「領土問題」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 領土問題とは

2017-09-18

anond:20170918120402

数年前のキム・テヒ叩きの時はまだ、領土問題への言及といった明確な発火点があったはずなんだけどな。

正直「韓国系」+「インスタやってて女子に人気」+「自己主張が強い」から叩くんだという、日本ネットユーザーダメな部分がまた顔を出したのかって感想しかない。

民主党政権(~2012)】 【自民党政権(2013~)】

そうだったのか!学べるコピペ

民主党政権(~2012)】 【自民党政権(2013~)】

竹島提訴決定     ・竹島提訴先送り

尖閣国有化      ・尖閣漁場プレゼント

・対中ODA復興予算へ回す ・復興予算への転用に反対

TPP参加せず      ・TPP参加(2016/2/4)

BSE牛輸入阻止     ・BSE牛輸入規制緩和

移民受け入れ阻止   ・移民受け入れ本格推進

年次改革要望書廃止  ・年次改革要望書再開

郵政株売却凍結    ・郵政アフラックに献上

統一協会関係薄   ・統一協会員で構成

パチンコとの関係薄  ・パチンコカジノ利権

日韓トンネル掘削中止 ・日韓トンネル掘削再開

尖閣領土問題認めず  ・尖閣領土問題認める

韓国人強制徴用認めず ・韓国人強制徴用認める

2017-07-18

領土問題

中国、現状は様々な海域に公船送って対応見て、次は軍送って「この辺はうちの領土です」って宣言するんだろうなあ

日本実効支配されたら手も足も出さないというか出せない国だからなあ 領土をなんだと思ってんだろうなあこの小国

2017-07-15

蓮舫議員アメリカとの二重国籍だったら

これほどの騒ぎにはなってないよね

誰も言及しないからずっともやもやしてたんだけどさ

空自機が平均1日2回緊急発進していて、領空領海侵犯常習犯で、14億の国民反日教育を施していて、直接の領土問題もある国(の属国)に国籍を置いている(た)人物

仮にも日本国首相になりうるポジションについていたらさすがにダメでしょ

蓮舫戸籍を公開できないのは、おそらく自分国籍ではなくて子供中国(台湾)籍を露呈したくないからだよね

露骨中国語で名付けてるし

仮に蓮舫選挙の結果首相になっていたとして、中国全面戦争になったら、父方の親族全員と自分の子供のことを一切勘定に入れずに

彼女攻撃命令を出せるのか?

あ、ちなみに俺は今まで一度も彼女二重国籍問題だとも、問題でないとも言ったことはないからな

2017-05-17

竹島ドッカーン! 皇居ドッカーン

中国ミサイル竹島が海に沈んだら領土問題解決するんですか

北朝鮮ミサイル皇居に落ちたら退位問題解決するんですか

すっごーい!君達は懸案事項をミサイル解決する手段を考えていたフレンズなんだね

飯食ってもろくなこと思い出さないよ

私達は食べながら忘れて行くのよbyウルフ

じゃあ食べてる最中記憶がとんでもないことになってるんでしょうね

2017-03-08

竹島ドッカーン!

北朝鮮からミサイルが飛んできて竹島が木っ端微塵になって海の中に沈んだら領土問題解決するのかねぇ。

2017-02-10

たち日本人は優しいけど食べ物に関しては怒っちゃうよ(`ヘ´#) ← キモすぎる

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1079491

食い物方面に手を出すな…マジギレするから……欧米の二の舞になるぞ…

愛知万博対応とか、日本人激怒するのが食べ物関係でな。ご飯粒信仰代表されるように、日本のゆるやかに見える宗教って食べ物については実は超絶厳格なのだ。/それはそうとして給食コスト問題がでかいよ。


2chとかのコピペでもあるよな。各国の首脳が集まって「日本人はどうやって怒るんだ、領土問題でも核問題でもあいつら怒らないぞ」「餃子に生ゴミ入れたら怒ったアルよ」「それだー!!!食べ物!!!」みたいなやつ。

あーキモいキモい幼女ペロペロして「俺たち変態だZE☆クールジャパン!」っていうネット珍走団的なノリだ。

2016-12-17

日本はずかしい

日本行政トップが恥ずかしい人だから、「日本はずかしい」

以下 LETE-LA引用

http://lite-ra.com/2016/12/post-2777.html

プーチン訪日北方領土返還」という話は、一体どこに行ってしまったのか──。本日安倍首相プーチン大統領共同会見を開いたが、発表されたのは「『新たなアプローチ』に基づく(北方領土での)共同経済活動を行うための『特別制度』について、交渉を開始することで合意した」というだけ。しかも、正式共同声明すら出せず、「プレス向け声明」というよくわからないものを発表しただけだった。

 つまり、あれだけ安倍首相北方領土返還に浮き足だっていたのに、結局、日本が3000億円にものぼる経済協力で貢ぐだけ。“共同経済活動北方領土問題解決への重要な一歩”などと言うが、そんなわけがあるまい。実際、先述したプレス向け声明にも、「北方4島の帰属問題に関する記述」はなし。つまり安倍首相プーチンの手のひらで転がされていただけだったのだ。

 4島返還から歯舞群島色丹島の2島引き渡しという妥協までし、官邸が騒ぎ立ててきた「プーチン訪日北方領土返還」は、何ひとつ進展せず終了──。こうした結果は首脳会談からわかっていた。現に今月13日に公開された日本テレビ読売新聞による単独インタビューで、プーチン大統領は「ロシア領土問題はまったくないと思っています」と明言さえしていたのだから

 しかし、呆れるのは、この間のテレビバカ騒ぎだ。プーチンは3時間近くも遅刻、その段階から安倍首相は足元を見られていることがあきらかだったのに、「プーチン遅刻魔だから」とこぞってフォロー。なかでもワイドショーお祭り騒ぎで、旅番組のごとく山口県大谷山荘温泉長門市観光スポットを紹介し、「プーチン日本酒をお気に召したらしい」「温泉での裸の付き合いはあったのか?」「ディナーではふぐ刺しを食べた」など、どうでもいい話ばかりを伝えた。

 他方、あれだけ盛り上がってきた北方領土返還については、一転、「ハードルが高そう」などとあからさまにトーンダウン。しかし、ワイドショー安倍首相外交力を褒め称えながら、会談の焦点を「北方領土返還から北方4島での共同経済活動」へと巧みにシフトチェンジさせたのだ。

 たとえば、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)では、昨日、同番組で“安倍首相大谷山荘へ2回連れていってもらった”“相当仲良くならないと連れていってもらえない”と自ら語り、御用ジャーナリストっぷりを恥ずかしげもなく開陳した山口敬之氏が、本日解説者として登場。昨日の会談後に安倍首相などに取材し聞いた話として、こんな解説をはじめた。

2016-11-13

おじさん予言ちゃうぞ~

この先、日本ネット世論ではトランプの扱いは今のプーチンみたいになる。プーチンはなぜか日本歴史領土問題を抱える国のトップなのに同じような中国韓国リーダーに比べてネット上ではバッシングが少ないって言われてた。

その理由は一つはぶっちゃけ白人男性からってのもあるんだろうけど、まあ何より彼の言動権威主義性格のある人にとっては理想的リーダー像を演じてるってのもあるんだろうと思う。

トランプもこれらの要素に当てはまるから日本ネットでは彼はプーチンみたいに言動画像なんかを集められて「愛されキャラ」みたいなポストに就くだろうね(だけど「怖い」っていうキャラ付けにはならないだろうな)。いや、プーチンより露出度いかもっと分かりやすいかも。

しかすると今の安倍ちゃんを超える丁重な扱いをされる可能性がある。だって結局海の向こうの人間だし、安倍ちゃんよりもそのキャラ権威主義性格にはぴったりだしね(しか白人男性)。

これまで、2ちゃんヤフコメを初めとしたそっち系世論を担ってたコミュニティや、それに近い発言をしてたアカウントは、軒並みトランプを愛するだろうね。それで彼を使って、いろんな主張をへらへら笑いながら攻撃するだろう。

うその傾向は見え始めている。2ちゃんまとめサイトは、もうそっちに鞍替えしてる。

すごいよな。これでも数ヶ月前までは、まだ(日本に対してのそれも含めた)言動に対する非難の方が多かったんだぜ。もう今じゃツイッターはてブも、「アメリカ事情通白人労働者気持ち汲み取りリベラルサヨク攻撃マン」でいっぱいだ。

2016-10-09

日本人って北海道を描くとき北方領土を描かないよね

国後島は面積が沖縄本島よりでかい佐渡ヶ島の倍もある。択捉島鳥取くらいの大きさがある。

いくら北海道さらにでかいはいえこれは無視できる大きさではないよね。

なのに日本人って「北海道」を描くとき北方領土を描かないよね

例えばヤマザキ北海道チーズ蒸しケーキ

https://www.yamazakipan.co.jp/product/03/cheesemushicake.html

別にこの菓子パンじゃなくても、海鮮でも牛乳でもなんでもいいんだけど、この手の商品絶対北方領土を描かないよね。北海道恩恵を受けてるのに薄情じゃない?

例えば、新潟県を描くとき佐渡ヶ島を描かない人ってあんまり居ないとおもうんだ。兵庫県を描くとき淡路島を描かない人もあんまりいないよね。北海道本州四国九州の4島を除いたら択捉って日本ダントツ一番大きい島だよ?2位は国後。

描かない企業反日だ、死ねと言うつもりはないんだけど、北方四島日本領土北海道に属するっていうのが日本政府見解なんだし、載せてやればいいのに。

ブラック企業問題なんかもそうだけど、問題解決しない一番の原因は国民一人ひとりの権利意識が低いからだよね。例えば韓国なんかは竹島天気予報毎日流すって言うじゃん?そこまでやれとは言わないけどさ・・・関係ないけど大臣が歯舞を読めないのはヤバいよね。もっと皆で領土問題について真剣に考えよう。

2016-09-08

子どもとか教育未来を託す前にまず自分たちのケツぬぐったら?

年金問題領土問題国債問題原発処理や他にも解決しないといけない社会問題が山積みなのに、

何で今の段階で子どもが、教育が、保育園が、って言えるの?

それ優秀に育てた子どもに全部押し付けて逝くつもりか?

全部お前らが蒔いた種なのに?

収穫は任せるってか?

 

お前ら死ぬ前にどれか一つでも処理してから死ねや。

俺はそういうつもりで生きてる。

クソ雑魚ナメクジが。

2016-08-08

まず領土問題認めれば?

https://twitter.com/arimoto_kaori/status/762121019876216832

このツイートを見て思った。

自分尖閣なんてあげちゃえ派だ。

現在はそんなこと少しでも表に出したら殺される勢いなのでひっそり書く。

ただひとつ条件があって、

戦争になるくらいなら」

である

これは祖父から戦争だけはしちゃいけない」と教えられた結果である

そういう意味でいうと、早く中国との間に尖閣をめぐる領土問題があることを認めて、何かしらの交渉に持って行かないといけない。

このまま事態が進んだとしたら交渉余地なく武力行使戦争突入だろう。

「あぁ、戦争ってこうやって始まるんだな」

である

交渉とか議論無しね。

http://honz.jp/articles/-/43166

はてぶでも「日本すごいのディストピア」なんて本が注目されたけど、そんな日本礼賛番組を連日放送されたら嫌でもプライド高くなってしまうからね。自分はなるべく見ないようにしてるけど。

結局はこのプライドの高さが外国との軋轢を産んで摩擦になるのだと思う。

政府だけじゃなくて、マスコミ一般市民含めて全体がいい感じで戦前になりつつあるなぁと。

2016-02-11

戦争のつくりかた

http://noddin.jp/war/

憲法9条があるから日本平和だ、憲法改正止めよう。

改正されたら他国侵略ちゃうし、おまえら兵隊になって死ぬぞ、みたいなのをもう少しオブラートにつつん子供に訴えかけるみたいな内容。


戦争したくないのは誰でも一緒だろ。

この手の話には自分戦争したくないってのは分かったが侵略しかけられててどう守るか?が抜け落ちてるんだよな。

誰も好んで他国戦争なんかしかけねえよ、今の中国尖閣諸島領土とかフィリピンあたりの領海なんかを主張してて、原油の輸入に支障がでそうだ、とかの話は知ってるのかな。

エネルギー問題とか原発も反対、中国領土問題反対、戦争しません、じゃあ貧するに鈍するなんだよな。自分の首を自分で絞めておいてなんとかしろ!9条!9条!じゃあお花畑にもほどがある。

戦争はしたくない、だが守るためにはやむを得ないことがあるだろう、その対策はせざるを得ない、という理屈説明した上でムービー作れよな、と思うわ。

こういう話するときにこういう事情みたいのを隠してやたら戦争しかけてるぞ、っていうのは全然フェアじゃないし、クソだよね。

2016-01-20

少子高齢化不況とか問題抱えてる日本のほうがよっぽど戦争起こしそうで怖い。実際右傾化して、領土問題にもいちいち口出ししてるし。

そりゃあ韓国とかが反応するのもわかる。

2016-01-11

双方に話し合う意思がない以上、領土問題は解決しえない

イラン南部3島に関する領有権UAE(アラブ首長国連邦)が一方的に主張している。

イランは話し合いでの解決を提案をしているがUAEは拒絶している。

UEAは歴史的資料を顧みず、国際会議の場で発言することで自らの主張を通そうとしている。

今回の一件のイランに対する湾岸協力会議非難にも、3島返還は盛り込まれている。

イランUAE南部3島を「返還」することで外交関係改善を図るという手段はあるだろうか?

2016-01-07

アメリカロシアが仲悪い理由がよくわからん

だって冷戦って1989年に終わってるんでしょ?

日韓日中みたいに慰安婦問題領土問題を直接的に抱えてるわけでもないじゃん?

対立する理由なくない?

2015-09-19

私はなぜ安保法案消極的賛成で、何を心配しているのか?

安保法案をめぐるここ一連の流れは、今まで日本という国と国民が先送りしてきた諸々の問題が噴出してきた感がある。それは安全保障だけでなく、日本行政機構構造問題や、ともすると太平洋戦争に至る過程・戦中の流れ・戦後の総括についての話題も含まれるようだ。

先に、これを書いている私個人の意見を述べておくと、憲法違反疑念問題を除けば、安保法案消極的賛成だ。「後ろ向き」賛成ともいう。

  1. 憲法違反の件はヤバイ。あれは下手をすると「政府は何やってもOK」という意味になるから
  2. でも憲法との整合性がとれているなら、安全保障の面では、安保法案で示される流れについては理解しないでもない。
  3. 安全保障の面で理解しないでもない」とはいものの、その舵取りを現在三権行政立法司法)に任せたら、枕を高くして寝ることは一生無理ではないか――という不信感がある。

たぶん、この3点は、程度の差があれども(で、程度の差によって意見が分かれるところだろうけど)、普通日本国民の誰もが感じていることではないだろうか。

憲法違反問題

安保法案憲法違反疑念がある問題は、安保法案主題としている安全保障とは別のところで、大問題だといえる。

乱暴に言えば、「オレオレ憲法解釈」で物事を進めてしまうことは、「オレオレコーラン解釈』」で物事を進めているISISと似たようなものだ(「オレオレじゃない『コーラン解釈』」=イスラム法)。ISIS非難できなくなってしまう。

本来は、安保法案を進めたいのなら、憲法改正すべきなのだ。だが憲法改正に関しては、また別の、根の深い問題がある(後述)。

安全保障問題

憲法違反の件を無視するなら、安保法案で示している内容には、傾聴に値するものがある。

それは「俺は殴るつもりはなかったし、むしろなだめようとしたんだけど、興奮した相手が殴りかかってきて……」というケースにどう対応するか、という問題だ。

基本的に、戦争なんて損ばかりだ。人道的にも、財政的にも、経済的にも問題ありすぎる。戦争せずに済むなら、その方がよいのは当然だ。

太平洋戦争を経て日本が学んだことは、第一に「自分から殴りかからない」ということであり、第二に「とりあえず、まずは話し合いをこころみる」ということだ。この2つをまとめると「揉め事には『大人の対応』で臨め! ガキじゃあるまいし、すぐに殴ろうとしなさんな」となる。

(まあアメリカも、「ABCD包囲網での締め上げ」とか「蒋介石カイロ宣言で『無条件降伏』を要求させちゃった」とか、火に油を注いだところが結構あるのだが)

はいえ、揉め事自分だけでなく相手もいるから生じるもので、相手が最初から殴る気で仕掛けてきたら……と考えると、少なくとも護身はできないとマズイ。

この辺のバランスが、(当時の国際政治の状況やら何やら事情があったとはいえども)自衛隊誕生の一端にある、といえる。

問題は、東アジアの各国が経済成長にともない軍事力も増していることと、経済成長により他国との摩擦が表出してきたことと、世界的な不況の影響で各国国民の不満がたまっていることと、その不満が経済成長による他国との摩擦で高まってきたナショナリズムの気運に流れ込んでいることと、そんなナショナリズムの高まりを各国政府制御しきれるか否か、である。今の東アジアは、第一次世界大戦前夜のヨーロッパ並みにキナ臭い

個人的には、政府戦略として反日を主導している今の中国韓国よりも、何らかの要因で政府の力が弱まって下から突き上げを抑えきれなくなった場合中国韓国の方が怖い。戦前日本にもそんな感じ(=下から突き上げ)があっただけに。

しか他国軍事力が増加しているため、自衛隊との相対的な差が縮まることで、相手から「くみしやすい(殴っても問題ない)」と思われてしまう可能性もある。

日本場合四方が海で、防衛すべき範囲が広い。海上自衛隊海上保安庁はともかく、今よりも備えを厚くする必要はあるだろう。現実問題として、離島地域では中国漁船違法操業問題があるし、竹島尖閣諸島のような離島地域での領土問題も抱えている。

備えを厚くする場合方向性として「自前で全てそろえる」と「仲間を呼ぶ」の2つが考えられる。安保法案後者の「仲間を呼ぶ」の流れを汲んでいる。

実際のところ、日本経済状況的に「海上保安庁自衛隊を拡充して、日本全土を自前の軍隊で守る」というのは厳しい。先に書いたように、四方が海であるために、防衛すべき範囲が広い(というか広すぎる)。また、例えば対中国で考えると、装備や錬度でカバーするのが難しいぐらいに「数」の差がある。

ここで従来のようにアメリカと組むとして、アメリカ軍が度々行われてきた軍縮で縮小していることに留意する必要がある。この影響は、少なからアメリカ軍軍事力を頼りに軍縮していた同盟国に影響を与えている。日本例外ではない。

あと安保法案の話で「自衛隊アメリカの都合で起きた戦争に駆り出されたら――」的な批判がなされるが、同様の批判アメリカ国内にもあるだろう。すなわち「他国の都合の戦争に、自国アメリカ)の若者を送り出すって、どうなのよ?」ということだ。アメリカ軍を引っ張り出したいなら、アメリカ国内が納得する「(アメリカにとっての)大義やメリット」が必要だ。選挙のこともあるだろうし。

安保法案は、いわば「規模を縮小したので一度にカバーできる範囲が狭くなったアメリカ軍の協力をとりつけやすくする(アメリカから見た優先度を上げさせる)」ためのものだ。こうしておくことで、「ワイの後ろには○○の代紋があるんやで」効果で相手を怯ませることも狙えるだろう。

繰り返すが、戦争せずに済むなら、その方がよい。その一方で、万が一への備えそのもの必要だ。

三権行政立法司法)不信の日本国民

(再三ならが、憲法違反の件を無視するとして)安全保障の点で、安保法案が示す内容は、良し悪しは別として、ある意味現実路線と言える。

いえるのだが、しかし、実際に日本国民として安保法案に直面して感じるのは、「これ、悪用されずに適切に運用されるのだろうか?」という心配である

私はとりたてて再軍備主義者ではないが、日本再軍備化すると仮定した場合重要になる点を1つだけ知っている。

一言で表すなら、それは「空手の有段者になれ!」ということだ。空手の有段者は強いが、強いからといってむやみに周囲に殴るかかることはない。むしろ普通の人よりも強い自制が求められる。

仮に日本再軍備化するとして、再軍備化したからといってすぐにやたらと殴りまわったら、それはガキの態度だ。大人ではない。軍隊を持つ平和路線の他の国家と同様に「(鍛えてますけど、むやみに殴りかかりませんよ。だって)大人ですから……」という方向が望ましい。

民主主義国家において、このような態度をとるには、第一に軍隊自体暴走を防ぐためのシビリアン・コントロール必要であり、第二に軍隊を統帥する政府暴走を防ぐための「国民による政府監視と、選挙による適切なコントロール」が必要であり、第三に「国民自身の自制」が必要となる。

日本再軍備化を進めるなら、国民はまず自省して、過激な排外主義排除しなくてはならない。排外主義他国他民族とのいらぬ摩擦を生み出し、火種となってしまう。これは大人の態度ではない。排外主義排除されるべきだろう。軽挙妄動は許されない。高い倫理観を持つべきだ。

また国民は、日常的に政府の動きを監視し、選挙直前の動きや宣伝に紛らわされることなく、観察した記録にもとづいて投票を行い、政府暴走の要因となりうる人物を当選させないように努めなくてはならない。

残念ながら、今の日本では、まず選挙による政府コントロールが効いていない。例えば安倍政権安保法案の一件は、2014年選挙の時点で囁かれていた話だ。だが、結果はどうだろうか? 選挙の時、我々は直近の出来事にとらわれて投票していなかっただろうか?

次に、日本では政府暴走の歯止めとなる公的機関存在しない。例えば憲法裁判所がないため、憲法違反疑念がある法律であっても、一度可決・公布されてしまえば、何か具体的な事件が起きて誰かが提訴しない限り、違憲性の審査は行われない。

最後に、行政立法司法三権のどの分野でも構造問題が指摘されているにもかかわらず、何の変化もないため、三権に対する不信がある。

例えば、仮に日本憲法裁判所があったとして、安保法案違憲判断を下すことができるだろうか? 日本裁判官の大半は実質的最高裁判所裁判官に任用されている。最高裁判所裁判官内閣によって任命されている。そして最高裁長官の任命過程においては、内閣意向が少なからず反映されている。このような流れの中に憲法裁判所があるのならば、暗黙のうちに内閣意向に影響された判決がでても不思議ではない(ことに、内閣意向を受けた最高裁判所裁判官胸三寸出世更迭も決まってしまう一般の裁判官の身ともなれば……そして、内閣意向によって出世の頂点(最高裁裁判官)に立てるか否かが決まる最高裁判官の候補や、下手すると引き摺り下ろされかねない最高裁判官ともなれば……)。

行政立法に関しては、外部から見て、どうにも組織に自浄作用があるように思えない。例えば何か問題が起きた場合、大抵はトップ更迭で済んでしまう。何が問題であったか分析し、具体的で効果のある改善案提示し、改善を行い、その結果を問題分析改善案を含めて広く公開する……というPDCAサイクル的なものが、組織外部の国民の目にはみえない。

そもそも我々日本人は、失敗を恐れすぎる。もとより人間は失敗する動物だ。何も考えずに突っ走って失敗するべくして失敗するのは、さすがにどうかと思うが……しかしある程度成功確率を高めたなら、その時点でチャレンジしてみて、失敗したならしたで反省会を行い、次に生かすべきなのだ

だが実際には、なぜか最初から失敗を許さな雰囲気が強いし、失敗するとすぐに責任問題を言い出す(本来は、反省会で色々と分析した上での「責任問題」のはずだが……)。人格攻撃になることもしばしばある。そして早すぎる責任問題に決着がつくことで、本来開かれるべき反省会はなされず、有耶無耶に終わってしまう。

悪いことに、日本社会は失敗に厳しすぎる。一度更迭されたら、ずっとそのままだ。このような環境では、皆失敗を恐れるし、失敗したら隠そうとする。なぜなら、失敗したら、そして失敗したことが発覚すれば、この先一生どん底だからだ。

行政立法構造問題は、この日本社会の「失敗への厳しさ」が悪い方向に作用しているために生じている気がしてならない。誰だって自分の身はかわいいものだ。少なくとも私はそうだ。あんだって、そうだろ?

ともかく、日本国民には少なから三権への不信があるうえに、政府をうまくコントロールすることもできていない。この状態では、どのような法律であっても、適切に運用されるか否かの疑念が生じる。

特に安保法案をめぐる安倍政権自民党の動きはマズかった。政権による強引な進め方や、一部議員による乱暴な発言は、国民にとって「国民政府議会コントロールできていない」という印象を与え、不信を高める結果となった。またオレオレ憲法解釈を持ち出してきたことで、安保法案のものについて「将来、オレオレ安保法案解釈』を持ち出して、滅茶苦茶なことをやらかす政権がでるのではないか?」という疑念を与えてしまった。

安保法案戦争法案」と揶揄される背景には、その内容の難解さだけでなく、「誤った運用がなされるだけでなく、将来、拡大解釈して無茶なことをやらかすようにならないか? そして誰にも止められないのではないか?」という三権への不信が見え隠れしている。

蛇足だが、安保法案を通すには、本来憲法改正必要だ。だが日本国民には憲法改正へのアレルギーがある。なぜか? 「あいつら絶対に余分な変更(=改悪)も入れてくるから」という政府議会への不信があるからだ。自民党憲法改正案は酷かったし、派遣法の改正もアレだった。こんな実例が山ほどあるのだから、不信が高まって憲法改正アレルギーになるのも無理はない。

「我々はキ○ガイなのか、違うのか?」という問題

日本国憲法に関しては、そもそも押し付け憲法論がある。個人的には、押し付けだろうとなんだろうと、ネズミを捕るのが良い猫だと思うのだが……。

仮に押し付け憲法だったとして、ではなぜ世界でも稀な憲法九条存在するのか、という点を考えてみることは重要だ。世界的には、平和路線国家でも(規模の大小はあれども)軍隊を持っているものだ。

要するに、大日本帝国は、当時のアメリカに「キ○ガイ」だと思われたのだ。あいつらに刃物を持たせたらあかん、何やらかすか分かったもんじゃねえ――ということだ。

例えば、現在生きている日本人たる我々がニュースで目にする自爆テロ理解しがたいように、当時のアメリカ人特攻という行為を行う日本人理解しがたかったのではないか? また国体維持のためだけに南方戦線で損耗率7~8割という無茶(現代戦では損耗率3割で全滅判定)をやらかしメンタリティーも理解できなかったのではないか?

理解できないことが、恐怖をあおる。戦略的には、特攻南方戦線での戦いも、大日本帝国政府にとっては裏目に出てしまった。日本軍隊を持つ資格はない、とんだキ○ガイだと認定されてしまったのだ。

しかしこれは、裏を返せば「まともな国になったなら、まあ、軍隊を持ってもええんじゃね?」ということにもなる。まともな大人は刃物を振り回しません、ということだ。

さて、「安保法案戦争法案」と揶揄される背景をもう少し考えてみると、興味深いことに気づく。それは、日本国は未だに「キ○ガイ」ではないか、という疑念だ。これは中国韓国の主張(実際に彼らの言っていることから類推すると、そういうことになる)のことではなくて日本国民から日本国政府ならび議会への疑念のことだ。

というのも、「安保法案戦争法案」という構図には、どこか「また『特攻』や『ニューギニア戦線での地獄』が繰り返されるのでは」という不安があるからだ。

これは、太平洋戦争について国民国家をひっくるめた反省会(失敗の原因の分析、具体的な改善案提示改善案適用)が行われなかった弊害だろう。

そもそも太平洋戦争は大失敗だった(戦争に懲りたということは、つまり、失敗だったということだ)。大失敗だったからこそ、三権国民を巻き込んでの大反省会必要不可欠で――もしかしたらどこかで行われていたのかもしれないが、残念ながら私は寡聞にして知らない。

国民国家自らによる反省会(総括)が行われて、落とし前がついていたなら、ここまで疑念は膨れ上がらなかったはずだ。でも反省会無し・対策も無しなら、「またやっちゃうかも」という心配は残ったままとなる。

戦後反省会が行われず、そのまま70年が経過した。その間、残念ながら三権への国民の不信が高まった。そしてここ20年ほどの政府議会の混乱や暴走ともとれかねない動きは、国民に「政府議会=我々がコントロールできない代物」という印象を強く与えてしまった(仮にも民主主義国家だというのに……)。

再度繰り返すが、戦争せずに済むなら、その方がよい。その一方で、万が一への備えそのもの必要だ。

必要だが、しかしまた「キ○ガイ」のごとく暴走してしまわないか? やむをえない自衛のための戦争ならともかく、暴走して要らぬ戦争を起こしてしまわないだろうか? 三権への根深い不信と、国民政府議会コントロールできていないのではないかという疑念ゆえに、日本国民は、日本という国が「キ○ガイ」のままではないかという恐怖を感じているのだ。

まとめ

私は憲法違反疑念より安保法案否定的であり、安全保障の面では安保法案このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

2015-07-09

ネトウヨ問題の解決法

ここ最近政治的に面倒くさいあれやこれやの問題日本韓国属国になれば解決することなので、それをさまたげる勢力こそ人類の敵であり日本国益にとっての敵でもある

君が代日の丸自然に廃止できるし領土問題国際司法裁判所を煩わせることなく解決できるし、思想の左右にかかわらずまともな知性を持っている人々はみな現在この方向で努力している

2015-05-07

http://anond.hatelabo.jp/20150507225211

マクドナルド中国産の切り替えはしょうがないだろ。

それ以外は、中国産スケープゴートになっているのではなく

レアアースの時に、領土問題でモメたら、レアアースの出荷を遅らせるとか

暴動が起きてお店を開けられなかった

という実害を元に、リスクヘッジ工場が 世界各地に散っているだけで

タイならタイで、洪水被害でパーツ工場世界中に散った

というのがあるように

工場を1箇所にするのではなくて、サプライチェーン世界中分散させて

リスクヘッジしていくのは時代の流れ。

2015-03-07

領土問題

シャンプーと洗顔フォームボディソープで耳の後ろのごつごつしたところの領有権を巡り泡で泡を洗う抗争となっている

2014-10-03

慰安婦報道検証朝日第三者メンバー第三者

http://www.yomiuri.co.jp/national/20141002-OYT1T50138.html

調べて見ましょう。

中込秀樹

特に何も見つけられませんでした。

岡本行夫

田原総一朗と共著)『生きのびよ、日本!!』朝日新聞社2003年/朝日文庫2005年

田原総一朗と共著)『「外交」とは何か、「国益」とは何か 増補版・生きのびよ、日本!!』朝日新聞社2005年10月出版

ただしhttp://www.yukio-okamoto.com/article/paper/index.htmlを見るとわかります産経新聞側の人と言った方がいいかもしれません

北岡伸一

「私と司馬さん 歴史の道を走り回った高校時代 北岡伸一さん」『週刊朝日2012年12月28日号、p.99

ほかは特に見つけられず

田原総一朗

(たくさんあるので略)

※波多野澄雄

『「大東亜戦争」の時代――日中戦争から米英戦争へ』朝日出版社, 1988年

幕僚たちの真珠湾朝日新聞社朝日選書], 1991年吉川弘文館, 2013年

(共著もの)『昭和史――その遺産負債朝日出版社1989年

林香里

朝日新聞ジャーナリスト学校研究員

http://astand.asahi.com/magazine/wrnational/special/2014052800008.html

http://astand.asahi.com/magazine/wrnational/special/2014060500008.html

http://astand.asahi.com/magazine/wrnational/special/2014061300015.html

http://astand.asahi.com/magazine/wrnational/special/2014062600006.html

保阪正康

元朝日ソノラマ社員

敗戦前後・40年目の検証朝日新聞社 1985.8、のち増補し『敗戦前後日本人朝日文庫

信仰理由』(朝日新聞社)-1996

昭和戦後史の死角』(朝日文庫)-2005

愛する人を喪ったあなたへ』(朝日新聞出版)-2011.6

昭和陸軍研究』(朝日新聞社)-1999(朝日文庫)-2006

昭和史の教訓』(朝日新書)2007

東京裁判の教訓』(朝日新書2008年

占領日本の教訓』(朝日新書2009年 

官僚亡国 軍部霞が関エリート、失敗の本質』(朝日新聞出版2009年

田中角栄昭和』(朝日新書2010年

歴史でたどる領土問題真実』(朝日新書2011年

『高度成長―昭和燃えたもう一つの戦争』(朝日新書2013年

朝日ソノラマのや共著は略

これがのってねえぞといったのがありましたらトラバブクマ脳内に直接などなどでお願いしま

2014-09-26

書泉グランデtwitterにて在特会幹部の著作を紹介したところ、書泉にはレイシストがいるというRTが相次ぎ

当該ツイートを削除したそうである。この事件に関し、yahooリアルタイムランキング上にはもう書泉では買わないだとか

抗議をしようだとかのツイートが溢れかえっている。

消されているためRTとして引用されている部分のみしか見られないのだが、そこにはこうある。

「新刊『大嫌韓時代桜井誠(青林堂) 隣国が嫌いな方、なぜ嫌われているのか気になる方や、植民地支配戦勝国気取り、

領土問題反日…疑問をお持ちの方にオススメ

果たしてこの本を紹介することはレイシストだと呼ばれる行為ヘイトクライムだと講義されなければならないことなのだろうか。

この紹介文を読む限り「朝鮮人を皆殺しにしろ、だとかゴキブリ以下の劣等民族だ」などというようなことが書かれてているというよりは

多かれ少なかれのバイアスがかかってはいようが著者はなぜ韓国が嫌いなのか、あるいは日本人韓国を嫌いになりうる理由があるのか

という理由を説いた書籍のようである

ところが、反ヘイトクライムを声高にネット上で語る意識の高い方々には、これがヘイトクライムに相当しこの出版物を紹介することは

レイシスト所業であると断言する。そして書泉やその親会社アニメイト(?!)に抗議しようなどと息巻いているのである

私は極力客観的にこの事件を見ているつもりであるが、これは反ヘイトクライムなどではなく自分の気に入らない意見封殺であろうと思う。

例えばtwitterで「このような社会的に不適な書物はおおっぴらに宣伝するべきではないだろう」というような物があった。

ではその社会的に不適か否かは誰が決定するのか?日本政府がこの書物はよし、この書物は駄目というようなリスト作成すると発表した場合

これはもうほとんど検閲の一歩手前であるしかしこの反ヘイトクライムを主張する方々にとっては諸外国特に韓国批判する書物を

社会的に不適と指定するか、あるいは出版の禁止をしたところでそれに喝采を送りそうな予感がある。

この方々は書店自分たち基準社会的に適切な書籍以外は売ってほしくないのだろう。思想表現の自由など反ヘイトというわかりやす

正義っぽい雰囲気に酔えることのほうが重要なのだ

ヘイトクライムとは何であるのかというところの定義当人たちにないために、批判ヘイトという極めて単純な考えに支配された

頭の悪い人々が発言力を持ってしまったことは現代の大きな不幸の一つであろう。

2014-08-16

仮想敵国を造り上げて外に注目させて内から腐らせる



442 ソーゾー君 [] 2014/08/15(金) 21:27:20 ID:pX/U.cOY Be:

北朝鮮目的は国交正常化

日本政府目的揉め事を起こして国益を損なうこと。

要するに「欧米日韓vs露中北」を維持すること。

仮想敵国を造り上げて外に注目させて内から腐らせる。

毎回ワンパターン


領土問題の解決方法は簡単だよ?

尖閣問題地下資源の開発をやれば終わる。

日本政府が難癖付けで約束したのに開発をストップしたから揉めているだけ。

北方領土ロシアは返還する気満々だから交渉したら解決する。

鈴木宗男一人で返還まで話は進めていたが日本政府妨害されて鈴木宗男は殺された。


竹島軍艦で取り囲んで韓国国旗を艦砲射撃では解して自衛隊上陸させて日の丸を掲げれば良い。

その前に最後通達をしたら良い。

既に日本韓国侵略されているので憲法9条も糞もない。

国連国際社会が止めに入っても日本は「竹島は我々の領土だ!韓国侵略された後も粘り強く交渉した!

しかし、韓国政府が我々の主張を聞かないので最後通達をする。」と言えば良い。

(出来ることなソウル火の海にして併合してやりたいがなw)

簡単に解決するのよ?


北朝鮮拉致問題真相

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/movie/10043/1388615873/

中央銀行・発行権】黒幕銀行家37【信用創造

http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1343051395/

2014-06-23

三国鼎立モデルあるいは四色定理モデルから見る多極化後の世界

前提:
世界中国を中心に多極化に推移していく

主題
今後50-100年ほどの間(中国覇権が陰り始めるまでの間)、各地域三国鼎立のような状態に推移していくという仮説を立てると、

東亜   :中国日本ロシア
南亜/中亜:インド中国イランロシア
中東   :ペルシャ(イラン)、アラブ(サウジアラビア等)、トルコイスラエル
欧州   :EU(独仏)、ロシア英国
アメリカ米国カナダ中南米(ブラジル等)

アフリカ:このまま中国マネーで潤ってくといいね。来世紀に乞うご期待!

が各地域における覇権国として牽制あいながらも協調していくと予想される。他の周辺国は、韓国台湾のようにその地域における1番の覇権国に接近したり、あるいは南沙諸島のようなことがあれば2-3番目の覇権国に接近したりなどの揺らぎがある。
また、他地域間では、イギリスに対する中国アフリカに対する中国のように、自国覇権拡張や金儲けや資源のために金をくれてやったり開発してやったりなど、基本的協調しあうこととなる。

自分用のまとめなので特段オチはないが、最後ひとつ付け加えておくならばやはり日本の動向であろう。現在尖閣歴史問題で揉めている日中ではあるがいくらなんでも両国戦争することはないだろうし、また日露は領土問題を解決して今以上に接近しているだろう。領土問題歴史問題などのゴタゴタは過渡期(覇権移行期)に見られる一過性のものに過ぎない。日本における領土問題はいずれも他国(中露韓)と距離をおいて覇権国(米国)に接近するための外交カードに過ぎなかったのであるし、歴史問題も同様のものであった。そして、覇権は確実に移行しているのである

2014-06-08

次に政治体制が変わるとしたら、世直し党だと思う。

過度にポピュリズム的に始まり、最終的に全体主義的になるような。

政治体制には世界ブームがある。

それが経済的な理由なのか、メディアによるものなのかわからない。

経済世界恐慌とか、メディアイデオロギー領土問題とか。

個人の生活への影響と、感情への影響がトリガーになって、集団の動きのようなものが、形成される。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん