「女性解放運動」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 女性解放運動とは

2021-09-26

今の日本フェミニズムに対する素朴な疑問

例の騒ぎで、今の日本フェミニズムは、女性容姿に対して制限をかけようとしてるように見えるわけだけど、今の日本フェミニズムは、昔の女性解放運動(平塚らいてうとか)とで反対方向に走ってるのはなんでだぜ?

女性である私は「フェミニズム」と聞くと、後者イメージを求めたくなるんだが、これって間違ってるんだろうか?

2021-09-21

anond:20210920092539

タリバンは、イスラム教の急進派の一派。

フェミニズムは、少し複雑だけど17世紀の市民革命起源とした女性解放運動ルーツとなっている。

カトリック派のキリスト教否定するとともに、信教の自由思想が成立する。

18世紀のフランス革命では、新たに人権という新しい価値観も生まれた。

フェミニズムを含めた欧州近代社会には、人権信教の自由がある。

しかタリバンにはそのどちらもない。

にもかかわらず、フェミニズムタリバンが同じ思想を持ってしまっている理由については謎だ。

17世紀の市民革命は、イスラム教と同根であるキリスト教のもの否定はしなかったということだろうか。

2021-08-15

女子スポーツ選手給料

女子選手給料が安いのは差別ではないか? というのは割と定期的に話題になる。

これには構造的な問題があり、多くの競技男子競技人口より女子競技人口の方が少ない場合が多い。

競技人口が少ないので助成金などの割当が少なくなりがちで、競争による競技レベルの向上が起こりにくくスポンサーも付きにくくなる。

この競技人口が少ない事への原因に女性差別的な要素があるのではないか? という指摘が昔からある。

女の子スポーツなんてしなくていい」「ああいう野蛮な競技女性がやるべきではない」といった家族社会圧力がそうさせているのではないか? という指摘だ。

元々女性スポーツという命題女性職業選択と合わせて、女性解放運動の根幹を担ってきたものでもある。

女性保護されるべきだ」という考え方が「だから女性仕事スポーツなどすべきではない」と変化し、女性の行動の自由が著しく制限されてきた歴史がある。

そういった行動の制約からの開放こそが女性解放運動の本質であり、女子スポーツ選手給与問題もその文脈の延長線上にあるものだという事は理解しておかねばならない。

無論、単純に女子スポーツの人気が無く収益性が低いという面はある。

しかしその原因に女性差別的な要素が含まれている以上、そこは是正する必要がある。

また性差を抜きにしてもスポーツ選手給与格差は問題を孕んでいて、引退後のセカンドキャリアなども含めて幅広い議論を進める必要もあると思う。

女性スポーツ選手給与問題女性だけの問題だと捉えると色々と見誤るのだ。

2021-08-11

最近はてな匿名ダイアリーでここまで感銘を受けた日記は滅多になかった。素晴らしい。

anond:20210810181919

これまで見たフェミニスト自称している人の中でもここまで潔い人はそう見た事が無くて好感が持てる

はっきり申し上げておきます部落差別より女性差別のほうがひどい。上記にあげたような苛烈差別事例を知った上で言うことです。その理由ひとつに無徴の存在である部落民に対して女性は有徴の存在であり、部落差別から逃げるために素性を知られてない遠方に引っ越すという手段もあり実際多くの人がそうしていたようですが、女性女性であることから逃げる手段自殺しかありません。

男性男性から降りていい~とかそんなに男が嫌なら性転換手術でもすればいいのでは?みたいな無茶振りする人を比べたら大分潔い

女性女性であるから逃げられないけど男性はいつでも逃げられるじゃんってスタンスなら知らないけど

から一歩出るだけで醜いおっさんジーロジロ品定めここから逃げる手段ないんすよ

これも偽善者ルッキズムエイジズムだ言われそうだけどまあ女性から見たら醜いおっさんってはっきり言って死んでほしい存在だよね

なんだかわからないけど女性差別問題は怖いから少しでもセクハラと誤解される表現自主規制しよう、万が一表に出てしまったら即座に責任者の首とばそう、そんなふうになってくれたらいいのにと夢見て泣きそうになります

近年フェミニズムの影響で少しずつそう変わりつつあるのでフェミニズム成功していますね。

女はやさしさや思いやりといった(あえて言いますが)宿病をかかえています。それは先天的ものか、それとも後天的ものか、両方だろうか?とにかくフェミニスト自称する人たちすら、女性は優しくなければ、人の気持ちが分からなくてはという教条に縛られているので、そういう人たちと肩を並べて武力闘争可能かどうかはあやしいものです。ねえ、やりすぎは良くないよやめよう、とお目目ウルウルのいい子ちゃんが必ずまざってしまい男たちはそのすきをついてくる気しかしません.

やさしさというのは女たちが生まれつき体に埋め込まれた起爆装置なのだろうか?差別に抗戦しようとした瞬間、それは作動し、女の体は爆発四散するのでしょうか?

フェミニストはありとあらゆる差別と戦い弱者に救いの手を差し伸べる庇護である」みたいなスタンスを表明しているせいで足元を掬われている活動家の人は少なくありませんね。

これが貴方のように「女性差別問題以外には興味ねえんだよ!」と割り切ればそうはならないのに、今度は同胞である女性から差別主義者とかエゴイストだの言われるのが辛い所というか。

それで思い出したけど水平社=部落解放同盟は徹底したシングルイシュー在日朝鮮人差別して反省しなかったり、男と女で日当に差をつけて差別してたという話も聞きますイシューを抱え込まないことがやはり運動成功秘訣ひとつであったのかと感じます女性女性というだけでやはりシングルイシューはいけないといった脅迫をされます。色々な差別問題に敏感ではなければいけないような圧力にかかって、あらゆる差別に眉をひそめなきゃなんないあの感じ、全ての弱者のために涙しなきゃいけないような義務感、女だから聖母を求められてるんですよね。それもバー死ねでございます女性差別以外知ったこっちゃねーでいいんだお

フェミニズムLGBTとくっついたのは良くなかったと思いますね。そのせいで変態男を女子トイレ女性更衣室に入れて良いか否かというどうでも良い事でもフェミニスト同士が争う事になってますし。

実際黎明期フェミニストというのは女性差別以外はどうでもいいと思っていたか成功した所はあると思うんですよ。昔の女性解放運動の先導者が黒人差別はいけない黒人にも自由を!なんて言ってたと思います

解説文でだんなさんが男社会のなかで女性としてうけていた差別があったか部落問題に熱心だったのでは的なことかいとるけどんじゃー女性差別問題に集中すればよかったのでは、女なら自分当事者である女性差別問題に注力すればいいのに、しろよと思ったし、そうすべきだろがいすら思うんだが、そういった、正しくない女柴田の正しくない思いで発刊された、正しくない存在である力作のこの本によって後世の人間である私が歴史を知ることができたわけで、そしてこれは間違いなく後世に保存し読みつがれるべき大名著なんです!!!

アンビバレンツな感覚分かります柴田氏は差別される部落民女性というだけで差別される自分を重ねて共感したのが行動力の源だったんでしょうけど、部落なんてどうでも良いか女性のために動くべきだったんです。

現在フェミニスト自称している人間達は女性だけでなく男性性的少数派も救う!と聖女ぶっているのが各所で嫌われている一番の理由ではないかと、本当にそう思います

ところで今更なんですが、元増田さんの文章女性ありがちな自分を良く見せよう、常に綺麗でありたい、加害者になるなんて絶対に有り得ない」という女性ならではの意思が見られないんですが、ひょっとして男性だったりします?

2021-08-10

anond:20210810181919

やっぱり権力もなにもあてにならずとにかく徹底的に相手に恐怖という根源的感情を植え付けて支配するしか対抗の方法は無いのかな

あなたと同じようなことを考えた榎美沙子中ピ連をやっていたけど消えちゃったね。女性解放運動における失敗例で負け組、というのが一般的評価ではないか

一方、方向性は榎と同じようでありながら、世渡りと金けがうまい上野千鶴子東大教授上り詰め、ベストセラー印税で儲け、退官後は高級タワーマンションと別荘で悠々自適の老後を送っている。女性解放運動における勝ち組と言っていいだろう。

差別するやつをただびびらせればいいというのはアホの発想。結局は経済力がないと差別から解放されない。もちろん権力必要。人を操縦する器用さも必要あなた頭脳でそれができるかな? あなた文章、失礼ながらあんまり頭良さそうに見えないけどね。

2021-06-24

知の巨人立花隆先生

知の巨人立花隆先生によるウーマン・リブ批判

 文化人類学者たちの報告によれば、現代においても、アマゾンとまではいかなくても、女性上位の社会はいくつか存在するようであるしかし、地球上の大部分の社会では、我々の社会のように、男性上位になっている。これに不満をいだく一部の女性たちが、最近ウーマン・リブとやらいう運動をはじめて話題を呼んでいる。ウーマン・リブとはウーマン・リベレイション、つまり女性解放のことである

 だいたい女は男にくらべて脳細胞の数が少ないせいか(日本人場合、脳の重さの平均値・男1372.9グラム、女1242.8グラム)浅はかさと愚かしさをもってその身上とし、それがまた魅力ともなっているのだが、浅はかさもここまでくれば、いささか許しがたい。

 女性解放運動というのは、昔から禁酒運動と同じくらいポピュラーで、同じくらい成功率が低いものである理由簡単禁酒を望む酒飲みと同じくらいの比率しか解放されたいと願う女性がいないからだ。

 ウーマン・リブ指導者にはくやしいことだろうが、大多数の男が男らしくありたいと望むように、大多数の女は女らしくありたいと望んでいる。

 ある日、男らしくない男たちが大同団結して、男らしさが、侵略反革命を支える。男らしさの返上。男らしさの基準で男の優劣をきめる社会に怒りをたたきっける」とわめいてデモりだしたとしたらどうだろうか。あるいは、突然豚に知恵がついて、豚らしさの返上。豚らしさの基準で豚の優劣を決める社会に怒りをたたきつける」と、ブーブーいいだしたらどうだろうか。

 女性特有思考様式は、現実無視して議論を展開することである

 現実第一。原始、古代社会においては、母権社会アマゾン社会がかなり存在したにもかかわらず、いまは見る影もないということ。これが意味するものは、女性上位社会は、人間社会史において自然淘汰された不適応社会であるということ。社会不適応性は、その社会体制維持のために、どれだけのエネルギー必要とするかにかかっている。

 歴史上、女性は抱く女から抱かれる女へなることによって自己解放をなしとげ、現に解放された存在なのであるウーマン・リブ志向しているものは、一種先祖帰りでしかない。それはフランス王統派と同じくらいアナクロである

 ウーマン・リブ幻想をかたちづくっている現実無視の第二は、女性生理的にも心理的にも、抱くよりは抱かれることに適しているのだということに目をつぶっていることにある。人間生殖器官の構造機能を一べつしただけで、生理的に、男性能動的、女性受動的にできていることがわかろう。

 心理的には、女性心理学第一人者、ヘレーネ・ドイチェが指摘するように、女性特性ナルシシズム受動性の二語につきている。しかし、不幸なことには、ごく一部の女性は、正常な女性心理の発達を阻害されて、抱かれることより、抱くことを望むようになる。

 マリー・ボナパルトは、正常な女性は膣型であるのに対し、この種の精神的不具の女性は陰核型であるという。陰核は発生学的にいって未発達のペニスである彼女たちは、膣という素晴しい道具を持っていることを知らずに、陰核がペニスなみでないという点に欲求不満を持ちつづける。その結果は、真のオルガスムスをついに味わえないという結果になる。

 ウーマン・リブは、一夫一婦制を、女の性欲求の封じ込めと非難するが、これは彼女たちが精神的不具者であることを公表しているようなものだ。正常な女性の性心理からは、女性が自ら一夫一婦を望むものであることは、あらゆる心理学上のデータ証明している。

 多淫な女、複数男性を望む女は例外なく冷感症、不感症なのであるオルガスムス不全がニンフォマニアウーマン・リブを生むといっても過言ではない。女性が真に解放されたいと望むなら、早くオルガスムスを味わわせてくれる男を見つけることだ。そしてそのときオルガスムスを味わうためには、女は抱くことより、抱かれることが必要なのだということを忘れないことだ。

 立花隆文明の逆説 危機時代人間研究

知の巨人立花隆先生による井田真木子著「プロレス少女伝説」評

 「プロレス少女」はどうでもいいことを巧みに書いた典型のような作品である

 私はプロレスというのは、品性と知性と感性が同時に低レベルにある人だけが熱中できる低劣なゲームだと思っている。そういう世界で何が起きようと、私には全く関心がない。もちろんプロレス世界にもそれなりの人生模様がさまざまあるだろう。しかし、だからといってどうだというのか。世の大多数の人にとって、そんなことはどうでもいいことである

 大宅壮一ノンフィクション賞発表 文藝春秋 平成3年5月

2021-04-12

働く女性・専業主婦・風俗嬢を広く救えるフェミに戻ろう

男女雇用機会均等法(1986)で「女性社会進出」というフェミニズムの具体的課題一定の達成を遂げた後、主流派フェミニズム売れっ子研究者達は社会における女性表象批評男性批判など、より抽象的な男女差別の話に目を向けるようになっていった。それはそれで大事なことだと思うけど、女性貧困というリアルテーマについては結果的に徐々に主流派フェミニズムから言及されなくなった。1990年代には『ふざけるな専業主婦』の石原里紗彼女フェミニストではない)が火を付けた「専業主婦論争」というのもあったけど、このとき専業主婦についてのフェミニズム側の評価ははっきりしないまま下火になってしまった。私見では、当時の主流派フェミニズムでは専業主婦というのは「間に合わなかった人」の扱いだったような気がする。女性みんなが(男性並みの待遇給与で)働く女性になれば、女性生活をめぐる諸課題は解消に向かうけど、いま専業主婦をやっている人達はそれは難しいかもしれませんね、でもシャドウワークにも価値があるんだからちゃん評価しましょうね、みたいな。認めてるけど結果的バカにしてる、みたいな。

女性貧困」というテーマについて地道に調査研究していた女性/男性研究者達はその後もずっといたけど(後述)、そういった人達上野千鶴子小倉千加子のようなスター研究者になることはなかった。当事者の声では、自分の知る範囲だと、専業主婦たちによるオルタナティブフェミニズムの読み解きをしていた「シャドウワーカー研究会」が、そうした主流派フェミニズムに対して同人誌模索舎とかで売ってた)で非常に辛辣な指摘をしてた。最近だと『ぼそぼそ声のフェミニズム栗田隆子もこの系譜に連なるものだと思う。

あと、もうひとつ女性貧困と密に関わるテーマとしてセックスワーカー問題があるけど、これも主流派フェミニズムでは微温的な取り扱いのままだった。SWASH要友紀子さん(『売る売らないはワタシが決める』)ほかワーカーの当事者運動が出てきて、ようやくフェミニズムの界隈でもそれなりの認知を得た形だけど、未だに主流派フェミニズムにとってさほど重視されているテーマとはいえない。特に地方女性支援センターみたいなとこに巣くってる公務員フェミニストは毛嫌いすることも多い。

いまは働く女性専業主婦セックスワーカー、みんなを支えるような「お金労働の話をするフェミニズム」が求められてるんじゃないか。これは新しいフェミニズムというより、伝統的なフェミニズムへの回帰だ。かつて山川菊栄というものすごい女性解放運動家がいた。明治まれで、山川均の妻で、戦後労働省の婦人少年局長をやった。母性保護論争で与謝野晶子平塚らいてうの論争に乱入して歯に衣着せぬ論理的批判で両方ともノックアウトし、ついでにモブ役だった伊藤野枝までボコボコにした驚異のつよつよフェミニストだ。後期江戸文化についても造詣が深く文化史家としても評価されているがそれはまた別の話。このひとはもともと社会主義者だから女性労働問題というのを生涯のテーマにしてきた。戦前家事育児社会化を主張し、60年代日本高齢化社会について警鐘を鳴らし、70年代北欧福祉政策を紹介した。未来学者としても卓越していたんじゃないかと思う。

その彼女名前を冠した山川菊栄賞という賞があった。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%B7%9D%E8%8F%8A%E6%A0%84%E8%B3%9E 受賞者の研究テーマをみれば、決して社会的には目立たなくても、さまざまなかたちで「社会的に弱くある立場女性たち」に注目して課題を掬い上げる実直なフェミニズム女性学の伝統がみてとれる。声の大きいスター研究者にも山川菊栄精神に立ち戻って、具体的に実践的に女性生活を良くするような取り組みに力を貸してあげてほしい。

あと「弱者女性弱者男性のどっちがしんどい」みたいな議論は、ぶっちゃけ言えば低付加価値寄りの労働者階級が男女でいがみ合ってるだけで、どっちが勝っても勝った側がすごく得するような対立じゃないと思う。抜本的に良くするには、横(異性)から取るより、上(上の社会階級)から収奪されてるものを一緒に取り返したほうがいい。幸いこれからしばらくは働き手は不足し続ける。労働運動の軸では弱者女性弱者男性は協力できる部分もある。ミソジニー持ちのクソ男やそれを再生産する社会構造のことは批判しつつ、それでも「もらってない人間」同士で連帯していったほうがいいんじゃないかと思う。

anond:20210412131854

2021-03-19

フェミニストはいい加減ツイフェミ排除したほうがいい

概要

性差別容認しない人がフェミニスト、いわゆるツイフェミミサンドリストなどの性差別者。

②ツイフェミフェミニストではないし、フェミニストはツイフェミ=性差別者を容認できないはず。

フェミニストがツイフェミ排除しない、しようとしない限りフェミニストの一部として見られる。これはフェミニストにとって不利益。だからツイフェミフェミニストではないという主張を大々的にすべきではないか

 ここでいうツイフェミSNSフェミニストを名乗りながら差別的過激な主張、活動を行うものを指す。

本文

 フェミニストとして物申したいんだけど、いい加減ツイフェミフェミニストとして切り捨てたい。

 いや、ツイフェミフェミニストと違うことなんてここでは当たり前のことだと思う。なんにでも噛みついたり、クソリプ飛ばしたりする頭のおかしい人ばかりじゃなくて、真面目に性差別を無くそうと取り組んでいる人がいたり、自分からは動かなくてもそれに賛同して活動に参画したり、声は上げずとも自分だけでも変わろうと思うまともなフェミニストがいるのは、まぁはてななんて見てる人は知っているだろう。しかし、世の中はそういう人ばかりじゃない。

 ツイフェミフェミとついてる通り、フェミニストを名乗っている。フェミニズムは女性解放運動なんて捉えられがちだけど、男女同権、男女平等が根源の主張であって、男性差別するためのものではなく、これも等しく容認できないはずだ。

 ツイフェミフェミニストは違い、同様に見られてはならない。しかし、世の中の大半はツイフェミのような声の大きく目立つ頭のおかしい主張を見て、フェミニストフェミニズムを誤解してはいないだろうか。それはフェミニストにとって大変に不利益なことではなかろうか。

 そのために私は、フェミニストを名乗りながら異性を攻撃する輩を、そろそろ本格的に排除しなければならないと考える。少なくとも、フェミニストはこれを容認しないという動きを見せるべきだと考えている。

 もしかしたら私が知らないだけで、そういう動きはすでにあったのかもしれない。でも、私はそれを知らないので、多分あったとしてもあまり大きなインパクトは無かったのではないか。もし有名な活動としてあれば、私が無知であるとして教えて欲しい。

 

返信

フェミニズムは一人一派だよ。 フェミニストを自認している人のメッセージ全てがフェミニズムのメッセージだよ。 女性のことを思う同志を斬れなんてまともな提言とは思えない。

フェミニズムを自認しながら性差別をおこなう矛盾した存在フェミニストか。

そしてこれをフェミニストという枠に置くことは容認できるのか。

女性のこと"のみ"を慮るのは同志ではなくないか

私がおかしいのか?

2021-02-14

anond:20210214175417

物凄く難しい事なので実戦出来る人は殆ど居ないと思う

女性解放運動に限らず人権の獲得を目指す運動は「ちゃん人間として見られていない人が人間として見られる事」を目指しているので

フェミニズムは「人間として見られていない」とされている女性が「人間として見られる」という本当に解決されるか難しい目標のために活動しているらしい

2020-11-04

anond:20201104071702

スカートが短くなって脚を見せるようになったのは、女性解放運動が起きた19世紀後半以降なんだ。

保守的な人なら、19世紀後半より前のように、くるぶしまで脚を隠すロングスカートか、パンツスタイルになるよ。

2020-11-03

アツギ問題女性に対する性的抑圧の表れ

アツギタイツの件、女性同士の争いに男を巻き込まないでほしい

https://anond.hatelabo.jp/20201103083818

女性同士の争い、と言ってしまうのも正確じゃない気がするんだけどね。

まりにも酷いブコメが多かったので絶望しながら書く。

はてフェミ・ツイフェミ典型的だが、ここで真に問題なのはセクシー女子イラスト100%男性の性欲を満たすためだけのもの」という思い込みだ。

女性セクシーさは男性のためのもの」「男性向けエロ」と言い換えても良い。

この思い込みがどこから来るのか。「そういった(性的な)もの女性自身の意思で好むことは断じてありえない」という偏見からやってくる。

これは家父長制的な「女はおしとやかでなくてはならない」という規範の押しつけと密接な関係がある。

そもそもフェミニストとは女性解放運動のことじゃなかったか?というのは置いておいて。

ブコメで見られる中でも、いくつかのパターンがある。

例えば、シンプル性嫌悪に近いもの。最終的には個人の感想なのである程度仕方ないものと思うが、物言いはもう少し工夫の余地があっただろう。

cinderella0720 喪服はスカートしか持っていなくて、防寒でタイツ+厚手の毛糸パンツ履いているけど、それもレズ女たちは興奮するの?気持ち悪い。

masanoT 女同士だからって大丈夫と思っとんのか、勝手に腕組んできたり胸や脚触ってきたりしてキモい同級生がいたの思い出したわ。男女どちらでも、されたくない事はされたくないんだわ。



問題なのは以下のコメント群だ。『男性向け』『男性目線の内面化』などと揶揄したもの

男性向け』という言葉には、『女性向けではない』という強烈なジェンダー意識内包されている。

differential いつまで、生物学的に女性なら男性目線にはなり得ない、と勘違いしてるの?

zyzy 「黒人奴隷を売ったのは他の黒人から白人が買っても奴隷制度は白人のせいじゃない!!」みたいな言い分。この言い分が出てきたら、根底には差別がある案件である証拠な。差別主義者の定型句

kazoo_keeper2 その女性広報なり女性絵師なりが内面化した「可愛らしさ」って、誰かさんにとって都合よくないですか?そういう美意識って何処で吸収するんだろ?先日、小さな娘が「女子ピンク」って言い出したブクマあったけど…

ghosttan 男性社会の中で男性価値観に過剰に適応した女性たちの末路という感じ。中の人性別じゃなくて、何をメッセージとして発信したのかで語ろうよ。

RRD まんこのついたおっさんなんだろうよ

hib3 周りの女友達見ても思うけど女のオッサン化って結構見られる事象で、自分ちょっと引くような所がある。これから性別を盾に批判するのではなく、個人として批判するべきじゃないか

kusigahama 「私は男性向けエロも好んで消費するけど女性向け肌着の売り方としては間違ってるだろ」って主張してる女性はこの人には見えてないのかなぁ。男は直接関係しないけど、そもそも批判されてるのは男ではなく企業だよ

ちょっと甘い物を出すと「こんなもの女子供の食べ物だ」とキレ散らかす旧世代オッサンと同レベルだ。

今の若い男子抵抗なくタピオカドリンクを飲む。

それはおかしいことか?「甘いもの好きな女の価値観内面化されてる哀れな男」って言うか?

いい加減分かれよ。もうそういう時代じゃないんだ。

そりゃあんたはターゲットじゃないかもしれないが。「あんたがターゲットじゃない」のであって、「全ての女がターゲットじゃない」とは限らないだろう。

「Not for you」なんだよ。

実際にこの広告を好ましく思う女性の声も上がっている。

tissue55 私は女ががエロくて何が悪いと思ってるし、タイツストッキングを履いた脚は美しいと思うので嫌悪感は感じないんだけどもなー

xsinon 私も性的な絵が好きな方の女史なので気持ち悪いと感じる女性が当たり前みたいに論じてるフェミ界隈が逆に気持ち悪かったりする。お気持ち発言不毛だわ。



最後に、象徴的なコメント引用する。

snobbishinsomniac 担当女性かどうかではなくて、必要もなく男目線に媚びるような宣伝はやめれという話。この会社女性を男に媚びる存在に押し込めたいのかな。そういうメッセージが出てることに気づけ。

そもそも男性目線がどうであろうと関係ないのだ、本来は。喜ぼうが嫌がろうが、基本的にはタイツを買うメインの顧客じゃないんだから

だいたい、「絶対男性を喜ばせたくない」という並々ならぬ執念はどこから来るんだ。それは単なる男性嫌悪じゃないのか。

なぜ、男性と同じようにセクシーイラストを好む女性(この場合ツイッター担当者の女性)だけが「男に媚びている」扱いにされてしまうんだ。

2020-10-31

https://anond.hatelabo.jp/20201030233616

フェミニズム思想から運動へ変容した とはよく言われるが

日本においては 女性解放運動と結びついて 女性を主とする団体運動と合流してしまったわけ

で旧来の女性を主とする団体といえば‥‥で宗教保守母体団体フェミニズムを名乗ったりしてる歴史があるわけ

フェミニズム自称しながら社会規制を是として個人自由抑制しようとするのはこういう流れがあったのも一因やで

2020-08-25

anond:20200825155500

フェミニズム女性解放運動なので、萌え絵批判とは必ずしも結びつかない。

ある表現について、批判するフェミニストもいれば、しないフェミニストもいる。

ある表現について、批判するオタクもいれば、しないオタクもいるようにね。

2020-03-07

ふと思ったけど、もし石川優実が「KuTooは女性解放運動」ということにこだわらず、男も巻きこんでもっと大きなムーブメントを作ることに成功していたら、ひょっとして偉人として歴史に名を残してたかもしれんな。

その世界線では、靴だけでなく制服自体過去のものとしてほぼなくなっていたりするかも。

2020-02-23

「ご主人」「旦那さん」「奥さま」に代わる相手パートナー呼称

伝統的に「夫婦」と呼ばれてきている関係性について、事実婚同性婚ステップファミリーからポリアモリーに至るまで、あらゆる多様性社会的是認すべきとの意識が──おそらくは電博広告代理店がらみであろう──逆に「多様性を認めなければならない同調圧力」とも受け取れる風潮にまで高まるにつれ、最近では夫を「旦那(さん)」「(ご)主人」「亭主」、妻を「奥さま」「家内」などと呼ぶことも憚られると聞く。なんでも、知り合いの知り合いのアメリカ帰りのフェミニストによれば、それらには主従関係が含意されているから、代替として日本でも「パートナー」と呼ぶべき、と提唱しているらしい。

かに男尊女卑は良くないし、近代女性解放運動婦人参政権運動には敬意を抱きつつも、だかしか現実我が国日常会話で唐突に「ところでお宅のおパートナーさん最近お見かけしないわねえ」などと切り出そうものなら、日米パートナーシップ協定ことなのか夫婦関係ことなのか混同されるリスクも相まって、こちらの気が触れたのではないかと勘繰られても文句は言えまい。

どうせ横文字を使うならdarlinghoneyぐらいが洒落っ気もあって妥当な線だと思うが、何でもアメリカにならえではどうも釈然としない。第一文化的多元度が高く、発した単語が一人歩きしがちなアメリカと違って、ここはハイコンテクスト日本社会なのだ、仮に字面に「主」が現れていようと、特定宗教語源があろうと、そこに女性を蔑む意図のない文脈であればどんな呼称を用いようが受容できる社会こそダイバーシティだろうに、とは個人的偏見だろうか。

とはいえ、今後「ご主人」「旦那さん」「奥さま」などと呼ばれることに拒否反応を示す人が増えることも見込まれる。試みに類語辞典検索をかけてみると、男性には「宿六」がヒットしたが、女性側に主従関係から独立したフラット呼称は見当たらなかった。もっとも、男女の区別をしている時点でまだまだ私もフェミニストの標的になりかねないので、以後、男女問わず「宿六」の呼称を用いて行くべきかとも思う。

2020-02-18

前にどこかで「女性がどんな格好をしようが自由。それを性的な目で見る男が悪い」って言説を見かけた気がして、なるほどフェミニズムってロックだなと思ってたんだけど、 

今回のみかんポスターの件にこれを当てはめるんなら、「ポスターがどう描かれてようと自由」だけど、「透けてるーー!」って野次るようなオタクがいたら説教、みたいになるんかなあ。

そもそも(言われてみればそう見えることは否定しない作画だけど)実際には透けてないしそういう意図のものでもないし。

だけど現実的に「透けてるーー!」って騒いでるのは自称フェミさんで、結果として撤去されたらしい。

これは「女性解放運動」の観点からするとどうなんだろう?

フェミニズムって、「公共の場にふさわしくない」みたいな女性への圧力反旗を翻したものじゃないの?

2020-02-09

フェミニスト仮想敵が50代以上のおっさんじいさんなので、それ以下の若者フラット感覚とはズレがある。

フェミニスト自身も古い時代に取り残されてしまっている。

差別主義者が10歪んでいるとしたら、フェミニストマイナスの方向に10歪んでいるのであって、もはや0の位置には戻れない。

いまの若者世界では、学校でも女性解放運動男女雇用機会均等法を習ってきてるし、フィクションでも働く女性や戦う女性が当たり前になっている。

たとえば「別にパンプスなんて履かなくてよくない?むしろ何で履いてんの?」というのが大半の若者意見だと思うが、

フェミニストには「女性パンプスを履かせようとするおっさんしか見えてないので、

若い男性に対しても「おまえだってパンプス履かせようとしてるだろ!」といった態度に出てしまう。

若者にとってはフェミニスト差別主義者も古い時代怪物しかない。

2019-12-10

anond:20191210122804

自分が気に入るか気に入らないかというより、最初に言った通り

「「私の個人的お気持ち」を、女性解放運動であるフェミニズムに含んでいいの?」の事なんだよな

個人的感想フェミニズムと必ずしも同じ方向を向いているのかは疑問ではある

「私はフェミニスト!だから私の言う事は個人的でも主観的でもぜーんぶフェミニズム!」でいいのか

それでいいならフェミニズムってこええなって思うけど

anond:20191210115940

お気持ち」は無かった事にはならないにしたって、要するに結局ただの個人的感想だろ

それをフェミニズムっていう大義名分に乗せちゃって大丈夫?って事が言いたいのよ

「私の個人的お気持ち」を、女性解放運動であるフェミニズムに含んでいいの?本当に?

2019-11-19

フェミニズム男性からの開放を意味するのか?

フェミニズム女性解放運動なので男性からの開放を意味するのは分かる。

男性社会」で抑圧された女性男性から解放される。

ならば、「男らしさ」を求められて苦しんできた非モテ男性

同じように男性から解放される筈だということだろう。

果たしてそんなに単純なことなのだろうか。

まず、フェミニズムは「男らしさ」を否定しているのか。

肯定しないだけで否定はしないだろう。

同様に「女らしさ」も否定しないだろう。

それは果たして開放と呼べるのだろうか。

非モテ男性自律を促しているだけで、単なる自己啓発に過ぎないのではないか

一方でフェミニズム男性に「役割」を課している。

代表的なのが「フェミニズムについて考える」だろう。

これは暗に「考えないこと」を拒絶している。

自発的な行動を促しているようであり、それを強制しているようでもある。

空気を読む日本社会において、これも「性役割」と言うのは

決して行き過ぎた考えではないのではないか

フェミニズムは本当に男性も開放すると言えるのだろうか?

2019-11-12

anond:20191112111501

昭和女性たちのほとんどは、苦痛しかない婚姻に縛られていた。

ようやく女性が気軽に一人で生きていける時代が来つつある。

女性解放運動の先人たちに感謝しかない。

2019-11-03

日本フェミニズムの死

昨今の『自称フェミニスト』の発言を見る限り、残念ながら日本フェミニズムは完全に死んだ物としか思えない。

そもそもフェミニズムとは『不自由だった時代女性解放』『性的自由を求めた自己決定権』を求めたいわゆる『自由を求めた人々の運動である

しかし、今日本で唱えられている主張はやれ『アニメ漫画規制しろ』だの『公共的な場所に性を想起させるものを置くな』だの、真逆の主張を続けている。

これは、日本で唱えられているフェミニズムが全て『ラディカル・フェミニズム』(急進的女性主義なのだが、これが一般的イメージの『女性に優しい社会を作ろう』というものと全く違く、それどころか真っ向から敵対している主義であるのが原因である

『ラディカル・フェミニズム』の最終的な目標は『結婚や家庭自体廃止』や、『男性社長役員廃止』『男性向け性的サービスの完全根絶』等『社会の根幹的な物自体改革』が目的活動である

しかし、海外ではこの主張は全くと言っていいほど受け入れられていない少数派、それどころか海外では主流の『リベラルフェミニズム』とは真っ向から対立している集団である

なぜ、海外では受け入れられないかというと、この『ラディカル・フェミニズム』の主張者の多くが『キリスト教原理主義団体』や『白人主義』等の胡散臭い団体所属しているからだ。

何故、普通な真逆差別主義者が『フェミニスト』を名乗っているかというと、内容をすり替えて行けば自分たちの主張を通しやすくなるため、その下準備として『女性』をシンボルに掲げているに過ぎないからだ。

(例:性的アニメ漫画は見ていて不快から自粛しろ黒人は見ていて不快から自粛しろor性的な物が公共の場にあると問題が起きる⇒〇〇教の物が公共の場にあると問題が起きる)

そのため、『ラディカル・フェミニズム』の主張者は『問題が起きる前に撤去しろ』『表現思想自粛しろ』という主張は行うが、実際に風俗営業を行っている女性賃金向上や男性の家庭への参画(いわゆる主夫)、風俗営業を行ってる女性への職業あっせんなどの現実問題への活動は全く行っていないのが特徴だ。

何故なら彼らor彼女らの目的は『女性解放』ではなく『自分差別しているもの排斥簡単に行える社会』の実現であり、その足掛かりとして女性を利用しているに過ぎないからだ。

では何故日本だけはこの『ラディカル・フェミニズム』がやたら根付いてしまっているか、というと日本奴隷として扱われた時代が無いため『白人主義』への嫌悪感が少なく、宗教観が薄いため『キリスト教原理主義』を唱えられてもピンとこないため、そういった胡散臭い団体隠れ蓑としてピッタリだからである

また、いわゆる『純血主義』が根強い国でもあるため、『自分と異なる物は徹底的に排除したがる』という国民性も『ラディカル・フェミニズム』にはプラスに働いてしまっている。

要するに『自分理解できない得体のしれない物は差別排除しても問題ない』という発想が根底にあるため、過激言動や行動が容易に取れてしまうのだ。

いじめ問題もこれが根底にあるが、本題ではないためは割愛する)

さて冒頭で『日本フェミニズムは完全に死んだ』と言ったかというと、かつて女性自由を求めて戦った『女性解放運動』は今主流となっている『ラディカル・フェミニズム』の真逆であるリベラルフェミニズム』の運動からである

かつて政府社会から規制されていた『表現自由』や『性の解放』を求めて運動していた人々の名だけ借りて、今は『表現規制』と『性の抑圧』を求めて運動しているのが今の日本フェミニズムなのである

現在フェミニスト活動が活発になればなるほど、日本過去差別的な社会に戻っていくだろう。

いや、既に一部は戻っているのかもしれない。

長々と書いたが、フェミニストの大好きな『海外フェミニスト意見』を持って締めくくりたいと思う。

法学者でもあり、アメリカ自由人権協会初の女性代表で、アメリカで最も影響力のあるフェミニスト、ナディーン・ストロッセンの言葉だ。

ポルノやり玉にあげる検閲は、性差別暴力を減らせない。本やメディアを求める男性層と性差別暴力を行う男性層は全く異なるからだ」

この言葉意味をよく考えて『何を守りたくて活動しているのか?』をもう一度よく考え直してほしい。

2019-01-12

「男体への恐怖」を正当化する差別主義者多すぎやばい

トランス女性への根源的恐怖感はスルーされていいわけ?」(anond:20190110110456)のブコメメタブ差別主義者多すぎてやばい

これ、書き方は悪いかもしんないけど気持ちはわかる。相手が強いから怖いっていうのはちょっと違くて、例えば女湯に小学生男児が入ってきたら嫌なんですよ。男の子は何歳まで?とか話題になったりしたことあるよね。

トランス女性男性じゃなくて女性なんですが。なんで男の子の話が出てくるの?(もちろん身体的に男の子であってもシス男性とは限らないのだが)

差別を無くすにはLGBT以外の人間犯罪被害に遭っても仕方ない。我慢しろ」とか言ってるホームラン馬鹿がいて笑った 女は黙ってレイプされてろってか? どっちが差別主義者なんだか

当たり前だけどLGBTの人も性被害に遭うし、もっと言えばトランス女性シス女性よりも性被害に遭いやすいという統計があるんだよねえ。トランス女性女性専用スペースから追い出そうとする人は「トランス女性は黙ってレイプされてろ」と思ってるってことでいいの?

あと犯罪被害に遭った人が訴えるとか反撃するとかを否定してる人どこにもいなくない? 犯罪を犯していないトランス女性排除するのはおかしいって主張してるだけで。この2つの区別がつかないならそりゃもうご立派な差別主義者ですわな。

恐怖云々は置いといて、身体的特徴で分けるべきと思う派。(ただし身体的特徴で分けてしまうと半陰陽の人は救われないんだけれども。)現在システムに内心の性別を適合させるのは、運用が難しすぎる。

身体的特徴で分けたら「おっぱいついててちんこがないけど性自認男性で男の格好をしている」人が堂々と女子トイレを使うようになるわけだけど、「ちんこついてておっぱいがないけど性自認女性で女の格好をしている」人が女子トイレに入ってくるよりそっちの方が安全だという感覚がまるで理解できない。

この話題痴漢や専用車両のあれこれと一緒でそもそも問題は変質者なのに結局全部女性側に被せられてるのが見ててもやもやするわ 黒人置換えで女性白人側に置くのまで同じ(T女性をどっちと言いたいわけではない

対立軸は「女性男性」ではなく「シス女性トランス女性」やで。シス女性トランス女性との対比では間違いなく白人やで。

トランス女性レズビアンレイパーかいるかもしれないしな。全ての人が全てを受け入れるのは無理だし、この不安はあって当然だと思う。

シス女性レズビアンレイパーとかもいるかもしれないし、もっと言えばヘテロセクシュアルシス女性でも他人に加害しないとは限らないので、シス女性にも不安を感じた方がよいのでは?

中国人犯罪を犯したら「中国人恐い」と言いつつ日本人が犯した犯罪では「日本人恐い」と言わない人みたいな。犯罪者と自分たちを同一視されないっていうのがマジョリティ特権なんだよね。

高校男子トイレの前に何故か良くいる下級生がいて僕がトイレに入ると後からついてきて隣から股間凝視してくるということが何度かあって怖かったのを思い出した。そういうのは我慢しないと差別になるんだろうか。

迷惑行為をする個人を警戒するのと迷惑行為を「するかもしれない」とある集団をくくって排除するのは全然違う話だと思うんですが差別主義者にはこんな簡単なことがわからないんですかね。

日本人うざい。死ね」みたいなこと言ってる韓国人のAさんがいたとして「このAさんという個人クズだな」と思うのは正当だけど「韓国人クズだな」と思ったら差別だしそれを口に出したらヘイトスピーチでしょ。

脊髄反射で善人面する輩が多いな。若い女性が「性自認は男です」と男湯に入ってこられたら俺は嫌だけど。公衆施設身体的特徴と性自認のどちらを優先すべきかは、ポリコレ棒で一発殴って解決するほど簡単じゃない。

性自認が男ならその人は若い男性だろ。胸がふくらんでてちんこがついてなかったとしても。

こういうこと言う人って、結局トランス女性男性を「女/男じゃない」って思ってるんでしょ? だったら性自認尊重するフリなんてやめてそう言えばいいのに。自分差別主義者です、って。

なんで批判されてるのか。女湯に男体が入ってきたら発狂するわ。ただでさえ少なくない女は男体に痴漢されまくって常時厳重警戒態勢なのに。女湯の時間削ってLGBT専用の時間に充てるってんなら賛成するよ。

数十年前の南アフリカとかアメリカ南部かに行ったら喜々として人種隔離を支持してそう。そもそもLGBT意味わかってなさそうなのもウケる(Gがなんの略だと思ってるんだろ)

難しいなあ。とりあえず肉体が女性ならいいんじゃない?女湯にちんこはまずい(同時に男湯にまんこはまずい)でいいと思う。性欲の満足感以外でそこまでして銭湯利用したい気持ちもわからない

あったかいお湯に浸かってリラックスしたい、っていうごくごく普通の願望がトランスジェンダー主語にした途端に「下心がないならなんでわざわざ銭湯に行きたいの?」って言われちゃうの、典型的差別主義だよね。トランスジェンダーが湯浴み好きでなにかおかしいのか。

いつものフェミ叩きが男性恐怖症の意見フェミ意見をごっちゃにして嬉々とフェミ叩きしてる。本当は誰も感染していなかったハンセン病とは違い実際の風呂トイレ性犯罪被害にあった人が多数泣き寝入りしている

それ、悪いのは性犯罪者じゃん。性犯罪を犯していないトランス女性排除されてよい理由はどこにあるの?

これってはてなーには男性が多いから、男のことが怖い女性結構多いということが理解されてないのだと思う。あと女湯とか女トイレに見た目が男の人が入ってくるのは普通に恐怖だよ。

twitterだと女性の体に生まれ女性ボーイッシュな格好で女子トイレに入ったら警備員呼ばれた事案みたいなのがちらほら報告されてるわけだけど、その女性は髪を伸ばしてスカート穿くべきだったのかな? 女性解放運動の精神はどこにいっちゃったんだろう。

実際的にこういうケースがあるんだよな… トランスジェンダー受刑者女性刑務所で性暴行カレンホワイトのケース https://1ovely.com/transgender/ /嬉々としてフェミ叩き女叩きしたいだけのブコメトラバの嵐だ

はいはいカレンホワイトtwitterで「私は女子トイレシス女性に加害されたことがある」という証言が出てきてるんだけど、カレンホワイトがいたかトランス女性排除するのに妥当性があるというならシス女性加害者がいた以上シス女性女子トイレから排除すべきですね?

ブコメ

zyzy なら「かつて殺人した者への恐怖で次も殺すかは分からない殺人者を拉致監禁する差別正当化するな」で刑法が要らないし、家に鍵かけるのもアウトだし、国境がある事自体外国人への差別なので国自体を無くさないとな

個人属性区別がついてないの典型的差別主義者の思考やばいし、犯した罪に対する刑罰と防犯と称して罪を犯していない人を排除することとの区別がつかないのもやばい。頼むから人権とか差別かについて学んでくださいと言うしか

type-100 「工事済みでないと女湯には入っちゃ駄目」ぐらいは仕方ないと思うけどね。それ超えて属性個人混同してたり、開き直って我が儘を言う連中は流石にね。

風呂場の外で女性として生活している未オペのトランス女性風呂場だけ男性側使えっていうのも理不尽だよなって思います。仮に女性友達に対してカミングアウトしていて、一緒にお風呂に入れる仲だとして、未オペってだけで「はいじゃあ友達と別れて男性側行ってください」ってのはあまりに酷でしょう。

まあ、だから多くのトランスジェンダーの男女は「オペするまで公衆浴場自体に入らない」(anond:20190111030811)って選択をするんでしょうね。それは実生活を円滑に回すための我慢なのだろうけれど、そうやって一部の人にばかり我慢を強いる構造を我々は差別と呼ぶわけで。

mumero "そうやって一部の人にばかり我慢を強いる構造を我々は差別と呼ぶわけ"<これ違うと思う。一部を尊重するために大部に我慢を強いるだけの構図でなく、お互いが納得するようなあり方を一緒に模索するのが大事だと思う。

一部を尊重って、別に特別扱いしろとは言ってないんだけどね。「トランス女性女性なんだから女湯に入る権利はある」って言ってるだけ(もちろんトランス男性男性である以上男湯に入る権利がある)。

少数派が多数派と対等に扱われることで多数派が不満を感じるのだとしたら、その不満は差別なので我慢してくださいとしか言えない。差別感情我慢することは市民として当然の嗜みでしょう?

rirukarinka 女湯に関しては「女に対して生殖可能な体」を置くのがまずいとして、性自認証明としてのオペと、オペ済みであれば区別しないことが許容ラインなのでは/不本意生殖をされる恐怖をトランス女性は持ってるのかな…

生殖可能だろうが不可能だろうが性暴力は脅威だろうと思うんだが、想像力ないにもほどがあるでしょ。性犯罪者は月経の有無を確認した上で女性を襲ってるわけ? 何度も書くけど、トランス女性だって暴力に遭うんだよ。生理の来ていない幼女被害に遭うように。子宮を摘出した女性被害に遭うように。彼女たちは望まぬ妊娠危険がないから恐怖感を一段低く見積もるべきだとでもいうの?

RIP-1202 全裸でくつろいでる時にチンコついてる人に襲われたら妊娠させられるリスクある。チンコ付きがなしに襲われても妊娠はない。その1点。見た目ガチムチおっさんでもチンコなかったら別に怖くはない。

妊娠リスク」を基準女性を分けるのなら、いっそのこと「妊娠できる人専用」とでもすればどうか。未オペのトランスジェンダー女性のみならず初潮前の女児とか閉経した老婆とか卵巣を摘出した若い女性とかが排除されるかもしれないが、「妊娠可能性の有無」がそんなに重大な問題ならその線に沿って分けるのがいちばん合理的」だろう。

妊娠できなくても襲われれば痛いし苦しい? そうだね、知らなかったかもしれないけど、トランス女性も襲われれば痛いし苦しいんだよ。なんで自分たちが女湯でトランス女性に襲われる心配はするのに、トランス女性が男湯で男性に襲われることは心配しないの?

sysjojo 男体のトランス女性とフリをする男の見分けがつかんのが怖い、ってのが大きいと思ってたけど。 理解たからといって納得できるかは別とは思うけど。 知ってる人ならまだしも銭湯リラックスできなくなりそうだねぇ

それ、「ゲイが同じ銭湯で入浴していたらケツを掘られるかもしれない! 怖くて入浴できない!」っていうのとどう違うんですかね。まあ、その差別感情を表に出さないなら別に構いませんが。

zire この話題女性の分断を目論む一部の扇動者がとことん悪用しそう。商売目的の人、ストレス発散目的の人などにおもちゃにされ何一つ良い結果を生み出さず終わりそう。よくあるパターンとはいえ非常に不愉快

女性を分断しているのは「トランス女性は女湯に入るな!」「トランス女性は『女』ではない!」と主張する一部のシス女性と一部のシス男性なんだよね。

tamtam3 生物的特徴のオスメス判定で良くない?と思う…精神100%オスメス、きっちり別れてる人間なんて居らず大半はどっちつかず。となれば精神的オスメス判定は、オス成分○%メス成分○%の存在無限存在しかねない…

生物学上のオスメス判定にもグラデーションがあるんだけど。半陰陽とか知らない?

aquatofana 「シス女性トランス女性の対比」はその通りだけど、トランス女性権利を守った結果シス女性権利侵害された場合、今度は出生時の性別によって女性の間に差別生まれる。から両方を配慮せなならんのでは。

トランス女性女子トイレや女湯を使ったとしても(というか、現に使っているんですが)、シス女性女子トイレや女湯を使う権利は何一つ損なわれません。黒人白人と同じ施設を使っても白人権利が何一つ脅かされないのと一緒ですね。不愉快? ああ、それが差別感情ってやつですわ。今後のために覚えておくといいですよ。

「今度は出生時の性別によって女性の間に差別が生まれる」って、いや既に差別はあるんですが。シスジェンダートランスジェンダーあいだにね。まさかトランスジェンダー差別されてないとでも思ってたんです?

vkara 男体への恐怖じゃなくて、トランス自称して加害を目論む男が入ってくる隙ができることへの恐怖。だからと言ってトランスまで追い出そうとは思わないけど対策必要

これほんと不思議なんだけど、なんで「トランス女性自称してシスヘテ男が入ってくる隙ができる」ことを心配する人たちは、「トランス男性自称してシスヘテ男が入ってくる」ことを警戒しないの?

仮に「生物学的な性に従ってトイレ風呂を使うべきだ」とするじゃん。トランス女性男子便所使うようになったとするじゃん。

そうすると、必然的女子トイレや女湯の脱衣所にトランス男性が入ってくることになるよね?

シスヘテ男の性犯罪者が「トランス女性のフリ」をしようと思ったら、女装とか色々としないといけない。でも、「トランス男性のフリ」なら準備は何も要らないんだよ。「心は男なんですけどトイレは生まれ性別の方使わなきゃいけないんで」って嘘をつけばそれで済む。どっちの世界が男の犯罪者にとって都合が良いかは明白でしょう。

ちなみに、トランス男性ってこういう人たちも含むからね。

https://en.wikipedia.org/wiki/Buck_Angel#/media/File:Buckangel_cowboy.JPG

https://en.wikipedia.org/wiki/Chaz_Bono#/media/File:Chaz_Bono_by_Gage_Skidmore.jpg

こういう人たちが、生まれつきちんこがないというだけの理由で堂々と女子トイレや女湯に入るのは怖くないの? トランス女性を怖がる人たちの「怖い」の基準わからん

smoothtooth 手術前のトランス男性で、男湯に入りたい人は少ないだろう。危険だし不快な目に合う可能性が高いから。手術前のトランス女性も同じなら、それは「差別する女」以前に「加害する男」の問題では。なぜ女だけの話に?

自分のことを女性だと思っている人が男湯に入りたがらないって、当たり前では。女だから女湯を使いたい以上の理由必要だろうか。

go_kuma 例え言ってることが正しいとしても、言い方がな。攻撃的な物言いは反感を買うだけで聞く耳を持たれない。もっと優しく諭して欲しい。反感を煽るのが目的なら話は別だけど。

トーンポリシング」で検索検索ゥ!

トラバ

銭湯温泉の女湯には女性だけじゃなくて女子児童未成年の子供たちもたくさん入浴してるんだよね。

そんなところに男性器がついた方がいるっていうのはどう考えてもダメだと思う。

これは男体が怖いとかそういうことではなくて、心に傷を背負わせる可能性があることなんだよね。

未成年トランスジェンダーのことはどうでもいいの? 彼ら彼女らは手術できる年齢に達していないから手術しようと思ってもできないんだけど。「お前は『本当の女』ではない、だから女性施設を使ってはいけない」と言われるトランスジェンダー児童の心の傷はどうでもいいの?

だいたい、低年齢のトランス女性女子児童だろうが。そうやって都合よく「女性」「女子からトランスジェンダー女性排除するなよ差別主義者、って話なんだけどね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん