「利益追求」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 利益追求とは

2020-06-24

就労における属性差別本質

はじめに

本稿は就労差別本質となる仮説を提唱します。

私の主観のみを元にしている稚拙な考えではありますが、公開することによって補強あるいは反証されるといいなと思って書いています

"就労差別"とは以下の状態を指します。

差別被雇用者もしくは求職者が、属性区別され不利益な取り扱いや不合理な格差を受けること

アジェンダ



就労差別に対する疑問

就労において差別が行われているという話を耳にしますが、常々つじつまが合わないと感じていました。

雇用とは、雇用することによって売り上げをあげるもしくは利益性を改善することを目的にしており、能力[^1][^2]のある人間をその能力性以外で差別することは企業目的を妨げるからです。

差別が全くないはずはありませんが、市場原理によって差別はゆるやかになくなっていくはず[^3]です。

差別されているという声がよく聞こえ[^4]、雇用差別に対するガイドラインが設定される[^5]ほどに差別があるという事実市場原理に反しているように感じられます

差別によって利益を得るのは誰か

差別によって利益を得る集団は誰なのかという点について、被差別属性の逆の属性もつ集団利益を得ているため差別がなくならないのではないか、という言もみられます[^6]が、これについても疑問があります

就労差別主体である企業は、経営者株主利益の追求を目的運営しており、その目的に沿って運用されるものです。

属性能力規定するものではない[^7]ので、属性差別を行うことは企業利益追求を妨げる結果となり、差別によって利益を得る集団[^8]がいたとしても経営者株主意見の方が勝ると考えます

ということは、「差別によって利益が得られる」のではなく、「差別をしても企業不利益がない」のはなぜか、が正しい問いであると考えられます

差別不利益に結びつかないのはどのような状況か

差別をしても企業不利益がない状況とは、企業被雇用者を比べたとき被雇用者強気に出れない状況です。

一般的に、被雇用者強気に出れないのは人材需要に対して供給が過剰になっている場合です[^9]。

供給過多により、需要供給の交点があまりに低い状態仕事を受けなければならないというのは、市場原理の負の側面に他なりません。

採用に関して考えると、求職者が多い場合になんらかの属性足切りができればコスト減になり、わずかながら利益が出る、とも考えられます

人材供給過多であり、企業自由基準求職者選択できる場合能力の低い求職者属性選択足切り)しない理由はありません。

結論

結論として、就労における属性差別能力のない人間が過剰に供給されるため発生するのではないか、という仮説が導かれます

"性差別" や "障害者差別" などの属性差別はこの問題の側面にすぎず、個々の属性差別を無くしても大元の原因を絶たない限り別の差別が生まれるであろうと予想されます

検証法の提案[^10]

就労における属性差別能力のない人間が過剰に供給されるため発生する」という仮説を検証するための以下の手法提案します。

1. 能力別に待遇比較する

差別発生件数給与などの待遇を、能力属性別に比較することで、差別能力に対して行われているのか属性に対して行われているのか明らかになります

2. 業界別に待遇比較する

求人倍率人材流動性をもとに、業界ごとに人材供給量を比較することで、人材の余っている業界、足りない業界を算出します。

人材の余り度合いと差別発生件数が相関すれば「人材が過剰に供給されるため差別が発生する」と言えます

予想される質問に対する答え

Q. 被差別属性によって、能力を低く見積もられているために差別が起きるのではないか

市場原理に基づき、それはない、もしくはあっても少ないと考えます[^11]

その属性をもっていても能力を低く見積もらない企業があれば求職者はそちらに流れ、また競合他社も「差別をしない」という低コスト活動で業績を伸ばせるとわかれば追従するはずであるからです。

Q. 能力があっても差別をされた経験がある、もしくは他人のそのような状況を見たことがある

なぜそのようなことが起きるのか、能力のある人間差別しても企業差別者に不利益にならないのはどのような構造が背景にあるのか、といった点に興味があります

ぜひ状況を教えていただければと思います

質問に対して答えると、そのような状況は0にはならないので体験談が数件あっても反証にはならないと考えます

しかしあまりに多くの声がある場合は、「能力のある人間差別しても企業差別者に不利益にならない構造」をもとに問いを考え直す必要があります

おわりに

結論で述べたように、本稿は「就労における属性差別能力のない人間が過剰に供給されるため発生する」という仮説を提唱しており、本来ならタイトルもこの一文にすべきですが、長い本文を読まない人を呼び込むのではないか[^12]と考えて多少無難タイトルにしています

この考えが正しいとした場合被差別対象から脱出するには専門性をつける、あるいは既にもっている専門性を活かせる職に就けばよいということになりますが、その解決法では雇用パイが変わらないため被差別対象は減りません。

根本的に解決するには、全ての被雇用者雇用主に対して強気に出れる状態になる、つまり生活のために働かなければならない」という構造を変化させなければならないのではないかと思います

生活のために働かなければならない」とはつまり市場原理の前提である社会構成員皆が働かなければならないだけの需要がある」とイコールであって、私はこの前提は既に崩れている、つまり社会構成員全員が働かなくとも、健康で文化的な最低限度の生活を送るだけの供給を保てる」と考えています

今回のコロナ禍で不要不急の経済活動ダメージを受けたことにより、この前提の崩れが明確になったとも感じていて、市場原理の次の理念世界のどこかで生まれるのではないか、と期待しています

--

^1: はてな記法の二重丸カッコが脚注になりませんでした。どのように書けばよいのでしょうか?

^2: 能力とは、売り上げをあげるもしくは利益性を改善することのできる能力、もしくはその見込みのことを指しま

^3: 雇用差別がゆるやかになくなっている過渡期であるためまだ差別が残っているのだ、とも考えられますが、どう検証すればよいかからないためここでは扱っていません。要検

^4: 差別されているという声がよく聞こえる: 私の主観です。要出典

^5: 公正な採用選考に向けて - TOKYO働くネット など

^6: 被差別属性の逆の属性もつ集団利益を得ているため差別がなくならないという言がみられる: 私の主観です。要出典

^7: 属性能力規定するものではない: 大変に議論余地があります個人的には、業界属性を絞った局所的に見れば属性能力規定すると考えていますしかし全体として見た場合、「属性能力規定するものではない」としてよかろうという前提のもと本稿は書かれています

^8: 差別によって利益を得る集団: 経営者株主とは一致しない集団を指します。なぜ一致しないのか説明はつけられると思います言語化できていません。

^9: 一般的に、被雇用者強気に出れないのは人材需要に対して供給が過剰になっている場合: 一般的かどうかは分かりませんが、後の展開を書きやすくなるので…要出典

^10: 検証法の提案: 検証にかかる前に、仮説が成り立っているかどうか、"要出典"の部分を埋めてください

^11: 筆者が市場原理、ひいては個々人が利己的に活動することを期待しすぎている感はあります。ありますが…代替になるモデルなしには議論を進められないのではないでしょうか?

^12: 本文を読まずSNSシェア99割 米研究 これは嘘ニュースです - 虚構新聞 私はまた虚構新聞謝罪する流れになると思っています

2020-05-29

上司工数を出したら〜のやりとりについて思うこと

こういう記事を目にした。ちなみにこのQuoraというサイトについては初めて見るのでQAサイトなんだろうなという事以外は何も分かっていない。

上司工数を出したら「私なら半分で終わる」と言われ工数を削られました。それならあんたがやれと思うのですが、こんなときどう捉えるべきですか?そもそもあんたが作ったんだから速いだろと反論したくなります

https://jp.quora.com/%E4%B8%8A%E5%8F%B8%E3%81%AB%E5%B7%A5%E6%95%B0%E3%82%92%E5%87%BA%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%89-%E7%A7%81%E3%81%AA%E3%82%89%E5%8D%8A%E5%88%86%E3%81%A7%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8B-%E3%81%A8%E8%A8%80%E3%82%8F%E3%82%8C

(本当はリンク先の該当する回答を全て読んで欲しいのだが)

私が覗いた時点で1番上に来ていた松本 祐司さんという方の回答(この表示順のルールについても知らない)を読んで自分なりに思うことがあったのでそれを書きたい。まずは客観性のない私の主観でその方の回答を要約してみる。

・確かにその上司コミュニケーションスキルが足りない

しか解決策は己のあらゆる能力をあげることしかない

・逆の立場になって考えてみると相手あなたに期待していたともとれ、結果的に残念に思われたとここでは規定する

・残念に思われた結果、回される仕事雑務、誰でもできることになっていき、次第に年齢がいけば、リストラ候補にもなりうる

上司の期待に応えられていない現状を素直に認めて、自分能力を上げることを勧める

最後に「上司避難する気持ち仕事をするな」という言葉を教えてくれた(今では成功して偉くなった)昔の上司とその言葉をまもって今のポジションにいる自分自身の美談が語られている

よく見る模範解答だと感じるし、正直なところ5年前や10年前であれば特に違和感もなかったろうと思う。

現在の私はこの回答自体にも違和感を感じるが、この回答が1番上、つまり1番多く見られる(おそらくベストアンサーだろうと思わされる)回答になっていることにも違和感を持った。自分が働く側にまわってそれなりに経ったからだろう。この方が会社上司側の視点で多くを書いているので私は個人や部下側の視点で書いてみようと思う。

端的に「能力を上げることしか解決策がない」とする意見だが回答に書かれている文脈においてこれは非常に危険な考えだと思っている。

かに質問者にとって現実的有効であると思われる解決であることには同意するが、能力をあげることしか解決策がないというのはいささか恣意的ではないだろうか。そして「能力をあげる」という言葉方向性は最終的に上司の想定の半分の期間でものごとを終わらせることを目標例にしている。つまり上司意向に沿って現在仕事成功していくことを質問者が望んでいる前提となっている。

質問自体も前提条件や背景など分からない部分が多いのである程度想定で書くしかないということも分かっているが

こういう上昇志向個人能力を鍛えることで何でも解決しようとする考えを勝手ドラゴンボール思想と読んでいる。

質問者が本当にそれを望んでいるならそれで構わないし、そうであればこれ以上ない最良の回答だろう。

しかし本当にそうなのだろうか。分からない。

質問者ドラゴンボールで言うZ戦士系譜であれば少なくとも質問者回答者という単位では問題ない。

そして実際にZ戦士達はそのせいで(おかげでとも言えるが)永遠に続く戦いの螺旋に身を投じることになる。

しか多様性が叫ばれ、日本経済落ち目となり、これまで力を持っていたものが弱体化し、疑われ、多くのものが見なおされている昨今、日本で働いている人間多数派悟空ベジータのように己の適正を理解し、適切な職場業界位置しており、そこで仕事における能力の(殆ど無限と言ってもいい)上昇とそれによる出世を望んでいると同時に望める状況にあるとは到底思えない。

そもそも人間自分自身の求めていることを正確に把握していることの方が稀だとすら思っている。

そして我々の世界マンガではない。我々の肉体をはじめ、現実のあらゆるものは有限だ。

そして最後に加えられた物語美談)がより一層この回答の訴求力を強めている。人間にとって物語というのは劇薬だ。

しか人生というもの物語解釈意味づけしようとする考えに対してそれは物語である限り間違えているとユヴァルノアハラリ氏は21Lessonsの中で説いている(たしか)。

大事なのは上司と部下、組織個人いかバランスを取っていくかに思えてしまう。

バランスを取るには適切なコミュニケーション必要だ。

適切なコミュニケーションを取るには信頼関係必要だ。

信頼関係を構築するには適切なルールシステム機能していることが必要だ。

例えば頑張ってもそれに見合った対価がもらえなかったとしたらどうだろうか。

仕事は多くの場合上司社長株主がおり、ある種彼らの都合のいいように時間能力リソースを奪われていると考えることも出来る。

仮に上司人間的に信用できたとしてもルールシステムがそれを阻む場合もある。

から言われている昇給と昇格が切り離されていなかったらどうだろうか。

会社側で重要ポストというのは限られているし、自分の適正が管理職にあるとは限らない。

そもそも成果の分だけきちんと利益還元されるというのは基本的に国や世界経済が上向きになっている必要があるし、人間による評価というもの構造的な欠陥を持っている。

そして対価が自分の望むものではなかったとしたら。

まり以前は有効機能していたとされる構造システム問題が生じてきていることの方が多いのではないかと思う。

そしてそこに健全であると思えるよう)なシステム環境がないと人間の行動はなるべくリスクを取らず、なるべく仕事の量を増やさず、なるべくストレスを避けるといったものになるか、あるいはその逆になるのは自然だろう。いずれにせよ多面的かつ長期的な利益追求のために目指すべき形ではない。

もちろん営利組織利益を拡大していかなければならないので能力向上や納期短縮は重要だろう。

それを否定するつもりもないし、不真面目な社員がさぼるのを助長するという意見もあるかもしれないが、まずそんな人間採用する仕組みに何かしらの問題がある。

個人の持つあらゆる能力をあげておくに越したことはない。それには自分同意する。

しかしそれと同時にお互いの利益がなるべく一致するような新しい評価報酬システム環境がつくられ、健全コミュニケーション信頼関係がなければいけないはずだ。

それにはトップが牽引して組織的に動く必要があるし、個人能力向上だけでは解決できないだろう。

個人レベルでは比較的それらのシステムが整備されている場所へ移ることも手段の1つだ。

いずれにせよどちらか一方的という所があるならそれが問題のように思える。

我々は有限な血と肉で覆われた不完全で複雑な動物であることを忘れないようにしたい。

2020-04-17

電子マネー支給とか自身利益しか考えていないの多いよなぁ

10万円給付歓迎「電子マネーでの給付が望ましい」経済同友会

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200416-00000561-san-bus_all

今だこんな事を言い出しているのだから救えない。

しか経済同友会しろ経団連しろ世界のこの手の似たような連中にしろ、この様な手前味噌利益追求のみをした連中が、医療保険にも口出しして削減させ、このコロナ禍の遠因になったのだから皮肉だよね。

イタリア医療崩壊にしてもその構図だし、日本でも医療保険方面改悪もあったわけなのだから

何にしろ今後世界は色々な意味で過剰なグローバル化からローカル化に向かうのはこのコロナ禍でさらに加速するだろうし、今の過剰なまでの株価のみを重視した社会も見直されるきっかけが来るかも知れんね。

今後はそのローカル化の経緯で中国経済悪化する可能性も普通にあると思うし、場合によってはこんな連中こそ糾弾される可能性もあるかもね。

何せ人は犯人を作りたがるし、政治方面人達自身責任を取らずに罪をかぶせたがるだろうから

2020-04-02

コロナがもたらす教訓2つ

コロナがもたらす教訓2つ

コロナウイルスによって欧州アメリカ被害者が多いようだ。

まず感染した患者治癒祈り被害者への追悼をささげたいと思う。

ところで、コロナウイルスはなぜ発生したのか?

と考えるとき、やれ陰謀だ、やれ責任はどこにある、という風に、

特定の国を政治的糾弾するのは、もはや無意味だと考えるようになった。

すでに人類共通の難題であるのは明白だからだ。

かに初期対応の件を含め、

世界中人間の怒りが中国に向かっているというのもわかる。

だがそれはもはやどうでもいいことだ。

原因はともかく、その原因に至らせた何か大きな意志があったはずである

そこに注目したいと思っている。

1.人間自然コントロールできない

コロナ」という名前を聞いて、「そういえば太陽の外側の熱いところがコロナって名前だったな」と思い出した。

コロナウイルスの外側のトゲトゲの部分に該当する。

ふと、なにか共通性を見出した。

YouTubeで「太陽が突然消えたらどうなるのか」という動画を見た。

https://www.youtube.com/watch?v=KM1NxPNp6sU

これによると、数日で地球の気温は一気に低下し、

地熱のある暖かい地域を求めて人間殺到し、人間社会崩壊するようだ。

ふだん、我々は「日光はあって当たり前」「水はあって当たり前」

空気はあって当たり前」「大地はあって当たり前」と思っている。

だが、そのバランスは、太陽地球距離をはじめとした奇跡的な成り立ちによって

ぎりぎり保たれているのである

我々はそのおこぼれに預かっているにすぎない。

今回のコロナウイルスの件は、いか人間が弱い存在かを知らしめるために、つかわされたものではないだろうか。

ちなみに、太陽表面は6000度だが、コロナが100万度まで上昇する仕組みはわかっていない。

いうまでもなく、我々はその強力な熱の恩恵生活ができている。

2.コロナの前では、国・宗教思想対立はもはや無意味である

もしあなたの自宅近辺が崩壊して、みんなで避難しようというとき

「隣の家のとは長年ケンカしてるから」などといっていたら、そのまま二人とも逃げ遅れてしまうかもしれない。

そういえば、「地獄では、とてつもなく長い箸を与えられる」という話をご存じだろうか。

メートルもあるような箸では、自分料理を口に運ぶことができない。

鍋を囲んだもの同士で、お互いに箸で食物を運んであげる必要があるというわけだ。

地獄では、自分がどうやって食べるかしか考えることができないようになっているため、

どうしても食べ物にありつくことができない。自己中心的人生を送った人間が、その席に集まるのだという。

これは面白い示唆ではないだろうか。

コロナ騒動は、そんなことを教えてくれている気がする。

1.自然の前には人間の力はちっぽけなものである科学の力で地球コントロールできると思う、傲慢さに対する罰ではないか

2.本気で自然がブチ切れたら、もはや個人利益追求や、ひいては国家宗教のあらそいなど無意味であることを知るだろう。

人類はこの教訓から学び、国やイデオロギーといった分離・制約を超えて、ひとつ抜け出した発想をする必要がある。

2019-10-01

[][][]

レントシーキング

[media literacy][メディア・リテラシー][電波利権][電波オークション][レントシーキング]

レントシーキング - Wikipedia

地代(英: Rent seeking)とは、経済学における公共選択論における概念の一つで、「特殊利益追求論」とも呼ばれる。

企業がレント(参入が規制されることによって生じる独占利益や、寡占による超過利益)を獲得・維持するために行うロビー活動等を指す。

2019-09-26

anond:20190926183013

利益追求目的としてても性差別性差別であり、一切許されるものではないが。

刺青は怖がる人がいるか出禁」とか、もっというなら「外人は怖がる人がいて集客差し障るから出禁」と同じようなもの

2019-09-06

アニメーター賃金問題がなぜ根深いのか

適当待遇改善を叫ぶ人がいるが、もう少しいやもう沢山考えてみて欲しい

コストが上がると本数は減るし、大ヒット系しか作れなくなる

でも低コストで量産されることでそれが楽しいと思ってる人らが居るんだ

から業界

・何かを犠牲にして質と量を保つ

・量を犠牲にして賃金水準を保つ

という選択を迫られる

 

というかこういう選択はどの業界でも多かれ少なかれ迫られてる

普通賃金水準選択する

しかアニメ漫画エンタメ業界とかアイドルとかそういうのは労働者犠牲にしてしま

やりがいがあるから

こういう労働問題の真に根深いのは、本人らが若干望んでないってところにある

 

もちろん、1人あたりの報酬水準を保ちつつ質と量を保つには、制作効率化すれば将来できるかもしれない、でも今は無理だ

業界流れる金の量を増やす手も有るが、これも今は無理だし中々難しい

 

それでも若干上手く回ってるかな?という業界を見ると

利益追求プロ業界と、利益度外視アマチュア業界で分かれてるってケースを見かける

あとは当たった時でかいとか

漫画ゲーム最近そのタイプ

 

アニメは1人で作れないんだよな

あと何年掛かるだろう?20年くらい?

2019-08-08

anond:20190808220405

自分が「殺す」だの「ロリ風俗」だの書いてることについては

悪いとも削除されるともおもわなかったの?

 

はてなの昔からいたメインプログラマはもうはてなをやめたよね

デブプログラマってだれのこといってるのかわからない。

はてな法務もだいぶ基準がゆるいほうだと思うけど

字下げ増田は、もし、はてな増田暴力的書き込みばかりになって、

削除などの人手がたりなくなって

プロバイダ責任法上の責任を果たせていないから、

あるいは株主から利益追求合致しないからという理由

閉鎖されることになったらどうするの?

 

実際、はてなハイク、はてなモノリスなどいろんなサービスが縮小の一途だよ

まして増田試行サービスはてなラボとしての位置づけだよ

2019-06-26

anond:20190626105154

勝手に言ってるだけ

自民党右から左である巨大な翼で、いまはたまたま極右寄りの首相なだけで、時期によってはめちゃリベラルだったりする。

簡単定義で言えば右は国内国外を分けて、国内の味方。

左は上下に分けて下の味方なんだけど、今は右が内から金を絞って海外に金ばらまいてるし、左も労働者のっていいながらも利益追求してる。

2019-06-20

anond:20190620194445

いやそれは言葉狩りだろ

だってまさにあんたが説明してる通り、何かへの攻撃意図侮蔑意図なんか全くなかったのに、「この言葉は別社会でのまずいもの連想させる」ってんで取下げたんだろ

そういうのを言葉狩りという

利益追求体としては合理的判断をして取り下げたというだけ

言葉狩り言葉狩りだよ

2019-06-05

anond:20190604223140

最後まで読んだら明確に釣りだったwww

===

えっ会社ってみんなで利益追求する組織でしょ

高学歴を崇め奉る組織じゃないよ

家では金色座布団にのって上げ膳据え膳なんでしょうなー

 

2019-03-28

anond:20190328084523

職場おっさん上司ってその女性みたいな感じで利益追求至上命題にして

あらゆる苦労を部下に押し付けてるわけじゃん。

そんな中で、手間がかかるからとか個人情報がとか言ってもおまどの口でそれいうなんだよね。

2019-03-03

anond:20190302213007

だよね。めんどくさい。だから荒稼ぎも仕方ないと思ってたかちゃんと考えてたってのが意外で本当にびっくりした。

何も考えてなくて利益追求した上で現状なら分かるけど、考えた末に現状なのが驚きという話。

文章下手でわかりにくかったかな。ごめん。

2019-02-24

anond:20190223150633

しか会社学校は非常によく似ている、上下関係同調圧力意味があるのかわからない儀礼義務……などなど、ほぼ同じだ。

しかし、決定的に違う点が一つある

利益追求」という考え方の有無だ

学校では、生徒は先生命令に従って行事に参加させられたり勉強させられるだけで、「学校のために利益お金)を生みだせ」とは言われない。

生徒が何かポカをやっても、たいていは先生または先輩に殴られるだけで終わる。

会社ではそうは行かない、何か所属組織利益損失になることをやると、自分給与から弁済させられたり、即座に組織から追放される

一定以上の勤続年数があれば、素行が悪くても利益を上げている人間なら許容される

学校運動部が勝とうとするのは利益追求に似ているが、直接お金に結びつく行為ではない。むしろお金がかかっていれば選手健康を重視して体罰や無理な練習制限するだろう

逆に言えば、会社では営利精神論を天秤にかけたとき経営者営利に反すると判断した問題改善される余地があるが、学校ではそれが改善されない

そーいう意味では、学校内で生徒に「そんなんじゃ社会通用しないぞ」とドヤ顔してる教師の方こそ、非合理的精神論に陥っている場合がある

・・・ただし言うまでないが、個々の会社ごとの差も大きい

経営者スピリチュアルにハマっている場合など、利益度外視して精神論を重視する会社存在するが、それは会社存在目的としては本道ではないね

2019-02-23

けものフレンズの失敗

メディアミックスIP戦略の話

 

これはアニメけものフレンズ1期の序盤で薄々気づいていたんだけど

けもフレプロジェクトは、昔のメディアミックスに似ている

 

最近メディアミックスは、原作や設定のつながりなどを大事にする

昔のメディアミックスは、同じタイトルなのに作品によってガラッと話が変わったりする

 

これはおっさんならわかるかもしれない

1990年前半までは、漫画アニメというのは1話完結に近かった

適当漫画雑誌を買って、電車で読むとか

適当テレビを見て1話だけ観るとか

そういうスタイルがまだ残っていた時代

 

からメディアミックスも、設定やキャラだけなんとなく同じであとは別物ということが多かった

個人的に印象的だったのは天地無用あたり

その頃は「IPが」という話題はなかったと思う

売れたらアニメ化、売れたらドラマ化、売れたら映画化で、その中身はほとんど別物という感じだったと思う

 

それから2000年に入ってメディアミックス全盛期になってきてもまだ繋がりは薄かった

「ひょっとしたら地続きかも」と匂わせる程度だった

そういった状態だと、当たりとハズレが出るし、アニメは見たけど漫画は見ないとかそういうのが当たり前だった

 

2010年を過ぎたあたりからIPという考え方が出てきた

例えばアニメにハマった人を漫画誘導するとか、グッズを買わせるとか

一個の世界観を作っていろんなチャンネルビジネスを展開し、長く愛されるコンテンツ財産を作っていこうというのが方針

昨今のサブスクリプションブームと大体時期が一致しているし

漫画長編化とも時期が一致している

 

旧来のメディアミックスになくてIPにあるのは「話の繋がりの強さ」、「話のテンプレがある」当たりだと思う

たとえば原作漫画場合だと、映画化してもストーリーは一緒だし設定は大事にする

大事にしないと炎上する)

これは昔だと考えられなかったことだ

子供向けは卒業するものなのでテンプレート型であることが多い

例えばプリキュアプリティシリーズ戦隊シリーズもそうだ

IPは「話の繋がりの強さで他のメディア誘導する」か、「勝ちパターンを作ってナレッジを貯めていく」という戦略が主だと思う

 

その他に模索されてる方法として「同一キャラクター方式」「勝ち作品にのっかる」があると思う

 

その中で一番うまく行ってないのが「同一キャラクター方式」だ

だってこれ、旧来のメディアミックスじゃん!

同一キャラクター方式は見た目と性格は似てるのに、ストーリーや設定の違いが出るので別物扱いされる

視聴者相互交換がないので、作品毎に単独で戦うことになる

当たり外れあるが、業界的には外れが多いので平均すると負けるだろうし、設定の食いつぶしも起きて徐々にやりづらくなる(ソシャゲに似てるね)

 

ここらへん、分かりやすのがアイマスで、「同一キャラクター方式」を捨てて「勝ち作品に乗る」「勝ちパターンを作る」にシフトしたと思う

XENOGLOSSIA2007年。ちょうどメディアミックスからIPへという時代だった)

 

同一キャラクター方式は「擬人化モノ」もその一種だと思う

これは擬人化元ネタに興味を誘導したいのだろうが、うまく行っていない

結局「ストーリーの繋がり」「勝ちパターン」「勝ち作品に乗っかる」のどれかを選択するしかない

 

それでようやくけもフレの話だけど

これまでゲーム漫画アニメ1、アニメ2、舞台、そしてまたゲームが出るが

繋がりが弱い、勝ちパターンがない、というキャラクター同一方式=昔のメディアミックス

けもフレに感じるモヤモヤは、おっさんなら昔懐かしいモヤモヤなんじゃないだろうか?

 

結果的にうまくいってない

アニメ1期が奇跡的に成功したが、その勝ちパターンアニメ2期へ引き継がれず、監督の別作品に生きてしまっている

外注先にナレッジが溜まるという、いろんな業界でみかけるやつだ

 

ついでに何でこうなったか考えてみると

IPそもそも難しい

複数作品整合性を取らなければならない

原作がある場合原作愛で割とどうにかなるのだが、原作がない場合は厳しい

だというのに主導している方々はさほどIPに慣れていないらしい

そしてあまり利益追求で始まったプロジェクトでもないとも書かれている

動物を題材にした100年IPを作りたいという話だった

しかこの記事

https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1488452395

 

というわけで、不慣れな人材によるチャレンジのようなプロジェクトだったわけで

なるようになったのだろうと推測する

 

そもそもの失敗として、利益追求プロジェクトではないのにIPを目指しているあたりがおかしいのではないだろうか?

以下はバンダイナムコIP一覧だが

https://www.bandainamco.co.jp/group/ip.html

見ての通りドル箱中のドル箱

ビジネスサイドに手を抜かないし、クオリティにも手を抜かない

IPってそういうもんじゃないのかな

もし「作りたい作品を」「長く愛されるものを」作るなら、1メディアに集中するべきなのではないだろうか

 

アプリ1の流れを止めて、またアプリを作る

アニメ1の流れを止めて、またアニメを作る

 

これじゃまるで内部抗争が耐えないどっかの銀行システム開発のようだよ

2019-02-11

anond:20190210210506

増田は片付けるほう?

他人に多くを求めすぎではないかな。

生きてる間はかわいがっても、死にかけたらポイ、っていうのはよくある話だし

なによりそういう客目当てに隆盛を誇ってるのがペット屋だからなぁ。

ペット屋がペット買う方のモラルについてきちんと審査することなく売り飛ばすのも、売れれればいいという自分利益追求のためだし

買った方も自分快楽追求のために買っただけ。

どちらも命ある商品をやりとりするにあたって責任を感じることなどないのだから責任感を求めるのは酷だよ。

野良で拾ってきたとかのタダ猫だったら

「これから棄てるけど(または、外に出したら居なくなったけど)今まで世話をしてきた俺ってばすごいイイ奴」って自意識すら持ってるかもしれない。

2018-11-10

anond:20181110114608

「女は一切の利益追求しちゃいけない、みんなが飢えたら焚き火投身自殺して男に食われてろ」と? 

今日自由戦士さんは、自分利益に目端の効かないタイプでシコ権めあてを自白させられてオタクに毛嫌いされちゃったか

女もそんくらいバカであるべきとおもっちゃったのかな・・?

2018-11-05

ドコモ 4割値下げのからくり

賢い増田には必要いかもしれないが、改めて自分の料金プランで具体的に説明する。ポイントは以下の2点。

  • 通信料を」値下げする。
  • 端末割引はなくなる(かも)。

現在プラン
通信量2割引きの場合
通信量4割引きの場合

通信料を値下げして、菅さん意見は聞きつつ、営利企業としての

利益追求も怠らないNTTドコモさん流石です。

2018-10-31

そもそもはてブって儲かってるの?

はてな上場たから当然利益追求シビアになってると思うのだが、

そんななかはてブって儲かるコンテンツなのかね。

何か隙あらば文句ばっかり言ってきそうなユーザーを抱えたところであんま旨味とかなさそう。

からはてなブログとかあえてホッテントリに入らないようにしてるんじゃないか邪推したくなるくらい。

はてブでは蛇蝎のごとく嫌われてる互助会だが、あの人らの方がよっぽどはてな利益もたらしてたんじゃないだろうか。

文句いうだけでカラースターすら買わないようなブクマカーなんかよりは。

開発陣のブクマ機能へのフォローだんだんおざなりになってきているようだが、

フォローするだけに足りるような運営会社としての魅力が、もはやはてぶにはないんじゃないのか?

しろギャーギャー騒いでる連中ほったらかしてたら何か殺人事件すら起こしてきて、

挙げ句運営対応しなかったからこんな事件がおきた」とか、てめーらが散々煽って炎上させてきたことを完全に棚に上げて相変わらずの文句

運営も切れて「あーはいはいわかりましたじゃあidコール廃止ね、あと人気ブコメの表示おかしいけど直す気失せるわ」

みたいな感じになっているのだはないだろうーか。

はてブは、運営にとって、一体どれだけ魅力的なコンテンツなんだろうか???

近々大幅リニューアルするというが、

そのリニューアルではテブがどういう形になるのか、その疑問の答えが見つかるかもしれない。

2018-09-22

リーマン破綻時のチーフエコノミストだったハリス氏は危機前の05~06年ごろのことだったが、ハリス氏はすでに米住宅バブル警鐘を鳴らし始めていた。リーマンモーゲージ住宅ローン)部門が記録的な収益を稼ぎ出し、株価高値謳歌するなかで、勇気のある行動だったといえる。

現在バンクオブアメリカ・メリルリンチグローバルエコノミストを務めるイーサンハリス氏。最近、口をついて出るのがトランプ政権通商政策への懸念だ。6月のリポートでは、米中貿易摩擦が激化すれば「米国は完全な景気後退に陥る可能性がある」と警告。今週はロイター通信取材に答えて「足元の米株式市場は勢いと楽観論に満ちているが、(米中が)関税の引き上げを続ければ、いつか調整が訪れる」と述べた。

目先の利益追求が将来に大きな禍根を残すことを、世界リーマン・ショックで思い知ったはずだ。危機を知る人たちが語り継ぐ教訓は、いまの市場に届くだろうか。

2018-06-16

anond:20180615200910

こいつバカ?上った車両はどうすんのよ?都内のどこに基地作れるんだよ!そもそも車両数も無限じゃないだろうが。鉄道会社だって利益追求してんの。マジレス

2018-06-07

anond:20180607212221

まずは日本内需国家である。輸出依存度は2割にみたない。

それはそうとしても海外進出するなら、共に海外市場開拓しないと日本にとっては不利益国内市場海外解放しているだけ。

そうは言っても企業利益追求第一さら短期的な目線で、生産者のみ海外移転したりする。

そのような会社国内に富をもたらさないので、日本国民としては糾弾する。

グローバリゼーション推進派や世界平和推進派には受けるだろうがね。

搾取なんて言う人はよくわからないが、日本にとっては害悪

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん