「樹海」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 樹海とは

2021-09-12

anond:20210912120518

人生クソゲー

人生いかいうクソゲー

(表記揺れ多数)

 

↑こっちの方が一般知名度高いと思う

 

つーかググるまで神ゲーの改変だったの知らなかったわ

人生は糞ゲーだ。

本気で頑張ってぎりぎり倒したと思ったら、実は傀儡劣化コピーに過ぎない敵。

ゲーム開始の時点で巨大な性能差がランダムにつく成長システム

取れてないバランスリセットで調整しようと思っても、リセットできない。

全てのキャラあなたほとんど興味を示さない、圧倒的リアリティ

グラフィックが綺麗すぎ。というかレンダリングしてない。

人間が作ったとは思えない、とんでもなく投げっぱなしで残酷シナリオ

リアル死亡システム採用

ネコっつー生き物が登場するんだけど、これがちょーかわいい

食いきれないほどの種類の料理があるという知識は与えられるが、そのほとんどは食えない。

説明書があって、仕様が分かっていても、今さらどうにもならない事が多い世界観

解いても解かなくてもいい謎が山盛り。

生きてるだけで金を取られる。

本気で自分を愛してくれるように見えるキャラはいるが、本気で自分を愛してくれるキャラは、まずいない。

登場キャラと本当に心を通わせたと、錯覚する事が出来る。

信じがたいほど深い絶望を味わえるイベント結構ある。

 

こんなとてつもない糞ゲーを神ゲーとか言ってる奴は、キャラクターメイク成功した奴だけ。

まあ、真に絶望的な状況で理由もなく死んでいった奴には、このゲームはちょいとイージーかもしれんがな。

 

でも一端ハマった奴はみんな、このゲームクリアする鍵は樹海にあると言ってるぜ。

2021-09-05

樹海で一番衝撃だったのはあるオタクの方(抱き枕をお持ちだった)のご遺体なのだ

半年つのにまだお体が繋がったままだと伺って「?」と思ったけど、

拝見して納得したのだ。

通報も難しいような奥地で独り寂しく迎えた最後の事を思うと

(自分も同じ道を辿る可能性があるとはいえ)

頑張ったなと思ったのだ

2021-08-25

樹海で泳げればいいのに

ドラえもんで畳とか地面で泳ぐ話がすきだった

お盆休み中に富士樹海全裸で行って、野生動物を犯しまくるだけならば、コロナ感染しないので問題はないのか。

2021-08-21

フジロック富士樹海で開催されているわけではないということが知れただけでも今回の収穫だろう。

2021-07-06

コロナワクチンを打ちたい消極的理由

早く死にたい死にたいからこそコロナワクチンを打ちたい。

死にたい、とふとした瞬間よく思う。

アクティブ希死念慮ではない。ロープ練炭を買うこともなければ、富士樹海東尋坊に行くこともない。時々発症するパッシブ希死念慮だ。

人生配信終了ボタンがあるなら押してみたい、定食屋で今だけ死が無料サービスならちょっと選んでみたい。それなりの頻度で「あー死にてえな……」と思う程度の、ファッション死にたがりでしかない。

そんな中に現れた死のチャンス。これを逃す訳にはいかないのであるコロナワクチン接種後に亡くなられた事例が約350件。国内で1回目のワクチン接種を終えた人数は7/5時点で約3255万人。ざっくり計算しても0.001%くらい。交通事故に遭う確率よりは断然低いらしい。しか宝くじの1等よりは当たる。

これはチャンスなのだ。当たれば死ねる。もし死んだのなら、ワクチンの発展の為に献体にでも回してほしい。当たらなければ「0.001%が当たるわけないよな」なんて言い訳しながら生きる。「あー死にてえな……」とぼんやり思う事も、これまでとなんら変わらない。

チャンスがあるならやるだけやる。それ以上の理由もない。チャンスだからこそ、コロナワクチンを打ちたい。2回きっちりと。そうしてまた、「死ねなかったなあ、死にてえなあ」と思いながら生きてゆくのだろう。

2021-04-03

anond:20210403201125

男性は独居や樹海自殺しようとして誰にも見つから成功する割合が多く、女性同居人のいる自宅で自殺しようとして発見されて失敗する割合が多いのはありそうだ。

やっぱり同居人への当て付けや「私こんなに辛かったのアピール」を狙って戦略的自殺未遂してるのが多いのではないかと疑ってしまうが。

2021-03-26

anond:20210326052327

自分サバイバル得意だから、と思いながら樹海に入り込んで迷子になる前に、

やはり自分はまだまだだった、と思って途中で引き返して出てきたんだから良かったのでは

2021-02-23

初恋は森の中

こっちに引っ越してきたばかりのときサミットの二階はドラッグストアではなくて衣料品売り場でした。

当時4才か5才の僕には春先用のコート大木で、ハンガーラックにかかったそれらは森のように見えました。

エルマーのぼうけん」だかなんだかに夢中だった僕は、母さんが夕ご飯食材を買っている間、森を探検していました。まぁ昔は今よりもっとおおらかな時代だったんです。許してくださいよ。

すると、森の中で、自分よりちょっと小さい女の子出会いました。引っ越してきたばかりで幼稚園にも行っていなかった僕は、おんなじ遊びをしているその子が、とても身近な人に感じられ、とても好きになりました。紳士服から婦人服まで探検し終わった後、婦人下着の林までやってきました。

僕は、何を思ったか、あるいは何も考えてなかったのか、前の幼稚園流行ってたギャグを思い出して、それを口走ってしまいました。手をパンと叩き、手をピースにし、OKサイン双眼鏡を除くポーズ。「パンツー丸見え」というギャグです。意味を深く考えたことはありませんでした。誓っていうと、僕は下品なことが嫌いです(当時)。出来たばかりの友達はお手本みたいな「キャー」を言って去ってしまいました。

母さんにそれを報告したら呆れられたのを覚えています。よく分からんなぁ女の子はってバカな僕は思ってました。

未だによく分からんなぁって思ってますジャンゴ・ラインハルト左手で数えられるくらいには恋人ができたりしました。流石に何が下品かは分かっていて少しは機嫌も取れるようにはなりました。でもなんでしょう、相手が不満を募らせるタイプの怒り方してるときの気まずさ。こう、1つクリアしたら新しい難しさが出てきます

こないだ駅で「努力しても無駄」を連呼し、「樹海へ行け」と自分に言い聞かせるように、自分以外のその他大勢に向けてささやいてる、ちょっとおかしい人を見かけて思い出しました。なんでだろう。本当になんでなんだろう。

2021-02-20

オタク美容院遍歴の話

私が高校生の頃、恐れていたものがある。美容院だ。鏡と数十分対面、オシャレな空間……。化粧も服も大好きだけど(出来栄えは置いといて)、美容院は苦手だった。そして一番いけなかったのは、当時の髪形だ。黒髪ひっつめ、前髪なし。前髪が長すぎてもう限界! とかそういう事にはならなかったので、極端な話、ずっと行かなくてもよかった。それでも、私は毛量が多かったし、何より、手入れされてない長髪ははっきり言って汚かった。なので、半年に一回くらい、死ぬ覚悟美容院電話し、樹海に行く気持ち美容院へ行っていた。ちなみに、美容院とは言っているが、私が幼少時代から10年以上通っている1000円カットである。店主が一人でやっている、席が一つしかない店。店内はナチュラル系でまとめられており、テレビではアニメが流されていた。壁にはたくさんの漫画、棚には作りかけのウィッグ。そう、ここは人の髪を切ると同時にコスプレウィッグ制作もやっていた。オシャレ過ぎない個室、アニメの話もできる、そして安い。ここまで聞けばオタクにはさぞ居心地が良いと思うだろう。けどこの店には、致命的な欠点が二つあった。一つめ、電話予約しか受け付けていない。コミュ障は死んでしまう。二つめ、店主の話題恋愛トークしかない。正直、これが嫌で美容院を変えたといっても過言ではない。当時私は女子校に通っていたので、彼氏だの好きな人だのの前に、男子がいなかった。それなのに、ふられる話題恋愛ばかりだった。「好きな人いないの?」「女子校なんで」「通学路で素敵な人見かけないの?」「そんなに周り見ないんで」「好きなタイプは?」「えーよくわかんないです」などなど……共学に通っていたら恋愛トークできたのかというとそういう訳ではないが、「女子校だっつってんだろ!」と叫びたくなったことは一度や二度ではない。それに、当時はすっぴんひっつめで通っていたので、「このビジュアル人間恋愛トークできると思ってんのか?」などと思っていた。一応言っておくが、カット技術はめちゃくちゃ上手い。

けれど、恋愛トークに嫌気がさした私は、大学一年生のとき美容院を変えた。ここを、美容院Aとする。ホットペッパービューティーで予約した近所の美容院だ。カット2000円、今までの倍である。だがここではひどい目に遭った。店に入った瞬間、「失敗した」と思った。客のおばちゃんパーマをかけながら、おばちゃん美容師世間話をしている。明らかに年齢層が違った。それでも、「髪を切るだけだから」と腹をくくった。担当してくれたのは店主だというおじさんで、この人がまあタバコ臭いの何の……しかも下手。左右均等に切れないのか、しきりに左右の髪を手で合わせていたし、「うねりがあって長さが分からない」とストレートアイロンをかけられた。元からストレートだし、私の髪で「うねっている」と言ったらうねっていない人などごくわずかだ。それに、そんな事は他の美容院では一度もされた事はなかったし、今のところでもされていない。この時点で、「下手だな」と見限り、15cm切ってほしいと頼んでいたのを5cmにした。二度と来るかこんな店と誓って帰宅するとビックリ、左右の長さが2cmくらい違っていた。二度と行きたくないがお直しは無料のようだし、三日後くらいに行って直してもらった。

直してもらった私は、やはりきちんとした技術接客のためには金を積まねばならんのかと新たな美容院を探し始める。この頃、ようやく前髪を作ろうとし始め、骨格に合う髪形を提案してくれるところを探していた。そして見つけたのが、美容院B。カット4500円。ここが、今もなお通い詰めているところである。ここがめちゃくちゃいい。恋愛トークしてこないし、技術接客も申し分ない。それに、提案してもらった前髪が自分でも驚くほど似合っていた。この時はじめて自分を「かわいい」と思えたし、かわいくなったおかげで美容院が怖くなくなった。もっと言えば、自己肯定感が上がった。

ここは、はじめて行ったとき、席に着くなり「後ろめっちゃVの字ですけどどうしたんですか」と聞かれた。Vの字なんて全く身に覚えがなかったが、鏡で見せてもらうと、後ろ髪のシルエットがくっきりとVの字になっていた。「Aでやられたな」と気づきあの時の怒りを思い出したが、Bで無事に直してもらった。かわいい前髪ばかりかAでの損傷も直してもらい、私は「絶対また来よう」と誓った。その後、何だかんだでカラーリングカットをしに通っている。

2021-01-26

任意整理開始前の話

anond:20210126210138

備忘録として任意整理した時のことを残しておく

当時の私はエステだの高級美容品だの資格試験学校代だの給料スッカラカンどころか貯金崩してまで散財してた。

それ以外にも当時消費系オタクだった私はグッズを買いあさっていた。

最初現金で払っていたが払いきれなくなってからクレカリボ払いを使うようになった。

金銭感覚が狂い始めたのはクレカを数枚同時にリボ払いで使うようになってから

給料日が近づくと返済用ATM諭吉を入れる習慣が出来上がる。

周りは明るく笑っているのに自分はみじめで恥ずかしくて嫌だった。

そんな生活が2年くらい経過した。

段々クレカの支払いが払いきれなくなってきた。

放置していると債権者から電話が鳴りまくる。直訴して支払いを伸ばしてくれませんかといっても鼻で笑われた。あたりまえだけど。

段々電話に出るのが億劫になり鬱になり躁鬱病発症し薬漬けの日々が続いた。

もう正常に考えられず死のうと思い樹海に行こうとしたが態度を怪しま家族に阻止された。

家族にこのことを告白する勇気もなく何もやる気が起きずだらだらとネットサーフィンをしていると債務整理記事を見つける。

その後は早かった。

お金をかけたくなかったので通勤中に行ける司法書士事務所を探した。

時間もかけたくなかったので業者は絞った。

3社くらい相談してみたが2社は個人再生を奨めてきた。

任意整理の目安は60回払いで全額返すこと。

私の返済額は総額300万。当時の給料が25万/月だった。となると月5万返済が目安。

一人暮らしをしていたのでこれ以外にも支払うものがあった。

当時の状況を考えれば個人再生を奨めるのは当然だよなあと思いつつも官報に載るのは嫌だったので

仕方なく最後の1社の提案してきた任意整理の道へ進んだ。

これが2015年2月頃の私。

2020-12-29

最近読んだなろう漫画一覧

そろそろ、どのギルド職員のねーちゃんがどの作品だか分からなくなってきた。

公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい

Sランク冒険者である俺の娘たちは重度のファザコンでした

異世界転移者のマイペース攻略

リアリスト魔王による聖域なき異世界改革

餓死転生 ~奴隷少年魔物を喰らって覚醒す!

ボクが勇者魔王もボクで

日本へようこそエルフさん。

僕と彼女の転生る異世界

織田信長という謎の職業魔法剣士よりチートだったので、王国を作ることにしました

まもりママはお喚びじゃないの ~異世界息子反抗記~

呪い魔剣で高負荷トレーニング!? ~知られちゃいけない仮面冒険者

異世界チートサバイバル

スキル【呼吸】するだけでレベルアップする僕は、神々のダンジョンへ挑む。

世界最強の後衛迷宮国の新人探索者~

転生貴族、鑑定スキルで成り上がる~弱小領地を受け継いだので、優秀な人材を増やしていたら、最強領地になってた~

二度転生した少年はSランク冒険者として平穏に過ごす ~前世賢者英雄だったボクは来世では地味に生きる~

成長チートでなんでもできるようになったが、無職だけは辞められないようです

善人おっさん、生まれ変わったらSSSランク人生が確定した

最強タンク迷宮攻略~体力9999のレアスキル持ちタンク勇者パーティー追放される~

史上最強大魔王、村人Aに転生する

実は俺、最強でした?

地味な剣聖はそれでも最強です

最強勇者はお払い箱→魔王になったらずっと俺の無双ターン

新米オッサン冒険者、最強パーティ死ぬほど鍛えられて無敵になる。

装備枠ゼロの最強剣士 でも、呪いの装備(可愛い)なら9999個つけ放題

六姫は神護衛に恋をする ~最強の守護騎士、転生して魔法学園に行く~

エルフ狩猟士のアイテム工房

魔王と俺の叛逆記

行進子犬に恋文を

出来損ないと呼ばれた元英雄は、実家から追放されたので好き勝手に生きることにした

冒険に、ついてこないでお母さん! ~ 超過保護な最強ドラゴンに育てられた息子、母親同伴で冒険者になる

二の打ち要らずの神滅聖女 〜五千年後に目覚めた聖女は、最強の続きをすることにした〜

ニトの怠惰異世界症候群 ~最弱職<ヒーラー>なのに最強はチートですか?

天空の城をもらったので異世界で楽しく遊びたい

サキュバスに転生したのでミルクをしぼります

戦鬼と呼ばれた男、王家暗殺されたら娘を拾い、一緒にスローライフをはじめる

アイヲンモー異世界店、本日グランドオープン

クラス異世界召喚されたなか俺だけ残ったんですが

クラス転移で俺だけハブられたので、同級生ハーレム作ることにした

異邦人ダンジョンに潜る。

俺のメガネはたぶん世界征服できると思う

継続は魔力なり ~ハズレ魔法異世界無双

異世界スローライフを(願望)

その劣等騎士レベル999

装備製作チート異世界自由に生きていきます

よくわからないけれど異世界に転生していたようです

聖なる騎士の暗黒道

聖剣学院魔剣使い

勇者伝説の裏側で俺は英雄伝説を作ります王道殺しの英雄譚〜

魔法師は支援職ではありません※支援もできて、本(ぶつり)で殴る攻撃職です

悪役令嬢庶民に堕ちる

冒険家になろう! スキルボードダンジョン攻略

大賢者の愛弟子~防御魔法のススメ~

魔王学園の反逆者 ~人類初の魔王候補眷属少女王座を目指して成り上がる~

聖女じゃなかったので王宮のんびりご飯を作ることにしました

前世は剣帝。今生クズ王子

結界師への転生

若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!

魔王軍最強の魔術師人間だった

嘆きの亡霊は引退したい 最弱ハンターによる最強パーティ育成術

数字で救う!弱小国家

転生賢者異世界ライフ

アラフォー社畜ゴーレムマスター

大陸英雄

ゆるふわ農家文字化けスキル

転生貴族異世界冒険録~自重を知らない神々の使徒

異世界迷宮ハーレム

魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。

貴族転生~恵まれた生まれから最強の力を得る~

一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた ~落第剣士学院無双

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました

異世界モンスターブリーダー

ちびっこ賢者Lv.1から異世界でがんばります

ひとりぼっち異世界攻略

治癒魔法の間違った使い方

村づくりゲームNPCが生身の人間しか思えない

勇者で今は骨

極振り拒否して手探りスタート! 特化しないヒーラー、仲間と別れて旅に出る 1

令嬢はまったりをご所望。

復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する

転生! 竹中半兵衛 マイナー武将に転生した仲間たちと戦国乱世を生き抜く 1−2

王女殿下はお怒りのようです

転生したら乙女ゲー世界?いえ、魔術を極めるのに忙しいのでそういうのは結構です。

勇者に敗北した魔王様は返り咲くために魔物ギルドを作ることにしました。

もふもふを知らなかったら人生の半分は無駄にしていた

素材採取家の異世界旅行記

LV999の村人

人狼への転生、魔王の副官

レベル1だけどユニークスキルで最強です

ヤンキー異世界精霊に愛されます

努力しすぎた世界最強の武闘家は、魔法世界を余裕で生き抜く。

劣等眼の転生魔術師

外れスキル「影が薄い」を持つギルド職員が、実は伝説暗殺

回復術師のやり直し

妹に婚約者を譲れと言われました 最強の竜に気に入られてまさか王国乗っ取り

聖女になるので二度目の人生勝手にさせてもらいます

異世界転移地雷付き。

神童勇者メイドおねえさん

ワンワン物語金持ちの犬にしてとは言ったが、フェンリルしろとは言ってねえ!~

公序殿下家庭教師

家政魔導士の異世界生活冒険中の家政婦業承ります

第七王子に生まれたけど、何すりゃいいの?

まれ変わった《剣聖》は楽をしたい

おきらく女魔導士の開拓

異世界チート能力を手にした俺は現実世界をも無双する

裏切られたSランク冒険者の俺は、愛する奴隷彼女らと共に奴隷だけのハーレムギルドを作る

追放された最強聖女は、街でスローライフを送りたい!

完全回避ヒーラーの軌跡

限界レベル1から成り上がり

世界を救うために亜人朝チュンできますか?

THE NEW GATE

ホームレス転生

冒険者になりたいと都に出て行った娘がSランクになってた

異世界貧乏農家に転生したので、レンガを作って城を建てることにしました

おっさん冒険者ケイン善行

剣士を目指して入学したのに魔法適正9999なんですけど!?

効率厨魔導師、第二の人生で魔導を極める

人間だけど魔王四天王に育てられた俺は、魔王の娘に愛され支配属性の権能を与えられました。

異世界に飛ばされたおっさんは何処へ行く?

禁断師弟ブレイクスルー

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?

ギルドチート受付嬢

没落予定の貴族だけど、暇だったか魔法を極めてみた

英雄王、武を極めるため転生す

異世界帰りのおっさん父性スキルファザコン娘達をトロトロ

死神に育てられた少女漆黒の剣を胸に抱く

スキル【呼吸】するだけでレベルアップする僕は、神々のダンジョンへ挑む。

人間不信の冒険者たちが世界を救うようです

召喚された賢者異世界を往く

異世界から企業進出社畜異世界転職して成り上がる 勇者攻略できない迷宮を作り上げろ

解雇された暗黒兵士(30代)のスローセカンドライフ

双子の姉が神子として引き取られて、私は捨てられたけど多分私が神子である

訳あり悪役令嬢は婚約破棄後の人生自由に生きる

最強の種族人間だった件

俺の家が魔力スポットだった件~住んでいるだけで世界最強

おかしな転生

転生魔女は滅びを告げる

無職英雄 別にスキルなんか要らなかったんだが

強くてニューサーガ

失格紋の最強賢者

どうやら私の身体は完全無敵のようですね

悪役令嬢の追放教会改革ごはんで悠々シスター暮らし

ガチャを回して仲間を増やす 最強の美少女軍団を作り上げろ

マズ飯エルフ遊牧暮らし

ダィテス領攻防記

ティムーン帝国物語

千のスキルを持つ男 異世界召喚獣はじめました!

元最強の剣士異世界魔法に憧れる

異世界でも無難に生きたい症候群

転生ゴブリンだけど質問ある?

クラスごと集団転移しましたが、一番強い俺は最弱の商人偽装中です 1ー2

恋獄の都市

異世界で黒の癒し手って呼ばれています

僕の部屋がダンジョンの休憩所になってしまった件

Aランク冒険者スローライフ

100万の命の上に俺は立っている

絶対にヤッてはいけない異世界召喚

盾の勇者の成り上がり

宝くじで40億当たったんだけど異世界移住する

暗殺である俺のステータス勇者よりも明らかに強いのだが

異世界カフェ開店しました

冒険者ライセンス剥奪されたおっさんだけど、愛娘ができたのでのんびり人生謳歌する

世界でただ一人の魔物使い

転生王子はダラけたい

転生したらスライムだった件 異聞 ~魔国暮らしトリニティ

転生したらスライムだった件魔物の国の歩き方~

転生したらスライムだった件

転生したらドラゴンの卵だった

しあわせ食堂異世界ご飯

ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説小林さん

元・世界1位のサブキャラ育成日記

魔法使いの黎明期

異世界のんびり農家

乙女ゲー世界モブに厳しい世界です

ゲームオブファミリア

攻略本」を駆使する最強の魔法使い

没落予定なので、家事職人を目指す

デスマーチからはじまる異世界交響曲

賢者弟子を名乗る賢者

勇者、辞めます

境界迷宮と異界の魔術師

辺境の老騎士 バルド・ローエン

さようなら竜生、こんにちは人生

魔王様の街づくり

ブサメンガチファイター

魔王の始め方

アルバート家の令嬢は没落をご所望です

復讐完遂者の人生二周目異世界

異世界召喚は二度目です

食い詰め傭兵幻想奇譚

転生したら悪い国の娘でした

異世界狙撃手は女戦士のモフモフ愛玩動物

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する

役立たずスキル人生を注ぎ込み25年、今さら最強の冒険

規格外れの英雄に育てられた、常識外れの魔法剣士

魔導具師ダリヤうつむかない

魔剣師の魔剣による魔剣のためのハーレムライフ

西野学内カースト最下位にして異能世界最強の少年

追い出された万能職に新しい人生が始まりました

勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界平和でした

幻想グルメ

サラリーマン異世界に行ったら四天王になった話

四度目は嫌な死属性魔術師

異世界行ったら、すでに妹が魔王として君臨していた話。

魔法?そんなことより筋肉だ!

万葬不踏の欺神迷宮

最強勇者はお払い箱→魔王になったらずっと俺の無双ターン

領民0人スタート辺境領主

異世界土地を買って農場を作ろう

竜騎士お気に入り

俺んちに来た女騎士田舎暮らしすることになった件

魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのする

キミと僕の最後戦場、あるいは世界が始まる聖戦

遊び人賢者転職できるって知ってました?

カットペーストでこの世界を生きていく

クソゲーオンライン

転生王女今日も旗を叩き折る

ハズレポーション醤油だったので料理することにしました

魔王様、リトライ

村人ですが何か?

異世界チートサバイバル

クラス異世界召喚されたなか俺だけ残ったんですが

農民関連のスキルばっか上げてたら何故か強くなった。

公爵令嬢の嗜み

攻略本」を駆使する最強の魔法使い

世界の終わりの世界

地方騎士ハンスの受難

千剣の魔術師と呼ばれた剣士

冒険家になろう!~スキルボードダンジョン攻略

樹海モンスターパートナー浄化スキル魔物保護生活

シロクマ転生 森の守護神になったぞ伝説

くまクマベア

駆除

転生したら剣でした

異世界に転生したら全裸にされた

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった

ワールドティーチャー 異世界教育エージェント

神眼の勇者

異世界建国

八男って、それはないでしょう!

賢者の孫

物理さんで無双してたらモテモテになりました

自重しない勇者の強くて楽しいニューゲーム

二度目の人生を異世界で

理想のヒモ生活

異世界温泉に転生した俺の効能がとんですぎる

フリーライフ異世界何でも屋奮闘記〜

えっ?平凡ですよ??

続く

Permalink | 記事への反応(11) | 16:10

2020-12-26

 これから書くことは、すべて本当のことです。

嘘をつく人が嫌いでした。しかしながら、人間だれしも嘘をつく生き物でありましたから、僕は億劫でなりませんでした。この世界には、いったいどれほどの嘘があるというのでしょうか。それとも、嘘というものは、人間人間である以上、離れることのできない、いわば、足枷のようなものではないのか、などと考え、毎晩、眠ろうとも眠れぬ気持ちに駆られて、それから、戸棚の天板を外し、隠していた薬を口に運んで、それでようやく眠れる、というような生活を続けていたのでした。困窮した作家というのは、概してそのような生活をする生き物なのです。

知り合いの大塚くんが、わざわざ電車タクシーを乗り継いで、東京郊外にある小さな学生向けのアパートの一室にやって来て、金が無くなった、3万でいいから貸してくれ。貸してくれなければ、僕は明日にでも死んでしまうだろう、というのです。分かりきった嘘でありました。ははん、きっと彼は僕の弱さに付け込んで、競馬か、あるいはパチンコの軍資金を手に入れようとしているに違いない。僕はそう踏んで、やれ、お前のような人間に貸す金は、一円だって無い、と突っぱねました。しかし、大塚は酷くやつれた顔に、今にも死にそうな、それこそ、病床に伏した末期がんの患者のような姿で、半分泣きながら、僕にそれをねだるのでした。僕には、それを断る勇気がありませんでしたが、しかし、彼のそれを嘘であると見抜く自分の目が、また自分に嘘をついているのではないか、という疑念に駆られて、ひどく怖くなるのでした。

 とうとう、僕は彼に金を貸す決意をしたのでした。いいえ、正確には、彼の求めた額の、ほんの数分の一でしかありませんでしたが(何しろ、このとき自分も、金には困っていたのです)、しかし僕は、その、天性のだまされやすさ、とでも言うべきか、はたまた、お人よしとでも言うべきものに従って、彼にそれだけの金を、預けたのでした。そうして、しまいには、雨の降る寒空の東京に、感謝言葉……それも、見え透いた嘘でした…を口にしながら、いそいそと出ていこうとする彼を見て、僕は彼に、

「利子はいらんよ。きっと、君はい画家になる」

といって、小さくお礼の言葉を繰り返しながら、彼の背中が消えていくのを見送る始末なのでした。

 そんな小さな嘘をつく日々が、やがて行きつけの喫茶店のツケの催促状となって、僕の生活を、ゆっくり侵食し始めたのは、今年の夏になってからのことでした。ちょうど、大陸産の……はて、確かなんとかという、新種のウイルスだったと覚えています……が、巷の人々の生活を、ゆっくりと変えていくのと同じくして、僕の生活も変わっていきました。

 まずは、ある風俗嬢の話をしましょう。僕が住んでいる町は、決して良い場所ではありません。いや、僕の住むアパートの窓からきれいな太平洋の姿が見えることを除けば、とても人が住む場所とは言えないのです。人気のない、寂れた街。住んでいるのは老人ばかりで、皆、学生運動の時代の人々です。僕のような若い人は、確かに住んでいるのもいますが、しかし、数は、とても少ないでしょう。そんな場所で、僕はもう3年も住んでいます。住めば都、とはよく言ったものですが、あれがもし日本の都であるというならば、この国は、もうおしまいです。

 そんな街にも、歓楽街はあるのでした。僕はそこにある風俗店の、とある嬢と関係があって、それも、お金を払わずとも会ってくれるような、いわゆる「セックスフレンド」というやつでした。髪の毛を長く伸ばした、雅な彼女は、僕のことを襲っては、あなたとならどこまでも行きたい、というので、僕は困っていたのでした。僕からすれば、自分欲求を満たせさえすれば、他のことはどうでもよいのでした。それに、彼女もきっと、自らの境遇を少しでも良くするために、僕にすり寄っていたのです……いや、しかし、作家生活するというのは、彼女生活よりも、はるか地獄らしい地獄であることは、言うまでも無いでしょう。

 浮浪者の数、それが増えたという些細な事実に神経が過敏に反応したのは、その彼女が、ひどくやつれた顔で、いつもは情熱的な行為も半ばに、半分泣きながら、僕の方によりかかってきた時だったのです。

「どうした?」

彼女は、僕に抱き寄りました。乳はそれほど大きくありませんでしたが、悲しくありました。華奢な体が、いつの間にか、皮膚と骨だけのようになっていました。寒かったので、リモコン暖房つけました。部屋は暗く、ぼんやりとしていました。

仕事……無くなりました」

お金か?なら僕が」

「いいえ、いりません」

 彼女はぼそりと言いました。言葉が空中で、飽和しました。

「困っているのだろう? 大丈夫。僕は作家だ」

貧乏な人に恵まれるのは、嫌なんです」

 貧乏な人。

 僕はその言葉に、ただぽかんと、宙を見つめることしかできませんでした。

「そうか…」僕はそう言って、立ち上がろうとしましたが、彼女が僕の男根を触ってきたので、そのまま動かないようにしました。

彼女は、一流でした。芸術家でした。きっと、マネも、ゴーギャンも、彼女を見たら、モデルにしたいと思うでしょう。僕は彼女なすがままに、身を任せました。気が付けば、僕の横で、彼女が倒れているのです。そう、一流の芸術は、それを見ているときには、芸術とは思えないものなのです。すべてが終わった後になって、それがそうだったと気が付いて、それで、唐突に称えるものなのです。

から僕は、称えようなどとは思いませんでした。同時に、彼女を貶めようとも思いませんでした。ただ、せめて何かの助けにならないかと、思ったのです。僕は、彼女が一流の芸術家であることは知っていたのです。僕は、隣で静かに眠る彼女を起こさないように体を持ち上げると、枕元に、なけなしの現金を添えて、着替えをして部屋を出ていきました。ホテルの受付で、彼女がまだ寝ていることを告げ、足早に去りました。

寒い朝でした。僕の心も、冷たく冷え切っていました。口から吐く息が白く濁って、真っ白な東京に溶けていきました。きっと、その息の中に、僕の魂も溶けているのでしょう。あと何十万回と息を繰り返せば、僕はやがて倒れてしまうのでしょう。そんなことを思いながら、僕は行きつけの喫茶店へ向かいました。毎朝、彼女と寝た日の翌日には、その店で一杯のコーヒーを飲んで、焼き立ての目玉焼きを食べるのが習慣でした。

彼女自殺をしたと知ったのは、その翌日のことでした。

もともと、払う金もなかったのだそうです。部屋で、薬を飲んで死んでいたのでした。ベッドの上で。僕は、そう、きっとあの時、僕が目覚めた時には、彼女は部屋で、既に死人となっていたのでしょう。「この世で最も重いものは、もう愛していない女の体である」という言葉は、案外的を射ているのかもしれません。実際、彼女の体は、ひどく重かったのです。あんなに華奢で、弱弱しかったのに、です。

彼女体重は僕が最後彼女の…生きている彼女…つまり、生き生きとしているという意味での…彼女に会ったときよりも、20キロも痩せていました。彼女の住んでいる安アパート大家さんも、同じことを言っていました。僕が作家であると言って、なけなしの三流小説のいくつかを持っていくと、取材とのことであれば、と言って大家さんは僕を家に上げてくれました。初老女性でした。しわの多い、低い声の、優しそうな老婆でした。

過食症ですよ、ご存じですか」

「いいえ、まったく」嘘。この春、僕もなったばかりでした。

「食べては吐くのです。精神的な病です。この前、私のところで、彼女のために飯を作ってやったのです。彼女は一人で、5人前も食べましたが、その後すぐに、全部吐き出しました。きっと、胃袋の中身は空っぽなのでしょう。私はそれを全部ふいてやって、それから今日は遅いから早く寝なさい、と言いました。彼女も、いくらかそれを理解したようで、その日は早く眠りました。えぇ、目の色が、死んでいましたよ。あぁ言う人は、良くこのアパートを借りるんです。きっと、そうして、死ぬのです。ここは、自殺の名所なんです。あの樹海なんかよりも、ずっとね」

 いつの間にか、僕は老婆の話に聞き入っていました。滅びゆく人間の話を聞くのが、好きだったのです。枯れていく花を見つめるのを、趣味としていた僕にとって、それは当然でありました。

「ほかにも、死んだ人が?」

「いますよ。伝染病流行ってから、もう3人目です。みんな孤独ですから、私が代わりに葬式に立ち会っているのです」

 一人は、サラリーマンでした。職を失って、いわゆる、リモートワークというやつになったのだそうです。画面越しに仕事をしているうちに、あぁ、彼は、自分が、他人に見られない場所にいられることに安堵したのだ。そうして、ふと、見られないならば、死んでもいいと思ったに違いない。アパートの二階で、首を吊ったらしい。大家の話によれば、彼の部屋に入ると、糞尿を垂らしていたという。きっと、すべてをあきらめた死刑囚と同じ気持ちだったに違いない。

 もう一人は、哀れ、まだ若い女子大生。彼女は、部屋のドアノブにひもを括り付けて、死んだそうです。生気を失った人というのは、ちょうどゴム人形のようなのだとのことでした。体液で、部屋の床が変色するのです。皮膚は、とても冷たい、冷たい。彼女遺言は、ただ一行だけで、それ以外には、何もなかったといいます

寂しい

 この一行に、どれだけの言葉がないまぜになっているのか、きっと君ならわかってくれるはずです。僕も、同じことを、何度思ったのか分かりません。

 彼女は、卒業を間近に控えていました。卒業論文を書けば、良かったのです。しかし、彼女は、家庭の都合から、泣く泣く大学を辞めたのだといいます。僕とは大違いです。たくさんの猶予をもらった、モラトリアム人間とは大違いです。彼女はまじめで、多くの人に悲しまれたといいます。それも一度だって彼女のことを見たことのない人も。

 特にテレビ報道はひどいものだったといいます。僕は、もうずいぶん長いこと、テレビなんて言うものは、俗悪で、卑猥ものと一蹴して、見てもいませんでしたから、そんなニュースを知りもしませんでした。彼女の死は、政権批判タネにされたのでしょう。大家も、今の政治はだめだ、と漏らしていました。その言葉を聞いて、僕は悲しくなりました。

 一人の死です。これほどまでに、あっさりと、人が死ぬのです。

 僕は、大家に礼を言って、その帰りに、例の少女の墓を聞きました。近くの霊園にありました。立派な墓だったのです。きっと、僕は死んでも、こんな立派な墓は立ててもらえないでしょう。立ててもらえるとしても、僕は断るつもりです。

 雨が降っていました。カエルが、一匹、彼女墓石にできた水たまりで、ゲコゲコと鳴いていました。名前は、よく見えませんでした。僕も泣いていたのです。帰り際に、僕は一輪の花を見ました。何の花かは覚えていません。でも、とても、寂しいことだけは、覚えています

949。

 この数字が、何を表すのかは、ご想像にお任せします。きっと、僕のこの文章を読んだ人の多くが、ピンと来るはずです。だってあんなに毛嫌いしていたテレビが嫌でもついていて、そうして、毎日のように流れてくれば、誰だって敏感になるのですから

「またいつか」という言葉の空しさを知ります

僕は狭い6畳のアパートにいます学生向けの小さなアパートです。大の大人が、借りているのです。近所の人はみんな、学生です。

若い人というのは元気です。今日は、お隣の音楽学校の生徒が、バイト先の人たちと、ちょっとした遊びをしに行くのだといいます。僕がそれを知っているのは、アパートの部屋の壁が、とても薄いからです。前は、男と女の、汚い喘ぎ声が聞こえて、僕はいつも、すぐに部屋を飛び出して、近くの銭湯へ行き、用もないのに、やれ、世間話に花を咲かせる老人たちと、碁を打ったりしたのです。ですが、ここのところは、彼女たちの電話する声しか、聞こえてきません。あるいは、その、例の「リモート授業」とでも言うべきものを、受けているのでしょうか。

コロナ禍において[判読不能]、あるいは、私たち自覚を持つべきです。若者が[判読不能]なことをしているために・・私たちが悪い…また今度。

そんな内容のことを、表では言いながら、例の、「遊び」には、行くのです。きっとこう書いて、そう、君、この文章ネット上で見つけた下世話な君は、ここだけを切り取って、「若者の乱れた考えが云々」という、お決まり文句を言うのでしょう。僕がこう言っても、きっとそういうに違いない。お好きにしてください。僕は何もしませんし、それも見ませんから

 大人には、彼らの気持ちが分かるはずありません。きっとあなたは、この文章を読んで、そんな気持ち、皆同じだ。お前だけ特別なことのように語るな。それに、何だこの下手糞な文章は。お前は、太宰治にでもなったつもりか、というでしょう。

 みんなと同じ。

 そうです。その通りです。僕は、みんなと同じです。みんなと同じく、孤独なのです。きっと、あの病院で遅くまで働いているナース彼女も、同じです。きっと、街中へ出て、夜まで飲んでから帰る政治家も同じです。みんな孤独なのです。孤独から、寂しいから、みんな、死んでいくのです。

 みんな同じなのです。みんな同じ気持ちなのです。ですから、みんな同じなのです。

 なんとか、なる。

 そう書いた作家もおりました。みんな同じです。

 みんなで耐えましょう。みんなで耐えれば、良くなります。今こそ、農村地帯の、あの共同で助け合う気持ちが、大切なのです。みんな、そういいます

 僕の故郷では、旅人が殺されたそうですよ。バレないように、死体は埋めたそうです。ドラム缶でよく燃やしてから、埋めたそうです。みんな同じです。

 僕は作家です。ですから、僕は今、目の前で起きたり、耳で聞いたりしていることしか、書いていません。それ以外のことは、妄想は、一行だって書いていません。僕の知り合いが、首を吊りました。僕の知り合いが、電車飛び込みました。もうすぐ、始まります。みんな、合掌しながら飛び込むのです。こんな世界に、何の希望があるというのでしょうか。

 みんな「またいつか」と言って、去りました。そのいつかに、用があるのに。そのいつか、は、もうやってこないのに。

 いつか、という言葉は、とても面白いのです。いつ、という疑問の言葉に、か、という呼びかけを付けるだけで、日本人は、未来を指せます。そして、いまでないどこか、今でないどこかに、この「現在から伸びる直線上に、架空の点を置いて、それを呼ぶのです。ひもを引っ張り続ければ、必ず訪れる、「いつか」をです。

 でも、これを英語で言うと、とたんに「See you again」という言葉になって、変わります。「またお会いしましょう」というのが、直訳です。また、というのは、いつのことなのでしょうか。僕には、わかりません。

 経験は、僕と未来の僕の間に、差を作ります。もしも僕が生きていたとすれば、そこにいる僕は「彼は昔の彼ならず」という言葉通りになります。何か大きな災害が起きて、僕は死んでいるかもしれません。何か、特別なことがあって、僕は生きているかもしれません。

 一般化された苦しみを、言葉に起こしてみました。

 それでも、あなたは、大人という生き物は「みんなと同じだ、我慢しろ」というのですか。

 僕はそんなこといいません。「僕も同じです」といって、そばにいます

 それが、今の僕が吐くことのできる、精いっぱいの嘘です。

2020-12-23

anond:20201223082652

猶予期間いくらか与えて追い出すしかなかろうな。

本当に死んでもいいと思ってるのか、単に甘えてるだけなのかは

境界線を勢いよく滑ってみないと本人にも多分分からん

そのままツルっと彼岸に渡るかもしれんが。

まぁ、運のない奴はどうせ先がない。

冬山でも樹海でも高層ビルのテッペンでも好きなとこに行ってみろ。

2020-11-28

anond:20201128194713

発達以前に双方の知能に問題があるから仕方がないのでは?負の連鎖なんじゃないですか?

それを許容するかはパートナー問題だしな。パートナーが知能と倫理問題があっても良いって言うなら良いんじゃん?

 

ただ問題はその子どもですよ

あと子どもでも見れるネットに糞親がヘイトをばら撒く問題

とんでもないことblogに書いてるクリッカーゲームの作者がAppleゲームストーリーに取り上げられててビビったわ

これアジア圏以外なら100%焼かれる案件ですけど???って思った

Google Japan ほどじゃないけど Apple日本レベル低いわ

 

日本ネットジャンキーな親は児童福祉に両親を殺されでもしたのか?(anond:20200614062502)

 

あと家のこと全然やらない発達親は子ども生存権を阻害するのでフツー検査受けて自治体から生活支援受けてどうぞって思ってる

発達障がい認定出てると家事手伝いサービス受けれるみたいよ

ワイの母ちゃんふりかけご飯しかさないとからやらかしてくれたよ

ほんでもってこういうのと結婚する夫も妻が何やらかそうが(部屋が樹海になってようが)我関せずのアスペか、

逆ギレする親の自覚皆無の基地外だし(そういう嫁を選んだのは自分自身なので自分自身責任を持ちましょう。人の親なんだぞ)

 

相談支援事業所相談したところ、生活の自立能力が低いということでヘルパーさんが派遣されることになりました。

最初の月2回からだんだん増やして、今月からは週2回の計4時間になります

 

私の場合は、料理を主にお願いすることにしました。材料適当野菜や肉を買っておきます。それが難しければ買い物に同行してもらうことも可能です。

 

ヘルパーさんが来たら、一緒に冷蔵庫を見ながら「今日小松菜ベーコンいためにして肉は唐揚にしよっか」という風にヘルパーさんに案を出してもらい作ってもらうものを決めていきます。そのときに古くなった調味料ダメになってしまった肉や野菜など、冷蔵庫腐海を整理してもらうこともあります

 

あとはおしゃべりしながらヘルパーさんがメインで料理を作っていきます。毎週決まった日に4~5品の作り置き料理を作ってもらうことで、「あと3日間は何もしなくてもごはんがある」と思うことができるようになり、ものすごく心が軽くなりました。

 

それまで、疲れたときはお惣菜を買ったり、冷凍食品に頼っていましたが、コンスタント手作り料理が食べられるようになり、罪悪感が減って心が明るくなってきました。

 

娘は味覚が敏感なので、「ママが作った料理が食べたい」と言うこともあります。これだけ料理負担が減ると、ストックがなくなった日にリクエストされた料理を作る余裕もできてきました。それにヘルパーさんが作る料理にもだいぶ慣れてきたようです。今では、料理が出来上がったらすぐ味見に来るほどになりました。

また、うちの場合は、ヘルパーさんが来てる間に見守ってもらいながら掃除をすることにしました。そうすると過集中を起こすことを避け、掃除をすることができることに気づいたのです。

 

うちは母子家庭かつ娘が引きこもりという特殊環境であるため、家のなかは閉じられた空間でした。だけどヘルパーさんという新しい風が入ってきたことで、私も人としゃべる機会が増えて元気が出てきましたし、娘に家事のことで当たることもほとんどなくなってきました。

 

ヘルパーさんに聞くと、だんだん発達障害利用者さんが増えているそうです。苦手なことは人に手伝ってもらうことで、日常の困難を軽減し、より充実した時間を過ごせるようになるといいですね。

 

冷蔵庫はまるで「腐海」…親子で発達障害我が家に「救世主」が降臨!【LITALICO発達ナビ】

https://h-navi.jp/column/article/35026375

2020-11-19

anond:20201119165520

失敗したくなければ、できるだけ人に見つからない場所でやるべきだ。

女性の方が男性よりも自殺未遂(失敗)の数が多い理由の一つは、家族彼氏と同居していて死ぬ前に発見されて助かる場合が多いからだ。

一人暮らしアパートなら問題ないが、もし同居人がいたり友人が頻繁に遊びに来るようだったら、家を出て人の来ない場所に行くんだ(樹海自殺者に人気な理由である)。

2020-11-16

人間になりたかった何かの書き散らし

鬱の人は誘発するかもしれないので読まないでください





専門学校出て仕事仲介会社契約してたんだけど仲介会社で色々トラブルがあってイラストレーター仕事は納品したものも実績も打診受けてた仕事も全部全部虚無だったことが発覚し仲介会社消滅、色んな事情バイトも辞めてたから急ぎ派遣で働きはじめて半年ちょっとで鬱になって今療養中なんだけど

イラストレーター仕事の件で相当精神的にダメージ負ってたとはいえ職場の人もいい人ばかりで土日祝休み残業なし時短勤務で働いてても鬱になる自分の軟弱さに涙がでるし、普通社会人としては仕事できないだろうし絵以外のスキルも大したものいからやっぱり自宅で好きな時間仕事ができるイラストレーターくらいしかやれる仕事ないんじゃないかと思うんだけどそれも前のトラブルトラウマで手を出せない そもそも仕事の実績はなかったことになったし、なかったことになった仕事で手一杯で個人イラストレーターとして知名度を上げるための活動全然できていなかった 仕事のために新しいことに手をつける元気はまだない

元々自己肯定感が低くて希死念慮持ちってこともあるのか病院通い始めて半年経って、全然鬱の症状が一定状態から良くならない 一時期元気になったか社会復帰のこと考えないとな〜とか思ってたけど考えると自分は何もできないか未来が全く見えなくて気分が落ち込む とりあえず元気にならないと話は進まないと思って、一旦社会復帰のこと忘れて過ごして、またそこそこ元気になるんだけど、それじゃあずっと療養生活が続くだけ でも考えると気分が落ち込むし、ってループにハマって、自己肯定感の低さと希死念慮ループの原因っぽいからそっちをどうにかしようと思ったんだけど、全然上手くいかない

私は私のことそんな嫌いじゃない 嫌いなところはいっぱいあるけど、自分の描く絵は好きだし楽観的すぎて上記みたいなトラブルに巻き込まれるのは欠点だけど寛容で人への割り切りは相当さっぱりしてる(と思ってる)自分性格は好き 上記トラブルの原因の人のことはもう嫌いだしなんなら死んで欲しいとは思ってるけど、それは私の感情の話で、なんとなくどうしてそんなトラブルが起こってしまったのかは理解できちゃう契約してる作家のことを考えてくれてたであろうことは否定しない、程度に考えてる デブスで毛深くて、女の子らしい服装は好まないしメイクは嫌いだし恋人はいらないと思ってるし、まぁ所謂喪女って笑われるような人間なんだろうけどそれで何が悪いくらいは思ってる 自分がそうだから他人に対しても相当な迷惑をかけるようなことではなければ好きにすればいいのにと思ってる 綺麗でいたい人は綺麗でいればいいと思うし、特別綺麗でいたいと思わない人が無理をしないでも指差して笑われないような社会であればいいのにと思ってる 自分が持ってる価値観も嫌いじゃない

でも他人社会から見た私って、という話になると評価が地に落ちる 私の絵は飛び抜けて上手い訳でもないし、特徴もあまりない絵柄だから需要もないだろうし、絵が描けても他のことがまともにできないなら役立たずで、寛容と言えば聞こえはいいけど無関心無頓着性格人間関係を築くのには全く向いてないし楽観的なのも考えなしであったり世間知らずとも言える そしてそれらの評価妥当というか当然のものだと思う でも頑張ってるんだ!って気持ちはある それはただの気持ちで何にも成果の出せないことへの免罪符にはならないのはわかってる

派遣でやった仕事でもやれることはやったし、上司にいいよって言われても、本当にいいんだろうか、仕事遅くて妥協させてるんじゃないかとか考えて全く仕事をやった気にならない 自己肯定感の低さは昔の親の対応とかが原因なんだろうなとはなんとなくわかってる

勉強が嫌いかつ苦手だけど、中学時代には塾通ってて成績は平均より上で上下してた 苦手な範囲テストでいい点取っても得意な範囲テストではもっといい点数取ってた、とかであんまり褒められた記憶がない 塾のせいかおかげか中学までの勉強はそこそこできてしまって、自称進学校レベル高校に入ってしまった 

その過程問題があって、塾通わせてもらっててなんだけど、絵を描く仕事をしたかたかデザイン科行きたいなと思って親に話してたけど親は高校までは普通科行けって言う まぁそりゃそうなんだけど、「普通」を振りかざす説得に全然納得がいかなくて、そこの言い合いというか母親から一方的な言い分に私が納得できないままでしばらく進路が決まらなかった

大きな問題としては母親が親戚と電話してる時に私がデザイン科行きたいって話してるのを「反抗期」と表現して話して笑ってるのを聞いてしまたことだった 聞いてしまったというか、聞かせたのかなと思ってるけど 元々説教されると色々考えて感情が昂ってしまって涙が出て喋れなくなるタイプで、説教されてる時も言い返せないし、言い返せないから頭の中で考えるし、そのせいか母親説教はいつも何が言いたいのかもわからなくて本人が望む答えを言わないと納得しなさそうだなとか思ってた ヒスって父親や兄もいるところで「誰も思い通りにならない!」ってキレてたこともあったし 素直に気持ちを言うとまた怒られるから黙ってるしかなかった 挙句の「反抗期」だったので、この人は私の話を聞いてくれないんだなと思った そこで折れた 母親の好きなように決めればいいのにと思って適当に返事してたらいつのまにか受験する学校が決まっていた 後の母親曰く私が決めたらしい 母親の中ではそういうことになっている 一応「高校までは」というのは本当だったらしく、大学進学の上でもちょっと色々あったけど親の方が折れて専門に通わせてもらった それは感謝してる でも兄も姉も、好きな仕事に就くための大学短大家計に余裕があるうちに進学して家を出ていたので、私にはそれが許されなかったとしたら、納得できるのは金が理由の時だけだったと思う 家を出るのは「お前に一人暮らしはできない」と決めつけられてできなかったけど こんだけかかるんだからね、とか言いながら了承してくれた 進学しないって選択もあったろうに、専門で折れたのは多分「進学」させたかったんだと思う それが「普通」だから 兄と姉の時には利用していた奨学金制度はなんでか使わなかった 私では将来返せないとでも思ったのだろうな

少し前も家事そこそこやってたのに何もしてない扱いされて文句を言われたのでやってもやらなくても変わらないのなら、と率先してやるのをやめた 感謝しろとは言わないけど、やってない扱いをされるのはつらいし馬鹿らしくなる 療養中も面倒見てくれてるから悪い親ではないと思うけど、よく性別が同じの姉と呼び間違えられるし、私の存在ってなんなんだろうって思う 

ちなみに高校上がる時には父親社長やってた会社経営が傾いて最終的に自己破産して県内だけど夜逃げのように引っ越しすることになった 兄と姉はもう高校卒業してそれぞれ大学のために家出たか子供の中でその煽りを直で受けたのは私だけだった 詳しくは話されてないけどどうも前社長でもあった父方の祖父母会社の金で遊んでいたらしかった 海外とか行ってたな〜 会社畳む時に、祖父母居住地でもあった会社で飼ってた犬たち数匹を"処分"することになっていたのも結構ダメージでかかった その少し前に、幼い頃から飼っててずっと一緒だった愛犬が老い病気で亡くなったので尚更だった 手術してもらえばもう少し生きたかもしれなかったけど、そんな余裕はなかった 会社の犬は家計居住地問題でうちでは買えなかった 中には私より後に会社で生まれて、育っていくのを見ていた犬もいた 1つの問題人間エゴで飼われてる犬が複数人間のエゴで死んだ 悔しかったのを覚えてるしなんなら今もすごく後悔してる 中学生の私にはどうしようもなかったけど、生きているうちにもっともっとかわいがって大事にしたかったなと 命は尊いものだと謳っておきながら簡単に"処分"する 人間が嫌いになり始めた発端はもしかたらここだったのかもしれない

その1、2年前から母親は働き始めて、家にいないことが多かった 干渉があまり好きではなかったし昔から絵を描くのは好きで1人でいるのも平気だったから構われなくても気にしなかったんだけど変に過干渉なところがあったりしたし、後には説教の果てに大事な時期に仕事で家にいられなかったから寂しい思いさせてたねごめんねとか言われることも何回かあった いや全然そんなことないんだけど 母親の中ではそういうことになってるらしい

同じ高校に進学する友達はいなかったし、住むところも離れるからすっかり友達とも疎遠になって中学時代友達は今となっては当時からTwitterとかやってて連絡手段が確保できてた2人しかいない 高校ではほとんど1人だった とても大事な友人が1人だけどできたから、あの高校に行かなければよかったとは思ってないけど、学校生活は特に嫌なことも楽しかたこともなく、なんというか空白だった 思い出したくはないけど、過去のことは大体思い出したくないのはデフォルト

一般論って「普通」の人にとっては可能性が多く確保できる安定のあるものなんだろうけど、私はそれを全然実感できないので、「普通」の範囲人間ではないんだろうな、とここらへんでようやく気付いた そして「普通」じゃないと「普通」の人間には人間扱いされないんだな、という結論に至っている 私は人間ではない 「普通」という言葉を使っているけど「普通」の人間の言う「普通」を指しているもので「普通」が一体何なのか私にはわからない

希死念慮は幼い頃からうっすらあって知らないうちに根付いてた しか人間のことが嫌いなので数が減ればいいのにと思ってるから、最悪な話するけど567で感染対策をまともにしないで遊び歩いて感染拡大に手を貸しているような人達はさっさとかかって死ね社会貢献になるのに、とか思ってる  そして自己肯定感関係して自身死ぬことで社会貢献できる類の人間だと思ってる 人間エゴ既存生態系に放り込まれた「外来種」を悪として駆除するのに自分意思他人に加害する人間即死刑にならないのなんで?自分意思でこの社会に合わないか離脱したいと思っている人を「合わせる努力をしないから悪い、命を大切にしろ」と責めるのはなんで?お前らが合わせろクソそれができないなら安楽死制度導入するとか国でやらなくてもいいからそういう場を設けることを否定したりするな なーにが宇宙船地球号

どうしても生きることは素晴らしいことなんだ、死にたいと考えることは悪いことなんだ、みたいな考えはわからなくて、死にたいと考えることすら否定されるのが苦痛で仕方がない 尚更死にたくなる 怖いし苦しいのは嫌だし、家で死んだら家が汚れるし、外で死んだら人に迷惑かかるし、例えば富士樹海とか人知れず死ねるようなところで死んだとしたら親には探されるだろうし、方法はともかく死んだとしたら処理や葬式で手間と金をかけられるのが嫌だから死ねないんだけど 生まれたこからなかったことにしたい

といった具合でどこから手をつければいいのかわからない

そもそもそこそこ好んでる自分価値観根底がこの自己肯定感の低さと希死念慮であるので、解消してその価値観が失われるのはもったいないとか思っちゃってる

普通」の人間には理解されないと思っちゃってるからカウンセリングとかでも話せない 否定されたくない し、自分に非がありまくるのもわかってるから、そんなの甘えなんだよな

命を大事しろ死ぬなって言うなら命を大事にしたいと思えるような環境を誰か作ってくれよ 私は生きたくないんだから、生きろと言うのならお前が責任取れよ

あーあ人間になりたかったな

これを書いてる今日は朝から気分が沈んでたから泣きながら黙々と認めている 支離滅裂なのはわかってるけど文章にしたら少しすっきりした 苦しいのは嫌だからなんでもいいから早く楽になりたい 矛盾の中でとりあえず生命活動をしている この世の無駄

泣きすぎて目腫れてるんだけどiPhoneが顔認証してくれなくて笑っちゃった

11/17 追記

お陰様で少し元気になったので反応見させてもらってます 優しい言葉ありがとうございます

親はうまくやったなってブコメきてたんですけど、そうなんです 特に母親はすごい苦労したと思いますしいろんな面で兄弟の中で私が一番苦労かけたなと思ってます 感謝はしてます だから辛いんだよね〜〜手間と時間と金と苦労をかけてもらったのに人間になれなかったので……惨め……ちゃんとした人間だったら母親のこと嫌だなんて思わずもっと素直に感謝して好きになれたのかなというのもあり

残念ながら命を粗末にするな云々は私に直接言われた訳ではなく、少し前に俳優自殺で亡くなった時にニュースを見ながら両親共にそういった意見を言っていたので私が愛されてるからではなくそもそもそういう価値観ってだけです それとは別に子供」としては大事にされてるんだろうなとも思ってます その方法が合わないだけで 希死念慮についても話したと思うのに目の前でそんな話するんだ……とか思ってました いくら話をしたって他人のことを理解できることなんてないんだから一度話したくらいじゃ仕方ないよね〜と自分を納得させてます 多分そうやって行き場をなくした感情が積もり積もっての鬱なんだろうな でもそんなことで怒りたくないしな……

色々なことを考えること自体結構好きなので他のことが手につかない時とかは次に繋がる自己分析になればいいなと思って特に何もせずぼんやりしてるんですけど次への繋がりが全く見えないので傷に塩塗り込んでるだけなんですよね 馬鹿……

いつもは頭の中だけでやってるんですけど、今回初めてここを利用して、自分人格認識していない多数の人の目に触れるところに考えを晒して、それだけでも結構気分が楽になったので、そのうちカウンセラーさんにも話せる心待ちになれたらいいな〜程度には思ってます これを一歩と考えないとまた何もしてない……生ゴミ……ってなっちゃうので一歩ってことにしたい

鬱じゃなくて性格とか言われてもこういうことを考えてしまって涙が溢れて止まらなくて身体の骨が重たく感じて他人(例:兄嫁及びその子供)と過ごすのも半日限界なのが「性格」でデフォルトだとしたら尚更死んだ方がマシじゃん!って笑ってしまった 鬱症状に拍車をかける性格してるのは自覚してるけどさ 一応鬱症状出る前から考えてはいたことだし、同じこと考えてても前は今ほどダメージなかったし涙腺が軟弱でもないしそもそも働くことができていたよ 昔はなかったPMSの症状が働き始めてから出てそれも関係してか急に限界がきてとある朝何も考えてなくても涙が出て止まらなくて出勤できないなんて状態になったんですけど……前は平気だったことがとんでもない苦痛に感じるって十分状態異常じゃないの???防御力特大ダウンだわ 鬱の話というより自分語りがメインだったから仕方ないけどまさかほとんど鬱の症状について書いてないのに鬱じゃないんじゃないのみたいなこと言われると思わなかった とちょっと攻撃的になれるくらいには元気ではあるんですけどね 攻撃的になるな 親のおかげで美味しいご飯とあったか寝床存在しているのでやっぱり焦らないで人間のフリをするための基礎体力を取り戻すのが最初なのかな〜まぁ母親体調不良の話をすれば嫌な顔して「は?」って言ってくるし(昨日も吐き気が止まらなくて水すら飲めない飲んだら戻す状態だったから伝えたらめちゃくちゃ嫌そうな顔された)アルバイト募集の話とか急にしてきて働けアピールしてくるので、そういうことしてられる時期の限界は近いのかもなと感じている 母親一応医療従事者なんだけどなぁ……

2020-11-08

首吊り苦痛が少ないらしい。でも家の価値が落ちそうで嫌だな。飛び降りがいい。東尋坊、城ヶ崎、奥多摩京都の陸橋。でも身体が損傷したら親が可哀想だな。樹海だと腐りそうだし。考えるだけなら愉快だな。

2020-11-06

アライさん界隈から得られたコミュニティ的知見

アライさん界隈というコミュニティ

もうみんな覚えているかからないがTwitter上にアライさん界隈というコミュニティがある。

アライさん界隈はけものフレンズのアライさんのなりきりをしながら交流を楽しむ特異なコミュニティで、

人生が終わっているアカウントが多いので「メンヘラおもちゃ」「害獣」などと散々なことを言われている。

アライさん界隈の歴史

みんな興味がないかもしれないが書く。

前史(アライさん界)

実はアライさん界隈が成立する前にも複数のアライさんアカウント存在していた。

主にいたのは以下のようなアライさんで、一見もうアライさん界隈が成立しているように見えるが、実際は全員違う界隈(パチンコ界隈やけもフレ界隈)で活動していて特に交流はなかった。

この時代、これらのアライさんやTwitterにいるアライさんbot達をウォッチしていた人間がおり、彼らがそのアカウント群を「アライさん界」と呼んでいた。

ただアライさん同士は特に関係のない互いに独立したアカウントだったので勝手にそう呼んでいただけである

アライさん界隈の成立

2019年3月、突如「新生活が辛いアライさん」というアカウントが登場し、アライさん界隈が成立する。

この新生活が辛いアライさんはどこの界隈にも属していないアライさんで、登場直後は独り言のようなつぶやきをしていたが、

けもフレ界隈で活動していた徳が低い食事をするアライさんとTwitter上で出会ってからリプライ飛ばし合うようになった。

そして、そのやりとりを見ていた新生活が辛いアライさんのフォロワー達が新たにアライさんとして参入し、新生活が辛いアライさんと交流を行うようになったことで、

現在多種多様なアライさん同士が交流するアライさん界隈の基本形が成立した。

新生活が辛いアライさんは今でこそ典型的なアライさんだが、以下の特徴によって「アライさん界」を基盤として「アライさん界隈」を成立させた。

  • どこの界隈にも属していない
  • アライさん同士の交流を本格的に始めた

これ以降のアライさん界隈は順当にアライさん達が増えていく拡大期に入る。

拡大するアライさん界隈

2019年4月に「リボ払いを返済するアライさん」が現れ、自己紹介ツイート漫画家小林銅蟲RTされて相当RT数が伸びた(1000RTくらい)。

その後いくら面白い人達が入ってきて、「アライさんアカウントが闇すぎる」みたいなツイートが3万RTくらいされた。

この辺り(2019年4~5月)がアライさん界隈の全盛期だった気がする。

正直この辺りから記憶曖昧なので書いていて辛い。

よって以下言いたいことを言うだけ。

面白い人が面白いことをする」というわけでもない

有名なコピペを見るとコミュニティの始まり面白い人達のような印象を受けるがそうでもない。

少なくともアライさん界隈は最初に「面白そうなことをしていた人達」がいて、「面白い人達」がそれに目をつけて参入する形だった。(アライさん界隈がそもそもまらないというツッコミはやめてね)

初期のアライさん界隈はただ人が交流しているだけで、その後それに目をつけたアライさんを使わなくても面白い人達オモシロ経験談や専門的な話をしてコンテンツとしての強度を高めていた。

具体的に言うと「樹海彷徨って死体を見つけるアライさんbot」や「奇書が読みたいアライさん」はわざわざアライさんアカウントにしなくても面白い人達だったし、交流目的アカウントでもない。

から面白い人達が作ったもの」を凡人が台無しにしたという認識は必ずしも全てのコミュニティには当てはまらないし、

コミュニティは「面白い人達」が面白そうなものに目をつけて利用しているという側面もあるのでコミュニティ論は安易に語れるものでもない。

面白い人が面白いことをする

面白いから凡人が集まってくる

住み着いた凡人が居場所を守るために主張し始める

面白い人が見切りをつけて居なくなる

残った凡人が面白くないことをする

面白くないので皆居なくなる

何らかのコミュニティに対して上のコピペのような認識をしていたらもう一度よく考えてみた方がいいかもしれない。

(なおアライさん界隈に対してこのコピペのような認識がされているかは知らない。「アライさん界隈がつまらなくなった」というような意見を見たわけでもなければそう思っているわけでもない。)

それでもアライさん界隈がマシな理由

上述したようにアライさん界隈は「メンヘラおもちゃ」「害獣」などと散々なことを言われている。

これはその通りで実際最悪な面が多いが、それでもTwitterコミュニティとしてはまだマシだと思っている。

Twitterパーソナリティを見てくれないし趣味がないと繋がれない

例えばTwitterでは絵描きは絵を上げないと価値がないし、絵描きフォロワー絵描きパーソナリティには興味がない。

正直俺も絵描き焼き肉食べたとかどうでもいい。

ネット上のコミュニティで仲良くなってパーソナリティを見てくれることもあるが、結局趣味で繋がっているし見えているのに参加できない。

絵描き絵描き同士でDiscordで会話しているし、車オタクは車オタク同士でオフ会をしている。

Twitterは開かれているようで開かれていない。悲しい。

Twitterで失ったものを取り戻す

アライさん界隈は誰でも参加できる。趣味の壁もなく、まぁまぁパーソナリティを見てくれる。この特徴は趣味で繋がっているTwitterコミュニティにはない。

「誰とでも交流できる」というTwitterで失ったインターネット特性もっと大事にしてもいい。楽しいから

2020-11-04

anond:20201104092518

ナチュラルホモ差別する

これがまんさんです

樹海に消えて欲しいですね

2020-11-03

anond:20201102125037

かわいそう

男性性的視線に晒されて傷ついたんだよね

わかるよ

もう男性っていうか社会人間と関わらない方がいいよ

余計に傷つくだけだから

はやく荷物引き払って富士樹海かいった方がいいよ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん