「フランス政府」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フランス政府とは

2019-02-23

サーチエンジン何使ってる?

PCを変えたらFirefoxの旧バージョンが使いづらくなったんで、ブラウザをWaterfoxに変えた。

デフォルトサーチエンジンを選べるんだけど今いろいろ種類あるのな。

初期設定だとBingになってて、他の選択肢としてこれだけある。

・Qwant

フランス政府推奨らしい

DuckDuckGo

3400万サーチ/日あるらしい

・Ecosia

検索すると木を植えるらしい

Google

昔は軽かったらしい

・Starpage

google検索結果を買って流用してるらしい

Wikipedia

地方病」がおもしろいらしい

Yahoo

ナイツ好き

GoogleBing以外はプライバシー重視を謳ってて、トラッキングしない、個人情報売らない、

誰が検索しても同じ結果を出す、って感じなのかな。ちゃんと見てないけど。

とりあえずDuckDuckGoを使ってみることにしました。

2019-02-02

JOC竹田氏の起訴フランス政府の「復讐」か

https://toyokeizai.net/articles/comment/260369

こんなタイトル記事が書かれること自体日本国内報道姿勢は本当に深刻だと思う。昭和15年の状況と全く変わらない。

ただ、そうやっていつまでも国民を騙し通せると思ったら大間違いだということがコメントの数々からかるというところに、かすかな救いはある。

2018-11-23

事実の捉え方

僕はこの世界映画マトリックス」のように見ることを心がけている

あの、緑色数字の羅列のことだ

まり主観的意味合いを持たず、ただ事実の羅列としてみるように心がけている

から、ゴーンの逮捕について、

権力によって拘束された男性

・拘束された側には発信権がない

・拘束した側は全世界理由を発信

、、、という風に、フラットに見ることもできる

しか世間意味を持たせたがる

ルノーによる買収を阻止したい派閥によるクーデター、バックにはフランス政府」と言ったソースのない物語妄想して、その妄想を強化させる情報が求められて、いつしか溢れる

その方が数字が取れるから

はいつか世界が、妄想意図せず操られ溺れて滅びることになるのではないか危惧している

2018-11-21

ゴーン 逮捕車社会終焉

ゴーンがどちら側だったのかはあまり関係なくて、ただ邪魔だった。

ここからマクロンアングラ司法取引にかけられ、助けて貰う代わりにフランス政府ルノーから撤退

日産との関係性を解消するだろう。

そして、日産三菱米国 ラストベルトへ向かう。

ここでシリコンバレーIT連合と結びつき、SoftbankTOYOTAの対抗馬として浮上する。

ゴーン の逮捕車社会の終わりを象徴する出来事として後に語られるだろうが、実質的にはマクロンvsトランプ

トランプWINって構図

この予想当たるかな?

2018-11-20

コストカッター日産にとって益だったのか

皆さんは日〇の、座間にある座間記念庫に行った事はあるだろうか。

ここは、〇産の往年の名車が保管されており、解説役も元日〇のお爺ちゃんが行っている。

その解説役は、「カル□ス・ゴーンは報酬を貰いすぎていると言われているが、我々世代にとっては恩人で、あれくらい当然」と仰っていた。

自分の乗る船を沈みかけの状態から救ったのだから、その人にとっては恩人なのだろう。

しかし、系列グループ会社子会社部品会社にとってはどうなのだろう。

神奈川に点在する自動車部品メーカー会社説明会に行くと皆「独立系部品メーカーとして頑張っています」と一様に言う。

かつては日〇資本が入っていたそれらの会社は、系列解体によるコストカットあおりをモロに受けた。

以前は日〇とそれらの間の人のやり取りもあったそうだが、解体を行われたせいでそれも無くなった。

それで、日〇自動車に残るおじいちゃん達の行き場がなくなり、結果的に若手はどれだけ成果を上げようとも昇進が困難になっている、という状況がある。

要は、日本の伝統的な年功序列外資成果主義が混在している、キメラのような状態となってしまった。

いつかの退職エントリー記事でホ〇ダを退職した人間話題になっていたが、日〇も大なり小なり似たような状況で、下請けの協力無くしては製品は作れなくなっている。

技術を買うという表現はまさしく正しく、日〇の事業所の近くにある喫煙所で「(自分担当している)開発に詰まったかサプライヤーを虐めてアイデアを出させる」といった会話がなされている光景を目にした。

サプライヤー資本関係すらない状況で、このような扱いをされていることに憤りは感じないのだろうか。

私がサプライヤー経営者だったなら、腸が煮えくり返る思いで彼の報酬額を眺めていると思う。

コストカットした結果、数字の上では「カイゼン」が見られた。だから、崇められた。

それに伴って現れる問題点は何ら解決しないまま。

2017年における、日〇自動車販売台数は約581万台、大してル●ーは376万台。

会社の規模も日〇の方が大きく、ル●ーは保有する株式による収入によって潤っている。

嘘か本当かは分からないが、フランス政府主導で経営統合を行い、仏に工場を新設し、国内雇用を創出する、といった話まで出てきている。

日〇の人間は誰のために働いているのか。

何も思わないのだろうか。

今一度、この機会にル●ーとの関係も含め全て考え直すべきだと思う。

特にコストカット」を受けた人間たちは。

カルロスゴーンによる2回目の日産救出劇だった

後日、真相が明らかになるであろう、ゴーン氏逮捕真実である

今回のカルロスゴーン氏の逮捕劇は、帰国便が周到にカメラ撮影されるところから、歯切れのよい西川CEO記者会見まで、非常によく準備された逮捕劇場であった。

金融商品取引法違反逮捕ということだが、実態を見ていくと、専門家の間でも「逮捕するには軽すぎるのではないか実態としてそこまでのものではないのではないか?」という意見が上がり始めている。有価証券報告書虚偽記載をしていたとしても、日産側で源泉徴収をしているのだから脱税にはなっておらず、ゴーン氏に大きなメリットが無いというのがその一つだ。

なぜ今なのか?

これは、ルノー日産経営統合問題が絡んでいることは間違いないだろう。過去経営不振の影響から日産筆頭株主は、ルノーであり、また、ルノー筆頭株主フランス政府だ。ルノーが本腰を入れれば、日産フランス政府企業となってしま可能性が強く存在しており、日産三菱自動車、何より日本政府の長年の悩みの種であった。

この統合問題2018年水面下で急速な進展及びターニングポイントを迎えていることは、定期的に報じられていた。

今回(いちおう)法律違反という立て付けで逮捕が行われたことで、日産および日本政府にとって、ルノーとの経営統合問題が有利になったことは間違いない。犯罪者CEOとして任命していたフランス政府責任論も出てくるだろう。

では、誰がこれを仕組んだのだろうか。

西川CEOだろうか。ルノーとの統合を憂い、西川CEO特捜と手を組んで起こしたクーデターだろうか?

これが表向きにはしっくり来る。非常にしっくり来る。。。

しかし、何かが腑に落ちないのはなぜだろうか。

昨晩の会見では、西川CEOは、動揺のようなものがなく、覚悟を決めた節が感じられた。また、自身経営責任を問われてもおかしくない中で、最初から最後まで徹底して、ゴーン体制批判した。ゴーン体制への批判は、記者から質問ではなく、自身言葉から語られていたのも印象的だ。

( ゚д゚)ハッ!

ここで大きな仮説を一つ。

「実はゴーン氏は、日本企業としての日産を愛していたのではないか?それを守りたいと思っていたのではないか?」

そう。

これは、ゴーン氏が20年来の日産復活劇の最終章に用意した、2回目の救出劇だったのだ。

ゴーン氏は、フランス人としての矜持からルノー社を救いたいと思っていた、これも事実だと思う。しかし、ここにきて、フランス政府による統合圧力が非常に強まっていた。

事実ゴーン氏はこれまで何度も統合に対して否定的な態度を取っている。これは非常に不思議である。実務的な難しさはあれど、フランス人のゴーン氏が、ルノー社へ日産統合したいと思ってもおかしくはなかった。ゴーン氏の態度次第では、すでに日産フランス企業になっていたかもしれない。

では、単純に退任すればよいのだろうか。単純に退任すれば、フランス政府統合推進派のCEOを送り込んでくることは目に見えている。

決断を迫られたゴーン氏は考えたことだろう。愛してしまった日産をどうやって救えばよいのか...

自身悪者になり、この場から退場すればどうか?」

犯罪者として解任をされたとすれば、フランス政府も強い立場には出られなくなる。日産側に交渉カードが増えることは間違いない。

当面の統合見送りになることは間違いないだろう。

...

こうして、西川CEO特捜日本政府、ゴーン氏による救出劇が行われたのである

ゴーン氏よ、ありがとう

2017-01-08

http://d.hatena.ne.jp/t_kei/20170107/1483780237

フランス大統領国民議会で「侵略定義は学界的にも国際的にも定まっていない。ナポレオン行為についても国と国との関係でどちらから見るかで評価が異なる。」と答弁をし、また共和国政府もそれを追認する閣議決定をおこなう

一方、共和国国防大臣はオテルデザンヴァリッドを訪問軍事予算過去最高を記録。

そんな背景がある中、イギリスでルイ・アントワーヌ・ド・ブルボン=コンデ像が民間団体の手によってフランス領事館前に建立されるが、それを受けたフランス政府イギリスに対して異例とも言えるほどの強硬対抗措置をおこなうのだった…。

2016-08-05

震災映画としての「シン・ゴジラ」を見て「日本希望がない」と確信

シン・ゴジラと三一重工と馬英九

以下、ネタバレ感想。未見の人はまず映画館へ。かなりよくできていて、金の無駄だと発狂するレベルではありません。少なくとも「エヴァンゲリオンQ」よりは面白い!!!平成ゴジラではナンバーワンだね!(白目)

ストーリー

2004年以来、12年ぶりの国産ゴジラ。いわゆるリブートってやつで、今までのゴジラシリーズをちゃらにしてゴジラ初登場という映画になりますエヴァンゲリオン庵野秀明脚本総監督

で、ストーリーはだいたい以下のとおり。

東京未確認巨大生物出現!

自衛隊出すの?鳥獣駆除防衛出動関係省庁の意見のすりあわせ大変や~とかステレオタイプ官僚主義会議が続く

まあ自衛隊だしたらワンパンチやろ!と思ったらめっちゃ強いじゃん

つーか体内で核分裂してる?歩く原子炉やん!

当初は「ゴジラで得られる科学的知見はうちがごっそりいただいていくで~」と陰謀たくましくしていたアメリカゴジラ子どもを産んで世界滅亡の危機ありと知るや核ミサイル東京にぶっこむ宣言

日本米国の犬なので従うしか……

東京を救うべくぎりぎりのところで粘る日本の政治家&官僚研究者

最後は高層生コン・ポンプ車でゴジラの口にお薬を注入して封印成功

原発事故映画

映画の枠組みを一言で言ってしまうと、「福島原発事故がこんな感じで解決されていたら良かったね☆」というものポンプ車での冷却とか、米軍無人機出動とか、放射線気にしながらの作業とかわかりやすすぎ。官僚主義とか御神輿首相とかダメダメ日本だったわけですが、危機に際して覚醒。「この国にはまだ希望がある」(わかりやすく劇中で出てくる台詞)ですよ。棚ぼたの奇跡じゃなくて、人々(といっても政治家官僚科学者自衛隊土建企業の皆さん、あとトモダチ作戦米軍有志)の努力日本は救われる。

映画見ていてちょっと泣いた。あー、こんな風に福島原発事故解決していたら良かったのに、と。

日本人にはまだ力がある。このダメダメな現状を変えられるッ!」というエールととらえればすばらしいんじゃないでしょうか。

でもね、もう福島原発事故から5年が立っちゃったんですよ。震災で民草がうちひしがれている時、2012年ぐらいまでにこの映画があったら手放しで喜べたと思うんですよ。私も2011年当時、「この大震災から日本は立ち直るのだ、復興するのだ」とがらにもなく魂をふるわしましたよ。でも結局、日本人覚醒しなかったし、ダメダメ構造は今も続いている。その状況で「福島原発事故がこんな感じで解決されていたら良かったね☆」っつーのはたんなる自慰行為ではないでしょうか。

日本のなにがダメダメかっていちいちあげませんが、少なくとも映画内でもそのがっかり感はたっぷりとにじみでています米国が主導する多国籍軍の核攻撃を遅らせる官僚のがんばりが「知り合いのフランス政府関係者に連絡」「首相代理駐日フランス大使に頭を下げる」だったのにはあんぐり。あと「日本政府米国の犬なので、米国大統領東京攻撃するよ♪」日本首相「I Understand」と速攻受け入れ」とかの単純化を見ていると、問題本質に向き合おうとしない日本ダメさかげんが反映されているとしか

中国台湾はどこへ消えた?】

シン・ゴジラには米国以外の外国ほとんど出てきません。

首相代理にひたすらお願いされるフランスゴジラの解析にスパコンを貸してくれるドイツ研究所の偉い人。そして「安保理東京への核攻撃に賛成。特に中国ロシアが」「東京に核ぶっこんだら、おわびに各国が復興資金出してくれるんやって」という台詞ベース説明ぐらい。

でもさ、ゴジラの口にお薬をぶっこむポンプ車ですが、あれって福島原発事故の時に中国の三一重工が供与してくれたエピソードから採用しているわけですよね?なんで中国が出てこないの?台湾ぼくらの馬英九総統(当時)が特番煽りまくって募金を集めまくってくれたわけですが、そのエピソード無視

いや、福島原発事故エピソードを全部ぶっ込めというつもりはないっすよ。でも日本にとっての国際関係米国しかないのかい?!とか言いたくなってしまうわけで。この薄っぺら国際感覚日本覚醒できるのでしょうか?復興できるのでしょうか?

【その他】

・さんざん文句つけましたが、絵作りとか特撮とか最高。予算15億円と聞きましたが、古い怪獣映画らしい雰囲気を出すことで低予算を苦にしない絵になっていると思いました。特に列車爆弾のシーンはスタンディングオベーションしたいぐらい。最高っす。ハリウッドゴジラと比べたら100倍ぐらい面白いよん。

テンポ邦画とは思えないほどいい。会議シーンが多いのに飽きさせない。

・なぜスカイツリーを壊さないのか?!隅田川にこいよ、ゴジラ

石原さとみは大好き。妻が見ていたドラマ洋菓子屋の若旦那不倫するやつ、坊さんと恋愛するやつ、IT企業の風雲児と恋愛するやつ)を見ていて思ったんですが、あんなにエロさを出せる女優さんは日本にいないんじゃないでしょうか。でも今作は……。石原さとみ英語を聞くたびに発狂しそうに。

市川実日子さんの演技がすばらしかった。

長谷川博己の演技が堺雅人しか見えなかった。いつ倍返しだと言い出すのかはらはら。

2016-02-11

おぼちゃんもいいけど、このおばちゃんもね

おぼちゃんが本を出した事から産経ニュースサイト寄稿している精神科女医片田珠美dis記事を見て、この人本当に医者なの?と思った。

具体的には

空想虚言症

荒唐無稽

自分妄想を延々と

といった言葉使いが気になった。

さらぐぐると、同じく彼女を怪しむ人が他にもいたらしく、

医師検索片田珠美名前検索しても検索結果には出てこない

はいえ、マス相手文章を書くと文学ちっくな文章癖が出る人かもしれないし、片田珠美ペンネームかもしれないから、断定できる要素じゃないよな、というところで落ち着くつもりだった。

しかし、ぐぐった中で、どうしても引っかかった点が一つだけあった。

片田珠美アマゾンプロフィール説明には、”フランス政府給費留学生としてパリ第8大学精神分析学部でラカン派の精神分析を学ぶ”とある

ここには、太字で

ttp://www.sankei.com/west/news/130214/wst1302140041-n1.html

レゾン・デートル(存在価値

と書いている。

フランス留学してたくらいの人だよね?フランス語日常生活以上の語学力つけて行った人だよね?しかも専門分野の用語から、間違った言葉の使い方は気になるもんだよね?

raison d'être = reason for being

・raisonを価値と訳すこの人の語学センスが分からない

・もともとraison d'êtreはraison de êtreだから、レゾン・デートルと書かれる事に違和感を感じる

誰か、心理学フランス語に詳しい人いたら教えて。この人、ほんとにフランス留学していた事がある医者だと思う?

2015-01-22

フランスは実は主要なイスラム国支援国家だったのでは?

先日、立て篭もり事件などで10余人のフランス人殺害されたが

これはイスラム国から見せしめ、あるいはフランス政府自作自演かもしれない。

フランス人質解放という名目で多額の支援金イスラム国に投じてきたが、

国内外で反イスラムの機運が高まってきた事と相俟ってイスラム国支援してきた事が

明るみになると危惧した政府自作自演の立て篭もり事件を行ったのではないか。

実はフランス人質解放世界で最も多く、金額も多額だ。

イスラム国と繋がった理由は、概ね国内の増大しつつあるイスラム人およびイスラム教徒存在を危ぶんでの事である

翻意ではなかったかもしれなかった、少なくとも当初は反テロリズムで動いていたが、

これをビジネスに結びつけたのがいけなかった。

恐らく石油利権を得ようと試みたのかもしれない。

それが分かっているイスラム国あるいは内通者がリークする事によって露見したため、

イスラム国への背信行為と看做された挙句の立て篭もりテロだったのかもしれない。

いつでもフランスを攻められるぞという脅しは効果抜群だったようで、今後も現地のフランス人が拘束されては

法外な身代金を脅し取られていくに違いない。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん