「底なし」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 底なしとは

2022-09-26

プログラマーを名乗ったら恥ずかしいレベルよりもネットワークエンジニアを名乗ったら恥ずかしいレベルの方が先に絶滅しそう

Meraki とか関連ソリューション見て思ったけど Twitter には底なしバカがたくさん居てまだ大丈夫そうだなって思いました

2022-09-09

https://itest.5ch.net/medaka/test/read.cgi/iga/1628492495/

0120 名無しさん名無しさん 2021/08/25(水) 02:49:25.46

今まで仕事した中小出版社はみんな尊重してくれるいい担当さんだったけど

大手は全員変人プライド高い連絡遅いだった

偶然なのか大手は基本おかしい人が多いのか

ID:2WH6/cDd0(1/3)

0121 名無しさん名無しさん 2021/08/25(水) 09:13:24.39

大手で「こんな人いませんよ感情移入できませんよ」と言われボツになった話を他社に持って行ったら掲載された

自分のことを描いた漫画のようだ」と言う感想が大半でシリーズ化した

いるんじゃん

大手に勤められる人はそれなりに恵まれてるからピンと来ないんだろう

ID:Pk//G74ZK

0122 名無しさん名無しさん 2021/08/25(水) 10:30:38.35

大手は連絡遅いしいつも上から目線病みそうになった

ID:Km4pfNDZ0

0123 名無しさん名無しさん 2021/08/25(水) 11:02:08.12

121

すっごいわかる

育ちがいいっていうか狭い価値観の中で生きてきたんだろうなって担当がいて

ずっと否定され続けたけど他社ではちゃん理解してもらえた

編集者なら自分感性じゃなくて読者目線で考えてほしいし

そもそもいろんな作品に触れて視野広げてくれよって思う

ID:O0DYe4wz0

0124 名無しさん名無しさん 2021/08/25(水) 11:17:43.20

自分大手メール1行で没にされたネーム他誌で絶賛されて掲載になった

売れて見返してやりたかったけどそこは中小出版社から部数も少なくてダメだった

悔しい

ID:2WH6/cDd0(2/3)

0125 名無しさん名無しさん 2021/08/25(水) 14:46:58.71

大手音信不通にされてうやむやに切られたので

他のところでそこそこいい成績出したら、またその時の担当が別部署経由で連絡来て

そのいい成績だしたやつの二番煎じやろうとか言われた

現在お世話になってる所に不義理出来ない、って断ったら

デビューさせた恩返ししろとかチラチラ言うし…

切って捨てたのはどちらでしたかねえ?

ID:refZnf+o0

0126 名無しさん名無しさん 2021/08/25(水) 17:01:14.60

125

うわー腹立つ!!

ID:2WH6/cDd0(3/3)

0127 名無しさん名無しさん 2021/08/25(水) 17:32:07.88

美人で裕福に育った担当コンプレックス克服ものを出したら

何が面白いのかわからないと却下されたことがあるわ

王道だぜ…丁寧に説明しても全く伝わらなくて唖然とした

ID:ggbLh8yz0

0128 名無しさん名無しさん 2021/08/25(水) 20:13:01.61

都内住みでウーバー(チップも含む)も気軽に頼めるような漫画描きポジションに憧れる。

ID:HX9YrzZ80


0129 名無しさん名無しさん 2021/08/25(水) 21:33:29.78

128

フリーランスでそれぐらい稼げないなら

辞めなよって感じ

貯金できないでしょ

ID:yLpjjFGq0


0130 名無しさん名無しさん 2021/08/26(木) 01:33:43.73

127

さすがにそれは裕福な育ち関係ないよね

育ちがどうあれ、世の中にはこんな状況の人もいて克服しなければ前に進めない人生もある

…というような事を理解出来ないほどの無知物語創作する側の編集として致命的

自分共感出来るかどうかをジャッジする仕事じゃないんだから。それは読者の仕事

ID:AWU+mC9F0(1/2)


0131 名無しさん名無しさん 2021/08/26(木) 08:01:03.48

>130

裕福な育ちは関係あるでしょ

実際、そういうもろもろが物議を醸した東大祝辞につながっている訳だし

自分も周りもその環境だったら、それが恵まれていることになかなか気づけないし、

そういう人ほど、自分達が努力した結果が現状と認識する傾向にあるらしいしね

まれていることを理解できないまま、他を知らずに社会人になっているのなんてごまんといると思うわ

まあ、あれは全体としては祝辞という内容にはそぐわないけど

ID:PgTiuavua


0132 名無しさん名無しさん 2021/08/26(木) 10:27:16.40

竜とそばかすの姫は顔にそばかすがあって人前に出て歌うのが苦手

コンプレックスネットを通じて克服する物語じゃ?

そこそこヒットしてるよね

ID:Bmlpkhpf0


0133 名無しさん名無しさん 2021/08/26(木) 11:21:55.56

>130

満たされている環境から悩みやコンプを持つ人の気持ちが分からないんでしょ

ID:kIHkWZ+40(1/2)


0134 名無しさん名無しさん 2021/08/26(木) 14:20:49.23

>131

>133

一般人普通に会社員淡々とやるならそれでいいけど、編集者としてはアウトってことよ

自分が恵まれてるとしても、コンプ克服物語は>127が書いてる通り王道王道なんだから

底なし無知なら編集として勉強しろやと

>132も含めて、他にもドラゴン桜スラムダンクなど、そんな環境にいなかったか

理解出来ない、わからないなんて編集は終わってるよ。当たったら絶望

ID:AWU+mC9F0(2/2)


0135 名無しさん名無しさん 2021/08/26(木) 14:41:30.47

世界自分中心に回ってるわけじゃないんですよ。

ID:Cpov4iHOa


0136 名無しさん名無しさん 2021/08/26(木) 16:20:04.65

まあ、漫画編集やりたくて入社したわけではないだろうしな…

いいとこ嬢ちゃんファッション雑誌とか意識高い文芸とかが本命だろうて

ID:+5IZJgH70(1/2)


0137 名無しさん名無しさん 2021/08/26(木) 16:29:15.84

そばかすは克服より異世界無双が見どころでは知らんけど

今は特に閉鎖的な時代だしコンプレックスを頑張って克服する姿は逆にコンプレックス刺激される人が多そう

未来あるティーン向けならいいのかもしれんが

才能の差はあれスポーツ勉強はがんばればがんばるほど分かりやすく成長できるから時代関係なさそう

ID:TsRiVLub0


0138 名無しさん名無しさん 2021/08/26(木) 17:24:05.15

>134

無知なのか言葉通り理解できないのか知らないけど編集自身に刺さるネタじゃないと通らないんだと思う

売れ線だろうと自分の好きじゃないネタは没にする編集はいるしね

ツイッター漫画家のお悩みに答えてる有名編集長もそれを危惧してた

何年か前に大ヒットした映画をこき下ろしてた編集がそんなタイプだったけど

からヒット作出せないんだなと思った

ID:kIHkWZ+40(2/2)


0139 名無しさん名無しさん 2021/08/26(木) 18:41:29.50

その編集じゃないと描けない作品もあるだろうからって

割り切るけど

フェイク入れるけど作家ものを描きたいと言ったとき

担当作家恋愛ものキモいんでやめましょう」って言われて

かに、と思った

でも世にある担当作家もの編集が通して描いてるわけであって

ID:u1DjGSS+0


0140 名無しさん名無しさん 2021/08/26(木) 19:49:41.60

プロ漫画編集者って呼ぶのに違和感を感じる

プロなんて言葉が使える編集なんてほぼいないだろ

ID:fLORjKvS0(1/2)


0141 名無しさん名無しさん 2021/08/26(木) 21:14:41.58

ダメ出しとか使えないアイディアかいらないか

いっそ編集事務作業ちゃんとしてくれるだけでいい

それで売れなくて仕事無くなっても自分漫画がつまらないだけだと諦めがつく

ID:DuO4wUKy0



0142 名無しさん名無しさん 2021/08/26(木) 22:37:40.66

もう自分たちで編集したら?

ID:aE6WhGmEa


0143 名無しさん名無しさん 2021/08/26(木) 23:12:12.13

Twitterで騒いで夜中に担当にヨチヨチされてるの見たらうへぇってなった

ID:fLORjKvS0(2/2)


0144 名無しさん名無しさん 2021/08/26(木) 23:36:46.74

今でもオリパラ批判政府批判してる漫画家が

フィギュアスケート選手応援します〜とか、分かりやすくて草

ID:+5IZJgH70(2/2)


0145 名無しさん名無しさん 2021/08/27(金) 04:33:40.07

>140

フリーランスいるからその便宜上意味もあるし使ってると思うわ

編集生業にしてたらもうプロいいんじゃないかと

編集良し悪しいるのはいるんだがそれより多い

編集に姫扱いされたい漫画家が多いのキモい

あの編集よくない!って言ってる人の話よく聞いたらそういうこと多いし

家庭ある人に朝から夜まで返事遅い!って怒ってるの引いた

姫扱いされるされないは売上で決まるんじゃない?って感じ

ID:kIaD/nEV0


0146 名無しさん名無しさん 2021/08/27(金) 06:08:24.76

>139

フェイク入れるけど年下男との恋愛物をおじさん編集二人に見せて通らなくて

まらないのかとダメ元で女性編集に見せたらこれいいです!やりましょう!

となったこと思い出した

ID:IDxLQgd40



0147 名無しさん名無しさん 2021/08/27(金) 06:18:33.31

>145

愚痴にそういうのいらない

ID:WW+hTZg40


0148 名無しさん名無しさん 2021/08/27(金) 08:18:33.90

家庭があるからといって仕事が遅い理由にはならんでしょ ラサリーマンなんだから取引先が滞りなく仕事回せるように業務時間中はきっちりやることやるのは当たり前

ID:YZpnOmQS0

2022-08-19

anond:20220819153247

この年になって少し耳が悪くなったのか高い音がキンキンと響くようになった。

食器が擦れる音とか鈴やベルがなる音とか、そんな音が耳や頭の中で反響するようになった。

隠して飲み込んで抑えて、どうにかこの事を悟られないように、人を不快にさせないように生きなければと覚悟してもう何年か。

急に底なしの惨めな気持ちに襲われた。


いや症状出てんじゃん

小さい子が履いてるピコピコ鳴る靴が嫌い

そもそも子供が嫌い。

女だけどどうしても嫌い。

産んだら可愛くなるから産みなと親に言われ続けたけど頑なに拒否して生きている。

気づけばもう四十路をとうに超えたけれどやっぱり嫌いなのは変わらない。

けれどこんなことは親以外には決して言わない。

他の誰に言っても理解されないのは分かっているから子がいない理由もなんとなくぼかして生きている。

この年になって少し耳が悪くなったのか高い音がキンキンと響くようになった。

食器が擦れる音とか鈴やベルがなる音とか、そんな音が耳や頭の中で反響するようになった。

先日外出した折、2〜3歳の子供を連れた家族がいた。

子供が歩くたび、ピコピコと音が鳴る。

あれは子供の居場所を把握する意味もあるのかしら。

ピコピコピコピコピコピコピコエンドレスに鳴る。

子供はその音が自分の足から鳴ることを知っているようで、また、それを楽しんでいるように見える。

普通に歩いていたかと思えば突然走り出したりジャンプしたり、騒がしく動く。

子供が興奮すると音は大きくなって私の耳の中でジャリジャリと不快に響く。

子供が嫌いだからより一層不快度は増して、その場から逃げる。

でも少しすると家族も移動してまたあの不愉快まりない音が耳の中に飛び込んでくる。

比較的狭い店内で、探し物をしつつ逃げては追いかけられ、また逃げては追いかけられ。

不愉快な音にさら子供のけたたましい叫び声がプラスされた頃、私は買い物を諦めて逃げ出すように店の外に出る。

納得がいかない。

子供が嫌いだけれど、そうなりたくてなったんじゃない。

それが悪だとも長く生きてこれば十分理解しているから、そう言う素振りもできる限り見せないように生きてきた。

隠して飲み込んで抑えて、どうにかこの事を悟られないように、人を不快にさせないように生きなければと覚悟してもう何年か。

急に底なしの惨めな気持ちに襲われた。

子供が好きなら良かったな。

普通に子供を産んでたらその子もそろそろ成人になる頃かもしれない。

そして何年か後には孫がいるかもしれない。

最後はたくさんの家族に看取られて死ぬのかもしれない。

それは絵に描いたような幸せ人生なのかもしれない。

でもその物語の中にある自分が全く想像できない。

ただ気持ちが悪い。

この想いが少しずつ自分の中で溜まって腐ってでもそれを吐き出せずいることが地獄だ。

2022-06-19

anond:20220619030433

快楽教育法が施行されて以降、日本政府は性に関するあらゆる分野へ積極的投資してきた。中でも、最も力を入れているのが、「快楽特別地域」の開発だ。

快楽特区は、その名の通り快楽教育に特化した街であり、政府主導で開発が進められてきた。

真と彩奈が通う国立青陵学園も、快楽教育を推進すべく、快楽特別地域設立された快楽先進である

青陵学園は12年制の小中高一貫校であり、快楽愛のスペシャリストを育成するための専門学科存在する。

全国から優秀な生徒を集めており、年々入学希望者が増え続けている人気校でもある。

現在では、公衆での性行為日本全国で全面的許可されるようになったが、快楽特別地域内では他の地域よりも10年も早く解禁されていた。快楽教育モデルケースとなるべく、常に先進的な快楽教育が行われてきた地域である

そんな青陵学園の中でも、快楽教育者の中でとりわけ注目されている二人がいる。

6年生の男子黒瀬 真」、8年生の女子綾瀬 彩奈」。この二人が、快楽教育界における天才児として密かに噂されている。

まず、真だが、彼は可愛らしい童顔に似合わず底なしの精力を持つことで有名だ。

一日あたりの平均射精回数は50回と言われており、文字通り他の生徒とは桁が違う。また、特筆すべきは彼は受けとしての素質である。軽く乳首を責められるだけで何度も絶頂し、切なそうな表情でアナルを犯してくれと懇願する姿は女生徒の間でも人気が高い。

次に、彩奈についてだが、彼女は生徒の中でも特に優秀な成績を修めていることから、「快楽教育が生んだエリート中のエリート」と呼ばれている。その実力は折り紙付きで、彼女の指先で軽く乳首を撫でられるだけで男子生徒達は射精してしまい、中には潮を吹いてしまうしてしま男子生徒もいる。二人は、学内でもトップクラスの実力者として一目置かれていた。

ーーー

真は今、彩奈と2人で性行為実習室に呼び出されていた。この実習室は、セックス実習のために用意された特別な部屋だ。

この部屋には机の代わりにベッドが並べられており、壁には様々な性行為の道具が吊り下げられている。

これから行われるのは、成績優秀者のみが受講できる特別実習である

この学校で成績トップの真と彩奈は、連日この部屋で高度な快楽技術を学んでいた。

「じゃあ、今日よろしくね、真くん♡」

そう言って、彩奈は真の耳元に息を吹きかける。

「んっ……うん!こちらこそ、お願いします!」

くすぐったさに身をよじりながらも、元気よく返事をする真。

「ふふ、可愛いなぁ」

「えへへ、ありがとうございます

「ほら、お礼なんて言わなくていいから、服脱いで?」

はい、わかりました」

言われるままに、ズボンを脱ぐ。すると、すでに興奮しているのか、ペニスはすでに勃起していた。

「もうこんなにしてる……本当に変態なんだね♪」

彩奈は楽しげな笑みを浮かべると、真の身体を押し倒して馬乗りになった。

そして、おもむろにスカートの中に手を入れると、パンツを下ろして自らの性器を見せつけた。

「見て?私のここ、びしょ濡れになってるの分かるよね?」

はい、すごくエッチです……」

「うふふ、もっと近くで見てもいいんだよ?」

「わ、分かりました」

恐る恐る顔を近づけていく。鼻腔をくすぐる甘い香りに、思わず生唾を飲み込む。

「私達が初めてエッチしたときのこと、覚えてる?屋上で日が暮れるまでアナルセックスをしたよね」

はい…あの時は数え切れないくらイカされました」

「あれからもう一年以上経つんだねぇ、早いなぁ」

しみじみと語る彩奈だったが、その間も手の動きを止めることはない。

人差し指を膣内に挿入し、クチュクチュと音を立てながらかき混ぜている。

「んっ……気持ち良いけど、やっぱり物足りないな。ねえ、真くん。舐めてくれないかな?」

はいっ、もちろんです!」

嬉々として答えると、真は舌を伸ばして性器に触れた。

そして、ゆっくりと口内へと導いて行った。

「あっ、すごいぃ、上手だよぉ」

彩奈は身を震わせ、熱い吐息を漏らす。

真は丹念に割れ目をなぞり、時折クリトリスを刺激したりしながら奉仕を続ける。

やがて、絶頂が近いことを感じた彩奈は、そのまま真の頭を掴むと、自らの秘所に押し付けた。

「んむぅ!?

「ごめん、このままイッちゃうね!ああんっ!!」

ビクビクッ!! 大きく痙攣すると同時に、大量の愛液とともに彩奈は潮を噴き出した。

「…んんん!!んむぅ…」

真は顔中に液体をかけられ、呆然としながらも彩奈の女性から口を離さない。

吹き出す愛液と潮を一滴残らず飲み干すと、ようやく解放された。

「はぁ、はぁ、どうだった?」

「とても美味しかったです。彩奈さんのおまんこ最高ですよ」

「良かった…。じゃあ、今日の実習を始めようか」

そう言うと、彩奈は真のズボンに手をかけた。

そして、一気に引き下ろす。

すると、真のペニスが勢いよく飛び出してきた。

既に勃起しており、先端からは先走り汁が出ていた。

「こんなに大きくして……期待してるんでしょう?」

はい、早く入れたいです」

「素直でよろしい。今日の実習では何をするんだったか、覚えてるわよね?」

はい今日快楽調教の実習でした」

快楽教育法には、「初級性行為(手コキ、フェラチオ)」「基礎性行為セックス)」「応用性行為アナルセックス前立腺開発)」「上級行為SM快楽調教)」という5つの科目がある。

これは快楽教育法で定められた必修教科で、全ての生徒が必ず履修しなければならない。

授業内容は、教科書を使って学ぶこともあれば、実習として実践することもある。

真たちのような快楽特別地域エリート校に通う者は、さらに発展的な内容について訓練を行うことになる。

例えば、今まさに行われているように、既存快楽調教の枠を超えた新しい調教技術を開発するため、生徒同士で実践的な実験を行うこともある。

「そうよ、今日は私があなた快楽調教を施す日。楽しみにしてるんだからね」

「僕も楽しみです。たくさん可愛がってください…彩奈先輩」

「もうっ、真くんは本当に可愛いわね…負けちゃうわ。でも、手加減はしないか覚悟しておいてね」

彩奈は真の耳元で囁く。その吐息が甘く、心地良い。

今、彩奈と真は催眠療法を取り入れた新しい調教方法を試している最中だった。

この催眠調教は、相手の心を深く理解し合った上で、信頼関係を築かなければできない特別手法だ。

お互いの心が通じ合っていなければ、上手くいかない。

そして、二人は心を通じ合わせていた。

「真くん、イメージして。私に快楽調教される自分を……」

はい。彩奈先輩……」

「じゃあ、始めるわ。目を閉じて……。まずは私の声だけに集中しなさい。いい?いくわよ」

彩奈の声が脳内に直接響いた。

「さぁ、気持ちよくなって……リラックスするの。私の声だけに意識を向けること。そして、身体の力を抜いて。自分の感じるままに身を任せればいい。楽になって、全てを委ねて。そうすれば、すぐに気持ち良くなれるわ。ほら、だんだん、眠たくなってきたでしょう?」

次第に、全身が弛緩していくような感覚に陥る。

まるで、お風呂に浸かっているかのような心地良さだ。

「私の言う通りにすれば大丈夫。何も怖くないし、恥ずかしがることもない。だってあなたは私のものなんだもの

はい……僕はあなたのものです」

「うん、上手ね。その調子よ。もっと、私の言葉に耳を傾けて」

真は心地よくリラックスしていたが、ペニスは硬く勃起し、その先からはダラダラとカウパーが溢れていた。

「段々と腕の力が抜けて、足から力が抜ける。そして、頭もボーッとしてくる。ほら、もう全身から力が抜けて、あなたは動くことができない」

はい……動けません……」

「ふふっ、いい子ね。そのまま目を閉じて、余計なことは何も考えないで。今だけは、私の言葉だけを聞いて」

瞼を閉じると、視界は真っ暗になった。しかし、聴覚は敏感になり、彩奈の声が脳に直接響いているかのように感じた。

そして、全身から感覚が消えていく。しかし、真のペニスの奥、前立腺だけは異様に熱くなり、ムズムズと疼いていた。

あなた身体の中に溜まった快楽物質が、おちんちんの奥に集まってくる。前立腺が疼いて痺れるような快感が広がる」

「あぁ……んぅ……」

「息を吐いて、力を抜く。ゆっくりと、大きく呼吸をするの」

言われるままに大きく深呼吸すると、不思議なことに心が落ち着くと同時に、気持ちよさが増した。

心は落ち着き、身体は極限までリラックスしているにも関わらず、溢れんばかり快楽が波のように脳に押し寄せ続ける。

「そう、その調子ゆっくり、じっくり、快楽を受け入れるの。もっと自分の中に意識を向けるのよ」

「……ああ……あん……」

あなたの中にある細胞の一つ一つが、快楽を求めている。細胞の一つひとつが、私の命令に従っている。全身から湧き出た快楽がおちんちんの奥に集まって、頭の方に上ってくる」

「はぁ……ふわっ、あっ!」

「何も考えず、ただ感じなさい」

言われた通りに快楽だけを感じる。頭の中にはもう、快楽しかなかった。

「いい子ね……。さあ、もうイッちゃうわね?あなたの中の快楽が、全部吐き出されるの」

「ああ!あああ!!きもちいぃ!!」

「イキなさい」

「いくぅー!!!

びゅるるるると勢いよく精液が飛び出した。射精してもなお、快感が止まらない。

「ほら、まだ出続けてる」

「あ、あ、あ、あ…」

精子が飛び出ても頭の中は快楽でいっぱい。イクのが止まらない。ほら、何回だってイケるわ」

「だめぇ、おかしくなるぅ!!!

大丈夫、そのまま気持ち良くなっていれば良いの。快楽を楽しみましょう?」

頭が真っ白になるほどの絶頂感に、真は身を委ねることしかできなかった。

射精が終わってもまだイキ続ける。溢れる快楽が脳を突き抜け、その度に前立腺が激しく収縮する。

「ほら、イってるわ。精子は出なくても、脳と前立腺でイキ続けているわよ」

真の身体は何度も何度もドライオーガズムに達していた。

「ひゃぁ……ん……♡」

「ふふっ、可愛い声出して。じゃあそろそろ本番行きましょうか。深くまで挿れるけど我慢してね?」

「え……ま、待って!」

「待たない♪」

彩奈はディルドを掴むと、ゆっくりと真のアナルに挿入する。

にちゅっと淫猥な音が鳴り響いた。

「あああん!! ダメぇ! 今入れられたら……」

もっとイッちゃう?もうずっとイキ続けてるじゃない。もっと快楽を味わいなさい」

「いやあああっ!!」

ずぶぶっという音と共に、彩奈のディルドが真の前立腺を擦り上げた。

「はぅうんっ!?

「ほら、リラックスして……あなたは深い催眠状態に居ることを思い出して、深く呼吸をするの」

「はぁ……はぁ……」

深呼吸をして心を落ち着かせる真。すると、心はまるで凪のように落ち着き、リラックスする。

そして、身体の奥から、先ほどを上回る快楽が溢れ出してくる。

「そう、いい子ね。そのまま受け入れなさい」

「ああ……ん……」(気持ち良すぎるよぉおおおおっ!!)

再び押し寄せてくる絶頂に、身体がガクガク震えてしまう。

だが、その状態でも、心の奥底には深い安らぎがあった。

大丈夫、怖くないわ。私がそばにいるもの

「うん……彩奈先輩……きもちぃ……」

心の中に、慈愛に満ちた声が流れ込んでくる。

前立腺が毎秒、まるで弾けたかのように収縮し、真の身体はイキ続けている。

心の奥底から、心地良い安心感が生まれていく。

真はびゅるっと精液を放出する。しかし、射精してもなお、快感は全く衰えなかった。むしろ、どんどん高まっていく。

それはまさに、「幸福感」そのものと言える感覚だった。

「ふふ、可愛い

「あぁ……うぅ……」(すごい……幸せすぎて、頭がおかしくなりそうだ……!)

とてつもない快楽と、どこまでもリラックスして落ち着いた心が共存している。

まるで天国に昇っているかのような、至福の時間が続いている。

(これが催眠調教……)

彩奈は真の顔を見て、ニッコリ微笑む。そして頭を優しく、愛おしむように撫でてくれた。

真にとってこの上なく幸せ時間である

「よしよし♪もっと気持ちよくなっていいよ?」

真は何も考えられないまま、ただコクッとうなずく。真のペニスからは時折カウパーがピュッと溢れ出し、真のお腹の上にはカウパーが水たまりのように溜まっていた。

「じゃあそろそろ仕上げにいくね」

彩奈はそう言うと、右手亀頭を包み込み、くるくると優しく擦り始めた。

「あっ、ああ~っ!」

強烈な快感が全身を貫く。あまりの刺激の強さに、腰が抜けそうになる。しかし、身体はビクとも動かない。

「ふふ、まだだよ?我慢して♡」

彩奈は妖艶な笑みを浮かべながら、執拗亀頭だけを責め続ける。

あぁ!だめぇ!出るぅ!!」

ついに限界に達してしまい、大量の精液が放出された。その瞬間、頭が真っ白になり、何も考えられなくなる。

ドクッドクンっと脈打ちながら、白いマグマ放出されていく。

人生で初めて味わう、途方もない快感だった。

「ん、いっぱい出たねぇ♡」

絶頂後の余韻に浸る間も無く、彩奈がペニスを激しくしごき始める。

「え!?ちょ、ちょっと待って……」

敏感になっている部分を容赦なく攻め立てられ、声にならない声を上げる。しかし、催眠状態身体は少しも動かない。

「だーめ♪」

彩奈は更に強く握りしめ、上下に擦り始めた。射精直後の激烈な快楽に、真の限界が訪れる。

「あ……あう……!!」

プシャァッ!! 勢いよく潮を吹き出し、再び盛大に達した。今度は透明な液体が吹き出している。

「あれれ〜?お漏らしかな?」

彩奈はクスリと笑い、真の耳元で囁いた。

「情けないね〜」

恥ずかしさがますます真の快楽を増幅させていく。

「ふぁっ……」

ビクビクと痙攣しながら、連続で達してしまう。

もはや、まともな思考すらままならない。

彩奈の手の動きはさらに加速していき、さらなる高みへと昇っていく。

「あっ!ああ!」

ビュルルルーッ!!

「すごい量だねぇ」

白濁液が飛び散り、彩奈の顔を汚していく。

それでもなお、手の動きが止まることはない。

快楽に溺れた真の意識は、完全に快楽支配されていた……。

ーーー

それから、どれくらい経っただろうか。

気がつくと、真は彩奈の膝の上に頭を乗せていた。彩奈は真の頭を愛おしそうに優しく撫でている。

気持ちよかったかな?」

彩奈は真の目を覗き込み、妖艶な笑みを浮かべる。

「う……うん」

まだ、快楽の余波が残っており、頭がボーっとしている。

彩奈の顔を見るとドキドキする。

「そっか、良かった♪今日特別実習は大成功だね♡」

行為実習室は赤く染まっており、日が暮れかけていることが分かる。

「じゃあ、もう遅いし帰ろうか」

「うん…彩奈先輩」

「ん?どうしたの?」

「あの、えっと……」

言いたいことがたくさんあるはずなのに、言葉が出てこない。

すると、彩奈はクスリと笑い、真の唇に軽くキスをした。

今日は楽しかったよ。明日は私が催眠調教を受ける番だから、楽しみにしてるわ」

はい!」

「ふふっ、いい返事だね」

二人は手を繋いで、性行為実習室を後にした。

———

青陵学園の教師たちは職員室に集まり黒瀬 真と綾瀬 彩奈の二人が行った「催眠調教実習」の記録ビデオ確認していた。

「やはり凄いな……。この子たちは一体何者なんだ」

「ああ、これは才能なんて言葉で片付けられるようなレベルじゃないぞ。まさに神童と呼ぶに相応しい」

「うむ、このまま行けば、快楽教育者の中でもトップクラスになるだろう」

教師たちが興奮気味に話している。

その視線映像の中の真に向けられていた。

『うん……彩奈先輩……きもちぃ……』

画面の中では、真がアナルディルドを咥え込み、リラックスした様子で絶頂を繰り返している。

黒瀬は素晴らしいな。これほどの逸材は見たことがない」

「私もそう思う。だが、黒瀬だけじゃない、綾瀬調教技術も目を見張るものがある」

「そうだな。おそらく、この子たちが快楽教育界の新たな時代の幕開けとなるかもしれないな」

教師たちは口々に語り合い、未来快楽教育者たちの姿を思い浮かべた。

「よし、決めた。この二人は快楽教育特別研究者として採用しよう」

教師たちの間で話はまとまり、すぐに校長先生へと報告が行われた。

この決定は、快楽教育歴史を大きく変えることになる。

しかし、この時の彼らはまだ知る由もなかった。

これから先、この二人を中心にして、大きな波乱が巻き起こることになるとは……。

ーーー

続く

2022-06-06

底なし愛情を求める人って、実は一番自分のことを好きなのかもしれない

好きな人を傷つけた。だからもう今日は連絡を取っていない。

私は自分に自信がなくて、ちょっとしたことですぐに不安になる。そしてそれを、相手にぶつける。

昔はこんな感じではなくて、きっちり相手にぶつけてはいけないことを理解してぐっと堪えているような子だったと思うのだけれど、いつからかそこがぐるりと変わってしまった。

理由漠然しかわかっていないけれど、たぶん、人生最初に付き合った人の影響かもしれない。

その人は最初はとてもいい人だったのに、付き合って半年も経つと本性があらわになったのか(この言い方が正しいのかは、今でも正直わからない。それくらい豹変の仕方がすごかったから)、立派なDV男に変わってしまっていた。

私はそのとき、まだ15歳。恋愛経験なんてない二次元オタクだったし、こんなものなのかなあと、私はすっかり馬鹿なので信じきってしまっていたのもある。

ちょっとした違和感から気付けば日常的な殴るけるの暴力にまで発展していって、私は処女もその人にレイプで奪われた。大好きなアニメの大好きなキャラクターステッカー携帯に貼っていたら、すべて目の前で捨てろと言われて泣きながらはがして捨てたこともある。

私はそれから、何かを犠牲にすること、してもらうことが、愛情表現なんだと思ってしまった。

何をされてもずっと好きだった。2年ほど付き合って、私から別れたけれど。

それからというもの私は誰を好きになってもうまくいかなくって、ありがたいことに好きになった人とは絶対に付き合えたし、出会男性は大体私に好意を抱いてくれたけれど(すごい自慢みたい)誰一人として続かなかった。

1か月で別れたり、1年近く付き合っても不満もなければ好きの気持ちもない、みたいな感じで別れてしまったり。

今思うと全員、本当に本当にやさしくて私のことを大好きでいてくれたのに、当時の私はなぜかそれがまったくわかっていなくて、心の中で時々思い出しては謝ったりする。私は好きでいてくれるということがどんなことか、本当にわかっていなかった。今もだけれど、今よりももっと。

そんな私は今お付き合いしている彼がいて、もう本当にその人が好きで好きで仕方なくて、人生で一番好きになった人だと言い切れるくらい大好きなのだけれど、私はその人をずっとずっと傷付けている。

私の過去や面倒な性格を全部知ったうえで好きになってくれて、私に寂しい思いをさせないように、不安にさせないように、おくるみに包まれ赤ん坊を抱くみたいに私を大切にしてくれている。

わかっているのに、足りない。自分でも意味が分からない、理解不能なくらい、なぜか足りない。

私のために尽くしてくれていることより、私は私のために何かを犠牲にしてくれているということでしか、愛を実感できない。ずっとそうやってきたから。

言われたものは捨てたり、見ないようにしたり、好きなもの犠牲にしたら「ありがとう」と言ってもらえた。「それくらい好きでいてくれてうれしい」って、一番最初に付き合ったあの人に。

から私も同じようにその人の大切なものをたくさん捨てさせた。そもそも無趣味な人だったから、捨てさせるものもそんなになかったけれど。

それが染みついてしまって、何か好きなものを大切にしながら、人を愛すということが、私には理解ができない。本当にできない。

すべての欲が、興味が、どんな意味での好意であっても、何もかもが私に向いていないとそれは愛だと思えない。大切な人の好きなものが心底嫌いで、憎悪対象になってしまう。

普段からずっとそう思っているわけではないのだけれど、なんというかスイッチみたいなものがぴんと入ってしまった瞬間、私は別人になってしまう。自分でも怖いと思うくらい、自分自分制御できない。

相手を傷付けるような、追い詰めるような、自尊心を失わせるような最低な言葉がすらすらと出てきて、まるでそのときの私は悪魔みたいだと思う。相手からしたら、心底私のことが怖いのではないだろうか。

そういうときの私は相手からどんな言葉が返ってきてもダメで、解決策は、相手が私のために何かを犠牲にしてくれることだけ。そうならない限りもう怒りも、悲しみも、何もおさまりがつかない。

相手から電話を切られて、そのあとは、普通に生活した。終わらせないといけない仕事も終えたし、ご飯も食べて、家族と談笑もした。

あんなに大切な人を傷付けたのに。考えると涙が出るのに。

一緒にいても傷付けるだけだから、離れた方がいいと本当に思った。私のこんなダメな部分を直す努力をするのは当然の話だから開き直りとかそんなものではなくて、ただただ心から、いつこうなってしまうかわからない自分自分でも怖くて、もう疲れてしまった。

なんで満足できないんだろう。こんなに私のことを考えて大切にしてくれているのに。わかってるし全部伝わってるのに。なんでなのかわからない。つらい。

彼が今日あんなに苦しんだのだって、私から責められたこももちろんだけど、何度も何度も「こんな思い挿せる自分がだめなんだ」って泣いてたから、そういう理由なのに。満足できない私が悪いのに。

そうやって離れた方がいいと思ってそれを伝えたら、またそれが彼を傷付けた。一緒にいるために頑張ってくれないんだって、違うんだよ。また遠ざけられて離れていくんだって、そういうことを言わせたいわけじゃないんだよ。

もう何年も前のこと、前の人を引き摺っているのかこんな自分になってしまって、今の彼に向き合えていないのは私の問題しかない。

そもそもこんな私だって、一番最初に付き合ったあの人のせいでそうなったのかな。違うかもしれない。もともと私はこういう頭のおかしいやつで、それがあの人と付き合ったことでわかるようになっただけなのかも、と思う。

今日のことで本当にわかった。私は頭がおかしいんだ。

自分に自信がないか不安になるとか言っておいて、それだけ何かを犠牲にしてもらえる価値があるからきっと相手にそれを求めるんだ。

そんなのっておかしい。そんなことが愛情なわけがないのに。

大切な人の好きなもの否定したり、奪ったりしたくない。私も私の好きなものを大切にして、全部ひっくるめて一緒にいたい。こんな不安定な、何かを捨てたりしなきゃいけないような恋愛なんて長続きしないことは私が一番わかっていて、だからこそ今回は穏やかにただ大切にするだけの恋をしたかった。

冷静なときの私はそういうの全部わかってるのに、私がふたりいるみたいで、自分が怖い。気持ち悪い。

私は優しい彼が私を大切にしてくれるたび、あなたはこんなに人を大切にできる素敵な人だよって思ってほしかった。彼は私なんかよりよっぽどやさしくていい人なのに、自分に自信のない人だから

だめだって落ち込まないで生きていってほしい。もっと自信をもって、笑って、楽しく生きてほしい。つらいこと、苦しいことがひとつでも少ない人生を送ってほしくて、そのために大切にするねって約束したのに、破ってるのは私。

大切にしたい気持ちも、自信をもって明るく生きてほしい気持ちも本当なのに、私が一番そうさせないようにしてる。

今日でまた私は彼に、自分は人を傷付けるようなダメ人間だって思わせてしまった。違うのに。私がおかしいだけなのに。

どうやったら直るの?考えないようにしたってそれまで楽しく過ごしていたって一瞬で壊れる。私が壊してしまう。

一番怖いのは、彼が怒っているとき、私は安心してた。嬉しかたこと。こんなに怒るほど私が好きで、振り回されてくれるんだって思った。

違うってわかってる。そんなことが好きって証明になるなんて違うのに、もうずっとそれが愛だって思ってきた自分がいなくならない。

傷付いた私を救えだとか、罪悪感を抱けとか、なんでそんなことが思えるんだろう。私って何者?気持ち悪い。

私がひどいことを言って嫌われるのは仕方ないからそんなことはどうでもよくて、今はただ、彼の口から彼を否定する言葉を吐かせるようなことをした自分が許せなくて、もう死ねばいいのにと思う。

比喩でもなんでもなくて、私は人を壊してしまうのかもしれない。そんな人間が誰かと一緒にいていいわけがなかった。

一緒にいたいのに、自分がどれだけ頑張ってももう無理なんじゃないかって自信がなくて、それが本当に怖い。怖いよ、どうしたらいいかからない。

彼がいない人生がもう考えられなくて、これからも一緒にいるんだろうなって漠然と思えたのは初めてだったから、今回こそ穏やかに過ごしていけるって信じてた。

もっと頑張りたい。変わりたい。本気でそう思っているなら変われるはずなのに、なんで?

結局私は、こんな自分のこともありのまま好きでいてもらえるとか、この期に及んで思ってるのかも。

自分のこと嫌いなはずなのに、それってもう自分のこと大好きじゃん。死ねばいいのに

2022-06-02

苔にハマりつつある、テラリウムなんて大層なものじゃないが

公園や道端で採取した苔を

適当ガラス瓶に適当な土と一緒に入れておくだけでワサワサ育つ

苔でもじっくり眺めると繊細で多様性があって面白い

苔なんてものでも、やっぱり植物に触れると精神的に癒やされてストレス軽減さるのが実感できる。

そして気がついた

苔は沼だ

もう既に苔のために採集道具やレイアウト用品をあれこれ買ってしまって元手がかからない趣味じゃなくなってる

そのうえ苔は種類がとんでもなく多いか素人じゃ見分けが難しい、調べ始めたらキリがない

そして苔の中にはそこら辺じゃ採取も出来ない希少な種類もある、それが何だかとってもプレミア感で欲しくなってしまう、思わず通販ポチりたくなる

ネットで苔を調べると豪勢なレイアウト一式で飾り立てる例がいくらでも出てくる。羨ましいやりたくなる。

苔は知識欲も所有欲も刺激されたら底なしで、いくらか金があっても足りない。

引き返せなくなりそうな気がする、どうしたらいいかな、もうベランダに苔の瓶がたくさん並んでる、なんだかんだで場所も取るんだ。

どうしたらいいかな、どうしよう。

2022-05-28

2022-05-28

■『底なし沼』っておかしくね?

『底の深い沼』ってんならわかる……スゲーよくわかる

底は深くにでもあるわけだからな…

だが『底なし沼』ってのはどういう事だああ~~~っ!?

誰か潜って底がないのか確認したのかっつーのよ―――――ッ!

ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜェ~~~ッ!!

底がないなら裏側へ出ちまうじゃあねーか!

出れるもんなら出てみやがれってんだ!チクショ――ッ

どういう事だ!どういう事だよッ!クソッ!

底なし沼ってどういう事だッ!

ナメやがって クソッ!クソッ!

https://anond.hatelabo.jp/20220528210836

本当に何十メートルの深さと直径がある沼なら、永久にっ出てこられないだろうしな

そのまま土壌の養分になるし、

ある意味底なしという表現はただしい

底なし沼』っておかしくね?

『底の深い沼』ってんならわかる……スゲーよくわかる

底は深くにでもあるわけだからな…

だが『底なし沼』ってのはどういう事だああ~~~っ!?

誰か潜って底がないのか確認したのかっつーのよ―――――ッ!

ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜェ~~~ッ!!

底がないなら裏側へ出ちまうじゃあねーか!

出れるもんなら出てみやがれってんだ!チクショ――ッ

どういう事だ!どういう事だよッ!クソッ!

底なし沼ってどういう事だッ!

ナメやがって クソッ!クソッ!

2022-05-07

再度、カモに餌やり。

 五月五日、また公園にカモに餌やりをしに行った。

 前日よりも人の出が少ないようだった。広場にあったワンタッチテントの数も前日の半数以下だ。だが、駐車場の空きは少なかった。隣接のサッカー場子供サッカーチーム試合をしていたので、公園駐車場がその関係者達に占拠されてしまい、他所から公園に遊びに来た人達は、駐車出来ずに諦めて帰ったのかもしれない。

 前日は公園に着いたらまずは敷地内をぐるりと一周散歩したが、この日は真っ直ぐ管理事務所に入った。「鯉とカモの餌」を三つ買う。300円なり。上の子と下の子のぶん、そして私のぶんだ。

 池の周りでカモに餌やりをする人々やザリガニ釣りをしている人々も、少なめ。連休最後の日はインドアに過ごしたい人が多いのだろうか?

 前日にはいくらか居た鯉の姿があまり見えない。カモは前日と同数くらいいるが、同一カモかどうかは不明

 私と子供達がカモに餌をやっている間、夫が池の周りをぐるりと回って鯉の様子を見て来た。夫によれば、鯉は燕子花の間により集まっていたそう。鯉は、産卵に忙しくて餌どころじゃないらしい。

 産卵があろうがなかろうが、この池の鯉は何故か人に餌をねだることを全くせず、人影に向かって寄ってくることもない。昔からそうなのだ。「鯉とカモの餌」は実質「カモの餌」である

 連休中、人々の投げ寄越す餌にカモは飽きてしまったのか、前日よりも食い付きが悪い。食い付きが悪いと、子供達はむきになって餌を次から次へ、なんなら鷲掴みで一度に投げつける。面倒臭そうな仕草で、カモは泳いで行ってしまう。

 前日に学んだ通り、カモは真正面に落ちて来た餌にはあまり反応しないので、横か、なんなら背後めがけて投げるのがよい。一粒ずつ投げて、食べたらより手前の方に投げて、少しずつカモをこちらの方に誘き寄せる。……と、言い聞かせても、子供達の逸る気持ちを宥めるのは無理なので、子供達がやたらめったら投げて全部外しているうちに、背後から私が投げて、カモ達をこちらに誘導する。

 公園のカモは人慣れしているが、それでも野鳥なので、決まったセーフティーゾーンを越えて近づいてくることはない。一番寄って来て、岸から1.5mくらいの所。だが、それだけ近づいてくれれば、子供の手で投げた餌でもカモはもれなく拾ってくれる。

 カモを岸に寄せたら、私の役目は終わりだ。早くも手持ちの餌を投げきってしまった下の子に残りの餌を手渡し、子供達の隣にしゃがんでカモを眺めていた。

 やがて二羽いたカモのうちの一羽が、人間相手をするのに飽きたらしく、水面に浮いた水草の根で遊び始めた。猫がねこじゃらしにじゃれつく時のように、根っこの切れっぱしを仮想敵とみなしてつつき回している。するともう一羽は反対方向へとすいすい泳いで行ってしまった。

 よく、水辺の白鳥の姿は夕方だが、水面下では白鳥の足はジタバタと不恰好に水を掻いているという。だが、カルガモ達が水面をすいすい行く時の足の動きは優雅無駄がない。茶色と緑の入り雑じった泥水の中でも、カモの足のオレンジ色は鮮やかに映えている。

 子供達は橋を渡って池の向こう岸へ行き、別のカモのコンビに餌をやり始めた。私と夫は日陰に入り、また別の二羽を眺めた。なんと、二羽のうちの一羽がうたた寝をし始めた。私と夫の他にも人間いくらかいる、その前で、自らの羽の合間に嘴を突っ込んで、うつらうつらと目を閉じたり開いたりしている。警戒心がだいぶ薄れているようで、風に吹かれるままに岸辺に流されて来て縁に敷かれた石にぶつかりそうになったところで目を覚まし、いそいそと池の中央に戻っていく。だが、しばらくするとまたこちらに流れてくる。カモ達の、ここに来る人間達への信頼度半端ない

 あまり昼寝の邪魔になるのもなんなので、こちから遠慮して岸を離れた。池の中央にかかった橋を通ると、水面に亀がひょっこり顔を出していた。種類はわからないが、外来種ではなさそうだ。どう見ても、こっちを意識している。子供達を呼び寄せて、亀がいるよと教えてやると、子供達は亀に餌を投げた。すると亀はカモよりも機敏に餌を追いかけて食べた。だが、カモほど食欲が底なしではないらしく、いくつか食べただけでくるり身体の向きを変え、泥水の中へと姿を消した。

 対岸で、子供達がカモに餌を投げるのを見守る。子供達はやはり闇雲に餌を投げるばかりで、大人のようにテクニックを駆使してカモを手懐けることは出来ないようだ。それでも、力技で遠投した餌をカモに拾われて喜んでいる。

 二人の少し後ろに、三歳くらいくらいの男の子がとことことやって来た。手には餌の袋を持っている。だが、まだ小さいので餌を遠くに投げることができない。男の子は、うちの子供達が餌を投げているのを、恨めしそうにじっと見ているだけだ。そのまた背後に、父親心配そうな顔で着いている。うちの子供達が邪魔男の子がカモに餌をあげられないという構図になってしまっていた。なので、私は子供達に声をかけて、あっちのカモに餌をやりに行こうと促した。

 池の周囲でカモに餌をあげようとしている子供の多くは、五歳以下に見える。自分の足元も覚束無い幼児もいる。彼らはどうしたらカモの気を惹けるか考えて餌を投げるということが出来ないので、節分豆まきのように餌を投げまくった末にカモ達に完全無視を決め込まれる。ガッカリしている子もいれば、とりあえず好きに餌を投げただけで満足という様子の子もいる。

 うちの子供達がその年頃のころ、私は子供達にカモの餌やりはさせなかった。うっかり足を滑らせて池に落ちることを恐れてのことでもあり、こんな小さな子に失敗が運命付けられているような事をさせても可哀想なだけなのではないかと思った。それに、その当時は池の畔に集まる子供の多くが小学生で、幼児の方こそ場違いに見えた。

 だが今は、頭の重みでいつ前のめりに転がり落ちるかわからない幼児が、器用に池の縁の石の上に立ち、池の中を覗いているのだ。

 うちの上の子はもう五年生で、この歳までカモに餌をやって遊ぶことをしないで来たわけだが、もうじき自分から幼児に紛れてこんな風に遊びたいと言うような年頃ではなくなってしまうだろう。少々の危険覚悟で、もっと小さいうちから好きに遊ばせておけば良かったのではないかという後悔を感じないでもない。だが、一人で池を覗き込んでいる年端のいかない幼児が池に転がり落ちないで済んでいるのは、単に運がいいだけにも思える。

 餌を全部投げ終わると、子供達は手を繋いで、中央広場遊具で遊んで来ると駆けていった。私が子供達の手助けをする必要はもうない。遊具で遊んでいるのも幼児とその保護者ばかりで、小学校高学年の子供達はマイナーだ。十年前は逆に大きな子供達ばかりが、少数の幼児を蹴散らすような勢いで遊具に飛び付いていて、危なっかしくひやひやしたものだ。

 後で上の子に聞いたところ、遊具には小さい子が沢山いるから、小さい子に出会ったら危なくないように道や順番を譲ったとのことだった。

 子供達が遊具で遊んでいる間、私と夫は木陰のベンチに腰掛けて待っていた。

 蓮池のところでザリガニを捕っている親子連れがいた。事務所で売られている「ザリガニ釣りキット」ではなく虫捕り網を持っている。ザリガニは釣るより手掴みした方が早いのは確かだ。

 母親が威勢よく小学校低学年くらいの息子に怒鳴っている。ここぞという時に息子が網を持ってふらふらとどこかに行こうとしたからのようだ。母親は、ザリガニ捕りどころか公園遊びにも向かないようなくるぶし丈のスカンツの裾を片手で引き上げ、もう片方の手を蓮池に突っ込んでザリガニを捕ろうとしている。根っからお転婆ではなさそうだ。そんな妻の横に立つ夫は「男らしさ」とは縁の無さそうなおっとり系だ。私の観測範囲だと、自分の息子を「男の子でしょ!」と叱る人ほどお転婆そうではなく、配偶者大人しそうな優男であることが多い。

 振り返って広場の方を見ると、上から下までスポーティーな格好の母親と、やはり上から下までスポーティーな格好の小学校高学年か中学生くらいの娘がバドミントンに興じているのが見えた。楽しそうだ。子供が大きくなったら大きくなったなりの遊び方があるようだ。私の乏しい体力では、バドミントンは無理そうだが……。

2022-05-05

カモに餌やり。

 「石の卵」という本を見た子供が、内部に宝石の入った石を探したいと騒ぐので、家族川原に行くことになった。

 ところが、川辺キャンプ場の駐車場に車を停めて川原を目指して歩いたところ、川原へ通じる小道の全てが封鎖され、「立ち入り禁止」の立札が立てられていた。

 車へ戻り、堤防沿いや川にかかる橋を通過してみたりして気づいたが、連休中でしかもいい天気なのに、川原には川遊びをする人々どころか釣り人さえ一人としていない。いつの間にか、川原全体が立ち入り禁止区域になっていたようだ。

 子供宿題の絵日記ネタが無くなったと泣いた。

 そんな訳で石拾いは諦め、翌日、市営のちょっと大きな公園に行った。お目当ては、公園の中心にある池だ。そこではザリガニ釣りと鯉に餌やりをすることが出来るのだ。

 公園に着くと、まずは散歩がてらぐるりと一回り。ここに来たのは数年ぶりだが、昔とほとんど変わっていない。芝生や樹木は手入れがなされてさっぱりとした様子。遊具では沢山の子供達が遊んでいる。噴水は十分おきに水を吹き上げる。そこに水着姿の幼児達が水浴びに興じている。

 変わった点はというと、芝生の半分くらいは沢山のポップアップテント占拠されていて、子供達が走り回る場所ではなくなっていたことくらいか

 だが、ふと気がついたが、うちの子供達は既にこういう公園で遊ぶような年齢ではなくなりつつあるのかもしれない。テントの合間をぬうように走り回る子供達より、我が子らはだいぶ大きい。うちの上の子小学五年生だ。下の子は二年生で小柄な方だが、それでもこの場所では少し浮いているかもしれない。

 池に行ってみると、昔のように畔には燕子花が葉を伸ばし、浅瀬は蓮の葉に覆われている。そして、池の中央にかかる橋から池に餌を投げ込んでいる人々がいた。どうやら今も池の鯉用の餌が売られているようだ。

 そこで、子供達を連れて公園入り口まで戻り、管理事務所に入った。昔は事務所の窓口で鯉の餌が売られていたはずだ。ところが、今は販売システムが変わっていた。事務所の裏口で「鯉・カモの餌」と「ザリガニ釣りキット」がそれぞれカプセルに入れられた状態販売されているのだ。1個100円なり。

 昔、子供達がまだ幼児だった頃は、どんなにせがまれても鯉の餌やりやザリガニ釣りはさせなかった。池の深さはそれなりにあるのに、周囲に柵などが全く設置されていないからだ。子供達が池に落ちるのを畏れた。だが、今では子供達も大きくなったことだし、これからこちらがここへ遊びに来ようと誘っても子供達の方が億劫がるかもしれない。もしかしたら、これが最初最後の機会になるかもしれないと思った。

 子供達は大喜びだ。上の子は鯉とカモの餌がいいと言い、下の子ザリガニ釣りキットを選んだ。鯉とカモの餌は思ったより多く入っていた。ザリガニ釣りキットは、タコ糸の先に小さな鉛の玉スルメの切れっぱしをくくりつけたものだった。それを園内で適当な木の枝を拾って結び着けて使うのだ。

 上の子に私がつき、下の子には夫がついた。私と上の子は池に餌を投げ込み易い、開けた場所に移動し、夫と下の子ザリガニがいそうな、浅瀬で草の陰になっている場所へと移動した。

 池の中を泳ぐ魚影は、昔に比べてだいぶ少ないように見えた。だが、一匹一匹がとても大きい。昔見たのよりも全長が倍くらいありそうな錦鯉が、泥水の中を悠々と泳いで行く。上の子はただの黒い鯉よりも錦鯉に餌を食べて欲しいらしく、餌を一粒ずつ、腕を振りかぶって遠投するが、まったくのなしのつぶて。どうやら、鯉達は全く腹を空かせていないらしい。風上の方から、ふやけた餌粒がいくつも漂ってくる。

 黙々と餌を投げ続ける上の子の横で、私はしゃがみ込み、時々水底に光る小魚の影や水面を漂う餌粒の合間をすいすいと泳ぐアメンボを眺めた。

「あーあ、全然食べてくれない」

 と、上の子が嘆いた時だった。燕子花の葉陰からカルガモが二羽、クワクワッと鳴きながら泳ぎ出て来、水面に浮かぶ餌粒を食べ始めた。ただ水の流れ任せにたゆたっていく餌粒を、カモはまるで生きている虫を捕まえるかのように、律儀に大げさに嘴を左右に振って、食んだ。そして、クワクワクワッと、まるで我々のことを「餌くれる人」と理解しているかのように見上げて鳴くのだ。時々田んぼの近くを散歩中に見かける彼らとは、ずいぶん態度が違う。用水路に浮かんでいる時の彼らは、人の気配がするやいなや、バタバタと飛び立ち、逃げてゆくというのに。人を見分けているというより、場所を見分けているのだろうという気がする。

 間近で見るカルガモは、思ったよりも目が顔の中心よりも上にあって、しかも目付きが鋭い。剣呑な目の真ん中の瞳孔は、鳩のそれと同様に虚ろだ。確か、渡辺崋山だったか……、江戸時代の終わりごろに、師匠の絵を手習いにするのではなく、自然花鳥風月を直接手本にして描く絵師がいたけれども、彼らの観察眼はかなり自然に忠実だったのだなあと、しみじみ思う。今目の前にいるカルガモは、私の子時代ワイドショーで持て囃されていた、雛を沢山連れて道路を横断するカルガモの親よりも、江戸時代の写実画によく似ている。

 上の子は、鯉を狙って餌を投げつけている間に投球のコントロールがよくなり、高確率でカモの真正面に餌を投げ込んだ。ところが、そういう時に限って、カモ達の食い付きは悪い。上の子の贔屓は、二羽のうちの後方にいる方で、これは前方に出て盛んにクワクワッ鳴いて餌を強請る奴よりも小柄で控えめに見えた。上の子は手前のカモに一粒投げたら、後ろのカモに二粒連続で投げた。だが、後ろのカモがきょとんとしている隙に手前のカモが自分に投げられた餌そっちのけで後ろのカモの分を横取りしてしまう。

「あー、ずるいーっ。なんで自分のを食べないのぉ!?

 上の子文句言い言い餌を投げる。ぼんやりと浮かぶだけの後ろのカモと、その周りを忙しなく動き回って餌を独占する、手前のカモ。後ろのカモがこちらに真っ直ぐ顔を向けたままほぼ動かないので、真正から見たカモの顔つきの不気味さがよく見える。ウサギなんかと同じで、目が顔の左右に着いているので、真向かいに向き合っても視線が合うことはない。カモのような鳥が真正から絵に描かれることが少ないのは、我々人間の顔とは違う顔をしているからであり……はっきりいって、正面から見ると別に可愛くないからでもあるんだろうな。

 と、考えていてふと気づいた。単に視野問題なのだ。私は上の子に餌を一粒貰い、後ろのカモの左脇を狙って投げた。すると、すかさず手前のカモも反応したが、後ろカモは横取りされる前に餌を食べた。やっぱり、目の前に落ちた餌は、見えないので気付き難いようだ。後ろのカモに与えようとして投げた餌はちょうど、手前のカモの視界をよぎって飛んでゆく。

 そのことを上の子に伝えたところ、上の子は二匹のカモに代わる代わるに餌を食べさせることに成功した。

 カモ達の食欲は底なしに見えたが、少しすると食べ飽きた様子で、餌を拾うのを止めてただ水を嘴で掬って飲んだ。水を飲むときは首を真上に長々と伸ばして、軽く嘴を左右に振りながら嚥下する。

 ふと、後方のカモがブルッと尻を振った。茶色い水中にあってもオレンジ色の鮮やかな、しんなりとした脚の周りを白いもやが漂っていく。

「すごい、うんちしたー!」

 なるほど、カモは水面に浮かんだままで排泄をするのか。野鳥の排泄なんて、カラス電線から飛び立ちざまに排泄をしてゆくところくらいしか見る機会がないので、いいものを見た気がする。Eテレ動物番組でも、なかなか映さないのではないか。せいぜい、ツバメの雛が親の顔に尻を向けて、ゼリー状に固まった糞を排泄して、親に糞を巣の外に捨てて貰う場面くらい。

 そういえば、冬に下の子を連れて散歩をしていたら、田んぼの真ん中でアオサギが糞をしているのを見かけた。まるで水道蛇口のように、長々と糞を噴き出し続けていた。食ったらすぐ全部排泄する。それが空を飛ぶ鳥の習性だ。

 餌を全て投げ終わったので、夫と下の子の所へ行ってみると、下の子ザリガニ全然釣れないと愚図っていた。下の子はすぐに癇癪を起こすが、案外粘り強い性格なので、取れないが食い付きはするからと、釣り上げるまで諦めないと言った。だが、夫の方が気短なので、早く帰ろうと言い出した。

 夫は、釣り場選びから釣糸の垂れ方まで下の子に口出しをしただけでもう疲れたらしい。池の周りには、夫と同じように子供以上にマジになってしまった父親達と、うんざりして別のことをやり始めた幼児があちこちにいる。

 どうしてもザリガニが釣れないので、鯉とカモの餌をもう一つ買って下の子に与えた。カモは目が左右に着いているため、真横はよく見えるが真正面はよく見えないようだ、と教えると、下の子はカモの体側にぶつけるように餌を投げた。カモは即座に反応してくるくる回りながら餌を取った。下の子がそうして黙々と餌を投げてると、やはりザリガニ取りに飽きたらしい幼児が我々の横にとことこ歩いて来て、ハルジオンの花をカモに向かってぽいぽい投げた。数メートル先の池畔では、その子父親が虫捕り網を手に持って、

「○君、ザリガニはー!?

 と怒鳴っていた。

 帰宅後、釣果が何もなかったので、日記が書けないと下の子が愚図った。でもカモに餌をやったじゃないかと宥めすかせ、日記を仕上げさせた。絵は下の子自分で描いたが、文章ほとんど私が書いたようなものだ。カモは横から餌を投げられるとよく食べる、と。カモの様子ばかりで「楽しかったです」や「面白かったです」などの自分自身の気持ち一言も書かれていない絵日記。そういうタイプの絵日記を、学校宿題として提出するなんて、子供時代には思いもしなかったなあ。

2022-04-24

anond:20220424221726

かといって米国みたいに底なしのアホにまで

自分の頭で考える習慣とかみにつけさせた結果

qアノンかに国を危うく乗っ取られかけてる

Sns時代では自分の考えなんか持つなってぐらいが丁度いいのかも

頭がいいやつはほっといても自分で考えるから

2022-03-15

沼とか言ってるけど沼じゃ無いよね

借金地獄で泥沼、とかは確かに自重で沈んでいくし抜け出すには相当な努力必要だけど

コーヒー沼とかカメラ沼とかオーディオ沼とか、自分で進んで入って行ってるだけだし

数学天文みたいに底なしでどこまでも深いわけじゃ無いよ

コーヒー

所詮は豆のランク次第」って気付いたら機器なんてどうでもよくなる

機器による差分なんて2%ぐらいで豆が6割、焙煎3割

「じゃぁ焙煎頑張るか」ってなっても家庭用の小さい焙煎機なんてクッソしょぼいから炒りたてじゃないと飲めたもんじゃ無い

結局は良質な豆をキチンと焙煎してくれる店を探したらクエスト終了(これが難しいのは認める)

カメラ

「そのでかいレンズで何撮るの?」って聞いたら大抵がモゴモゴする

そもそもカメラって手段であって目的じゃ無い

レイヤーを撮るとか鳥を撮るのが趣味な人はカメラにそんなに投資しない

レイヤーならスタジオとか撮影場所とか衣装に金かけるし

鳥を撮る人は海外行くよね

なのでせいぜい200mmF4ぐらいでクエスト終了する

ぶっちゃけ90mmF1.8で後は足で稼ぐ方が綺麗な写真撮れるしF1.4とか望遠F2.8とかただデカいだけで撮れる写真は対して変わらん

オーディオ

ブラインドテストやる?」って聞いたら大抵がモゴモゴする

人間の可聴域は物理的に決まってるんだからそれ以上のモノを持ってきても意味が無い

SONYBOSEの良い奴を買えばクエスト終了する

気に入らなければイコライザーで調整すればいい

実は違いが分かってない

結局は沼とか言ってる人は違いが分かる人になりたくて違いを見つけてるだけであって

最初から違いに気付いているわけではないし、下手したらずっと違いに気付けてない

沼なんかじゃ無いから立ち止まることができて

「本当にやりたいことは何だっけ?」

「本当に違いがあるんだっけ?」

「その違いは重要なんだっけ?」

って自問自答したらクエストの終了条件が見えてくる

実績解除の考え方だと終わりが無いかクエスト終了って考えれば良いよ

2022-02-18

anond:20220218094953

さすがに「ガイジ」は印象悪すぎるんよなあ。

ガキが言ってるのを聞いた教師がブチ切れるレベルのマジモンの差別用語やで。

「沼プレイ」とかは「泥沼」「底なし沼」のほうにすり替えていけばイケるかもしれん。

2022-01-21

終末時計オワコン

今にも核戦争が起こるかも知れないという時代に作られたものが、

何をやってもやらなくても結果が出るのは50年100年先という温暖化に使われるのはおかしいんだよな。

時計という表現がもう古い。

底なし沼にはまっていくみたいな表現の方がまだふさわしいだろう。

2022-01-11

anond:20220111180400

底なしから帰ってきただけでもすごいのに、100万も貯金したんか。すげーよ

2021-12-24

anond:20211224162824

MOBAヲタ増田がなんでも自分たち発祥だと思ってることがよく分かった

泥沼、底なし沼って言葉カイジの沼も知らないんだな

からある意味の方を上記が転じてとか言ってるのはさすがにダサい

anond:20211224162824

趣味に入れ込むとか課金する際の沼るは、際限無く沈んでく様子やなかなか抜け出せない様子を表す「泥沼」や「底なし沼」から来てるだろ

2021-12-08

anond:20211208163739

偏見だし、なんだかこちらをバカにしたいだけって気持ちが伝わるな。何がそこまでトゲトゲしくさせるんだろ。

知らない人の会話に割り込んで「お前底なし馬鹿だな」ってすげー最悪だと思わん?

2021-11-09

anond:20211109110435

正論ではある

(クロコダイン!やっぱりおまえは底なし愚か者よっ!!)

(ウド大木!!いやっ…ワシの人生踏み台を作るための…材木じゃああっ!!)

精神こそ重要

2021-11-05

もうだめだ

なんで親に人生潰されてんだろ…

倫理観精神まともじゃない親の元に生まれて、世の中で正常にやっていけるような感覚がまともな社会人に育つわけねーじゃん

社会で正常とされてることが私にとってはおかしい異常変だと感じるの育った環境親のせいだし、もうこの歳まで生きると普通のふりはできても根本から変えようもないし、親は謝ってくれるわけでもないし、世間は成人したら親は関係ない自分責任とか言うし

もう無理だよ

病院行ってはい、それは病気ですよってなってもどうせ満足に生きられないし、このまま誤魔化して生きててもしんどいだけだし、世間はみんなお前が悪いって言うし

から見れば一見まれてる家庭に見えるから余計だよ

ごみみたいな周囲の大人に都合のいいサンドバック扱いされて育って、潰れたら自己責任で、その後の人生くそなのは私のせい

お前がそこから抜け出す努力しなかった結果とか言うけど、早く死んだほうがましだと思う気持ち気合いでねじ伏せて頑張って生きた結果がこれ

どう頑張っても抜け出せない底なし沼でなんとか顔だけは沈まないように足掻いて息してる人間を、沼に足を踏み入れたことのないお前らが抜け出せないのはお前のせいだ努力が足りないと周りから見下ろして言ってくるんだよ

わざと頭を踏みつけてくる人もいる

抜け出す手助けをしてくれるわけでもないのに声だけはかけてくるし、"みんなと同じ"になれないというだけで手助けする対象じゃなくなるし、自分と違う存在気持ち悪いお前は変だ社会にこの世界に混ざってくるなと言ってくる

言ってくるやつは自分しか言ってないつもりだろうけど、会う人間会う人間ほとんどに言われてみろ

もう頑張れないのに足掻く力も残ってないのに、できればもうずっと止まっていたいのに、普通に育った人と同じように全速力で走り続けなきゃならない、止まると死んでしまうこんな世界早く滅んでしま

2021-11-01

ほんと立憲やはてサって人の話聞かないよな

事前のアンケートとかで国民の関心は何かって言ったらまずコロナ、そして経済雇用子育て対策とかだよ。

それなのにモリカケ文書偽造がうんたらかんたら夫婦別姓がどーたらこうたら言い出して、そんなことより他に言うことあるでしょって言うと我々は対案も出してますモリカケはどうでもいいのか!文書偽造は民主主義の根幹に関わる問題だ!ってブチギレてんの。

そりゃわかるし当然そうだけど、そんなのは政権取ってから自由にやれよ。多くの国民に声を届けたいならまずモリカケ夫婦別姓じゃねーだろアホかってことが言いたいのにぎゃあぎゃあ自分たち正当性をわめきたてて自民サポーターがわいてきただのレッテル貼って相手を黙らせれば票が伸びるとでも思ってたのかね。底なしのアホだな。

ほんと立憲やはてサって人の話聞かないよな

事前のアンケートとかで国民の関心は何かって言ったらまずコロナ、そして経済雇用子育て対策とかだよ。

それなのにモリカケ文書偽造がうんたらかんたら夫婦別姓がどーたらこうたら言い出して、そんなことより他に言うことあるでしょって言うと我々は対案も出してますモリカケはどうでもいいのか!文書偽造は民主主義の根幹に関わる問題だ!ってブチギレてんの。

そりゃわかるし当然そうだけど、そんなのは政権取ってから自由にやれよ。多くの国民に声を届けたいならまずモリカケ夫婦別姓じゃねーだろアホかってことが言いたいのにぎゃあぎゃあ自分たち正当性をわめきたてて自民サポーターがわいてきただのレッテル貼って相手を黙らせれば票が伸びるとでも思ってたのかね。底なしのアホだな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん