「家庭内別居」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 家庭内別居とは

2020-05-17

anond:20200517130043

女にとっては大部分が幸せ結婚じゃなかったから、熟年離婚だの家庭内別居だのが多いし

夫が死んでから生き生きとし出す高齢妻が多いわけで…

そもそも大部分が幸せ結婚じゃなかったから、

娘に「私のような人生を歩まなくて済むように、必死勉強して結婚しなくても離婚しても生きて行ける力を身につけろ」と教育する母親が多くて

その娘世代大人になってそれを実行し出した(嫌なら無理に結婚しない・しても離婚出来るように職を捨てない)からそうなったわけで…

んで今はもう男女とも「結婚なんかしてもしなくても良い」って感覚多数派になりつつあるね

2020-05-12

教師の息子(失敗作)です

 

大学大学院とのんびりと生きてきた。その後シンクタンク就職したが出来ない仕事を振られ精神的に摩耗し精神病を発症

紆余曲折があり「本物の」障害者になった。

最終的に復職できずそのまま解雇され、実家から離れた遠い東京砂漠の片隅で親の経済的支援公的保障で何とか一人暮らししながら食いつないでいる(無職)。

結局自分は失敗作だったんだなと。誰の期待にも応えられていない。親に経済的負担ばかりかけている。

月刊少年ガンガンJOKER』を近所の本屋で買うという禁忌を犯したし、もうだめです。

実家の両親(特に父親)は自分障害者だということを知って内心せせら笑っているだろう。

教師の息子でも失敗作。それが自分

富川悠太アナの嫁とうちの嫁同じなんだが

富川悠太アナ鬼嫁と言う記事を見て、「あ、これうちじゃんw」って笑ってしまった。

我が家小学生の子供が1人いる3人家族

嫁は自分の親・兄弟と仲が悪く絶縁状態。俺の実家とは仲が良いが遠方なので年一会う程度。

結婚する前は嫁はすごい気が効く優しい人だった。が、結婚してから豹変ちょっとしたことヒステリック激怒するようになった。たまにトイレ電気を消し忘れただけで、鬼軍曹な太い声で「トイレ電気消せっていってんだろおおおぉぉぉ!!!」と怒鳴り込んでくる。本人としてはそれは怒っているわけではなくただの指摘らしい。ちなみに嫁もよく消し忘れる。

自身からも「家族だと思うと止められない」とはっきり言っていた。結婚前まではセーブしていたらしい・・・

かに結婚前に嫁の実家に行った時に嫁の親とか兄弟に「部屋が汚え!」と怒鳴ってたわ。あの時は「自分はこんな扱われ方はしない」って思っていて完全に正常バイアスだったわ。これから結婚相手を探す人は、親・兄弟との仲をよく見ておいた方が良い。ちなみに嫁も片付けられない人だ。

嫁はプライドが高く基本他人を見下している。その態度で友達を失ったこともある。そしてフェミニスト女性軽視な発言出来事には激昂する。怒りの沸点が低く、一般人の「それダメだよ」の軽い指摘が、嫁がやると「何やってんだおらああぁぁぁ!!!」になる。

嫁が他人を見下せるほどできた人間なら良いのだが、まったくそんなことはない。

怒りっぽい人のあるあるだが、他人に厳しく自分に甘い。怠惰暮らし体重は年々増えている。

出会ったとき正社員仕事はやめ、今は趣味みたいな利益ほとんどでない(ってか赤字?)仕事個人でやっている。他人に指図されるのが嫌いなので、組織で働けないのだ。そして家事全然できない。料理はかろうじてできるがそれ以外の掃除洗濯などは一切やらないのですべて俺がやっている。

子供にも同様に厳しく、幼児のころから能力開発系の通信教育をやらされ、今も習い事学習塾で忙しく友達と遊ぶ時間なんて皆無の状態だ。そして、うちの子不器用な子で、自分子供の頃と比べても勉強運動全然できない。そんなんだから、嫁はさらヒートアップ休校中の今は毎日家で嫁の怒号が飛んでいる。

最近の話ではないが、昔実際に警察も来たことがあるらしい。嫁の怒号と子供の泣き声で近所の人が虐待を疑って通報したらしい(その出来事があってから数年経ってから子供から聞いた)。そのときは注意で終わり、次またあったら逮捕しますということを言われたとか。

そんな嫁と俺との関係なんだけど、喧嘩する段階はとうの昔にすぎ、今は家庭内別居状態。完全にただの同居人。最低限の会話しかしない。子供のことに関しても俺が口を挟むとかえって炎上するので、暴力が起きそうなよほどのことがない限りは静観している。家にいても息苦しいので週末は日中公園とかで読書とかゲームとかで時間潰している。

子供はと言うと、そんなママでも好きらしい。嫁は子供には優しい時は優しいのだ。割合でいうと5%くらいだけど。そんな感じなので、子供のことを考えると離婚しづらい。したいけど。ちなみに嫁と離婚話をしたことも何度もある。

から離婚を言い渡されるか、子供社会人になるまでとりあえず我慢しようと今は思っている。

富川悠太アナも今同じこと考えているかなと思った。

2019-12-06

完全家庭内別居3カ月すぎて、その間従来の額のお小遣いしか渡していなくて、旦那の夕食の準備をしなくていいようになったからずいぶん生活が楽になったなーって喜んでたら、旦那からもっと金寄越せって連絡が来たw

まあ、そうだよね、しょうがないよね。

別居することを思えば安いんもんだし、一瞬イラっとして頭に血が上ったけど、全然いいや。

これが生活を圧迫するようになったら離婚かな。

2019-11-05

anond:20191105152345

よく人に投資するとか言うけど投資としては最悪の部類だよなあ。

別れるとか家庭内別居とか金融商品でいえば上がって得したとか下がって損したとかい次元じゃなくて株買った会社倒産したりそもそも証券会社がまともじゃないノミ屋だったりとかそういう次元だろ。

一夫一妻の元ではリスクヘッジも出来ないし投資というよりはギャンブルやで。

2019-11-03

妻が風俗に行ってたことが発覚した


今はセックスレスではない。挿入はしてないという。大きく意見が衝突したことがあり一時期冷戦状態になって家庭内別居の様な状態だった。

その時に感情的にも不安定になり数回風俗を利用したという。

発覚したのは妻のカミングアウトによるもの。泣きながら謝罪された。

女性風俗を利用するのかと思った。先日独女性風俗利用がホッテントリに入っていたが、既婚者の風俗利用はグレーよりの白?黒?どちらだろうか。

どう判断すれば良いかからない。

2019-10-20

完全家庭内別居になって1カ月半たった。

とうとう旦那が自室にソファこたつホットカーペットを導入した様子。

これは寒い季節になっても出てこないということですね。

了解しました。

そろそろ冷蔵庫も持ち込まれるかな。

電気代はお小遣いから払ってくれるのかな。

長年リビング放置してあった旦那趣味のものを部屋に置いたら、ゴミ箱に投げ捨てられていた。

あれだけ捨てろって言ってもきかなかったくせに、なんだ、捨ててよかったんじゃん。

さらバキバキにして木っ端みじんにしてやった。

あれは確か総額17万円したやつ。

ばっかじゃないの。

2019-10-13

完全家庭内別居になって1カ月以上たった。

いつもの夫婦喧嘩と違っていたのは、いつもは辛気臭いオーラバンバン出しながらも通常通り生活をしていた旦那が、自室にこもるようになったことだ。

朝は私の用意したコーヒーを飲み、私の用意したお弁当を持って仕事に行く。

帰宅後は入浴後に買い物に出かけて戻ってきてからは翌朝まで自室に引きこもる。

ちなみに第一出産後(18年前)から夫婦別室です。

夕食の準備をしなくていいので私としてはとってもラクチンで、辛気臭い顔をして無言でリビングにいられるよりかは勝手に引きこもってもらったほうがすべてにおいて快適で、もういっそ一生このままでもいいかなって思うんだけど。

高校生の息子はちょっとストレスになっているようで申し訳ないなって思う。

そもそもの原因が、モラハラ夫の早すぎる帰宅と、フルタイム仕事をしている私がそれに対応しなければならないという点だったので、本当に今は快適。

何度でも言うけど。

たまに私よりも先に帰宅してる時があるんだけど、リビングにどっかり座って、今日の夕食は何、ってビール片手に言われることのストレスと言ったら。

高校生の子供たちの帰りは遅いし、それに合わせて食事の用意をすればいいので、仕事帰りにのんびり買い物ができるし、お風呂だってみんなでまとめて入ることができるので効率がいい。

今までは夕方帰宅した旦那のためにお風呂を沸かし、夜に帰ってきた子供たちのために沸かしなおしていた。もったいない

例に漏れず早く死んでくれないかなって思ってるけど、今までは毎日2時間晩酌して飲み食いしていたのに、今では自室にこもる前に冷蔵庫からビール一本持っていくだけで、買ってきたお弁当だけを食べているようで、もしかして健康になってる・・・?と怯えてる。

一度あった給料日にはまだ全額家計に入れてくれていたけど、この先どうなるかはわからないという不安はある。

あと、旦那には私には申告しなくていい現場での現金収入があるので、それなりに自由がきくのだとおもうけど、それにも限界があると思うけどどうなんだろう。

毎日弁当買うのも結構な出費だよね。

私の知らない収入がそんなにあるのかな。

早く死んでくれないかな。

2019-10-09

anond:20191008225958

家庭内別居かなってくらいマイペース彼女と付き合ってたけどしんどかった

元増田はそういう相手とならうまくいきそうね 次に好きになった人がそういうのだといいね

2019-09-27

anond:20180323070849

別居が難しいなら、一ヶ月だけ家庭内別居したら?ご飯は炊いておいて、好きなものを買って食べる、洗濯物は自分で洗う、掃除共用部分は当番制、家賃光熱費折半とか。

2019-09-26

お母さんの自転車

夏休みの宿題で「お母さんと弟と市民プールに行ったけど休みでガッカリしたことが1番の思い出です」って作文に書いたら、お母さんに「なんで?」と怒られた。

そりゃそうだ。車の免許がないから行くところは限られていたけど、夏休み中、お母さんは電動でもなんでもない自転車の後ろに弟を乗せて、まだ自転車運転に慣れない私に「車!」「赤!」と声をかけながら、サマーランドやら母方のおばあちゃん家やら、いろんな場所に連れてってくれた。それなのに、1番近場での1番楽しくなかった思い出を書かれたら怒るに決まってる。

私としたら「楽しかった」だけじゃつまんないかな〜と、おませなつもりで書いた作文だったけど、他の子たちの「帰省」や「初めての海外旅行」の思い出と一緒に、「仕方がないかモスバーガーを食べて帰った」思い出が夏休みの文集に綴じられているのはたしかおかしくて反省した。

思えば、お父さん、お母さん、私の3人で借家暮らしていた頃から、お母さんの自転車の後ろに乗って、保育園、大きなダイエー、よくしゃべるオウムがいる近所の家、いろんな場所に行った。しばらくすると弟が生まれて、父方のおじいちゃんおばあちゃんと一緒に暮らす新しい家に引っ越した。

保育園に通い始めるようになった弟と補助輪付きの自転車さえ乗れないどんくさい私を乗せたお母さんの自転車は、買い物や保育園の送り迎えの道中よくすっ転んでいた。最初のうちは弟と一緒に「ウワーーーン!」と泣きわめいて「ごめんね」とお母さんに謝られていたけど、そのうち「あっ、倒れるよー」と予告されるようになり、「はーい」と上手に受け身をとって、助けてくれる通りすがりの人に「だいじょぶでーすありがとございまーす」と返せるほどになった。

弟がぽっちゃりしてきた頃、私は後ろの席を卒業し、坂道自転車押したり、良きタイミングで弟に「降りて歩け」と指示したりする裏方に回った。そのうち自転車に乗れるようになり、お母さんの良きパートナーとして行動の範囲を広げていった。

私がピチレモンを買うようになった頃、アウトレットモールがある南大沢によく行くようになった。と言ってもアウトレットモールは素通りで、目的南大沢から30分くらい歩いた場所にある激安洋品店タカハシ」。貧乏ってわけじゃなかったけど、コールセンターパートを始めたお母さんのお給料が出ると、私と弟の服を買いに3人でてこてこ歩いて行っていた。

服に興味のない弟の機嫌をとるために、駅とタカハシのちょうど半分の場所にあるモスバーガーでよくお昼ご飯を食べた。市民プール休みだったあの日もたしかタカハシに行くことになって、モスバーガーに寄ったんだった。

私が小学校卒業を控えた頃は、母方のおばあちゃん家ばかりに行くようになった。そんなある日、お母さんに「家を出ようと思ってる」と伝えられた。その頃、お母さんは私の部屋でご飯を食べたり寝たりしていて、いわゆる家庭内別居状態だったからあまり驚かなかった。お母さんの元気がなかったし、その方が良いと思っていたから、聞いて安心した。

「お母さんとお父さん、どっちと一緒にいたい?」と聞かれて「もちろんお母さん」と答えた。「弟はお父さんと仲が良いし、お母さんのお給料じゃたくさん食べさせることができないから、一緒には暮らせないと思う」と言われて「そうなんだ」と返した。その日の夕方、2人でスーパーに買い出しに行ったとき、お母さんに「中学生になったら髪染めていい?」と聞いたら「髪を染めたいならお父さんと暮らしなさい」と返されて、どっちもやだなと思った。

それから私が中学校入学するまでの間、お母さんはこっそり家を出る作戦を練っていた。お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん、弟にバレないように荷物をまとめたり、アルバムから私と弟の写真を何枚か抜いたりと忙しそうにしていた。

準備が整って、ついに出て行くことになった。最後まで「本当にお母さんと一緒でいいの?」と聞かれて、大事なことをたくさん伝えられて、「大丈夫」「わかった」とたくさん返事した。さみしい気持ちより、緊張でいっぱいいっぱいだった。

夕方タカハシで買った洋服とか、夏休み中に撮った写真とか、いろんなものをお母さんの自転車に積んで、よろよろと倒れそうになりながら、母方のおばあちゃん家に向かって押して歩いた。お母さんの自転車でいろんなところに行った思い出はこれが最後だった。

それからいろいろあって、私はお父さんに引き取られた。中学生の間は弟と一緒にワンルームのお母さん家に週末泊まりに行ってた。うれしい気持ち裏目に出て、お母さんの前で弟とよくケンカをしていたら「お母さん悲しいな…」と言われてしまって2人でシュンとしたこともあった。

だんだんペースがあいて、外でしか会えなくなって、病気がちであまり会えないって聞いて、ひさびさに会ったら「お母さん、対人恐怖症になっちゃったんだ」って手を震わせながら私たちと話してくれて、その姿を見るのがキツくて、会うのが辛くなって、今は連絡も取らなくなってしまった。何やってんだろう、私は。

最近よく「母親になったとき子どもに同じことをしてあげられるかな」って考える。お母さんがお母さんとしてしてくれたたくさんのことを思い出して、幸せ気持ちになる。今なら1番楽しかたことだけを書いた良い作文が作れそうなのに。何やってんだろう、お母さんは。

2019-09-21

旦那と一切口を利かない、食事を一緒にとらない、帰宅後の旦那が自室に引きこもる完全家庭内別居状態になって10日たつんだけど、子供二人との母子生活が成り立ってるってことは、つまり旦那なんていなくても経済面以外では全然困らないってことだよねー。

ワンオペのこと母子家庭状態っていうの、あながち間違いじゃない。

旦那いなくても平気だし、むしろ楽しい

お金さえ入れてくれたらほんと快適だからずっとこのままでいいや。

2019-09-20

幸せってなあに?

 わたし必死レポートを書いている大学生。そのレポート幸せについて触れた。

 わたしはずっと結婚する=幸せだと思っていた。結婚したら幸せになるよ!なんてよく聞くフレーズ。じゃあ、その逆。離婚したら?

 わたしの周りは結構そういう人が多い。なぜか昔から多かった。そういう世代なのかもしれないけど。(調べてみたら、厚生労働省データより、ちょうど離婚率の一番高い時期にわたしたちは生まれているみたいです。それからは緩やかに減少している。)だから、なんとなく(このこの親御さんはきっとシングルマザーなのかな)って分かるようになった。わたしは小さい頃から両親にも祖父母にも親戚にも可愛がられてきたんだと自覚していて、家族の話をするときはいろいろな人が出てきてしまうんだけれど、片親の子母親の話しかしない。むしろまったく家族の話をしない子だっている。そういう子にはそれ以降家族の話は振らない。

 親が片親の子は、触れるのを拒むことは当たり前だけど、必死離婚を隠そうとする。小学生の時、わたし友達は両親の離婚がバレないようにお父さんは海外出張していて帰ってこれないの、って嘘をついていた。

 そんな印象から離婚=不幸ってイメージがついたのかな。どうしても片親の子って、大変そう、かわいそうな子って思われるもんね。

 でもそれが不幸なことなの?ってわたしは思う。例えば、結婚はしているけど別居とか、両親の仲が悪く子供がそれに巻き込まれてるとか。そういう事情友達だって結構いる。家庭内別居とかは特につらい。自分がその立場になったとき、家を出ていっちゃうかも。そう考えると、それって幸せわたし幸せだとは思わない。(もちろん、金銭面とかの理由結婚しているふりの家庭は多いんだろうけど。精神的な健康に悪そう。居心地悪そう。)でも、それをどうにかできるわけじゃない。だってわたしたちは子供から

 自分は恵まれていること、それは昔からわかっていた。だからこそ本当の幸せって何なんだろうって今一度考えてみたい。

2019-07-03

anond:20190703152811

そのままの順

たいていの既婚者は一度や二度離婚しようかと考えたことはあるだろうし、家庭内別居状態夫婦もあるし。離婚再婚は1回くらい気にするものでもない。2回目からは何かしら抱え始める。

2019-06-12

とーちゃんとばーちゃんが遊びに来た

戦前まれの父方の祖母自閉症?の父の弟を連れて父が遊びに来た。話を聞くと結構三人でどこか行ってるみたいで、別にそれはいいんだけど年寄り年寄り連れて遊びに行くっていうのがなんとも言えない気持ちになった。上手く言えないけど。

その、なんとも言えない気持ちになった原因の1つは父の見た目で、東京オリンピックより前に生まれた父は15年くらい前にリストラされてからローン返すため今もバイトしてる。一時期昼と夜のダブルワークしててそのせいで一気に老け込んだっぽい。自分はそれくらいの時期に家出てるから老ける前の父しか知らない。別に老けるのはいいんだけど、方向が紳士じゃなくてジジイって感じに老けた。

母とは家庭内別居中で、生活時間帯も違うから全く会話もしないし、この先二人で仲良く出かけることは二度とないと思うから、父は父側の家族と出掛ける。よく分かんないけどなんとも言えない気持ちになる。

世間の老夫婦はどんな感じなんだろう。っていうかとーちゃんもっと紳士的な感じならこんな気持ちにはならなかったかもしれない。因みに大分前に亡くなった父方の祖父は見た目紳士だった。どうしてこうならない。

2019-05-31

リフレ嬢に恋をした

アニメとかガンダムとか好きなオタク気質人間だったけど、普通に生きようとして、それなりに普通に生きてきたと思う。

(人からしたら)おかしくなったのは、嫁が私を子供父親として見だしからだと思う。

両親が酒クズだったので、酒は飲まないかと思いきや、15ぐらいから酒クズとはいえ、飲む機会がそれほどないから支障はない)に落ちる。

大学偏差値55ぐらい)を中退ニート

バイトしたりしなかったりの生活

その時の彼女(その後結婚たから以後は嫁で統一)は好きだったし、真っ当な人生との唯一の接点だと感じてたし、クズ父親自分は違うってところを証明たかたから、専門学校行って就職して結婚した。

一流企業の孫会社で基本給は15万ぐらいだったけど、残業代出たし、結婚資金貯めて盛大な(といってもトータル300強)の結婚式挙げれた。

(括弧が多いのはウザいと思うのですが、どうしてもそのようにしか書けないです)

なんだかんだあって子供も生まれ順風満帆的な生活

数年間、リア充巣窟みたいな嫁ネットワークBBQしたりキャンプしたりして充実してるぶってた。

特に今思えばおぞましいのは父子4~5組で行ったパパ友キャンプ

いや、楽しかったんだけど、自分がそういう場で楽しめてるっていうのを思い返せばしんどい

なんだかんんだあって、第二子まれて、そっから歯車が狂い始めた。

というか、そもそも歯車なんて回ってなかった。

周りは回ってるけど、かみ合ってないのに、無理して回ってるフリをしていたんだ。

仕事がキツく、家庭にも実は癒しがなく、居場所がなくなった。

小遣い制だったから、遊ぶ金もない。

でも帰りたくもない。

仕事残業を減らす方向に動いてたから早く帰れたけど、家に居場所がないのです。

会社帰りに1円パチンコ打つ生活

勝ったり負けたり。

勝った時に、(当時はおっぱぶのすばらしさ知らなかったから&嫁に対する裏切りとかも気にしてたから)

女性を触れ合うことのない)オナクラに行った。

すごく楽しかったし癒されたけど、背徳感と通えない金の無さ。

それでも、(両親とはほぼほぼ絶縁に近い感じだったので)祖父母に小遣いもらって

とりあえずパチンコ行って(負けたら運がなかったという言い訳)勝ったらオナクラ(触れ合うことのないとかいうことはなかった)。

そんな時期に、私を救ってくれたのが、一人でも行ける飲み屋

たまたま飲み屋のお客さんにアイドルオタクが居て、アイドルオタクになった。

月の予算お小遣い+αの数万円だったけど、数百万の臨時収入あって、遠征民になった。

数百万は数か月で亡くなった。当たり前だ。アイドルオタクは金がかかる。想像以上に。

みんな細々とやってるか、そもそも高収入だ。

遠征行ってデリヘル呼んだりしない。

なんだかんだあって、嫁とは家庭内別居を経て、別居して、結局嫁から離婚を言い出された。

離婚して、養育費やらで生活に余裕はあるとは言えないけども、それなりに遊べてる。

小遣い3万とかい生活と比べたら、天国

しばらくはアイドルオタク続けてた。

けど、性欲の問題が出てくる。

アイドルは性欲(やら色恋沙汰)とは切り離して考えてるつもりだから、はけ口が要る。

ガールズバーキャバクラ、おっパブ

デリヘルやらホテヘルに到達するのは自然な結果だった。

そんな中でリフレやらなんやらとの出会い

そこに全てがあった。



続きは有料会員様限定コンテンツになります。(残り、118,765文字

2019-05-26

夜ご飯

汗だくで用意したのに寝てるし

なんなら作り始めてから布団入ったよね貴方

不謹慎承知で言うけどはやく介護認定受けられるくらいのそれにならないか

家庭内別居状態だった親の介護ほんとに精神にしんどい

2019-04-21

anond:20190421051429

それ別れたほうがよくね?

こいつは何言っても構わないってサンドバックだと思われてるわ君。せめて家庭内別居で離れないと君まで潰れる。

2019-04-10

不倫の行き着く先に幸せはない

それを自分の身で実感することになるとは思わなかった、というお話

ツイッターでわざわざ新規アカウントとって投稿することでもないしそんな気力もない、5ちゃんに書くとなると長文自分語りになる。

スカスカ恋愛脳クソ女と思う人が多いと思うけど、もやもやが止まらないのでここで吐き出させてくれ。

前提

私:20代後半女性、未婚、昨年夏部署異動

相手:30代後半男性、子持ち既婚、メンタル

発端は私自身の部署異動。入社以来総務や経理仕事をしていたが、もともと外向きの仕事希望していたこともあり、地域営業職への異動希望をだし、昨年受理された。

右も左もわからない自分に新しい上司メンターとしてつけてくれたのが相手の人だった。

その地域でもトップを争うような実績もあり、知識豊富で面倒見の良いベテラン営業マン。多くの新人がその人の元で育っていったということらしい。

ちなみに、私の会社組織が少し特殊で、自分とその相手の人は同じ建物仕事をしていない。そのため毎日顔を合わせるわけではない。

ただ、営業に同行してクライアントとの話し方や提案の仕方などを学ぶ“先輩”として自分もついてくれることになった。

相手からは本当にたくさんのことを学ぶことができたと思う。それは実務的な部分だけではない。とても楽しそうに、自信と誇りを持って仕事をしている姿は、

営業職の楽しさ」を教えてくれているのだなと感じた。そんな姿がとてもかっこよくて、とてつもなく憧れた。

そんな日々を過ごしていたある日、クライアントとのアポイント夕方になったため、その後お疲れ様会をしようという話になった。

もともと私は人とお酒を飲むのが好きであり、男性と2人で食事をすることに抵抗感がないことや、

(もちろん自分彼氏がいたり相手パートナーいる場合配慮するが)

仕事を通して仲良くなっていたこともあったため、本当に先輩や友達と飲みに行くくらいの気持ちで、2人で飲みに行くこととなった。

先に結論を言っておくと、この時点でそういう関係になったわけでもないし、ワンナイトしてしまったわけでもない。

ただ楽しく飲んだだけ。色んな事を話して、話して、とても楽しかたことを覚えている。

ただ、不思議だなと思ったのが、“家族”の話が一切相手からでてこなかったこと。

30代後半で家庭持ちだと家族話題って出てくることが多いから、この時点では「未婚かバツ持ちかなー」と思っていた。

ここで聞き出さなかったこと、本当に自分で浅慮で頭が悪かったなあと振り返って思う。

メンタル弱いということはこの時点で話してくれた。一時会社休職していたこともあるらしいが今は回復しているということで特に気にしなかった。

自分の中で憧れが恋愛感情に変わっていくのを感じた。

そんな中、きっかけとなった日が訪れる。休日プライベートで出かける約束になったのだ。

目的地で楽しみ、食事して、その後に相手から想いを告げられた。憧れていた人から自分も好かれていた事。

正直、とても嬉しかった。そしてその日から仕事パートナーだけの関係ではなくなった。

それから真実を知るまで、とても楽しく充実していた。仕事終わりに食事したり、色々なことを話したり、セックスしたり。

仕事もたくさんのことを教えてもらって。幸せだった。でもそれは自分けが自分たちだけの幸せだったのだ。

ある日、とうとう相手からカミングアウトされる。相手には奥さんがいること。中学生なる子供がいること。

だけど夫婦関係崩壊していて家庭内別居状態だということ。奥さん方の家族と同居(2世住宅?)しているが関係がうまくいっておらず、それがきっかけでメンタル不調が再発しているということ。

中学生の子供が高校生になったら離婚を考えていること。

それをきいて「あー、やっぱりかー」「そりゃ家庭の話はしないわー」と思うのと同時に「不貞行為する既婚男性常套句じゃないかーい」と心の中で突っ込みをいれた。

しかし、その時は頭スカスカ恋愛脳クソ女だった私は、正常な判断ができなかった。

メンタル再発するくらいひどい家庭なんだ!私が支えないと!私なら幸せにできる!」

うすっぺらな自意識バカみたいな正義感、そして発揮すべきでないところで出てきてしまった母性本能

「とりあえず“その時がくるまで待つ”」を選んでしまったのだ。

タイムマシンがあったらあの時の私をひっぱたいて目を覚ましてやりたい。

ちなみにメンタル不調は本当だと思う。相手食事がとれなくなり、職場の同僚だけでなくクライアントまでもが心配するくらい激やせしてしまっていたので。

(私といるときは少しだけ食事をしてくれたため、さらに一緒にいなきゃという気持ちになってしまっていた。)

カミングアウト後も、罪悪感を持ちながらも関係は大きく変えずに過ごしていた、頭スカスカ恋愛脳クソ女の私は完全に依存してしまっていた。

この関係の中で自分必要とされていることが嬉しかった。仕事で絡みが多いので完全に連絡をシャットアウトすることが不可能だったこともある。

しかし世の中は甘くない。悪は暴かれるのである事件は起こった。相手奥さんが私の家に訪れたのだ。

私は実家に住んでいて、父・母と暮らしている。

奥さんが訪れたのは、ちょうど仕事で私の帰宅が遅くなった日で、母が対応してくれた。

家を特定されたのは奥さん不貞行為証拠を押さえるために興信所を雇っていたのと、雇っていたその期間に相手の車で家の近くまで送ってもらったことがあったこから

帰宅後、母と長い時間話をした。母は冷静だった。もともと私の家は家族仲も良く、普段から色々なことを話せる関係ではあったので、母は私の話を聞いてくれた上で叱ってくれた。

こんな関係を続けて幸せになれると思っているのか?その相手と仮に一緒になったとして誰が祝福してくれるのか?奥さんだけでなく、未来のある相手の子供も傷つけている。

お互い慰謝料も払い、子供がいるなら養育費も払いで金銭的に困った生活になるのは目に見えている。母は私に苦しい人生を歩んでほしくないし、そのためにここまで育てたのではない。

また、奥さんが来訪した際に母と連絡先を交換しており、やり取りをしていたらしい。

聞いた話だと、奥さん子供の将来を考えて離婚はしたくないこと。また、私もまだ若い年齢だということもあり、正しい道に進んでほしいということを考えてくれていること。

おおごとにせず話を決着させたいと考えていること。

頭をガンっと打ち付けられた気持ちがした。同時になんて取り返しのつかないことをしたのか、と大きな後悔が押し寄せた。

私が見ていたのは、目先の幸せだったのだ。頭スカスカの私でもさすがに理解できる。

本当に申し訳ないと思った。自分の浅はかな考えで人を凶器よりもひどい方法で傷つけていて、かつ気を遣わせていることに、「取り返しのつかないことをしてしまった」と

ようやく、遅すぎるが気がつくことができたのだ。

それから相手とは会っていない。仕事でも一緒になることがなくなった。

しかし、相手メンタルがきがかりで、完全に連絡を絶つことができなかった。

やっぱり好きという感情にはあらがえず、そのままズルズルと一か月がたってしまっていた。

距離をとると冷静になるもので、やっと自分の将来について考えることができた。

多くのものを失ってでも一緒にいることが最適解なのか?私は自分家族友達と縁をきりたくない。それに人の不幸の上に自分幸せを創り上げることはできない。

もし自分相手が一緒になった場合はどうか?今も奥さん家族と不仲でそれが一因でメンタルに不調をきたしているのに、私の家族からも同様の扱いを受けてしま可能性が高い。

「愛があればお金はいらない」建前では言うことができるけど、本当にそういう境遇になったときに笑って同じことが言えるのだろうか?私にはきっとそれはできない。

私は相手幸せにすることができない。

引き際だと思った。

やっと、連絡をとることをやめることができた。そして現在に至る。

結局。

相手は結局離婚することになったらしい。メンタル不調により、休職はしないまでも営業職はおりてしまうそうだ。

私は奥さんにはこんなものでお詫びになるとも思っていないが慰謝料を支払った。

そして明日上司に退社の相談をする予定である

きっと自分人生は独りで終わっていくのだろう。自分幸せになる資格はないのだから

こんなだらだらと書いたもの最後まで読んでくれる人は少ないと思う。

ましてや現在進行形でそういう関係を持っている人や持ってしまいそうな人がここまで読むことはないとは思うが、今回私が感じたことを最後にお伝えしたい。

ばれないなんてことは絶対に、絶対にない。不倫の先に幸せはない。自分相手もいつかは不幸になるし、周りの人も全て壊してしまう。

全てを投げ出してでも続けるべき関係なのか?今感じているその“幸せ”は本物なのか?

渦中にいるとなかなか難しいとは思うの、自分自身も冷静に考えてほしいと思う。

どんな背景があろうが、そういう行為をした時点で加害者なんだよ。

この自己陶酔文章が、誰かが冷静になる一助になることを願って。

2019-03-23

性的虐待かもしれなかった話

昔の話をする。

詳しいことはカウンセラーにも誰にも話せなかった。多分増田はこういう時に使うのだ。だから今日書く。

最初最後になると思う。

実家所謂毒家庭だった。

父母私弟の4人家族、全員軽度の障害を持っていたように感じる。そんなわけだから親戚付き合いもなかった。父と母は家庭内別居理由父親浮気だった。

弟は私とだいぶ歳が離れていた。

半ば育児放棄気味だった母親の代わりに面倒を見ていたが、私はちゃん母親はやれていなかったと思う。

よくヒスったし、なんで私だけと思った。その時私は中学生だった。みんなが遊んでいるのが羨ましかったのだ。

弟の性の目覚めは早かったと思う。小学生の半ばくらいの時だった。

男性ならわかると思うが床オナにハマったらしかった。でも正しくは床オナじゃなくて、寝てる私の顔面局部押し付けてオナっていた。

私は嫌だった。嫌だったから助けてと言った。それを聞いて母親は笑っていた。私を見て笑っていた。

別に弟は恨んだりしていない。

性の知識もない年齢だ。まぁしょうがないよね、と思う。

嫌だったけど私は弟を完全に性的なことから断絶して育ててきたので理解してなくてしょうがないと思う。

でもなんで母親は助けてくれなかったのかな、大人になって色々理解して、最近あれは性的虐待だったんじゃないかなと思いはじめた。

思えば長風呂していても「風呂で何やってんだか」と言ってきた母親だった。(私は動きがトロいから長い)多分お前風呂でオナってんだろ(笑)的な意味で言ったんだと思う。

母親母親じゃなくて女だったんだなとその時わかってしまった。

なんで助けてくれなかったのかな。それだけが辛くて最近自殺を決意した。

子供と同等であった弟に性を完全ブロックしていた私も毒親だった。

自殺に失敗しても絶対子供は産まない。それだけの話。聞いてくれてありがとう

2019-01-28

書斎真実

結婚して10年近い、田舎に自宅を建てた

子供部屋もあるが、狭いながらも念願の書斎が手に入った。書斎というが、要は父親専用の個室だ(我が家夫婦同寝なのでベッドは無い)

ちなみに趣味模型なので、備え付けの机に工具や塗装道具も置いて、これからバリバリ作るぞ!と意気込んだ。もう、リビングの端で折りたたみテーブルでちまちまやれば良いんだ!と喜んだ

まぁ、これが作らないんだよ。そもそも書斎に行かない。確かに一人になれる。逆に家族をまったく感じない。リビングだったら周りの音聞いて、なんとなく夕飯の時間かな?とか、子供が見てきたり遊んで欲しいって言ってきたけど、書斎じゃ夕飯は呼ばれるまで分からないし、子供も寄り付かない。集中は出来るけど、寂しさは積もる。入ったこと無いけど独居房の気分

結局耐えられなくなってリビングプラモ作ってる。なんだかんだ家族を感じてるくらいがちょうど良い。書斎はそのうち納戸か、プラモを積む部屋になるのだろう

しかしたら、もう少し日差しが良かったり、もう少し広かったり、ベッドも置いて完全に自室にしたら変わったのかもしれないが、それを家庭内別居と思ってしま自分には無理だったのかも

ちなみに「奥さんは引っ込んでくれた方が喜ぶ」とか「奥さんの部屋はないのか?」って言われそうだが、部屋よりデカウォーキングクローゼット希望したし、そこまで倦怠期でも無い

2018-08-09

https://peek-a-boo.love/2018/08/06/post-3169/

名前があったんだ

カサンドラ症候群

これだ。全くこれだ。ずっと妻を苦しめてきた。

妻「言わないでもわかってほしい。頼んだ瞬間無意味になるものもある」

私「言われないとわからない。でもわかりたい。泣かせたくない。でもわからない」

お互い無力感だけを育てる日々だった。

「一方、夫婦となった途端に態度が変わる夫は、結婚後は妻を他者として認識しなくなるようだ。これまで妻にしてきたこと、言ってきたことを全くしなくなる。もはや妻の気持ち配慮する必要はないのだ。そのため会話もなくなり、むしろ独りでいたがり、妻は孤独に陥る。妻から否定裏切りになる。 」

これもあった。

相手を本当に尊敬している。

性格から見た目から価値観まで全部を愛してる。

妻の日常の何気ない行動を気高く、品があるなと思える。

見知らぬ人に親切で、真面目に働き、でも私を優先してくれて、いつも笑顔で、いくつになっても少女のようで。

そして私のなんの悪意もなく行ったことにいつもひどく傷ついている。

こんなに好きなのに、うまくいかない。

結局今は家庭内別居に落ち着いている。

妻は私を家族だと思わないと「期待」をせずどこまでも優しくでき

私は妻を一緒に住んでいる他人だと思うとビジネスのように接せるのだ。

私にとってビジネスのように接するというのは、今まで知り得た人間機微空気の読み方をデータとしてストック活用し(2秒以上の沈黙は納得していないと翻訳できる、今度とつけるときは逆に予定を曖昧にしたいとき、等)、多大な疲労を覚悟して、なんとか相手不愉快にさせず切り抜けることに全力を注ぐ、の意だ。

この人はそんなことをしなくても私を見捨てない家族だ、と思うとそれが停止するので前述の引用状態に陥る。やっとリラックスできる、と思って本来自分の考え方のまま楽に振る舞うと、なぜか相手が泣いてしまう。

からどこか冷ややかに、こういうこといっておけば喜ぶんだろう?という気持ちで吐いた言葉に本当に喜ばれてしまっては「感情を重んじる割にお前ら演技されて本当に嬉しそうだな」とうがった見方になってしまう。

変わりたいな。頭を強打して今日から普通の人になれたらいいのに。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん