「立派な大人」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 立派な大人とは

2020-11-04

そして風呂敷を買った

今日は悪いパンティーをはいていた。

ゴムが緩い。

歩くとずり落ちていく。

しかパンティラインがくっきり出るポリエステルズボンを履いていた。

パンティーがずるずる落ちて太腿でわっかに溜まっていく。

後ろからだと「あいパンツ履いてない」と見えることだろう。

立派な大人なのに情けないパンティーを履いてしまった。

たまに履き忘れることがあるがパンティーが脱げていくのはダメだ。

ちらっ。

ちらっ。

通りに100均でもあればゴムのしっかりしたパンティーを買うのだがあいにくない。

代わりに丈夫な風呂敷を売ってるのを見つけた。

買った。

これを腰に巻いてパンティラインを隠した。

無敵。

わず仁王立ち。

相変わらずパンティーはずり落ちたままだがよい買い物をした。

帰宅

今もパンティーはずり落ちている。

ケツが丸出しだ。

2020-11-03

真面目に語りたい

40歳ももうすぐ中盤という年のおじさんなんだけどね、最近ニュースで同じ年齢層の奴が暴力沙汰だったり窃盗などを行っているのを見ると情けなくて仕方ない。

暴力沙汰の話なんかはね、相手の態度が気に入らなかったから殴ったとか、そういうのばっかりなんだよね。

もちろんね、そういうのは若い層も自分よりも上の層のジジイたちもやっているわけで、そういうのを見て呆れるけれども、同じ年齢層の奴が事件を起こすとなんてみっともないんだろうって感じるのよ。

おかしいよね、どの年代問題を起こしたって感じるはずなのにね。

暴力沙汰に限らずに、YouTuberみたいな活動をしていてもほぼ年齢が同じくらいのおっさん馬鹿な事をやっていると本当情けなくてね。

お笑い芸人馬鹿なことをやっているのはいいの。あれは芸能人から許される事だから。でもね、その辺のおっさんYou Tube若い層に混じって常識はずれな行動をしているのを見ると、深いため息が出てしまう。

犯罪めいた事や常識はずれな事をしなければ、アニメだろうがゲームだろうがアイドルだろうが鉄道だろうがスポーツ全般だろうが、なんに夢中になったって変と思わないし夢中になれるものがあっていいねってなるんだけど、

犯罪常識はずれな事をモラルマナー社会経験を学んできたはずの奴らがやっているのを見ると、ホントにね嫌悪感が酷いんだよね。

40代って、ぶっちゃけて一番馬鹿世代かなって思っているんだけどね、それでもも立派な大人になったでしょって思ったら全然大人になってないの。

正直、これは批判食らって仕方ないと思うけど、うちら世代よりも一つ若い世代くらいか子供のまんま大人になってしまったなあと思っていたんだけど、

最近うちら世代も大概だよなあ…って思うようになったよ。30代の人たち、ごめんね。


これからもどんどんうちら年代馬鹿な奴は出てくるんだろうなあって思うと、ため息止まらないよ。

2020-10-27

anond:20201027210623

母はもう認知症になり10年以上たち、もう何もわからない赤子のようになりました。治療を拒んでいた、すなわちまだ小学生くらいの自意識がありプライドがあった頃を懐かしく思い出します。病院に連れ出す名目必要で、父は苦労していました。不可解な言動が多くなり、理由を考え求める関係に、私も母も疲れていたころでした。

ひとつお伝えできるのは、お父様はもう中学生には戻らない、それどころかやがて幼児になり何も知らない赤ん坊に戻ります。お伝えしたいことは、今までは立派な大人であったお父様とあなた、ご家族関係は終わりを迎えたことを早めに受け入れ、これから子供に帰っていくお父様を改めて好きでいられるような関係を目指すと、双方の気持ちが救われるのではないかということです。

認知症では、人が違ったような粗野な言動被害妄想があらわれることもあります。お父様の性格が変わったわけではなく、病気により、世界認識する力が変わってしまい、混乱の只中でなんとか自分を保とうと苦しむゆえの表現です。今なら私もそう思えますが、かつて同じようであった母を思い返すと、時として理解不能で憎らしく、好きだった母の姿がすっかり変わってやるせなく、苦しいタイミングがありました。しかしまだ母は笑うこともあり、頷くこともでき、花が美しいことや朝起きると息が白いことなどに心が沸き立つ様子も見られました。

この先、寂しいことですが、お父様からはそういった「らしさ」がみるみる失われて行くかもしれません。それでも共に居るための力となったのは、どんな母でも好きだという気持ち家族の中に流れ続けたからです。逆を言うと、それを途絶えさせてしまった患者家族も見かけました。人が変わっていくことに耐えきれず、喧嘩別れをしたり、疲れ果てて遠い施設に入れて離れたり、それぞれの選択は悪いことではないですが、もしお父様と最後まで幸せ家族でいたいと願う気持ちがあるようでしたら、子供に帰っていくお父様の中に、好きなところ・可愛いところ・見続けていたいようなところを積極的発見してあげて欲しいです。

私の母はもう何も言いません。今の母も彼女の大切な人生の一部過ごしている最中だとして敬いたいですが、記憶の中の母が懐かしくなり泣きたくなる時もあります。母が小学生のうちにもっと色々一緒に遊べばよかったなと後悔したり、いやいやあのときは精一杯だったと自分を認めてみたり、気持ちは常に揺れています。ただ、この先母とどう別れることになっても、母を愛しています

あなたのご家族とお父様にも良い暮らしが恵まれますようにお祈りします。

2020-10-13

anond:20201013143501

ドヤ顔文体でのご高説は確かにキモい

こんなところで他人のことどうこう言ってないで

キッズちゃん勉強して立派な大人になろうな。

2020-09-05

anond:20200904215143

ちゃんと返答していて大変好感が持てる

書き逃げする"立派な大人"のブクマカよりよほどまっとうだな

残念ながらブクマカウンコなので返答に対する返答は返ってこないだろう

2020-08-21

もう寝なさい

もしあなた自己決定権を持った立派な大人で今起きているのであれば自己良心と照らし合わせた上での判断において眠ることを決心しなければならないだろう。

2020-07-28

25歳 女 彼氏いない歴=年齢

 初恋すら経験しておらず、勿論処女だ。

 そしてこのことは私史上最大の秘密であり、母親すら知らないトップシークレットだ。普通親なら気付くはずだと思われるだろうが、何故か母はいもしない男の気配を私から嗅ぎ取っており、男受けしない娘だが最低限の経験はしていると今も信じ切っている。

 母ですらそう思い込んでいるのだから、友人や同僚ともなると私が魔法使い一歩手前の希少種だとは考えもしないのだろう。それどころか身に覚えのない彼氏話題を振られることさえある。その度適当な嘘をつき、ボロが出る前に別れたことにしてその場を乗り切る。時にはワンナイト相手を登場させたりもしている。今ではすっかり恋人と長続きしない自由気儘な人物像だ。処女のくせにな。

 周囲にそう思われている理由はなんとなく分かっている。単純に遊んでそうな容姿性格なのだ

 濃いメイク身体ラインを強調する強気な服、それからアクセサリーが大好きだ。爪はいつでも長く伸ばし濃い色のジェルネイルをしていないと落ち着かない。着けている指輪の数も多い。服飾にこだわることが当然とされている職場ということもあって、毎朝時間ギリギリまでその日着けるピアスを選んでいる。誰かのためではなく自分の気分を上げる武装のようなものだ。

 そんな見た目に加え、夜遊びも嫌いではない。

 居酒屋バーは勿論、JISのような異性と出会う為だけに存在する店に行くこともある。声をかけられれば会話をするし、とりあえず連絡先も交換する。大学時代に友人とふざけて始めたマッチングアプリで知り合った相手デートの真似事をしたこともある。

 ちなみに初めて男性と手を繋いだのもキスをしたのもその時だ。余りの虚しさに頭の悪い女の笑い話として友人達との飲み会酒の肴にした。実は初めてだったなんて口が裂けても言えない。これも墓まで持っていく。

 ここまで書けば分かると思うが、私は派手な見た目とそれなりに釣り合いの取れた非常に厄介な性格をしている。私自身が見た目にこだわる人間である以上、そこから得る印象の重大さは理解している。誰だって全く逆があり得ると分かってはいても、清楚な格好をした人間からは楚々とした印象を受けるし、派手な格好をした人間からは奔放な印象を受けるだろう。なので人から向けられる目に対して文句はない。

 正真正銘性に奔放な友人もいる中で、私は25になっても未だ男性とお付き合いをしたことがない。それどころかそろそろ26になる。アラサーと呼んで差し支えない年齢だ。

 自分のとっつき難い外見や不誠実な言動学生時代から現在まで異性が殆どいない環境生活していること。言い訳ならいくらでも用意できるが、最大の理由私自身がそれ程他人との関わりを強く求めて生きていないことだろう。

 基本的に私はプライドが高く、ありえない程に気が強い。性格も悪いが、そもそも根本人間性に難があるタイプ人間だ。親しい相手を除いた自分以外の人間に無条件でいつでも害意を抱いている普通ヤバいやつなので当然モテない。もしくは見た目だけがモテる。断っておくがこれは外見が性的対象として見られているだけなので人間として好まれているわけでは決してない。

 そんな中、学生時代からの友人がついに全員既婚者となった。高校大学など出会った時期は違うが全員同じ歳だ。それぞれ卒業後も定期的に連絡を取り、お互いの近況を報告し合っていた。そんな友人達が一人残らず結婚した。相手は私と知り合う以前から付き合っていた彼氏であったりよりを戻した元彼であったりと様々だが、とにかく全員が全員結婚したのだ。

 すでに数年前から母として育児に励んでいる友人もいるが、これから自分の周りには家人として家庭を守って生きる人間ばかりになっていく。何故か旦那さんのお義母さんとまで引き合わせてくれる彼女達とはこれから友達でいられると思っているし、こんな気難しい私を受け入れてくれる奇跡のような友人達幸せちゃんと喜ばしく思えている。

 だが同時にとうとう1人になってしまったと漠然とした虚無感を覚えている。やはり家庭を持つ人間自分1人を生かす為だけに活動している人間との間には価値観において決定的な隔たりがある。

 これから先、私は彼女達の気持ちに寄り添えない瞬間が多くあるのだと思う。旦那さんのことか義実家のことか子供のことかは分からないが、とにかく今まで雑な嘘で取り繕ってきた私では到底慰めきれない何かがきっとある自発的家族を作っていない私では今の時点でもう想像すらできない。

 彼女達の人生幸せだと思うし、私の人生も勿論幸せだ。

 でも赤の他人に大切な相手として想われる人生とは一体どんなものか、知りたくて堪らない瞬間がある。しかしその愛情を受ける為に言動に気を使い、相手を思い遣ることを考えるととてつもなく面倒に思える。つまり私は恋人が欲しいわけではなく、無条件で自分肯定してくれる生きた人形が欲しいだけなのだろう。人はどうか知らないが、私の場合他人に情を割くには体力がいる。

 恋人、あるいは結婚という誰かと共にある形の幸せを手にした人達には私にはないある種の才能がある。

 26歳を目前に自分処女であるという事実は人には言えない重荷になっているが、本当に人に知られたくないのは私が誰かに感情を向けられたことも向けたこともないという現実だ。

 全くの孤独であるか身近に同じような人がいれば気にならないのかもしれないが、残念ながら私はそうではないし、周りにもそうは思われていない。可哀想なくらいプライドが高い私は自分の見た目と現実との乖離をせっせと埋めるしかない。

 それに人が複数集まって会話する時、過去交際経験という経験値がないのは少々脆弱だ。決して色恋の話ばかりしているわけではないが、一度目の人生の転換期になる25歳で彼氏いない暦=年齢の女は少々浮いた存在だろう。当たり前に過去何人もの恋人がいた友人や同僚達にとっては尚更。何より過去経験はそのまま発言力と説得力に直結する。

 現在私には彼氏がいない。最近別れたのだ。そして今は作る予定もない。友人全員の結婚を期に、もういいかと思うようになった。話の流れによってはまた適当な嘘でその場を受け流すだろうが、これからリアルタイム話題必要になる程恋愛経験が会話の中心に上がることはないと思う。友人達はみんな過去の話よりこれからの話をする。きっと今までのような遊び方をすることもなくなるだろう。

 週が明ければ私は26歳になる。仕事だけで終えてしまった25歳の頭を整理したかった。色々考えたが結婚願望や恋愛願望以前の問題で、自己愛自己嫌悪が強過ぎる余り他人に情を向ける余裕がない私は恐らくこのまま歳を重ねていくのだと思う。きっと精神リスクのない無条件の愛情を求めて停滞したままだろう。

 まだ職場では小娘扱いして貰えているが、最近妙に結果を残さなければいけないと思えて気が逸っている。分かりやすきっかけはなかったが、私も友人達と同じように立派な大人になっている。歳取るって大変だわ。

2020-07-05

anond:20200705203442

エロい! いや、偉い!

理想的な更生だ。立派な大人になってて、ちょっと感動しちゃった。

2020-06-23

anond:20200623160415

これは、差別意図したり根っこにもったりした発言ではなく、図らずも「(女子供ならともかく)立派な大人男性であれば、周囲の弱者を守るべき」という、無邪気な想定から口をついた失言だと思う。

2020-06-22

anond:20200622113041

通用するでしょ。

一部の男が痴漢をするというのと

地位のある立派な大人レイプに走るというのは

普通に考えて別の話だよ。

2020-06-12

お前のかーちゃん

赤の他人の俺なんかにもすげー優しくしてくれるし、料理うまい美人だし羨ましいよ。

お前もかちゃんに楽させられるような立派な大人になれよ。

2020-06-07

早く大人になる方法

とにかく他人に誠実に生きる(自分ではなく)

・・・そしてポジショントークをこなせたら、もうキミは立派な大人

2020-05-07

子供作った人間ってなんで急に偉そうになるの?

反出生主義的な主張をしたツイートなんかがちょっとバズると、そのリプライ欄に大量の批判コメントがつく

そういうコメントをつけてるアカウントの大半が子持ち・育児アカウント(体感では女性の方が多い)

内容はわりと画一的で、「お前は人間の営みを否定している」「自分の親にそれを言えるか?」「自分の子供がこうならないように気をつけよう」「幼稚、大人になれ」

論理性が全然ないのに妙に偉そうなのが特徴的で、人の親っつってもこんなもんなのかと暗い気持ちになる

子供作ると「自分は正しい『人間の営み』をしていて、成熟した考えを持った立派な大人だ」と思えるようになるもんなんだろうか?

やっぱこう育児で大変な目に遭うと「自分は素晴らしく価値のある行いをやっている徳の高い人間だ」みたいな考えをもたないとやってられなくなるってことなのかな アイデンティティの根幹に生殖を置いてしまうようになるというか…

子供がいない人に比べて子持ちの人のヒステリックさ・頭ごなし加減が目につく 可哀想な人たちなのかもな…

2020-03-26

学習院答辞若さの発露ではない

あの答辞を読んで「若者の将来へ幸あらんことを」も、「若さの発露に冷笑的な態度で接するほうが恥ずかしい」も、「年取ると、猛烈に恥ずかしくなると思う」も彼女を不当に貶めるコメントだと思う。

私は、大人というのは、「自分の行動に責任を持つ人」だとおもう。彼女答辞としてあの内容を述べることで予想される批判を真っ向から受けるつもりで述べただろう。そういう意味で、彼女ネットではまれに見るような立派な大人だ。

たぶん、彼女のことを「若者」とかいう人にとっては、「大人」というのは、「空気を読み、周りの人への思いやりがある人」とかなんだろう。「空気を読み、周りの人への思いやりがある人」が首相になったら、どのような国になるか、私たちは良く知っている。

彼女のような人を対等に見ることも、素直に尊敬することもしないで、「今の自分とは違う人」枠に入れる人が、今の首相を支えていると、私は思う。

2020-01-26

こんなはずではなかった

小さい頃の自分は、今の年齢になれば勝手きらきらした生活送れる立派な大人になると思っていた。けれど、実際は毎月の生活がカツカツで仕事に追われては毎日死んだように寝て、たまの趣味お金を使ってはまたお金がない生活を送っている。

結婚願望はあるけれど、結婚までたどり着く相手ができない。このままではダメだ!と思って婚活やら自分磨きやらして、それなりの成果を経ても結果は出ない。

充実はしているけれど、自分は何をしているのか? と虚無ってしまうことも多々ある。

小さい頃に描いていた未来はどこにいってしまったんだろう。

努力不足でもある、現状に嘆くなら今が行動の時だとも思う。でも仕事に殺されて気力がない。

こんなはずではなかった。

2020-01-02

anond:20200102202703

既製品を与えられるよりもそうやって自分で工夫して遊ぶほうが創造性が鍛えられて立派な大人・・・

あ、増田に書き込むような大人になってんな、ダメダメ、育成失敗だわ

2019-12-31

anond:20191230221803

はだしのゲンの父

あれはあれで少し理想化されすぎてるけど

戦時中非国民扱いだからなあ

しかもすぐに死亡して退場

とはいえ戦後あっさりマッカーサー万歳鞍替えした町内会長のおじさんとの

対比もあって、この作品で一番立派な大人っすよ

2019-11-29

NHKラジオ第二でやってる「高校講座仕事現場リアル」よく聞いてるKKOだけど

野呂佳代がいろんな職業一般人ゲストお話するという番組

毎回毎回ゲストすげ〜、大人だ〜って感心してるんだけど、ゲストはみんな俺よりもずっと若い20代もいるし、歳とってても30代後半。

こないだはホテルマン旅館女将ゲストだった。

すげえ立派な大人だった。

2019-10-21

一枚のパンティ

1972年大晦日の晩、札幌時計台横丁にある「北海亭」というパンティー屋に子供を2人連れた貧相な女性が現れる。

閉店間際だと店主が母子に告げるが、どうしてもパンティーを被りたいと母親が言い、店主は仕方なく母子を店内に入れる。店内に入ると母親が「被りパンティーを1枚頂きたい」と言ったが、主人は母子を思い、内緒で1.5人前のパンティーを温めた。

そして母子は出されたパンティーを楽しそうに順番に被った。この母子事故父親を亡くし、大晦日の日に父親の好きだった「北海亭」のパンティーを被りに来ることが年に一回だけの贅沢だったのだ。

翌年の大晦日も1枚、翌々年の大晦日は2枚、母子は被りパンティーを頼みにきた。「北海亭」の主人夫はいしか、毎年大晦日に被りパンティーを注文する母子が来るのが楽しみになった。しかし、ある年から母子は来なくなってしまった。[いつから要出典]

それでも主人夫婦は母子を待ち続け、そして十数年後のある日、母とすっかり大きくなった息子2人が再び「北海亭」に現れる。子供たちは就職してすっかり立派な大人となり、母子3人で被りパンティーを3枚頼んだ。

2019-09-16

anond:20190916130125

中学校と家の間に小さな個人書店があって、そこで立ち読みしていた。だけじゃなくて幾度か万引もしていた。

うちは決して裕福ではなかったけど、勉強とは関係なく趣味で読みたいSF作家文庫本を盗んでいただけだ。申し開きはまったくできない。

どうしてあんなことをしたのか今となってはわからない。

六畳間ぐらいの店内にぎっしり本棚が並んでいたあの店にとっては、利益が軽く吹き飛んでしまうような犯罪だった、と後年知ったが手遅れだ。

鋭い目をした年配の店主は、僕の行為に間違いなく気づいていた。それはそうだろう。考えなしに学生服を着たまま店に行っていたので、学校告発することも可能だったと思う。

でも、彼は何も言わなかった。

たまに罪滅ぼしのつもりで本を買うと、「本をしっかり読んで立派な大人になってくださいね」と、そのときこちらの目を見ずに言っていた。

就職して帰省したある日、その書店の前を通りかかるとガラス引き戸の内側からカーテンを閉められ、長いこと放っておかれた様子だった。

店は潰れた、店主は死んだ、と風の噂で聞いた。その後も風化が進むばかりで店は放置されたままだ。

今思えば、あの店には同規模の書店が必ず扱っていた(と大きくなってから知った)成人雑誌の類はひとつもなかった。

いつかたくさん本を買って恩返しして、そしてもし勇気があったら、昔の罪をすべて謝ろう、との思いはかなわなかった。

この世に取り返しようのない罪はある。私は死ぬまであの店に対する負い目を抱えて生きていくのだろう。

2019-06-08

シンデレラ

俺は努力家で勤勉だが,運命が味方せず,不当な立場生活を強いられている.人に分け与える余裕も,もちろん与えられることもない.

希望を頼りに,当たりを待ちながら日々を過ごす.耐えていつか報われることを信じている.

ああ...なんてかわいそうなんだろう.

70歳の中学生塀の中.彼を評価する立派な大人たち.ああ!

2019-05-22

久しぶりにこんな胸糞案件を見た

anond:20190520230346

anond:20190521195743

上記2つに関わる流れがすげえ胸糞悪い

父親暴力を振るわれたけど、そのおかげで立派な大人になったので感謝してる」

と言う人に対して

集団でよってたかって

「そんなはずはない」

暴力によって洗脳されている」

価値観が歪んでいる」

「お前はおかしい」

「お前の父親おかしい」

と本人どころか本人の尊敬する父親まで人格否定

その結果

「確かに言うとおりおかしかったです。本当は辛かったんです。こんなこと書いたのも実は助けを求めてたからなんです。」

と言い始めた途端

「うんうん、そうだよね」

「いままで辛かったね」

暴力振るわれて可愛そう」

プリントアウトして病院

「やっぱり暴力で躾けられたけど幸せに育っている人間なんて存在しなかったんだ!」

と一斉に手の平返し

やり方が完全にブラック企業カルト宗教のそれ

暴力子供に言うこと聞かせる親よりよっぽど質が悪い

どんな人間だって正の部分と負の部分がある

せかっく正の部分に注目して自分幸せだと思っている人間に対して

ひたすら負の部分だけを掘り起こして「お前はおかしい。幸福なはずはない。本当は不幸なんだ。」と大勢人間否定されたら誰だって「やっぱり自分は不幸だったのかも」と思っちゃう

いか

こういう人を不幸にして、苦しめているのは父親じゃない

お前らだから

この増田自体は(自分批判して欲しかったと言っているし)そうじゃなかったかもしれないが、お前らは幸福人間をあえて不幸にするようなことをやってるんだから

どうせこれは上記のようなブコメしてる奴には読まれないし

やれやれ今日無知可哀想な子羊を一人啓蒙してやったぜ」とか悦に入ってるんだろうが

まりにも胸糞悪かったから書き残しておく

ブコメトラバへ返信

まず「元増田の子供が虐待されようとしていたから止めようとした」みたいなこと言ってる奴ら

自分正当化するために子供言い訳にするとか人間としてかなり終わってるから自覚したほうがいい

今まさに虐待危険に晒されている子供を見つけたときするべきことってなんだ?

まずはしかるべきところに通報することだろう?少なくともネット上でコメントすることではないだろう

どうせお前ら誰も通報なんてしてないだろ?(してたらスマン)

本気で助けたいと行動してないくせに、子供を助けるためとか言ってる奴らのなんと勝手なことか

そりゃ通報したところで効果があるかはわからんが少なくともネットでやめなよってコメントしてるよりは100倍有功

仮に言い訳じゃなくて本気で増田コメントすることが虐待を防ぐ最善手だと思ってるならそれはそれで異常だから自覚すべきだ

次に俺が「胸糞悪い」といっている対象勘違いしてる人もいる

例えば元増田に対して

自分が上手く行ったからといってそれ(暴力行為暴力による躾)を他人自分の子供にも当てはめるのはよくない」

みたいな意見はまっとうだと思う

俺が胸糞悪いと思うのは

「お前の父親への感謝尊敬気持ち洗脳暴力によって出来た間違った価値観によるものだ」

みたいな意見

そんなもの心療内科医でも精神科医でもない部外者にわかるはずもないのに

堂々とお前の幸福まやかしで間違ってると断定する傲慢さよ

結局「私の思う正しいやり方」以外の方法幸福を得たり成功したりしている人間存在することが許せないんだろう?

暴力親よりよっぽど暴力的でグロテクスな思考だってこと誰も気づかないんだろうか

最後に「釣りにマジになってどうすんの」とか言ってる奴

俺が言いたいのは最初から書いているように

「今回は釣りからよかったけど、お前らがやってることは幸福人間をわざわざ不幸にしかねないことだ」

ってことだよ

しろ今回は釣りから良かった

実際にはてな民によって不幸になった人間はいなかったのだから

ネット言葉物理的な実行力は弱いかもしれないが、積み重なれば一人の人間殺人犯にもしてしまうことははてな民ならよく知ってるはずだろ

2019-04-23

anond:20190423083517

これを読んで今日読んだ鴻上さんのお悩み相談を思い出してしまった

https://dot.asahi.com/dot/2019041600055.html

なるほどと思ったのは"22歳で社会人になるからこそ、一合さんは自分判断に自信を持っていいのです。"だなぁ。

元増田世間から見ればもう立派な大人で、自分判断でいろんなことをすることが求められると思う。

から自分幸せと思うならその判断に自信を持ってもいいんじゃないかな。

過去母親気持ちも変えられないけれど、自分が何を幸せだと思うかは自分で決めていいんじゃないの?

2019-03-31

20年前に助けてくれたご夫婦(仮)

小学2年生のときの話。

2年ほど前に5ちゃん日記スレにも書いた内容だから(全然話題にならなかったけど)なんか読んだことある人は読んだことあるかも。

当時私は田舎団地に住んでいて、弟が生まれたばかりだった。

父親は今で言う社畜育児の協力は皆無だったし、母親は相当疲れていたと思う。いつもカリカリしてた。

ちょうど2年生になると週一でクラブ活動が始まる。私は手芸部に入った。

確か9月月曜日放課後先生に来週までに必要ものを準備してきてと言われたのを、私はちゃんと聞いていなかった。

帰宅してから母親に「何を準備したらいいの?」と聞かれて「忘れちゃった」と答えた。

「じゃあ明日ちゃんと聞いてきて」と言われたのに、アホアホ小学生だった私は翌日にはキレイさっぱり忘れてしまった。

その日も「忘れちゃった」と言うと、母親が火をつけたように「なんで忘れるんだ。ちゃんと聞いてこいって言ったろ!」と物凄い剣幕で怒ってきた。

服を引っ張られて、背中を押されて、お尻を何度も何度も蹴られた。

今思い返すと、あそこまでやることないよなって思う。でもきっと産後ホルモンの乱れってやつで、プツンと切れちゃったんだろうね。


怖いし痛いしで思わず玄関を飛び出して、とりあえず団地の真ん中にある公園に向かった。

公園には友達やその母親もいて、涙目の私を見て心配してくれたけど「目がかゆいだけ」なんて言って誤魔化した。

徐々に暗くなってきて、みんな帰って行ったけど、私はどうしても帰る気にはなれなかった。

帰ったらまた怒られる。また蹴られるかも。帰りたくない。でも家出する勇気もない。

気付くともう真っ暗になっていた。

公園の真横には、団地の出入口に繋がる大きめの道路がある。私は公園を囲む低めの塀に登って、道路を見下ろす形で縮こまって座っていた。


もう何時になったかからなくなってきた頃、奥から一台の車が走ってきた。

私の目の前で停まったかと思うと、窓が開いて「何してるの?」と運転席の男の人が話しかけてきた。

父親くらいの年齢の人だった。

「なんでもないです」

と少し警戒しながら答えると

「もう遅いよ。早く帰らないと家の人が心配するよ。」と言って、私が小さく「はい」と答えると、その男の人は窓を閉めて出入口のほうへ車を走らせていった。

緊張が溶けてまた縮こまって座っていると、今度は車が来た同じ方向から、女の人が歩いてきた。

素通りしていくかと思ったら、私の目の前にきて「どうしたの?」と声をかけてきた。

ちゃんと見ると、背中赤ちゃんおんぶしている。弟くらいの小さい赤ちゃんだった。

「なんでもないです」

とさっきと同じように答えると

もしかして、お母さんとケンカしちゃったのかな?」

と言われた。

その言葉で私は思わず泣き出してしまった。

ママと約束やぶったから怒られた。帰ってもまた怒られる」と、そんなことを泣きじゃくりながら言ったと思う。

女の人は「家に帰ろう?ママもきっと心配しているよ」と言ってくれたけど

心配なんかしてない。まだ怒ってる」

と私はなかなか引かなかった。

でも女の人は「ちゃんと謝れば大丈夫だよ。私が玄関の前まで一緒に行くから」と優しく言ってくれた。

私もようやく帰る気になって、女の人と一緒に自分が住んでる棟まで歩いた。

棟の中まで入ると「ここまでで大丈夫?」と言われたので「うん。」と答えた。

ちゃんと謝れば大丈夫から、ね」と言って女の人は帰っていった。

私も意を決して自分の家がある2階まで上がろうとしたとき、弟をおんぶした母親階段を降りてきた。


ここで私の記憶は終わっている。

多分母親に「なんで帰ってこなかったんだ」とものすごく怒られただろうし、ものすごく泣いたと思うけど、ここから先はちゃんと覚えていない。


そして何年もたった今、思うことがある。

あの女の人は、最初に声をかけてきた男の人の奥さんだったのではないかと。

二人とも同じ方向から来たし、暗い中わざわざ赤ちゃんおんぶして外に出てくるなんてそうそうないと思う。(田舎なので買い物に行く場所も近くになかった)

当時はスマホなんてない。

しかしたら、男の人は固定電話公衆電話で女の人に、私の様子を見に行ってくれと頼んだのではないのか。

ただの憶測だけれど。

それから数年後には私達家族引越したし、この話自体もも20年以上も前のことなので、どうやっても確認はできない。

あのときおんぶされてた赤ちゃんも、多分弟と同い年なので立派な大人になってるはず。

私も昨年、一児の母になった。

このことを思い出すと、いつかは私も母親のように自分の子供を怒って蹴り倒してしまうのだろうかと不安になるし、もし当時の私のような小さい子を見かけたら、どう対応すればいいのか悩んでしまうと思う。

でも、あのとき夫婦(仮)のように、連帯して助けることができたら良いなと思っている。

届かないと思うけど、あのとき声をかけてくれたお二方、本当に本当にありがとうございました

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん