「YJ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: YJとは

2018-10-11

anond:20181011184334

エビデンス

実証重視の方々にとっては「物語」の代表に見えるであろう精神分析系の心理療法も、ちゃん効果確認されるようになってきたたことです。

それこそ、そのエビデンス(論文)でも提示されればいいんじゃないですかね。

この辺りのこと?

Jonathan Shedler,"The efficacy of psychodynamic psychotherapy."(American Psychologist 2010)

Falk Leichsenring,Sven Rabung,"Effectiveness of Long-term Psychodynamic Psychotherapy: A Meta-analysis"(JAMA 2008)


フロイト理論の諸々の失敗

精神分析医のフィーリス曰く(1)、フロイト派のセラピービクトリア時代の人たちには、うまく機能していたが20世紀半ば以降、人々の「性格の鎧」の質が変わり、セラピーはうまく機能せずに行き詰まって失敗することが多かった。

フロイト派の精神分析法は、「幼少期の体験が成人してから人格の基礎となる」というものが骨子の一つ(2)だが、そのことに大打撃を与える調査が出てきた。1990年代マシュマロ実験の文献を詳しく調べたマーティンセリグマンは、幼年期のできごとが成人してから人格に影響を与えるということは、ひどい心的外傷や栄養失調があった場合にはありうるかもしれないが、それ以外では有力な証拠ほとんどないと結論づけている(3)。子供時代と成人してから性質に、ごくわずかな相関は認められるが、それは主に遺伝的(生まれつきの)性質、つまり概して明るいとか気難しいといった性質の反映として説明できるという。

また心理学者のバウマイスター一同がフロイト提唱する理論メカニズムの数々を現代の文献と付き合わせて検証したところ、最も最悪な理論昇華説だということが判明した(4)。そもそも昇華説には根拠がない上、事実はその逆だと考えられる理由が多いからだ。

もちろん、フロイト理論示唆的で興味深いものが多いし、余談だが「快感原則彼岸」については現代思想の中ではかなり重要位置づけになっている。ラカン執拗にこの論文にこだわるわけだしね。

それに、フロイト批判をしたバウマイスターは、フロイト提唱する説でエネルギー重要位置に置かれていることに敬意を表して、フロイトが使っていた自己を指す言葉自我(エゴ)」を使って、「自我消耗」という言葉を「人の思考感情や行動を規制する能力が減る現象」に名付けた。自我消耗に関しては、後に脳波記録検査法(EEG)で脳内の前帯状皮質におけるスパイク発火(エラー関連陰性電位)が対応する脳機能であることが確認された(5)。


科学的な心理学

著名な心理学者であるスティーブン・ピンカーは、 今回で言えば「人生全体」「物語の蓄積」「人生の深み」といったことで、科学基本的研究方略である単純化(simplify)」を退けようとしていることに苦言を呈している(6)。 研究対象をとなる複雑な現象をいろいろなレベル単純化し、いろいろなレベルごとに 解明していくことを拒んで、複雑な現象ありのまま理解しようとしていたのでは研究はいつまでたっても現状に停滞したままになる。単純化を嫌って、複雑な現象を複雑なままで捉えようとする人文系学問に多く見られるのこうした研究方略を、ピンカーは完全な正確さを求めて「原寸大の地図」 を作った愚かな地図職人を描いたホルヘ・ルイス・ボルヘス(Jorge Luis Borges)の寓話批判している。

現代心理学の始まりブント(Wilhelm Wundt: 1832-1920)のライプチヒ大学での心理学実験室創設とされるように、そのスタートから科学を目指したものだった(7)。 人文学科学化と言っても、物理学化学実験を導入するのではなく、心理学実験手法神経科学実験手法(EEGfMRIなど)を取り入れればいいのである。また、国際的科学心理学学会APS(Association for Psychological Science)の会長だったカシオッポはこうした点に注目し、心理学科学と他の文系学問とのハブとなるべきであると主張している(8)。

個人的には、人生全体から人間理解フロイト理論人間理解よりも、人類史から人間理解(進化心理学)(9)や神経科学から人間理解の方(10)がより多くのことと整合性が有ると思うし、「物語」を一切考慮しないで休職者の約53%を予測したリシテア(11)といったことの研究心理学がより一層取り組んでいくことを願ってるわ。


▼出典

(1)Allen Wheelis,"The Quest for ldentity"(New York: Norton,1958).

(2)Sigmund Freud,"Drei Abhandlungen zur Sexualtheorie(『性理論三篇』)"(1905)

(3)M.E.P.Seligman,"What You Can Change and What You Can't :The Complete Guide to Succesful Self-Improvement"(New York:Alfred A.Knopf,1993).

(4)Roy F. Baumeister,Karen Dale,Kristin L. Sommer,"Freudian Defense Mechanisms and Empirical Findings in Modern SocialPsychology: Reaction Formation, Projection, Displacement, Undoing, Isolation, Sublimation, and Denial"(Journal of Personality,1998)

(5)Michael Inzlicht,Jennifer N. Gutsell,"Running on Empty: Neural Signals for Self-Control Failure",(Psychological Science 2007)

(6)Pinker, S."Science Is Not Your Enemy: An impassioned plea to neglected novelists, embattled professors, and tenure-less historians." (New Republic, 2013)

(7)Bringmann, W. G., Bringmann, N. J., & Ungerer, G. A."The establishment of Wundt's laboratory: An archival and documentary study." (W. G. Bringmann, & R. D. Tweney (Eds.), Wundt studies: A centennial collection (pp. 123-157). Toronto: Hogrefe. 1980)

(8)John Cacioppo,"Psychology is a Hub Science"(Observer 2007)

(9)Martin Daly, Margo Wilson,"How evolutionary thinking inspires and disciplines psychological hypotheses." Pp. 15-22 in XT Wang & YJ Su, eds., Thus spake evolutionary psychologists.(Peking University Press,2011)

(10)一例を挙げれば、心の理論(Theory of mind)における神経科学役割とか。サイモン・バロン=コーエンが有名だろうが、研究は色々有りすぎて挙げきれない。

(11)HR テクノロジーで、人や組織パフォーマンスの最大化を図る 「リシテア/AI 分析サービス販売開始(https://www.hitachi-solutions.co.jp/company/press/news/2016/1201.pdf)

2018-04-22

アニメ版ゴールデンカムイ

まともに絵コンテ切って演出できる人がいないんだな、あーあって気分になる。原作の持ち味殺すのに全力です! みたいな感じ。

YJ作品アニメ化らしいしょっぱい出来だけど、野田作品が動いて喋ってるだけで感謝すべきなんですかね。

つまんね!

2018-03-05

青森は36mlである

青森は36mlである

もし青森県のなにが36ミリリットルなのか、疑問に思った人は是非Google検索して頂きたい。すぐに青森が36mlで有ることが理解頂けるだろう。

要するに36mlとは、かな入力者がうっかりIMEオフにしたまま「あおもり」と打ったとき入力されるTypo文字列なのである

つい今し方、和歌山のことをGoogleにて調べようとし0t7jと入力して確定してしまったところ、何事もなく和歌山県に関する情報をしれっと表示するGoogleをみて、果たしてどこまで我々かな入力者が行いがちなこTypoGoogle認識してくれるのか気になり、47都道府県をとりあえず入力してみた結果、以下の事がわかったので報告する。

検索結果上位10件以内に都県公式ウェブサイトが表示された

Typo県名
36ml青森
7jt@q山形
2hdj福島
h@yj群馬
xeqj埼玉
s4g)4東京
tut@0神奈川
7jud山梨
0t7j和歌山
sZsl鳥取
shdj徳島
hjms熊本
66eq大分
6gu0沖縄

検索結果上位10件以内に公式サイトは表示されなかったが、県名の認識はしていた

Typo県名
n7g@宮城
66xt大阪
v)4b@兵庫
6t7j岡山
7jh@a山口
2h6t福岡
ut@xg長崎
n7x@g宮崎

ここに記載されていない都道府県は、他の意味に被ってしま単語になってしまうのか、表示されることはなかった。

続けて都道府県以外の単語にどこまでGoogle対応するのか、その思わず目が眩みそうな途方もない調査にいざ乗り出そうとしたのだが、この47個の単語を訳のわからない文字列検索し続けただけで「お前は本当に人間か、その意味不明文字列連続ロボットではないのか?」というGoogle査察に遭遇したため、これ以上の調査は誠に遺憾ながら差し控えさせて頂きたい。

2016-10-13

\documentclass[a4j,12pt]{teikei}

\usepackage{youshi}

\usepackage{txfonts}

\pagestyle{empty}

%

% box for separate paragraph

%

\newbox\separatebox

%

%\FRAMEOFF

%

\DPI=300

%

\def\frameout{{

\pageno=1

\hoffset=0mm

\voffset=0mm

\advance\hsize by -\hoffset

\advance\vsize by -\voffset

\OFFSET

\frameparama

\vbox{\if枠表示\framedisplaya\fi}

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

%% 通常は以下部分を書き換えてどのパラグラフをどこに入れるかを決定

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

{\XYBC{\Xa}{\Ya}{\Xb}{\Yc}{\bunshostyle\患者}}

{\XYBC{\Xb}{\Ya}{\Xc}{\Yb}{\bunshostyle\氏名}}

{\XYBC{\Xb}{\Yb}{\Xc}{\Yc}{\bunshostyle\月日}}

{\XM=3mm\YM=3mm

\XYBP{\Xc}{\Ya}{\Xd}{\Yb}{\bunshostyle\患者氏名}}

{\XM=3mm\YM=3mm

\XYBP{\Xc}{\Yb}{\Xd}{\Yc}{\bunshostyle\患者生年月日}}

{\XYBC{\Xd}{\Ya}{\Xe}{\Yb}{\bunshostyle\性別}}

{\XM=1mm\YM=1mm

\XYBC{\Xe}{\Ya}{\Xf}{\Yb}{\bunshostyle\患者性別}}

{\XYBC{\Xd}{\Yb}{\Xe}{\Yc}{\bunshostyle\職業}}

{\XM=3mm\YM=1mm

\XYBC{\Xe}{\Yb}{\Xf}{\Yc}{\bunshostyle\患者職業}}

{\XYBC{\Xa}{\Yd}{\Xc}{\Ye}{\bunshostyle\紹介目的}}

{\XM=3mm \YM=4mm

\XYBP{\Xc}{\Yd}{\Xf}{\Ye}{\bunshostyle\患者紹介目的}}

{\XYBC{\Xa}{\Ye}{\Xc}{\Yf}{\bunshostyle\病名}}

{\XM=3mm \YM=4mm

\XYBP{\Xc}{\Ye}{\Xf}{\Yf}{\bunshostyle\患者病名}}

{\XM=7mm \YM=4mm\XYBP{\Xa}{\Yf}{\Xc}{\Yg}{\bunshostyle\既往}}

{\XM=3mm \YM=2mm

\XYBP{\Xc}{\Yf}{\Xf}{\Yg}{\bunshostyle\患者既往}}

{\XM=5mm \YM=34mm\XYBP{\Xa}{\Yg}{\Xc}{\Yh}{\bunshostyle\経過}}

{\XM=3mm \YM=2mm \INDENT=0.5zw

\XYBP{\Xc}{\Yg}{\Xf}{\Yh}{\bunshostyle\患者経過}}

{\XYBC{\Xa}{\Yh}{\Xc}{\Yi}{\bunshostyle\処方}}

{\XM=3mm \YM=0.5mm \INDENT=0.5zw

\XYBP{\Xc}{\Yh}{\Xf}{\Yh}{\bunshostyle\患者処方}}

{\XYBC{\Xa}{\Yi}{\Xc}{\Yj}{\bunshostyle\備考}}

{\XM=3mm \YM=1mm \INDENT=0.5zw

\XYBP{\Xc}{\Yi}{\Xf}{\Yj}{\bunshostyle\備考欄}}

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

}}

\def\framedisplaya{

%

\Brule{\Xa}{\Ya}{\Xf}{\Yc}{1pt}

%

\Brule{\Xa}{\Yd}{\Xf}{\Yj}{1pt}

% \Drule{\XW}{\Ya}{\Xa}{\Yg}

%

\Hrule{\Xb}{\Yb}{\Xf}{0.1pt}

\Vrule{\Xc}{\Yd}{\Yj}{0.1pt}

\Hrule{\Xa}{\Ye}{\Xf}{0.1pt}

\Hrule{\Xa}{\Yf}{\Xf}{0.1pt}

\Hrule{\Xa}{\Yg}{\Xf}{0.1pt}

\Hrule{\Xa}{\Yh}{\Xf}{0.1pt}

\Hrule{\Xa}{\Yi}{\Xf}{0.1pt}

\Vrule{\Xb}{\Ya}{\Yc}{0.1pt}

\Vrule{\Xc}{\Ya}{\Yc}{0.1pt}

\Vrule{\Xd}{\Ya}{\Yc}{0.1pt}

\Vrule{\Xe}{\Ya}{\Yc}{0.1pt}

%

}

%

%

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

%%%%%%%%% parameters %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

%

% 定型枠の各座標データ

% Xは右方向にYは下方向に正

%

\def\frameparama{

\Xa= 0.00cm

\Xb= 0.8cm

\Xc= 2.70cm

\Xd= 11.10cm

\Xe= 12.80cm

\Xf= 16.00cm

\Ya= 0.00cm

\Yb= 0.90cm

\Yc= 1.80cm

\Yd= 2.00cm

\Ye= 3.60cm

\Yf= 5.00cm

\Yg= 7.00cm

\Yh= 15.50cm

\Yi= 17.00cm

\Yj= 19.20cm

}

%

\def\患者{患者}

\def\氏名{氏名}

\def\性別{性別}

\def\月日{生年月日}

\def\職業{職業}

\def\紹介目的{紹介目的}

\def\病名{傷病名}

\def\既往{既往歴\\および\\家族歴}

\def\経過{症状経過\\および\\検査結果\\治療経過}

\def\処方{現在の処方}

\def\備考{備考}

%%ここから記入欄%%

\def\患者氏名{%

殿

}

\def\患者性別{%

%男性

%女性

}

\def\患者生年月日{%

}

\def\患者職業{%

なし

}

\def\患者紹介目的{%

今後のご加療をよろしくお願いしま

%ご報告

%御高診、ご加療をよろしくお願いしま

}

\def\患者病名{%

}

\def\患者既往{%

}

\def\患者経過{%

いつもお世話になっております

}

\def\患者処方{%

}

\def\備考欄{%

}

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

\begin{document}

\hspace{55mm}{\LARGE 診療情報提供書}

\vspace{6mm}

\hspace{120mm}\today

\vspace{6mm}

\hspace{6mm}紹介先医療機関名 {\large %

}

\vspace{6mm}

\hspace{10mm}{\large %

担当先生}

\vspace{6mm}

\hspace{100mm}医療機関\hspace{6mm}

\vspace{2mm}

\hspace{100mm}医師氏名\hspace{6mm}

\vspace{6mm}

\HOFFSET=0mm

\frameout

\end{document}

2016-08-13

わちゃわちゃしたい

きゃいきゃい、とは違う。

なんかこう、複数人で一体感を持ってノッてるんだけど全然噛み合わないの。

でもそのノリが心地良くて、あえて噛み合わない感じにしたり、ぐだぐだにしたりさ。

漫画の良い例が、「椎名ややこはややこしい」の「わちゃわちゃ編」。

この回は良質なわちゃわちゃを体現してて本当におススメ。

というか、ガヴリールドロップアウトアニメ化するのか。

サターニャがウザかわいいので期待。

アニメ化といえば、クール狂信者さんの小林さんちのメイドラゴンアニメ化ですね。

増田に色々投稿してきたけど、もう書きたい事まとめて投稿したほうが良いかも。

ブログではないんだし、複数話題ごちゃまぜにしても良いから、頭に浮かんだこと気ままに書くのが一番だわさ。

ゲーム日記の人もこんな気分だったのかな。ちょっと違うかな?

YJ中村敦史さんの新連載、まだ始まったばかりだけど、今のところ無難な感じに収まっている。

この作者の持ち味は、漫画的過剰表現だと思っているので、色々これからブッ飛んでくるのかなぁ。

これからに期待。

YJ最近面白いのは、「かぐや様は告らせたい」。

安定して面白いしかわいい。萌え系?って括っていいのかわからんけど、その中では一つ抜きんでてると思う。

別にアニメ化に期待しているわけではないんだけど、面白いからそのうちアニメ化するだろう。

ダンジョン飯新刊面白かった。

この人はすごいよなー。想像とか妄想楽しいって感じさせてくれるよ。

頭の中に不思議のダンジョンがあるんだろうな。

漫画だらけで感想面白いばっかりやな。

少しショックだったのが、Kindle Unlimited過去に購入した作品結構あること。

はてなーであまり触れられてないところだと、おススメは「伊藤潤二傑作集」かな?

ピアノのムシ」も面白いけど4巻までだからなあ。まだ連載中だししゃあないか

そうだ、上記のクール狂信者さんの「滅子によろしく」も読みホだったけど、これはピーチボーイリバーサイド読んでた人しかわからんネタいから人は選ぶ。

ミッションちゃんとか、金魚王国で有名?な模造クリスタルさんが例のごとくWebだけど新連載してた。

稀有な才能の持ち主だと思うけど、更新スパンは長いので気長に待つ。

個人的にはエビちゃん更新してほしいのう。。

あと、ジンギスカン食べに行った。

美味しいものお腹いっぱい食べるのが一番幸せやな。

半生でも食べられる肉だったけど、よく焼いて少し油落としたほうが美味しかった。

2件目のお店探してプラプラしてるときビアガーデンもやってて凄まじい人だったけど、ジンギスカン屋の客層の方が楽しそうだった。

思い返してみると、ビアガーデンは、まあこんなもんだよね、っていう記憶しかないな。

何か「ビアガーデンに行く」っていう行為自体が良いのかもなー。

ニコニコ静画スマホアプリ、しばらく使ってるけどかなり良い。

漫画アプリはもう本当に色々あって、特に角川系は作品数膨大なんだけど超使いやすくてグッド。

恐らく漫画アプリの中で一番使いやすい。

2ページ見開き表示のアイデア画期的だと思う。見やすい。

ComicWalkerなんてなかったんや。。

2016-07-31

ねじまきカギュー

作者がYJで新連載とのことでまとめ買いして読み返した。

連載当時は毎週楽しみな作品の一つだった。

単行本いっき読みするとけっこう矛盾点が気になったりするなあ。

何より掲載時とでは絵の迫力が全然違っていて、こんなにも印象が違うのかと思った。(単に私の目が肥えてしまっただけなのかもしれないけど。。それなら残念だ。)

良い意味雑誌連載に特化している作品だったのかなあと今思う。

強引な展開が多いが週刊だとそこまで気にならなく、先が全然読めなくて次週への引きが凄かった。

また、2ページ見開き大コマの絵が迫力満点だった。

てとりあとり戦の回は特に好きで、雑誌掲載時では何度も読み返すくらい衝撃があった。

結局ラストでは主人公二人は死んでしまったのかなあ。。というか色々な解釈がありそうだけど私はそう捉えている。

絵が魅力的なのも好きだ。月間ジャンプかな?の出張表紙絵は本当に良い!

最近短編が多いけどどれも高クオリティで期待が高まる

すごく好きな作者なので新連載が楽しみだ。

2016-06-24

EUじゃなくてYJの話 ※ヤングジャンプでは無い

SMAP騒動名前が知れ渡ったので注釈なしに書く。

2003年 NEWSデビュー山下智久を中心とした人数変動制という仕組みをとってたため少し実験的でもあったが、とりあえずデビューした。ちなみにプロデューサーメリー。(サブ・ジュリー)。12月ONE OK ROCKボーカルが素行不良すっぱ抜かれて脱退。

2004年 関ジャニ∞デビュー既存Jr.ユニットからデビューだった。関西限定デビューなど、これも実験的。初期はお試しグループ(駄目だったらこっそり解散)として存在していたはず。ちなみに当時のプロデューサージャニー(基本ジャニージュニア担当である)。NEWS選抜錦戸、内が先に行ってしまったため、遅れをとらないようにという配慮だったかもしれない。

2006年KAT-TUNデビュー既存Jr.ユニットからデビュー。既に人気があったが2005年に内のフジアナウンサーとの事件があり、全員二十歳になるまでデビューできなくなったものだと思われる。ちなみに当時のプロデューサージュリージャニーが作ったと記憶結構関わってんのかなって感じ。確か辞めちゃった飯島じゃ無い敏腕マネ居たよね)

2006年3月KAT-TUNデビューを控えていたところ、1月NEWS草野未成年飲酒暴行疑惑がかかって脱退。

内の処分正式に決まってないのでNEWS関ジャニ∞が宙ぶらりん状態。ただ今はノってるKAT-TUN売りたい。売るためにはFCとかも作らないといけないけど、先に2つデビューしてるグループFCを作らないと変。錦戸NEWS関ジャニ∞の掛け持ち問題もある。

って感じで出来たのが06年4月発足の「YOU&J」という3グループ合同ファンクラブ。これが通称YJ

このファンクラブ会報がまとめて1冊。1グループ分の会費で3つのライブに応募できる仕組み(コンサートは会員にならないとそうそチケット当たりません)。

から錦戸亮ファンになればNEWS関ジャニ∞どっちにもいけばよかったし、KAT-TUNライブ関ジャニ∞ファンが居たりした。

(ただまぁ2006年いっぱいNEWS活動休止処分を受けていたので、実際初期は2グループ合同FCって感じ)

交流があったので当時のファンたちは、お互いの曲とか構成キャラについて詳しかったりする。

このグループ同士にライバル意識が芽生えるのは当然のことで(錦戸は板挟みであるし、仕事は通常の2倍だった)比べられることで、結構良い効果を生んでいた気がする。3グループメンバーが同じ舞台に立っていたこともあった。

ただそれがファンを困らせることになる。

成長していく3つのグループが売れて、Jr.から他のグループも見ていたファンたちばかりではなく、「このグループけが大好き!」って人が増え始めた。(なんか赤西デビューすぐ留学した)。

じゃあ何が起こるかというと、チケットがとれなくなってくる。(赤西も帰ってきた。)

自分の行きたかったライブに、違うファンが入ってる。

グループごとに人気の格差も出てくる。ファン同士もギスギスする。

いつまでたっても会報が年に数回、他のデビューした先輩と同じ厚さで(もしくはそれより薄い)1冊しかこない。

会報の間、大きなライブが重なって、1つのグループがなにもしてなかったとしたら、2グループしか載ってない会報がくる。

もういい加減に全くチケットがとれない公演が連発しだした2010年赤西仁がついに脱退。つまり彼がYJにおけるイギリスのようなものである

ただ直ぐにYJから抜けたわけではなく、赤西ソロ活動が始まる。ちなみに内も含めて、それらは全てYOU&Jとして処理された。この時点で<NEWS関ジャニ∞KAT-TUN赤西・内>の合同FCとなっている。辞めて行ったもの情報リアルタイムでそれらのファンに届くし、ライブにも行ける状況である

便利でもあり、複雑な想いだ。(ちなみに赤西は大体海外に居た。)

で、グループ格差がどんどん広がる。(当時頭一つ抜けたグループは察して。)チケットがとれない。ファンの不満も広がる。もうすでにYJメリットなど無い。

それぞれ個人での人気も高まっていた。連ドラに出るものソロで歌を出すもの。その筆頭の(といっても、彼はJr.時代から超人である山下智久グループ脱退の意思を表明したのが2011年10月。そこで錦戸も両立の限界を感じNEWSから脱退の流れになる。(彼の掛け持ちとはなんだったのか、という議論もある。)

いよいよYJ意味が無い。そこで同年12月やっとのこと解散の報告がきて、3つのグループはやっとのことで2012年6月ごろから自分たちファンクラブを作ることができたのだ。(赤西は個人メールサービスとなり、内はJr.扱いとなった)

今でも時々思うのだ、このYOU&Jとはなんだったのだろうと。

お互いを高め合うためには必要だったのかもしれない。

しかし、それは初期のほんの一部の話だ。同時期にデビューということでピリピリムードはあったし、十分にお互いをライバル視するという状況は整っていた。YJが無くても、彼らは努力していたと思うのだ。何故かってそれは数百人の候補ジュニアから選ばれし者だからだ。FC会員はお金さえ払えば他のグループとの掛け持ちは可能だし、コラボさえしてれば、お互いのファン交流可能だったはずだ。

もし当初からYJが無ければ、会報ファン自分たち気持ちを率直に伝えられたのではないだろうか。

オフショット満載とかで、素をさらけだせたのではないだろうか。

もっとはやく自分たちファンしか居ない場所で、自分たちの本当の気持ち吐露できたのではないだろうか。

そんなことを何故かEUの情勢を見ながら思っている。

YJも、EUも、いずれ、崩壊しなければならないものだったのだろう…。

YJ遺族と呼ばないで…!

2012-08-28

#奥さまGutenTag #となりのYJ

ドイツ人は魅力的で日本人ダサい」という漫画を描いているドイツ人作家 @carolinhime 。 http://tonarinoyj.jp/manga/okusama/

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん