「パーソナルスペース」を含む日記 RSS

はてなキーワード: パーソナルスペースとは

2020-07-05

【2000件突破記念】これまでに投稿された「今日知った言葉」の一覧 (1/2)

anond:20180124172014 の続きから

恥かきっ子, 月狂条例, ヨクシラナイト, アルシコ, マンカストラップ, ムサコ, 裏ソフト, 畳語, 被服, 目からウロコ, コト消費, アルヴェル, ケーブルポルノ, Glitter Force, アホールド, パイパン, ドレミの歌いろいろ, スペンス乳腺, メッザーラ, ゆうた, eargasm, のっつのっつ, ポーランドボール, the best version of Benzema, グラインド, 偏差値BF, パスカル, beer bong, YouTuberベルト, ハイプマン, アタマコンクリ, ハローマック, トリテ, バブリネイル, JKリフレ, 偏, ブロニー, ツライチ, サイボーグ宣言(A Cyborg Manifesto), イキリト, エネme, ちやほや, falsies, アンブッシュマーケティング, 図書カードNEXT, 鬼電, 枝葉末節(シヨウマッセツ), バーナム効果, CBT, 金的の的とは, コンプレックス(誤った略語), プラヴォ・ヤズディ, レトロニム, エスカ・エズカ, オメガバース, ラッキールーザー, かまちょ, パーソナルスペースプライベートゾーン, スタン落ち, オキラ, カラスガリ, 激パ, METs, 寺畜, ギルフリー, R4S, ヤニクラ, 献辞, ばらし, 三次元顔形状データベース自動照合システム, 茅野外, コズク, 平日昼間問題, hurtbag, VAPE, ゴリラAIM, 社会人英語で, ベジョータ, ケルン, 最牛, スラントアイ, ピペド, パブサ, チョレギ, スビク・スブク, タケノコ剥ぎ, 竹の子族, トミノコ族, 自発, パイパン(鉄道用語), 勃鬼, 撮れ高, 無聊を託つ, 食べ付ける, タルカブル・タリカブル, ガクチカ, テンバガー, PrecursorとPrecureの違い, 間借りカレー, 風呂敷, スネップ, 昼職, LPD(Liquid Pantie Dropper), プルースト効果, P活, アイムソーリー法, 糟糠の妻, 勘助, サーフ&ターフ, うにく, ドメイン投票方式, ドシコ, オヤカク, rusty trombone, コウト, ゼロシコ, フィルターバブル, 6DoF, 344, quadrilateral, 少クラ, フルゴリラ, 愚の直行, チダオバ, K-NTR, ラーゴム, よかた, コバロリ, 女王陛下の仰せのままに, 魔女乳首, ローグライト, たまごニコニコ作戦!!, ねまる, エレオク, Mile-High Club, 持ち重り, 大腸内視鏡専用検査食, 閉塞性動脈硬化症(ASO), 末梢動脈疾患 (PAD), 間歇性跛行, gout, ポップコーンマッチ, wire-to-wire, 質問乞食, アイブラック, Cradle to Cradle, ご飯論法, アダルトマン将軍, マサラ上映, ヒデル, 負け絵文字, キチョハナカンシャ, ワダカルシューム錠, YDK, ハンロンの剃刀, ユニコーン系男子, Jigglypuff, ヘキ, 一日球迷, バ美肉, 筥, ガセグルメ, 信号無視話法, リクラブ, 精日, むずむず脚症候群, デューデリジェンス, ゲロビ, アウトパフォーム, バックウオーター, コアストーン, メロン肩, ダッドスニーカー, はいプロ, モナカ, ピカルディ終止, ハイブロー, ホマキ, ダエモる, もどリッチ, ジェンダーベンド, こわちか, らぶりつ, ペップトーク, フレーメン反応, デナリ, 容喙, ダブルアイリッシュウィズ・ア・ダッチサンドイッチ, アンクレイブ, Ermüdungsfraktur, ダークトライアド, 乙女貼り, オデキャラ, クリーンミート, 24-7, 尿潤, 日本五大昔話, 便雨, JOI, ワイ, Jackhammer, ペガサス野獣類, キャットコール, ゴメ忍, 女オタオタ, エプリー法, カエルコール, ワンコール, #WalkAway, ピボット, ピピット, チャック・ノリス真実, カンパ, 熱帯, ジャスタブル, たいぷはてな, 激アド, テレコ, しがむ, レンコン, ニワトリ なぜ 朝鳴く, シャネルの5番, オナラブル, ユリカモメの夏羽, カッティングエッジ, ヤブ医者, イカには心臓が3つある, メンブレ, buy the farm, vore, サビ, グリーンラッシュ, サイファイ, 稀代のじじい絵師, ガンプラクリアランス処理, オリンピックゴール, 月光族, 4列目の男, 酢飯, スー女, サカゼン, ゼロ打ち, ブラックオーシャン, シニシズム, KKO, IKKO, NIKKO, いなたい, 肉下, 時間薬, Aライン, エポニム, セレクティブ・エネミー, バタフライキーボード, フォトロゲ, キャベツ枕, しょってる, 最前管理, オーバーツーリズム, NSFW, 杞憂民, マンモグラフィー・サンデー, 現実カメラ, 大村寿司・ロンサンド・すぼ, Ta Ma De, ロクる, 吉牛, テトラ・プリズマ, デドラ・プリズマ, 也, Life is peachy, トリガミ, サッカーパンチ, ランカー, ヤーボイ, 平成ジャンプ, イレブンスリー, トムハ・トムヒ・トムホ, eyebrowslits, No Nut November (NNN), FANG, スナップフィット, 後方腕組彼氏面, 滑り台ヒロイン, チャヴ, あすなろ抱き, アメリカンスリーブ, アンノン族, 彩湖・道満グリーンパーク, エンカ, ハイク, カスハラ, イキリ骨太郎, 黒金, アゴアシ, ダイヤ, オフシール, whistleblower, FIRE, ぽわん袖, 兵庫北, ムーンショット, 黒科技, しいたけディテール, サブマリン現象, 没イチ, 「4Kテレビ」と「4K対応テレビ」, 囧, Wikipediaマイニング, ガシマン, パワーカップル, プノーロ, 着弾, ポイント・ネモ, "es Kashima, no Kashiwa", モクバン, ホロン部, 縦ピザ, 誠意, 攻殻立ち, 大虎, フロリダ, M式入力, ロミオメールジュリエットメール, AZIK配列, ロコ, マクガフィン, ケツが浮く, 増粘着材噴射装置, 怠ける権利, 8020運動, 大胆、大胆、常に大胆, ~〜, ホモランドセル, カチョエペペ, 残響系, ふるさと納税 3種の神器, ストックアプリシエーションライト, スティックのり, 総花, 以津真天, カッサ, 砂の壁, てぇてぇ, 剣とサンダル, プロタゴニスト, マチズモ, 同款, 天保山の戦い, 冷奴, シスコライス, wok, ブロートウェア, 親切遺伝子, フィンスタ, 高級黒, パネルマジック, ブクマ活動, 女子高卒とでもつ会社, 肉形石, upskirt / downblouse, シマニョーロ, 桐壺源氏, ナンバーワンナンバーツー, Labor and Delivery Nurse, 吠える40度, 立て直しは甘え, ブーブーライセンス, 普通事件, くしゃみ助かる, マロ, パスター, FAR&SURE, 8話, Tスピントリプル, 羊の交配, やっとかめ, 水カステラ, マニック・ピクシードリームガール, パグパグ, 腐り待ち, 灰皿ソニック, そしかい, ごきげんやっしゃ, AD, フラットアーサー, ソフラン, トナラー, タギー, トナーレ, ミリオンラーゲート, リーニングリバーストライク, WWO, 飽きた, 五目大, 行旅さん, エオカラー, CP(同人), Soulmate AU, カブトガニ, ヴャウォヴィエジャ, ファイナルガール, 絵馬, フォルダブルフォン, ハイポニキウム, よいしょ本, 叡智絵, ドリームキラー, レズ鍋式、ゲイ鍋式, サブ10, せんべろ, 大圏距離, 合併症, 妄想師, お約束影, HOXY?, 関東盆地運動, ポイ活, 天空アイドル, 鬼まんじゅう, フィジビリ, ヤゲン, ヨーロッパ, ひよこ女子, 盛り袖, クリーンハンズ, 改元難陳, ムービー銃, カーボラスト, シンシャンション, 鼠径部, エッチスケッチワンタッチ, ハンブル・ブラッグ, ユネスコサイド, 髪結いの亭主, MMT, もだもだ, ヒカセン, 996, マー活, Oh baby a triple!, 私設大本営, 120円する, 舌を越す, ズージャ語, バートルの分類{達成者、冒険家、ソーシャライザー、キラー}, 脳勃起, カナラー, PITマニューバ, メアリー・スー, 見せ槍, ワンシーズンワンダー, シャークティース, フラリーマン, インネパ, アナンダマイド, ブステク, B.V., 岸影様, マックワード, CASE, Nani the fuck, メルボルンシャッフル, 天皇決戦, モペッド, スウィートサイエンス, スカウサー, カーフレイズ, ヒットボックスポルノ, 感情失禁, 情熱ボタン, コットン・シーリング, マナー足, D10S, YP, 山本の木, 吟行(ギンコウ), 産み分けゼリー, DD論, ヒトトキ融資, つるみ, ginkgo, TWS, キイトルーダ, バービー, シャローフェイク, アークトメタターサル, バツシ, ファニーボーン, 一週間さん, 針聞書, 貢ぎマゾ, カトキ立ち, タミティー, 白ハゲ漫画, Watusi, 一眼鉄, アルファ商法, や人愚滅, Acadexit

詳細はこちからhttps://anond.hatelabo.jp/c/%E4%BB%8A%E6%97%A5%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%9F%E8%A8%80%E8%91%89

2020-07-02

原動機付自転車が2人分のパーソナルスペースだとすると(もちろん加速分は除いて考える)普通自動車しかも糞トヨタの排気量何CCかも知らされていない重心がエンジンにありハンドル右側にあると言うだけで人間感覚を遙かに超えたイチモツを(もちろんそんなにでかいチンコ存在しないが故にこの場合のイチモツとは位置関係から影響されたダジャレのイチモツでありクルマを指していると言っても過言ではある私たち言葉とともに全てを放送している存在ではあるが兎に角なんだっつーのぐらいには角が立っているイチモツ自動車であることぐらいは知っておりこの自動車が体の一部になることも又ない無いことだろうとも知っている)しかも教え方の全く異なる教官全員にたらい回しにされると言う辱めを受けながら助手席から飛ぶ激としか未だ認識出来ないブレーキアクセルハンドブレーキ交差点信号標識アクセルクラッチ半クラッチアクセル軽くふかし過ぎだと言う人も居れば大丈夫ですよと言う人もいるいろんな異論助手席から飛ばされさながら教習所自動車はすべて助手席のためにあるのだという認識がおそらくパーソナルスペースを広く持たなければならないと言う不文律接続するのかもしれないこの数人おそらく人を自動車の中に詰め込んで見れば分かるだろう私の見立てでは6人だが教本には普通自動車11人以下だったか10人以下だったかの人数を乗車させることのできる自動車まで扱うことができると言う文言があるのだろうから恐るべき事態だなるほどという形で我々は短絡せざるを得ないがやはり自動車というのは一種ダンスなのだろうこれほど気持ちの悪くなるダンスからこそ教本では2時間を超える連続運転禁止に近い文言で休憩を取りましょうと書かれているのだろう我々はまだ自動車という道路を愛する4輪タイヤ駆動部とと言うもろもろと言う鉄の化け物とダンスすることは出来ない……そしてこのくそったれな反撃のような反省から再起を誓わなければならない……いま私はとても怒っているのだろうか悲しんでいるのだろうかそれすら分からない……さようなら私の人生という出来事が教習3日目で生じることを諸君にお伝えして置く

2020-06-13

地方映画館行ったら

パーソナルスペースとかで席が一つ飛ばしになってたが客は他に1人だけ

おっさん二人の貸し切り状態君の名はを見た

いつもは宣伝10本くらい流れるんだけど今回は3本だけしかなかった

個人的にはうれしいけど映画館しんどいだろな

映画面白かったけど個人的には天気の子のが尖ってて好き

2020-06-11

anond:20200611163255

まさにその視点がTERFなんだと思うけど、自分トランス包摂は困難な点がいろいろあると思う。

トランス包摂することは性別に基づく加害性みたいなもの否定して、罪を憎んで(肉体の)性を憎まずみたいな話なんだと思うけどそれこそ女性専用車必要な人で、男性の心じゃなく男性の体に恐怖する人はどうすりゃいいんだろうね。

パーソナルスペースが広くて性別で別れてるところがあまり必要ない社会ならうまく行くんだろうけどどうやったらそれが実現できるんだろう

2020-06-09

電車門番

ドアの両サイドで門番みたいに内側向いて立ってる人ってパーソナルスペースが狭い人たちなのかな?

電車混みだしてきてコロナ感染的にも問題ありそうだし、どうやったら外側向いてくれるだろうか

2020-05-30

小児性愛カジュアル化」とは何か?それは問題なのか?

概要

小児性愛カジュアル化」に問題があると考えるのは、対人性愛優位を自明視した認知の歪みでしかない。問題があるとしたら、「性愛カジュアル化」にある。セクシャルマジョリティが主導して守ってきた性の規範を、マイノリティが拒絶することにより、「性愛カジュアル化」が現象として起こっているという事実はあると思う。しかしそれ自体セクシャルマイノリティの「政治活動」としての側面があり、一方的断罪することはマジョリティ傲慢である。「批判するな」とは言わないが、慎重になるべきだし、そうした政治性に注目することなく「批判」に終始するなら「ただのポジショントークだ」との誹りは免れないだろう。

小児性愛カジュアル化」は問題か?

批判者が「小児性愛カジュアル化」と呼ぶものの一つに次の事例がある。

しかし、これは所謂「キャットコール」と呼ばれるセクハラ一種であり、「対象児童から問題なわけではない。批判者も、「対象がもし成人ならば何も問題はない」とは言わないだろう。このような事例は「性愛カジュアル化」によって支えられる悪しき文化であり、批判すべきは「性愛」であり「小児性愛」ではない。これを以って小児性愛批判するのは無理があるし、「小児性愛は悪だから悪なのである」というトートロジーに陥ってるようにも見える。では、なぜ彼らは小児性愛を殊更に敵視するのか? 以下は既存議論焼き回しである

小児性愛と成人性愛本質的な違いはただ一つ、「児童との合意は(少なくとも現代倫理規定では)成立することがあり得ない」という点である児童との間に「合意のようなもの」がいくら存在したとしても、それらは全て「合意」とは見なされないし、見なすべきでない。(「合意」の定義児童保護について慎重に議論を重ねた未来では何らかの変化があるかもしれないが、それについて議論するにはあまりにも論点がずれているし、ここでは触れない。)しかし、「故に小児性愛は許されない」と主張するには論理の飛躍がある。ここまでの前提の下で自明と言えるのは、「児童との性的接触は許されない」という一点である

児童との性的接触は許されない」と「小児性愛は許されない」はもちろん同値命題ではない。彼らがこれを同値と見なすのは何故か?それは彼らが、「性的欲望とは常に性的接触によってのみ満足するものであり、それ以外の性的行為は全てその為の準備に過ぎない」という偏見を抱えているからであろう。今回、多くの人形性愛者、フィクトセクシャルさらにはアセクシャルを自認する人々から批判殺到した理由はそこにある。

「(実在児童対象としない、無機物対象とした)児童ポルノは、児童との性的接触を実行するトリガーとなる」と主張する人々は、「成人と性的接触を行うことは、児童との性的接触を実行するトリガーとなる」とは言わない。なぜなら、彼らにとって「性的接触」はそのまま「性的満足」とイコールであり、それが「ゴール」であると無根拠にも信じているかである

性愛カジュアル化」に問題はある。しかし、

前節では、問題本質は「小児性愛カジュアル化」ではなく、「性愛カジュアル化」であると言った。では「性愛カジュアル化」は本当に問題なのか? 結論としては、確かに問題であると私は思う。うぐいすリボン荻野さんも以下のように言っている。

その理由としては例えば、①性的プライバシー問題、②依存性の問題、などが挙げられる。あるいは、「そのような問題内包する言動」こそを「性愛カジュアル化」と呼ぶべきである、という定義づけも可能だろう。

①を語る言葉として「性的自己決定権」「私の身体は私のもの」などがある。余談だが、これは、ラブドールのような性的表象、および自慰を愛好する人々にとっても重要概念である。実際、他人自慰制限しようという試み自体が「性的自己決定権」の侵害であり、セクハラだという批判もあり得る。(参考↓)

話を戻そう。性とはそれ自体が深くプライベートものである。故に、他人性的領域に、物理的にも精神的にも安易踏み込むことは許されない。「性愛カジュアル化」には、その越えてはいけないハードルを下げてしま効果があるのではないか。自らのプライバシーを切り売りしている限りは「下ネタ」であっても、他人プライバシーを暴いたり、そこに土足で踏み入るような言動は「セクハラ」になる。(「下ネタ」を話題にすること自体話題への参加を強要し得る文脈において、それらの区別曖昧だが、それを語り尽くす労力は私には残っていない。)お互いのパーソナルスペース尊重する文化を守るためには、適切なゾーニングを守り、強行的な「性愛カジュアル化」を防ぐことも大切だと私は思う。

②の問題は意外にも語られることが少ない。これは、「ポルノにはなぜ年齢制限が設けられるか?」の問いに対する答えでもある。逆に言えば、「未成年ポルノを見せるべきでない」理由として、「正しい性教育」的なものを挙げるのは、性のスティグマ化に資するのみで未成年に良い影響を与えはしないだろう。

ここまで、「性愛カジュアル化」は問題であることを述べた。一方で、それらを安易断罪することもできない事情もある。それは次節で述べよう。

政治表現としての性表現

荻野さんは次のようなことも言っている。

ここで、各国のゲイ・パレードプライドパレード(LGBTパレード)の様子を見てみよう。

https://www.huffingtonpost.jp/letibee-life/taiwan-lgbt_b_8448268.html

https://lifevancouver.jp/pride_parade_vancouver

https://rocketnews24.com/2012/06/30/224561/

https://www.youtube.com/watch?v=MWiZwUFWs5E

やはり、非常に過激セクシーファッションに身を包む参加者のことが目に留まるだろう。しかしだからと言って、彼らに向かって「ゾーニングを守れ!」と叫ぶことがどれだけ暴力的か、理解していただけるだろうか?

彼らがこのような「性」を明け透けに表現しているのは、それ自体政治意味合いを持っているのである。それ自体政治表現なのである。そして我々の「性」の表現にもまた、そのような側面があることは決して無視できない。対人性愛的なものに背を向け、「オタク」的な性表現をオシャレなものとして、隠語的なコミュニケーションのために消費する文化がウケた理由は、人々がそのような政治性を間違いなく見出したかである。それは単なる「ポルノ」ではなく、「我々の性のあり方」をありのまま表現した、アイデンティティのものなのだ

とはいえ、我々の消費する全てがそのような政治性を帯びているわけでもないし、また全てがポルノ的でないわけでもない。実際のところ、単なるポルノが悪ふざけで表に出てくることもあるだろう。しかし、それらの区別は決して容易ではない。物理的には全く同じインク配列であるものが、文脈や作者の意図次第で、時にポルノであったり、時に政治的であったりする。それらは私やあなた独善的基準で決めつけていいものではない。「法的規制に反対する」という言葉は、私刑を推奨する標語であってはいけない。表現の正しい用法用量というのは、表現者と受け取り手一人一人の良心に委ねられるべきなのである

さらに言えば、政治性とポルノであることが、多くの場合両立してしまっているところにこそ問題の複雑さがある。その区別について「語るべきでない」とは言わないが、本質的に「区別不可能である」ことを前提に、慎重に語る必要がある。そのような必要な慎重さを欠いた言説こそが、「差別だ」と糾弾される所以なのである

誤謬見出し批判することは容易であるしかし、否定することが目的化した人々で集まって、こちらの政治性を矮小化するような言説ばかりぶつけられては、議論にならない。「我々が言いたいこと」は、この文章を通しても伝わるはずであると信じている。

2020-05-17

潔癖コミュ障からコロナちょっと嬉しい

コミュ障っていうか、パーソナルスペース広いって意味だけど

(いや、実際コミュ障でもあるけど)


パーソナルスペースが広めで潔癖気味だから

今まで距離近い人とかボディタッチしてくる人とか、ちょっと「ウッ...」と思いながら我慢してた事が多かったけど

あと長い間手を洗えない時とかちょっとテーブルに跡とかついてる時とか

不特定多数が触れたボタンに触らないといけない時とか

最近は思う存分距離取ったり手洗ったりアル

コール消毒したり

休憩室のテーブルも気が済むまでゴシゴシ拭ける

いつもだったら潔癖っぽく思われたり、嫌味っぽくとられそうでできなかったけど

今なら思う存分できる!!!!!

嬉しい!!!!!!

山手洗える!!!!!!!!

2020-05-10

ソーシャルディスタンス

わたしには心地良かったようだ

コロナ禍によって、この距離わたしパーソナルスペースに近かったと気付かされた

コロナは必ず収束する

だがそうなると、ソーシャルディスタンスは終わる…

何だか感慨深いものがある

2020-05-04

三密を○○ハラスメントにすると

がやハラ、ぎちハラがやがや、ぎちぎち)

スペハラパーソナルスペース

ヴェティハラ(風通し、換気ヴェンティレーション

2020-04-19

好きな人の脈ありサイン

会話中に髪を触る

会話中に鼻を触る

会話中に長く目が合う

パーソナルスペースに入っても避けない

体を向けて会話してくれる

遠くにいてもよく目が合う

デートの誘いをOKしてくれる

2020-04-11

だれか早くコロナ発症して

私の職場は3密、緊急事態宣言後も変わらない。

椅子に座ったまま腕を伸ばせば隣の人の頬を殴れるぐらい近い。

真正面にも席があって顔を上げただけで前の人と目が合うような環境でいつも働いている。

パーティションのようなものはない。

隣にかかってきた電話相手の声さえ容易に聞き取ることができる。

人と人の距離が近いほど職場内のコミュニケーション活性化されると社長が誇らしげに語るのを聞いたことがあるが、

そんなものは建前で狭いオフィス可能な限り人を詰め込んだほうが経済効率がよいからだろう。

パーソナルスペースがまったく考慮されない鶏舎のような職場は私にはただでさえストレスだった。

そして今回の新型コロナウイルスパンデミック

紙とはんこと固定電話がないと仕事にならない弊社にテレワークという選択肢は初めからなかった。

交代勤務も一応の検討はされたようだが人員に余裕がないということで実施されなかった。

代わりに全員にマスク支給された。

毎日使い捨てにできるほどの在庫はないので消毒して繰り返して使うように指示があった。

自分マスクを用意してもよいが、とにかく全社員マスク着用が徹底された。

これが弊社の新型コロナウイルス対策だ。

私の両隣の人はよく咳き込む。

喫煙者で肺の健康状態よろしくないらしく前から咳をしていて新型コロナウイルスとは無関係かもしれないが、

隣がごほごほとするたびにそれが本当に無害なものか気になって仕方がない。

「熱はないか大丈夫」といわれてもそれをどこまで信用してよいものか。

マスクをしているからか咳をするときも遠慮がなく顔をそむけるそぶりもない。

私は真横だからまだいいが正面に座っているひとはたまったものではないのではないか

もうひとりの隣の席のひとはコーヒー中毒で常にコーヒーを口にしながらでないと仕事ができない。

マスクのつけ外しが面倒なのか、マスクがしばらく外しっぱなしになっていて、

咳き込んでから思い出したようにマスクをつけるようなことをしている。

かれらの咳が無害なものでなければ私はいつかそれに感染してしまうだろう。

ささやか抵抗として私はいつも閉め切られている窓をこっそり開けてみた。

だがすぐに窓は閉められた。窓を開けると寒いという人がいるのだ。

私は換気の大切さを上司に進言してみたが却下された。

窓近くに座っているのは部長だった。

気が狂いそう。

一人でも発症たらこ部署社員は2週間出勤停止になる。

自分部署閉鎖の戦犯になりたくなくてびくびくしている。

だれか早くコロナ発症して。

2020-04-06

レジ待ちの列で社会的距離破綻している問題

緊急事態宣言に備えて巣ごもり用の食料品を買いに来る人々でスーパーはにぎわっている。新型コロナウイルス感染から身を守るために買い出しに来たはずの人たちが、レジ会計を待つために並んで密着している。家族連れやカップルは並んだままマスクを外して喋り続けており、3密を避けるどころの話ではない。

もともと日本人を含めたアジア人パーソナルスペース欧米人よりも狭い傾向があり、スーパーレジ待ち列でお互いにほとんど密着していても、気に留める人はいない。これまでは。

最近は、30㎝ほどに近づいてレジ待ちの列で背後に立たれると非常に恐怖を感じる。

すいません、もう少し離れてくださいと言いたいところだが、不要な諍いを生み出しそうで、そういうこともできない。ただ恐怖を感じながら、はやく自分清算の順番が来てほしいと祈るばかりだ。

他の国ではスーパーの待ち列に2m間隔で立ち位置の印をつけ、お客に厳密に距離を保ってもらっていることもあるのに、日本はいったいどうなっているのだろうか。満員電車の例もあるが、もともとパーソナルスペースが狭くても意に介さない人が多いため、コロナウイルス感染防止のために、レジ待ちの列では離れて立ってくださいと要請する発想に誰も至らないのだろうか。

人間判断能力ハマダラカやマルゾウムシのような昆虫よりも優れている場面はじつのところそれほど多くはないので、判断力が及ばずに危険が発生する状況は、仕組みで防止していった方がよいと思うのだが。これは人とその社会を成り立たせる考え方の問題なのだろう。

その点、西欧社会ははっきりしており、人間的な行動を逸脱した人間は断固として人間扱いしない措置が取られることが多い。たとえば、フランスの駅は小銃を持ったgendarme国家憲兵が歩き回っており、たまに駅で乗客暴動がおこると躊躇せず催涙弾ゴム弾で鎮圧される。

2020-03-29

anond:20200329222534

パーソナルスペース広めで生きてきた増田はにわかには信じがたいかもしれないけど、どうやら人間がミチミチに居るような状況が安心する人もいるみたいなんだよね

そういう多様性を認めるくらいの心の余裕は持っておきたい

昨日スーパーに行ったらレジの列がいつもより長めだった

自粛要請とか雪の予報とか色々あるもんね〜 と大人しく並んでたら、急に列外からマスクしたオバサンが近づいてきて

マスク!?マスクの列なの!?マスク売ってるの!?からこんなに並んでるの!?!?

って怒鳴ってきてめちゃくちゃびっくりした

こっちはマスク買えてなくて無防備なのによ ツバ飛ばす勢いででかい声で喋りかけてくるのやめてほしい

パーソナルスペースが狭い人って嫌いだわ〜

以上です

2020-03-16

anond:20200316090358

つーかエスカレーターの片側開け問題みたいなもんで

本来的には「詰めて座る」よう設計されてるわけでしょ。

自分パーソナルスペース広いんで隣に座られるのは嫌だ、くらいならわかるけど、

離れて座るのがマナーだとか言い出すのはおかしい。

2020-03-11

anond:20200310073258

美女非処女文化系趣味のある内向的な21歳女です。

自分自分経験に重なるところがあったので書きますが、失恋直後にかける言葉ではないかもしれません。傷つけたらごめんなさい。

スペック

・21歳女性

・158cm 中肉中背

早慶上智文系

・顔立ちはめったに褒められない

・似ていると言われたことのある芸能人アンゴラ村長

趣味読書映画美術鑑賞。春休みなのにコロナ美術館に行けないので、家に引きこもって全話無料開放中のいぬまるだしっ読み切りました。

持論ですが、文化系趣味基本的リアル恋愛の契機になることは少ないと思います

美術鑑賞や映画鑑賞は基本的パーソナルスペースを確保したまま進行するので、

通常進行=友達判定

無理に距離を縮める=下心が透けてキモい

です。

普通にしていれば(物理的に)距離が縮まらないイベントで、意図的かつ自然距離を縮めるのは恋愛上級者でない限りものすごく難しいと思うんですよね……。

友情好意恋愛感情好意+性的衝動相互に成り立つことだと解釈しているので、美術館や映画複数回繰り返せば友情は成立しますが恋愛感情が生まれることはなかなかない気がします。

少なくとも、私はそうでした。

じゃあサシで会うなよ!思わせぶりにすんなビッチ!と言われるとそうですね反省します、としか言えませんが、キスセックスをしたいと思わないだけで会ってて楽しいことは間違いないので誘われたらついて行ってしまうと思います……。

長くなりましたが、もし恋人を望まれているなら手法を変えたほうがいいと思いますし、結婚相手を探されているなら手法はそのまま戦場マッチングアプリではなく婚活市場シフトしたほうが良いかと思います

今後のご健闘と幸福をおいのりします。

2020-02-07

差別主義者「男同士が外でイチャつくな気持ち悪いって言ってるだけだろ。自分の部屋でセックスしてりゃ捕まるわけでもないのに、どうしてパブリックスペースに性欲をまき散らしたいんだよ?」

2019-12-09

電車で扉に背を向けて立っているやつ

満員電車狛犬ポジションは嫌われるけど、自分の中では、電車の扉に背を向けて立っているやつが結構イラっとくる。

近くにいる人はその人と見つめあうことになるので気まずく、なるべく避けるようになるので、無駄パーソナルスペースが広くなる。

結果、ほかはぎゅうぎゅうなのにその周りだけ妙に空間が空いていたりする。

女の人がやってるとさら空間の空きができる。

こういう人たちってどうすれば減るんだろうか。

2019-12-07

[] #81-3「AIムール」

≪ 前

ブースに近づくと、担当らしき人物が俺たちに声をかけてきた。

「『AIムール』に興味がおありですか?」

「うわっ、びっくりした!」

「俺は、お前の“びっくりした”って声でびっくりした」

「だ、だって、この人がいきなり近くに……」

実際は俺たちが近づいてきただけで、その人は最初からそこにいた。

タイナイは声をかけられるまで全く気づかなかったようだ。

「こ、声をかけるなら、僕らがもっと離れていた時にお願いできませんか」

申し訳ございません。あなたパーソナルスペースを把握していなかったので」

失礼な反応ではあるのだが、まあ無理もない。

その人は他のブース担当者たちと比べて、覇気がまるで感じられなかったからだ。

「『AIムール』って、僕たちの学校近くに最近できた“アレ”ですよね?」

「その通りです」

俺はそのときになって初めて、あの建物が『AIムール』という会社であることを知った。

タイナイは情報中毒(略して情中)だったため既に知っていたらしいが。

いや、この場合は俺が無関心すぎた、といった方が正確だろうか。

パンフレットをどうぞ」

担当らしき人は淡々とした対応で、おもむろに小冊子を差し出してきた。

何だか変な感じだ。

他のブースでは皆すごい気概があったのに、ここの人は「別にもこなくていい」と言わんばかりに冷めている。

参加者全然集まっていないようだったが、そのことに対する焦燥感はまるで感じられない。

こちらに会社概要が書かれております

受け取った小冊子は無線綴じになっているようで、背表紙にもタイトルが書かれている程に分厚い。

この場で読ませるものとしては些か重たくないか

「まずは目を通していただければ」

しかし俺たちは担当の不気味さに気圧され、言われるままそれを読み込んだのだった。


そこに書かれていることによると、『AIムール』とは「AI人間向けのサービスを如何に助けるか」という理念のもと設立された社会的企業らしい。

技術開発が進んだことで、今まで人間しか出来なかった事業も請け負えるようになったんだとか。

「この『AIムール』って会社自体AIロボットが中心で働いているのか」

「へえー、随分と意欲的なんだね」

そしてパンフレットを読んでいて最も納得したのが、『AIムール』の“大本”だ。

「あ、『ラボハテ』が本社だったのか」

そこなら俺も知っている。

技術開発、特にロボット製作で有名なところだ。

様々な事業実験的にやることでも有名で、この『AIムール』もその一環なのだろう。

AI中心で仕事をやる会社なんて、先進的すぎて勇み足だと思ったが、あそこが関わっているのなら理解できる。

だが、それによって新たな疑問も浮上した。

「あの、すいません。職場体験とはどういった内容になるんでしょうか」

タイナイは担当者にそう尋ねる。

俺も気になっていた。

AIが働く職場なのに、そこで俺たちが短期的に働いたところで何を体験できるというのか。

「主にやっていただくことは、AIとコミニケーションをとって、その内容を報告していただくことです。その記録を基にAIに不備がないかなどを調べることができます

なるほど、ある意味で納得した。

要はモニターが欲しいってことだ。

担当者の淡白対応も、元々は募る気がなかったのなら説明がつく。

AIムール』は最近うちの学校で“大きな支援”をしたから、学校側が気を利かして枠を用意したのだろう。

次 ≫

2019-12-04

anond:20191204131331

言いたいことはなんかわかる。

自分はそろそろBBAなので余計にそういうこじらせているメンドクサイ人間が周りにいるし。

要は、他人パーソナルスペース内に進入させてそれでもお互いのパーソナルな部分を傷つけないよう生活した上で心理的に通い合い関係性が継続した経験があるか否かだと思ってる。

元増田はこれに”恋人”という主語がついていたけども、自分はそういう関係性は恋人だけではないと感じている。

まぁ、手っ取り早くそういう事を意識できるのは恋人かもしれないけれど。

これは相手が男でも女でも関係性に友達親友という名前がついていたとしても、そういう境地に至ったか否かの違いかなと思う。

そういうのをそこら中にいる人に出来る愛情深いやつもいれば、恋愛結婚をしていてもクズなやつもいるし。

2019-11-07

anond:20191107162936

なんで人に画面覗かれやすくてパーソナルスペースなんてないような空間恋愛ゲームせんとあかんのやろな…無理があったやろアーケードは。

ボンバーガールしてるときボンバーガールの服が破れて「ヌホホ…」となるけど周りに見られてるから冷静にプレイしてるやで

2019-10-04

エスカレーターマナーには無理がある

エスカレーターには横二列で乗ってね。歩かないでね。」

どっちも無理だしうるさいなぁと思ってる。

まず、知らない人と一段に収まるのはパーソナルスペース?ってのが侵されてるから嫌だ。心がざわつく。大江戸線とか深いんだよ?何分横並びしたらいいの?

あと、どうしても片側は空けちゃう。歩く人に譲っちゃう。歩くのが危ないのも、乗ってる側だけ機械劣化するのわかる。でも片側空けって誰に言われた訳でもなく定着してるし、言ったら「思いやり」じゃない?どーぞお通りくださいって。

こっちだって昨日そこらにエスカレーター乗りはじめた訳じゃない。幼い時から何百回何千回と乗って習得した、もはや「生き方」。そういう成り立ちのものをグッと言って変えさせるのは難しいって。ほんと諦めて欲しい。

せめて一段に一人。足型マークとかを段ごとに右寄り左寄りに付けたらマシになるのかな。それもなんかダサくて嫌だけど。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん