「無趣味」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 無趣味とは

2019-01-23

夫が女装していたその後

何年か前に夫が女装していた増田だけど、なんとなく書きたくなったからその後の顛末を書く。特に面白い話はない。

結論からいうと我々は離婚した。なので、全て元夫になるのだが、ここでは「夫」としておく。

女装グッズを全部捨てた数週間後、どうしても女装がしたいと話をもちかけられた。

私は「私の前でやるな、やるんだったら私の預かり知らないところで1人で勝手にやってくれ、私に一切話しを持ちかけるな」というような内容を夫に伝え、夫はそれを了承した。

さらにその数週間後、「どうしても女装セックスがしたい。1度でいいから。」と言われ、「女装姿のあなたセックスすることによって貴方を異性として見ることが不可能になる可能性があるが良いのか。」と言ったところ、泣きながら「それは嫌だ。でもどうしてもしたい。ひょっとしたら大丈夫かもしれないじゃん。頭がおかしくなりそう。」と懇願された。

必死過ぎてなんだかかわいそうになり、本っっっっっっっ当に嫌だったが、渋々了承。一度だけ致した。

結果、悪い意味で夫の女装姿が忘れられなくなり、同居人としては別に嫌いではなかったが、夫として見ることができなくなった。

その後出産し、産休・育休を取り子供の世話に明け暮れていて夫の女装のことは忘れていたのだが、あるときから、毎月夫から生活費用の口座に入れられるはずのお金が振り込まれなくなった。別に振り込まれなくても私の育休の給付金やら貯金やらである程度余裕があり、普通に生活はできるので「先月と今月の生活費振り込まれてなかったよ。時間あるときよろしくね。」と伝えていた。しかし一向に振り込まれない。

生活費を入れられないまま3ヶ月が経ち、「なんで生活費入れないの?お金無いの?」と聞いたところ、「お金が無い」との返答。前の週に「ボーナスが出た!」と嬉しそうに私に伝えていたため、まさか1週間で使い切った???何に???と思って問い詰めたところ、もう何ヶ月も前からスマホゲームに延々と課金していて、夫個人貯金を崩しまくっていたらしい。

正直呆れ果てたのだが、もうそんな無茶な課金はしないと約束したし、だったらこの件は水に流そうと思った。

その日、早めに寝室に行った夫から唐突LINEが来た。「自分女装がしたくなる病気(それに関するURLが貼られる)のようだ。無趣味自分が唯一楽しめた女装ができず、ストレス発散のために課金し続けてしまった。」と。

「私は別に今は女装するなと言ってない。私を巻き込むなって言ってる。私の知らないところで私に気付かれないように1人でやって。」と返したところ「それは無理。」「女装セックスが忘れられなくてまたやりたい。」「サロン女装するのはお金がかかるからできない。」と返信。私は、何としてでも私を女装に巻き込みたい夫が人間的にも無理になりつつあり、その後何度話し合っても平行線を辿ったので、離婚を打診。

拒否されめちゃくちゃゴネられたが、「私はもう貴方を異性として見られない。友達としては別に良いけど、夫としては女装する人間は私は無理。」「一時我慢できたとしても、どこかで必ず歪みが発生して絶対また同じことを繰り返す。だったら今のうちに全部終わらせてお互い別の人生を歩んだほうがお互いのため。」ということを根気強く伝え続けて、最終的に夫は離婚同意した。

どうしても夫の女装を受け入れられない妻と、どうしても妻に女装を認めてもらいたい夫では、どっちかが必ず我慢を強いられてしまう。親の仲が良くないのは子供にとっても辛いことだろうし、多分こうするしかなかったんだろうなと思う。

anond:20170209092236

2019-01-20

増田趣味に入ります

定期的に上がる、無趣味なんだが何らかの趣味を持ちたいという話題

私も同様なのだが、増田趣味に入りますか。


趣味は~とか休日は~とかいう話になった際、

日記なんか書いてます、な感じでお茶を濁している。

2019-01-16

[] #68-1「ブラックホワイト

俺がティーンエイジャーになって間もない頃の話だ。

バイトでもしようと思ってるの」

母は俺たち家族にそう告げた。

「それはまた……どうして? 別に家計が苦しいわけではないだろう」

「有り体に言って、やることがないの。家事ほとんど機械がやってくれるんだもの実質的に私がやっているのは、その補助と言ってもいいくらい」

母は専業主婦というやつで、少し前までは大忙しだった。

家事はもちろんのこと、俺たち兄弟の世話までしていたからな。

しかし、現代科学の賜物は母を楽にしていくと同時に、仕事に対するモチベーションも奪っていった。

そして、俺たち兄弟は成長していくと手がかからなくなり、自分で出来る範囲のことはやるようになった。

母が今までやっていたことは徐々に減っていき、自分だけの時間が大きくできたわけだ。

子供が自立していくことは親として喜ぶべきなんでしょうけど、同時にメリハリもなくなっていくのよねえ」

しかし、そうして出来た時間は中身がなく、ポッカリと空いている状態だった。

母はそれを新たな仕事で埋めたかったわけだ。

あなた仕事で夜に帰ってくる。子供達は学校から帰ってきたら友達と外へ遊びに行く。キトゥンは躾ができてる上、子供達が世話するからエサをあげるくらいしかやることがない。自分身体メンテナンスだけで、残り時間は潰せないの」

「うーん、なるほど……だけどその空いた時間仕事に費やさなくてもいいんじゃないか。自分だけの時間なんだから趣味だとか、もっと有意義なことに使えば……」

「私に必要な“有意義”が、そういうものじゃないってことくらい分かってるでしょ?」

母は無趣味人間で、やりたいこととやるべきことを直結させた人生を送ってきた。

趣味時間を費やす必要がなかったんだ。

それで充実していたし、不満もなかった。

『やるべきことと、やりたいことが直結している人生幸せだ』

以前、センセイがそう言っていたのを思い出す。

だけど、こうも言っていた。

『難点は、常にやるべきこと、やりたいことを追い求める人生になりやすいってところだな。やるべきことがなくなれば、やりたいこともなくなるからね』

まさに母はその体現者だったのだろう。

結局、反対する理由もなかったので、俺たちは母のやりたいようにさせた。


…………

母は近場の職業斡旋所で手ごろな仕事を探すことにした。

「うーん……丁度いい条件のがないなあ」

入り口近くに貼られた求人紙に目を通していくが、都合のいいものは中々見つからない。

そうして唸っていると、とある人物が声をかけてきた。

「おや、マスダさん。珍しいところで出会いましたね」

声をかけてきたのはセンセイだった。

「ええ、ちょっとしたお小遣いに稼ぎに。センセイも?」

「そんなところです。とは言っても、ここに貼られているもので目ぼしいものはなさそうですね。良い条件なのは、既に持っていかれたのでしょう」

「そうなんですか……じゃあ、他のところで探した方がよさそうですね」

「後は相談窓口ですね。ここに貼られているもの以外を見繕ってくれることがあるので。それに期待しようかと」

「へえー、じゃあ私も行ってみようかしら」

母はセンセイと共に相談窓口へ向かった。

(#68-2へ続く)

2019-01-12

そらモテんわと思う男性の特徴

結婚相談所勤務の増田です。

そらモテんわと思う男性の特徴をあげてみました。

書きながら思ったけど、

そらモテんわと思う男性の特徴って増田的一緒に働きたくない同僚の特徴とも言い換えられると気づきました。

清潔感に欠ける

イケメンである必要は無い。でも、風呂には入れ。特に夏場はデオドラントスプレーもかけて出掛けるべし。ああい製品って汗かいから吹きかけるもんじゃいからね。

受け身姿勢

例えば食事デートの日程、場所決めも

「いつがいいですか?」「どこがいいですか?」って相手に任せきりなパターン

相手要望を聞いてる俺優しいとでも思ってる?逆にやりづらいです。優しいのと受け身なのは全く違う。

せめて「近い日付だと○日か×日のご都合はどうですか?」とか、「○○町か△△町周辺のお店にしませんか?」「イタリアン和食ならどっちがいいですか?」ぐらい聞いたらいいと思います。もちろん、日程とお店が決まったら予約すること。

別にこんなの特別気遣いではないと思います社会人として上司やお客さん相手普通にするでしょう。

仕事でもないのに、なんでそこまでしなきゃいけないんだ」って思う人は、都合よく呼び出して都合よく来てくれるような女性と、行き当たりばったりでお店を探してください。

出会って間もないのにネガティブなことを言う人

デートで、「この結婚相談所女性ってちょっと年取った人多いじゃないですか〜」みたいなことを言うやつがいる。

裏表が無いのとデリカシーが無いのは別物。

相手の話を聞かない

自分の話ばっかするやつに限って「相手大人いから、俺がこの場を盛り上げてる」って勘違いしてる。相手質問してる?それから掘り下げてる?一度のデートの中で相手情報どのくらい知ったか書き出してみて。自分武勇伝ばっかベラベラ喋っても仕方ないって。相手大人しく見えるのはあんたが耳を傾けてないからだよ。もちろんマジで喋らない女性もいるし、それはどうかなーと思うけれど、そういうのはメッセージのやり取りである程度察せるので気付け。

趣味が無い

これ。別にオタっぽい趣味でもいいんだ。さすがにキャバクラ通いが趣味!って公言するのはどうかと思うけど。

料理でも、筋トレでも、読書でも、バイクでも、サッカー観戦でも、貯金でも、なんでもいか仕事以外に夢中になれるものを持っててくれ。

趣味の1つや2つないと会話が膨らまん。「相手と会話が続かないんです」って人はもれなく無趣味

逆の立場だと嫌じゃない?仕事以外やることがない女性ってつまらんと思わない?

そんなすぐに趣味なんか持てないって言ってる人、いいからなんかやってみてくれ。やる前から無理とか言うな。やってみてダメだったらそれも話のネタになるから

2018-12-25

離婚したいな

生活費折半で、家事は全部私がやっていて、毎晩夫に仕事愚痴を聞かされ、

セックスのノリが悪いといって不機嫌になられるので、2年目だけど離婚したい

生活費折半なのに家事は全部私ということよりも、仕事愚痴の内容が聞くに堪えないこと(同僚に対する人格攻撃)や、

聞くに堪えない愚痴に耐えたあとにセックスという展開がどうしても無理で、

マグロ化してしまうのを「ノリが悪い」「やる気がない」「気分が悪い」

「気分が下がる」と文句を言われるのに、もう限界感がある

相手を見る目がなかった私が愚かだった

結婚しなければよかった

子供がいない

・私の年収は450万円、貯蓄1500万円、勤め先に通勤可能場所実家があり帰れるので、経済的不安がない

・例えば私が不倫しているなど調べられて不都合な事実はない

慰謝料とか払わず円満離婚するにはまず弁護士相談すれば良いのかな

 

1/29追記:今更ホッテントリ入りしている。私は実家引っ越し済みです。弁護士には相談してない。実家に戻ったら不眠と不眠からきていた頭痛が治った

anond:20190129183619 なぜ結婚たか書きました

 

ukayare その年収でその貯蓄額はどうやったらそうなるのかというほうが気になりすぎてしょうがなかった。まさか旦那の分も合わせてじゃないよね・・・

健康無趣味奨学金返済もなく、独身時代はずっと実家暮らしていたので貯まりました。

結婚してから弁当を作り、飲み会不参加なので、実家暮らしほどではありませんが貯蓄は自然と増えます

夫の年収資産は把握していません。私は女性で200人規模の中小企業、夫は男性グループ数千人の企業なので、

さすがに私よりは年収が高いと思いますが、給料日前にお金が無くなっているようです。

なので生活費折半は、夫の給料日の直後に請求して受け取っていました。

 

nost0nost 避妊してないなら子供ができる前に別れろ 子供迷惑から 早く別れろ 絶対に別れろ

避妊は徹底していました。

私のコミュニケーション能力が人として必要な程度をみたしていないという指摘のコメントがたくさんありますが、ご指摘の通りです。

診断は受けていませんが、ASDの特徴とされる項目に心当たりのあるものがいくつかあります

夫は私と真逆なタイプで、コミュニケーション積極的感情表現が豊か、衝動的な行動や買い物、遅刻、予定自体を忘れてすっぽかす、物の紛失も多く、

独身一人暮らしをしていたころは支払いを忘れて電気を止められるほどでした。大学留年と休学をしています

夫の長所コミュニケーション積極的ファッションセンスがあることです。

交際時、夫の提案通りの服と髪型にしたら知人や同僚から非常に好評でしたので、今でも夫の提案通りにしています

私は親から「お前はブスだから勉強を頑張り大企業就職しないと生きていくことができない」と言われて育ち、

大学時代は酔った同期からレズではないかといじられたり、いじられても対応できず浮いたりしていました。

私のような絡みづらいタイプ人間にも積極的に関わり、自分の力になるよう取り込んでいけるのが夫の能力だと思います

今は別居しているので交際時代の夫の長所が思い浮かびますが、同居に戻るとまた耐えられなくなるのでしょう。

夫は以前の放任主義的な上司には愛嬌を認められ可愛がられていたようですが、

数字に厳しい成果主義上司の下に異動になってから苦痛の中で過ごしているようで、ストレスのため人柄も攻撃的になりました。

夫を見ているとADHD的だと思うことがあります

もし夫と私の悪いところが両方強く出た子供ができたら、非常に厳しい人生を歩むことになると思います

私は愛着共感能力が低く、夫は浪費家で無責任なので、遺伝的な面だけでなく育つ環境としても悪いのではないかと思います

 

rakugoman 旦那所得あなたの年齢(もしくは美貌)次第。バツ付きの自分婚活市場に出して、経済条件(もしくは相手ルックス)が下るリスクを犯してまで別れたいなら離婚すればいいと思う。でも別の不満が出てくるはず。

婚活したことはありませんし、離婚後も婚活市場に出る気はありません。

私は結婚に向いていなかったし、求めてもいなかったのだと思います

私に問題があるので別の男性とならば上手くいったという妄想もできません。

二度と結婚したくないです。生活しなければならないので、労働市場意識して生きていきます

2018-12-24

好きって感情が分からない

別に無趣味じゃないし、何なら多趣味だしオタクだし、友達もいるし。

好きなもの、こと、人、ちゃんと在る。たくさん。

でも、恋愛感情の「好き」って何だろう。

友情恋愛感情境界はどこだろう。

かっこいいなあ、かわいいなあ、顔が好きだなあ、それ以上がわからない。

私には、そういう感情がないのかもしれない。

2018-12-11

こんなに返信ありがとう

anond:20181210232448

ほんとそう。現実SNS上では具体的な金額言えないから、吐き出せるのは増田だけなんだよね。

anond:20181210232538

節約テクとか貯めるための努力とかそういうことはやってなくて、とにかく無趣味なだけなんだよね。

楽しく過ごしてる人たちを見て劣等感に苛まれることも多いけど、このときだけは幸せ

anond:20181210232938

おお生き別れの弟よ、あの時貸した10万円はいつ返してくれるんだい?

2018-11-23

親父と渋柿の話

毎年この時期になると、親父は普段飲んでいる日本酒と一緒に焼酎を買ってくる。

庭になる柿の実の渋抜きをするためだ。

仕事一筋だった親父だが、昔から柿の渋抜きは一度も欠かしたことがない。

日頃は家族から飲酒咎められるからか、酒だって時には役に立つんだと言わんばかりに、得意になって柿の実を焼酎に浸す。

定年後は更に渋抜きに凝り始め、焼酎の種類や容器の深さを変えて色々な方法を試している。透明な焼酎に沈む鮮やかな柿の実は芸術的ですらある。

子供の頃は甘い柿が食べられるだけで嬉しかったが、今となっては無趣味な親父が何かに夢中になる姿が微笑ましい。

そんな親父が昨年入院した。幸い大きな病気ではなかったが、ちょうど柿の実が赤くなる頃だった。

ベッドでテレビを見る親父が何だか寂しそうで、その年は代わりに柿の実を採って渋抜きをすることにした。

30個ほどの柿の実と焼酎。親父のように上手くできるだろうか。親父は毎年、何を考えて渋抜き作業に勤しんでいたのか。などと感傷に浸りながら、試しに一つかじってみる。しぶ...あ...甘い。

もう一つ試しにかじってみる。甘い。そう、親父が毎年丹精込めて渋抜きをしていた柿の実。実は甘柿だったのだ。

渋柿が混ざっているわけでもない。全部甘柿。すっかり恒例行事だった渋抜きだけに、家族も気が付かなかったらしい。

春先に無事退院した親父。さっき笑顔焼酎を買ってきた。今年も我が家の縁側では、甘柿が一つ一つ焼酎に浸ることだろう。

2018-11-15

anond:20181115160831

そんな単純な話じゃないんだよ、別にツイフェミだって無趣味なわけじゃないんだから

しろ腐女子がやたら多いと思わないか

男が憎くて、だから男女の恋愛規範みたいなものも憎たらしくて、ただマイノリティであるという理由だけでBL(や百合)に走ってる連中

(もちろん全員がそうというわけじゃないし、当の腐女子に言わせると若年層はあまりそういうの考えずにカジュアルに楽しんでるらしいが)

そういう輩なんだからいくらよそ様の趣味性的消費とか言って殴ろうが、自分趣味だけは理屈こねてその性的消費とやらに含まないに決まってるんだよ

それか「ゴールデンカムイカウンターから素晴らしい」とかわけのわからないことを言いだす

から「娯楽vs統制」というモデルでとらえること自体が正確じゃなくて、はっきり言うなら単に娯楽と別の娯楽の争いでしかない

2018-11-05

オタクの友人が 「ヤバい

大学進学を機に地元を離れ十数年。

三十をもうだいぶ過ぎて戻ることになった。

十代の頃に築いたオタク仲間との付き合いは、帰省した際に会う機会もあり、すでにインターネット一般的になっていたこともあって途切れずにいた。

その友人たちに、仲間のひとりであるAについての愚痴を聞かされるようになったのは、大学卒業して社会人になった頃からだったと思う。

当時、自分はAが同人活動に忙しかたこともあって滅多に会わなかったので、伝聞を鵜呑みにするのもどうかと思い、愚痴に関しては話半分に聞いていた。

だが地元に戻ってAを含むオタク仲間との密な交際が再開されると、すぐに友人たちのいう「Aがヤバい」の意味がわかるようになった。

Aのヤバさは基本的に、オタク的なことを過剰に持ち上げ、オタクじゃない人間オタク的じゃないことを下に見るところにある。

オタクを持ち上げる」ではなく、「オタク的なことを持ち上げる」と書いたのには相応の理由がある。

Aの中のオタク像が、オタクの中ではより一層オタク的なものではあるかもしれないが、オタク全般に言えることとは思えないからだ。

例えばAからすると、オタクは多額の金を使わないといけない。経済的問題趣味に金を使えないが、対象愛情はあるというオタクもいるということは納得できない。

資産家の一人っ子独身実家住みで稼いだ金を全て趣味に使えるお前には分からないだろうが、一般的には家庭を持つと色々と物入りなのだ」という内容を遠回しに諭した友人もいたが、まったく無駄だった。

これは遠回しに言ったのがよくなかったのかもしれないし、「一般的」「家庭を持つと」などと言ったのがよくなかったのかもしれないが。

異性にもてるオタク交際相手のいるオタク恋愛結婚に興味を持つオタクは「向こうに行った」と言われる。

ファッションスポーツなどオタク的じゃない趣味を持っているオタクや、仕事熱心なオタクへの当たりもきつい。

結婚予定もしくは新婚のオタクにも厳しいが、なぜか子どもの生まれオタク結婚して何年も経ったオタクには厳しくない。

Aは人前に出る人間、目立つかっこうをした人間にも厳しい。それは相手オタクであろうがそうでなかろうが関係ない。

社会には容姿差別存在すると強く抗議するが、TVネットに限らず、とにかく自分容姿を見せて仕事をする人物、派手な服装をしたオタク特にコスプレ勢)に関しては「不細工は去れ」というようなことは平気で言う。

Aいわく「人目につくという選択肢を選んだ以上、容姿批判されるのは覚悟の上でないといけない」。

だが、人の前に出る仕事をしたり目立ったことをする人間容姿に自信のある人間でないといけないというのも、それはそれで容姿差別ではないのか。

そう言ったのだが、「好きで選んでおいて差別も何もない」で終わってしまった。

これだけでなく、AはAから見てニワカやライトオタクに見えるオタク、そして若いオタク特に若い女性)に異常に厳しい。

反対に、古参ジャンル歴だけでなく年齢も加味。自分より年上の同性のオタクにはひどく甘い)は賛美する傾向にある。

それでは「Aにとってオタクではないオタク」は一体何者なのかと言えば、Aいわく「ファッション(としての)オタク」だそうだ。個性もないのに個性があると主張したいがためにオタクを利用している連中、ということらしい。

個性であることとオタクであることに何の関係があるのだと思う人もいるだろうが、Aの中ではオタクとは個性的な人間ということになっているのだ。

Twitterをはじめてからは、ジャンル内でハタチ前後若いオタク(聞くかぎりはほぼ女性)に古参として親しく接する一方、彼女らのおかし発言収集している。

そうやって集めた若いオタク勘違いした発言馬鹿にして面白がれる発言を同世代以上のオタククローズドで共有しているという。

それを我々にもまるで悪びれずに言うのでさすがに咎めたのだが、「困ったファッションオタクについて情報共有をしているだけだ。危機回避手段に過ぎない」と抗弁されてしまった。

Aはふだん仕事に関する話はほとんどしないのだが、職場環境について一回だけ話してくれたことがある。

上司や同僚がオタクでないので無趣味で、趣味で充実して毎日楽しく過ごしている自分嫉妬して嫌がらせをしてくるので面倒くさいが気にしていない」ということだった。

嫌がらせについては詳細を聞かずに何も言えないが、絶対にそういう動機ではないと思うぞ。現状について見直した方がAにとってもいいと思う」とみんな口々に言ったが、これも納得してもらえなかった。

また友人たちが身なりについてやジム通いや婚活の話などの、Aが「オタク的でない」と考える話題をすると、いちいち水を差すようなことを言う。

しかった靴を手に入れたという話題には「靴はすぐ駄目になる」と言い、ジムに通い始めたという話には「知人もジムに入会したが全然行っていない」と言い、婚活を始めたという友人には「結婚相談所のいいカモ」と言う。

Aに面と向かって言わずとも、SNSで呟いただけでそう言ってくる。

今回の投稿は、これがバズってAに届けばという気持ちで書いている。

間接的にも直接的にも、Aのへそを曲げないかぎりの範囲で言ってきたが、もう限界だ。

他人の口であれこれ言われれば(なるべくならAが仲よくしている古参オタク批判してくれれば)、初めて真剣に考えてくれるかもしれない。

十代の頃を思い起こせば、我々はみんな社会性が非常に低かった。

それは今でいうコミュ障などではない。口下手、同世代話題やノリがわからない、そういう話ではなかった。

もっと根本的に人の気持ちに鈍かったし、気遣いがなかったし、そういう社交性を馬鹿にしてもいた。

それで通用したのはお互いそれを許容できたからだ。

なぜなら、みんなほぼ同じ境遇だったから。

進学校で家庭環境はそう変わらなかったこともあり、クラスの主だったグループに属せなかったメンツということもあり、みんな趣味嗜好も悩みも似通っていた。

気遣いしなくても、「自分はこう思うから相手もこう思っているはず」がそんなに外れなかったのだ。

だが今は違う。

大人になり、みんな進路も異なり、境遇も考え方も趣味嗜好も異なっている。

今はみんな、それを分かってつき合っている。

そこに一人、自分と同じ考え以外は認めないし配慮もしないという者がいれば不協和音が生まれるのは当然だ。

だけどみんな、Aを排除したくはないのだ。

特に賢いわけでもなく他の多くの10代と同様にアホでバカなのにそれを認めたくなくて、マイノリティであることに不必要に傷ついて、プライドばかり高かった頃に同じ傷を舐め合った仲間だからだ。

Aが優しくて寛容で友人想いだった頃のことを覚えているからでもあるし、Aがオタクだったためにつらい思いをしたことも知っているからだ。

Aに、考えを曲げろとは言わない。

だが、Aの言葉に傷つく仲間がいることをどうか分かってほしい。

(そしてAよ、お前が歩む道の先が光に照らされているとはとても思えないのだ)


そう正面切って言っても分ってもらえなかったのでこれを書いているのだが。

2018-09-22

無趣味すぎて休みの日の過ごし方があまりもったいない気もする。

何しようかな。

anond:20180922090328

無趣味のこいつらは自分が死にそうにならない限り趣味として思想活動を続ける

2018-09-19

無趣味すぎて辛い

よくある話題申し訳ないが、無趣味すぎて辛い。

よくよく考えると昔から熱中できるものがなかった。飽きっぽくて、継続できた趣味がない。趣味がなくても別に何も困らないのだが、時々、好きなことが「何もない」ことがとても辛くなる。

特に半年前に結婚してから、辛さが増したように思う。

なぜか。まず、結婚した配偶者が、趣味に生きているような人であった。すぐ隣で、好きなことに熱中している様を見ていると「人生って、こんなに楽しんでよいものだったのか」というカルチャーショックのようなものを感じる。好きなものお金のや時間投資するのに躊躇がない。比較して自分人生は何なのか、と思う。何をやるにも中途半端お金を使うのを躊躇うくせに、大して貯金もできていない。時間だって無駄ネットを見てダラダラして、結局、何も成していない。

もう一つ、理由として考えられるのは、結婚を機に転勤したのだが、引っ越した先で友達ができないから、というものがある。新たな勤務先は、平均年齢60代、40歳未満は自分一人、取引先の方も自分の親の年代の方、という少子高齢化を具現化したような所であった。なにかと可愛がってもらえるのは良いのだが、同年代で話す人が配偶者しかいないという生活は、時々堪えるものがある。以前の職場では、同期や年の近い先輩後輩と飲みに行ったりといったこともあり、趣味がないことを深刻には考えなかった。恥ずかしい話だが、ここ最近学生時代の友人が夢によく出てくる。友人がいない寂しさを、何か熱中できる趣味で埋め合わせたいのだ。

趣味がないなんて悩みが贅沢なものであることは承知している。子供ができたら、無趣味であることなんてどうでもよくなるのだろうなとも思う。

それでもはてブ増田を眺めているうちに、なんとなく毎日が過ぎていくのは、もうイヤなのだ

何かオススメ趣味はありますか?

2018-09-13

嫌いな女

なんとなく苦手とか嫌いだな、と思う女の特徴やポイント適当に書き溜めていて、友人にそれを話したところ「理想が高すぎる」と言われた。

そんなことはないと思う。

----

タトゥー肯定している

喫煙者

肥満

フリーター

ギャンブル

・金遣いが荒い

宗教をやっている

・歯並びが悪い

・身だしなみが悪い

・爪を噛む

一人称自分名前

セックスが嫌い

掃除が下手、整理整頓ができない

向上心が何ひとつない

・親が不倫によって離婚している

・過干渉過保護な親がいる

DVした・された経験がある

割れたままスマホを使っている

共依存症

拒食症

無趣味

承認欲求が強い

・一人で外食できない

音痴

SNSアイコンプリクラ

・偏食

ベジタリアンビーガン

・靴が汚い

・髪の毛がバサバサに傷んでいる

悪口が多い

Twitterなどで愚痴吐き専用アカウントを持っている

クレーマー体質

音楽を買わずYouTubeなどで聴いたり違法サイト漫画を読む

SNOWなどで盛った画像動画投稿し続ける

政治観が強く偏っている

Facebook友達が500人以上いる

ハロウィンなどで仮装して繁華街を練り歩く

Instagram意味のないハッシュタグを連発する

ミーハー

ソシャゲ廃課金している

パパ活肯定している

・同性の友人が少なく、異性の友人が多い

芸能人モデルに対してすぐ整形していると言う

・送料無料が当たり前だと思っている

恋人のことを「相方」と言う

2018-09-08

向いてる仕事あると思う?

現在無職

・体力ない

・朝起きられない

不眠症自律神経ぶっ壊れ気味でそれに伴う不調がいろいろ

メンヘラからは健常者とdisられ、健常者からメンヘラと疎まれ

・肌が弱い

・気弱

パソコン操作は人並みちょい下くらいにはできる、と思う(開いてるものを切り替える等のショートカットまり得意でない)

・if文とかはなんとなく書けないこともないが環境とか仕組みとかはよくわからない

・絵が下手

コミュ障(意外としゃべる)

文章がくどくなりがち

・かろうじて正社員3年以上したことある

ひきこもり

・手汗が多い

シール貼り系単純作業は嫌いじゃないけど不器用

・すぐ骨折するので肉体労働は不向き

・一応大卒

集中力あんまない

・たまに妙に集中する

・あたらしいゲームを始めるとゲームによってばらつきはあるけど半日から2週間くらい集中してやる

攻略本wikiはなるべく見ない派

結婚等の予定なし・親族遠方で交流なし

フォトショイラレは触ったことあるけど触ったことある程度

・猫派(哺乳類・両爬の飼育経験なし)

旅行とかあんま行かない

病気がひどくない時期の飲み会はそんなに苦じゃない

友達いない

冷え性

ワード文字しか打てない

エクセル簡単関数が精いっぱいでマクロは組んだことな

・vlookupとかは難しい関数なので難しい

・家のPCofficeはいってない

社畜鬱病を経て無趣味

死にたい

接客や即時の判断を迫られるものは苦手

残業はつらいというかフルタイムの時点でつらい

英語もその他外国語もわからない

日本語すら滑舌イントネーションがだめなので注文が通らない

Windowsしか持ってないのでMac操作には自信がない

VDT症候群っぽい

常識がない

・態度がちゃんとしてない

・要領悪め

2018-09-05

ブログ再開した某人へ

厨房の頃に毎日見ていた趣味ブログが、俺が高校生になってすぐに更新停止した。当時無趣味だった俺はまんまとその金のかかる趣味にあこがれて、大学に入ってからキツいバイト半年続けてようやく必要もの一式をそろえられた。

今夜ボロアパートの雨音がうるさくて眠れないから、ふと思い出して跡地でも見に行こうかと思ってアクセスしたら先月から更新再開していやがった。

今でも毎月4万は趣味につぎ込む生活をしているのはお前のせいなのに、今更のこのことどの面下げて再開したんだ。

いつかどこかの道でお前とバイクですれ違えることを願っているよ。

2018-09-02

から友達どうやって増やすの?

25歳女田舎住み

小中はいじめられてた。

高校はいじめはなかったものの避けられてた。

大学(県外)では仲の良い友達出会えたけど、お互い干渉せずのため疎遠。

就職して地元戻ってきたけど、休みの日に会う人がいない。

趣味に飽きちゃって無趣味の今、資格勉強しかすることがない。

田舎の人はどうやって友達作ってるの?

純粋に知りたい。

2018-08-22

何も楽しめない

日記です

過労死ラインギリギリ届かないくらいの結構ハード仕事をしていて(全然ハードじゃないよと言う人もいると思うが自分としてはハードだ)

今日も深夜2時くらいに帰宅してボンヤリツイッター趣味タイムラインを見て今日もなにか揉めてるなぁと思い

2ちゃん(5ちゃん?)で趣味で好きなもの正論でボロクソに叩かれてるのを見たりしていて深夜3時

学生の頃から楽しんでたスポーツ観戦も今ではファン同士のマウントの取り合いや

あの選手のあのやり方は良くないだのチームが悪いだのファン層がどうだのなんだのの議論のほうが目につく

あんなに楽しかったのに私が楽しめないクソなファンになってしまったのか

ただ私が疲れてるだけなのか

試合楽しいけどファン同士のやり取りが見てられない

見たくないのに癖で見てしまう私が悪い

平日忙しいか休みの日は寝ようと思うのだが入眠が下手過ぎて苦しい

休みはなんとか休もうとして無理に寝てみて入眠できず苦しんだり

じゃあ外に出ようと思ったら気分がどんよりしたり休みも全く楽しくない

このところ腹痛がひどい。明日仕事前に病院に寄りたいのだが何時間寝れるんだろうか

職場労働条件的には昼から出勤しても構わないのだがそれでは仕事が終わらないだろう

好きなアイドル解散が決まっている

趣味が楽しくない

これが私のせいなのは分かっている

それなら無趣味でもいいかゆっくり寝たい

でも前述の通りなかなか寝ることもできない

外へ出ても疲れてどんより落ち込むばかり

自分環境を変える努力しろと言われるのは目に見えてるが

正直疲れてるので申し訳ないけどそれも難しい

私は誰に謝っているんだろう

2018-08-20

無趣味アラサーマンガオススメしてほしい

アラサー男、恋人なし、都内勤務、収入まぁ普通仕事Web系まぁ好き、残業20時間、友だち少ない。

趣味と言われると思いつかない。

でもまぁまぁマンガを読む。

「これ気になってたな」というマンガを思い出したらkindleで全巻買う。

Kindle Unlimited で1巻無料になっているマンガで気になるものを見つけて試し読み、面白かったら全巻買う。

フォロワーツイートしていた面白そうなマンガを買ってみる。

この生活を1年2年続けていくと、気になるマンガもなくなってきた。

友だちや同僚からオススメ漫画もすべて読んでしまった。

そうすると、不安になってきた。やることがない。

今日は、ぼーーーーっと天井を見てネットを見てうつらうつらして1日を過ごした。あとケンタッキーに行った。

読んだら全レスしますので、増田めっちゃ好きなマンガを教えてくれませんか。

被ったら申し訳ないのでとりあえず以下に読んでる方向性を書きますが、百合BLシリアスギャグスポーツコラムもなんでも読みます

・好きなマンガ

動物のお医者さん/ポーの一族/G戦場ヘヴンズドア/放浪息子/虫と歌

・好きな百合作家さん(敬称略)

平尾アウリ/きぎたつみ/缶乃

・好きなBL作家さん

はらだ/朝田ねむい/内田カヲル/秀良子

最近読んで面白かった

しったかブリリア/さよならフットボール/人間仮免中つづき/どるから/猫村博士宇宙旅行/はぐれアイドル地獄変

・これだけはNG

犬が死ぬ

どうかよろしくお願いいたします。

2018-08-09

内向的だけど(金を稼げないような)趣味がある

多分だけどこのパターンが一番アンラッキーだよ。

内向的で完全に無趣味っていう人間は、自分に向いている仕事模索してそのための勉強や訓練をすることに時間を費やせばいい。

中途半端趣味を持っている奴は自分趣味時間を確保しようと考えてしまうので、内向的人間向きの業界に入るために勉強していても無趣味人間や本当にその分野に興味がある人間競争しても勝てない。

2018-07-04

無趣味

したいことも欲しいものもない。会いたい人もいない。

捻くれた人、暗い人のように思われるかもしれないけれど、そのような特徴すらない。と思う。

営業職でそれなりに評価されているので(必要がある場合の)対人能力は恐らく普通学生時代は少ないながら友達もいた。

でも休日、家から出られない。したいことがなにもなくて家でスマホをいじり映画を観て過ごす。その映画Netflixが私にすすめるさして興味もないもので、観てすぐストーリーほとんどを忘れる。友人たちと疎遠になっていくのが怖いのに、結婚式の誘いすら断ってしまう。趣味をつくる努力をしてみたけれど熱中できない。

昔々買った服をずっと着ている。食欲もない。お酒も飲まないしたばこも吸わないしギャンブルもしない。恋愛体質でもない。安いアパートに住んで、貯金ばかり増えてなんのために生きているのか分からない、と時々思うけれど、なにか嫌なことがあるわけでも、なにか具体的に変えたいものがあるわけでもない。満足して(しまって)いる。

旅行もしない。人と一緒だとなおさら億劫修学旅行は仮病で休んだ。卒業式の後のパーティー成人式も行かなかった。後悔もしていない。

イベントごとは苦手、人混みも苦手で、でも知らない人と話すのは好き。でも数度会って話すとそれでもうよくなる。友人未満で自然消滅

行けば楽しいかもしれないと思って行った旅行は思っていた通りの楽しさ具合で、早く帰りたいと思った。仕事で行った海外も知り合ったたくさんの人たちも人生観を変えてはくれず、とにかく時間けが過ぎて、なにを得ているのか、なにを得そこねなにを失っているのか、よくわからずに漠然不安不安?退屈?さみしい?と、いつか思うことになる予感で不安

労せずに得られるインプットだけで生きている自分の浅さがいやなのかと考えた。アウトプットするものがなにもない。話したいこと、言いたいことが特にない。語るべき自分がない。

でもじゃあたとえば休日フットサルをするとして、そこでできた仲間が、その時間が、私にとって私のなにになるんだろう。ぜんぜんおもしろいと思わない。なにもそんなにはおもしろくない。

子供用のスピログラフセットを買った。

何度目かの、趣味づくりトライ

ももうすでに、自分幾何学模様を描きたいわけではないことに気づきつつある。

一体なにが好きなんだろう。小学生の頃は父親何気なく口にしただけの「将来の夢」を語って、中学の頃は誰のことも好きになれずつらかった。高校記憶ほとんどない。大学は楽しかったけれど、ずっと一緒にいなくても会えば笑いあって過ごせる「友達」ができて、その関係の気軽さと、学生という身分の気軽さと、それが心地よかったのだと思う。ずっと一緒にいなくてもいい友達とはずっと会わなくてもよくなってしまった。もう学生はいられない。

でも会えば笑いあえる。ときどき誘ってくれるし、友達だと思う。仕事に不満があるわけじゃない。不満さえない。なにもない。

2018-07-01

街コンに行った

彼女いない歴=年齢で25年、友達から誘われて街コンに行った。街コンって行っても昼からやってるやつなんだけど。

合コンとか全然やったことない自分が参加したことを記念して、思ったコトを書いてみる。

・参加費は男たけえ。男9000女2000。しか料理ドリンクしょぼすぎ。出会いの機会にだけお金払うって感じ。

・お店はすごい綺麗。男だけじゃ行かないようなダイニングバーを貸切。話しやすかった。料理はしょぼいけど。

運営は何もしない。自己紹介シートとかも無く盛り上げもやらず席替え5分前を伝えるだけ。口コミを見てイベンター決めればよかったって思った。

20代限定!ってやつだったからかもしれないけど、20台前半が大半を占めていたと思う。なんか年齢が高い方が参加率高いと思ってたから意外だった。

ネットとかでみるようなブサイクとか必死な人は皆無。イケイケとかチャラついてる人もいなく、ふつーの人たち。女性OL?が大半で男は学生っぽい人が多かった。

・30分くらい話して席替えを繰り返す感じ。ふつーに話してると時間つの早いなって思うくらいで気まずくもならない。でも初対面の人と連続で話すって疲労感はやばい

・終わったのが16時くらいだったから2次会とかの雰囲気なかった。夜の方がいいかも。

趣味は何ですか?ってどこの席でも話してる。けど趣味がある人とか全然いないんだね。自分無趣味からホッとできた。

・連絡先は交換する時間を作ってくれるから絶対に交換できる。大変なのは一日に何人も交換するから覚えられないコト。「犬飼ってる人」みたいな記憶のみ。

女性に苦手意識を持ってたし盛り上がらなかったらどうしよう…とか思ってた。けど黙ってる人とかいないし笑ってくれたり、質問しあったりで純粋に楽しく会話できた。

LINE送って返信全然こないけど、人と会話するのって楽しいなって久々に思ったから気分はスッキリ満足。参加費は勉強代と割り切って考えられた。

女性への敷居?というか不安みたいのも減った(気がする)から自分としては精神的に成長できる機会だった。

2018-06-02

anond:20180602011328

彼女をお前の趣味に染めちゃえよ

そういう女の子いるだろ?メタルとかミニマルテクノかに妙に詳しくて話聞いたら彼氏の影響だっていう子

それとも増田はあれか?他人趣味貶すばっかりで自分無趣味って奴

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん