眺めていると、あー、俺、なんでこんなことしてるんだろー、とか思索に耽りそうになります

振動方程式だか波動方程式だかって何だったかしら、とか、知りもしないことを思い出そうとしてみます

なかなか至らなくてしびれをきらされたのか、攻守を交替してもらって、くびれた腰をおっかなびっくり掴んで、やや反り気味のしなやかな背中と浮き出た肩甲骨と首からうなじ、後頭部の曲線、汗ばんで乱れて揺れる髪の毛を見ながらも、

少しばかり俯瞰というか、自分の後頭部の更に斜め後ろくらいにカメラレンズを設置したような、幽体離脱して自分背中越しに眺めているような感覚に陥って、なんだかものすごく滑稽な格好をしているように思えて笑ってしまいそうになったりします。

アスタリスクを見て、猫でロックな解散芸を思い出してしまい、あまりにも場違い妄想でかき消したくなります。ΦωΦ

相手方も、あん♪あん♪、と嬌声を上げてはくれたりするわけです。

だというのに。

にもかかわらず。

あー、これって、演技してくれているのかなー、みたいな。

なんだか気を遣ってもらっちゃったのかなー、みたいな。

どうにも居たたまれないような気持ちになってしまいました。

エロマンガで見るような、クソデブキモオヤジみたいなのが突然奇跡の力に目覚めて、女の人をアヘェとか、おほぉぉぉとか、させてあげるようなことなんてできるわけがないんです。

30を過ぎたからといって、魔法なんか使えないわけです。

制限時間が迫っても一向に機能を発揮しようとすらしない、ローションにまみれてテカテカした皮余りの愚息を、どうにか作動させようとばかりに、ひんやりした小さな手でさすさすと擦ってくれるわけです。

最後には、向こうが悪いわけでもないのに、ごめんね、ごめんね、と謝られたりしてしまって、更に居たたまれなくなるわけです。

ほんと申し訳ないですし、自分が情けなくなります

金銭を無駄にした、みたいな後悔ではないはずだと、自分では思います

それに見合う労働はしてもらいましたし、自分にとっても貴重な経験にはなった、と思いたいです。

ただ、「まだ俺は本気出してないだけ」だったはずなのに、もしかしたら本気を出したところで何もできないのではないかという無力感に苛まれているだけです。

きっと何者にもなれないのです。

世界革命されないのです。

卵の殻を破らねばひな鳥は生まれずに死んでゆくかもしれませんが、卵の殻を破ることができても死んでしまうひな鳥もいるのです。

甲斐ない。

つらい。

虚しい。

こんなつらい気持ちになるなら、いっそ、知らずにいればよかった。

知りたくなんてなかった。

世界は優しさに満ちていて、だからこそ、残酷です。

彼女にとってみればお仕事だったのかもしれませんけれども、あんなに汗だくになってまでしてくれたのは、決してなおざりものではなかったはずですし、それはきっと彼女自身の優しさだったのだろうと思います

からこそ、それに応えられなかった自分が情けなくて、不甲斐なくて、悲しい。

至らず、ほんと申し訳ありませんでした。

結局、こじらせた中年男がソープへ行ったところで、何も変わりません。

無力で何もない自分を思い知るだけです。

エロマンガエロビデオから仕入れた虚構にまみれた嘘だらけの知識だけ持っていたって、何の役にも立ちません。

敢えて若い人へアドバイスするなら、こじらせる前に済ませておきなさい、とは言えるかもしれません。

こじらせてしまってはもう、手遅れです。

将来、といっても老い先は短くなりつつありますが、万が一にでも伴侶となってくださる人がいたとしても、その相手にまでこんな負担を掛けてしまうことになってしまったら、その伴侶となってくださるかもしれない方に対しても申し訳ありません。

肥大した自意識の化け物に飲み込まれしまって、どうにもなりません。

ソープへ行っても、何も解決しないどころか、余計にこじらせてしまったような気すらします。


それでも、

それでも、俺は、

俺は、本物が欲しい。

努力とかしたくないけど、本物だけ欲しい。

痩せる気もないし、育毛する気もないけど、本物を手に入れたい。

楽して、ありのままでワガママで欲張りで自分勝手自分のままで、クソデブハゲチビキモオヤジのままで、美味しいところだけ吸い上げて生きていきたい。

青年なんちゃら隊に入って海外へ行こうだなんて思わない。

消え去りたい。

透明になりたい。

ワタシはスキをあきらめない。


※追記(2015-5-31)

たくさんのトラバブコメありがとうございます。返信の作法がよくわからなくて右往左往してましたけど、追記という形に致します。

まず、ひとつ釈明すると、この時は同僚に連れて行ってもらいまして、自分意志で行ったわけではありませんでした。恥の上塗りではありますが、ますます受け身でしかない自分に気が滅入ります。事前の心構えができていなかったので、オナ禁してからならばまた違うのでしょうか。次の機会があるとしたら、留意します。

恥ずかしながら、北方謙三先生のことを存じませんで、ネットで流布している慣用句か何かだと思っていたのですが、元の発言者がいらっしゃるのですね。著書等を読めばもう少しその言葉真意理解できるのでしょうか。

皆様のアドバイスが身に沁みます。とくに、ちょっと今は見当たりませんでしたけれども「気づいたんだ、僕からキスをすればよかったんだ」というコメントにハッとしました。みるん王子。俺はユリ熊嵐の何を見ていたんでしょうかね。恥ずかしい。ゲスゲス

はいえ、クソデブハゲチビキモオヤジなんかがいきなりキスでもしようものなら暴力沙汰で訴訟になりかねないので自制しますけれども。

「感じなかった」とか「たいしたことない」という感覚であったのは確かなのですが、別に気持ちよくなかったわけではありません。他人と密着するなんて体験はこれまでほとんどしてきませんでしたから、なんというか、その、くっつくのってそれだけでドキドしますし、ふわーっとしたような、ああこれが「幸せ」ってものなのかなー、みたいな感覚にもなりました。『彼氏彼女の事情』に、ただぎゅっと抱き合うだけで充足されるみたいな場面がありましたけれども、ああい感覚を初めて実感できたというか。

こんなにいいものだったとは。もっとはやくすればよかった。

ただ、その「たいしたことない」ことですら、まともにできなかった自分が情けないといいますか。彼女お仕事としては「フィニッシュ」という目に見える形での成果こそが必須だったと思うのですが、それを為せなかったのが、双方にとって心残りになってしまったように思います。皆様がおっしゃるとおり、自己流をこじらせた結果、鈍くなってしまっているのだと思います。こればかりは、こじらせてきた歳月の長さ、重みを思い知らされた気分です。

皆様から「変わった」と言っていただけると、自分では自覚できていないものの、何か得ることができたのかもしれない、とは思えるようになりました。あとは、俺自身がどうするか、どうしたいか、ですね。まだ何も見えてはいませんけれども。

他所様ですが、http://togetter.com/li/828262 こういった報告を読むと、若いって素晴らしい、眩しいと思います

藤子F先生の『未来ドロボウ』みたいな気持ちになります。いや、そんな大した財産も無いわけですが。

2015-05-23

ポルチオってあるんだな

マッサージがてら、腰、お尻から肩甲骨あたりをポンポンと手のひらでパットしてると、気持ち良さそうに目を閉じる。

おお、良い反応、と続けてると、いつの間にかなんか声が出てる。

徐々にお尻がせり上がって来て、そんなに曲がるか?ってくらいお尻を突き出す。

それでも無言で続けてると、あそこの形が分かるんじゃないかってくらい力を入れて、お尻を俺の顔の前に突き出し、小刻みに左右に振る。

それでもポンポンポンポンポンポン…と続けると、しまいには訳が分からなくなるようで、俺の腕に抱きついて、指をディープスロートしたりあま噛みしたり。

あー、猫にもポルチオってあるんかなーって思った。

2015-04-11

コーラを飲んだら肩こりするようになった

ここ1週間の間にコーラをコップ2、3杯飲んだだけだけど肩こりがする。


正確に言うと首筋の辺りではなくて肩、腕、肩甲骨背中の辺り。

炭酸飲料というよりもとにかくコーラダメ


2、3週間くらい毎日ストレッチしているとだんだん良くなってくる。

2015-02-04

http://anond.hatelabo.jp/20150204045124

ちなみに肩甲骨の間には「風門」という体を温めるツボがあるらしい。

2014-10-01

2014年に買ってよかったモノ暫定一位

どこにも共有しづらいので増田に書く。

ニップレスめちゃくちゃいい。いまのところ今年買ってよかったモノのダントツ一位だ。

服装にかかわらず常に着用するようになった。もうブラはしてない。

ニップレスの何がいいって、肩こり肩甲骨周りのコリから開放されるってところ。体がすごく軽い。

いまは乳首より一回り大きいシリコン型のが主流だ。かつて流行ったヌーブラ乳首だけ守る版みたいな感じ。

Amazonで3組セット1,000円位で買える。

洗って繰り返し使えて経済的しか洗濯物も減る。

女性の方はぜひ試してください。

2014-05-04

千と千尋の神隠しの千尋のエロ画像

未見時はどこに需要あんだよと思ってた。

でも見てみたらわかった。

いきいきとした千尋の動きと声を見聞きしたらぱっと見可愛くないように見える千尋がすっごく可愛く見えてきた。

あとエロイ

棒っ切れのようなリアル幼女の足でうんこ座りしてるのがおしっこしてるように見えたり、おにぎりかぶりつくのが口淫に見えたり、あとお風呂の世話をお前がするんだよって言葉エロく感じられた。

あとはあれだ。働いてるとこの制服の下着がクソエロイ

背中丸見えで幼女なのにクソセクシー肩甲骨と背筋のラインが。

もうたまりませんわ。今からエロ画像集めてくる。

2014-05-01

http://anond.hatelabo.jp/20140430190556

23社会人 少し前に6年間付き合った彼女と別れた。別れを切り出したのはこちらからで後悔や未練はないが、付き合いが長かっただけに思い出に浸ってナーバスになることはある。

別れた理由は性格の不一致とか些細な揉め事が原因だったんだけど、遊びたい(コンパなんかで出会った人とホテル行ったり)ってのもあった。

元カノと別れてから職場のいくつか年上(キャリアもそのぶん上)の同期とよくご飯行ったりするようになった。

その人とは就職した当初から仲が良く、年上というよりも友達みたいな感覚

性格ちょっと面倒くさがりだがしっかりしている。控えめで誰にでも優しくさりげない気遣いが上手。

元カノとは対照的だ。

よく他の同期も交えて飲みに行ったり、みんなで休日に出かけたりした。その人は一人暮らしで俺が終電逃したり、終電あっても帰るの面倒くさいときに泊めてもらうこともあった。

彼女以外の人と一晩過ごすというのはドキドキはするけど、もちろん何があるわけでもなく2人でテレビみたりしゃべって眠くなったら適当に寝るような感じ。

俺にとっては大切な友達だし、そもそも相手にされないだろうなと思ってたから、そのとき恋愛感情みたいなのはなかった。

しかし俺が元カノと別れてから仕事終わりに2人で食事をすることが増え、その流れで今日泊まっていったら?ってなって2人でテレビ見てるときに肩寄せてきたりするようになった。

同僚はもともと寂しがりやで寄り症なので、友達感覚無意識にやってることなのかもしれないけど、こっちも男なので、元気になってくる男の子を押し隠して涼しい顔するのに必死なわけである

同僚はモテそうなんだけど、なぜかそういう話をあまり聞かない。

もう20台後半なんだし、そろそろ結婚考えて相手探さないとまずいんちゃうの?と俺は友達としてちょっと心配していたりもしていた。

口には出さないけど。

俺自身はまだまだ遊びたいし自分のやりたいこともしたい。

結婚なんて30過ぎてから考えたら良いって思ってる。

そのことは同僚も知っていた。

もしこんな俺に好意を抱いてくれてるとしたら嬉しいけど、複雑である

同僚といる時間は気使わなくて楽しい

キドキする瞬間もどこか心地良かったりもする。

でも同僚の将来考えたら、俺なんかとだらだら関わってる時間はないのではないかと思ってしまう。

結婚適齢期として残された時間はけして多くはなく、あっという間に過ぎていくだろう。

ここはこっちから距離を置くべきなんじゃないかとか考えていながら、それでも一緒にいると居心地が良くて、誘いを断る理由も勇気も俺にはなかった。

そうした関係をだらだら続けているうちに自分も同僚のことが友達として好きなのか、恋愛感情として好きなのか分からなくなってきた。

俺にとって大事存在であるのは間違いないが、それ以上のことをしたいってのとは全然違っていた。

それは向こうも同じなんじゃないかって気がする。

そんな中、その時を迎えてしまった。

その日は仕事終わりに同僚の部屋で借りてきた映画を2人で見ていた。

チープなSF洋画で、ベタな設定のゾンビが出てくるやつだった。

くそみたいな内容だったが、彼はそれでもきゃっきゃ言いながら、驚いたときに俺の腕にしがみついてきたりなんかしていた。

俺はというと、彼が動く度にショーパン(普段あまり履かない)の間から覗く白いブリーフが気になって映画どころじゃなかった。

俺はなんとなく、今日は彼と何かがあるのではないかという予感がしていた。

それがなぜか分からないが、待ち合わせのメールの感じとか、彼の仕草がほんの少しいつもと違っていた気がしたからなのかもしれない。

頭の中には、そうなることを断固として避けなければならないという気持ちと、それを望んでいる気持ちの両方があった。

まさに天使と悪魔が紛争を繰り広げていて、それ以外のことは全く頭に入ってこなかった。

映画が終わると、彼は眠いと言って服を着替えもせずベッドに入った。

そしてすぐに面倒くさそうにベッドから出てきて、歯磨きをし、リップクリームを塗って再びベッドに潜り込んだ。シャワーも浴びていない。

俺は黙ってテレビ見たり携帯いじったりして過ごしていた。

しばらくして彼に、テレビ電気消してと頼まれたので、その通りにして俺も彼の隣で横になった。少しして彼は身体を俺のほうに向け、俺の肩にひげ伸びた大きな頭を押し付けてきた。俺も彼のほうを向き、自分の顎の下に彼の頭を抱き寄せた。 普段同じベッドで寝ることはあってもこんな風に抱きあうというのは初めてだ。

でもこれがなぜかとても自然で、心地よかった。

実は俺たちはもう付き合ってるんじゃないかと、そんな気持ちになった。

心の安らぎとは対照的に俺の身体は熱を帯びていった。

これは男として避けられないことだった。

鼓動が早くなり、手が汗ばむ。

下半身血液が流れ込んで、硬さを増していくのが分かった。

俺はそれが彼にばれないよう、自分の腰を彼から少し遠ざけた。

彼はずっと目を閉じていたが、眠ってはいなかった。

5分刈りの髪からは、いつものヘアオイルの爽やか匂いがした。

何の匂いかは知らないけど、品があって俺はその香りが好きだった。

髪の間から、色黒なうなじが覗いていた。

俺はうなじフェチなのだが、彼のそれは完璧だった。

から首筋にかけての見事な筋肉に俺は見惚れた。

少し迷ったが、気づくと彼の首筋に軽くキスをしていた。

彼は無反応だった。

俺は止められなくなり、彼の耳から首筋のラインに唇を這わせ、耳たぶの端を優しく噛んだ。

彼は目を閉じたまま「アッー」と小さな声をだして、少し首をかしげた。

くすぐったいのと困惑が入り混じったような声だった。

俺は性急にならないように注意深く彼の様子を観察しながら、唇を這わせるタッチを強めていき、ときどき舌を出した。

彼の肩を抱き寄せ、背中肩甲骨のあたりを撫でた。

彼のゴツゴツと隆起した肩甲骨と、存外にしなやかな上腕二頭筋のやわらかさが対照的だった。

彼はずっと目をつぶっていて、例の「アッー」という声をときどき出すだけだった。

その太い腕は俺の背中に回されていて、指先に少し力が入っていた。俺は一度顔を離し、彼を見つめた。彼も目を開いて俺を見た。

その瞳は暗闇の中でもまっすぐで力強かった。

彼は人差し指を伸ばし、俺の顎を小さくつついた。俺はその仕草が、キスをして欲しいということを意味していることに気がついた。

ここで俺の頭の中に赤信号が灯った。

キスをしてしまったら、もう後戻りが出来なくなると。

引くならこのタイミングしかない。

しかしそんなちっぽけな理性などで、欲望に満ちた肉体が制御できるはずがなかった。

ゆっくりと彼に顔を近づけると、首を20°ほど右へ倒して、唇を奪った。

緊張と安らぎと、ああ やってしまったという気持ちが渦巻き、頭の中が混沌としていたが、冷静を装いあくまで丁寧に時間をかけてキスをした。

彼の唇の柔らかさに、俺は驚いた。

いまにもとろけてしまいそうな柔らかさ、これも元カノにはなかった。

純粋に彼の唇の感触を俺は楽しんでいた。

彼は無表情で、俺の動きに応じて控えめに唇を動かしていた。

俺は、彼の頬に当てていた手をゆっくりと大胸筋のほうに移動させていった。

手が鎖骨を通り過ぎ、柔らかな丘の麓に差し掛かろうとしたとき、彼の手が優しくそれを制した。

俺は唇を離し、彼を見た。

彼も力強い目でこちらを見て、はっきりした声で言った。

「寝る。」

今思うと彼がそう言ったのは不思議でもなんでもないが、その時は頭が真っ白になった。

数秒間思考停止したあと、その言葉意味について脳みそをフル回転させて考えてた。

試しに、「寝れない」と言ってみたけど「寝なさい」と言われた。

自分の息子がしょんぼりしていくにつれて、後悔と自己嫌悪の念が雨雲のように胸の中に広がった。何やってるんだ、俺は。

あれほどこの人との関係について悩んでいたのに、一時の感情に負けてあっけなく一線を越えてしまった。

自分の下衆さに嫌気がさして死にたくなった。

彼がキスで止めてくれたのがせめてもの救いだ。

寝息を立てる彼の横で、一人眠れるわけもなく悶々として一晩を過ごした。

次の日の朝彼は、何事もなかったかのように朝食を作り、2人で一緒に食べた。会話は普段より少なかった。でも彼が作ったソーセージエッグサンドは美味しかった。

この先彼との関係をどうすればいいか分からない。

彼のことは好きだけど、そもそも日本では結婚出来ない。

もし付き合ったとしたら、お互いのためにならないだろうし、毎日会う職場でどう接したらいいか分からんし、周りに隠し通せる自信もない。

それに別れてしまったときのことを考えると寒気がする。かと言って元の友達関係に戻るにもどうやったらいいのか分からない。

やりようのない思いを増田にぶつける以外、今の俺には何もできないのであった。

拙い文章で申し訳ない。

2014-04-30

同僚と一線を越えてしまった

23社会人 少し前に6年間付き合った彼女と別れた。別れを切り出したのはこちらからで後悔や未練はないが、付き合いが長かっただけに思い出に浸ってナーバスになることはある。

別れた理由は性格の不一致とか些細な揉め事が原因だったんだけど、遊びたい(コンパなんかで出会った人とホテル行ったり)ってのもあった。

元カノと別れてから職場の同期でいくつか年上(キャリアもそのぶん上)の女性とよくご飯行ったりするようになった。

その人とは就職した当初から仲が良く、年上というよりも友達みたいな感覚

性格ちょっと面倒くさがりだがしっかりしている。控えめで誰にでも優しくさりげない気遣いが上手。

元カノとは対照的だ。

よく他の同期も交えて飲みに行ったり、みんなで休日に出かけたりした。その人は一人暮らしで俺が終電逃したり、終電あっても帰るの面倒くさいときに泊めてもらうこともあった。

女性と一晩過ごすというのはドキドキはするけど、もちろん何があるわけでもなく2人でテレビみたりしゃべって眠くなったら適当に寝るような感じ。

俺にとっては大切な友達だし、異性として俺なんか相手にされないだろうなと思ってたから、そのとき恋愛感情みたいなのはなかった。

しかし俺が元カノと別れてから仕事終わりに2人で食事をすることが増え、その流れで今日泊まっていったら?ってなって2人でテレビ見てるときに肩寄せてきたりするようになった。

彼女はもともと寂しがりやで寄り症なので、友達感覚無意識にやってることなのかもしれないけど、こっちは一応男なので、元気になってくる男の子を押し隠して涼しい顔するのに必死なわけである

彼女モテそうなんだけど、なぜか男っ気があんまりない。

もう20台後半なんだし、そろそろ結婚考えて相手探さないとまずいんちゃうの?と俺は友達としてちょっと心配していたりもしていた。

口には出さないけど。

俺自身はまだまだ遊びたいし自分のやりたいこともしたい。

結婚なんて30過ぎてから考えたら良いって思ってる。

そのことは彼女も知っていた。

もしこんな俺に好意を抱いてくれてるとしたら嬉しいけど、複雑である

彼女といる時間は気使わなくて楽しい

異性としてドキドキする瞬間もどこか心地良かったりもする。

でも彼女の将来考えたら、俺なんかとだらだら関わってる時間はないのではないかと思ってしまう。

結婚適齢期として残された時間はけして多くはなく、あっという間に過ぎていくだろう。

ここはこっちから距離を置くべきなんじゃないかとか考えていながら、それでも彼女といると居心地が良くて、誘いを断る理由も勇気も俺にはなかった。

そうした関係をだらだら続けているうちに自分彼女のことが友達として好きなのか異性として好きなのか分からなくなってきた。

俺にとって彼女大事存在であるのは間違いないが、結婚したいってのとは全然違っていた。

それは彼女も同じなんじゃないかって気がする。

そんな中、その時を迎えてしまった。

その日は仕事終わりに彼女の部屋で借りてきた映画を2人で見ていた。

チープなSF洋画で、ベタな設定のゾンビが出てくるやつだった。

くそみたいな内容だったが、彼女はそれでもきゃっきゃ言いながら、驚いたときに俺の腕にしがみついてきたりなんかしていた。

俺はというと、彼女が動く度にフレアスカート(普段あまり履かない)の間から覗くタイツ越しに透けた白い腿が気になって映画どころじゃなかった。

俺はなんとなく、今日彼女と何かがあるのではないかという予感がしていた。

それがなぜか分からないが、待ち合わせのメールの感じとか、彼女仕草がほんの少しいつもと違っていた気がしたからなのかもしれない。

頭の中には、そうなることを断固として避けなければならないという気持ちと、それを望んでいる気持ちの両方があった。

まさに天使と悪魔が紛争を繰り広げていて、それ以外のことは全く頭に入ってこなかった。

映画が終わると、彼女眠いと言って服を着替えもせずベッドに入った。

そしてすぐに面倒くさそうにベッドから出てきて、歯磨きをし、リップクリームを塗って再びベッドに潜り込んだ。シャワーも浴びず、化粧

も落としていない。俺は黙ってテレビ見たり携帯いじったりして過ごしていた。

しばらくして彼女に、テレビ電気消してと頼まれたので、その通りにして俺も彼女の隣で横になった。少しして彼女は身体を俺のほうに向け、俺の肩にその小さな頭を押し付けてきた。俺も彼女のほうを向き、自分の顎の下に彼女の頭を抱き寄せた。 普段同じベッドで寝ることはあってもこんな風に抱きあうというのは初めてだ。

でもこれがなぜかとても自然で、心地よかった。

実は俺たちはもう付き合ってるんじゃないかと、そんな気持ちになった。

心の安らぎとは対照的に俺の身体は熱を帯びていった。

これは男として避けられないことだった。

鼓動が早くなり、手が汗ばむ。

下半身血液が流れ込んで、硬さを増していくのが分かった。

俺はそれが彼女にばれないよう、自分の腰を彼女から少し遠ざけた。

彼女はずっと目を閉じていたが、眠ってはいなかった。

少しウェーブがかかったセミロングの髪からは、いつものヘアオイルの甘い匂いがした。

何の匂いかは知らないけど、品があって俺はその香りが好きだった。

髪の間から、白いうなじが覗いていた。

俺はうなじフェチなのだが、彼女のそれは完璧だった。

から首筋にかけての見事な曲線に俺は見惚れた。

少し迷ったが、気づくと彼女の首筋に軽くキスをしていた。

彼女は無反応だった。

俺は止められなくなり、彼女の耳から首筋のラインに唇を這わせ、耳たぶの端を優しく噛んだ。

彼女は目を閉じたまま「ん」と小さな声をだして、少し首をかしげた。

くすぐったいのと困惑が入り混じったような声だった。

俺は性急にならないように注意深く彼女の様子を観察しながら、唇を這わせるタッチを強めていき、ときどき舌を出した。

彼女の肩を抱き寄せ、背中肩甲骨のあたりを撫でた。

彼女の柔らかな背中筋肉と、ブラの留め具の硬さが対照的だった。

彼女はずっと目をつぶっていて、例の「ん」という声をときどき出すだけだった。

その細い腕は俺の背中に回されていて、指先に少し力が入っていた。俺は一度顔を離し、彼女を見つめた。彼女も目を開いて俺を見た。

その瞳は暗闇の中でもまっすぐで力強かった。

彼女人差し指を伸ばし、俺の顎を小さくつついた。俺はその仕草が、キスをして欲しいということを意味していることに気がついた。

ここで俺の頭の中に赤信号が灯った。

キスをしてしまったら、もう後戻りが出来なくなると。

引くならこのタイミングしかない。

しかしそんなちっぽけな理性などで、欲望に満ちた肉体が制御できるはずがなかった。

ゆっくり彼女に顔を近づけると、首を20°ほど右へ倒して、唇を奪った。

緊張と安らぎと、ああ やってしまったという気持ちが渦巻き、頭の中が混沌としていたが、冷静を装いあくまで丁寧に時間をかけてキスをした。

彼女の唇の柔らかさに、俺は驚いた。

いまにもとろけてしまいそうな柔らかさ、これも元カノにはなかった。

純粋彼女の唇の感触を俺は楽しんでいた。

彼女は無表情で、俺の動きに応じて控えめに唇を動かしていた。

俺は、彼女の頬に当てていた手をゆっくりと胸のほうに移動させていった。

手が鎖骨を通り過ぎ、柔らかな丘の麓に差し掛かろうとしたとき彼女の手が優しくそれを制した。

俺は唇を離し、彼女を見た。

彼女も力強い目でこちらを見て、はっきりした声で言った。

「寝る。」

今思うと彼女がそう言ったのは不思議でもなんでもないが、その時は頭が真っ白になった。

数秒間思考停止したあと、その言葉意味について脳みそをフル回転させて考えてた。

試しに、「寝れない」と言ってみたけど「寝なさい」と言われた。

自分の息子がしょんぼりしていくにつれて、後悔と自己嫌悪の念が雨雲のように胸の中に広がった。何やってるんだ、俺は。

あれほどこの人との関係について悩んでいたのに、一時の感情に負けてあっけなく一線を越えてしまった。

自分の下衆さに嫌気がさして死にたくなった。

彼女キスで止めてくれたのがせめてもの救いだ。

寝息を立てる彼女の横で、一人眠れるわけもなく悶々として一晩を過ごした。

次の日の朝彼女は、何事もなかったかのように朝食を作り、2人で一緒に食べた。会話は普段より少なかった。でも彼女が作ったソーセージエッグサンドは美味しかった。

この先彼女との関係をどうすればいいか分からない。

彼女のことは好きだけどやっぱり結婚するってのはなんか違う。

もし付き合ったとしたら、お互いのためにならないだろうし、毎日会う職場でどう接したらいいか分からんし、周りに隠し通せる自信もない。

それに別れてしまったときのことを考えると寒気がする。かと言って元の友達関係に戻るにもどうやったらいいのか分からない。

やりようのない思いを増田にぶつける以外、今の俺には何もできないのであった。

拙い文章で申し訳ない。

2013-08-05

http://anond.hatelabo.jp/20130805141158

無資格者が~とか言ってるが、よく読んだら6割以上が有資格者による施術。

確かにそう読めるなあ。

しかしそれならなんでこの記事は「有資格者を見分けるのが難しいのが問題」みたいにまとめてるんだろう…?

「有資格でも怪我人出まくりです」「資格制度見直せよ」じゃないとおかしいなあこの話なら。

つーか知り合いに勧められて半ば強引にいった整骨院で、

頚椎とか坐骨神経損傷させられたってやついっぱいいるぞ?

俺もそういうの興味あってこつこつ調べたんだけど

整骨院は一番やばい

整骨院は「柔道整復士」っていう資格の人が開ける。

柔道整復士」自体は国家資格だけど、これはいわゆる骨接ぎであり、脱臼とかの怪我の応急処置の資格

当然ながらどんなに優秀な柔道整復士でもそのような怪我の応急処置技術しか習得してない。

彼等が按摩とか整体みたいな手技をするのは本来ルール違反だし、

そういう訓練も授業も受けてないか素人に毛が生えたようなものなのね。

(でもそういう手技は人気あるので大抵やってる)

(更に、「怪我の治療」と嘘を書いて医療費請求してるとこまである結構確率である

 こうなると本職の按摩より格段に安い料金でマッサージ提供するため人気が出る)

「安いから」とか「気持ちいいから」って理由で整骨院やらマッサージかいくな。

行くにしてもきちんとレントゲンを撮ったり、整形外科的な治療を説明してくれるとこにいけ。

レントゲン扱える整骨院やらマッサージなんて存在しません。

つーかまず整形外科神経内科にいけ。そっちのほうが確実だし、長い目で見たら効果があって安くすむから

何の役にも立たない整形外科ごまんとあるんだよ…。

レントゲンとって「特に骨に異常はないね」で終わり。

痛いとか凝ってるとかなんかおかしい、はほとんどの整形外科ではスルー

肩こりマッサージみたいな風潮はさっさとなくせ。

肩凝りなんて簡単なもんじゃねーんだよ、さすがに…

俺は猫背微妙な横の傾きのせいで

何かの加減で肩甲骨の内側やら背中の下のほうやらがだるくなったりつっぱたり、えらいことになる



ちなみに整骨院の次に怖いのが整体だ。

これは国家資格じゃないので俺が3分の授業で増田整体術の免許を発行することも合法。

俺は整骨院整体いかない。

整体は数回行ったがおそろしい背骨ツイストをしだしたので逃げ帰ってきた)



で、

カイロプラクティックは国際的な資格

国によっては国家資格らしいんだけど…どうなんだろうね。

2013-03-07

BBAの太り方

36歳女性出産経験無し 年齢を重ね基礎代謝が落ち、じわじわと体型が変わってきた。

親指と人差し指で手首を掴む。余裕を少し残しつつ掴める。ほっとする。

6年前に買った細身のジャケットを着る。シングルボタンがポーンと外れる。え?

もう一回止める。ポーン。あははラピュタ親方ー 違う、おかみさんの方だ。

胸が大きくなるってステキなことだけど、それに比例して二の腕、鎖骨周辺、肩甲骨付近も膨らんできている。下腹にもうっすらと厚みが増してきた。体の中心から太りだしているようだ。

自分ができることは二つ 

ジムに通い、食生活を見直し体型の改善を図る 

もりもり食べてがはがは笑い周りのみんなに好かれる肝っ玉かあちゃん風人格シフト

どちらも難しい。

2011-05-03

http://anond.hatelabo.jp/20110503111235

かに、身体的特徴を話題にしてはいけないなんて常識はないね

服を買いに行くと「脚キレー!」「腕ほっそ!!!」と言われ

下着を買いに行くと「形のいい胸ですねぇ。」って言われるし

はじめてノースリーブ着た日には、友達から二の腕を触られ

水着を着ると肩甲骨をいじられ、ウエストぷにぷにされる。

嫌がってないから余計されるのかもしれないけど、女ってこんなものだと思う。

2010-11-24

ワインボトル2本目空けるところです

何かごちゃごちゃ書いてたけど、どうでもよくなった。結局、欲しいものが欲しいというだけのことだからねえ。

俺、結局は、何もやらないで酒飲んでずっと酩酊しているのが好きなのかもしれないです。好きな音楽も本もマンガも絵もゲーム映画も、酔っていたんじゃその良さを理解することなんか出来るわけない。けれど、それでもいいよな。酒でまどろんだ意識の中で、きっとそれに似た夢は見られるはずだから。って、酒から得られる夢なんか、俺の好きな音楽とか本とかとは比較すらできないに決まってるけれど、それでもいいや。それでも、似たような高揚感が得られればそれでいい。

何を求めてるかっていったら、ただの幸せかに決まってるよねえ。「それは本物の幸せなの?」とかね。ピュア少女が訊いたりするじゃん。「バナナフィッシュうってつけの日」にいたシビルたいな子がね。ってか、「肩甲骨が羽に見える」とかどんな状況よ?とか思うけれど、サリンジャーピュア少女の描写は超絶うまいよねえ。「エズミに捧ぐ」のエズミもたいがいだな、と思って読み直してみたら、「エズミ、本当の眠気を覚える人間はだね、いいか、元のような、あらゆる機能がだ、無傷のままの人間に戻る可能性を必ず持っているからね」だって。サリンジャー、マジかっこよすぎる。やばい。俺は犬の名前あなた名前にちなんでつけました。でも誰も気づきません。ってそれはどうでもいいけど、まあそんな感じで、「それは本物の幸せなの?」って訊かれるんだけど、本物の幸せとかはどうでもいいのな。「何故なら、本物の幸せなんてないから」とかそんなダサいことは言う気なくて、本物の幸せは絶対に、むしろありふれて存在している。けれど、どうでもいいじゃん本物の幸せとか。そんなに幸せヲタになって、純粋幸せ研究して追求しなくてもいいよね?そういう係の人も世界はいると思うんだけど、俺は違うから、偽物でも自分幸せっぽい感じならいいんですよね。何て長く書き連ねると、「お前、自分で納得してないんだろう、自分に納得させようとして長く書いてんだろ」なんて言う空気読まない人間が現れるんですが、まあ当たってるかもしれないしねえ。俺、そういう指摘を人前でちゃんとするヤツ好き。友達になってね。

こんな風に書いてると、「お前友達いねえだろ?」と。「もしいるんなら、本音言えねえとか、友達いねえよりも友達の数だけ寂しいだろ」と。そんな風な親切な指摘があるかもしれないし、そんな親切な人はいないことの方が多いですが、どうなんだっけ。けどな。本音をリアル友達に言えないのが寂しいとかな、それは寂しいことだろうけれど、「幸せでない」ことではないよ。人によるかもしれないけど。まあそりゃみんな分かってるか。だってそもそもね。とどうでもいいこと言いそうになってるから、3本目を開けます

ううむ、超うまいワインうまい幸せ。金があってもなくても。自分への評価があってもなくても。人生スリルがあってもなくても。それでも変わらず幸せを維持出来るものは何でしょうか。やべ、ワインこぼしそうになった。けど残念だけどワインじゃないんだよね。

最近映画ゲームは、面白いのが見つけられないんです。よかったら何か面白いのを教えてください。

参考までに、俺の好きな映画ゲームを書いてみますマンガも教えてください。あと絵も。

映画レオン時計仕掛けのオレンジ、ロストチルドレン、シャインゴッドファーザー

ゲームウィザードリィロマサガシレンDQ

まあねえ。あと。仕事も結構面白いんだよねえ。こんなにすごく面白いとか、微妙だよね。仕事

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん