「自分磨き」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自分磨きとは

2020-09-26

やっぱ文章って”学歴”なんだな

メインのソフト開発が一区切りたかWebデザインのほうに手をつけてるけど、勉強フェイズにくるたびに自分文章力の高さに感心してしま

最近ブロガー技術者って低学歴なうえに頭がいいやつがいても論文書きなれてない理系だろうから文章が下手

学生時代長編小説群像二次落ち)を書いた経験、院で論文リジェクトされまくった経験が生きてるわ

文章匿名ネット時代の”外見”なんだから自分磨きしろ

2020-09-06

anond:20200906164814

ワンルームじゃなくてもセックスレスセックスレスだし

こういう奴は管に巻くだけで自分磨きしてなさそう。

ていうかドラえもんのようにスイッチを切れたら、だあ?人間玩具じゃねえんだぞ。親不適格だろ

2020-09-04

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2009/03/news074.html

しかしながら自分磨き系のネタって源泉にあるのは「他人よりよく見られたい。上に立ちたい」って感情でしょ

それが差別意識じゃなかったらなんなのだという話だし、完全に否定するのも変な気がするけどね

2020-08-23

初めて陰毛を剃ったら世界が開けた話

めちゃくちゃどうでもいいけど誰かに言いたいけど誰にも言いづらいのでここに……

タイトル通りです。初めて陰毛を剃りました。

めっちゃいい!!!!!!!!!!!

なんか日付変わって風呂入るころにふと陰部を見たら汚いな……となったのでカミソリ片手にいざ出陣。

ちょっと興味がないわけじゃないけれど初回から全剃りはさすがに勇気がいるし、陰毛は剃ったら生えてくる時がチクチクしてかゆいという経験談を聞いていたので、ぼさぼさ無造作ヘアを整えるだけにとどめることにしました。

なんせ今まで生え始めてから十数年?整えたことがなかったので周辺部のみとはいえ剃るのも結構困難。

カミソリに長い毛が絡みつくのを何度か流しながら、いい感じに丸いシルエットに仕上げました。

うまくいったかなと少し遠目から眺めてみて衝撃。

可愛らしい「女の子の陰部」が出来上がっているではありませんか!

今までは、なんか生まれた時からあるうちの裏庭に最近雑草が生えまくってて大変だけどまあ誰に見せるわけでもないしいいや(筆者はアロマンティックアセクシャルなのでセックスはしない)状態放置してたから、「オラここに大事なとこがあるんじゃお守りしてるんじゃ」って感じで剛毛が生え散らかしてたんですよ。

それがちょっとれいに剃って整えてみたらなんともいじらしい、小さなお庭を設えてみましたみたいな感じになって大変に気分がいい。

自分磨きっていうのはこういうことを言うんだなぁと世界が開けた気持ちになりました。

まりにも残った陰毛でできたお庭が可愛くて仕方なかったのでコンディショナーをしてあげたらこころなしか指通りもよくなった気がして、一層愛おしくてたまらない心地です。

これからは定期的に裏庭のお手入れをして、いつかパイパンの夢も叶えてみたいです。

今日日記おわり。

2020-08-04

北米西海岸リベラリズム一言表現すると「努力して自分磨き

日本人が知るアメリカというのは海岸線に近い一部の地域(サンフランシスコとかニューヨークとか)で内陸部のことは知らないことが多いというのは定番ネタだろう

更に言えばネトウヨから出羽守なんて言われている人たちが思想的影響を受けているのは西海岸の一部の地域であることが多いのも定番ネタ

しかしそんな出羽守も実際のところ北米西海岸リベラリズムをよく理解せず、なんだかんだで日本文化尺度北米西海岸リベラリズム解釈してはガチ勢ツッコミ入れられてしまうということが繰り返されてきた

何故そのようなことが起きるのか?

理由は単純で北米西海岸リベラリズムの正体が「努力し続けることによって自分自身を磨き上げ人間レベルを上げようというマッチョ思想であるということを理解していないからだ

北米西海岸リベラリズム個人が置かれている環境の影響によって努力することすらできない者のために努力できる環境を作り上げるということはする

これは言うなればスポーツジム存在しないのであれば高性能なマシンが完備されているスポーツジムを用意する」というやり方であり、当然ながらそのジムマシンを動かして筋力や心肺機能を高めるのは個人自身努力によって行われなければ"ならない"のだ

口を開けていれば降ってくる恩恵なんていうもの北米西海岸リベラリズムからすると資本主義リードするステイツの敵である共産主義でありアカなのである

一緒に努力しよう!努力するアナタは素晴らしい!より一層努力することでアナタ人生は豊かになる!

四肢が欠損していようが、遺伝子異常を抱えてようが、難病罹患してようが、アナタ自身が今できる努力をしてレベルアップしよう!努力するための環境サポートは任せろ!

もちろんその様子はテレビで放映し努力しようとする仲間たちに伝える!アナタは多くの人から称賛を得て名誉を獲得する!(北米の)社会に認められるんだ!

これはスタートに過ぎない、明日もっと高いレベルへ挑戦しよう!!!

北米西海岸リベラリズムは大真面目にこのようなことを考えており、自分努力の結果をFacebookInstagramで公開するのである

からこそ鍛え上げられた引き締まったボディを高く評価し、そこには男女のエロシチズムすら内包する美しさがなければならないし、北米活躍する俳優モデルはそういう人物が選ばれる

北米西海岸リベラリズムの表層に感化された日本出羽守いくら男女平等人種差別反対を訴えようとも表層しか理解していないので(北米西海岸リベラリズム的に)おかしなことを言い始めるわけだ

BLMだってシンプルに考えたら良い。白人黒人努力する権利を奪うなである

なぜ死刑反対なのか?死んだら努力できないかである。それ以上のレベルアップが見込めないかである

北米西海岸リベラリズム努力しない怠惰な者は想定されていない。それは共産主義から

北米西海岸リベラリズムシンパシーを感じるのであれば、アナタ日本社会へ様々な分野のスポーツジムをたくさん作る訴えをし続け、アナタはそのスポーツジムで鍛え続けなければならない

もちろんスポーツジムを作る努力とは別に自己研鑽努力は並行して行うのが北米西海岸リベラリズム流だ

あみんなもマッチョ北米西海岸リベラリズム標榜しよう!

2020-07-27

anond:20200724163613

「オスとしての魅力」と書いてしまうということは、相手のことをメスだと思っているのかな?と思いました。

もちろん、そういう野性的な?生物の根源的な?魅力が重用される界隈もあると思うんですけど、

ほとんどの人は倖田來未でもEXILEでもないので(年齢がばれてしまう!)、

男とか女とかじゃなくてもっと人間らしい、理性的で穏やかな魅力を磨いた方が汎用性が高いのではないかと思います

そもそも自分磨き努力をしたり、出会えるきっかけを増やしたり、増田さんは本当によく頑張っていてそれだけで素敵だと思います

あとは、すぐには難しいと思うんですけど、恋愛対象のことを“女”という別の生き物ではなく、

同じ人間として認識すると色んな事がスムーズに流れていくと思います

以下、自分語りなのでお暇ならどうぞ。


夫がまさに「いい人なんだけど男として見られない」と言われ続けてきたタイプで、

初めて会ったとき(近所の居酒屋でお互いひとりで飲んでいた)、彼は恋愛経験ゼロの25歳でした。

(片思いをして何度か告白したことはあったけど、お付き合いには至っていなかったそう)

私は何度か恋愛をしてきたものの結局結婚には至らなかった30歳で、

若いうちはリードしてくれて、話が上手くて、経験豊富男性に惹かれていたのですが、

何度か失敗を繰り返す中で、結局パートナーシップを築ける男性こそが最重要とようやく悟ったところでした。

彼は恐れ多いけど藤井聡太棋聖みたいなビジュアルで、

いつも微妙サイズの大きい、アイロンのかかってないちょっとカビ臭い(部屋干し?)ユニクロのチェックのシャツを着ていて、

恋愛経験の少なさからか、女性への偏見蔑視がうっすらと言動ににじんでいるというまあ、そらモテへんやろな…という感じだったけれど、


まり屈託がなく、素直に私の話を聞いてくれて、他の男性マウントを取られてもニコニコ流していて、

美術館博物館コンサート海外旅行などにひとりで行って楽しめる自立した人でして、

ああ、こういう人と一緒に暮らすのは素敵だろうなと思ったので、彼が引くギリギリの強度でぐいぐい寄って、寄り切りました。

今は残念ながら抜かれてしまいましたが、結婚前までは私の方が年収は高かったし、常に割り勘か私のおごりでした(私が年上だし!)。

デートコースは2人で話し合いながら決めたし、私の方が食いしん坊なので飲食店探しは私の係でした。

彼のこだわりがあれば別にそのままでもよかったんだけど、もう少しおしゃれしたいけどよくわからないと言うので、

彼に似合いそうな服を一緒に選んで、角刈りとアイパーが得意、みたいな床屋さんから、オシャレ床屋さんに換えてもらいました。

あと性行為経験テクニック必須というのは大嘘で、相手コミュニケーションする気があればマジで何の問題もないです。

3年付き合って結婚して、子供が2人産まれペアローンで家を買って幸せ暮らしています

2020-07-26

オスとしての魅力アンサー

https://anond.hatelabo.jp/20200724163613

まずはじめに、努力してくれてありがとう

あなたの言う「オスとして魅力のある男」が少ないせいで、恋愛結婚が主流の今、女達はその少ない男を取り合っている状態

この状態が少しでも改善されるように、この世にたった一人でもモテる男性が増えてくれるよう願っている女です。

私は、ありがたいことにモテる側にいて、周りの友達可愛い子が多いです。

良ければ参考にしてください。

 

 

とりあえず、先にあなたの案についても効果があるかこたえていくよ。

 

あきらめず自分磨きを続ける&とにかく出会いを増やす

あり、というかこれはやめちゃだめ。

 

モテる男の真似をしてみる

コミュニケーション経験から陽キャアドバイス貰ったぐらいで、あなた陽キャになれるわけじゃない。

効果があるとしたら、コリドーとか通ってるコンサル男子と一緒に飲み歩けるような仲になること。

それができるなら確実にモテ度は上がる。

 

③とりあえず性経験だけ増やす

全く意味ない。そんなんでモテるようになるなら、風俗通いしてる男性全員モテてる!

 

②ができるならやってみてもいいと思う。

 

 

それで、本題。

まず、恋愛の基本前提として「人は、自分より価値があると思える人を好きになる」ということがある。

仮にあなたあなたの言う通りの人だとするなら、たとえば100kg超えの女性アプローチしてみて。

自分より明らかに価値の低い女性となら、余裕で付き合えると思う。

絶対に今までのような理由でフラれることはないと思うよ。

しろあなたが少しでも好意を見せたら相手から好き好きって言ってくるはず。

 

でも恐らくそれは無理なんだよね?

キレイ女性と付き合いたいんだよね?

 

それなら、やっぱりあなたは「オスとしての魅力」をつけるしかない。

 

結局のところ「オスとしての魅力」=「自信」だと思う

 

あなた恋愛経験がないことそのものがオスとしての魅力がないという結論だけどそうじゃない。

恋愛経験がないことで、あなた自分に自信が持てない。

自信がないから、あなたの魅力が相手に伝わらない。

自信がないから、相手に媚びをうってしまう。

自信がないから、相手主体になってしまう。

 

自信がある男って女からすると頼れるし、魅力的に見えるし、自分より価値があるように思える。

から、まずは自信をつけるしかない。

たぶん、あなた自分に自信が持てないのは恋愛経験が少ないことだけじゃないよね?

なぜ恋愛経験が少ないか?ここだよね?

まずは、自信がない原因をひとつひとつ解決してみて。

がんばって!

結婚相談所

来年になったら登録しようと思う。

転職して年収が520万から720万になった。

転職前は自分に自信がなくて、ましてや相談所の人に笑われそうで登録をしようと思いすらしなかった。

だが今なら笑われない自信はある。

もちろん最低ラインに立っただけだ。

源泉徴収票をもらうまでは自分磨きをしてもっと自信をつけよう。

2020-07-25

婚活出会ったしんどい相手

マッチングアプリ婚活中のオタクのクソデカ感情、聞いてください。

概要・注意事項)

・私→会員制マッチングアプリ婚活中。メッセージで会話をして受け答えができるようだったらすぐにLINE通話や飲みに出るフットワーク軽めのやつ。

・私→他人コミュニケーション精神力と体力を削られるタイプ学生時代にお客さんと会話をするバイトをしていたので(水系ではない)、コミュニケーションにうるさめかもしれない。

・「女性男性視点です。男性女性にも同じことが言えるかもしれないし、男性女性特有のしんどい要素も多くあると思うので他の人が増田に書いてくれるはず。

① 性欲タイプ

 趣味仕事の話を全くせず、会話が終始「●●ちゃんといちゃいちゃしたいな」「飲んだ時に甘えてもいい?」のやつ。論外。

 私がやってるアプリそれなりに料金かかってるんだし、そういう性欲案件でよければ●in●erとかでよいのでは?

② 自分語りが強めの意識ライジングタイプ

 緊急事態宣言中に一度だけLINE通話をした。通話時間中、終始自分仕事ライフスタイルの持論を語り続けるやつだった。4時間話した中で私が発話をしたのは30分もなさそう。後半1時間は相槌を打ちながらスマホを遠くにおいて漫画読んでた。自分仕事ライフスタイルの持論は延々と語る癖に、私について何も聞いて来ない。相手に全く興味を持たない人種

 会話の終盤、

彼「(延々と持論)~~~あ、もう夕方だね。時間大丈夫?ほかに話すことある?」

私「あの、私について聞きたいこととかないんですか?」

彼「えー……いくつ?」

私「●●歳です。彼さんは●●歳なんですよね?しっかりしてるのにお若いですよね(※ちょっと年上)」

彼「いや、若いって言われるのは好きじゃなくて、~~~~~~~(ここからまた30分ほど持論)」

 用事があるから電話を切った。その後LINEメッセージが入る。

彼『ありがとう!すごく楽しかった!やっぱり人と話すのはいいね

 二度と連絡しなかった。

③ 接待されるタイプ

 ご飯とか飲みに行った時にたまにいるタイプ。②のやつほど持論を語りすぎることはないけれど、自分から話題を振れず受け身受け身タイプ。無口とはちょっと違う。喋るけど会話運びをしない。

 例えばこんな感じ。

私「お仕事は何をやってるんですか?」

彼「営業やってます

私「すごいですね!大変ですか?」

彼「そうですね。大変だけどやりがいがある仕事ですよ。面白いですし。」

 (一瞬の沈黙

私「お仕事はお忙しいですか?残業とかありますか?」

彼「暇なときは早く帰れるけど、忙しいとき終電ですね」

私「忙しいの大変そうだけどすごいです!」

彼「そうですか?笑 普通だと思います

私「職場は家の近くですか?」

 こういうパターンの飲み(私は接待と呼んでいる)はきつい。きつくない女性もいると思うけど、もともとコミュニケーションが苦手だからとにかくきつい。端的に言うとつまらない。私についてまったく聞かない訳ではなく、聞かれたときや聞かれなくても自分の話をしてみるけど、だいたい相手リアクションが「そうなんだ」の一言で終わるのできつい。あと私は割と相手の話を聞きながら褒めるようにしてるけど、相手から褒められるわけでもないのできつい。接待とか就職面接してる気分になる。

 もしかすると↑のような会話の運び方で相手側が「面接を受けているみたい」「矢継ぎ早に質問されて息苦しい」と不快に思っているかもしれないが、だいたい飲み会の後に「すごく楽しかったです!また行きましょう!いつにしますか?」と連絡が来る。そりゃ自分に興味を持ってもらって話を聞いてもらって要所要所で褒めてもらえたら楽しいよね!だったらせめて少しでも飲み代を多く払ってくれ(ひどい)!

(まとめと持論)

 ②と③に言えるのはひとえに「相手に興味を持っていない」ことだ。相手に興味があれば、相手のことをもっと知りたいと思えば相手への質問も出てくるし、その分自分のことも話したいと思って面白い話もでるはず。コミュニケーション得手不得手はあるけど、アプリ職業趣味とか相手の事前情報いくらでもあるんだから、とにかく相手に興味を持ってみるとよい。会う段階で相手のことが好きではなくても、相手が好きかどうかを判断するためにも相手を知らないといけないから。

 あとアプリプロフィールに「会話が無くてもいい、落ち着け相手希望」と書いてても、せめて1回目くらいは自分コミュ力を100~120%発揮してほしい。恋愛結婚で「飾らない、等身大」みたいなワード重要だけど、婚活はいわばプレゼンで、自分いかによく見せるかが重要じゃないか最初から等身大恋愛をしたいのなら、付き合いが長い幼馴染や同僚を探そう。

 もちろん②と③みたいなコミュニケーションをとられてもしんどくない女性もいるし、なんなら相手が全くしゃべらなくても構わない女性もいるので、そういう人に会えるといいね…。私もそういう女性になりたいね…。

 お互い話題を振るとかそういうことを考えず話が尽きないのが理想で、そういう相手出会えることも少なくはないけど、だいたい友達で終わるかフラれちゃうね…。こんなとこで増田でマスかいてクソデカ感情を発散させてないで自分磨きがんばろうね…。

ツッコミ想定問答1)

Q. そんなに文句言うんだったら自分コミュニケーション受け身に徹すればいいじゃん

A. せっかくお互い貴重な時間お金を使うのに、沈黙が多くて楽しくない飲みにするのは本意ではない。だったら無理してでも楽しいほうがいい

ツッコミ想定問答2)

Q. そもそも婚活アプリとかやってる時点で相手コミュ力はお察しでは?

A. 紹介したタイプは約6割で、4割くらいはめちゃくちゃ会話弾むコミュ力ある人がいる

ツッコミ想定問答3)

Q. こういう思考婚活してるから増田主は結婚できてないのでは?

A. うしろ

容姿ジャッジデーを作ってみたアラサー

突然ですがみなさん「自分容姿」ってどれくらい気にしてますか?

①とても気にする

②まあまあ気にする

ふつうに気にする

④あまり気にしてない

ほとんど気にしてない

全然気にしてない

全然気にしていないわけではないが気にしているわけでもない(よくわからない)

等々、個々人のレベルで色々だと思うのですが、

私は上記①~⑦で言うと②、まーそこそこ気にしてますね、女だしね。ってことでアラサー女子一般的な「作りこみ」は多少行っている。

具体的に言うと年齢を意識した派手ではないが堅実なメイク流行をそこそこ意識した年相応に見えるレベル金額的にも)の服装美容院は少なくとも2ヶ月に1回、ネイルはこまめに塗り替える(金に余裕があればサロンに行く)、体型維持(筆者は標準体重である)、美容脱毛、(見た目由来の)健康意識・・・などなど。

それらは⑥あたりの容姿を気にしていない(し特に何もしない)人からすれば「へ~色々やってて大変だね~」レベルかもしれないし、③~①の人からすれば「そんなのみんな当たり前にやってることじゃん?」程度かもしれない。

しか中学高校エスカレーター式の女子高かつ当時運動部なのも相俟って容姿にまったく気を使わないがゆえにゴリラだった私は、(まあ当時は当時で楽だったし楽しかったが)、男女共学大学に進学して周囲の同年代女子比較して自分のあまりのあまりぶりに慄き、二十歳そこそこからようやく「自分容姿」というものに気を使い始め、髪を伸ばしてみたり露出を増やして筋肉質の体を無理やりスタイルが良いように見せてみたり(痛い)ファッション雑誌を読んだり服やメイク研究したりして粛々とゴリラ→女化をはかった。当初こそ自他共に「女のコスプレ」感が強かったと思うが、幸いそれが功を奏して(?)大学では初めて彼氏が出来たり友人にも恵まれて楽しく過ごすことができた。前置きが長くなったが、そんな私は今でも「自分という人間に女という皮を被せて生きている感」があるのである自分磨きは楽しいが元の顔が平凡(というかうっすら不細工だとさえ思う)なのでいくら磨いたところで程度はとっくにしれている。「女であることの皮」がルーチンと化した毎日、もちろんメイクネイル美容諸々がダルくなる日もある。多々ある。しかし、大学進学時の「女がいる!!!」感の衝撃とゴリラである自分への劣等感を思い出すと、もうあの頃の自分には戻れないし絶対に戻りたくないのである。以上が主に自分が(おそらく人よりも)容姿を気にする理由だ。

私は人から自分がどう見られているかが気になる。かつて自分ゴリラだったという自負があるので、きちんと女に見えているのかが気になる。女性の目から男性の目からも、である

ここでやっとタイトルに触れるが、自分容姿が人にどう見られているかが気になるということをネットやなんかで打ち明けると、「誰もあなたことなんか見てませんよw」という自意識過剰ですよ的な指摘が飛んでくるのだが、大抵それを言ってくるのは男性である

そこでふと思った。道行く男性は道行く女性容姿ジャッジされるのと同じ位の頻度で、容姿ジャッジされているのだろうか?と。ちなみに私の高校時代ゴリラエピソードを挙げると、私はスカートの下ジャージ制服姿(自分でも女子中学生かよと思うがw)で一人で電車に乗っていると、近くにいた男子高校生の群れから「女ゴリラw」と言われたことがある。一瞬空耳かと思い声がした方向をチラっと見ると、男子高校生の群れが私の顔を見てニヤついていた。その時はかなり落ち込んだが、高校時代ポジティブ女ばかりに囲まれて謎に自分ポジティブだった私は、学校行って部活して飯食って寝る、を何度か繰り返したらそのことはいつのまにか忘れていた。そして昨今よく耳にする「容姿ジャッジ」という言葉から記憶をたぐった次第である

私が思うに、あまりに奇抜な格好や見た目をしているのではない限り、男は他人の男の容姿など特に見ていない、そして女は元々、道行く男を(意識的にも無意識的にも)特に見ていない。イケメンとか不細工とか以前に、道を歩いてる赤の他人の男の容姿になんて別に興味がないのである。私は男よりも同性に対しての「美人!」や「スタイルいい!」のほうが多いくらいだ。(ちなみにそれは好意的な時しか発動しない)もちろんすれ違う女の容姿ジャッジばかりしている男ばかりなわけがないだろうし、逆に男に対して日常的に?容姿ジャッジしている女だっているとは思うが。

男→男 どうでもいい

女→男 どうでもいい

の式が成り立つならば、男性による「誰もあなたことなんて見てませんよw」というセリフは、奇しくも自分が男側だから誰にも気にされないのだ(気にされにくい)ということを証明してしまっているのでないだろうか。

(ちなみに女性から共感コメントが多かった)

そこで私は「あえて(心の中で)道行く男性容姿ジャッジをしてみる日」というのを作ってみた

ルール(と言うほどたいそうなものではないが)として、

心身ともにゆとりがある日、主に通勤時に不特定多数男性の中でぱっと視界に入った男性の「見た目」を0.5秒くらいでジャッジするのである。(もちろん決してジロジロ見たりはしない。即断即決、一度見たら振り返らない。)

結果を先に言うと「世の中の男ってほとんど不細工じゃねーかwww」でした。

0.5秒でも判断できるほど洗練されたイケメンなんてほとんどいない。皆無と言っていい。

同時に己の精神の醜さが知れましたね。「(ぶっさwww)」「(ハゲとるやないかww)」「(・・・(冷静になって)この人この姿でよく外に出れるな・・・)(自分だったら出れない・・・)」とかね。暴言オンパレードですよ。特に中年男性日本の業が凝縮されたかのような顔面群。

もちろん、あえて容姿ジャッジしようとしなければしないですよこんなこと。どうでもいいですから。そして別にそんなことをしても面白可笑しいわけではないので(やってる時はw飛ばしますがw)、1回やって、二度とやってません。

でも最中マイナスジャッジを付けた男性で、この人がもしこの姿で女バージョンだったら「許されない」んだろうなあ・・・なんて思ってしまったのでした。

あと、ほとんどの女が日常的に男の容姿ジャッジをするようになったら、男の全体的な容姿レベルって上がるのかなあ・・・とか思ったり。主観なので主語デカで行きますが、(都内です)「なんでその格好で外出た!?w」級の男ってたまにいますよね・・・奇抜という意味ではなく、衛生的な意味で。それに比べると女はほとんどが身奇麗にしてる気がします。

この文章は「容姿ジャッジをやめよう」という主旨で書いているわけでも「容姿ジャッジをしよう」と言いたいわけでもありません。

ただそんなことを、元ゴリラは思ったのでしたというだけでした。すいません。檸檬堂飲んで寝ます

2020-07-24

オスとしての魅力がない男に生きる道はあるのか

いきなりですが、これを読んでくださっている、いない歴=年齢or恋愛経験の少ない独り身社会人男性の皆さん、

仲良くなって好きになった女性からこのようなことを言われたことがないでしょうか?

「〇〇さんは良い人だけど、付き合うとかは考えられない」

「〇〇さんといると楽しいけど、恋愛感情は持てない」

「〇〇さんは本当に優しい人だから、私よりもっと良い人と付き合えるよ!」

等々…書いてて悲しくなってきますが、

これらはいわゆる女性の優しいウソ、有り体に言えば社交辞令ってやつですね。

友達としては無しではないけど彼氏にはしたくねーんだよ、っていうのをこっちが傷つかないようにやんわり伝えてくれているんだと思ってます

こんなこと言われる関係性の女性なんていたことないわ!という男性は、街コンでもマッチングアプリでもいいので行動してみることをオススメします。

そういう方はまだ本気出してないだけで、彼女を作ったり結婚出来たりする可能性が十二分にあります。たぶん。

話を戻しまして、一番最初に書いたようなことを告白後とか、告白前に牽制として言われたことがあるという方たち、

ホント辛いですよね。わかります。僕も言われてきました。

男性を傷つけないようにしてくれているんでしょうが、遠回しな表現をすることで余計に傷ついてしまうんですよね。

物理攻撃よりも魔法攻撃の方が痛いみたいなことです。

なぜこんなことになってしまうんでしょうか。

まり対策のしようがない顔や身長の話は置いておくとして、服装や髪形にはそこそこお金をかけて気を遣っている。

歯並びも矯正してよくなったし、髭も1日2回ちゃんと剃ってる。歯磨きも1日2~3回くらいしてる。

ジムに通ったり筋トレしたり食事に気を付けたりして体型維持にも努めている。タバコも吸わない。

普通に働いて一人暮らししているし、コミュ障ってほど女性と会話ができないわけでもない。

美味しい店を探して予約もする。連絡もウザくない程度にこまめにしている。





なのになぜ、どうして、あなた恋愛対象外ですよ。となってしまうのか。

言葉にするのが難しい問題ではありますが、僕はこのように名付けます

「『オス』としての魅力がない問題

感覚的な表現ですが、簡単説明すると、女性に以下のように思われてしまうってことです。

・会話するのは良いが、性的関係を持つのはどうしても嫌だ

・一緒にいてもなぜかドキドキしない。ときめかない。

元カレ(もしくは昔好きだった人)と比べて何かが物足りない

・なんとなく付き合っているビジョンが浮かばない

この問題の厄介な所は、具体的な解決方法が浮かびづらいという点です。

清潔感がないんだったら身だしなみに気を遣えばいい。

太っていたり痩せすぎていたりするなら運動食事に気を付ければいい。

出会いがないんだったら婚活なり恋活なりすればいい。

しかし、オスとしての魅力がないという問題に関しては、女性側は「なぜか」「どうしても」「何かが」「なんとなく」等々、漠然とした理由でのNGなため、

どうすれば改善されるのかが見えてこないのです。

たまたまその人と合わなかっただけという考え方もできますが、出会女性たちに同じようなことを言われてしまうということは、おそらく男側に欠点があるのでしょう。

この問題を抱えた男は今後どうしていけばいいのかという対策を考えてみたいと思います

あきらめず自分磨きを続ける&とにかく出会いを増やす

番ポティブな手です。とにかくガムシャラに体を鍛えたりオシャレを勉強したりしつつ、

アプリなり婚活サイトなり、マッチングサービスを駆使して多くの女性出会う。陽キャっぽい趣味に手出してみる。

そうこうしているうちに運命の人出会うことができるかも・・・

モテる男の真似をしてみる

彼らの所作女性へのコミュニケーションの取り方などを真似してみる。

聞くは一時の恥ということで、身近にいればアドバイスを求めてみるのもアリかもしれません。

大して経験もないのに真似だけしても、ドン引きされて終了の可能性は高いので、ハイリスクです。

③とりあえず性経験だけ増やす

風俗に通ったりデリヘルを呼びまくるなどして、女性との肉体的接触の回数を増やすという手です。

素人童貞でも風俗マスターレベルにまでなれば女性と会うとき緊張しなくなって魅力が高まるかも…!?

めちゃくちゃ金がかかる上に快楽に溺れて戻れなくなってしまったら、趣味風俗通いとかいうド地雷男が誕生してゲームセットです。

一応僕が思いついたのはこれくらいです。

もし他になんか良いのがあったらコメントでもツイートでもしてください。







と、いろいろ逆転できる方法を考えてみましたが、本音を書かせてください。

実はもう自分の中では魅力を高める方法っていうのは思いついてはいるんです。

オスとしての魅力を高めるために最も有効かつ必要なことは、間違いなく女性恋愛した回数を増やすことです。

しかし、ロクな恋愛経験もなく社会人になってしまった以上、それはほぼ不可能です。

年齢を増すごとに、出会えるフリー女性の数は減っていくし、お付き合いするうえでも結婚意識せざるを得ず、

気軽に付き合って経験を増やそう!なんてことができないからです。

そうこうしているうちにどんどん年齢を重ねていき・・・っていう負のスパイラルに陥ってしまます

そうならないため、先ほど挙げたみたいに対策をとってお相手を見つけられたらいいんですが、ぶっちゃけ難しいでしょうね。


こんな結論に達してしまうのもダサいですが、

気軽に付き合ったり告白したりできる学生時代恋愛経験を積めなかった男が、社会に出てから色々努力したところで悪あがきにしかならないと思います。しないよりはマシですけど。

学生時代恋愛と将来結婚できるかどうかに相関性があるみたいな研究もあるらしいです。(その研究の真偽はともかくとして、そう思っている大人一定数いることの証左にはなる)


結局は、人生の早いうちから恋愛に挑んで時に傷ついてきた、バイタリティ溢れる男が「オスとしての魅力がある」ってことになるんだと思います

イケメンとかガタイがいいとか背が高いとか、生まれつき備わってる要素も重要なんでしょうけどね。

もしこれを読んでる学生さんがいたら、手遅れになる前に勇気を出したほうがいいです。

それで無事カップルになれたら将来の展望が一気に開けますし、たとえこっぴどく振られても、そういう経験したこと財産になります






最後に、ちょっと明るくなる(?)話をして終わりたいと思います

「オスとしての魅力がない男」だからこそ楽しめるものもあります

それは何かというと、AV同人誌最近流行している、NTR(寝取られ)&BSS(僕が先に好きだったのに)というジャンルで最大限興奮できるということです!

片思いしてたあの子自分より強い男とかイケメンと結ばれる、なんてめちゃくちゃ心にダメージを受けつつも下半身エネルギーが満ちてきますよね。

これはモテ男たちには味わうことのできない興奮なのです。可哀想ですね!

ホントお勧め作品も載せたいですが、流石にやめておきます

このエントリ共感できた方は一人でフィーバーする機会が多いと思うので、ぜひ楽しんでください。

急にド下ネタになってしますみませんでした。読んでいただきありがとうございました。

2020-07-23

30歳だか32歳だか腐女子ブログがめちゃくちゃバズってるけど私は都内に住んでいないってだけで腐女子に見下されてた。

なんかやたらと私は都内から〜をアピールしてたけど

いくら都内に住めても税金家賃生活費でいっぱいいっぱいでロクにオタク趣味にも自分にもお金掛けられないなら私は今の生活で充分です。

少なくともあなたより自由に使えるお金があるのでちゃん推しお金落としてますので。

お金もないのに無理して都内に住んで居住区のみでマウント取る腐女子を見たら推しにじゃぶじゃぶ使うお金があるだけ話題腐女子たちは全然マシだと思う。

中途半端自分磨きしてるオタクより清々しいよ。

金を使うオタク正義から1番いいのは可愛くてオシャレで持ち物ハイブラで固めててオタクのしない廃課金者だけどそんかオタクいねえよ。

どんなに身嗜み気を使ってもオタク臭は隠せません。

類友なのでつるんでる友達ももれなく周囲からオタクに見られています

安心してミモレ丈のスカートドルマンスリーブを着ましょう。

2020-07-20

ちゃんとしたオタクがわからない

オタクお気持ち表明文やらなんやらが最近増田流行っているらしいので、便乗して自分も反転増田を語ります

特定されたくないので全部フェイクです。適度な反転だと思って読んでいただければ。

例えなので別に私自身は32歳でもなければソシャゲ重課金してるわけでもないですが、立場は多分似ています。周りが所謂腐女子な事も含めて。

腐女子と言うと語弊がありそうですが、ここで言う腐女子は「メイクファッションスキンケアに興味が全くないどころかそれを憎んである節があり、ある程度有名なアニメ声優ソシャゲを知っていて、それを腐女子なら当たり前だと思っているらしい人間」の事を指します。

自分はあまり(上記基準で語るところの)腐女子ではありません。

アニメなんて今期のアニメ全部チェックしなくても問題ないし、最低限自分好きな物が見れれば作画崩壊だろうが知ったことではないです。アニメのことはオタクと関わるための手段ではなく、自分の中で楽しむものと考えています

ソシャゲだってパズドラ刀剣乱舞くらいしか知りません。ゲームなんてツムツムやポケモンGO問題ないでしょう。それなりに楽しめます

声優もよく分かりません。アニメを好きになったら声優名前も全部覚えなきゃいけないんですか。声がかっこいいなとは思うけど「耳が孕む」とか下品言葉は嫌いです。

萌えキャラだなんだはさらにわけがわかりません。みんな顔が同じじゃあないですか? 周りが話の種にする○○ちゃん、私から見たらなんかそこら辺のちょっと顔の整ったキャラ区別がつきません。というかそもそもの子可愛いのか? 本当に有名なのか? 何がいいんだ? この○○ちゃんとやらの話に何か意味はあるのか? と思います

要するに、私は腐女子から見たらパンピーなわけです。

ここ最近(と言ってもほんの1年前から今まで)、私は腐女子と話す機会が何度がありました。

初めは何気ない世間話から会話が始まります最近天気悪いねとかコロナはやく収まれとか食って痩せたい とか、そういう。

そして何度か交流を重ねていく内に、彼女らの私生活の話になるわけです。腐女子私生活の話なんて、まあCPとか鬼滅とか流行ものの話くらいしかないわけで。そうなってくると私はなんとも言えない気分になります

「あっ、そういえばこの間新しい推しファイルを買って」

「へえ」

「○○のところから新作が出てて、これは今年の覇権で……」

この時点でもう返す言葉が無くなってきます

推し流行りとかあるんですか? なんて聞けるわけないです。相手は当たり前のように覇権を知ってると思って話を続けているんですから

黒子のバスケだったかハイキューだったか覚えていませんが、まあとにかくそれが流行りなんだと。

からしたら、好きな本読めばいいでしょうとしかなりません。1度そう告げたことがありますが、相手の態度が芳しくなかったのでそれ以降似たようなことを言うのはやめました。彼女らにとってはきっと、推しを決める判断基準覇権という点が1番大事ことなのでしょう。

姦しい声を上げつつピスメだかワンピースだかの話で盛り上がる彼女達の声を聞きながら、私はどうしたものかとそっとマイクミュートにしました。

また別のある時、好きなキャラの話になりました。飛び交う全く知らない名前に混乱していると、会話をしていた相手が私に向かって、

「どのカプが好きとか、ある?」

と聞きました。

ないよ。と返せる訳もなく(この場でカプとか知らない、と答えて場を白けさせたくなかったのです)、顔の見えない通話環境なのをいい事に手元のスマホ画像検索をして適当漫画キャラ名前を読み上げました。正直ジャンプかどうかも自信がなかったですが。

すると相手

「ふーん。その漫画あんまり知らない」

と言われ会話が終わりました。

私はなにか悪いことをしたのでしょうか。自分の好みのカプの話は嬉嬉として話す割に、私が適当とはいえ挙げた漫画の話は知らないで切り上げ。

私がもっとジャンプをしっかりチェックしていて、神絵師も知っていて、アマプラちゃんアニメを見ていた人間だったのならば、あの時の絶妙に居づらい空気はまた違っていたのでしょうか。

そんな経験を経つつも、なんだかんだと彼女達と付き合いも長くなり、多少のコミケ知識程度なら付き合えるようになってきた頃。

彼女達の1人(仮にAとします)の知り合いの話になりました。A曰く、その人は「服が高級感溢れてて嫌味ったらしい。話すことも仕事子供のことばかり。アニメなども全く見ていない。そもそも化粧バッチリな日もある。オサレ陽キャ気取ってて最悪」だと。

私は「私のことを遠回しにディスられているのか?」と思いました。Aからすればそんなことは無いんでしょうけれど。

服装は何を着ても清潔感のある格好ならいいじゃないですか。わざとみすぼらしい格好する必要がわかりません。

話すことも(時と場合によるとはいえ)好きなことを話せばいいじゃないですか。自分無職独身からと言ってAの近況にいちいちムカつかなくていいのでは。

メイクだってだって、好きなようにしちゃダメなんでしょうか?陽キャ気取ってて最悪なんて陰口叩かれるのは心外です。

化粧してるのも肌質の問題や、仕事の都合もあるでしょう。化粧したからといって誰に迷惑がかかるのか。というかオンライン環境らしいですし、自室で好きなメイクくらいしたっていいでしょう。

と、私は思ったのですが、周囲の反応は「ありえない」「社会人デビュー乙」という感じで私とは違いました。

この経験を経て、私は「もしかして自分って周りと違うのか?」と悩むようになりました。周りはホモアイドル声優の話が好きなちゃんとしたオタクです。

世間的にちゃんとしてるというだけで、排他するのが普通なのでしょうか? 自分にはよくわかりません。

32歳腐女子の話や京極夏彦を読んだ私の感想は「別にメイクや服や趣味くらい好きにしたっていいでしょう、否定する意味はないよ」です。

金遣いに関しても、好きな物お金使ってるのは結局変わらないでしょう。ソシャゲ課金自分磨き費も過程が違うだけで何かに費やしたという結果は同じですし。貯金の話はまた別として。

から私はちゃんとしたオタクが分からないのです。

長々と書いてしまいましたが、結局は誰が正しいとかもないんだと思いますし、ちゃんとしたオタクと、私のような彼女らが当たり前だと思っているものを当たり前に覚えて当たり前のように好きになれない人間相互理解するのも難しいのでしょう。

私は金は単行本インテリア旅行に使いたいですし、架空キャラ馬鹿みたいに費やすのは無駄に感じます。それは自分に対して無駄だと思うだけで、他人自分に費やすのは全然いいと思いますけれど。そもそも興味が無いとも言います

自分の悪い所…ちゃんとしたオタクの話についていけずいつまでもこんなお気持ち文書いて周囲の同情を引こうというところが本当に悪いところなのか、分からなくなってきました。

自分自分らしく貫けという言葉と、ちゃんとしたオタクにならなきゃいけないという言葉の間で板挟みです。

変わらなきゃいけないんですかね。でも変わりたくなくもあるんですよね。

anond:20200720045841

ちゃんとした女が分からない

オタクお気持ち表明文やらなんやらが最近Twitter流行っているらしいので、便乗して自分お気持ちを語ります

特定されたくないので一部フェイク含みます。半分フィクションだと思って読んでいただければ。

Twitterを見ているオタクの人であればきっと分かるであろう例えで自分を評するなら、自分は32歳腐女子です。通称京極夏彦が書いた方の30歳腐女子でもあります

例えなので別に私自身は32歳でもなければソシャゲ重課金してるわけでもないですが、立場は多分似ています。周りが所謂ちゃんとした女な事も含めて。

ちゃんとした女と言うと語弊がありそうですが、ここで言うちゃんとした女は「メイクファッションスキンケアに興味があり、ある程度有名な女優俳優モデルを知っていて、それを女なら当たり前だと思っているらしい人間」の事を指します。

自分はあまり(上記基準で語るところの)ちゃんとした女ではありません。

メイクなんてそれなりの見てくれになれば問題ないし、最低限整えば使うものプチプラだろうが知ったことではないです。メイクのことは自分を可愛く見せる手段ではなく、社会に出るにおいて文句を言われないようにするためだけの邪魔ものだと考えています

ファッションだってブランドなんてGUCCIPRADAくらいしか知りません。着るものなんてGUUNIQLO問題ないでしょう。十分外に出ても文句言われない格好が出来ます

スキンケアもよく分かりません。名前もよく知らない洗顔剤使って風呂上がりに化粧水ぶちまけるだけでいいと、ここ数年間信じていました。

モデルだなんだはさらにわけがわかりません。みんな顔が同じじゃあないですか? 周りが話の種にする○○ちゃん、私から見たらなんかそこら辺のちょっと顔の整った女と区別がつきません。というかそもそもの子可愛いのか? 本当に有名なのか? 何がいいんだ? この○○ちゃんとやらの話に何か意味はあるのか? と思います

要するに、私はちゃんとした女から見たら無知なガキなわけです。

ここ最近(と言ってもほんの1年前から今まで)、私はちゃんとした女と話す機会が何度がありました。

初めは何気ない世間話から会話が始まります最近何のアニメ/ソシャゲ/漫画見てる? 前描いてた絵がさあ〜、あの動画みた? とか、そういう。

そして何度か交流を重ねていく内に、彼女らの私生活の話になるわけです。歳若い女私生活の話なんて、まあメイクとかファッションとか流行ものの話くらいしかないわけで。そうなってくると私はなんとも言えない気分になります

「あっ、そういえばこの間新しいコスメと服を買って」

「へえ」

「○○のところから新色が出てて、これは今年の流行りの色で……」

この時点でもう返す言葉が無くなってきます

色に流行りとかあるんですか? なんて聞けるわけないです。相手は当たり前のように流行色を知ってると思って話を続けているんですから

マカロンカラーだったかシャーベットカラーだったか覚えていませんが、まあとにかくそれが流行りなんだと。

からしたら、好きな色着りゃあいいでしょうとしかなりません。1度そう告げたことがありますが、相手の態度が芳しくなかったのでそれ以降似たようなことを言うのはやめました。彼女らにとってはきっと、服の色を決める判断基準流行色という点が1番大事ことなのでしょう。

姦しい声を上げつつコスメだかワンピースだかの話で盛り上がる彼女達の声を聞きながら、私はどうしたものかとそっとマイクミュートにしました。

また別のある時、好きなモデルの話になりました。飛び交う全く知らない名前に混乱していると、会話をしていた相手が私に向かって、

「どのモデルが好きとか、ある?」

と聞きました。

ないよ。と返せる訳もなく(この場でモデルとか知らない、と答えて場を白けさせたくなかったのです)、顔の見えない通話環境なのをいい事に手元のスマホ画像検索をして適当に好みな女性名前を読み上げました。正直モデルかどうかも自信がなかったですが。

すると相手

「ふーん。その人あんまり知らない」

と言われ会話が終わりました。

私はなにか悪いことをしたのでしょうか。自分の好みのモデルの話は嬉嬉として話す割に、私が適当とはいえ挙げた女性の話は知らないで切り上げ。

私がもっとインスタをしっかりチェックしていて、美容アカウントも知っていて、テレビちゃんドラマを見ていた人間だったのならば、あの時の絶妙に居づらい空気はまた違っていたのでしょうか。

そんな経験を経つつも、なんだかんだと彼女達と付き合いも長くなり、多少のデパコス知識程度なら付き合えるようになってきた頃。

彼女達の1人(仮にAとします)の知り合いの話になりました。A曰く、その人は「服がガーリー系で大人っぽくない。話すこともアニメ流行りのソシャゲのことばかり。メイクなども流行り色全く入れてない。そもそも化粧してない日もある。ダサい陰キャだし最悪」だと。

私は「私のことを遠回しにディスられているのか?」と思いました。Aからすればそんなことは無いんでしょうけれど。

ガーリー系の服に何か問題があるのでしょうか? 大人からといって大人びた服装をするのは必須ことなのでしょうか?

話すことも(時と場合によるとはいえ)好きなことを話せばいいじゃないですか。Aもオタクアニメソシャゲをやっているのだから、気にしなくていいのでは。

メイクだってだって、好きなようにしちゃダメなんでしょうか? 流行り色に囚われなくても死ぬ訳じゃあるまいし。

化粧しないのも肌質の問題や、昨今のことですしマスクの都合もあるでしょう。してなくたって誰に迷惑がかかるのか。というかオンライン環境らしいですし、自室でメイクかめちゃくちゃめんどくさいですよ。着替えてるだけで偉くないですか。

と、私は思ったのですが、周囲の反応は「ありえない」「アニメしか見てねえのかよ」という感じで私とは違いました。

この経験を経て、私は「もしかして自分って周りと違うのか?」と悩むようになりました。周りはファッションメイクモデルの話が好きなちゃんとした女です。

ちゃんとしていないというだけで、排他するのが普通なのでしょうか? 自分にはよくわかりません。

32歳腐女子の話や京極夏彦を読んだ私の感想は「別にメイクや服や趣味くらい好きにしたっていいでしょう、否定する意味はないよ」です。

金遣いに関しても、好きな物お金使ってるのは結局変わらないでしょう。ソシャゲ課金自分磨き費も過程が違うだけで何かに費やしたという結果は同じですし。貯金の話はまた別として。

まあ、正社員になりたがらなかったり歳下とこの時期にオフ会したりするのはなかなかだと思いましたが、その辺以外は別に何か言われるようなものでも無いんじゃないか? と。

から私はちゃんとした女が分からないのです。

長々と書いてしまいましたが、結局は誰が正しいとかもないんだと思いますし、ちゃんとした女と、私のような彼女らが当たり前だと思っているものを当たり前に覚えて当たり前のように好きになれない人間相互理解するのも難しいのでしょう。

私は金は同人誌やグッズや遠征費に使いたいですし、どうやっても自分以外になれないものに費やすのは無駄に感じます。それは自分に対して無駄だと思うだけで、他人自分に費やすのは全然いいと思いますけれど。そもそも興味が無いとも言います

自分の悪い所…ちゃんとした女の話についていけずいつまでも子供らしいところが本当に悪いところなのか、分からなくなってきました。

自分自分らしく貫けという言葉と、ちゃんとした女にならなきゃいけないという言葉の間で板挟みです。

変わらなきゃいけないんですかね。でも変わりたくなくもあるんですよね。




追記1:

30の女の話だとは〜等色々な反応があったので、答えられる部分は追記しておきます

私の年齢は21です。例として挙げた32歳腐女子とは年代も違えば環境とか考えた方も違うでしょうし、並列として語るのはおかしかったかもしれません。すみません

ちゃんとした女という言葉を用いた理由としては、彼女達がメイクファッションに興味が無いのはおかしい、と言ったようなことを語っていたので…。なら私は普通でなく、ちゃんとしてないのか? と思い、そういう表記しました。

ちゃんとした女の例として挙げた人達は、(一部はリアルでも友人関係の人もいますが)ほとんどはネット上だけの付き合いの友人です。

元々某アニメファンという繋がりでTwitterで話をしていて、そのうち他人行儀な態度がなくなり、私生活の話を話題に持ち込むようになった…というわけです。

今でもそのアニメの話をしている時等は楽しく話せていますし、彼女達の事を嫌いだとかそういうことは思っていません。メイクの話等もその話を心底辞めて欲しいと思っているわけでもないです。ただなんとなく、価値観にズレを感じ心苦しいのです。

2020-07-17

チー牛がいくら自分磨きに励もうが無意味

メスは遺伝子を厳選しているのであって

行為を厳選しているのではない

2020-07-15

派遣社員同士のカップルのおもいで

この話はフィクションで、俺もこんな職場存在しないし、出てくる人たちも存在しなくて、これを読んでる君もどこにもいないです。

から5、6年ほど前に、俺はとある大型事務センター派遣社員をしていた。

就職できなかったというより、仕事が出来ない無能な上に人中りして人間関係が酷く疲れる気質なので、新卒短期間で蹴って逃げた俺は正社員として働きたくなかった。あんな思いをしながら生きるぐらいなら、いっその事死んだ方がマシだと真剣に思えた。pha中島義道斎藤環の本を布団の中でずっと読んでる様な、そんな時期だった。こんな社会不適合者にとって、ひたすらキーバンチャ―をするだけの派遣社員のこの仕事はまさに天職で、社会に出てからはじめて「俺は生きてても良いんだ。」と思えた。仕事帰りに出かける精神的余裕もできたのもこの時期だったと思う。社会不適合者にとって社会は厳しいけれども、俺でも受け入れてくれるぐらいには懐が広い。そう気づけた。

こういう誰でも出来て、なおかつ多くの人力を必要とする楽な仕事には、時給1000円そこらにも関わらず多くの人間が集まる。

主婦、他に働き口のない年配者、皮膚病がある人、身体障害がある人、精神疾患がある人、売れないバンドマン、社会生活を諦めた人。

みんな彼らを奇異な目で見る事も見られる事もない。若い女の子ちょっかいかけて迷惑がられる中年オヤジもいたが、主婦層が若い女の子が嫌な目に合わないように囲ってオヤジを寄せ付けないように庇うシーンなんかも観た。

生涯非正規雇用しかいたことのない年輩者。漫画映画サブカルチャーに異様な詳しさを見せる30後半の男性キャバクラに費やして借金を500万程背負って自己破産した躁鬱の中年ネトゲ経由で女子高生と付き合って会うたびにセックスに興じてる話を嬉しそうにする20代半ばの日焼けしてない小太りの男。通信大学勉強をすることだけを生きがいにしてる勉強好きな人。顔色の悪いその日ぐらしのデイトレーダーリーマンショック会社が潰れてからずっと派遣社員をしているこっちが心配になるぐらい優しくて人が良い男性派遣をしながらアート勉強をしていたが仕事に結びつかずそのまま派遣を続けてる女性HSP気質が強すぎて大きな音を聞くだけで目に見えて動揺する女性借金を抱えている上に子宮筋腫の手術を控えていて頭を抱えながらこれからの先を涙ながらに悲観する中年女性。本当にいろんな人がいた。当欠してもお咎めなし、生産性求められず、社交性無くてもウェルカム!この気楽さと中島らものような門戸と懐の広さに「派遣社員制度福祉」だとさえ感じた。もちろん突然消える人も多かった。

そんな中、俺が今でも一番印象に残っているのが派遣社員同士の一組のカップルだった。

彼らとは別の部署で直接接点はなかったが、休み時間に休憩室で勉強しているときに向かいに座っていたカップルの会話が耳に入ってきた。

どうやら二人は同棲しているようで、そろそろベランダミニトマトが食べれそうだの、そんな話をしていた。

穏やかな口調で静かに話す30前半ぐらい思われるスピッツ草野マサムネに似た男性と、化粧一つしてない新興宗教リトルぺブルのクララさんに似た20後半ぐらいの女性だった。

二人とも素朴な感じで、見栄とか恨みとか憎しみとか、そういうものとは無縁のような、表現は悪いが人畜無害そうな、植物の様な、そんな印象を受けた。二人の間には確かに静かな時間が流れていて、誰も傷つけず、誰にも傷つけられないような、そんな二人が纏う空気が俺はとても好きだった。もしも俺の半径内で彼らに危害を加える人間が居たら全力で守りたい。そんな庇護欲にさえ駆られた。

時給千円だと二人の手取りを合わせて月の可処分所得はおおよそ28万円ぐらいになる。交通費支給されない。二人が広げる手作りのお弁当を眺めながら、一体、どんな部屋に住んでいて、どんな生活をしているんだろう。と好奇心が湧いた。(が、最後まで接点はなかった。)

何も身につかない職場(しいて言うなら相手の眼を見れば躁鬱かどうかがわかるスキルは身についた。薬のせいか病気のせいか理屈はわからないが、躁鬱疾患者の目には特有のギラつきがある)で過ごし20代の貴重な数年を棒に振った俺は、月の半分が休みのような仕事正社員として採用されたので、天職だと言えた派遣職場を去った。

派遣時代に比べれば可処分所得は倍以上になったが、忙しさや疲労度は増した。仕事帰りに出かける気力もなくなってきた。休みの日が多くなったが、寝ている時間も増えた。LINE新卒時代に消したままだ。外部との連絡手段gmailのみ。SNS嫌いの俺にはそれが心地よかった。友人の誘いを断ることが多くなり、連絡も途絶えるようになった。

職場にいるキラキラとした女性たちやイケイケでエネルギーに溢れる男性を目にすると、その表裏を帯びた見栄や世間体を感じてしまい、とても息苦しくなってしまう。息がつまりそうになる。ドッと疲れる。どうしても派遣時代の、良くも悪くも何事に対しても無関心な、山野一漫画世界マイルドにした様なあの雰囲気が恋しくなってしまうのだ。

上司に「お前彼女はいるのか?」と聞かれた。素直に「いないです。」と答えた。

若いうちに良い女をみつけとけ、ここはキレイどころ多いだろ、金持ってる女も多いしな」と上司は笑った。

もしもここで交際相手を見つけるなら俺は自分をひん曲げてでも人格気質を変えていく必要がある。しかし、自分をひん曲げてまで彼女が欲しいと思える程のエネルギーは無かった。負け惜しみとかではなくて素直に交際相手が欲しいとは思えなかった。静かに寝ていたかった。

そういう時に、いつも派遣時代のあのカップルを思い出してしまう。

昇給もなく、雇用も切られやす派遣社員同士で生活していくのは将来不安なことだろう。両親から容認も難しいだろう。友人から理解も難しいだろう。きっと「将来どうするの?」とか水を差されたりするんだろう。男性は「もっと甲斐性を持て。給料もらえる仕事につけ。非正規とかやべえぞ」と尻を叩かれ、女性は「そんな将来性のない男と一緒にいるの辞めたほうが良いよ先が無いよ」と窘められるのだろう。それでも二人は一緒にいる事を選んだのだ。そこには見栄も、経済的な豊かさも、時間に追われる事も、仕事ストレスもない。二人でのんびりと過ごせる、二人で居られる時間を選んだのだ。今の職場で働き出して、ようやくそれに気づいた。

「だから彼らは幸せ」というのは些か短絡的ではある。そもそも俺には二人のパーソナル的なものは何一つわからない。ひょっとしたら二人とも重度の精神疾患を患っていて共依存の様な関係なのかもしれない。それでも、様々な障害差し置いても二人で居られる時間を二人で選べた彼らを、俺は心の底から羨ましく感じた。もしかしたら俺は二人の関係がずっとずっと羨ましかったのかもしれない。どれだけ金を詰もうが、どれだけ自分磨きをしようが、二人の様な関係性は簡単に築けるものではない。少なくとも彼らの人生における彼らの関係性はとても豊かな物だと、俺は思う。

今あの二人がどうしてるのかわからないけど、出来るなら今でも二人で幸せ暮らしていて欲しいと、時々ふと思う。上手くすべてが続いていけばいい。

PS. お外出たくないし通勤しないで寝ていたいので在宅で食っていける仕事おしえてください。

2020-07-13

32歳腐女子オタク増田で母と喧嘩した話

感情のままにこれを書く。

つい先ほど母と喧嘩をした。発端はツイッター話題の32歳腐女子独白を私が母とシェアしようとしたことだった。

同じくオタク腐女子の私は母にひたすらその文章を読んで聞かせた。読み終わった後に「やばくない?」と聞こうと思っていた。共感を得ようと思っていた。だが母はファッションのくだりで遮った。こっちは興味ないの、と。なんで延々と読み上げるの、あんたは何が言いたいの。

なんで?そんなのこの内容を聞けばわかると思った。20歳になったばかりのお洒落初心者オタクの私にとってこれがどんなにゾッとすることか、普通ならわかるはずなのだ

私はすっかり失念していた。母が自分容姿自己投資無頓着なことを。50代の母はメイクほとんどしない。使うもの免税店で売るようないいものだが、ファンデーション口紅、それだけだ。育児で忙しいとかそういうことではなく、昔からそうなのだ。服だってユニクロの服を着たりする。私と服をシェアすることだって日常的にある。母はそういう人なのだ自分のためにお金を使うことはあまりなく、かといって特に趣味があるわけでもない。ただの50代のおばさんだ。しかし、母は、美人なのだ

自慢ではない。思い込みでもない。母はどうにも、美人なのだバランスの良い輪郭、ぱっちりとした二重で上品さをたたえた目、知的眼差し、天然ものにも関わらず落ち着いた印象を与える整った眉、しっかりと通った鼻筋、大きすぎず、薄めで形のいい唇、笑ったときの頬も大人成熟さが感じられて素敵だ。私はそんな母の顔が好きで、母に似ていると言われるのを待ち望んできた。しかし、そんな機会は一度もなかった。いや、嘘だ。一度だけある。授業参観で私の母を目にした同級生が、「〇〇ちゃん、お母さんに似てるね!雰囲気が!」と満面の笑みで言ってくれたことはあった。倒置法で期待をへし折られるのはなかなか辛かった。

そう、私はなかなかのブスなのだ。額が狭いくせに見まごうことなき面長顔、ふっっっとい眉、一重で笑うと目が消滅するひきわり納豆並みの小粒目、ほこりを取るという本来機能すら果たせないレベルの短い睫毛、ヴォルデモートよりはましレベルの低い鼻は団子鼻のおまけ付き、ゴボ、黄歯、タラコ三重苦を備えた口、ろくに対策をしなかったせいで顔中にはびこるしみ・そばかす、手は小さく爪は短く指は太い。加えて大根足。主張の激しい尻。別にスマウントが取りたいわけでもないし、私よりましですよ!なんて言ってほしいわけでもない。これが、私の顔、しいては体型を構成しているのだ。さらについ昨日自分の頬骨がだいぶ横に出っ張っていると自覚した。死にたい

私は自他共に認めるブスだ。空港パスポート確認する係の職員が私のパスポート写真を見て軽く噴き出した時、私は笑われるレベル顔面なんだと実感した。それ以来写真には極力写っていない。

話を戻そう。母は問うた。なんであんたがこの話をそんなに気にするの。あんたは周りの人を顔や容姿判断するの。なんであんたは周りからの印象や意見に過剰に反応するの。大学に入ってから服だの髪だの化粧だのそんな馬鹿馬鹿しいことばかりじゃないの。偏りすぎてると思わないの。お母さんを見なさいよ。私なんて50過ぎてるのにろくに化粧もしないで安い服着て仕事に行くんだよ。

いかけは次第に説教へと変わっていった。こういうことは今に始まったことではない。今までにもこんな議論は何度もあった。私がダイエットをすると言って食べる量を減らしたとき、私が整形をしたいと言ったとき、私が汚い男爪をなんとかしようとして爪を長く伸ばし始めたとき私たちは同じことを繰り返した。そして私は決まってこう返すのだ。

「お母さんは綺麗だから

綺麗であれば装備は少なくてもなんとかなるのだ。元々のスペックが高いのだから美人な人は他人から評価なんて気にする必要がないのだ。その顔や容姿でこれまでに不利益を被ったことがないから。美人は皆言う。人間顔じゃないよ、中身だよ。

うるせ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

わかってる。美人でも自分磨きを怠らない人がたくさんいるのも知っているし、逆にブスでもデブでも自分の外見に無頓着な人がたくさんいるのも知っている。ブスだとか美人だとか関係ないのだろう。母が言いたいことの一つはそういうことかもしれない。でも私が気にしてるのはそう言うことじゃないんだ。なんで「ただしイケメンに限る」みたいな言葉があると思ってんだ。幸せお金で買えないって言うけどそれなりの幸せお金で買えんだよ。それと同じだ。私は何も小松菜奈とかアンハサウェイみたいになりたいなんて言ってない。それなりの美貌がほしいんだ。あわよくば美人自分磨きサボってるレベルの美になりたいんだ。写真で撮られても怖くないように、ちゃん笑顔で笑えるようになりたいんだ。褒め言葉をお世辞じゃないかって疑うんじゃなくて、素直に受け止められるようになりたいんだ。

私みたいなブスがそこに追いつこうとしたらもっと努力を重ねないといけない。だから歯のホワイトニングを始めた。全身脱毛カウンセリングを予約した。インスタでファッション美容、いろんなアカウントフォローした。爪のケアや二重にする練習も頑張っている。朝をオートミールに変えた。初めて万超えの服を買った。メイク勉強も始めた。イエベブルベ骨格も自分なりに把握したし、ファッション用語勉強も始めた。コテも買った。ちゃんとした美容院で髪を切ってもらった。シンプルアクセサリーも買った。毎日顔のマッサージをしているし、前より姿勢に気を使うようになった。

母はそんなのまだ早いと思っているのかもしれない。だがそれらはみんな大学受験が終わったらやりたかたことで、みんな今より綺麗になるためにしたかたことで、それは自分から見た自分のためでもあり、他者から見た自分のためでもあった。他者から見た自分は醜くて嫌いだった。だから自分から見た自分のことも嫌いになった。そこからずっと抜け出せなくて、歳を重ねても自分でかけた呪いから離れられなくて、ずっと苦しかった。私は中身もできた人間じゃない。幼稚だし飽き性だし教養もない。可愛い子には嫉妬するし、僻んだりもする。心の狭さ、浅さもなかなかクズだ。承認欲求もすごい。強欲すぎて我ながら引く。

異性や芸能人は顔で判断したりもするし、正直に言うと現実の友人の中にも私よりもブスだと思っている子がいる。もっと言えばブスだし性格もよくないしで救いようがねえなって思っている人もいる。今の私と同類だ。

今よりもう少し綺麗になれたら、自分と周りの目に怯える必要のない心の余裕が持てるほどの美人になれたら、世の美男美女が言うことの意味もわかるような気がする。そしたら私は母のような素敵な人になれるのだろうか。

見た目が全てではないのは分かっている、が、中身が全てでないことも分かっている。

私は今見た目に、そして自分自身に完全に意識が向いている。母から見て私が足掻いている馬鹿馬鹿しいことは全て、私が中身にも、そして他者にも目をきちんと向けられるようにするためのステップなのだ。私は見た目を諦めてまで中身の段階へ行きたくはない。そこそこの美貌に満足できるその日を現状のゴールとして、私は私のやりたいようにやろうと思う。

2020-06-23

[]

セレブ奥さんリゾート自分磨きエステかなんかやりたいとおもってご主人にいったらケツアゴの主人が手配してくれたけど、実はエステは手配してなくてそんなのしなくてもきれいだよみたいな意味だった

奥さんはもーーーーーーーー!って言ってた

あと奥さんがどんどん小さくなる話があったら大変だなと考えてた

つぶしたらしんじうから大変だねと

あとまどかほむらってまることたまちゃんに似てるなって考えてた

にてるとこうーんうーんってさがしてあっ見圧編みが似てるんだと

2020-06-20

自分自分の顔との関係を振り返る

ありふれた話だけど、自分の顔が嫌いだ。

久しぶりに自分の顔が憎くてたまらない波が来たので、感情を小さくするために、自分の中の顔に対する思いの変遷をまとめてみた。

今となっては愚かすぎて笑っちゃうんだけど、小学生の時は自分のことを絶世の美少女だと思っていた。親に溺愛されて育ったのと、親戚にも地域にも小さい子が少なかったので、褒められる機会が多かったせいである。

しかも捻くれたことに、(自分美人からおしゃれなんかしなくても充分だ)と思っていて、おしゃれに目覚めて盛り上がる女子たちを小馬鹿にしていた。

その考え方はやがて女子=愚か、という結論にたどり着く。小学校高学年の頃は、男子と混ざって馬鹿下ネタを言う自分が格好いいと思っていた。そして、体つきの変化を隠すためぶかぶかの服ばかり着ていた。つまり小学生にして名誉男性思想を獲得していたのだ。我ながら最低だと思う。

しかし、中学生になって分別が出てくると、さすがに自分の顔が美しくはないことに気づき出し、その反動自分の顔も体もとことん嫌いになってしまった。

毎日マスクをつけ、夏でも長袖チェックシャツに太めジーンズで、前髪を伸ばし、制服スカート丈も靴下すれすれまで長くしていた。服屋なんて鬼門中の疑問で、滞在時間を最小にするために絶対試着をしなかったから、ジーンズの裾をいつも何重にも折り返していた。

写真はとことん写らないようにしていたため、冗談抜きで中高の写真高校卒業アルバム個人写真1枚のみである。(中学卒業アルバムは、受け取った瞬間自分写真を切り取ったせいで親と大喧嘩になり、貰った翌日にはもう捨てしまった。)

その頃の私が一番恐れていたのは、周囲の人に(あい不細工のくせにオシャレしてて、身の程知らずだな)と思われる事だった。自分の体を隠し、不細工自覚アピールすることに必死だったのだ。

ただ一つ恵まれいたことは、私の母校は穏やかな私立中高一貫女子校で、私がゼロ年代の男オタクみたいな服装だろうと、毎日毎日「私不細工から〜」というフォロー待ち感満載の発言をしようと、派手な子から地味な子までみんなフレンドリーに接してくれたことだ。(というか派手な子地味な子普通の子、みたいなヒエラルキーすらほとんど無かった。)中高時代の私が私が醜形恐怖症にならなかったのは、間違いなく同級生のおかげである

自己嫌悪と同じくらい自己愛が強い私は、共学の大学入学すると、オシャレへの拒否感との板挟みに苦しみながらも必死自分磨きをした。

詳細は省くが、努力の結果、ゼロ年代オタクから垢抜けない女子大生くらいにはアップデートできていたと思う。(ちなみに、アラサーの今までついぞ垢抜けることはできていない。)

しかし、顔だけでなく性格も悪く、社交性もほとんどないので、多少見た目が改善されても全くモテなかった。女子時代とは比べ物にならないくらいの恋愛至上主義の中で、数年にわたって誰からも好かれないということは異常事態である特に文系大学生にとって、彼氏ができたことがないといのは、ほとんど社会不適合者のお墨付きをもらったようなものだ。当たり前のことが当たり前にできず、みんなやすやすと飛び越えたハードルの前でいつまでも立ち尽くしている気分だった。

このモテなさを改善するには、性格をよくする努力をしたり、社交性を磨いたりするのが正しい道だとわかっている。しかし、他人と話したりポジティブな振る舞い(人を褒めるなど)をしたりすると、必ず不細工自分不細工な笑みを浮かべながら必死に媚びへつらっているイメージが頭をよぎっていたたまれなくなる。そして何もできなくなってしまうのだ。

大学時代を経て、顔へのコンプレックスが、容姿も含めた自分という人間全体へのコンプレックスに変わったように思う。小学校時代は明るいお調子者だった自分根暗に変わってしまったのは間違いなく顔へのコンプレックスのせいなので、顔と性格の間に負の連鎖が生まれしまったのだ。

その負の連鎖は今でも続いている。自分の行動がうまくいかないと、その事だけでなく自分全体を憎んでしまい、最も慣れ親しんだ顔への憎しみに帰結するのだ。仕事で失敗すると、トイレの鏡に映る自分の顔の醜さに絶望する。ちょっとした不幸(通販で失敗するとか)があると、何時間も鏡を見て、自分の顔のレベルいつまでも考え込む。あまり他人に顔を見られたくないので、いまだに人の目を見て話せない。それどころか、不細工調子に乗っていると思われたくないので、気持ちを奮い立たせないと自分から人に話しかけられない。

この増田を書いているのも、見知らぬ誰かに自分不細工自覚があることをアピールしたいからなのかもしれない。やっぱり自分醜形恐怖症なのかなとも思うけど、顔がいい人が醜形恐怖症になりやすいっていうのを聞くと、もう醜形恐怖症を疑うことすら調子に乗っていると思われそうで怖い。周囲の人は着々とライフステージを進めているのに、こんな思春期半ばみたいなことで悩んでいる自分の幼稚さも嫌いだ。

自分感情を小さくするために書き出したのに、結局変に興奮してしまった。でも、朝起きてこの文章を見返せば少しは冷静になるかもしれない。明日は少々自分の醜さに折り合いをつけられる気持ちになっているといいな。

2020-06-18

恋って楽しい

オタク絵師だけど職場に気になる人ができた

1ヶ月くらい前から「あ、これは女子扱いされてるな」と感じた

これのせいかおかげかで二次創作が全く手につかなくなってきた

やっぱり自分が生み出すより人から与えられる方が何倍も感動がある

せっかくiPadproとペンシル持ってるのにもう全然描いてない...

気のせいかもしれないけど彼が私にだけ異様に優しくてそれが嬉しい

今すぐどうにかなりたい訳じゃないけど、可能性を高めたくて自分磨きに4万円出すと決めた

ミルボンのトリートメントを週一でやりシャンプーを変え毎日YouTubeダイエット動画ダンスを30分やってネイルちゃんとするようになった

メイクプチプラ適当だったのでデパコスとか無縁だったしマスク職場でも必須だけど、手始めにDior通販リップバームと気になってたマキシマイザーを買った

口紅じゃないリップのくせに1本1本が4000円するのかよ

間食防止に家でもつけることにした。こんな高いいいにおいのするリップを常につけてたらお菓子食べたい欲も消えた

それからDiorにハマって、コンシーラーが欲しくなったけど通販だと色がわからず、デパートタッチアップしてもらう勇気も出なかったので色々調べて@コスメ東京に行ってきた

かにデパコスも置いてるその辺のでかいドラッグストアみたいな感じで気軽に試せた、原宿なので客層も池袋西武のデパコスフロア全然違ってて入りやす

でもJILLSTUARTが置いてないのが残念だった...

あとは有名なPaul & JOE下地の新しいUVのやつとCOSME DECORTEのパウダーを買った

Paul & JOE下地は本当に凄かった1回でわかった、これはもう他の使えないわ...

下手にファンデーションしてマスクすると汚くなるのでいい下地といいコンシーラーといいお粉で乗り切る

基礎化粧品も近所の専門店できちんとラインで揃えた、前は化粧水は〇〇で乳液は〇〇でというちぐはぐなことをしてた

クリスマスまでに変わりたいので頑張ります

2020-06-07

亀になりたい

近所のショボい川にアカミミガメがいるんですよ

やつら、日がな一日泳いでるか日光に当たってるかだ

川は本当にショボくて、全面を舗装された自然のかけらもない小さいやつ むしろデカ用水路っつってもいいかもしれん それでも水草は生えてるしよく見るとちっちゃい魚もいるっぽい

たぶんそういう魚なり草につく虫なりを食って生きてんだ 亀たち 少なくとも4匹いるから、もしかすると繁殖できるくらい余裕があるのかもしれない

 

でね、ひるがえって俺はどうか

日中ゴロゴロしてられるのなんて土日(悪い時は日のみ)くらいだし、それも疲れて午前中は寝過ごすから動けるのは午後だけ

午後だって気力がなくてネット見てるうちに気付いたら終わる

平日は仕事仕事仕事だあ 心を無にするしかねえ

 

カメの方がいい暮らししてんだよ 食うに困らず、住居に文句はなく、服なんて着なくていい

洪水が来たら死ぬかもしれねえが、俺だって地震が来たら死ぬんだよな

ハッピー度みたいなのが根本から違うわけ

亀はさ、別に自分磨きなんてしてないと思うんだよ ただ泳いで目の前の餌食ってたら生きていけるわけじゃん 

俺はさあ〜うまれから大学出るまでは勉強させられてさあ、鬱になりかけながら就活やってさあ、で!このひでー暮らしっすよ 

なんなんだよ

カメに負けてんぞ人類

恥ずかしくねえのかよ 雑魚がよ

 

ホームレスになった方が幸せなのかなあ 布団類だけ持って家なんて捨ててさ 公園とかで寝て暮らすわけ

そうもいかねえよなあ

亀以下の人しか待ってねえのかよ

平日とか休日とかって概念がまず貧しいんだあ

生きる一日になんの差もなくってさあ、ただ楽しく…楽しく日光浴とかしてよ

そういう暮らしがしてえんだ俺は

 

なんのための技術革新 なんのための農耕だよ

馬鹿みてえだよ

だいたいよ 俺みたいなのを生かしてるのが間違ってんだっつの

ガキの頃よくみてたらやる気もないし利発でもねえことくらいわかっただろ そこで情が移らねえうちに殺しといてくれりゃよかったわけ それが自然の摂理だよお 

こういうね、ゴミを生かすからよくないんだ 優秀な人たちでよろしくやってくれたらいいんだよ

もー本当嫌いだよ 気持ち悪い毛無しの猿がさあ、落ちこぼれ個体奴隷労働させて、社会〜とか言って喜んでるわけ サイテーだよ

関係ないけどさ、汗かくのもキモいよな 暑いからって体表からくっせえ汁だすのってまじで頭おかしいフィーチャーだよ 人間以外が覇権取ってたら俺たちタチケナシシルダシザル(立毛無汁出猿)みたいな名前で呼ばれてるぜ絶対

あいいんだ 人間物理的なキモはしかたねえわな どうしようもない

精神性が気持ち悪いんだよ

 

亀を見習えよお やつらのさあ 豊かな暮らしをみてたら俺は泣いてしまうんだ

つーか亀と言わずその辺の草とかにも負けてんだ俺たちは

もうだめだよ

anond:20200607124814

ゲイ自分自身容姿重視だから容姿重視で自分ジャッジされることもよくわかっていて自分磨きに熱心だと思う

ノンケは男が女をジャッジするように女が男をジャッジすることについて理解を拒絶している(女は男を無条件に受け入れるべきだと信仰している)結果、容姿が汚らしいやつも多い

anond:20200607122215

ゲイでも全く努力しないで男にモテたい俺がモテないのはおかしいとか言ってる奴もいるのかな

あんま聞かないけどな

ゲイってストレートの男より自分磨き怠らないイメージ

2020-05-22

痛い思いや労力を最小限にしてイケメン美少女恋愛結婚したい?自分立場わかっとるんかいキミら

キミら増田や女増田憎悪を向けている、一流企業正社員で働いている恋愛市場強者たちはなんやかんやでものごっつい努力しとるんやで

忙しい時間を割いて工夫して自分磨きをして、一流企業クッキークリッカーの如き虚しい作業ゲーのような地道な努力仕事をして、それでようやく1人か2人くらいのラノベアニメ女性向け漫画みたいな華やかな恋愛結婚ができとるんやぞ

それをITエンジニア本質は省力化だなんだといって、骨格から復元された化石時代類人猿みたいな顔しとる顔写真貼り付けたらキュビズム絵画になりそうなブサイクなキミら増田は、そーいう泥臭い地道な努力邪教のごとく嫌っとるわけや、何なん?恥も外聞も捨てて頑張って努力したら死ぬ奇病にでもかかってるのん

これはもう、恋愛する資格どころか、仕事してる社会人として終わっとることは、キミら増田社会を舐め腐ったその考えからもようわかるんや

努力しとる恋愛強者エリートたちを憎み、恨み、嫉み、口を開けば不平不満、発達障害だかアスペルガーだかパニック障害だか毒親育ちだか知らんが、そんなの努力しない負け犬言い訳しかならんのやぞ?

こんなところで勝ち組のなりきりを空しくしたところで、人生が刻一刻と詰んでいくことにはかわらんのやぞ?わかっとるんかいキミら

戦いも努力もせず尻尾を巻いた負け犬は、負け犬らしく分際と身の程をわきまえ、石の下のダンゴムシナメクジの如く慎ましくいきんしゃい

それが、キミら増田の様な人間の形した出来損ないのゴミができる人に迷惑かけない社会貢献やぞ、わかっとるんか?ん?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん