「マライア・キャリー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: マライア・キャリーとは

2018-12-15

マライア・キャリーAll I want for christmas is youはお正月の歌である

アメリカではクリスマス恋人たちの聖夜ではなく(どっちかというとバレンタインがそう)、離れて暮らす家族と集まって豪華な食事を食う日だ。この日に合わせて会社なども休みになるところが多い。つまり日本で言うところの正月だ。

プレゼントを貰うのは、子供役割だ。いわば、正月にジジババからお年玉を貰う子供の図そのものである大人お年玉を貰うのはちょっと変、そういう感覚

さてタイトルにあるマライア・キャリー名曲All I want for Christmas is you(たぶん一度は聞いたことがあるはずだ)は、プレゼントなんかいらない、クリスマスにはあなたがほしいわ〜って曲だ。

この曲が出たアメリカでは、だからちょっと違和感面白いなのだ

言ってみれば、セクシー日本歌手が、お年玉はいらないわ。3DSも、スイッチもいらない。お正月にはあなたがいてほしいの♥みたいに歌ってる曲なのだ

2017-11-10

ラッキースケベやん

マライア・キャリーセクハラ?元ボディーガード訴訟準備

そして、アネロさんはマライアによるセクハラ行為申し立てを行うとも。サンルーカス岬への旅行で、

ネロさんはマライアから荷物彼女の部屋に移動するよう頼まれた際に、

彼女がシースルーネグリジェを前開きのまま着用していたため、一度その場を去ろうとしたものの、

彼女荷物を運ぶように言い続けたという。アネロさんは部屋を後にし、身体的接触はなかったとのこと。

冗談はともかく、

また、アネロさんによると、

マライアは彼とその同僚のことをナチススキンヘッドKKKクー・クラックス・クラン)、

白人至上主義者などと呼び、侮辱していたという。アネロさんは「(マライアは)黒人の男に囲まれたがっていた、白人ではなくね」

と語っている。

これが本当だったら嫌だね。

2013-10-23

自尊心の持ち方

http://anond.hatelabo.jp/20131022132048

方法はただひとつ自分とむきあうことだと思う。

他人に認めてもらえないと自信がもてないという考え方を捨てる

あるいは、他人に認められない部分に自信をもってはいけない、という考え方を捨てる。

自分のことは自分で認める。最低限の承認欲求自分できちんと始末する。他人にまかせない。

ここから全てがはじまる。他人まかせにしているあいだは、たとえ絶大な承認を得たところで、自尊心は簡単に揺らぐだろう。

そうすると他人のどうでもいい粗相も気にならなくなるし、結果的に寛容になれる。

あとマライア・キャリーの歌にHeroという歌は自尊心のことを歌った超のつく名曲

歌詞だけ見ても自尊心というものがどういうものなのか、わかると思う。

2008-12-19

[] 59. All I Want For Christmas is You

All I Want For Christmas is You - Mariah Carey

最後はマライア・キャリー

この曲を初めて知ったのは高校英語時間だったかなー。

センセが英語音楽ってことで授業中に紹介してくれたんだった。

音楽聴いてると、それを聴いてたむかしの記憶が甦ることあるよね。

あの頃は彼女いなくてモンモンとしたクリスマス・イブ家族と過ごしてたなー(T T)

でも、明けない夜はないんだぜ。たぶん。

つらいクリスマスを過ごすことになりそうな増田さんもいるかもしれないけど、

そういう人は、できる最善を尽くしてじっと待つんだ。そうすりゃつらさも紛れる。

紛れるだけじゃなくてつらい状態を乗り越える準備が整う。

チャンスの女神様は前髪しかないから彼女が訪れたときにはパッとつかまなくちゃならないとはよく言われるけど、

その時、しっかと前髪をつかめるのは、つかむ準備が事前にできてた人だけなんだぜ。

一人で一生懸命仕事したり勉強したりして過ごすクリスマスも悪くないとおれは思う。

それに…

もし誰もいなくて寂しかったら増田に来ればいいじゃない!なんてな。増田愛してるー。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん