「ウトウト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ウトウトとは

2018-04-25

自分がかなり疲労しているなと感じたときにすること

部屋の中を暗くしてベッドに寝る。

音質の良いヘッドホンをつけていつもより少し大きめの音量でお気に入り音楽を聞く。

そしたら、だんだんウトウトしてきて全身に多幸感を感じる。

これが俗にいうトリップなのかな。

お手軽でオススメ

かになんか良いのある?

2018-04-10

得体の知れない何か

この前、増田投稿した記事ホッテントリに上がって、いくつかのコメントをいただいた。それをみていて思ったのは、ネット世界には匿名の向こうに人間がいると認識している人と、記事をただのコンテンツとして認識している人の二種類がいるということだ。

匿名増田人間であることを認識している人は、それを書いている”人”に向けてコメントを書いている。

コンテンツ認識している人は”自分が求めていたことが書いてない”と文句を言い、あるいは自分承認去って行く。

まぁそれはどっちでもいいのだけれど、そういうネットでの人の関わりを見て、そこに確かに人間がいるんだなと実感できる。テキストだけの関係は直接人の精神に触れるようなもので、そういうのを見ていると自分の他にもたくさんの人間がいるんだなと思える。

逆に現実で、たとえば街ですれ違う大量の人たちを見ていても、それが人間であるという実感がいまいちない。ただ、移動する障害物みたいなものだ。そして自分も移動する障害物の一部になっている。

近頃、毎晩実家の夢を見る。

夢に出てくる実家には普通に家族がいるが、そこにあるものは何もかもが実際よりも古くてボロボロだった。壁にあるカレンダーも、メモ帳も障子もボロボロで黄ばんでいて、穴が開いていた。テレビもなく、部屋は薄暗かった。

兄が癌でもうすぐ死ぬという話を夢の中で聞いた。それを聞いて、夢の中での自分は少しだけ不安に思った、と思う。

実際の兄は元気に仕事をしている。

自分東京にある一人暮し用の狭いマンションの一室のベッドに寝ているのに、気がつくと実家の、かつて自室だった和室で寝ていた。金縛り状態だった。その部屋の障子もボロボロで穴が開いており、焦げたような穴の縁も鮮明に見えたのを覚えている。

部屋の外を、得体の知れない何かが移動していた。

手首から手が3つ生えているのを入り口の曇りガラス越しに見て、ああこれは夢なんだなと認識した瞬間に目が覚めた。

毎朝こんな調子で、起きたい時間より1時間以上も早く目が覚めてしまう。おかげで毎日寝不足だ。

現実と夢が混在していることもたびたびある。ベッドに入ってスマホをいじっているつもりだったのに、実際の自分は寝ているだけだった。

スマホは手元になかった。そうして目が覚めたときにどっちが現実かわからなくて一瞬混乱する。

さっきまで確かに、あるwebページを見ていたはずなのに、それが現実ではなかったのだから

電車で運良く座れてウトウトしているとき、隣の席に座っている人が立って居なくなった気配がしたのに、気がついたらまだ座っていた。隣の人が降りたと思ったのが夢だった。

日に日に現実に近づく夢を見ていて、現実から現実感が薄れつつある。

唯一人間存在を感じるときインターネットを見ているときで、そこで繰り広げられる論争を傍から見ているときや、Youtubeのなかで騒いでいる人を見ていると安心感がある。ここに確かに人が存在するんだという感じがする。でも、そこに自分は居ない。

おもしろいのが、例えば増田や他の匿名インターネット自分体験を書いたときに、場所などを特定されないために多少のフェイクを入れることがある。

そうすると、投稿した後に自分文章を読み返しても、本当に自分が書いたのか分からなくなるときがある。

しか自分がそれを書いた記憶があるのに、他人文章のような気がしてくる。

基本的増田は書いたら放置だけども、注目記事に上がっているのを目にするとものすごく違和感がある。

この違和感は、自分現実に対して持っている違和感とよく似ている。

現実での行動も確かに自分意識がやっていることのはずなのに、他人事のような気がしてくるのだ。

この感覚は去年の年末辺りから徐々に進行中で、どこまで行くのか興味がある。と、自分のことすらも他人事に思って観察している。

2018-04-03

猫は寝ますにゃ

ほんとはもっと遊びたいですにゃ

でも明日があるからますにゃ

猫は忙しいのですにゃ

ウトウト

2018-03-30

最近VRで美少女になってるおじさんが多いって聞くけど

美少女から言わせてもらうと、愛らしい外見という表面上のことだけ楽しめて羨ましいなあって思う。

初めて男性の精液見たの、小学生の時の痴漢のものだし。

通学の電車の中でもしょっちゅう痴漢に遭遇した。

帰り道すれ違いざまに自転車に乗った男に胸を触られて泣きながら交番に立ち寄ったこともあった。

それが嫌で一時期登校拒否もした。

社会人になって混んでない電車椅子に座ってる時だって、ついウトウトしてしまったら隣のおっさんが太もも触ってた。

バスに乗った時だって2人がけの席に座ってたら隣に座った挙動不審な人がチンポ(ポロン)したりした。

仕事では取引先の男性笑顔で接してたら周りのおばさん達に嫌われて嫌がらせされた。

ほとんど喋ったことのない近所のデブ主婦から変な言いがかりつけられるようになったり。

ある程度歳を取っても愛らしい顔のせいで接するお客様から子供扱いされ、私と同じことを言っただけなのに男性が言わないと信じない。

こんな風に書くと性格のせいじゃ?って反論が来そうだけど今回書いたのはほとんど、もしくはまったく接したことのない人達からされてきたことです。

人は見た目が9割っていうけど魅力的だからこそ狙ってくる天敵も多いの。

からずっと警戒しながら生きてきたの。

顔がわからないネット世界って本当に気楽。(でもプロフィールに女と書くとちょっかい出してくるウザい奴は必ずいるけどね)

もちろん私以外の多くの女性でも同じようなことを経験してる人はたくさんいると思う。

美少女だったからっていうのは自意識過剰かもね。

からVR美少女のおじさん達が楽しんでるのはいいとは思うんだけど、一方で「可愛らしさ」っていうわずかな長所まで奪っていくのか...と思っちゃって微妙な心境。

こういう話は最近バズりやすいし、私への加害者も一部の変態男性とか一部の心身共にブスな女性だけで全ての人がそうだとはまったく思わないけど、美少女になるなら美少女の苦労もちょっとでいいか理解して、「冤罪だー!」とか「誘ってる方が悪い」とか言わないような人達でいて欲しいです。

性犯罪絶対に許せない」「見た目で判断することは良くない」とみんなが言ってくれる世の中ならもっと周りの人達を信頼できて美少女が怯えながら暮らさなくても済むと思うのです。

2018-03-13

最近眠くてしょうがなかったんだけど

8時間以上寝てるのに何故かずっと眠たくて、なんでかなぁと思っていた。

でも昨日は眠れた。爆睡したし、多分、電気消して速攻で寝落ちしたと思う。

理由は分かってる。昨日ね、久しぶりにオナニーたから。

久々だったから二回連続でイって、心地よい疲労感の中

はーきもちーって思いながらウトウトして、そのまま寝てしまった。

そして目覚めもスッキリアラームの前に起きることが出来た。

……なんとなく、旅行中すぐに疲れてしま理由が分かった気がする。

2018-03-12

anond:20180312001252

ついさっきまでウトウトしてたのに

いざ布団に入って寝ようとすると全く寝付けないのなんでだろう~

テツandトモ何してるんだろうな~と思って検索したら、去年の7月CD/DVDを出してるっぽい。

すごい!まだ活躍してるんだ!

2003年流行語大賞を取ってから14年。よく頑張ってるなあ。

ついさっきまでウトウトしてたのに

いざ布団に入って寝ようとすると全く寝付けないのなんでだろう~

2018-02-05

最近ルーティン

12時に仕事が終わる。

24時間スーパーで割引シールのついた食品を買いながら明日献立を考える。

帰宅したら家族が散らかした部屋を片付け、朝ごはんの用意をしてから家族が入浴したあとの風呂を追い炊きして入る。

働いて帰ってるからお腹はすいているけど、そこはバナナヨーグルトで済ませる、

間食にスープジャーに詰めて持って行った野菜スープがあまっていれば、それでもいい。

白湯を啜りながら、好きな本を読む至福の時間

仕事であった嫌なことも、このときは考えない。

のど飴をがりがりかじりながら本を読み、湯をすする。

眠くなったら歯を磨いておやすみなさい。

明日晩御飯自分用のスープは何にしようと思いながらウトウトする。

ダイエットならセロリミネストローネが一番良いのだけど旦那は嫌いらしい。

旦那のだけ肉団子のトマトスープにして、私はセロリをいれようと思う。

トマトスープだからあとは白身フライでも作って、米も研いでおく。

こんな毎日はわりと大変だけどやってみればあっさりルーティン化できた。

それにしても何で痩せないんだろうなあ・・・。

スープダイエットがむいてなうんだろうか・・・。

2018-01-27

コミック百合姫の「ワンナイトフレンド」は良かったなあ。続きが読みたいような、でもあそこで終わってるからこそいろいろ脳内で続きが繰り広げられるというのもある(もしかして自分だけ)。

チェック忘れでいつのまにか出ていた「総合タワーリシチ 完全版」を電子版で購入。まだ最初しか読んでないけど、そういえば神奈さんこういう人だった。思い出しつつ、少しずつ堪能しながら読む。

シンデレラガールズ劇場781話徹夜はムリだったのは実は菜々さんウトウトした後一度目が覚めたが、ひななおが2人の世界を作っていて寝るしかないこのラブリーウェーブで的なやつで不貞寝したっていう話をざっと作っちゃうぐらいには疲れがたまっている。

2018-01-11

ゲームが楽しくて飯を食うのが楽しくて寝るのが幸せ

友達と会うのが楽しくてスポーツするのが楽しくて勉強するのが楽しくて投資するのが楽しくて仕事もそこそこ楽しい

明日が早く来てほしいけどウトウトしたり寝るのも幸せからこの時間がずっと続いてほしいとも思う

2017-11-30

多分アニサキス自慰行為

午前三時ごろ腹痛。

腹を冷やしたかなとトイレに向かうも何も出ず。

いやに腹の上の部分が痛いなと思いながらウトウト

午前五時、再度腹痛強くなり目覚める。

再びトイレに向かうが何も出ない。

これは胃痛なのではと疑い始める。

昨晩の夕飯を思い出す。

鶏肉オーブン焼き、しめ鯖、ビール

しめ鯖に集中線を描きたい気分になった。

もともと魚介類が大好きなのでいつかやるだろうと思っていたのでアニサキスではと言う疑いにはすんなり辿り着いた。

パソコンを起動して症状を調べてみる。

症状だけ見れば完全に合致している。

痛みにはどうやら波があるようだ。

午前六時。

普段より早く起床しているため、痛みはあるが暇といえば暇になってくる。

妻子はまだ眠りの中。

パソコンは起動している。

そうだ、オナニーしよう、と思った。

お気に入りサイトザッピングし、素早く果てていく。

そのときに気づいた。

果てるその瞬間。

痛みが明らかに減ったのだ。

胃には時折激痛の波がやってきているし、汚れたものを始末しなくてはいけない。

しかし少し冷静になった頭の中で、ああやはり射精の瞬間というのは脳内物質が出ているんだなと改めて実感したのであった。

これは便利だと思う反面、日に数発しか発射できない霊丸みたいなものだとも思った。使用するタイミングを見極めなければならない。

今は胃腸科の待合室にいる。

やはり痛みには波があるようだが、痛みが引くとき結構引いてくれるので果たして本当にアニサキスなのかと少し疑問に思ったりもしている。

追記

アニサキスいた。

思いの外太いケーブルが口から胃に向かっていったけれど、麻酔の力なのか想像ほどは苦しくなかった。

いい経験になった。

2017-10-27

爪切り

うちの猫は、暴れるほどではないが嫌そうに離れていく程度には爪切りが嫌いだ

から抱きかかえている時やウトウトしている時などに、隙を見て切る

それで気づいたのだが、猫が右を下にして寝ている場合は右足の爪の方が切りやす

上になっている方の足を爪切りしようとすると、ぺぺぺっとされる

何かそういう反射があるのだろう

2017-10-03

仕事好きだけどそれでもイライラすることもある

3大イライラポイント

 

*かなり特殊仕事

 人によって構成の仕方が違うのに他人の作ったもん修正させられる

 どこに何があるか探すのが大変だしあちこちどう繋がってるか判別できないし

 なんでやった本人に修正さないんだ

 

仕事の核ポジション人間自己管理できない

 寝不足ウトウトして質問に間違った答えよこして結局二度手間三度手間

 その人しかからないことも多いのにボーッとして頭が正常に動いてない

 

適材適所を学ばない

 Aさんはある部分ではい仕事するけど別の部分ではダメってことが何度も会って

 BさんはAさんのダメな部分がめっちゃ得意で逆にAさんの得意な部分は苦手

 そういう得手不得手がありありと見えるのに得意な人に得意なことを振らずに結果ミス多発→他の人が尻ぬぐい

 うまく人を使うことができない

 

 

今日仕事から寝るー!!

2017-09-19

隣に座った時の、脚を見る視線や、そわそわした感じで、嫌な予感がしていた。

寝たふりをした。

そのままウトウトしてしまい、はっと起きると、降りる駅はまだだった。

隣の人から話かけられた。乗り換えの質問だった。内容がいかにも簡単だった。坂道を転がる自転車に乗っている気分だった。

ところで、私は**から来たんです、と言われた。やっぱり、と思った。あ、そうですかー。と言って、寝たふりを再開した。

たぶん口説かれるだろうと思ったからだ。

女って感じだなぁと思った。

2017-09-16

友達とやってしまった

昨日友達数人と居酒屋で飲んでて、私が結構酔っ払ってしまって

家までタクシーで送ってくれた男の子とやってしまった。

家で飲み直そう、といいつつ私はコタツウトウト。寝るなー、ビールまだ残ってるよー、とかいいつつ乳首つまんだりクリいじったりされて

気付いたら自ら腰振ってたorz

どうしたの、腰動いてるよ?とかびちゃびちゃだけどどうしたの?とか優しい口調だけど結構なSっぷりで、物凄く感じてしまった…

お互い恋人いるのになぁ。

誰にも言えない。つーか、私明日これから披露宴自分のw

2017-07-21

MAHOROBA-BEAUTY(マホロバビューティー)の無料体験レポ

主にtwitter広告媒体使用若者ターゲットとしているマホロバビューティーさん。

調べてみると、商売っ気のない普通アカウント若い子たちがこぞって無料体験クチコミをしています

これはサクラっぽくなさそう……

なんて、twitterで見かけて気になってる人はいっぱいいると思います

先日、実際に無料体験に行ってきたので、

「これから行ってみようかな?」

「いきなり契約させられたりしないかな?大丈夫かな?」

と、行きたいけど心配……という方への参考になればと思いレポさせていただきます

私は計2回、施術をしてもらいました。

~1回目~

私が無料体験に問い合わせた時は、関東圏に住んでる20代女性対象で、東京以外に住んでる方は通学・通勤都内に来ていることが条件でした。

日程を決めたらキャンセルをしないことをすごく念押しされる。

たぶん若い子が多いから、簡単キャンセルちゃう子も多いのかなぁという印象。

前日に電話があり、予約の確認をして、いざ当日。

私は渋谷店に伺いました。

雑居ビルの中にありすごく小さいお店ですが、茶色基調の落ち着く空間

仕切りとカーテンがあるリクライニングソファに案内され、用紙に個人情報や肌の悩みなどを書いて、その後ベッドに案内されて施術開始。

施術中はとても気持ちよくてウトウト

クレンジング洗顔角栓取り、むくみ取りなど、ひとつひとつ丁寧にやっていただきました。

仕上がりは文句なし

毛穴も綺麗になり、ワントーンあがって、お肌が綺麗になったなという印象。

家でケアした後よりもモチモチの肌になりました。

施術後はリクライニングソファに戻り、今回のクチコミツイッター投稿

満足のいく仕上がりだったのでそのままの気持ちを率直に。

みなさんが見てるクチコミがこれですね。

そして次のセールスがありました。

内容は、もう一つの美顔器などを使用する一回8,000円のコースを2,000円で体験できるというもの

今回の施術が満足いくものだったので、2,000円ならもう一度試してもいいかな、という気持ちでお願いすることに。

前金で2,000円お支払いし、日程変更は可能だが直前・当日のキャンセル正規価格キャンセル料になりますという旨に同意し、次の日程を決めました。

~2回目~

リクライニングソファに案内され、前回とは違う方が担当

前回は個室ベッドでの施術でしたが、今回はリクライニングソファでそのまま施術

カーテンがあるので個室じゃないことはあんまり気にならないですが、前回の無料施術の方が豪華だったのかぁというなんともいえない気持ちに。

クレンジング洗顔美容液など、使用するコスメを詳細に説明されながらの施術

あ、これはコスメ購入させられる流れだな、と思いながら聞いてました。

どうでもいいんですが、クレンジング説明とき油性マジックを綺麗に溶かして消して

「これだけ強く油を溶かす力があるけど、口にいれても大丈夫なくらいお肌には優しいんですよ」

みたいな説明をされたんだけど、その説明はなんか違う気がした。

とろろって美味しく食べれるけど肌についたら痒いし。

さて、クレンジング洗顔美容液を丁寧にやっていただきブラックライトが入った機械でお肌の汚れ具合をチェック。

かなり汚くてショックを受ける。

美顔器使用してがっつり化粧水を浸透させていく。

前回よりもがっつり説明されながらの施術で、使用しているコスメ器具いかに素晴らしいかという点を強調されました。

でも今回ももちろんわりと納得のいく仕上がり。

言ってることは嘘じゃないと思う。

そして施術後。

簡単アンケートを取らせてください、ちょっと聞くだけなので警戒しなくて大丈夫ですよ~」

といったノリで色々質問されました。

でもそれも全部営業トークにもっていくための質問

なら最初から最後すみませんコースのご案内をさせてください~」って感じで来てくれればちゃんと聞くのに。

こんなに安く体験させてもらってるんだからコース契約させないと赤字でしょ。それくらいわかるよ。

聞くだけだから警戒しないで大丈夫っていう言葉逆効果に感じました。

セールス内容について

エステしに来るのは月1回のみ

・期間は半年間(6ヶ月)

サロン使用しているコスメ美顔器毎日家で使用

価格は40万弱

月1しかこなくていいっていうのはメリットになる人もいるだろうけど、要はコスメ美顔器を買わせて家で各自やらせるってことなんですね。

そりゃコストダウンできるだろう。施術しなくていいし。

なにがそんなにかかるの?って確認すると、コスメ価格めっちゃ高い。

化粧水とか乳液とかクレンジングとかが1本8千~1万円ちょっと

それに美顔器(値段忘れた、10万だったかな)とナノクリーム35,000円がプラス

コスメ必要最低限のものだけに減らして合計額を減らすプランもあるけど、まあ一番高いプランを勧められます

ちなみに、ナノクリームデパートとかで買うと10万くらいするって言われたけどどうなん?そんな高い?

まずコスメの成分とか調べたいし、コスメメーカーも聞いたことないとこだったから調べたかったし。

価格も高いし、毎日美顔器やる自信もないし。

ちょっと即決できないです、と伝えると、めちゃめちゃ食い下がってくる。

即決できない理由をきかれ、まあ値段的に普通即決できないですよね、一度考えたいです。と答えるも、「でも~」みたいな感じでめちゃめちゃ食い下がってくる。

ここですごい時間使って予定時間過ぎちゃったかもっときっぱり言えばよかったかな~でも結構きっぱり言ったんだけど。

「でも20歳の子とかも頑張って払ってる額なんですよ」

といわれてそういう問題じゃねえよとカチンとき

エステしかお金使わないんだったら全然払える額ですけど、この年になるとそれ以外にもいろんな支払いがあって、色々考えなきゃいけないんですよ。結婚式資金貯金を使い込むわけにもいかないじゃないですか

ちょっと強く言い返したら、その後の態度がすごくそっけなくなりました。

こいつは契約しないわと諦めたんだと思うんだけど、その態度にこっちもげんなり。

前回の担当の方はメイクして帰られますか?と質問していただいたときに、アイロンドライヤー使用されますか?と聞いてくれたんだけど、今回はアイロンドライヤーも渡されずメイク終わったら呼んでください。と言われ、別の方を呼び出してドライヤー貸してもらいました。

前回はエレベーター前までお見送りしてくれたけど、今回はドア前まで。

私がエレベーター乗る前に引っ込む始末。

まりに態度があからますぎて、あんまりいい気分しないまま帰宅しました。

今回の担当者さんのセールスが下手だったってだけかもしれないけどね!

以上が2回の体験レポになります

コスメの使い心地は実際悪くなかったんだけど、使い続けたわけじゃないから肌に合ってるかどうかなんてわからないし、そんな大金はたいて知らないメーカーコスメ買うくらいなら私はSK-Ⅱを買いたい。

契約を考えてる人はぜひ契約した方のレポを参考にしてください。

2017-07-02

本当に怖い痴漢冤罪

ぼくが先日痴漢冤罪に遭った(遭いかけた)話。

昨今胸糞の悪くなる冤罪事件ニュースが多いので、電車に乗る男性は気をつけてほしい、という思いで稚拙ながらもこの文章を残します。


その日は2017年6月30日金曜日

職場に向かうためいつものように新小岩駅から6:12JR総武本線快速佐倉行に乗り込む。

いつものように、と書いたがいつもはグリーン車の1つ2つ前の普通車両に乗るのだが、何の気まぐれかこの日に限って3つ4つくらい前の車両に乗った。



今思えばこれが大きな間違いだった。


朝の下り電車なので、ほとんど混まない。

7人がけの座席にもちらほら空席があるほど。

ぼくはそのちらほらと空いた空席に何気なく座った、リュックサックを抱える体制で。

右には中年男性、左には20代女性が先に座っていた。

イヤホン音楽を聴きながらウトウトしていたぼくは、稲毛駅に着く数分前だったろうか、突然左隣りの女性に左腕をガッと捕まれ痴漢ですね!身分証明書を見せてください」と迫られた。

眠気と驚きで状況を飲み込めなかった、何事かとイヤホンを外し辺りを見回せば、どうやらぼくのことらしい。女性はぼくの腕を掴みながらこちらを恨めしそうに見ている。

て言うか、身分証明書提示って痴漢を疑われたほうがやるのであって被害を主張してる側が求めることではなくねぇか?と解せない気持ちのまま、免許証を取り出す、ここで騒がれても面倒なので。

その女性はぼくの免許証を奪いとり、表を一回、裏を一回、また表を一回、スマホカメラで撮る。ぼくも公然の場で痴漢に仕立て上げられて頭に来てるので負けじと奪い返し、強めに言葉をかける。

ぼく「あんた何言ってんだ?リュックサックを抱えてんのにどうやってあんたに触るんだ?」

女性「二度も触られました!二度も!」

ぼく「いや、だからさ、おれがあんたのどこをどうやって触ったの?証拠でもあるの?周りの人に聞いてみろよ、どう見たってさわれる状況じゃないよ?」

周囲の人達は、この悶着に関わりたくないのだろう、明らかにこちらを見て見ぬふりをしている。

女性証拠なんかありません、でも私は二度も触られたんです、駅員室に行きましょう」

ぼく「あのさぁ…だからこの状況でどうやって触れと?リュックサックを抱えてんだぞ?向いとか周りの席の人に聞いてみようか?」

依然として周りは見て見ぬふり。

女性「大声で叫びますよ?」

ぼく「めんどくせぇ…」

電車稲毛駅に着くと、ぼくは女性に腕を掴まれたまま降り、駅員室のほうへと引っ張られた。

うわー、これニュースネットでよく見るやつだわ… 駅員室入ったら負けなやつじゃん、どーしよ、どうやって逃げよう…終わったわ…

逃げようにも改札周辺はもちろん人が多い、振りほどいて逃げようもんならすぐさま大騒ぎになり周りの人たちに捕まってしまうだろう。そもそもぼくはこの人だかりを突破できるほど脚の速さに自信がなかった。

駅員室に着いて警察が来るまでの数分、ぼくはなぜか落ち着いていて(もう人生終わりだ、と半分諦めていたからかもしれない)、妻、職場電話で現状を連絡。

妻は夜通しの子供の世話に疲れて寝ていたのか電話に出なかったのでLINEメールで報告をし、職場の人から電話で「まじかぁ、それはキツイな、落ち着いたら連絡ちょうだい」と言葉をかけられる。

警察が来てからはぼくはその時の状況をありのままに話す、すると警察も「普通被害者身分証明書提示を求めるのか…?」と首をかしげていた。

諦めてたとは言え、やってないものはやってない。どうせ白でも黒にするんだろ警察という奴らは、と思いながらも強がって「ぼくを逮捕したければDNA鑑定でもなんでもしてください、まぁぼくのDNAは出ませんけどね、触ってませんから」と強めに出ておく。

警察もこういうケースが多いのか疑う反面、同情しているような態度で話を聞き、結局警察署行きのパトカーへぼくを連れ出した。


からパトカーに向かう間、くよくよしてたらただの犯罪者に見られる、それはシャクだ、ぼくはやっていないのだ、無罪冤罪なんだよ、という気持ちを周りに示すため堂々としているように振る舞うのが精一杯だった。

警察署に着くと駅員室でしたような同じ話を再び精一杯の強がりをしながらする、重複するので割愛

取調が終わると一時間程待たされた、きっと女性の話を聞きにいったのだろう。

その間ひどくモヤモヤした気持ち支配された。

自分が人よりもわりとスケベである自覚は大いにあるが、仕事もあるし、子供も生まれたばかりで他の女性にチョッカイを出すほど血迷っては無い。

しかしこの状況だ、きっと問答無用逮捕されてこの人生社会的に終わってしまうのだろう。

証人もいなければ、弁護士を呼ぶお金もないし…

ああ、さようなら娘よカミさんよ、こんなことになってごめん、達者でな…。


と項垂れていると、取調べをしていた警察が戻ってきて、「とりあえず、もう帰りましょう、職場に向かってください」と一言

あれ、助かった???わけのわからないまま、言われるまま念書?(今日こんなことがあり取調べを受けましたよ、という書類)をかき、警察が「こういうこと多いから、電車に乗るときはお気をつけくださいね女性にはカメラに撮られた免許証データは消去させましたのでご安心ください」と言い、ぼくを行きのパトカーとは違う乗用車に乗せ稲毛駅まで送る。

自由になったぼくは遅れながらも職場に向かった。


証拠不十分?なぜ助かった?その時は自由になったとは言え、心が落ち着かなかった(これは後でわかったことだが、女性女性でどこをどのように触られたか最初ははっきり言わず、後で「脚を触られた」と言ったそうだ。いやいや、だから手は塞がってたんですけど…。そして結局「事件にはしない」と女性が言ったらしい。)。


今思えば、女性の思惑通りに事が進んでいれば、示談金目当てに冤罪詐欺をふっかけようとしたのかもしれない。

きっと警察側もそれを察しそうならないように阻止してくれたのだろう。

数日たった今でも、この事を思い出すととても怖いし頭にくる。

今回は本当にたまたま運が良く数時間の拘束で済んだけど、また同じようなことになろうもんなら今度はこうは済まないかもしれない。

あの女性の顔はきっと一生忘れない、同じ電車でまた会ったらどうしよう。恐怖と怒りでどうにかなってしまうかもしれない。

仕事があるので今後も電車通勤を避けられない。乗る車両時間を変えるしかないな。


痴漢冤罪他人事じゃあないんです、電車に乗る男性なら誰にでも起こりうることなんです。

注意してもしきれないことかもしれませんが、(両手を塞いでても誤って股間が触れてしまったり。又、肩がちょっと触れただけでも騒ぐ女性がいるそうで…。)皆さんも十分お気をつけください。

2017-06-30

本読んだりスマホ弄ったりしながら布団に横になって、ウトウトしはじめてそのまま寝に入る。

ここで自分意識は起きてるんだけど、身体金縛り状態に入る。

すると、ものすごい耳鳴りというかノイズというか高音のノイズが鳴り出して、自分思考暴走し始める。

思考が進んでいくに従って、目の前の光景にも影響してきて、例えば怖い想像をすると間違いなく怖いイメージが現れてしまう。

自分はここでエロい女が出てきてくれないか思考を上書きしようとするんだけど、そういう時は大抵ダメだ。

さっきは「最先端ロボットが完成したから、お披露目をしよう」という事になって目の前に二足歩行の小さい身軽な身のこなしをするロボットが現れて歩いたりしていた。

何が言いたいかというと、その思考勝手に加速していく感覚がすごく好き。

大抵覚えてないけど

2017-06-19

父の日に、高校生の娘とカービィオーケストラを観た親父の内緒日記

 彼女小学生だった当時、サンタさんが届けてくれた「毛糸のカービィ」を期に、カービィ沼に填まり始めた娘も、この春から高校生になってしまった。表現が「なってしまった」と残念形である点は父親共通ではないだろうかと思う。

 一軒家で物置になってる部屋が3つほどある我が家なので、ちゃんと整理すれば子供部屋が作れるんだが、(ギャグではないが)今は居間彼女の部屋となっていて、ピンク色をした球体が増える一方である

 高校生にもなると父親と出歩きたがらなくなるという風評を耳にするので、いつ我が身に降り注ぐことになるか心配で仕方ないのだが、そんな娘にせがまれ大阪までカービィオーケストラを観に行くことになった。会場は別であるものの、そう遠くないところで「プププトレイン」という物販イベントも開催されていて早い時間から並びたいという。

 関ヶ原のあたりで車の調子が異常になるというアクシデントに見舞われつつも、米原駅前の打止め駐車場に車を捨て置き新快速で入阪を果たし、物販イベントの会場である毎日放送の社屋へ移動する。

 ところで米原に着く前、助手席の娘に電車時間検索を依頼したところ、「14000円もかかるんだって、どうしよう!」って困惑していて、聞けばマイバラがマエバラに聞こえたらしく、千葉前原を起点にしたせいというオチだったんだが、中部地方に住む身として交通の要所たる米原くらいは覚えなさい。

 開店(入店)まで90分くらい待つ羽目になったが、何とかお目当てのグッズが手に入って娘は御満悦の様子。それはそれでいいんだが、会場に多数潜伏しているらしいカービィクラスターフォロワーさんを見つけようと、手にしているタブレットからメンションを飛ばしているのは画面を見ていない私からでも分かり、それがまた不安で仕方ない。

 キリがないので「オーケストラに間に合わなくなるぞ」と引き剥がし地下鉄に潜る。本町が最寄駅なので、梅田から御堂筋線で2駅だ。

 工夫すれば近い出口まで地下で行けるみたいだが、後ろ寄りの車両に乗ってしまったことに加え土地勘もないため、自動的に出口④に排出される。ちょうど娘と同じくらいの女の子が一人で駅員に道を尋ねていたので、「おまえの同業じゃないのか」と耳打ちすると「ちょ黙って」と叱られた。娘からカービィの映ったスマホの画面が見えたらしいので、同業であることは確定なはずだが、見ず知らずの人に声をかけること(相手からみたら声を掛けられること)自体が「不審者」という認識らしい。

 とりあえず、その女の子が先行したので、距離を置いてついて行くわけだが、中央大通りを横断することな彼女左折してしまう。「おーい、そっちじゃないぞー」と大声を出そうとするも、またや娘に制止される。今どきの若者心理構造昭和世代には理解し難しい。

 開演の30分も前に着いたんだが、会場前の公園に入場待ちの列が既に何重にも出来ており、「開演まで30分も前」じゃなく「開演まで30分しかない」に変わり、付近ランチを取る作戦未遂に終わった。

 昭和世代お節介焼きとしては、さっきの女の子が気にかかるところだが、スマホがあるのだから徒歩ナビできるだろうし、道に迷いながらも辿り着くというのも後になれば良い思い出になろうと、自分を納得させる。

 一応は今回のコンサートに備えて過去ゲームを予習しておくべく、2週間ほど前からゲームボーイを手にして夜な夜な挑み、なんとか初代と2はコンプリートしておいた。2の最後デデデをどうしても倒せず娘に攻略法を聞くと私がコピー能力という機能を使っていなかったせいだったことが判明。つまりデデデよりも前のボスまでは全て吸って吐くだけで倒してきたということになる。

 オーケストラの内容については、語れるほどの知識を持ち合わせていないので割愛するが、幾度かコックリしそうになりかけたということは内緒である。たぶん気がつかれていまい。

 初めてお目にかかったカービィ父親たる桜井氏は私の同じ歳か一つ年上くらいの、ほぼ同年代の方で、初期のカービィプログラミング上の技(メモリー節約術)を講話して下さった。PC-8001mk2からパソコンに触れていた私にとっても、その話は非常に懐かしいものがあり頷きながら聞いていた。ゲームボーイは背景との重ね合わせ処理をハード側でやってくれていたようだが、それを手動で(マスク用のビットマップ用意した上で)やっていた世代からするとちょっと羨ましい。

 コロコロカービィだったっけか、カセットの中にモーションセンサーを内蔵した型破りゲームゲームボーイアドバンスで遊びにくいということで、娘に頼まれICの天地反転をやってあげたが、最近ゲーム筐体ではあーいう着眼が不可能になっている点、21世紀になって失った物の一つに数えられる気がしてならない。

 アンコールが終わりウルウル感動している娘の横顔を見ていると、それだけで幸せな気分になるものの、会場を出たら、先ほどの物販イベントと時と同じようにメンションを飛ばし始め、父親としてはなかなか辛い。女性フォロワーさんはともかく、男性フォロワーさんにまで「会いたい」は自制してほしいと父親としては強く要望したいが、中学4年生と言っていい田舎の天然系女子高生が納得する説教を垂れる自信もないので、眼球の隅で監視するに留める。

 昼夜2回公演の夜の部を待つ人が会場に吸い込まれから公園は落ち着きを取り戻し、先ほどまで長蛇の列だった撮影向けオーケストラ看板の周囲は片手で数えられる人しかいない。看板をバックに記念写真を口実に公園から踏みだし、乗じて地下鉄の駅に足を向かせることに成功した。

 さて、これからどうするか。娘としては難波心斎橋あたり徘徊したいみたいだが、強い希望はないようなので、父親が主導権を握る。ずばり、海遊館だ。結婚前に嫁と来たことがあるが、今度は娘を海遊館に誘う。

 大阪港駅から随分と(15分くらいだが)歩くのは予想外だったが、特徴ある外観は20年以上たった今でも鮮明に覚えていた。

 館内では、タブレットを使って水槽の中を撮る娘 を撮る父親、の構図であったが、傍から見て親子に見えたかどうかは興味深い。(年の離れた兄妹 もしくは カップル くらいに見られていたのだとしたら嬉しいところだが、さすがにそれは自惚れすぎか)

 エイサメに触れるコーナーでは、一瞬だけ小学生に戻った娘を見れた気がする。

 見て回るのに2~3時間かるという前評判とは裏腹に1時間ちょっとで退出。母親への土産を買うというので「あいつはジンベエザメが気に入ってる」と助言してやったが、これは感謝されてよいと思う。ただし支払いは私だ。

 まずは梅田に戻るわけだが、朝から食べ物を全く口にしていないことに気がつく。

 もし米原に置いた車が動かないとなったときに備えて、車が使えずとも終電まで家に着ける時間を逆算すると、あまりゆっくりしていられないのではあるが、駅ビルの中の「カフェ ラ・ポーズ」で少し小腹を満たす。なぜその店であるかの説明割愛するが、嫁とはファミレス定食屋ばかりで、いわゆる「カフェ」には行ったことない気がする。

 20時台の新快速は朝と違って凄い混んでいたが、長浜行きのその電車米原に近づくにつれて空席が目立つようになる。「駅に着いたら運転なんだからパパは寝てて。起こしてあげるから。」と最初は気丈だった娘だったが、草津差し掛かるよりも前にウトウト始め、ついにはオーケストラの続きを見始めてしまった。長浜まで行っちゃうと後がないのだが。

 「絵師は幼い頃に頭を強打している」みたいな都市伝説を耳にしたことがあるが、この娘も小1の時に家族での登山中に滑落した経験が幸いしてか、今は絵師の端くれをしているようだ。一ノ越から黒部平に向けてタンボ平を下山中、先頭でハシゴを登っていた娘があと数段のところで手を滑らせて崖側に転落したのだ。学生時代から山をやっていた私はとっさに死を覚悟し、気を失いそうなくらい動転したが、落石の音が止んだと同時に泣き声を発してくれたのだ。1ミリたりとも動くな、と声をかけて落ちていった場所に近づく。ちょうど2階建の屋根から落ちたくらいの高さだったが、付近鋭利ガレが窪地を埋め尽くしていて、重登山靴を履いてるからこそ何とか歩けるような状態。そんな中に半畳だけ、あきれかえるほど平らな岩があって、その平らな岩の上に娘が倒れていた。これまでに見たことのない巨大なタンコブを額に作っていたが、出血もないしタンコブが出来るのは大丈夫証拠でもある。平らな岩がなかったら、落ちた場所が50cmでもズレていたら、尖った岩々が確実に娘の頭蓋骨を叩き割っていたはず。

 黒部平ロープウェイの駅まで1時間ほど負ぶって下山大町病院CTで異常なしを確認。翌日は包帯を巻いたまま登校し、そのまま9年間無欠席を続け義務教育期間皆勤賞を得るに至ったが、あのとき奇跡が起きてなかったら、いまこうして電車に乗ってることもなかったのだと思いふけっているうちに長浜行きは米原駅に滑り込んだ。

 駅に置いた車は何とか動きひとまず安堵だが、また調子が悪くなるといけないので、深夜の名神トラック並のスピードで。そういえば、嫁と結婚する前は、やたら高速をゆっくり走っていたなぁ。いまなら2時間のところを当時は3時間かけて。

 

 15年の中で、今日ほどに幸せ父の日はなかったように思う。カービィありがとう。なぜか感謝したい。

2017-05-23

昼ご飯食べて、旦那の布団(ほんのり旦那香りつき)に寝っ転がって、旦那好きだなーって思いながらウトウトしてた。

暑くもない寒くもない丁度いい気温。そよ風カーテンを揺らしてる。なんという昼寝日和

旦那の子が入った腹をさすりながら、父ちゃん早く帰ってくるといいねーって心の中で話しかける。

いい男と結婚して子供までできてこんな贅沢なお昼寝ができて私は世界で一番幸せ人間だよー。本当に旦那が大好きで毎日楽しい妊娠して金稼げんくなっても文句わず無理しちゃダメだよを繰り返してくれるいい旦那。お昼寝を許容してくれるいい旦那。本当にありがたい。幸せだなー。

夕飯何にしようかなー。旦那に美味しいって言ってもらえるご飯作らないとなー。頑張って起き上がろー。

.

追記:anond:20171226191304

2017-02-28

旅行

目が覚めた。ええと、今日水曜日だったか?それとも木曜日もしかして土曜日?まだ寝てていい?いや、駄目な気がする。

なんだか外が暗い気がして寝床からカーテンをずらして覗いたら、今にも降り出しそうな曇天だった。

もぞもぞと起き出す。今日自転車はやめておいた方がいいかもな。傘も持って行かないと。

電車通勤することにして、傘を持って駅へ向かった。あやうく電車に乗り遅れかけるがなんとかセーフ。

ホームへの階段を降りきると同時に入ってきた電車の前の方の車両は割と空いていて、車内には会社の同僚の姿も散見された。

はいえ近づいて行ってわざわざ声をかけることもないので、軽く会釈だけして空いている座席に座る。

どんよりした天気の影響か、頭がまだ半分寝ているような感じがする。

降車駅が近づいてきて、次降りなきゃな、というところでウトウトしてきて、ハッと気づいたら電車は見慣れない終着駅らしいターミナルに着くところだった。

やっちまった。あと10秒ぐらいだったのに乗り過ごしちまったよ。同僚も起こしてくれてもよかったのに……と思いながらとりあえず下車した。

周囲を見回すと、漢字ハングルが溢れていた。そういえば先ほどから流れているアナウンスもよくわからない言葉なので、どうやら電車韓国まで来てしまったらしい。

あの路線韓国まで繋がってたのか、いつも乗っているのに知らなかったなと感心しながら戻れそうな電車を探す。

韓国の朝も、日本と変わらずスーツを着て歩いている人が多い。誰かの鞄が膝の裏をかすめて行った。

ファストファッションパーカーチノパンという自分服装と見比べて、やはり真似できそうもないなと息を吐く

発車ベルが聞こえて、三番ホームから出る電車自分が来た方向に向かっていった。

そちらに近づくルートを探しながら歩いていると、案内板に日本台湾と書かれているのを見つけた。最近電車台湾にも繋がっているのか、便利な時代になったものだ。

そのままキョロキョロとあたりを見回していると、ひょっこり現れた友人がヨゥと声をかけてきた。

おっ、なんだお前久しぶりだな、元気か?と聞くと、彼は笑いながら死んでるよ!と返してきた。

そうだそうだお前自殺して死んだもんな、もう7年とか経つんだったか?こうやってちょくちょく顔を合わせるからすぐに忘れてしまう。

ところで日本行きの電車ってどれよ?あっちに書いてあったけど次の次に来るやつらしい、次のは台湾行き。なるほど、あー台湾行ってみてぇなあ!

台湾料理の話をしながら台湾行きの先発列車に乗り込みたくなる気持ちを抑えて見送り、次に来た日本方面行きの電車に乗り込んだ。

しばらく走ると、一両編成の車内の乗客は俺と友人だけになった。友人と他愛もない話をして、貸し切りの車内にすこしはしゃぐ。

運転席に立った老婆がしわくちゃの手でレバー操作している。

「さっき五重の塔があったから、もうそろそろお前んチのあたりだな」と友人。

家の近くに五重の塔なんかあったっけ?でもまあ、多分近いのだろう。

ゆっくり流れる窓の外の景色が、もうだいぶ日本っぽい。あ、このセブンイレブン知ってる。

右に曲がりますヨ、と老婆がアナウンスした後、電車線路を飛び出して踏切から道路に入っていった。

一両とは言え電車なので日本道路を走るのにはやはり大きい。

曲がり角の度にギコギコと前後を繰り返しながら少しずつ曲がって家に近づいていき、やがて自宅の前で停車した。

目を覚ますと、俺はまだベッドの中にいた。

寝る前に閉めたカーテンが少しだけ開いていて、隙間から青空が覗いていた。

会社には遅刻した。

2017-02-21

http://anond.hatelabo.jp/20170220222819

6年間一人暮らしだったんだが、来年から1年だけ実家に戻るのが怖い。

慣れてしまうと実家暮らしのほうが怖くなってしまう。

「やっぱ一人暮らしがいいな」と強く思うのは、朝と夜。

朝、目が覚めてもう一回寝ようかなどうしようかなみたいなウトウト感が心地いい。実家だと人の声や気配がすごくて、嫌な感じで目が覚めてしまう。

だって、早く寝たいと思えばたとえ19時でも無音の状態で寝れる。これは本当に素晴らしい。

飲みすぎて帰ってきて家のトイレで吐いてても、実家だったら親に心配されちゃって酔いが覚めちゃうかもなぁとか考える。

夜中に風呂に入ってドライヤー使うのだって実家だったら気を遣って短時間で済ましてしまいそう。

たとえ親と仲良くても一人暮らしを始めると実家には戻れない、きっと大変な1年が始まる。

まれた!

昨日無事に男児出産

自分の記録用を兼ねて、初産を控えたママのためになればとメモ

2/18 土曜日 (39w1d)

アマゾンtvで、[結婚できない男]を夫と深夜12時まで視聴中、弱い生理痛のようなものを感じる。

前駆陣痛か?!と思いつつも念のため間隔を図ってみる。6-10分おきとバラバラ。痛みは強くなる一方なので、入院準備を開始。玄関付近カバンを用意したり、夫にやって欲しいことリスト作成するなど。夫はすでに熟睡。

2/19 日曜日

土曜深夜から寝ようとウトウトするも完全には眠れず徹夜で朝を迎える。今までは前駆陣痛らしきものがあってもとりあえず寝てみたら朝まで爆睡というパターンだったため、痛さで起きてしまうこの時点で前駆陣痛じゃないかも!との思いが強くなる。陣痛間隔は7-11分とまだバラバラ。(これは今思うと、測り方がよくわかっていなかったのも一つの原因。子宮がきゅーと収縮開始した時だけアプリ陣痛を開始する。収縮の合間にあるちょっとした痛みとかまで入れてしまうと間隔が変になる)

14時頃病院電話。様子を見てくださいとのことで、間隔が五分おき、持続時間が1分なるのが目安ですと教えてもらう。

夕方あたりから、痛みが更に増してくる。陣痛の間は歩くことすら出来なくなる。立ってる時に陣痛が来るとうずくまってしまうほど。そのため基本ベットで横になって休む。家事食事は何もできない。寝れるなら寝ようとしてみる。一方で陣痛間欠時は比較的平常モード。話もできるしテレビも見れる。

夫はこの日あまり事態を把握していないようでのほほんとテレビを見ている。夕食の買い出しと作成、茶碗洗いをお願いするがなかなかやってくれない。陣痛が来ている時にソファに寝ている私にピタリとひっついてちょっと寝るとかいってきたため、痛さとイライラでキレてしまう。泣いて寝室で寝ていると買い出しと買い物をした夫がよびにくる。夫、ごめんね。夫が買ってきてくれたイチゴを少し食べる。

この日もウトウトするも痛くて眠れず。徹夜2日目。

このままじゃ体がもたん。このまま出産になっても体力がもたない。日付が変わった瞬間に病院にもう一回電話しようと強く思う。

2/20 月曜日

上述の理由、および12時を超えれば入院費用が一日分かからないというせこい理由でとりあえず日付が変わるまで様子見していたが、am一時に早速病院電話

声の感じ的にまだ大丈夫ですよーと言われる。え?結構痛いときマジで痛いんだけどな...とちょっとイライラ。言われた通りの陣痛時間なんですけど...と弱めに主張してみると、「若いし、体重増加も大きくない。28週の検診内容から見てもまださほど進んでなかった。声の感じからもまだ大丈夫だと思うよ。」と丁寧に教えてもらう。とこうなれば朝9:30の診療開始まで待つか、と腹を据える。その方が安いし。(せこい)

ただ、これから病院に行くまでは結構きつい時間だった。今思うと大した痛さじゃないけど、痛み逃しの呼吸をしないとぷちパニックに収まりそうな程度には痛かった。バリ人形を見ながら呼吸法を続ける。ちなみに増田普段から瞑想をしているので呼吸法は得意。間隔も5分間隔を切っており、持続時間も1分になっていたためこれ以上痛さが強くなったり間隔が短くなれば移動自体が困難になるなと判断。9:00になったら病院にテル。まだ来なくていいよー!という感じだったが、どうしても今から行きますと強く主張してそんなに言うなら...という形でオッケーが出る。今思うと、この判断を下した私グッジョブ

入院後に続きます....

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん