「利休」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 利休とは

2019-08-13

anond:20190813075816

そうなんだろうか

利休で安くても1600円くらいだったが

牛タンの枚数増えれば2000円は越したはずなので、2000円だせば寿司も十分食えるはずなんだが。

ランチならなおさらね。

anond:20180812201148

【訂正あり】牛タン以外でということをご所望のようなので、たまには真面目に書くぜ🍣

  

仙台っ子ラーメン味噌ラーメン仙台味噌だったかと誤解していたようなので謝罪します。

俺の誤解を広めてしまい、大変申し訳ございませんでした。

肉類で言えば、みんなが言うようにどうしても牛タンが有名なので

利休やたんや善治郎になってしまう事だろう。それ以外で話したい。

仙台味噌から作る、味噌ラーメンがある。

これについては、様々な店舗があるので探すと言いだろう。

濃厚な仙台味噌が味わえる。辛いのが苦手な人にはあまりお勧めできないが…。

近年では冬にはセリ鍋が定番になってきているので、俺も今年食べることになるだろう。

甘未で言えば、広く知れ渡っているのがずんだずんだとは豆打(ずだ)がなまりずんだ

となったという説が濃厚だ。枝豆を細かくしたものずんだだ。

特に近年はずんだシェイクが人気だ。

こちらをお勧めしたい。味は、枝豆に甘みが混じったような感覚なのだが、シェイクなので

つぶつぶ間があって美味しい。タピオカに勝るとも劣らないだろう。

だがここで待ったをかけたい。俺はくるみゆべしも好きなんだ。福島でも人気だが

仙台にあるくるみゆべしも同様に美味い。もちっとした食感のあとに胡桃カリッとした

二段構えは正に舌と食感にバラエティを感じさせてくれるぞ。

お土産としては定番だとやはり萩の月ふわふわの外生地を一噛みすれば、中からとろりと

甘いクリームが広がり、舌に幸福が訪れる。では、萩の月以外では何があるというのか?

先述のずんだ系統生菓子が多いため、日持ちがしなかったりして困るだろう。

そこへお勧めしたいのが伊達絵巻だ。聞いたことが無いだろう。これは要するにバームクーヘンの中

餡子またはクリームが入ったお菓子なのだ一口サイズなので是非ともお勧めしたい。

まるで巻物のような形になっているデザインなので伊達絵巻なのだろう。

そしてみなさんお待ちかねの。仙台に行けば牛タン以外だと何を食べるべきなのか?

それは寿司だ。当然寿司だ!!🍣

元増田が語っている仙台駅3Fは、正確には牛タン通り・寿司通りだ。すなわち寿司屋の店舗

多数並んでいる寿司通にとっての黄金郷でもある。これこそ正にオールブルーなどと言いたくなる。

ここは比較価格の高い店舗が並んでいるのだが、それでも極端に高いわけではない優秀な店が

並んでいる。

が、ここに行くのは、とても緊張する事だろう。立派な店舗が並んでいるのだから

かく言う俺もこの通りに行くと心臓爆音を上げているようになる。

まるで、風来のシレンでもやっているかのように、一歩一歩ゆっくり歩いてしまう。

そうした優秀な店舗に足を踏み入れていいのかどうか、と。

だが、一歩店舗の中に入ってしまえば、素晴らしい逸品に出会える。

俺が行ったときは、中トロ三貫セットやら、濃厚なうにを頼んで食べたものだ。

なんていう美味さだ、こんな素晴らしいお店に生きて来られるとは、至福のひと時を過ごした。

口の中で猛烈に弾けるいくらを初めて食べたのもこの寿司通りの店舗でだった。

そして伝説の「閖上赤貝」もここで食うことができる。

そのお味は…自ら足を運び、確かめてみてくれ!

おっと、忘れてはいけないのが、日本酒だ。浦霞だ。これは美味い。宮城県地酒だ。

寿司とセットで飲み食いすることで、真価を発揮する。全てが、そう全てが調和するからだ。

あぁ駄目だ。書いているうちに寿司が食べたくなってきた🍣

楽天が優勝したらどこに行くのかって?

勿論寿司だああああああああああああああああ!🍣

2019年8月16日からモール長町店でLINE登録した人限定

旨い鮨勘寿司が1750円→1000円で食べられるスペシャルサービスがあるので

行かないといけないぞ!🍣

うぉおおお!

寿司万歳!🍣🍣🍣🍣🍣🍣🍣🍣🍣🍣🍣🍣🍣🍣🍣🍣

  

追記

さいちのおはぎを忘れると言う大ミスやらかしたので書いておく。

(仙台っ子ラーメンの件はもっとミスすみませんでした。)

さいちというのは、秋保温泉の近くにあるスーパーなのだが、そこでおはぎが売っている。

このおはぎがとても美味くて毎朝必ず並ばれて買われている。

仙台駅前でもたまに販売されているはずだが、すまんがこちらは詳しくない。

なお、日持ちしないというか、出来るだけ早く食べたほうがいいので、もしも買ったらその日のうち

に食べることをお勧めする。

  

さら追記

笹かまはらこ飯等を書いていないなど、多くを紹介しきれずにすみません

ご指摘の通り、それらも仙台名物です。

ええ、白松がモナカなども忘れてはいけないはずなのに痛恨の極み

こちらもお土産はいものだと思う!

2019-06-12

[]

ひさかたぶりに土岐市美濃陶磁歴史館に行ってまいりましたわ

第一展示室では、古田織部お手製と伝わる茶杓が展示されていましたの

へうげもので見た気がしまわ!

中心に竹の節をもってくる茶杓利休以来の流行りだったらしいので

区別がつかないだけかもしれませんわ

くたりと中心で折れ曲がった美濃伊賀水指はどう見ても失敗品でしたわ!

「だがそこがいい!ゲヒヒッ」なのでしょうか

第二展示室では東美濃縄文土器展が開かれていました

順路の最後に石棒をもってこられると、そのことしか記憶に残りません

いけませんわ!いけませんわ!

2019-01-20

大学ボッチに1番向いてるのは茶道教室では?

大学ボッチが卒業して10年経って、通ってみて思った。

日日是好日小説にも書いてあったけど、茶道には自由がない。

ひたすら利休さんの境地を目指して、右足から入るとか、袱紗の扱い方とか全てが決まっている。

でも茶道をしてると、人より上手くなりたい、個性的になりたい、いいかっこしたい、そんな気持ちから自由になれる。

これって大学とは全く真逆からだ。大学自由だ。でも自由不自由である

行動、服装、色んなものを決めるのに、大学生とはこうあるべき、個性、人との差異、など色んなものに縛られなければいけない。

大学に馴染むには、承認欲求に縛られるか、他人の眼や世間体を気にするか、そういう人しか馴染めない気がした。

自由が礼讃される世の中で決まりごとは窮屈なイメージがある。

でもアドラー心理学承認欲求を捨て、共同体感覚を得るという感覚

それはなにか決まりごとがあってこそ、辿り着けるものだと、茶道を始めて実感する。

大学ボッチだった頃、友達がいないことを恥ずかしいとは思わなかった。

でも共同体感覚に飢えていた。それを茶道が今与えてくれる。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん