「祈祷」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 祈祷とは

2020-07-01

anond:20200701221118

ちょっとnow天皇さ―、祈祷たりないんじゃないの?平成天皇みたいにもっと祈りやってよー

神のおかげなんだからさー

2020-06-22

anond:20200622161330

いやそこは留保しとけよじゃあブラジルアメリカと何が違うんだよ神に祈祷コロナ海外のものと変質してアメリカブラジルとは違うとか土人かよってレベルの話になるし

2020-06-21

選挙学」とかい民主主義におけるタブー

「こうこう、こんな選挙制度にしたらより民意の反映と国家繁栄がうまくいく」というのが科学的に示されても、選挙制度絶対に変わらない。

だって制度を変えることができる立法府の人たちは、「いま」の制度議員を勝ちとった人たちだから

からどんなに学者が「とてもいい制度」を提案しても却下されてしまう。

なので、存在意義のない学者など必要ないので、予算ももらえないし誰も研究しないし誰もなりたがらない。

「選挙」って実は雨乞い祈祷と同じくらいの「おまじない」でしかないのかもしれない。

2020-05-21

さすがに祈祷料120万円は普通にあるから、なんともいえないから、もうちょっとかけよっていう。

おれらでいうと、祈祷料10万は普通にあって 1家庭となると100万というのも普通に起きる金額おかしくはない。

小学生が1万円とられたっていうのと、サラリーマンが1万円とられたというのでは次元が違うから、もうちょっと書いてくれないとわからないだろ。

2020-05-05

現代道鏡がいれば彼に対新コロ祈祷要員として出張ってもらえたかもしれない

2020-05-03

雨降れ

天気が良いかちょっと散歩とか言って外に出たくなるんだろ。

いっそ外が大雨なら割とマジで不要不急の外出はなくなるんじゃね。

そう思ってずっと大雨が続くように祈祷しておいてやったわ。

洪水土砂災害が発生してしまっても、それは知らん。

2020-04-15

anond:20200415074657

合い挽き肉を使ったので、祈祷師は牛用と豚用の二人呼んだほうがよいのかな

anond:20200415073408

祈祷師を呼んで肉の怒りを鎮めてもらう

2020-03-28

成熟時代になれば「実存的虚無感」を感じることは必然です。成長時代のように、消費や所有に幸せを感じられなくなっていますし、生きることに困っている人がいません。生きることに精一杯で、明日死ぬかもしれないのであれば、私達は悠長に生きている意味など考えていられないでしょう。成熟時代を生きる私達は、生死を脅かされる不安がないから悠長に実存的虚無感に悩むことができるのです。実存的虚無感とは、「ここに実体はあるが、中身を伴わない」ことを言います。例えば、平和を望んで戦っていた兵士が、いざ平和世界を手に入れると、戦いしか知らなかったがために、実存的虚無感に襲われるなどが当てはまります

「実存的虚無感――成熟時代とは」より

 ある極限の状態、生死の切迫した事態、そういうもの自分たちが囲まれたとしたら、虚飾や体面をすべてとりはらうことができ、そのときはじめて、ぼくたちのなかから純粋なぼくたち」が現れ、なんの衒いも、けれんもない「純粋意思の疎通」ができるはずだ――ぼくらがそんな妄想にとらわれることはなかっただろうか?

 一再ならずそう妄想したことのあるぼくは、柴門のこの描写をみて、それが普遍的観念だと知った。

 ぼくらは、現実現実とは思われないような希薄リアリティのなかで、コミュニケーション不全の重圧に耐えて生きている。「有事」にかこつけて、純粋自分を出して、純粋コミュニケーションをするという「解放」を心の奥底から待ち望んでいるのだ。

 だが、だがな。

 やっぱりいっとくけど、現実で求められるのは散文的な努力なんだ。

 恐怖の正体を理性の目でみきわめること、〈私〉と〈世界〉を論理歴史によってつなげること、そうやってはじめて、おれたちは離人症的な朦朧から解放されるんだ。リアリティももてるんだ。

 虚構にこういうことをいうのは野暮のきわみだが、これは「解決」ではありえない。

「高橋しん『最終兵器彼女』」より

これを宗教的分類へ当てはめれば、「内在系」タイプは“幸せになりたい!”的な「利益祈祷型」の宗教(宮台氏の言葉では「行為宗教」)に惹かれ、「超越系」タイプは“ここはどこ?私は誰?”的な「意味追求型」(「体験宗教」)に惹かれます

戦後日本社会は高度成長で都市化が進行し、そのなかで「利益祈祷的」な(全体性の)「埋め合わせ」が求められましたが、ある程度豊かさが実現して郊外化が進むと「意味追求的」な(全体性の)「埋め合わせ」が求められるようになります。(全体性についての詳しい説明は省略します。)

家族地域の豊かになると信じられるから都市化郊外化が肯定されるのですが、日本場合良し悪しを判断する基準西洋キリスト教的な「個人」ではなく、「生活世界」に所属している「我われ意識」です。したがって「ここではないどこか」(世界)を希求せず「ここ」(社会)を安定して志向できるには「生活世界」への共属意識必要だと宮台氏は考えました。

「都立大助教授・宮台真司氏が言っている「サンス(意味)よりアンタンシテ(強度)を!」という言葉の意味、原典を紹介しているサイトか、宮台氏の著書を教えてください。」より

2020-03-20

とりあえず何でも「祭祀の道具」にする説

考古学者はとりあえず何でも「祭祀の道具」にする説

将来、宇宙考古学者は失われた人類地球文明遺跡を発掘して

「この精巧人形偶像であり、棚に飾って日夜跪拝していたに違いない」

「この人形の姿が描かれた薄い本聖書であり毎夜祈祷が捧げられていた」

「この巨大な建物には大量の偶像薄い本があり信仰の中心だったはずだ」

「この大陸辺の島は信仰深い人々の住む聖地だが一夜にして津波で滅んだ」

……とか言うに違いない。大体合ってるっちゃ合ってるが。

anond:20200222013301

2020-03-12

母なる阿部総理の懐に我ら日本人の喜びはある

阿部まりあ

阿部マリアは、ラテン語で直訳すると「こんにちはマリア」または「おめでとう、マリア」を意味する言葉

転じて、この一文にはじまるキリスト教聖母マリアへの祈祷を指す。

この祈り教会によって伝えられるが、典礼行為ではなく、私的信心業として伝わるものである

2020-02-28

ごりやく」とはゴリラを焼くという意味です。

寺社祈祷することでゴリラが焼けます

2020-02-09

anond:20200209050756

増田神様がお怒りなのでは?ご祈祷(亀頭)をし捧げるべきでは??!!匿え!匿え!

2019-12-17

正月飾りとかデパート祈祷済みということで売ってるけど、ああいうの買う時の敗北感ってあるよな

年イチの季節行事だしとりま買っとこかっていう部分、祈祷済みとかどうだっていいんだけど、祈祷済みだからおまえ買ったんでしょ?来年お客様要望に応えてご祈祷しますよって言ってる感じの敗北感、どうせならこっちも買っちゃいなよと車用も買ってしまう心の弱さ

いろいろあってレジ前で今年も負けたな・・・と思いながらお金出してる

あ、ちなみに今年は21日が大安正月飾りするにはちょうどいい日らしいですよ

2019-11-18

anond:20191118100745

祈祷で見えなくなったのは親から祈祷してもらったからもう大丈夫」と言われて

お前が「そうかもう安心なんだ」と納得したから今まで幽霊だと思い込んでいた事象への認識が変わって見えなくなった

風に飛ばされたコンビニの袋を見ても「あれは幽霊じゃない」と最初に考えるので「なんだ袋か」という認識になったんだよ

.

他にも見えた人がいるのは

子供の頃は自分他者境界曖昧から他人の話を自分経験だと思い込んでしまう事がある

幽霊の話を聞いているうちに自分も見たような気になって見た記憶が出来上がるんだよ

これも本人は本当に記憶があるので厄介なんだな

anond:20191118095920

まだ2歳だったから💦

引っ越して直ぐだったので、不安定だったのかな。

神社祈祷していただいて、なぜか見えなくなったんだよ。

大人になってずっと忘れていて、

あるときふっと話したら

「私も!同じの見た!」という人が居て

なんだったんだろうねって事になったよ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん