「ウトウト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ウトウトとは

2020-06-20

ずーっとブツブツ言ってるおっさん

それはもう十年以上前の話だ。

僕は朝五時には起きて、五時半くらいに家を出て、五時四十分くらいの電車に掛け乗り、そこから乗り継ぐこと約2時間という結構通勤時間とある職場毎日出勤している生活だった。

そこへ行くには、電車パターンが幾つかあって、一番早いのであれば一時間二十分で着く。

どうしてそれを選ばなかったかと言うと、ある路線を使うと非常に快適に通勤出来るからであった。

それは特急列車で、ゆったりした座席があり、しか特急料金がないのである

そして、目的駅につくまでしっかりと睡眠を取るのだった。

ところが、時折この快適な睡眠邪魔する人がいる。

毎日ほぼ同じ時間特急を利用していたのだけれど、朝は同じ人が乗り込むことが多いので、曜日に寄ってはやたらめったら会話をする人がいたりするわけだ。

それで、そういう乗客とかち合わないように、曜日によって時間を変えたり色々工夫して快適になり始めた半年くらいたった頃。

 

どういうわけだか知らんが、なぜかそんな風に時間をずらしても、いっつも同じ時間帯の列車に乗ってくるある一人の四十代後半くらいの男性がいた。

敢えて表現すると、頭がうっすらはげたメガネを掛けた背が低めの小太りのサラリーマン風のおっさんである

別に特にそれが目立つと言うよりはむしろ雑踏にいたら誰も気付かないようなおっさんである

でも奇妙なことに、何故かいっつも一両か二両くらい、あるいは同じ車両に乗り込むプラットホームの待機ポジションにいるのである

余りにいつもいるので、二ヶ月くらいそれが続いて、正直気味が悪くなってきた。

こっちは一定ではなく、ランダム時間を変えているのに、である

但し、こちらに意識を配っている気配はまったくない。

そもそも全く知らんおっさんである

そのうえどうやったらそんなピッタリ時間を合わせられるのか、まるで理解できない。

 

ほんとに気味が悪くなって、敢えて三十分くらいずらしたら、その時はいなかった。

また路線を変えても現れない。

ストーカーされてるわけでもないんだなぁと思って、元の時間に戻したら、ふと気付いたらまたいるのである

何なんだあれ? と思ったけれど、一旦無視することにした。

しかし、毎日毎日そいつはいつもいるのだ。

でもそのうちあまり気にならなくなり、慣れてしまって、そして通勤し始めて一年くらい経ったときのことである

 

その日は何故かおっさんはいなかった。

たまーに、だけどいないことは確かにあった。ほんの数回だとは思うけど、あるにはあった。

でも別にそれを不思議に思ったり、心配したり、あるいはその逆にホッとしたこともない。

但し、いないならいないで、「今日おっさんいないんだな」くらいには思っていた。

で、ほんの少しくらいはあたりを見渡していないことを確認する癖がついていた。

だってねぇ、慣れたっつってもやはり気味が悪いことには違いないから。

からおっさんに対する意識はあったのだけど、この日は全く不意を疲れた

電車に乗り込んでも、僕はいものように辺りを見渡すことをしなかったのである

 

全く度肝を抜かれるほどびっくりした。

なんとそのおっさん、僕が座ろうとしたボックスシートの窓際の席に既にいたのである

本気で心臓が飛び出るかと思った。

一体いつそこに座ったんだ? と。

 

でもその前も横も後ろも、続々と座席は埋まっていて、座る席はそのおっさん通路しかなかったので、そこに腰を下ろすしかない。

今更次の電車を狙うこともバカバカしいし、僕はおっさんの席の隣りに座ったのである

そして気味悪い独り言をずっと聞かされる羽目になったのだ。

 

別に全然顔見知りでもないので、特に何も話すこともなく、向こうからしかけてくることもなければ、視線も合わさなかったのだけど、電車が動き出して十分程経ち、

別に何も心配することもなさそうだな・・・

と思ってウトウトし始めた時にふと気がついたのである

(? このぶつぶつ誰かが喋っているような喋ってないようなこの音は一体どこから聞こえてくるんだ?)と。

どうも窓の外からか、ガラスに何かぶつかってでもいるのかと思ったら、その窓の方を向いておっさん独り言をずっとブツブツ言っているのだ。

余りに小さな声で、しかし、電車の音に紛れて聞こえないほどでもないくらいの、ギリギリの小さな声で一人つぶやくそのおっさん

気になって眠れやしない、延々それが止まらない。

あんな気味悪い思いしたのはあの時一回だけなんだけど、とにかくずーーーーーっと、何か日本語のようなものつぶやく

でも全然判読できない。

しかし、どうも抑揚だけはあり、聞いてたらそれに慣れてきて、到着駅に着く二つか三つ前の駅で、ほんの僅かだけ聞き取れたのだ。

それは言葉はもう忘れてしまったけど、文字にして数十文字くらいの文章だった。どうも何かに書かれたストーリーのようなものだった。

 

そして、いつのものように、おっさんは僕よりはまだ先の駅で降りることは知っていたので、僕だけが降りたのであった。

ところが、だ、その日以来、おっさんと会うことは一度もなく現在に至る。

意味がわからない。ともかく、多少は気になりつつも、別に寂しいと思うわけでもなく、物足りなさもなく、そのまま残り三年くらいでそこの職場への通勤を終えた。

 

で、そのおっさんがつぶやいた内容が、何だったか

僕は文学者でも小説好きでも何でもないので、全然知らなかったのだけど、おっさん遭わなくなって一週間くらいかなぁ、経った時にその言葉ネットで調べたのである

それは金色夜叉の一説だったのである

今はもう覚えていないが、確か、

 

・今月今夜のこの月を〜涙で曇らせてみせる

 

みたいな、セリフっぽいものだった。金色夜叉なんかその後も読みもしていないけど。

今でもその意味不明な記憶が頭から離れずこうやって時々思い出す。

あのおっさん、一体何だったんだろう?

2020-06-18

マドロスさん

なんだかウトウトしてしまった。もうこんな時間(時刻)か?_| ̄|○ なんだかんだで子ども小学校から帰宅してくるなぁ。そしたら騒がし靖子になるなぁ。カフェまだ残っていたかな?どうしても腹が減るって感じでもないよなぁ。

2020-04-30

anond:20200430094048

僕はかれこれ10年ほどこんな生活をしてるよ。全く慣れないから周りで普通に働いてる人が不思議だよ。なんでだろうね。

頭悪くて学校でもいつもウトウトしてたしボーっとしてたか高卒だよ。職歴派遣のノースキルから転職も無理そうだし、正社員としてやって行ける自信ないよ。派遣の単調な仕事ですら処理していくのいっぱいいっぱいだよ。

2020-04-17

あんまり眠れなかった

珍しい

夢は見たから少しはウトウトしたんだろうけど

2020-04-10

やっとこさ起床した

息子の寝かしつけで一緒に寝落ちしそうになって、なんとか起きた。テレビの前でウトウトニューヨークで爆発的な感染人数の増加があったとかなんとか。「もしかしたら感染してるかも」思って殺到した人々が邪魔重症患者措置が後手になるとか・・なんか民度低すぎ。これが世界一豊かな国の民のやることか??そのように感じた。

2020-03-29

コロナで外出規制東京にて

コロナ騒動がはじまってからというものブクマカがそれぞれ何かに怒りまくっていて、見てるだけでもストレスが溜まるので、自粛要請が起きただけでなんでもない、特に怒らない、震え上がらない、泣き叫びもしない日常について書こうと思う。

別に恐怖テイストにならない。

バイオハザード大喜利はやりたきゃ勝手にやって。

3月26日木曜日

週末の外出自要請都知事から出たのを受け、昨夜からスーパーパニック買いの行列とのこと。

毎週身体を動かしてるけど、多分ジムダメスポットなので家にいるしかない。

食べるものがなかったら切ないので、昼休み職場の近くのコンビニに行く。

玉ねぎと鯖の水煮缶、ツナ缶サラダチキンがあったので、一応買う。

PayPayの残高があったので、Yahooショッピングを物色したところ、米があったので買う。

さらについでに洋服サブスクリプションサービスレンタル枠があったので、極彩色スウェットレンタル

仕事帰りにスーパーに寄ると米や乾麺、肉類、卵、硬い根菜がない。

空の棚はなかなか壮観。

でも牡蠣や生鮮野菜練り物厚揚げきのこブルーベリー大根紫キャベツ梅干しはある。

牡蠣オイル漬けに、トマトズッキーニラタトゥイユに、菜の花おひたし練り物ときのことブルーベリー冷凍に。大根中華風醤油漬けに、紫キャベツ甘酢漬けに。

ついでに調理に使うオリーブオイル醤油を買う。

引きこもるしかない週末でも作りおき料理で乗り切ると腹を決めてしまえば楽しい

帰宅後、牡蠣オイル漬けを仕込み、菜の花おひたしラタトゥイユを作る。

0時を回ってしまった。

3月27日金曜日

料理で夜更かししてしまったのでちょい寝不足

さな子供がいるクッキングパパの同僚と料理の話で雑談。だいたい失敗談など。料理は失敗して上手くなる。

週末はその料理をしつつ作り置きを消化していくことになりそうだけど、ネットプチ断食健康にいいと聞いたので、せっかくだから今日から明日昼まで断食してみることにする。

断食前の昼食のお弁当は25日に作ったタイカレー最後ストックサラダ

赤い。辛い。うまいKALDIアジア料理好きの自分にとっては食卓ナイスサポーター

職場リモートワークの全社本格導入が真剣検討され始める。

自宅にも大型モニターはあるけど、椅子と机が貧弱。椅子なんか折りたたみのデッキチェアだもん。

せめてお尻が痛くならないクッションもあったほうがいいかも。

仕事が上がって帰宅

大根醤油漬けを作るため、5cm×1cm×1cmの短冊切りをして、ざるに並べて首が真上に向く扇風機に乗せて夜通し乾燥させる。

紫キャベツを千切りして、ローリエをとタイムを入れた甘酢につける。

紫キャベツ甘酢漬けは別にめちゃくちゃ美味いというものではないけど、汁ごと目の覚めるような赤紫になるから好き。

その作業をしていると、最近仲良くなった人からLINE新宿御苑入園規制と週末の雪のニュースを聞きびっくり。

日曜は天も「外に出るな」と言っているかのよう。

3月28日土曜日

起床。プチ断食をはじめてからもう20時間経っているけど、案外辛くない。

昨日の夜に乾燥させた大根を瓶につめて、上から醤油紹興酒花山椒の漬け液を流し込む。

食べごろは3日後から。一昨日仕込んだ牡蠣オイル漬けは5日後からなので、来週の半ばからはこれらが食卓に登場する。

やることないので掃除結構いろんなところが気になる。

それにしても午前中に指定しておいた宅配12時回っても来ない。

やってきたのは12:30。「宅配多いですか?」と聞くと「多いですね・・・」でしょうねぇ。

プチ断食がもうすぐ明けるので回復のためのおかゆの準備。

さっきまで別に辛くなかったのに、お米を炊き始めたり、乾燥味噌汁を用意しているとめちゃくちゃ唾液が出てくる。

おかゆガラスープで炊いて、溶き卵を流し入れる。

菜の花おひたしサヤエンドウ胡麻和え、梅干し海苔食べるラー油KALDIで買ったエビの辛い中華ソース的なものトッピングする。

24時間ぶりなのでめちゃめちゃ美味い。そしてエビ中華ソースがめちゃめちゃ辛い。

Youtubeを見ていたが、断食のあとの食事のためか眠たくなってウトウト

目が覚めてちょっと甘いものが食べたくなったのでスーパーに行くと、品薄は嘘のように解消。

でもなぜかスナック菓子の棚だけ空。ポテチかっぱえびせんがない。消費者の振る舞いが謎。

いちごミックスナッツを買って帰る。

ちょっとだけ筋トレして夜までダラダラ、夕食もおかゆ

最近み始めた鬼滅の刃を見ながら食べたけど、流血が多い。おかゆ食べながら見もんじゃないな。

3月29日日曜日

何回か目が覚めるたびに二度寝三度寝して11時すぎに起床。

ベランダを開けると雪。結構降っててびっくり。

在宅勤務に備えて物置状態だったデスクまわりの片付け。

しばらく掃除して、クッションを物色しに島忠へ。

しかし、島忠インテリアフロアを見ると、意外と椅子が安い。

まり高いのは無理だけど、どうやら¥9,000くらいでまあまあな椅子が買えそう。

クッションが¥2,000なんで、それなら椅子を買ったほうよさそう。

あとで楽天amazonをチェックしてみよう。

結局、情報だけ手に入れて手ぶらだが、ベローチェサンド結構好きなので、帰りにテイクアウトしに寄る。

いつもはお年寄り集会場になっているベローチェも、雪と外出自要請で閑散。

「さすがにちょっと閑散としてますね」「・・・そうですねえ、雪もありますし(苦笑)」

帰り道、コーヒーを飲みながら、雪景色にそぐわない満開の桜をパシャリ

サクッとした食感のベローチェサンドをかじって、筋トレ筋トレ後はプロテインココア味でまあまあ美味しい。

デスク周りの片付けと掃除を再開。

しばらくして、だいたい在宅に移れる見通しが立った。これで安心

晩ご飯は炙ったサラダチキンラタトゥイユぶっかけて、付け合わせは醤油漬けで余った大根を使ったツナ大根シーザーソースサラダ紫キャベツ甘酢漬け。

甘酢漬けはワインのように鮮烈な紫。

つけあわせがまあまあうまく行ったので明日のお弁当にも採用

ご飯を食べ終わったらLINEの人に桜の写真を送る。花見も雪と外出自粛で持ち越しだね。

ついでに撮った東京2020横断幕送信こちらも残念、また来年

風呂に入って一息、しないといけないことはもう大体済んだな。

あとは鬼滅の刃アイドル番組をみたらこの週末もおしまい

来週はどうなるのかな、まあいろいろ起きるかもしれないけど、なんとかしていこう。

2020-03-28

昨晩、数年ぶりにノロウイルス胃腸炎の症状で苦しんだ。

鉄砲のような嘔吐下痢、鼻水、涙、胃痛、冷や汗。

トマトジュース飲んでたかトイレ真っ赤。

ビニール袋持ってソファで丸まって、痛いけどゴロゴロ

体の向きを変えると胃の中で胃液か何かが下に移動して

その部分の胃壁がすごい痛む。

胃の中にも神経があるんだなと思った。

粉薬の整腸剤飲んだけどそれはあまり変わらなかった。

でもたぶん飲まないよりはマシ。

胃は水分が無くなってもまだ吐こうとするので

水飲んでやるとまた水鉄砲状態

ポリ手使ってウイルス拭きやったり気をつけて

湿度も40パーセントぐらいには保ってたが

ちょっと薄着でウトウトして寒気が出ると

すぐさまウイルス活動し出す。

なので厚着で体を温めて3時間ぐらい苦しんだけど

眠り込んで起きたらだいたい痛みは取れてた。

ごめんな自分の胃よ。

2020-03-22

監視カメラの思い出

学生時代とある斎場警備員としてアルバイトしていた。

夜勤だったがほぼ警備室に詰めるだけだったので楽で時給も良く、さら通夜ぶるまいの残りを食べさせてもらえる事もあり貧乏学生には非常に嬉しいバイトだった。

警備室には各部屋の監視カメラ映像がありそれをぼけーっと眺めている時間が大半。

お葬式日中に終わってしまうので、俺たちが働くような夜勤時間帯で監視カメラ映像に映るのは半通夜が終わり誰もいない祭壇だけが映されている事が多い。

それでも寝ずの番をされる方も少なからずいて明け方まで故人との別れを惜しむ人もいる。

ある日、いつものように余った寿司を頂いて警備室でウトウトしながらハッと起きると棺桶に顔を伏せて悲しんでるご遺族の映像が映ってた。

時間は夜中の1~2時位だったと思う。

若い人なのかな?気の毒に」と思いながらそのモニターを見ていると、そのご遺族の方が突然パッと顔上げて思いきりモニターの方を見てきた。

俺は自分直視されたような気がしてドキッとした。

解像度がよくないから表情は分からなんだけど、さっきまで棺桶に突っ伏して悲しんでいたご遺族の方が突然カメラの方を見つめているのは明らかだった。

監視カメラから相手には分かりようがないんだけど、思わず怖くて目をそらしたが少ししてまたモニターに目をやるともうずーーーーっとこっちを見てるんだよ。

怖くて怖くてモニター消そうと思ったけど消し方分からなくて、モニターが視界に入らないように必死に本とか読みながら夜警から帰ってくる同僚を待った。

同僚が部屋に戻ってきてホッとしてモニターに目をやるともうそのご遺族の方はいなかった。

あれ以来、ドラマ映画の作り物でも監視カメラ映像とか見るとあの時のこと思い出して怖くなる。

2020-03-15

週末ほぼ寝たきり生活

なんか調子が狂う。土曜日は午前中も午後もウトウトしたにもかかわらず、午後9時に就寝。まあ寝込んでるのと一緒。歯磨きも忘れた。今朝慌てて磨いた。鼻水が凄いとか喉が痛いとかいわゆる一つの風邪の諸症状は出てこない。このような疲れの原因はなんだろう?思えば、週の始まりに日帰り出張を強行した。その時は片道3時間半道のり。木曜日は、朝からくだらない仕事挙句の果てに午後は7時まで「缶詰」。ずっと座って作業。肩が痛い。金曜日金曜日で午後夕方前に集まりがあり、これがまたくだらない内容でサッサと終わればいいのに、1時間くらいダラダラ。無意味疲れた。木曜午後の作業は、職業人としての義務なので、まあアレとしても・・( ^ω^)・・・「日帰り出張」は、やっぱりやめときゃよかったわ.14・15・16日は《なか卯の日》だなぁ。牛丼でも食べるかな?

2020-02-19

眠くてウトウトすると、頭の中によく東レサウンドロゴが流れてくる

ウルルン滞在期で流れてた

2020-01-10

エロ動画漁りをしていると眠くなる

見始めた時にはもうウトウト

そしていつの間にかぐっすり寝てる

いつもは不眠症並みの寝付きの悪さなのに、なぜエロ動画を見てる時だけこんなに眠気が襲ってくるのか

興奮が作用

2019-12-19

駆け込み乗車より駆け抜け下車が危ない

鉄道の乗車マナーとして駆け込み乗車の危険性は世間一般的に良く周知されていると思うけど、これよりも「駆け抜け下車」はあまり注目されていない。

駆け抜け下車とは、一言で言えば電車の扉が閉まる間際に、降車客が車内からホームへ猛ダッシュで走っていくことである

電車に乗っていると、たまにこの駆け抜け下車に遭遇することがある。

車内で座席に座って、ウトウトと眠っている人がいる。

電車が駅ホームに到着して扉が開き、しばらくすると発車ベルが鳴って扉が閉まる段階になる。

そして眠っていた人がハッとしたように眠りから覚め、その駅が降りる予定の駅だったのだろう。

座席から立ち上がって猛ダッシュで閉まりかける扉へ向かって走り出すのだ。

駆け込み乗車と違って、駆け抜け下車は車内の出来事なので車掌や駅員からは全く見えず、こっちの方が危ないと思う。

2019-12-04

[] 76 不安

 明らかに睡眠不足で、日中ウトウトしてしまうのだが、少しアプリがうまくいかないと不安支配されてしまい、コミュニケーションが狂い出す。

なんとかしなければという思いに捉われて、空回りし出す感じ。空回りして一手ミスると更に不安に襲われ、のループ

普段は街で美女を見たところで何も思わないのが、睡眠不足で疲れ切っていてネガティブになっている結果、世の中でいか等価交換が行われているか自分差し出せるものがないか自覚的になってしまい、絶望する。

元々学校クラスで浮いてしまタイプだったから、コミュニケーション世渡りが下手で就活もうまくいくはずがなく、大企業に入れるはずもなかった。

そこを踏まえた上で、這い上がっていきたかったわけだが、どうにかなるものなのかこれは。

自分より何もかも優れた人がごまんといる中で、どうしたらいいのか。

寝不足日中の行動にも支障が出ているのが、良くない。

時間睡眠でも頭が回ると言う人はいて、そこは身体を鍛えたりすることである程度は改善余地がある気がするが、体質なのだから仕方ない気もする。

寝ればいいのだ。簡単な話だ。

しかし、朝に惰眠を貪るのはいくらでもできるが、夜に早く寝るのは、なかなかできない。

意識すれば早く眠れるようになるだろうか。

眠れない原因を自分メンタルではなく外部要因に置いているのがいけないのか。

自分心の問題だと認めることは難しい。

そうだな、本当にどうしようもない人間だが、3大欲求だしな。フードスタンプならぬ、睡眠スタンプだ。クズにも寝る権利はある。全然うまくいってないのに寝るなんて。いや、睡眠は当然の権利だ。

規則正しい生活というのは難しい。

2019-11-28

排卵後の眠気がやばい

定期的に殺人的な眠気に襲われるんだけど、気付くと決まって排卵予定日の数日後なんだよね。

から確実に黄体ホルモン増加の影響だろうと疑っているんだけど、これが睡眠薬と同等の眠気の強さとかネットでみた。でも会社の人そんなの知らないじゃん。特に男性には理解できないだろうよ。

もうほんと意識を保つのも難しいくらいの眠気なんだけど、同僚の女性社員達はそこまで酷くないみたいで、私だけなんかウトウトしてる人みたいに思われていたら悲しいし、というかとにかく眠くてつらい。

生理痛はあまり重くなくて、生理周期もかなり整っている方なんだけどほんとこの眠気やばい死ぬ、死にそう。(死なない)

誰かこの異常な眠気わかってくれる人いないだろうか。眠すぎて何もできない。

2019-10-21

[]【4】2019 秋、マレーシアシンガポール

<< この旅行記の先頭へ


anond:20191021090813




Day,4



4日目

土地の子」と「マレーシア人


昨夜の夜遅くにニョニャクエと共にジャスミンティーを流し込んだ為か、昨日の夜ほどは眠れなかった。

まあただ、今日は長時間バス移動があるので、少しくらいはウトウトできるだろう。

今日12時にはホテルをチェックアウトし、バスシンガポールに向かう。

ホテルで見たマレーシアテレビは、全く違う言語の4チャンネルがある。

マレー語中国語タミル語英語だ。

日常の全ての瞬間で、全く別のバックグラウンドを持った人々が暮らしていることを実感する。

民族対立は無いのだろうか?少し調べてみる。

あった。

マレーシアでは、人口の半数以上を占めながら経済的には必ずしも恵まれていないマレー系、その他マレー半島カリマンタン島少数民族を、企業設立時の税制国立大学試験優遇する「ブミプトラ(土地の子政策」が取られており、その事が民族間の対立感情を呼んでいるという事のようで、この辺りは中華系が主導権を握るシンガポール独立にも話が発展したりしている。

また、マレーシア国内には混血や世代交代を繰り返し、マレー系少数民族中華系、タミル系、どの民族にも括れない人達が多数存在し、そう言った人たちは青春時代自分アイデンティティに悩んだりもするらしい。

だた、ブミプトラ政策格差縮小という本来目的から離れて、より民族主義的な捉え方で推し進めた政治活動は揺り戻しにあいアイデンティティに悩む2世3世も、「なになに系」ではなく「マレーシア人」として自己を捉えなおしたりするという事で、「民族国家」と「多元主義」の間で揺れるのがマレーシアと言う国のようだ。

宗教対立」についてもあるにはあるが、どちらかというと「経済格差」による感情の縺れの後付けのようなものしかなく、「民族」「宗教自体に関しては、「そこにあるもの」として自然に受け入れているように見えるのが印象的だった。

ホテルをチェックアウトし、シンガポールへのバス便が出るマラッカセントラルに向かう。

GRABでタクシーを捕まえると、運転手のおじさんは「ありがとうございます」と日本語で言った。

おはようごいざますこちらも日本語で。

それ以降は「どこへ行くのか」「シンガポールへ」「マレーシアは暑つすぎます」「雨が降って無いよね」「私は運がいい」など英語簡単なやりとりをしているうちにマラッカセントラルに到着した。

長距離バスに乗ってしまうとトイレがないので、今のうちに済ませておく。

受付のお姉さんにチップを払いトイレへ。

そう、マレーシア公共施設トイレ使用チップ必要で、「トイレの受付」さんがいる。

高級ホテルの「紙もあるものの、文化としてちゃんと常備してある」尻洗いホース使用の予習していたので、ホースで尻を流すスタイルにも対応できた。

衛生観念の違いは深く考えすぎない方がいい。

ここはまだマレーシアだ。

でも、今回自分がそうしたように、マレーシア旅行に行くならロールのトイレットペーパーを持っていった方が良い。

バスチケットを購入し、出発ゲートでしばらく待っていると、シンガポール行きのバス便が到着した。

マレーシアよ、しばしの別れだ、明日の夜にはまた戻る。



シンガポール、雨の入国


長距離バスに揺られて3時間ほど、ネット情報によるとこのままマレー半島シンガポールを繋ぐ橋の前後出入国審査があるらしい。

大きなバスターミナルに到着し、皆ぞろぞろと降りてゆく。

ここで出入国かな?

しかし、慎重過ぎるほど慎重に調べるべきだった、実のところここで降車すべきではなく、そのまま乗っていればまたバスは発進するのだった。

しばらくうろついて「間違えたか?」と気づいた時にはもう遅い。

バスは出発してしまった。

バス誘導をしていたおじさんに対応をたずねるがうまく言葉が通じない。

そのうち、浅黒い、というかかなり褐色みの強いおじさんが話しかけて来た。

どうやらここはタクシー入国するためのプラットフォームらしい。

話していると増えるおじさん。

3人ほどの褐色のおじさんとスマホ翻訳を見せてコミニュケーションを図る。

国境を越えて目的ホテルまで運んでやる、80シンガポールドルだ、という。

リンギットで、と言うとレート計算をして240リンギット

しかけてきたおじさんのタクシーに乗るなど、危なっかしい事この上ない。

その上値段はマレーシア市内で利用するとき10倍以上の値段だ。

「マジか、高すぎじゃね?」と思ったが、逆にこの高さがある種の信用の根拠となった。

たとえ怪しいボッタクリだったとしても、すでにこの価格なら得るものは得ている。

この上旅行者を引っ掛けてお互いを危険晒す合理性が薄い。

その上、自分には選択肢がない。

運に身を任せることにした。

そもそも2年前の台湾から始まって、この旅行記を書き始めたのは、その体験自分にとって心動かされただけでなく、そんなに若くもない歳で、英語も大してできなくても海外旅行はできるし、実際に行ってみると自分が「世の中」だと思っていたものが「世の中の一部」でしかないと発見して、世界の多様さや美しさを感じられるからで、そんな旅行に行ってみたい、と思える人が増えればいいな、と思ったからだ。

からまりに高いハードルを超えたり危険を冒したことを自慢する気は全くなかった。

こんな危なっかしい越境は全く勧められたものではない。

皆さんもマレーシアから陸路シンガポール入国する際はぜひ写真付きのたくさんの情報を集めてほしい。

タクシー出入国審査の前で渋滞に巻き込まれた。

歩みがゆっくりなので、タクシーによる入国について調べてみると、確かに確立されたルートで、自分が払ったシンガポールドル換算で80という数字もやや高めである常識範囲を出ないものらしい。

外を見るとスコールが降ってきた。

こうなると、降車の必要がなくドライブスルー形式出入国審査が済ませられる(!)タクシー入国は高い金を払うなりの価値はある様だ。

長蛇の列の出入国クリアして、シンガポールに入り飛ばすタクシー、予定より2時間ほど遅れてシンガポールホテルに到着した。

マレーシアでは東横イン以下の一泊7,000円でキングサイズのベッド、共用にジムプールサウナがついたラグジュアリーホテルに泊まれたが、ここシンガポールでは一泊10,000円で「東横インの方がまだマシだ」というような、窓のない上にセミダブルベッドで居室が埋まってしまうようなホテルしかまれない。

さっそく物価差の先制パンチを食ってしまった。

いや、タクシー価格で既に1発食っていたのかも。



不安なヴァルハラ


部屋に荷物を置いて、シンガポール名物、肉骨茶を食べに行く。

街を歩くと、その発展度合いに目眩がしそうだ。

東京を超える隅から隅まで行き届いたゴージャス具合。

夜の街を一人で歩いて全く心細くならない賑やかさと綺麗さだが、橋一本超えただけでこの経済格差自分価値観に揺さぶりをかけられるみたいでちょっと心がザワザワしてくる。

マレーシアから独立たからこその発展なのだろうが、その前からもこの華僑中心の街は他地域とかなりの格差があったのだろう、これだけの格差があれば、別れた方が正解かも知れない。

この格差が同じ国にあったとしたら、多くの人は心穏やかでは無いだろう。

肉骨茶と油條、ジャスミン茶で19シンガポールドル、約1,650円

マラッカで食べたニョニャ定食なら、おかずが2倍の6皿に増える値段だった。


【5】2019 秋、マレーシア・シンガポール  5日目 |最高の街※ただし金持ちに限る へ >>

2019-09-27

母の最後に立ち会って

いま病室にいる。ここ数日ポンポンベッドを横に敷いて病室で付き添った。明け方まで呼吸があったんでウトウトしながら寝てたら突然看護師さんに声かけられて飛び起きたらさっきまであった呼吸の波形がモニタからなくなってる。

時々心臓が痙攣を起こすだけだ。

病室では母が合唱で歌ったモーツアルトレクイエムタブレットで流してる。

聞こえはしないだろうが。

母、と書いているが、私が呼びかけるときはいつもお母さん、だった。

お母さんっていい響きだなと思う。

ピアノをよく弾いていたお母さんの爪をきれいに切ってあげた。ピアノ弾けないくらい弱ってから初めてお母さんの指の爪が長いのを見た。それまで鍵盤に爪が当たるのがいやだと神経質に短く切りそろえていたから。私はお母さんが弱って病院に入ったとき、お母さんの爪が伸びてるのを見たとき、すごくショックだった。初めてああ、お母さん、もうだめかもしれないと思った。

爪の伸びたお母さんなんてお母さんじゃない。

死が迫ってるんだなあと実感して悲しかった。

最後に爪をきれいにしてあげて少し気持ちが落ち着いてきた。

お母さん、天国でもピアノ弾いてキレイな声で歌ってね。

ありがたいことに、仲違いも喧嘩も散々したし、お互いを毒親毒娘だと思ってた時期も長かったのに、こうなると嫌なことはあまり思い出せない。

母の死に瀕して優しい顔をみて、私も優しいぃ持ちでいられることが嘘みたいだ。

何を書いてるかわからなくなってきたけど

お母さん、ありがとう

2019-08-19

電車で座れたのに泣きそうになった。

転職したばかりで、試用期間中からって理由で、

夏季休暇がもらえなかった。

特に予定がある訳でもないし、無職期間が長かったかお金もないし。

「そんなもんかー。正社員で雇ってもらえただけでラッキーだよ。」と思いながらも、

周囲は9連休で、少しだけ卑屈になってた気もする。

今日残業

まだ仕事に慣れてないし。しょうがない。

帰りの電車

席が空いてた。

運がいいな。がんばってるもんなー。

座って目を瞑ってウトウトしようと思ったけど、

臭かった。隣の男性が臭かった。

「だから、席が空いてたのか。」

でも、もう立ち上がる元気もなくて、

臭い我慢して、我慢して、、泣きそうになった。

臭いのに、逃げたいのに、動けない。

うう。

2019-07-27

最近の悩み

うさぎを撫でていると、撫でられてウトウトするうさぎにつられて眠くなってしま

可愛いからずっとうさぎを見ていたいのに

2019-07-26

野良猫ちゃん居た!

最近会えてなかった子が今日は居た!

先日家の前で感動の再会した子じゃなくて、別のお久しぶり猫ちゃん

寝そべってウトウトしてたんだけど、勝手につけてる名前呼んだら

のそのそと歩いてきてスリスリしてくれた…!!

お前~~~~~~~!!!誰にでもッそんなことしてッッ……!!!

お前~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!

たまに塩対応されてもこうやって甘えてくるから……愛さずにはいられない……悔しいよ……

2019-07-05

ウトウトしてたら、コンサートホール女性歌手が「ワシントーーーーーーーーン!!!」って叫んでる映像を見た

2019-06-26

俺の「エ股間チェンバー現象」について(レポート

性的である判断した絵をみると発生する。

股間特定部位が増幅する

・朝起きた時に起こる場合もある。

・昼飯を食べた後、ウトウトしてるときにも発生する。

増田に集中してると収まる。

2019-06-24

人のいびきで眠れないと本当に腹が立つ

先日、母と一泊の旅行をしたんだが

分かってはいたがいびきがうるさくて仕方ない。

分かっていたから先に風呂に入らせてもらって先に眠りについたけど

深夜3時ごろいびきの音で目覚めてしまい、そこから眠れなくなってしまった。

分かってはいたが次の日長距離運転するのは私なので、睡眠を諦めたくはない。

性格が悪いと思いつつも足をバタバタして音を出すことで、母のいびきを少し小さくすることに成功する。

(おそらく睡眠が浅くなると起きているときの呼吸に近くなるのだろう。知らんけど)

それでも数秒後には爆音いびきが復活する。

今思い返せば諦めるのも手だったが、夜って意地でも寝たくなるんだ。

今度はウザそうにうめき声をあげてみる。いびきは小さくなるがすぐに復活する。

もう泣きそうだった。なにせ母には悪気はないのだ。

悪意で爆音を鳴らしてるならたたき起こしてうるさいと怒鳴りつけてまた寝たらいいのだが、

この人はいびきをかきたくてかいているわけじゃない。

結局そこから朝まで一睡もできなかった。

朝起きて、何かひとこと言ってやりたくて、「いびき結構すごかったよ」と言うと

あんたも多分少しいびきかいてたよ、あと足もバタバタしてた」

いや意識あるんかい

そうするといびきが小さくなったからわざとやってたと言ってやったら、いやそんな感じじゃなかったよとか言われた。

百歩譲ってもしマジでいびきかいてたとしても、あんスヤスヤ(正確にはグガグガ)寝てたじゃんか。

互いに謝ることもなく、その会話は終わった。

帰りの車は歌を無理やりノリノリで歌いながら運転することでなんとかウトウトせずに済んだ。

そんなテンションでもなかったのに。疲れた

今度からは部屋を別にしようと考えながら、もう旅行自体一緒に行きたくなくなっている自分がいて、それも悲しい。

2019-06-20

悩み悩み

仕事が8時間のただのそこら辺にいるパート

部署は掛け持ち、人に嫌われたくなくていい人ぶって自分の首を絞める。更にノロマ仕事に追われる日々。

最近仕事中は現実逃避が止まらんわけなんです。

まずね、海に行きたいんです。海ね。

麦わら帽子にお気にのサンダル履いてさ、チャリンコ釣りの道具と飲み物でもを詰んで、釣竿背負ってみて。

んで、海まで続くあんまパッとしないあぜ道なんかをのんびりチャリンコ漕いで汗かきながら目指すの。

着いたらやっぱ、喉乾いてるから釣り道具と一緒に詰んできた飲み物をグビグビ飲み干す。ラムネがいいな。そしたら釣りの準備して、地べたに座って海に糸を垂らすんだよ。ピンと張っとく。

つれようがつれまいがどうでも良くて、波の音聞きながら潮風でユラユラする竿先を見てたい。

のんびり過ごしたいだけなんだよ。

あと次がね、畳。ほのかにする新品の畳の匂いを嗅ぎながら縁側で風鈴の音聞きたい。んで、和菓子なんかを食べたいな。もしくは寝転んで本を読んだりもしたい。

少し遠くで近所のおばあちゃんたちの話す声が聞こえたり、ハトの声とか猫の声なんかも聞こえたらいい。それ聞きながらウトウトしたい。

あ、蚊取り線香匂いも欲しいところだ。

それから駄菓子屋にも行きたい。

駄菓子屋お菓子を三百円以内で、ウンウン悩みながら計算して買いたい。

店前のガチャポンも回したいよな。

なんて現実逃避毎日毎日してるのよ。

私は年上の人が羨ましい。

身近で言ったら母さん、父さん、じいちゃん、ばあちゃんが羨ましい。

簡単に言ったら昭和に憧れてるんだよね。そんなに詳しく昭和のことを知ってるわけじゃないけどさ。

今みたいに、スマホが、パソコンがって時代じゃないしさ。SNSだってなかったじゃんね。

私は正直、スマホパソコンSNSも疲れちゃったよ。仕事も疲れちゃった。

便利になるのは良いことだよ、そりゃ良いことだ。

でもなんでか、昔への憧れが年々増すばかりでさ。

憧れても行けるわけじゃないのに、ここで足踏みしてんの。今の時代の流れについてけないの。

私は時代に取り残されていってるみたい。怖いけど、前に進みたいとは思えないし。

どうしたら良いんだろうね?

もう何書いてんのかわかんないね

おやすみなさい、読んでくれてありがとう

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん