「Tシャツ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: Tシャツとは

2017-11-21

病気休暇中に妻の売店で調理

病気休暇中に妻の売店で調理奈良市職員停職

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e7%97%85%e6%b0%97%e4%bc%91%e6%9a%87%e4%b8%ad%e3%81%ab%e5%a6%bb%e3%81%ae%e5%a3%b2%e5%ba%97%e3%81%a7%e8%aa%bf%e7%90%86%e3%80%81%e5%a5%88%e8%89%af%e5%b8%82%e8%81%b7%e5%93%a1%e3%82%92%e5%81%9c%e8%81%b7/ar-BBFp7ni?ocid=HPCDHP#page=2

病気休暇中に、妻が経営する売店で働いたとして、奈良市は20日、

市まち美化推進課の男性職員(49)を停職6か月の懲戒処分とした。

 発表によると、職員うつ状態などと診断され、7月中旬から8月末まで、

病気休暇を取得。療養に専念する義務があるのに、

奈良県大和郡山市の県営プールにある妻の売店を手伝っていた。勤務は計46日にのぼったという。

 職員は店のTシャツを着て接客し、焼きそば調理するなどしていた。

昨年までの過去3年間も夏に病気休暇を取り、一部の期間は売店に出ていたという。

 職員は「病気の妻のことが心配で、そばで見守っていた。報酬は受け取っていない」と話している。

大目に見てあげればいいのに。

2017-10-20

ゆっきー

天使

ファンのことを「数値」としか考えてなさそうなところがまた滾る。

「あっ、フォロワーが30増えた」

「あっ、2,000円のTシャツ買ってくれたんだ」

みたいな。

好き。20歳Tシャツ大事します。

2017-09-28

ひっさびさにスーツを着たがものすげえ頭がでかくなってる

自分自分と信じられんほどに顔がでかい

Tシャツ&短パンだと楽しそうなおじさんだがこれはなんか単なる仕事できなそうな

たまに着ないと姿勢も顔も作れないんだな

だいたいデザインも古臭い

2017-09-23

近畿圏内のフェス行くと必ず京都大作戦Tシャツ組がいるので

来年はあきらめて京都大作戦に行ってみようと思う

2017-09-17

みごとに作者のセンスサムい漫画ばっかり

すごい共通点を教えてくれてありがとう

要するに「Tシャツになんかおもしろいことを書く」という怠惰手法に走る奴にろくなのいないってことだな

https://anond.hatelabo.jp/20170917002717

2017-09-08

anond:20170908172535

巨人ユニフォームと、アニメTシャツは全く関係ない。

ホームレス匂いと、アニメTシャツも全く関係ない。

全く関係のない事例を挙げたところで、説得力は全くないよ。

丸いはずの満月が四角になってたら浮くだろ?

から

好きなアニメ聖地渋谷からってそのアニメTシャツ着てったら浮くでしょ?

と言ってるようなもん。

そもそも、浮いてはいけないという法律迷惑条例は何処にもないだろ。

2017-09-04

授乳ケープって知ってる?

私は妊娠して初めて知ったんだけどさ

赤ちゃん授乳するときに、乳周辺を隠すためのケープ

母親上半身の前側がすっぽり覆われるようなデザインのものが多いね

もちろん、乳も腹も見えないし、なんなら赤ちゃんも見えない

それでさ、妊娠中に授乳ケープ赤ちゃん用品店に売ってあってさ、

私は「なるほどーこれなら色んなところで場所を気にせず授乳できるなあー。便利だなあー」と思ったわけ

買ったわけ

ところがさあー、街中で授乳ケープ使って授乳してる人なんてほとんどいないの

イオン授乳室混み混みで行列が出来てるようなときでもさ、

みんな外で授乳ケープ授乳したりしないのね

それどころかネットで見たら「授乳ケープ使って人前で授乳するなんて非常識!ありえない!」って書いてあるのね

ケープの下は乳丸出しだからダメなんだって

驚愕

だって普段Tシャツブラジャーの下は乳丸出しじゃん

だってパンツの下は丸出しだ

いや、それ丸出しって言うか?言わなくね?隠れてるんだから

それじゃあどこで使うのかなって思ったら、飛行機とか新幹線で泣き出した時とかに仕方なく、

実家父親や男兄弟から隠れるためにとか、

あるいは授乳室の大部屋(個室になってなくて母親同士が隣り合ってベンチなどで授乳するタイプ授乳室)で使うみたい

ええ、そうなのか…と。

いやあーそりゃさー、駅の改札前とか渋谷スクランブル交差点とかで仁王立ちしてケープ授乳してたらさ、

ももうちょい端っこでできないもんですかね、くらいは思うけどさ、

授乳ケープってそんな特定の時、場所しか使っちゃいけないもんなのか…

授乳室混んでるときはもちろん、飲食店テーマパークなんかでそもそも授乳室が周りにないときとか、

ケープ使って授乳しちゃダメなの?

だって赤ちゃんすごい泣いてたら、周りだってその方が迷惑じゃないのかなあ

授乳ケープ使ってる=赤ちゃん母乳吸ってるってことを周りに想像させるのが迷惑ってことなのかなあ…

そういうシチュエーションで興奮する変態を呼び起こすからいけないのかなあ

どう考えても授乳ケープ使って授乳するのがはしたない、みっともないというのが分からない

こんなこと気にしてるの日本人だけじゃないの?って思ってしまった

2017-08-29

https://note.mu/sparta_cc/n/nbecf190a5def

これは違うと感じる。

真木よう子さんがちゃんと自分表現したいもの

(それが例えば友人に撮ってもらった個人的ピンナップであるとかコメントがあるとか、ある程度手作り感のあるものを※1)

「創りたいものがある」

「そしてその創作物を欲しいと思う人に買ってもらうために」※2

参加するのであれば、問題はなかった。


ファンのためにという目的が違う。コミケファンとの交流の場ではない。

記事の3. 参加目的が「(ファンの)皆様と会いたかったからの部分ね。

弱小サークルでもファンに会いたいでしょって暴論過ぎると感じた。

コミケにおける交流あくまでも副次的もの、オマケとして発生するものでありそれを目的とするのは間違っている。


そして、彼女がそれを認識し、改めて「創作したいものがある。それを売るために参加したい」と表明すれば、

それで問題は収まっていた。追い出したいわけじゃない。


ただ守るべきルールがあり、時には確かに明文化されていない村ルールもある。

でもそれは決して難しくはない。過去芸能人だって勉強して参加してるんだもの

それを無視した点も細かな減点ポイントにはなっているけれど、

一番ダメだったのは「交流目的とした」ところにあると思っている。


彼女謝罪文も読んだけれど、あの曖昧な書き方では確かにファンは、

キモイオタクいじめられたのねかわいそうと思ってもしかたがない。

コミケ目的と今回彼女目的としたことがずれていたと、丁寧な説明が欲しかった。


※1 某ゴージャス姉妹写真だけではなく丁寧な手書きイラストページもあった。

過去芸能人の例ではデザインしたTシャツとか自作CDなど。

創りたい、書きたい、皆に見て聴いて欲しいものを作って持ってきている。


※2 売買ではなく頒布という主張もあるようだが、

既に流布している通りコミケット側では売買という言葉禁止されていない

2017-08-06

なぜ関西には秋葉原テンプレオタクみたいな人がいないのか

なぜか

(追記)

まず度をこしたロンゲで後ろ髪しばってて萌え柄のTシャツやらカバンもってるタイプの人がいないんだよな関西には

2017-08-04

からついていない

仕事行く途中必ず通る公園で、若者酒盛りをしていた。

タイプ未成年DQN達だ。夏に遭遇したくない奴らだ。

泥酔していた一人が歩道にふらふらと出て来て、スーツ姿の私の行く先を阻んだ。

ディーキューエヌ「ウェーイ」

私「絶望……ん?」

DQNが着ていたTシャツが、某国機関Tシャツだった。

絶対意味分かってないんだろうなぁ……。

そう思いながら私は走って逃げ出した。

2017-07-30

家族の思い出

 風呂掃除をしていてうっかりゾーンに入った。

タイルの目地を狂ったようにタワシで磨く行為を1時間程続けていたのだ。汗が眼に入った。脇から流れた汗がTシャツを通って腰に伝った。今日はよく晴れていて、風呂の窓からは蝉の声がシャーシャー聴こえてきた。頭の位置を変えたら酷い立ちくらみがして、大きく長い息を吐いた。

普段まったく家事をしない。必要に迫られないとしない。そして「必要に迫られている」と感じるのが人よりだいぶ遅いようで、自分でも呆れる位、家事をしない。

今日、年に何度か訪れるこのうっかりゾーン最中、あることを思い出した。

以前、同居人がいた。2年と少しくらい一緒に暮らしていた。

同居人家事全般、とりわけ料理が得意だった。事情があって一緒に暮らしはじめ、事情があって家事はあまり分担せず同居人が一手に引き受けていた。家事が好きだから、好きな方がやればいいじゃない、と同居人はよく言った。色んな事情があったので、バランスを取るために自然とそうしていたのだと今では思っている。そして実際うまく機能していたと思う。

それでもたまに、何から何まで申し訳ないなと思うことがさすがにあった。そんなとき今日のように風呂タイルの目地を磨いたりしていた。家事が苦手な人の特徴なのか、自分の特徴なのかは知らないが、いったんやり始めると今日のようにうっかりゾーンに入る。一時間や二時間、平気でタイルを磨いていた。

そんな時よく同居人背中から声をかけてきた。「お茶のみませんか」「居酒屋さんごっこしませんか(揚げ物とビールを準備しているとき)」「お蕎麦屋さんごっこしませんか(日本酒卵焼き、板わさを準備しているとき)」。

背中から鬼気迫るものを感じていたのだろう。無理にとは言いませんけど、区切りませんか、そんなニュアンスだった。そんな時はたいていハッと引き戻されて「するする」と犬のように尻尾を振ってタワシを投げ出して、いい匂いを嗅ぎながらタオルで濡れた身体を拭いた。

今日タイル磨きをやめるタイミングを掴み損ねて、立ちくらみを味わいながらそんなことを思い出した。

 かつての同居人とは、何故かあるタイミングでお互いの事情が一致して暮らし始めた。

行為は付かず離れずしていたが、恋人ではなかった。友だちとも違った。同じ家で暮らして、一緒に起きて、一緒に食べて、一緒に眠る人だった。子供ができたらいいね、と年に何度か言い合うことがあった。動物として自然の流れでそうなったらいいね、という意味だ。自分同居人も、お互いについての感情は「たまたま一緒の檻になったライオン」のような温度だった。

恋愛感情が無かったわけではなくて、持っていた頃も多分あった。お互いそうだと思う。ただいろんな事情理由があって、結婚選択肢に入らなかった。それぞれが別の異性と遊んだりすることもあった。「浮気してくる」「異性と交遊してくる」と言って出かけることもお互いあった。気をつけてね。何時に帰るの。お互い自分自身をそんなに素晴らしい人間だと思っていない同士、そんな生活に不満は無かった。一緒に暮らし続けた。

 もちろん人間感情はそんなに陶器のようにツルンとしてないようで、色んな諍いはあった。お互い思った事を口に出す人間では無かったので(悲しいことだと今では思う)、喧嘩にはならなかった。言い争いの代わりに、子どもや猫のような抗議をお互いよくした。突然夜中に居なくなったり、家に帰らなかったり、メールに返信せずに心配させたり、寝たふりをして返事をしなかったり、料理をしなかったり、料理を食べなかったり。そんな小さいギザギザは数ヶ月に一度あった。それでも同居人とは同じ檻同士、基本的に信頼しあっていた。お互い求められた通りの心配をした。夜中の公園真冬に探し回ったり、帰ったら好きなお酒料理音楽が準備されていたり、心にもない優しい言葉をかけたりした。どうせ仲直りするのはお互い分かっていた。早くしたいとお互い思っていたのだ。諍いに限らずあらゆる事が、始まり方は子どもでも終わり方は大人だったと思う。

 一緒に暮らしから色んな事が変わった。そして、これは自分にとって驚くべきことなのだが、色んな事を学んだ。

まず、健康になった。皮膚や髪の毛の質、睡眠の質が変化した。これは食事がガラッと変わったので当たり前なのかも知れないが、自分には驚くべき事だった。風邪を引いたり、一日寝て過ごす事も減った。同居人が酒好きだったので、自然自分の飲む量は減った。酔っ払いが二匹居ては収集がつかないと思ったためだ。伴って体重も減った。

趣味世界物事視野も広がった。同居人にとって当たり前のことは、初めて知る事ばかりだった。色んなモノが世の中にはあること、それぞれの用途のこと。野菜ジュース野菜代替にならないこと。直火炭火焼きの違いのこと。季節の食べ物のこと。いろんなお酒が世の中にあること。いろんな方言のこと。悲しいとき運動をするといいこと。泣きながらご飯を食べられないこと。スーパー鮮魚を買うと捌いてくれること。沖縄本州で畳のサイズが違うということ。島の暮らしのこと。革製品の手入れのこと。

そして、自分にとって当たり前のことにも興味を示された。テクノエレクトロニカのこと。色んな漫画や本のこと。映画や芝居のこと。旅行海外のこと。色んな動物のこと。身体の変化のこと。変な服のブランドのこと。仏教イスラム教ヒンズー教のこと。お互いの好きな物を教え合ううちに教えられた方が詳しくなって、それが原因で諍いになることもあった。ばかっぽい。村上龍キャンプについてはそうだった。だいたい土日の昼間に料理を作っている同居人の周りをチョロチョロしながら様々な話をした。自分がこんなに話をする人間である事や、甘えたがる人間である事、そして人間に救われる人間である事。ある業界仕事をしていた時期から人間を信頼することは自分とあまり関わりがないと思っていた自分にとって、これは大きな発見であり変化であった。アルキメデス浮力発見した事に次いで偉大な功績だった。ユリイカ

そんな暮らしの中であっても、人間は変化する生き物なのだった。自分にも、変化のスピード生活を合わせたいと思う時期が訪れた。それで、同居はやめた。自分が変化したのは同居人との暮らしのお陰だった。それはとても辛かった。それでも、時間が経った今はあの決断をした自分は偉かったと思う。偉大な功績だ。ユリイカユリイカとして、正しいか死ぬ時まで解らない。

 多分ここまで読んで、同居人との関係性について嫌悪感を示す人もいるだろうと思う。我々は少しネジの緩んだ同士だった。誰にも理解されないような、子ども同士の暮らしみたいな生活が好きだったのだ。毎日親がいない家みたいだった。ヘンゼルとグレーテルのようだった。一般的理解できないものを受け入れることが、わりあい得意な人間同士だったんだろうと思う。人間は変化するので、多分いま暮らしても同じふうにはならない。でも、かつての同居人は今でも家族のような感じがする。かつての同居人もそう思っている気がする。うまい言葉が見当たらないが、belongしあっているという感じ。今でもたまに顔を合わすと、たまに会う親戚のような顔をされる。元気にしてるの、ごはん食べてるの、ちゃんと洗濯してるの。言葉にはしないけれど眼から発信されてくる。

 先日、会社女性に「彼氏同棲しようかなって話してるんです」と言われた。相談ではなく背中を押して欲しいだけなんだと表情から伝わった。なので、「同居はいいよ」と無責任なことを言った。こいつの責任を持つ筋合いはない。「同居はいいよぉ、まいンち、楽しいことしかないよ」。

 同居はいいよ。毎日楽しいことしかないよ。

 家族になるっていいよ。

 同居をやめたのは、今日みたいな夏の暑い日だった。突然ひとりにした。突然ひとりになった。「素直に言ってくれてありがとう」という言葉。「がんばったね」。依存しあうものが無くなったあの開放感と、途方もない悲しさ。同居人が見えなくなるまで距離を取ってから階段でめちゃくちゃに泣いた。部屋に入るまでもたなかった。汗と涙と鼻水がごちゃごちゃになった。蝉の声がシャーシャー聴こえてきた。鼻の奥がずっとツーンとして、酸欠になって頭がくらくらした。一人にしないで一人にしないでと布団の中で喚いた。相手のほうが思っていただろうと思う。だから相手には言えなかった。血縁上の家族以上に大切だった。人工の家族だった。相手可哀想から、という感情共依存だと知っていた。お互いの変化を阻害すると知っていた。だから行動に移した。自分のために手放した。相手理由にするのは相手を一番傷つけると知っていた。対等な人間関係でありたいと願う、自分に残った唯一の正義だった。

何を見ても同居人連想する日々が続いた。何をしても楽しくなかった。食事の質が落ちたせいで体調も変わった。それでも不思議と、死んでしまいたいとは思わなかった。悲しい事に集中すると、他の事に集中しすぎずに済んだ。なんていうか色々捗った。ロボットのように仕事食事や人付き合いをこなした。こんな辛いことを乗り越えたのだから、何があっても生きていけるだろうと、直感理解した。悲しいとき運動をした。泣きそうになったらご飯を食べた。あれからだいぶ時間が経った。何かを見て同居人を思い出すことは、今では殆ど無くなった。

それで今日風呂場でうっかりゾーンに入って思い出した。

人間記憶はすべて熱量だと思っている。同居をやめてから、変化に対応していくなかで、たくさんの記憶熱量エネルギーに変換して生きてきた。変換したら消えていく。記録と事実は残るが、涙が出るような、胸が痛むような熱量は、失ったら二度と戻らない。

あらゆる事について、もう少し若い頃はこの「失っていく感覚」「燃えていく感覚」を怖いと思っていた。なるべく残したくて、よくテキストにしていた。いつからかそんな執着は無くなり「燃えているな」「もう二度と会えないんだな」とまっすぐに見つめるようになった。何かを決断した自分が得た変化の一つだ。燃えエネルギーを、これから別のなにかに注ぐ事。もう二度と出会えない分だけ、新しい事が入る余地が出来るんだろう。望むと望まざるに関わらずだ。

もう思い出す種火が少なくなっているのかもしれない。タワシを洗いながらそう感じた。消える前の焚き火を思い浮かべた。少しくらい残したっていいだろう。それくらい愛していた。自信をくれたのだ。自分で作った人工の家族の思い出の事。嘘は一つも書いていないが、自分同居人性別や年齢や重要なことは書かない。

同居はいいよ。毎日楽しいことしかなかったよ。

2017-07-10

イケメン扱いが苦手。なんちゃって雰囲気イケメンな中身秋葉系だし。

イケメン扱いされるのが非常に苦手。イヤで面倒くさい。

街を歩いていてすれ違ったりした時、中高大学生女性グループらの誰かが

今の人かっこうよくねとか、イケメンじゃない?とかヒソヒソ話したり、

一人だと、髪に触って直す仕草とかされる程度。

めっちゃモテるモテた)とかそういうのはない。

顔面偏差値は、55~60ぐらいだとは思う。普通よりはいいけど、

別に探せばどこにでもいるそんなレベル。そんなレベルで騒がれたくない。

身長だって170ギリないチビだし、でもチビじゃね?とか女性の会話が続くのもよく聞く。

近くで見たらそうでもなかった・・・もよく聞く。

服や髪型がお洒落じゃないときボウズとかTシャツ1枚、仕事服だと

全く言われなくなるのも、よくある。

それに、中身秋葉系だし。話してみたらとか、なよなよしてて残念な人

といわれるのも容易に想像がつく。

天狗ゲタで底上げして補正かけまくった中ぐらいのイケメンで、ウンザリする。

そんな不安定な、崩れやすもので、成り立っている状態を褒められてもなんもうれしくないし、

どうせ、やっぱり、思ってたのと違うとなるのが目に見えすぎている。いやで面倒で苦手。

女性ミニスカートに通じるところがあるのかもしれない。

自分の美意識として、格好良くありたいとお洒落している。それだけなのに

変にまわりに騒がれて、美脚だけど顔は・・・とか、顔はそんなでもないけどそそられるとか

好き勝手言われるような気分と一緒。

2017-06-29

灰色Tシャツを買うの?と言われた

無地の灰色Tシャツが好きなので妻さんに「買ってきてー」とお願いしたら「いいの?」と言われた。

私「なんで??」

妻さん「汗のしみが目立つよ??」

私「あー」

ということ。

私は特に気にならないけどなーと思ったが、女性からしてみると嫌みたい。

どうなんだろう。男性でも汗のしみ嫌だから灰色Tシャツ着ない人いるのだろうか。

汗掻くなんて仕方が無いことだと思うけど。

2017-06-19

アイドル結婚すると桶屋が儲かるのか

アイドル結婚する

→先輩が帽子にFワードで罵る

→応答をTシャツで語る

公然と言えないことは服の一部に象るミーム流行

→いろいろなロゴフォントをオーダーできるTシャツ販売が儲かる

シャツメッセージに起因する性犯罪が起き、一気にミームが廃れる

不要になったメッセージTシャツボランティア団体を通じて海外に送られる

英語圏海外から日本人メンタリティが疑われる

なあ、どうやったら桶屋が儲かる?

国会ウォッチャーケンリック・ラマー

ついに支持率を動かした。安倍はこれから終わる。もちろん国会ウォッチャーが全てじゃないがティーン増田と共にかなり貢献した。

これは日本死ねの時より増田の快挙といっても過言ではない。

冷静な分析力と卓越したスキルで高レベルユーモアもある。これはまるでケンリック・ラマーではないか

須藤凛々花もこの腐った日本に光のソニックを放ったが彼女ケンリック・ラマーのTシャツ(もちろんDAMNだ)を着ていた。

感受性があればこれどう考えてもソウルが繋がってるとしか思えない。

以前国会ウォッチャーへのエール記事怪文書だなんだとヘイトをまき散らしてた輩は今何を思う?

あの記事ヒップホップ愛にも満ちてた。ネトウヨアニメオタクネトウヨアニメ知識はあってもヒップホップ知識はなかった。

から未来が見えておらず見当違いのことしか言えてなかった。そうヒップホップ世界を変えるし日本も変える。

そんな光が見えてきた。日本語ラップはきつい? そんなやつは時代遅れ。もう時代は止まらない。

この記事勝手だけど磯部涼にささげる。オールライト

2017-06-15

パンと犬を巡る冒険

彼女について語ろうとするとき、僕は自分がひどく不器用になったように感じることがある。

彼女と僕の物語には、抑揚がなければ教訓もない、そんな話だ。

デレク・ハートフィールドの「暗黒期」の作品にも少し似ているかもしれない。

オーケー、とにかく話を進めよう。

僕がはじめて彼女とまともに話したのは、ひどく暑い夏の日の午後だった。

彼女は、ローリング・ストーンズの「ブラウンシュガー」を口ずさみながら、庭で穴を掘っていた。

「なんで穴なんかを掘ってるんだい?」

そう尋ねる僕に、彼女は答えた。

「私は、フライパンを、埋めなければ、ならない」

力強く語る彼女の口振りは、厳しい選挙を勝ち抜いた大統領勝利宣言を僕に思い起こさせた。

彼女の足元には、哀れにもこれから埋められようとしているフライパン

そのフライパンにこびりついた黒焦げは、ゴミを漁るカラスの羽のようにも、宇宙の最果てーもちろん僕はそれを実際に見たことはないけれどーのようにも見えた。

こうして、僕は彼女と寝た。

翌朝、僕が目覚めると、彼女はまた庭にいた。

彼女は、昨日の穴から少し離れたところに別の穴を掘って、卵を埋めていた。

「卵を埋めるなんてもったいなくないか?」

僕は尋ねるべきではなかったのかもしれないが、尋ねずにはいられなかった。

人生とは、得てしてそういうものだ。

彼女は、愛犬を亡くした飼い主のように悲しそうな顔をしてこう言った。

あなたは、フライパンと卵があるとき、卵の側に立つ人なのね」

それが別れの言葉であることは、いくら鈍感な僕にだって明白だった。

僕は、何も言わずに庭を去り、二度と彼女と会うことはなかった。

僕と彼女の話はこれで終わりだ。

そこに湧き上がるような歓喜はないし、静かに沈み込むような絶望もない。

今となっては、僕は、彼女の顔を思い出すことすら難しい。

記憶に残っているのは、彼女Tシャツに書かれた、どこか寂しそうな6桁の数字だけだ。

2017-06-04

ファッション無頓着なころって

ファッション無頓着な頃って、

シャツ」の意味は知らなかったよね?

シャツ? ワイシャツTシャツ?」

それから、明らかにでかくてもSサイズがなければⅯサイズを買う。

ユニクロなんて高いから、近所の激安店か古着屋(おしゃれな古着屋じゃなくて、地元の着古した服が並んでるだけの)で買う。

店員から聞いてくれるスラックスの丈の調整以外は、ほとんどそのまま着ている。めっちゃ袖が長い。

セレクトショップ意味は知らない。

ネクタイがうまく結べない。

靴は一足しか持ってない。

大体そんな感じ。

2017-05-10

http://anond.hatelabo.jp/20170510134150

違う!彼らは、コンサート自体からでは無く、物販で収益を得ている。

それは大槻ケンヂが、自ら「我々はCDを売って儲けているワケではない。ライブ会場でTシャツを売って儲けている。言うなればTシャツである」と言っていたから、実際そうなのだろう。

2017-03-27

 やよい軒運営するプレナス福岡)によると、3月25日には毎年、全国からこの店にファンが集まり

客数が3割ほど伸びるという。同店は毎年、日付を刻んだポスターを当日だけ掲示している。

聖地」の効果は他にも及んでいる。同店近くのゲームフィギュア店「駿河屋高槻店では、

特需を見込み、24日から3日間、セール高槻やよい祭り」を開催した。高槻やよい関連のフィギュアDVDなど

約100アイテムを集めた特設コーナーを設置。

等身大パネルも用意した。同店責任者は「年末年始と並び、3月25日は最大級商機。力を入れています」。

同店から最寄りの有料駐車場には、アイドルマスターに登場するキャラプリントした自動車痛車(いたしゃ)」

がずらりと並び、満杯。ツイッターでは「やっぱり痛車とまってた」「痛車やよい軒通過します」「やよいちゃんパニック」などとさかんにつぶやかれた。


また、高槻市は人気に着目し、ふるさと納税の返礼品に登場させた。

内容は、高槻やよいプリントされたTシャツや文具の詰め合わせセット。昨年5月からだが、わずか6日間で全20セットが品切れとなった。

飲食店駐車場物販店行政にまで広がっている「聖地」の効果

プレナスは「3月25日が目当てで遠くから来てくれるお客様もいる。大変うれしく思う」としている。(吉川喬)

1日だけの聖地も珍しいなと思ってたけど、いつのまにか行政までやってたのね。

2017-03-02

ロマンポルノリブートプロジェクト『風に濡れた女』を観に行って

 人生で一度くらいは成人映画映画館で観てみたいと思い、偶然見た予告編の軽快なアクションものっぽい雰囲気にひかれて『風に濡れた女』を観に行ってきた。

 1回きりの鑑賞で見落としや聞き逃したところもあるだろうけど、ひとまず思ったことをネタバレ含みで長々ダラダラとここに書いていく。点数をつけるわけでもないし、正直映画は年に1回観に行けば多いほうで、目が肥えてるわけでも感受性豊かなわけでもないことは先に述べておく。

映画本編に対する感想

主だった演者に対する感想

  • シオリ(演:間宮夕貴)
    • よく見るとややファニー寄りな顔立ちに、勝ち誇ったような表情が作中で映えていた。がらっぱち口調で声もかすれ気味に話していたので序盤は時々台詞が聞き取れなかったが、そういうのを含めても野性味のあるシオリはこの人しかいなかったんだろうなと思う。
  • コウスケ(演:永岡佑)
    • いい意味で顔よりもくすんだいい声だなと思って演技を見た。上手く伝わるかはわからないし人の顔を品評する意味は全くない表現なのだが、黒々としてはっきりスッキリとした眉と瞳をしたコウスケの目元と、うっすら茶色混じりでフリーハンド描線を重ねたような粗いシオリの目元は、続けて映されると対照的でハッとさせられた。

あと、役名と個々の俳優名前合致できなくて申し訳ないけど、サーファーの彼はいい味出してたと思う。

印象に残ったシーンなど

結構とんちんかんなことを言っているかもしれない、本編以外に対する感想

2016-11-17

ストーカーにならないか心配

この日記を要約すると「欲しいものがもう二度と手に入らないとわかったときあなたはどうやって諦めるんですか」です。

思うまま書いたらすごく長くなってしまったので、暇潰しにでも。

 

欲しいものがあって、イベントに早朝から並んだ。

何十人並んでいたのか・・・とりあえず抽選の結果、私は5番目。

個人作家さんは一点もの作品を10点(たぶん)用意していた。

似たようなものを10点じゃなくて、全く違うものを10点。

ネットで見た、そのうちの一つが欲しい。

キドキして並んでた。販売開始時刻までずっと、1~4番の人は作家さんと話してた。

女は私しかいなくて、前にいた人が長身だったから、存在も気付かれていなかったかもしれない。

緊張してたから上手いこと話せなかったかもしれないけどね。

待って、ついに販売が始まった。

けれど、2番目に並んでいた人が買っていってしまった。

 

今でも思い出す。

抽選番号20番台、痩せ型、身長175㎝前後20代後半~30代前半、色白、フレームが黒くて縁の細い眼鏡、紺色のTシャツ男性

顔は見ないようにした。いつものことだから、顔を見たら覚えてしまうと思って。

何をするかわからなくて。

 

いつものことなんだ。

私はその趣味で、他人が年間10買うとしたら、私は1買うかどうか。

それくらい、新しく増やそうという気持ちは薄い。

から、本当に欲しいと思って、そして手に入らないと理解したとき、こうなる。

抽選だったら相手がわからないしいいんだけど、先着順だと目の前にいる。

すぐにその場を去った。

 

他の人には「似たようなの出すときあるから」と慰められたけど、類似品には興味がない。

いや、もしかしたら、興味がわくかもしれない。

しかったものとは全く別の存在だと思って。

個人作家さんの作品から当然個体差がある。

言われたとおり似たような作品が後日販売されたけど、似て非なるもので「そうか」で終わってしまった。

私にはまったくの別物にしか見えなかった。

個人作家さんの『ブランド』を持つそれが欲しかったわけではない。

ぶっちゃけた話、個人作家さん自体には興味がなく、イベント前に告知を覗くだけでツイッターとかもフォローしていない。

ただあの一つが欲しかった。それだけ。

 

不思議と、人間のもの恋愛感情というか、親近感というか、信頼感というか。そういったものは覚えられない。

でも、憎しみや殺意簡単に覚えてしまう。

たまに上記の出来事を思い出して、苦しくなる。

もう随分経ったはずなのに、あのとき、顔を見ておけばよかったなって後悔してる。

今でも不意に「あのときこうしていれば」って、脳内殺人事件が起こっちゃう

妄想で済めばいいのだけど。いや、それで苦しくなってるけどさ。わかってはいるんだ。自分が何かおかしいこと。

でも、止められないの。

目の前で買っていった人だって本気で欲しかったと思うよ。(転売屋ではない様子だったし)

そんなの関係ないの。

ただ悔しくて苦しくて、腹が立って憎悪して仕方ないの。

ワガママなのかなぁ。

 

みんなはどうやって諦めるの?

他の人、そうだな、年間10買う人たちがよく「縁がなかっただけでしょ」って言うの。

すごく不思議なの。どうして「縁がなかっただけ」で終われるのか。

本当に欲しかったものを、どうしてそんな簡単に諦められるの?

そんなふうに諦められたら、この衝動も走らないだろうに。

すごく羨ましいけど、少し疑問。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん