「リンク集」を含む日記 RSS

はてなキーワード: リンク集とは

2021-05-14

anond:20210511011851

問題のことを書いた奴に石を投げていいのは

本田未央競馬辞めるネタ」に対して否定的な考えを持ってる者だけだ…

いいや、前述のネタについて

スレ大元のような「オタクくんさぁ…」界隈が放置してきたことも非があるんだけどね

エビデンスリンク集こちから

https://brendersmoon.hatenablog.com/entry/2021/05/09/212626

2021-02-22

君は、本当にいい人だね

じわじわ人気が出ている漫画最新刊に対して、ウテナじゃんという言及があったらしい。人気作は読むまで他人感想を避けまくるが、人気が出ていることを知らなかったためうっかり踏んでしまった。寝かせてもどうせ思い出してしまうので、読む。良かった。解釈というか思い入れ全然違うので、さらっと消費している人がそう言うのも分かるし、自分の受けた印象と衝突しなかった。

ちょっと思い入れが強すぎる。昔見たものも今好きなものも。昔のものはあまり他の人の解釈に触れる機会が無かったし、今好きになるものは、エネルギーが低くて本当に好きにならないと好きになれない。どちらももう完全に自分世界ができているので、他人を入れたくないのだ。インターネットに触れた頃の作品は、他人の多様な解釈も楽しめるのだが。

ほっとしながらも、意識してしまってからはどうにも思い出す。特にからなかったことこそ何度も思い出す。

玉ねぎ王子告白昇降室に行ったとき、唯一追い返された。君は、本当にいい人だね、と。彼はデュエリストになれなかった。ならなくて済んだ。特別ことなのに、作中ではそれ以降触れられることもなく、どうしてだろうという気持ちけが残っていた。

さすがに時が経っているので、不可侵さも減っているようだ。少し前にアンシー=ウテナという解釈に惹かれたのも手伝って、あの台詞意図を調べたくなった。

見つからない。今や Google は「それ程詳しく無い人がさっと見て分かった気になる」多くの人が求めるページばかりを出し、そんな個人的解釈は誰も求めていないとして、どれだけページを繰っても表示さえしてくれない。

けれどロボット検索の登場によって衰退した「リンク集」も、もはや多くのサイトには存在しない。サイトと似た趣向、サイト運営者が好ましく思うという得難い情報によるリンクは、もう失われてしまった。

人が、ひとりひとりが何を思うかを見つけられるのがインターネットだった。もう、人気を集めるコンテンツサジェストされるのみだ。好ましい見解は、好ましい人が所属するコミュニティにどっぷり浸かって人づてに見つけるしかない。既存情報のように。そしてそういう場所では、「ひょっとしてこういう意見もあるのではないか」と思うような意見からは縁遠くなる。インターネットは影響力は無いが存在するものを見つけられるものだったのに。それは、自分だけじゃないんだという生きる希望にもなったのに。

世界が変わればいい。そう思う私は玉ねぎ王子のようにはなれない。だって世界、変えたい。だってそれはあった。今まで声を発して来なかった人を見つけられるプラットフォームが、かつて存在した。

2021-02-21

プロ上位陣の作問集リンク集

インターネットをやっていたら発見しました

それほど公にされているものではないようですが、誰でも閲覧可になっているものなので、リンク勝手にまとめるのは自由であろうという考えに基づいて本記事作成していますが、怒られたら消すかもしれません。

各ページの投票履歴を見るに、上位陣の中ではある程度広く広まっているものではないかと推察します。(上位陣が集まるクローズドコミュニティ存在示唆されますね、わくわくします)

下にリンク一覧を貼っていたのですが、リンクが5つ以上だと増田投稿できないようです。続きは以下のリンクにまとめました

https://pastebin.com/9DXUgxvp

2021-01-30

シフトアップネットゲーム墓場(元ゲームの穴場)

http://www.shiftup.net/

flashが昨年末に終了したことを受けて、flashゲー全盛期を代表するwebサイトだったシフトアップネットがすごいことになっているので見てほしい。

現状ごく一部の非フラッシュゲー以外は、ゲームアイコンクリックすると「〇〇を懐かしむ動画」というタイトルyoutube動画リンクが貼られたページにジャンプする。

ねおきでクエスト、ポン太の冒険、億万長者ごっこ魔法機械ミズキ、テミクロetcetc.....すべて動画ページだ。

往年の名作フラッシュゲーが全部動画に変わっているのはこう、絶滅した生物剥製展示を見ているような気分だ。

というか今日おすすめゲームクリックしたら動画ページだし、占いウラナ(おすすめゲームを選んでくれるflashゲー。選択肢を覚えると永遠におすすめゲーに巡り合えずループし続けるネタゲーだった)も全部動画ですよ。震えてくる。

なおテンミリオンは新作アプリ版があるにもかかわらず気合オリジナル版がRuffleというエミュレーター対応して公開されている。一番の人気作だから仕方ないね

懐かしいよねテンミリオン。私もSS書いてたよ黒歴史だけどな。

さらに注目が左下の「ゲームの穴場」というリンク集だ。

たいていのリンク消滅していて、スポンサーサイトも大体サ終したネトゲたち。

しかも辛うじてリンクが表示されるゲームflashどころかjavaアプレットとかショックウェーブプラグイン使用したゲームなので当然表示がされない。

まさにゲーム墓場だ。懐かしすぎて頭が痛くなってきた。

みんなはシフトアップネットやってた? やってたら好きなゲームを教えてほしい。

私はスキルマスター一時期はまってました。シュートマスターが好きだった思い出。

あとアプリで何作かゲームあるので死ぬほど暇ならどうぞ。サモンメイト結構面白かったです。ケルベロス強い。

2021-01-08

Kyashの海外サービス手数料について

ここ最近、Kyash社が提供する資金移動サービスKyash」の海外サービス手数料Twitterで騒ぎになっている。

日本国外の加盟店で、日本円建ての取引をすると「海外サービス手数料」として3%が決済代金に加算されるというもの

しかし、この手数料を払う必要はない。以下に理由を述べる。

理由の前に、Kyashの利用規約について述べる必要がある。

Kyashには2つの利用規約があり、アカウントの種類によって適用される規約が異なる。

Kyash送金サービス利用規約Kyashバリューアカウント利用規約である

どちらの規約も、今回の手数料問題となる部分は同じ文言である

理由

理由1

Kyash送金サービス利用規約11条2項には以下の記述がある。

外貨取引については、当該取引事務処理のため、別途当社が定める「海外サービス手数料」がかかります。当該手数料については当社Webサイト上に掲載します。

外貨建て取引手数料がかかる旨の記載はあるが、海外加盟店での日本円建て取引手数料がかかるといった記載はない。つまり今回問題となっている手数料根拠がない規約違反であり契約違反である

理由2

規約にこそ記述はないが、公式サイトヘルプページには記載がある

しかし、このページは2020年12月ごろに書き換えられたものであり、Eメールアプリプッシュ通知などで利用者に通知されたものではない。不当である

結論

手数料の返金要求をするべきだ。

お役立ちリンク集

https://web.archive.org/web/20201123170556/https://kyash.co/legal/terms/value-account

一般社団法人日本資金決済業協会|お客さま相談室

全国の消費生活センター等_国民生活センター HTTPSが腐っているので注意

日本弁護士連合会:全国の弁護士会の法律相談センター

2020-11-30

「ヤタガラスはなぜ怖ろしいのか」シリーズリンク集 - ろーだいありー

https://lucyukan.hatenablog.com/entry/2019/08/31/095600

「桐嶋ローダ」のプロフィール

id:lucyukan

最終更新: 8時間

私は「桐嶋ローダ」と申します。メガテニストであり、葛葉ライドウメガテンシリーズキャラクター)を愛する。「超國家機関ヤタガラス」(メガテンシリーズに出てくる架空組織)の怖ろしさを伝える記事をメインにしています。このブログ個人非営利ブログであり、ゲームメーカー様や本の出版社様などとは一切無関係です。ブログ記事写真無断転載お断りします。当ブログ記事へのリンクフリーです。コメント欄はありませんので、ご了承ください。私に対して誹謗中傷行為名誉棄損行為迷惑行為ストーカー行為などをする方には厳正に対処特に悪質な中傷等を繰り返すような方を見かけた際は法的処置を取る可能性もあり。



悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏

https://kirishimaloda6915.hatenablog.com/

「桐嶋ローダ(2号)」のプロフィール

id:kirishimaloda6915

桐嶋ローダ(2号) (id:kirishimaloda6915) はてなブログPro

最終更新: 3時間

私は「桐嶋ローダ(2号)」と申す者。葛葉ライドウゲームキャラクター)を愛するが故、「超國家機関ヤタガラス」なる架空組織批判するメガテニスト右派歴史修正改竄主義には徹底して対抗する。このブログ個人ファンブログであり、ゲームメーカー様とはいっさい関係ありません。ブログ記事無断転載お断り。当ブログ及び記事へのリンクフリーします。コメント欄はありませんので、ご了承ください。私に対して誹謗中傷名誉棄損行為迷惑行為嫌がらせなどをする方には、厳正に対処する。あまりにも悪質な嫌がらせ場合は法的処置検討する。


kirishimaloda6915のブックマーク - はてなブックマーク

https://b.hatena.ne.jp/kirishimaloda6915/

2020-11-29

[]2020年11月28日土曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
00137981471.624
01151978864.828
0268462968.117.5
0322217398.860
0421128061.028
0514130092.936
06345246154.343
07374251114.944
0855516994.047
099811812120.538.5
10112972586.834
111671155669.234
121571112470.932
131171051489.943
1412314628118.943
1512225137206.047
161721639295.341
1725125394101.234
182652610598.535
191871474078.849
201381360298.645.5
211221101990.337.5
221161061191.542.5
231741388779.832
1日286026989694.436

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

あらいぐま(6), ウオッカ(5), インターネットアーカイブ(4), ユリイカ(5), 強産(3), gacha(3), リンク集(13), 珍奇(8), 📛(4), 下女(3), 女王蜂(3), ブックマーク(45), 自尊心(13), 泣く(16), 的外れ(10), バズる(8), ありふれ(6), レース(6), 著作権(10), 泣い(36), 珍しい(15), 滅(19), 本文(10), 出版(9), 鬼(21), ガチャ(14), リンク(15), 泣き(15), ソシャゲ(13), バズ(15), リスト(11), 発達(12)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

■もうダメだ 東京を滅ぼすしかない /20201128003912(30), ■やけに植物に詳しい悟空、やっぱり集英社から怒られた模様 /20201127214512(16), ■ブスだから人権がない /20201128210114(14), ■スズメバチコロニーシステムとしての死 /20201128014600(13), ■劇場版鬼滅の刃が、実は画期的発明だったんじゃないか説(ネタバレ /20201127182150(10), ■ /20201127195629(10), ■子供できてしまった /20201127233604(10), ■正体が分からない絵文字 /20201128191926(9), (タイトル不明) /20201128032231(8), ■あらいぐまラジカル /20201128030400(8), ■苗字名前を入れ替えても成立する人 /20201127000146(7), ■ブラウザブクマ公開したのにコメントはおろか星1つ付かないんだが /20201127132423(7), ■悪しからずさん /20201128022302(7), ■非公開の性別を逐一詮索しないでほしい作家の話 /20201128060252(7), ■うつ病は「甘え」「頑張れ」「辛いのはお前だけじゃない」と言われると死にたくなるらしい /20201128105352(7), ■anond20201128120109 /20201128120311(7), ■anond20201128180015 /20201128180250(7), ■ /20201128132529(6), ■小さな違和感理由に人を切れる? /20201128134101(6), ■童貞ソープに行こうとして調べてたらしんどくなってしまった /20201128153210(6), ■「元増田」って変な作りの言葉だな? /20201128171308(6), ■ /20201128171910(6), ■オス豚はくさい /20201128231800(6), ■発達障害支援限界について /20201128191311(6), ■ /20201128020550(6), ■スカッブコメ! /20201127223704(6), ■ぱ行が好き /20201128120713(6)

2020-11-28

anond:20201128195028

ブックマークのあけっぴろげ羅列というののはそれに比べて皆無に等しい。これは客観的に真偽を測れる問題だ。

ほんとにそうか?

なぜ今公開されているリンク集管理者による「ブックマークのあけっぴろげ羅列」でないと思う?

世間一般普通リンク集と君の「ブックマークのあけっぴろげ羅列」と何をもって外側から区別できる?

anond:20201128185736

増田リンク集についてだいたい上記のようなことが言われてて

増田が延々、「俺が評価してるんだから他人評価するはずだ」の一点張りから同じこと言われ続けるんでしょ

anond:20201128175408

どういう人物かは重要じゃないでしょ。

ほとんどの人はどういう人物かを重要視するから

君のリンク集にはリアクションがないんでしょ?

anond:20201128165655

元増田情報系のオタクっぽいっていうのもリンク集見た後でわかる話だからなぁ

初見ではなんかスパムっぽい羅列以上の認識はできんだろうし

そうなったら2回以上みることもないだろ

anond:20201128164908

内容にもよるけど、それ以上に話の導入によるという指摘が延々されてるよね。

例えばハチコロニーがうんぬんのやつは最初テーマが示されていて、順次説明があるからだれでも話を理解できるわけだ。

一方で元増田リンク集は、玉石混交でろくに説明もなく一般的にこういうものは99%以上が石だという感覚があるわけで

見知らぬ素人が出してきたそんなもんを全部見て行って玉を探し出そうとするような奇人は滅多にいない。

で、元増田感覚によると50人もアクセスがあればだれかが玉を見つけたり、リンク集全体から趣?を見出して反応するはずだということなんだけど

50人なんか4桁は足りてない感覚値だよね

anond:20201128150345

今日見たサイト

URL

URL

URL

URL

このような備忘録ブログはありふれているので

リンク集でないことを力説されても目新しさは感じないと思います

2020-11-27

anond:20201127142008

「通常はプライベート事柄とされるブックマークの公開」

いやだからそれは普通の「リンク集」と変わらんだろ。

何の説明もないぶんリンク集よりなお役に立たない。

anond:20201127132423

どんなに詳細なリファレンスなのかと思ったら単なるリンク集じゃん

ふた昔まえのホームページならどこでも十把一絡げで置いてあったわ

2020-10-28

anond:20201028170352

お前みたいな奴の判断力こそ理不尽杜撰だ。

いわゆる「日記を書」増田のことだ。深夜帯に大量に投下され、午前中に運営によって削除される。

その増田前後を巡ってみよ。消しを逃れたいくつかのスパム————本当にURLしか載せてないリンク集の複製、が見られる。

2020-09-05

anond:20200905031635

パイ〇ン女優(有栖〇〇とか)の単体作品を探せばいいのでは?

レズで絞り込んで、ソフトものをさがせば見つかりそう(有料動画サイトで)。

海外だとMet-art, Femjoy, Abbywintersなどのソフトコアサイトの周辺を探せば見つかりそう。

エロ関係キーワード普通に検索して、まともなものに当たったことがないので、

好みのものがありそうなサイトレビューサイトリンク集サイトから探したほうがいいと思う。

2020-08-28

インターネットの海で彷徨う旧世代貴腐人

昔々、高校生だった頃、なんの因果BLにハマり、腐女子としてとても楽しい学生生活を送っていた。

時はインターネット黎明期2次創作小説漫画サイトが乱立し始め、掲示板(!)やリンク集(!!)や相互リンク(!!!)などの文化がまだ残っていた頃。

ネットに繋げばいつでも萌え補給できて同士と語らえる環境で、どんどん腐女子レベルを上げながら楽しい日々を過ごしていた。

しかし、実家を離れて進学した後は中々萌え対象も見つからず、楽しい趣味からは徐々に遠ざかっていった。

気づけば、腐女子だった時代は遠くなり、普通の人と結婚して子供も生まれた。

ところが。

今日子供を寝かしつけていた時、何の脈絡もなく突然妄想が降ってきた。

先週の半沢直樹トリガーした半沢攻めの妄想

正直どうよと思いながら、妄想がぐるぐる回るのを止められなかった。

久々に萌えが生まれそうな期待にワクワクしながら、子供が寝た後Google先生で、「半沢 SS」等とぐぐってみるが、全く萌えを高めるような小説にも漫画にも出会えない。

私が萌えから遠ざかっていたXX年の間にインターネットは変わってしまったのだろうか。

愛するカップリングについてホームページ(!)を作り作品を公開するということは、若い人には流行らないのだろうか。

ならば仕方ないと思い、昔アカウントだけとったTwitterで同じような検索をしてみるが、中々萌えを語るツイートに辿り着けない。

カップリングを変えても、まだ見つからない。

一体どこに行けばこの萌えの同士と出会えるのか。

インターネットの海を彷徨えど、目的地にたどり着けそうな気配はない。

でもきっとどこかにいるはずの同士を探して、しばらく彷徨い続けるだろう…。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん