「パーソナルスペース」を含む日記 RSS

はてなキーワード: パーソナルスペースとは

2018-04-25

女性専用車両がそんなに嫌なら、大股開きで座る男のことも糾弾してください

女性専用車両では足を広げてパーソナルスペースを広く取る人はまずいない

よほどふくよか人がいない限り、7人掛けなら7人座れる

2018-03-21

「男女が逆だと」理論は全く意味のない議論

やれ男性差別だ、女性差別だという話題になると絶対に「これが男(女)だったら大問題~」的な話が出てくる。

でも正直それって全く意味がない話だし、反論にならないばかりか返っていい任せたい相手につけ入る隙を与えるだけだと思う。

そう思うようになったきっかけは、自分が勤めていた会社典型的な「日本的体育会系オッサンホモソーシャル」を経験たから。

こいつらは根本的に女性と考え方も感覚感性も違うし、自分感覚が異なる相手を全く理解する気がない。

から私(女性)が不満に感じることがあってそれを訴えても「そんなことを気にする方がおかしい」と何事もないことのようにされてしまう。

細いことを数え上げたらキリがないけど、代表的体験としては以下の感じ。

取引先のオッサンにしつこく食事に誘われた

→俺だったらそれだけ取引先の異性に好かれて嬉しい。一度くらいは行くのが礼儀

トイレが男女共同で嫌

→俺は別に俺のすぐ後に誰かが入っても気にしない。汚れたトイレ清掃は精神を鍛えるのに必要

客先との電話の内容を真後ろで聞かれるのが不快

→何かあったら助けに入ろうと思っていた。別に俺の電話中に真後ろで聞いていてもいいぞ。

社内に全くパーソナルスペースがない

監視されて悪いようなことをしているのが悪い。俺はオフィス内で着替えても気にしない。

他にもいろいろ合ったけど、思い出したら不愉快になってきたのでこんな感じ。

多分男性女性に対して何か言いたいことがあっても、こんなふうに全く相手自分不快さや痛みはわかってもらえないと思う。

反論するならもっとシンプルに「こういう問題がある」ということに絞って言わないとダメ

恋のストッパー

私は相手から好かれる可能性がない、報われない恋はしない。

ずっとそんな風に生きてきた。

はずだった。

彼は優しい人だった。

最初は厳しい人のように見えたけど私には終始優しかった。

仕事熱心だった。頭も良い。

素敵なひと、尊敬できるひと。

その気持ちだけで良かったはずなのに。

というか普通はここでストッパーがかかるはずなのに。

きっかけはある。意識したきっかけ。

それは彼の手だった。

ふとした瞬間から手がとても魅力的に思えた。

男性の手に惹かれるのは手に性的な魅力があるからって聞いたことはあるけど

まりは、そういうことなのか。

彼はパーソナルスペースが狭い人だったな。おかげでドキドキした。

指が触れあう。近づいたとき匂いを感じる。

この匂いが印象的だった。

シャンプーのような香りと、少し体臭が混ざってるように感じた。

この匂いが何か新鮮だったの。今まで味わったことのない感覚

まだ覚えてる。

なんだあれ。もう一回嗅ぎたいや。

匂いに惹かれるのも本能的なものらしい…

気付いたときには胸がずきっと痛んで切ない気持ちを味わうようになってた。

否定たかったけどだめだった。止められなかった。

彼に恋をしていた。

振り返ってみると見た目(手を除く)にときめくとかそういうわけではなかったんだけど。

まあでも一旦好きになるとぜんぶ魅力的に思えるけどさ。

やっぱり本能的なもの、だったのか。

もうちょっと仲良くなりたかった。

彼のこともっと知りたかった。

でもできなかった。

恋のストッパーは効かなかったけど、理性のストッパーは効いてた。

それでいい。いいんだ。

良かった、何もなくて。

胸が苦しい。

多分、彼とは二度と会うことはない。

もう会えない。

これでいいのだ。

意外と大丈夫かと思った、でも涙がでてくる。

ありがとう出会えて良かったと思う。

こういう感覚があることを初めて知った。

でも普通に楽しく笑ってお話できて

一緒に仕事をできたのが本当に良い思い出。

いつも優しい視線をくれる人だったけど最後に見てくれなかったな…

あ、あの飲み物が美味しいか聞くの忘れた。

何度か飲んでたからきっと美味しいんだろな。飲んでみよう。

心残りは色々ある。しょうがない。ここまでにしよう。

ありがとう、どうかお幸せに。

さようなら

2018-03-13

[]パーソナルスペースプライベートゾーン

パーソナルスペース - Wikipedia

パーソナルスペース(英:personal-space)とは、他人に近付かれると不快に感じる空間のことで、パーソナルエリア、対人距離とも呼ばれる。

一般女性よりも男性の方がこの空間は広いとされているが、社会文化民族個人性格やその相手によっても差がある。

一般に、親密な相手ほどパーソナルスペースは狭く(ある程度近付いても不快さを感じない)、逆に敵視している相手に対しては広い。相手によっては(ストーカー等)距離に関わらず視認できるだけで不快に感じるケースもある。

プライベートゾーン - Wikipedia

プライベートゾーンとは、水着着用時に隠れる場所を指す。

少なくとも(生地面積が少ない水着着用時に隠れる場所)男女の陰部周辺がプライベートゾーンで、女性はそれに加えて上半身にもプライベートゾーンがあり(その理由などはトップレスを参照)、乳首乳輪がプライベートゾーンとなる。

生地面積が広い水着着用時に隠れる体位プライベートゾーンに含める場合がある。

今日多々良川

晴れ

朝起きたくらいは寒かったけどどんどんあったかくなってきた

水位低い

カモなし

コサギ

川の端から真ん中あたりにかけて大きな半円を描くような感じで一定距離感を保ちながら佇んでた

パーソナルスペースじゃないけどエサさがしするにあたっての暗黙のルールみたいなもんがありそう

4もいるのは珍しい

甲羅干しの亀7、と思いきや8

死角にもう1匹いた

先に甲羅干ししてる亀の上にのっかる形で

なんてやつだといつも思うけど、下敷きの方もなぜいつもなされるがままなんだろうか

から甲羅干ししたもん勝ちなのか、

それとも自分は先にいくら甲羅干しできてるからまあよかろうという寛大な精神なのか

ただ動いて振り払うことができないだけなのか

今日はたくさん生き物いたから、「これはまるで生き物の玉手箱・・・玉手箱・・・・・・宝石箱やー!」という言葉脳裏に浮かんだ

なんかうれしい

2018-02-23

anond:20180223185929

東京に来てすごく子供の声が気になるようになった。

多分人多すぎでパーソナルスペースが狭いのと、車を持つことが高すぎて隔離できないから、接触チャンスが増えてしまうことが原因だと思われるけど、それを差し引いても東京の子は本当に施設とかで金切り声で叫んでる割合が多いと思う。

保育園ストレス解消?

2018-02-13

anond:20180213122937

かいから歩いてくる人を認識はできてるのね。

女性パーソナルスペースが狭いせいかギリギリで避ける

これは最近薄々感じてた。

女の人の方が痴漢被害とかで敏感になりそうなところ、

真後ろに男がくっ付いてたりしても何も感じてないような人がいたりする。

女の人の方が「近寄られたくない距離」が狭いみたいね

anond:20180213085604

避けるよ。

ただ、こっちが避けてあげるという雰囲気を出したら避けない。

何も存在しないかのように直進すれば避けるよ。

あと女性パーソナルスペースが狭いせいかギリギリで避ける。

2018-02-02

anond:20180202154953

パーソナルスペースが極端、なるほど、と思った。なんとなく目が覚めかけてますありがとう

腐女子に対して思うこと

腐女子に対して思うこと


1.作品の出来と人間性を分けて考えてみる


作品が素晴らしいか尊敬してる!

でも最近ジャンルに・・・とか、こういう人じゃなかったのに・・・みたいなケースを多々見る。

その人今までも推しとかコロコロ変えてない?

めちゃめちゃ承認欲求高い作家じゃない?


恋は盲目とある瞬間ショックを受ける人を多く見る



2.カップリングの同士=すぐに大親友ではない


これもよくある話。心を許したり大親友になるのが早すぎる。

で、結局似たような存在の人にも「大親友~!」って言ってて

「えっ、私とは大親友じゃなかったの?」ってショック受けるパターンね。



3.技術否定人間性否定ではない


自分は絵が上達しなくて相方は上手くなっていって・・・とか

別の上手な人と仲良くしてるのを見ると・・・とか。

語れる同士として存在しててもいいんじゃない

それでも見捨てられるならそれは腕が原因じゃなくて差別化が出来てなかったって話。



きちんと話す機会が少なかったせいか自己肯定感が乏しいせいか

女性自体の持つ「熱しやすく冷めやす友情文化」なのか、

原因はともあれ、パーソナルスペースが極端なのよ、と思う。

一歩引いて冷静に見てみるといいと思うよ。

距離感おかしふたり

会社距離感おかし女性がいる。職場男性女性わずめちゃくちゃパーソナルスペースに入って話しかけてくる。

イケメンだけでなく、ブサメン女性にも同じ対応をしているので、おそらくパーソナルスペースおかしいのだろう。

しかし、それだけでなく、社内にパーソナルスペース距離感おかし男性もいて、これまた同性・異性問わず、異常に近距離に近づいて話しかけてくる(顔の真横とか)

で、この距離感おかしい二人が社内で話している姿は、会社バカップルがいちゃついているようにしか見えなくて(もちろん二人はつきあっていないと思うけど)、ものすごく見ていて恥ずかしくなる

2018-01-19

習字教室

同じアパートに住んでた幼馴染、Aちゃんと妹のBちゃん

めちゃくちゃ可愛くて大好きだった。本当に好きだった。Aちゃんがだいすきだった。

Aちゃんのおばあちゃんが習字教室をやってて、そこに一緒に通わない?って誘われて、幼稚園の時から行くことにした。毎週土曜日、13時くらいから15時くらいまで。AちゃんとBちゃんが前の席、私は後ろ。

よく考えなくても当たり前だけど、私だけ他人。AちゃんBちゃんは大好きなおばあちゃんから教えてもらえて、楽しそうだった。私にとっては知らない人だから、すごく緊張した。けど行き始めたし、Aちゃんが大好きだったから通い続けた。

おばあちゃんからしたらそうなるのは当たり前だけど、私よりAちゃんBちゃんをよく見て、指導して、ひいきした。私は放置が多くて、おばあちゃん!増田ちゃんもみてね!とかAちゃんが言ってた。でもしょうがないよね、先生から見たらAちゃんBちゃんは可愛い孫、私は他人なんだよなって子どもながらにぼんやり思った。

習字教室は学区外にあった。通い方は、私は鍵っ子だったので自転車で来て帰る。雨の日は1時間とかかけて歩いて行く。AちゃんBちゃんはお母さんによる車での送り迎えがあった。

初めは気にしていなかったけど、小学校6年間それが続いたのはけっこうつらかったんだと思う。

AちゃんBちゃんは小学校入る前くらいに大きな一軒家に住み始めた。庭のある大きくて綺麗なおうち。おとうさんの趣味だという豪華なキャンピングカーなんかもあった。お金持ちだ。

対する我が家は当時はかなり珍しい共働き。ずっと鍵っ子だった(クラス鍵っ子は私だけだった)。しばらくアパート住まいだったけど、お金が無くなったり色々あって、恐ろしいほどぼろぼろな平屋に引っ越した。風が吹き込み、トイレのドアは薄くて変な木で出来てて勝手に開いた。毎日サバイバル生活ができる家だった。狭くて、二段ベッドの上しかパーソナルスペースがなかった。でもその家は好きだった。夏休み毎日庭でひまわりと一緒に過ごせたから。

普段遊ばない友達が家に来たいというのであげたら、その子は偵察部隊で、うちのボロ屋をたくさん観察して、帰ってお母さんに報告して、私のぼろぼろのおうちの話は一気に広まった。そんなことするひともいるんだなと思った。

AちゃんBちゃんはすごくかわいい。本当に可愛くて、いい子で、大好き。おばあちゃんにも愛されてて、習字の後の筆もお湯で洗ってもらえる。私は他人から洗ってもらえなくて、たまーにAちゃんが増田ちゃんの筆も洗おうよって言って、洗ってくれた。でもほんとうに申し訳なかったから、大丈夫だよ、家で自分でやるよって断ってた。家はお湯が出なくて、水で洗うからたかった。

雨の日、かさをさして歩いて帰るけど、小学生には習字道具が重かった。AちゃんBちゃんは車でばいばーいって私に手を振ってくれた。家の方向が真逆なので、私も手を振って別れた。早く帰らないと寒いし、重いし、冷たいし、風邪を引いてしまう。雨はしとしと降り注いだ。

おばあちゃんの家にはおじいちゃんもいて、そのおじいちゃんは明らかに私に気を遣ってくれた。帰り際、私にだけこっそりぽたぽた焼を渡してくれたり、ある時はナイショで自転車の後ろに乗せて家まで送ってくれた。すごく優しかった。

Aちゃんは私にもいつも声をかけてくれて、優しくて、可愛くて、お菓子もくれて、きをつかってくれてた。おばあちゃんも、きちんと習字を教えてくれた。そのおかげで今綺麗な字を書けている。おじいちゃんも、ほんとうにすごくやさしかった。

そのはずなのに、その頃のことを思い出すとぼろぼろ涙が出てしまう。大好きなAちゃんとの思い出がたくさん詰まってるのに。いろんなお話も出来て、楽しかったはずなのに。

帰路、なんであんなに泣きながら帰ったんだろう。

Aちゃんちはお母さんがむかえに来て、お休みの日は家にお父さんもいたけど、なんでうちはお母さんの休みの日はなくて、お父さんは週に一度、木曜日20から10分、宅配仕事の合間にしか会えなかったんだろう?

しかたないじゃん。お仕事なんだからさ。

がんばっておしごとしてたんだからしかたないじゃん。お父さんのせいじゃないでしょ。私ががんばって我慢すればよかったじゃん。全然会えなかったけど、どこにも出かけられなかったけど、みんな休み明けにお土産くれる中一度もおかえしできたことないけど、仕方ないじゃん。グアムお土産とか貰いっ放しだったけど、夏休みは家と近くの公園を行き来してたけど、しかたないじゃん!

誰も悪くないよ!だれもわるくない!習字のせいにするのやめろ!悪くないじゃん!悪くないのに

そうやって人のせいにする

そういうところ よくないよ

あなた自己肯定感は全くない、もしくは著しく低い。最近、そんなことを言われた。

みんな悪くないのに、この話が原因かもなんて思ってしまう。今思い出しても涙が止まらなくなる。悪いのはこういう解釈しかできなかった私。みんなごめんなさい。元気になローソン

2017-12-29

適切な距離でいてください

社会人5年目になりました。適切な距離感について考えています相手自分のお父さんと同じくらいの年の上司です。

わたし仕事中、仕事関係のない話を自分からまりしないほうで、上司仕事わたしに用がなければ帰り際に声をかける以外あまりしかけることはしません。

しか上司とは共通趣味があり気があうため、いつからか週に一度はラインが送られてくるようになっていました。 返信は多くて二回くらいしかしないような内容なので、そこまで煩わしいと思ったことはありません。むしろ楽しんで返信するときのほうが多いです。

とても優しい人で、でもすこし人とは変わった雰囲気を持っている上司のことは他の職場の人より特別慕っています。ただ、たまにはかられるスキンシップが、だんだんと苦手になりつつあります

わたし仕事で凡ミスすると横腹をわしわしされたり、冬場で冷たくなった手を首にあててきて冷たがらせたりとそれは様々ですが、そのくらいの軽いスキンシップ特に何とも思いませんでした。けれど、二度ほど帰り際に冗談を言い合っているときに「コラ〜!」という感じで後ろから抱きつかれ、ちょっと動揺してしまいました。下心とかはきっとないんだと思います。ただ仲良くしたい(?)がための行為だと思っています

上司のことは好きなので、関係を壊したくない、こちから指摘して申し訳なさそうに謝る上司を見たくない、という想いがあるので、現時点で直接やめてくれと言うつもりはないんですが、さすがに、どれだけ仲良くてもわたしは一応女性なので、物理的に一定距離は空けてほしいわけです。パーソナルスペースというんでしょうか。

わたしがはじめて配属になってからいろんなことを教えてくれた上司なので、とても感謝していますし、上司も一から教えてきたなりに可愛がってくれています。その可愛がり方がたまに犬や猫を可愛がるような感覚になってるから(熱が出たまま出社したときも額に手をあててはかるような子供扱いも然り。もうわたしアラサーなんですけど)、そういうゼロ距離になったりしたのかな…とお風呂に入りながらずっと考えていたらお湯が冷えてしまいました。

悪気がひとつもないのはわかっているのですが、相手に悪気がないからといって我慢ができるかというと微妙なところです。

2017-12-08

anond:20171207224505

パーソナルスペース理解してきちんと収まろうとする努力さえ出来ないかデブなんだよ。

anond:20171207232124

ブコメトラバでも、神経質とか、おまえが仕事に集中してないだけ、みたいなのがあって体質的な分断を感じる。

いやタバコの煙と一緒で我慢したり集中して気にしなけりゃ解決って話じゃないんだが。

まあ体質的無意識他人パーソナルスペース侵害する無駄な動きを我慢できない人に我慢しろってのも酷だろうし、お互い様の話ではあるんだけど。

ただ、やる方は好き勝手やって我慢する方は無駄我慢を強いられるという非対称的構造から不公平感が生まれるのは確か。

特に仕事上の力関係が上の人にこれをやられるとかなりストレスが溜まる。

2017-12-06

スタバ

カウンター席でもなくソファ席でもない,かと言って50センチ四方テーブルを挟んだ2人用の向かい席でもなくて,例えばそうだな,小中学生の頃,給食時間になるとで机を4~6個向かい合わせるような大きさのテーブル,アレを2倍にして10人ほど座れるように拡張したようなテーブル席に今座っている.

もちろん向かいには知らない人も座ってくるんだけど,相席というよりは席1つ1つがパーソナルスペースみたいな感覚なわけだよ.

そこでパソコン広げて1人作業してたんだけど,途中からかいの席にカップルが座ってきた.

このテーブルには電源も確保されてるし,フロアの端っこの方にあるから中々居心地がいい.

彼らもパソコンを持ち込んで作業するみたい.最初に女が席にやってきて,後から購入したのを手に持って男がやってきた.

女はドリンク運んできた男にここだよみたいな視線を送って,2人は俺の目の前の席に座ったんだ.

で,別にそこまではいいんだけど,座った途端にベロチューを始めやがったわけだよ.

え?って思って,俺はパソコンに向かってカタカタやってるわけだから問題の向こう側ももちろん画面越しに見えるわけなんだけど,見間違いかなって思って一瞬信じられなくて.

顔と顔近づけて,耳元で何か囁いてるようにも見えるからまさかこんなところでねって思ってちゃんとそっちのほうに視線向けたら本当にやってたわけ.

俺の隣に座ってる女子大学生みたいなのは下向いてスマホいじってイヤホンしてるから気付いてないし,端っこの席だから周りに気付いてる人がいない.

かなり長い間口づけしていて,しばらくしてやめたんだけど,それからも男のほうがずっと女の体サスサスしてるの.

やばい,俺だけ意味分かんない理由嫌悪感まれてる.

隣の女子大生とこの嫌悪感を共有できたら俺もまだ救われたかもしれないけど,なんで俺だけこんな思いしなきゃいけないの?

とか書いてたら今度は男の方が女のおっぱい揉み始めたんだけど.

誰かこのテーブルに座って来てくれ.

誰でもいい.誰かこのムカムカを共有させてくれ.

と思って増田にこの文章を書きました.

2017-12-02

anond:20171202092108

パーソナルスペースを主張してあけようと思っても、一段あければ十分でしょう。2段あけようなんて人はそうそういないはず。

ところが歩いている場合、少なくとも1段は空けないとまともに歩けない。(前の人の足と自分の足が同じ段に乗っている状態で歩くには、前の人と完全に歩調を合わせる必要がある。)

anond:20171202091111

逆だと思うなあ。

立ってるときパーソナルスペースを主張して一段飛ばしするけど、

歩くときはそれが無くなって出来るかぎり歩みを止めない=詰める意識になる。

ただ、往々にしてエスカレーターは歩く側の方が空いてるから、ゆったり間を空けがちだけど。

2017-11-15

anond:20171115094400

私はあまり見かけたことがないけどそういう人もいるよね

荷物を席に置いて死守するのももちろんムカつくけど、個人的には脚広げてふんぞり返ってパーソナルスペース侵入してくるおっさんの方がよりムカつくので、少なくおっさんはほぼ確実にいない女性専用車を使うようにしている

普通車両に比べると臭くないし

2017-10-02

anond:20171002231500

自分恋人ほしいと思わないんだけど、異性の友人と食べ物シェアとかしてるわ……パーソナルスペースガタガタだから恋人になる必要性を感じないのかもしれん

2017-08-23

https://anond.hatelabo.jp/20170822202048

普通とか世間は考えなくて良い。

気持ち悪いと感じたらそれが君の尺度なんだよ。パーソナルスペース侵入されるのが嫌って事はそこまで心を許せてない証。

2017-08-16

https://anond.hatelabo.jp/20170816200319

犯罪者ってパーソナルスペースが広いらしいよ

狭さとかが気になるなら、人を傷つける前に引っ越したほうがいいよ

2017-08-13

トイレ』――この世でもっとも快適であるべき空間

ウォシュレットは当然。

便座にはヒーターを。

乾燥機能も欲しい。

抗菌消臭完璧に。

暖房冷房も完備すべきだ。

汗まみれで気張ることはできない。

個室は広く。

ピカピカに掃除して。

防音も欲しい。

俺は床と天井の隙間も気になるタイプだ。

からと言って換気を疎かにしてもいけない。

その建築のアメニティトイレによって決まると言っても過言ではない。

なぜならトイレとは最も不快行為を行う場所からだ。

トイレこそが日常における快適さのボトルネックからだ。

誰かがトイレに篭った瞬間、そこはこの世で最も神聖なるパーソナルスペースと化す。

何人の侵入すら許さな絶対隔離空間だ。

ここに力を入れないでどこに力を入れるって言うんだ?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん