「地震だ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 地震だとは

2020-02-12

政府の基盤クラウドAWSになった件について

憶測を書きます

  1. 米海軍NIWCが「AWS GovCloud」、
  2. CIAAWS情報機関専用のリージョンSecret Region」を利用。2023年までに移行予定。GovCloudは西海岸東海岸リージョンにある。
  3. 米国防総省はAzureで100億ドル
  4. 米国にはCLOUD法があり、米国外に保管されたデータ米国の法の執行によって要求する際の仕組みを取り決め。日本国内に置いたサーバーについても米政府から開示請求があれば開示しなければならない。CLOUD法に賛成表明したのは、Apple,Facebook,Google,Microsoft,Oath
  5. 米国選挙システムAWS
  6. AWSの設定ミスでS3バケットに保存され閲覧可能状態だった
  7. 日本では、NTTデータ監査法人PwCあらた富士ソフトの3社が、「政府機関等の情報セキュリティ対策のための統一基準群」https://www.nisc.go.jp/active/general/kijun30.html平成 27 年にAWS環境でどうするかを記載AWS側のWebサイトもある。
  8. 日本防衛産業サイバーセキュリティは、米国NIST SP 800-171準拠
  9. F-35ロッキード・マーティンパトリオットミサイルレイセオン多目的ヘリコプターテキストロンはAWSを使っている。F-35データを守るにはAWSか。
  10. 欧州はNextcloudで欧州にある企業を選んでいる。

以下、憶測だよ!

  1. 政府機関のデータ米軍基地内と米本国に常にバックアップが取られるよ。BCP観点だと地震だとしても東日本西日本だけでいいよ。日本全部が駄目になるってときデータ復活の必要性なんてないよ。
  2. 日本官僚の作っている資料は、米国代表に見せる前から閲覧できるよ。リアルタイムで共同作業ができるって素敵だね!効率化だよ!
  3. 戦争が始まったらミサイルサイバー攻撃が初手。ミサイルを打ち返せないようなデータセンターに政府データを置くよりも米国の傘の下にいる方が安全だよ。
  4. もう日本国内産業を育てるのは辞めたってことだよ。
  5. 予算の詳細も米国がわかるってことだよ。余ったら米国債行きだ!

2019-10-12

うおお地震だ津波だ → 買い占め

消費増税だ → 買い占め(むしろ損してる

台風がくるぞ → 買い占め

売る方にとってはいいのか?w

2019-09-14

anond:20190914080306

いやまてよ、元増田大陸人かもしれないじゃん。

まあ大陸地震だハリケーンだの汚染だの暴動だのあって大変そうだけど。

2019-08-04

地震だあああああああああああ!!!

この世の終わりじゃあああああああああああ

2019-08-01

anond:20190723004058 選挙自民党投票した19歳の私 さんへ

anond:20190723004058

選挙自民党投票した19歳の私 さんへ

届いて読んでいただけるとうれしいです。

以下、19歳さん とお呼びしま

19歳さんはとても正直に、今のご自分の思うことを整理されていると思いました。

便乗じゃなくリプライみたいに書きたかったのですが

とっても長くなりました。

19歳さんの親ほどの年齢の、自民党(と補完政党公明維新)に投票しなかった私も正直に。

ブログに書かれたことで、

19歳さんはもうご自身で気が付いているかもしれません。

今回 19歳さんが選んだこと・選ばなかったことには、

確かな理由価値観と 積極的希望はなかったことに。

そんなの無理もないです。

ちゃんと考える時間も学ぶ機会もなかったのに

はい選挙権」「投票に行こう!」「権利を使わないなんて!」

だけ

何か急にやんや言われている。

で、投票してみた日にはその選択を「何でぇーーー???」って言われるし

19歳さんがいま確かな価値観積極的理由がないから、もの知ってる大人より浅はかとか

そんなことは絶対にないです。

だって

政治ウォッチに関する年季も関心も知識も私の1000倍あろうかという大人

「正直だ!おもしろい!」ってN国党に投票して

あまつさえ「わしの周りではみんな(N国)褒めとる!ワハハ」みたいな方も見ましたからね

...バ〇

私の若いとき選挙20歳から

そしてわたし、初めて投票したの40歳超えてからだし

それからも数えるくらいしか行ってない...

投票前に深く考えてリサーチ.....なんてしなかった。

から思ったら「間違ったな」っていう選択のほうが多くて

誰にも言えない...

かに学ぶ機会はなかったけども

それ以上に 自分で考えて情報を求めに行くことがなかった。

そして、それでも世界は変わってないように見えていました。

周りもみんな大丈夫そうだし。誰も何も言わないし。

ただ、維新が出てきたときには(私大阪在住なので)

維新だけはダメ!あかーん!」とボロクソ言う声はよく聞きました。

TVほとんど見ないし 橋下さんも顔と名前しか知らなかったんで

「何で?」って聞いたんですけど

「とにかくアカン!」しか返ってこない。

後々に橋下さんが退いたあとも「維新ダメ!」はやっぱり聞きました。

そしてやっぱり

「何で?」って聞いても返事は

「何でも!」はてには「○○は土方やからアカン!」

...わかんないですよ...

どこがダメなのか、理由を聞きたかったのに。

※今はわかります 生理的にとかじゃなく、政策(と性質)が決定的に支持できません。

根拠は...聞かれてないしここでは控えます

....しか

維新については若い方が一瞬 「なんとなく、いいのかも?」って思わせられてしまうのがすんごいわかるので

ええ私もむかし憶えが....ので本当はお伝えしたい...

...のをこの場ではぐっと我慢します...


話それました。


19歳さんの世代に伝えるものを持つべ私たち世代もまた

知識や関心が欠損したまま大人になりました。

欠けたままでいることを疑わなくても

何となく今までは無事でいられた(ように見えた)のはただ、その前の時代ギリギリのおつりだけで。

たぶんそのおつりはなくなっています

消費税ない時代=生まれる前の時代とか知らないか不安

そうか知らないと不安ですね。

私は消費税ない時代にもう成人して仕事もしてて、ついこの前くらいの感覚なのでそうでもないですが

政権がめざそうとしてるところは何につけても、明治時代とかのイメージです。

誰も生まれてない。未知。不安です。

まとめブログNAVERか...

あれは趣味CMサイトだという認識でした。

一部の大人ファンタジーを満たす的な?該当の記事は見てないけど。

ちゃんとした国防とは何だろう。

ネット情報の真偽は別にしても(これも言い出すと長くなるからやめます

国防とは対外国だけではないはず。

経済国防だし

なにより日本自然災害が毎年かならず複数回あって

それは絶対に避けられなくて、ほんの数日で戦争テロと同じかそれ以上の被害を受けます

地震だったら数分です。

私は

311の直後 当時の民主党政権が 

被災者の救済を速やかに進めるために、与野党一致の協力を求めたとき

当時の野党だった自民党がそれを拒否したことが忘れられません。


自民党がやりたがってる改憲問題は9条の他にも山ほどあって

特に、「緊急事態条項」の問題はもうご存じかもしれない。

これがもっと周知になったら、

災害対策から外国採用してる条項から

きっと言い出すでしょう。

でもあの当時(まだほんの8年ちょい前)から何を学ぶことも反省もなさそうな現政権

生活も命も左右されるようなこと任せる気になれないです。


自民党ももちろんまともな議員はいらっしゃいます

リサーチしていればわかってきます

でも所属している限りは、個人で逆らって上の決定を変えることはできないでしょう。


※立派なキャリアを重ねているのに(容姿偏差値トップクラス

何に対しても何の意見も持たない、見事に白紙の超有名サラブレッド2世議員の方もいます

何となくイメージこわい。油断できない。



私は共産党れいわに投票しました。

何よりも、経済政策いちばんまともだということを優先しました。

(すべての根っこが経済政策にあるというのがわたし選択価値観です。)

2019-07-08

anond:20190708145212

原発必要悪なのは分かるけど、なんで2019年にこの話題を出してるんだ?

内容には同意できるけど、意図が分からないよ。

選挙の争点にもなってるのかな。

反原発論者の人って何考えているか調べたことないけど、います原発をやめろ、ってことを主張してるんだよね?

恐らく地震だったり、あるいはミサイルの標的にされたりして危ない、ってことがその根拠だと思う。

そうなると増田手紙はそういう主張には答えていないことになるよ。

それに安定的な電力供給にしたって、たとえば福島警戒区域に大規模な太陽光発電風力発電を作ったり、大規模な蓄電施設を作ったりすれば実現可能なんじゃない?

だって夜間には捨てている電力だってあるし、そういうのはなんで活用できないんだろ?

実現性や採算性がないからだと思うけど、ちゃん検証してみたのだろうか?)

それに新しい電力源として、太陽"熱"発電や、重油産生藻類による有機燃料生産ってのもある。

(熱核融合とかレーザー核融合とか、安全な方の核を使う方法もあると思うけど、これはまだまだ先だろうしな)

原発を期限を設けずになーなーで使っていたら、普及しそうなものも普及しなくなっちゃうんじゃない?

こういう手段をもってしてもやっぱり原発じゃないとダメなんだ、ということをもっと明快に語ってくれないと、反原発論者は聞き入れないと思うよ。

面倒くさいと思うけど、考えられる可能性をすべて先回りして列挙しつつ論破しないと、誠実な主張とは言えないと思う。

2019-06-18

トリガー最低すぎるな。エヴァ信者卒業するわ

映画プロメア』大ヒット上映中!認証済みアカウント@promare_movie8分8分前

地震だ!!!!!

火の用心!!!

#プロメア #PROMARE #滅殺開墾ビーム



やっていいことと悪いことのラインなんて基本的には気にしないんだが、流石に人死が出るような状況を煽るのは許せねえ

2019-03-31

anond:20190331214106

学生時代貧乏ゆすりしてがたがたがたがた、地震だぞー!って言ったら

「はっはっは。馬鹿じゃねえの」

って馬鹿にされて憤慨したので、そのクラスメイトの机を揺らして中身を吹っ飛ばしたよ。

2019-03-11

8年も経ったのに何をしているんだろう

2011年3月

当時、私は都内某所のどこにでもいる大学生だった。


自宅で長く激しい揺れを体感し、すごい地震だったな、震源地関東のどの辺だろうとTVをつけると、何と「東北」とでかでかとテロップで映し出されていた。

私の実家福島県にある。慌てて親に電話を入れるも当然ながら全く繋がらず、連絡が取れたのは結局地震から3日が経ってからだった。

その後も色々と大変なことは大変だったが、家自体津波による被害はなく、近しい親族も友人も全員無事だったので周囲に比べれば幸運な方だと思う。

それでも、震災(と原発事故)は地元を一変させてしまった。避難によって子どもは減ったし、親戚の家は立入禁止区域になった。畑には除染後の除去土壌が山のように積まれている。線路がないので帰省に使っていたスーパーひたちも走らなくなった。


こうした体験を経て、私はぼんやりと何か地元の役に立つことがしたいと思うようになった。

進学したはいもの特にやりたいこともなく、将来を決めあぐねていた自分にとって、地元貢献というのは耳障りがよかったのだと思う。浅はかにもほどがある。

折しも研究室配属の時期であり、ちょうど震災復興支援に関連する研究を開始した研究室があったこから、迷わずそこを希望して卒業まで研究に打ち込んだ。


就職先も当然、研究テーマと似たようなことをやっているところにするつもりだった。

しか就活を始めてほどなく気づく。ないんだよね。復興支援だけをやってる民間企業なんか。

ほとんどはメインでやってる事業があって、そのノウハウ復興支援にも使えそうだからやってみているだけ。当たり前だけどそんなんばっか。

で、面接御社復興支援事業に興味があって~と言うと必ず聞かれるのがこれ。

「それはあくまで弊社の多岐にわたる事業ひとつであって、君の希望するところと違う部署に配属される可能性も十分ある。それでも頑張れますか?」


気づいた時点で就職をやめて、博士課程に進んでテーマを究めばよかったんだけど、残念ながら私にはその度胸がなかった。

金がない。科研費はもらえるかどうかも分からない。博士修了後は行く先がなくてワープアまっしぐらかもしれない。

そもそも博士になれるだけの力が自分にあるのかどうかも自信がない。

研究室ポスドクがいてその悲惨な状況を目にしていただけに、勇気が出なかった。


結局前述の質問には「はい!いつか希望部署に行けるまで地道に経験を積んで頑張ります!」とかなんとか無難な答えをしてメーカー就職を決めたわけだが、予想通り配属先は全く関係のない部署だった。


そして就職して数年。異動の気配、全くない。


修士卒の女の二十代は短い。この数年の間に結婚して、子どもも産んだ。

やりたいことをやれる会社転職しようと思っても、子持ち女(時短勤務、出張不可)を採用してくれるところは少ないだろう。

これから子ども教育費はかかるし家も買う。今さら大学に出戻って博士課程をやるのも難しい。


幸か不幸かうちの会社福利厚生が手厚くて給料も良く、働くこと自体に関しては何の不満もない。

ただこんなはずでは…という気持ちをずっと抱えている。


書いていて過去自分の思い至らなさを認識して恥ずかしいけれど、全く地元に貢献できないままに8年も経ってしまったというモヤモヤを吐き出したかった。

自分勝手ですみません

2019-01-17

阪神淡路大震災の思い出

あの頃、私は大阪大学研究室で、毎日ひぃひぃ言いながら研究に明け暮れる日々だった……とか書くと、何自慢してるんだ、とか言われそうなのだけど、なかなか良い結果が出ずにひぃひぃ言っていただけの話で、色々辛い思い出ばかりの時期だったのだ。

そんなときに来たのがあの地震だった。私は深夜に戻って寝ていた下宿であの地震に遭遇したのだが、幸いそこは大した被害はなかった(室内はぐちゃぐちゃになったけれど)。しか大学は、あちこち建物の窓が割れていたり、ある建物最上階ではボヤになったり、実験に使っていた装置のアラインメントが狂っていたり……と、色々と問題が出て、その後も何か月もの間尾を引いた。友達の一人は、家の壁が抜けてしまい半壊認定、そして転居することになったのだが、もともとが貧乏人(馬鹿にしているのではなく、私も同様の貧乏人だった)だったので、見舞金で一種焼け太りとでもいうような状態だった……いや、でもあの忙しい時期に引っ越すのはそれはそれで大変だったと思うけど。後輩のひとりは家が全壊し、しばらく研究室に住み着いていた。よく研究室シンクで、湯沸器で行水していたっけ(後で考えるに、体育館にでも行けばシャワー位ありそうなものなのだが)。

そして……ここからがこの文章の本題であるあの日から一週間程過ぎた頃、隣の学科教授が亡くなったという話が聞こえてきたのだ。その教授はある分野ではかなりのビッグネームで、私も概論のような授業でその教授の授業を受けたことがあったのだが、私の専門分野とは微妙にずれたものだったので、それ以上の関係というのはなかった。ただ、そのときの状況は、そんな位置にある私から見ても何やら奇妙なものであった。普通教授が亡くなったら、それはそれなりに騒ぎになる。病気療養中のところ、とかいうならまだ準備ができているかもしれないが、聞いてみると、やはりあの震災で亡くなられたのだというのだ。だったら尚更、騒ぎになってもよさそうなものではないかしかも一週間過ぎてから……どういうことなのだろうか。

友達に一人だけ、その学科学生がいたので、学内で見かけたときに思い切って聞いてみたのだ。彼は言葉少なく、

ちょっとな……」

ちょっと、って、何よ」

「色々あるんや。言われへんこともあるんや」

言われへんこと……そのときは、ちょっと想像がつかなかった。まあ、周囲の目もある学内から、話そうにも話せないことでもあるかもしれないんだが……でも、殺されたとかいうならまた別だけど、そういうわけでもなさそうだ。一体、何が問題なのだろうか。

共通の知人の家で遊ぶことがあったので、思い切ってもう一度聞いてみると、ようやく彼は事の経緯を教えてくれたのだった。

その教授は、最初行方不明という話になったのだった。確かに震災があったわけだが、その教授の家があったのは大阪である大阪も、場所によっては確かに酷いことになっていたのだけど、その教授の家はそういうこともなかったらしい。しかし、教授と連絡が取れない。そうなって三日が過ぎたとき、思いもよらぬ報せがきた。神戸市内のある倒壊家屋で、その教授遺体発見されたというのである

「……何故そんなことに」

「……俺もな、話聞いて、最初分からんかったんや」

「で?」

「その家屋、ってのが問題なわけよ」

教授遺体と共に、一人の女性遺体発見された。そして判明したのだが、この女性教授愛人だったのだ。つまり、この教授神戸市内に妾宅があり、そこに滞在していたときにあの地震に遭遇、倒壊した家屋の中で亡くなったということらしい。

「……そんなことって」

「あるのか、って思うやろ? 俺もそう思ったけど、事実そういうことらしい」

しかし、じゃあ何故その後更に時間がかかったわけよ」

恋人でなく愛人と書いたこからもお分かりかと思うが、教授には家庭があり、夫人がおられた。その夫人が、教授遺体の引き取りを拒絶し、その後の説得に対してもなかなか翻意しなかったのだという。まあ、この夫人心中を思えば、むべなるかなとも思うわけだ。三日間、消息心配していたその矢先に、思いもかけぬ場所で思いもかけぬ経緯で命を失い、しかもそれが自分への裏切りとセットになって報されたというのだから

こういう学界のビッグネームが亡くなったときには、その弟子や同じ分野の研究者達が「追悼論文集」をまとめ、出版するのが通例である一年近くの後、この教授の追悼論文集が出版され、私の研究室にも回ってきた。教授をしのぶコメントに目を通してみたけれど、「不幸な事故に遭われ……」としか書かれていない。私もいくつかこの手の論文集を目にしたことがあるけれど、何々という病気で闘病され、とか、これこれの事故に遭われ、とか、少々リアルな話が書かれていることが多いものであるしかし、そりゃあ弟子業界関係者も、今回ばかりは書きようがない。論文集を読むだけでは、何かその教授がすっと消えうせたかのようにしか思われない。そんな印象が今も強く残っている。

私はこのことから何を学んだか。いか天災であったとしても、この教授は、自分が死んでしまえば後のことは知らない……などとはとても言えない程に、残された人を深く、多く傷付けることになってしまったわけだ。家族だけでなく、自分の育てた弟子と言ってよい研究者達も、師匠を突然失った喪失感を抱えつつ、その師匠のこんなことをどう扱ったらいいものか、と困惑し、悩みながら後始末をするはめになったわけだ。どれ程高潔に、後々の準備をして死んでいく人であったとしても、そういうものを完全に残さずに逝くことはできないだろうけど、やはりあれはまずかった。自分がある日この世から消えて、その後に残される近しい人達のためにも、誠実に生きていかなければならない。いや、それ以前に、自分がそういうことに対して誠実になりたいと思えるような、そんな生き方をしなければならないんじゃないか。そう思ったのである

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん