「たつき」を含む日記 RSS

はてなキーワード: たつきとは

2018-09-24

Twitterトレンド

ここ数日や今日1日で話題になったトピックではなく、今まさに注目されているトピックが選び出される

https://help.twitter.com/ja/using-twitter/twitter-trending-faqs

「急上昇ランキング」的なものであり、

ずっとツイートされ続けていてもしばらくすればトレンドから外れるようになっていると思われるので、

それを‪「一般名詞判断たから」とするのは根拠不明な話である

けもフレときも「たつき擁護ハッシュタグトレンドから一晩で消えたのはカドカワトレンド操作たから」みたいな陰謀論が流れたし、

政治方面の人たちもよく「アベを批判するようなキーワードトレンドから消えたのは政府圧力」みたいなことを言っているが、

いかげんTwitterの仕組みくらい把握しておけ何年使ってるんだよ、と言いたい。

2018-09-21

anond:20180921095929

いくつか読んだら「たつき正義KADOKAWA=悪」で固定している残念頭脳って分かるだろ

キモいたつき信者 あいせん

https://twitter.com/aysen0617

たつきをまだ信じられるって凄いな。判官贔屓したいだけだろ。大企業はどうせ悪とか言いたいんだろ

MTGでもこじらせまくって、自分じゃ知識人だと思っているThe老害から、このまま裏日本で静かに生きててくれ

2018-09-19

anond:20180919142018

まずたつき筋違い釣りを行ってミスしたところで、たつきフォロワーが口から出まかせで同じく真似っ子で釣りしたのは良いが、両方とも看破されたってだけの話やろ。

たつきカドカワから金もらってねーぞって言ってすぐ撤回して

便乗して俺もカドカワから金もらってねーぞって言ってた奴がやっぱり撤回して

結局どういうことな

悪の帝国カドカワ虚構なの

2018-09-15

anond:20180915031423

たつきって人は情報なすぎて分からん

だいたい、けもフレ以前は何してたんだこの人

たつきのアレ

明らかに台本騒動に被せにいってるのと、降板騒動の時もだけど情報はボカして信者扇動してる感じがなんか嫌

からこうやってゴネる人には仕事依頼したくないとか言われてて、降板させられたのもそこらが原因なんじゃねーのと思ったり

たつきがまた放火してんの?

あいつ本当に人間性問題があるんだな。

「声をあげたほうがいいのかな?」とかTwitterに書き込む前に製作委員会に名を連ねるジャストプロを通じて確認とれよ。

前回思わせぶりなことを書いたせいでどれだけ多くの人に迷惑かけたのかもう忘れたのか。

2018-09-11

anond:20180911222047

ウッ、同一性保持権翻案権をごっちゃにしていた… 訂正感謝です。

ただそれは俺の「人格権行使条項問題ではない」という主張には影響がないと思う。

俺はまだ吉崎観音さんが人格権保持者だという説には納得はできていないけど、いずれにせよ、ばすてきにおいては人格権行使条項有効に働くシーンはないでしょう。

ばすてきが問題だとハッキリ言われたわけじゃないのはわかってます。ただ現在黙認されてるからといって、当時の法的問題が全くないといえない。公衆送信権や(吉崎さんが原著者なら)翻案権がなかったのに、ばすてきを公表したことを責められた、というのは十分あり得ると思う。公開停止しないのは、今更しても劣化コピー流通するだけで意味ない、などと考えたんでしょう。個人的にはプレスにそこまでの違和は感じませんでした。

でも、ばすてき問題視仮説にしても、先に述べたように疑問が残るーーなぜ謝って終わりにしない? その点で増田の説には望みがあるように思えます

しかし、KFPがヤオヨロズから買い上げたい権利ヤオヨロズが引き渡したくない権利ってなんです? 3DCGモデルデータ人格権ヤオヨロズにあるワケだから、KFPがそれを利用したいなら「翻案権買い取り、及び同一性保持権行使約束させる」ということになる。でもそもそも二期に当たって自陣にヤオヨロズがいるなら、3DCGの何かが欲しいときは彼らに頼めばいいじゃない。ゴネられたら諦めて「任せます、二期をお願いします」って言えばいい。想像だけど、たつき二期破談の際の減益は相当のものになるはず。それを覚悟してまで欲しい何かが製作委員会にはあるんでしょうか?

ばすてき権

anond:20180910232722

俺も素人だし、貰ったPDF増田の元記事矯めつ眇めつしてみても、イマイチしっくりこない。状況はかなり錯綜しているようにみえる。ばすてきの著作人格権は誰のものか。

典型的製作委員会タイプアニメの例を参考にすると、

アニメ3DCG著作人格権は、ヤオヨロズに属する」という解釈妥当っぽい。

通常、制作会社勝手に続編を作るなどという事態問題にならないのは、製作委員会がおカネを出さないと作れないからだ。しかし、たつき監督はこの点でイレギュラーだった。やってのけてしまった。著作人格権保有者は好きに続編を作れるので、誰も咎めることはできない。

他方、吉崎観音さんを原作としてみるとアニメ本編、3DCGも、ばすてきもみな二次的著作物だ。

それなら過去判例を参考にする限り、改変をコントロールする権利吉崎観音さんにあるようにみえる。製作委員会サイドの吉崎観音さんが著作人格権保有者なら、彼の許諾無しで、ばすてきを出すことは許されない。

二次的著作物は... (中略)... 原著作物の創作性依拠しないものはあり得ないとみることも可能であることから、両者を区別しないで、いずれも原著作物の創作性依拠しているものとみなすことにしたものと考えるのが合理的である

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/著作


どちらの解釈が正しいのか判らない。ただ人格権行使条項問題の核ではないと思う。

もしも、ばすてきを作ったのが「制作会社以外だったなら」例えば製作委員会以下の別の組織が作ったなら、事前に著作人格権行使条項ーーばすてきを作ってもいいよ契約、これを明記させておくことは必要だ。そうしないと人格権保持者の一存で一方的にばすてきを取り下げさせることができてしまう。しかし実際には制作会社自身が作ってしまったので、

となる。どちらでも問題はない。


ばすてきの法的問題は、著作財産権公衆送信権にあると思う。

ナイーブに考えると、製作委員会との契約で、けものフレンズに関わる全コンテンツ委員会の許諾なしでアップすることは出来ないはずだ。だからたつき監督のばすてきYoutubeアップロード違法だと解釈できる。

ただ、そこに黙示の合意があったなら話は違ってくる。たつき監督の目がキランと光って吉崎さんが冷や汗、というシーンがあったと思う。これを黙示の合意と取ることも可能かもしれない。

または、増田の説の"財産権バージョン"ーーヤオヨロズに対して「本編アニメは」勝手に公開してはダメだよ、などと限定してしまっていたなら、これは合法ということになる。著作契約がここまで込み入っている以上、このようなミスが起こってもおかしくないと俺も思う。専門家を雇うカネをケチったということはないと思うけど、そこまで気が回らないほど人員スケジュールタイトだった、ってのはありそうだ。

うう〜ん、部外者からではやはり多くは判らないので、やっぱり憶測なっちゃうね。ただ増田や別増田のお陰で俺自身著作理解更新したと思う。それはありがとうと言いたい。一応の解釈を持つことができたので、この件に関してはスッキリした気持ちで二期を待てるようになったのも良かった。

ただ、何故たつき監督が二期に乗らなかったか元増田のまとめを読んでもやはり釈然としない。増田が言ったように、著作問題はカネで解決することが可能だ。二期では、ばすてきのようなことはやりません、とか、アップする前に許可取ります、ではどうしてダメだったのか。

2018-09-09

anond:20180909153630

今期何か新しくみたいなら通学路とあそびあそばせ魔王だろうけど、暇つぶしになるぐらいで見ておくべきってほどのものでもないな。

はねバドは絵はいいけどシナリオはクソ改悪のギスバドで駄作

ヒロアカ進撃の巨人普通に続きだろうしこれまでのを楽しんでるならいいと思う。

オリジナル面白いアニメがないといまいち盛り上がんないよな。

毎週誰も続きを知らなくて、あちこちで展開予想されたりと皆で楽しめるわくわく感が欲しい。

けものフレンズ二期は別にたつきにこだわりとかないけど、告知動画見た感じあまり期待してない。

あ、シュタゲ忘れてた。

大元の完成度がまぐれで高すぎたせいで基本それのシリーズは全部期待はずれ感があるけどまあ0も楽しめなくもないと思う

けものフレンズ二次的著作物

https://anond.hatelabo.jp/20180908185845

 

 

 要約 『そうじゃなくて、KFP本体が、たつき3Dモデルの買い取りを忘れててヤオヨロズにも二次著作権が発生しているんだろ。』

 

 

私は 著作権アニメ制作でも完全に素人なので、一種妄想だと思って読み流しと欲しいが。

 この話題、あまりにも原則論公開情報から乖離が激しいので 素人ながら前2点を重視して情報を整理する

 

1,二次著作物ってのは、原作があって、そこから派生した著作物

 けもフレで言うと吉崎先生イラスト原著作(原著作権はKFP)。たつきアニメけものフレンズ本編と その3Dモデル二次著作物

2,二次著作物に対して原著作物の著作権者(KFP)は二次著作物著作者(ヤオヨロズ)が有するものと同一の種類の権利を有する。

 (たつきけもフレ本編+3Dモデルに対してKFPはヤオヨロズが有するものと同一の種類の権利を有する。)

3,二次著作物の利用には『両者』の合意必要

 (たつきけもフレ本編+3Dモデルの利用にはKFPとヤオヨロズ合意必要。どちらかだけの決定では利用出来ない。)

 

 

4,商業アニメなので当然 たつきけもフレ本編映像二次著作権はKFPが買い取っている。(でないと商業展開出来ない。)

5,しかし……、KFPは3Dモデル二次著作権も買い取る契約にしていたのか?……

 

 

 『普通』ならば、それも買い取る契約にしている筈だが。『忘れて』いそうな理由として

a,そもそもが超低予算アニメ

b,原著作権は自分達(KFP)が持っている。ヤオヨロズ(二次著作権者)だけで勝手に利用する事は そもそも出来ない。

c,原著作物である吉崎先生イラスト自分達(KFP)が持っている。

 たつき3Dモデルは、お世辞にもリッチとは言えない。(当初)商業価値は低いとしか思えない。

 自分達(KFP)なら類似派生物さえ何時でも作る事が出来る。

 

D,騒動以後、たつき3Dモデルが利用されていない。

 (3Dモデル著作権まで買い上げているのなら、既に人気のあるモノを利用しない手は無く。そもそも騒動にさえならない。)

e,福原pが関連スマホゲームリリースに際し「自社の著作物であると明言している。

 

 

 以上の事から私は

『KFP本体が油断したため、たつき3Dモデルの買い取り契約を忘れててヤオヨロズにも二次著作権が発生しちゃってる。』

 二次著作物の利用には[全著作権者]の合意必要な為、

1つの[契約ミス]から たつきけもフレに関しては、ヤオヨロズが イキナリKFPと[同等の権利]を持ってしまったが為に

パワーバランス崩壊企画暗礁に乗り上げていると、妄想している。

 

 

 著作権って素人が感じてる以上に【絶対的権限なのよねー。

とは言え、コレってゼニの話なので解決不可能では無いと好意的に考えている。

 馴れ合い と 仲良し は別物って事よねー。

anond:20180908185845

この件、たつき監督降板は覆らないとなった時点でうんざりして追いかけてなかったので、簡潔にまとめてくれてありがとう

版権管理問題だったというのは納得できた。

一方、別の枝の、けもフレ世界観を巡るクリエイター間の対立真相、というのもいかにもありそうなストーリーだと思った。

俺の「個人の感想」入ってるけど、たつき監督降ろしたら1期の放送前の下馬評通りのしょぼい3DCGアニメが出来上がるだけでビジネス的にも終わりでしょ、

たぶん関係者一同それをわかっていながら、どうして妥協できなかったのか、という疑問に答えてくれているから。

個人攻撃しかならないから、これ以上情報は出ずに、陰謀論に留まり続けるしかないのだろうけど。

anond:20180908185801

脚本家クレジットが途中から消された件もあったよな

「実際の構成たつき吉崎観音脚本たつきから」って説明だったけどクレジットたつきだけで吉崎観音はなし

そして脚本家は何もコメントしない代わりに自分プロフィールには「けもフレ脚本」を乗せ続けていたという後味の悪い件

と金の卵金の卵というけどKADOKAWAは実際そんなに実益あったの?

データを見てないから知らないんだけどグッズが売れたんだろうか

anond:20180908185845

吉崎がたつき降ろしたかったというゴシップネタ通りなんじゃないの?

嫉妬ではなく吉崎が世界観守りたかったと言うだけで。

Q. 吉崎が嫉妬でムクムクムクッなんじゃないの

KADOKAWAが吉崎とヤオヨロズではなくKFP構成企業ヤオヨロズの間で調整した点」

吉崎とたつき監督クリエイター対立を表に出したくなかったのでは?

かわんごは自分のことはいくらでも炎上させるくせに、東京都のTTFプロデュース小池知事とかスタッフなど他人に火の粉が飛びそうなときは黙って自分で火の粉受けて身を引く奴だし。

「降ろすことを決めた時期より後にコミケ特別許可を出している点」

8月13日コミケでいくつかの種類あったらしいので、それ作るなら吉崎の許可8月上旬降板のずっと前になる。

問答無用で降ろそうとしたのではなく条件を出した点等と矛盾する」

たつき監督が作って製作委員会で損する人はいない。

ヤオヨロズ厳重注意を受けた後、あえて委員会に報告をしない理由はない。

ただし2期制作において、「アニメ以前のけもフレ世界観とズレるエンディングにしないように」という条件なら、ヤオヨロズ暴走原作原案吉崎観音が怒る可能性はある。

もっと言うなら

アニメの前のゲーム漫画コケて終了してる。独自解釈たつきアニメは大ヒット。

アニメが進むに連れ吉崎観音Twitter言及が減る。

この二人が対立してないならお互いフォロー外しせず引き続き仲良くやってるはず。

騒動ケロロスタッフ方面から「吉崎先生キャラクター世界観大事にする方」という多数の擁護

騒動後「けものフレンズ 吉崎観音"コンセプトデザイン"展」という、けもフレ元々のコンセプトと原作を伝える全国ツアーの展示会を開催。

この辺で、たつき監督が引き続き延長線上でやりたかたことと、吉崎観音がやりたかたことのズレが大きかったんじゃないのか?

細谷Pの「たつき監督の2期をみたいなと製作委員会一同思ってました」「ビジネス的にもそっちのほうが上手くいくのも分かっていた」「つきつめていくと"両方の個人攻撃"にならざるを得ない」「吉崎先生が作ってくれて、たつきさんが育ててくれたけものフレンズを、、今後も応援していただければ」は、ほぼ実情を答えてるように聞こえる。

俺は漫画も見てないし、アニメ以前のゲームもやってないからどれだけ世界観のズレがあるかはわからんが、手塚治虫漫画海のトリトン」を富野喜幸監督して「テレビまんがのトリトン自分のつくったものではない」と手塚に言わせるほど全然違うエンディングにしたようなズレはあったんじゃなかろうか? これが「墓場鬼太郎」や「仮面ライダー」だったら水木しげるや、石ノ森章太郎の手離れがいいから、原作漫画TVがかなり違ってても許されただろうけど。

もしそうだとしても、吉崎観音を責める気にはならんけどね。ディズニー任天堂みたいに作家作品世界を守ろうというのは大事だ。日本ハリウッド映画監督オリジナル作品では制作費がつかないからと、原作コミックを元に勝手自分のやりたいことやるのもどうかと思う。1期アニメかばちゃん存在人類が滅亡したかのような、なんとなく不穏な空気が流れているが、富野トリトンみたいに「実はトリトン族が悪でした」と2期最終回ちゃぶ台返しされたら原作はたまったものではないだろう。製作委員会ビジネスリスクにはならないが、原作としては大きなリスクだ。ちなみに富野は反対されるのわかってて最終回制作までスタッフに知らせず秘密にしてたらしい。

だとしたら、たつき監督ザンボット3ガンダムに続くようなオリジナルの道を歩み、けもフレ原点回帰の道を歩むでいいのではないかと、外野の1人として思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん