「あくら」を含む日記 RSS

はてなキーワード: あくらとは

2020-08-09

アドハラ

不快広告多いよね。

一度まとめて袋叩きにしたほうがいい。

最近だとゲーム広告がやっぱり酷い。

みなさんご存知の「〇〇ッ〇 〇ー〇ー」を筆頭に

エロ連想させる広告が所かまわず表示される。

広告制作している側にとってそれは表現の自由でもあるのだろう。

だが不快感を抱く人も多いのではないだろうか?

はてなーはよく言ってるでしょ?

「受け取る側が不快に思ったらハラスメント」だと。

もちろんむやみに表現の自由を委縮させるようなことはしたくないが、

ここは一度盛大に叩いて、広告制作している側、

あるいは広告仲介している〇oo〇〇eなどに

考える機会を与えるべきだと思う。

例えば黒人揶揄するような広告があったとしたら

それはものすごく叩かれるでしょ。

表現の自由を優先させる人ってほとんどいないよね?

エロ連想させる広告もそのくらいの認識になってほしい。

ちょうど先日、バナナを持った少女広告話題になったけど、

かなり厳しい目で批判してた人が多かったはず。

追)

う~ん。やっぱりエロ容認派が多いからなのか「断罪すべき」みたいな反応はないね

ちなみに腐女子ではなく男なんだけどね。

男でも何の脈絡もなくエロ広告が表示されれば不快なんだよ。

伏せ字は一応隠したほうがいいのかなあくらいの感覚で使ってる。

2020-08-08

かゆ うま

口腔アレルギー症候群(OAS)というものがある。シラカンバやハンノキの花粉アレルギーを持っていると、副次的に発生することがある症状だ。

具体的には、生の果物野菜を食べると口がかゆくなる。喉がイガイガし、唇が腫れる。普通の食物アレルギーと違って全身に反応が出ることは少ない。30分もすれば治まるのだが、摂取し続けると重症化しアナフィラキシーショックを起こすこともありうる。重症化しなくとも単純にかゆくて腹が立つ。なので生の果物を控えることになってしまう。

人によるのだが、自分特にリンゴビワメロンで反応が激しい。リンゴに関しては生のものなどここ数年食べていない。しっぺ返しが来るのはわかっているし、そもそも生のリンゴ自体そこまで好きでもなかったし、損したという感覚はない。えるしっているかリンゴレンチンするとコンポートみたいになっておいしい。ビワ砂糖と鍋で煮込み、冷やしてコンポートにした方が食べやすくてよい。メロンは元々甘さが苦手なので、公の場で断りやすくなって良かったなあくらいにしか思っていない。

まり今までのところこの症状で迷惑を被ったことはなかった。だが今日からは違うのだ。

昨日実家からナシが送られてきた。近所の方からのお裾分けのお裾分けらしい。ナシの甘さ、瑞々しさ、食感、そのどれもをこよなく愛していた私は早速今日の昼食に食べた。五分ほど経って、愕然とした。口がかゆい。そんな馬鹿な。唇が熱を持っている。歯茎チリチリと燻る。喉に違和感を感じる。間違いなくOASの症状だ。念入りに歯を磨き、うがいをしてから調べたところ、やはり私の持つハンノキ系統花粉症が原因のようだった。

これから先、私は梨を生で食べられないのだろうか?どうしても食べたいのならこの耐え難いかゆみと戦い、リスク承知の上でということになってしまう。幼稚園生の頃に好きな食べ物を「ナシとスイカサクランボうどん」と書いていたほど生粋のナシ愛好家なのに。さらに調べたところ、ハンノキ系統花粉症によってOASが引き起こされる果物の中に、スイカサクランボも含まれていた。

絶望的だ。かつて訳あって人生のレールからドロップアウトした時と同じくらい、眼前が闇に包まれている。私にとってあれらの果物人生と同等の意味を持っていたのだ。だが私は諦めない。かゆみに耐えるのだ。そうすれば今までと同様にナシを味わ かゆい かゆい うまかっ です。

2020-07-31

あなたの傍で ああくらせるならば

くらす=殴るだから

東京砂漠って家庭内暴力テーマの歌だったのか?

2020-05-24

誹謗中傷はよくない!

のだけど、ネット界隈で誹謗中傷まがいのことをしてきたウェブの物書きの皆様が

SNSでの誹謗中傷は良くない!と記事を書いてお金をもらっているマッチポンプを見ると

まとめサイトのこと笑えないよなあくらいには覚めている

2020-02-10

音楽理論からない

興味あって調べても急にコード進行がどうとか言い出してよくわからなくなる

このコードは浮遊感があるとか言われてもまあ詳しい人がそう言ってるならそうなんかなあくらいにしかならない メジャーが明るくてマイナーが暗いとかもそう

あと今まさにバズってるベースって必要なのってやつも結構思う こっちがベースありでこっちがなしです ありの方が明らかにしっかりして聞こえますよね?みたいなのも正直よくわからなかった あったらあったでいいんだろうけど基本的に全部のバンドにいるってなるとそこまでか?ってなる

そもそも普通のJPOPとかロックを聞いてても基本メロディとかギターソロが良いな〜くらいのことしか感じないしそこでコードとか言われてもそれは何ですか?何で必要なんですか?というところで止まってしまって何も理解できない

たぶん絶望的に耳が悪くてセンスがないんだろうなあと思うが、むしろここまで才能がないとかえって下手にのめりこむこともなく時間も使わずに済むので良かったのかもしれない

それはそれとしてメロディに関しては普通に楽しめるのでカラオケは好きだけど

2019-10-18

輸血してもらって生きていて、献血してくれた人には感謝しかない

数年前に病気で大きな手術をした。

その時輸血もしてもらった。だから私は生きている。

元々体も弱く、献血できない身体だったが、もう献血できることもない。

それだから、今回のポスターの件があるから献血しない!と公言している某男性フェミニストや一部の学者が心から許せない。

でもそれは個人自由から否定はできない。でも許せない。


繁華街を歩くと、献血者があり本日〇〇人足りません!献血をお願いしますと。

休みの日にはいつも掛け声がかかっている。

それを聞きながら、私は「ああ、あの手術の時輸血してくれた人がいるから今の私がいるんだ」なんてそんな高尚なことをいつも思うわけでもなく、

いつも大変だなあくらいにしか思ってなかった。


でもやはり輸血してくれた人がいるからこそ、私は手術ができて今でも生きながらえているのだと思う。


みなさんお体にはお気をつけください。そして身体と心に余裕がある人は少しだけでも献血してあげてください。

もちろん男女問わずグッズのためにでも献血ルームで食べ物が食べたいでもいいので動機は構いません。

そしていろいろな事情献血できない人がこの世にはたくさんいることも覚えておいてください。

2019-10-03

anond:20191003123704

なんで「ひき」から「ひき肉」まで飛んで嫌悪感まるだしにするかについてユング派などにかかって考えたほうがよくない?

ヒキコモリ」より「ひきこもり」の表記のほうが一般的から嘘でもないなあくらいの考えなんだけどこっちは

さ、藁人形ファイティングを続けてどうぞおひとりで

2019-08-15

離婚した父の扶養援助の依頼が来た話

アルコール依存でろくに仕事もしなかったので、養育費なんてもちろん貰えなかったし、「空き巣に入って捕まった」だの「祖母葬儀の後祖母の家に立て篭もった」だののろくでもない噂を聞き、まだ生きてんだなあくらいに思っていた。正直顔も声も、何もかも覚えていない。3歳の頃に別れてから20年程も会っていないのだから当たり前だ。

ある日、家に帰ると某県の福祉事務所から封筒が来ていた。嫌な予感がした。風の噂で、父が今住んでいると聞いたことのある場所だったからだ。何より、父のこと以外に、福祉事務所から連絡が来る心当たりがなかった。初めは、もしかすると父から手紙か何かだろうか、と思った。きっと手紙であっても、ゴミに捨てていたと思うが。

中身を開けると、「扶養援助のお願い」という紙と、8月末まで回答せよ、という調査書が入っていた。返信用封筒や、着払いで送れ等の配慮はなし。気の利かない仕事だ。どうやら日本法律では、直接血族は一応、生活保護を受ける前にその血族を援助せよということになっているらしかった。離婚してもう何年も経つ子供に対しても、それは例外でないらしい。

大人気ないなと思いつつ、書類ゴミ箱に捨てた。なんとも言えない胸のつかえを、好きなお酒で薄めて眠ろうかとも思ったが、なんだかそれは自分と酒好きで酒に溺れた父との血縁を表しているような気がしてやめた。ドロドロした話なので、名の割れるところでは書けないと思い、こうしていち増田になって散文を書いている。

もうすぐ12時だ。そろそろ寝ようと思う。もうこんなばかばかしい手紙が来ないことを祈るが、向こうも仕事だろうから、おそらく定期的にこの手紙は来るんだろうな。そしてそのたびに、私はそれをゴミ箱に捨てるのだろう。

2019-07-02

anond:20190702010427

退職届健康法」と呼ばれるものがあります

退職届を提出してしまえば、怒ってくる上司もむしろかわいいあくらいに思えるし、ちょっとした残業くらい自分から名乗り出れるくらい快適になったりして、むしろこんなに健やかなら辞めなくてもいいのでは?というくらい快適になります

本件はその簡易版のような状況かと思われます

ともあれ、選択肢があるといろいろ楽ですよねって感じ。

2019-06-18

同期とそりが合わない

今日同期に話しかけたら「は?」と返された。

「は?」か「あ?」かは定かじゃない。聞き間違いだとしてもろくな受け応えじゃないだろう。そもそも仕事中に「は?」はなんだ。「え?」でも「ん?」でもなく「あ?」

わたしが「は?ってなんですか。別にいいです」って言うと「わかりました」とふらふらどっかへ消えた。

他人に「は?」なんて受け応えをされたことがなくて混乱したこともあって嫌味の一つも言えなかった。どうしてあんな言い方ができるのだろう。

嫌いな相手だとしても、仕事中くらいまともに話すべきだし。気心が知れているから?わたし友達でも恋人でもない。

元々、仲良くなれると思っていた。

無理やり職場の既婚者に交換させられたLINEでの会話はもっとしかったはずだ。

ポプテピピック好きなんですよね」「へえ、〇〇さんアニメ好きなんですか?」「いやwそんな好きじゃないですよ。増田さんはアニメ好きっぽいですよね」「まあまあくらいですよw」

休憩中につい口から出てしまネットスラングに笑いあったり、同期が特撮が好きだと言うからグリッドマンの話をしたり、なんなら何人かで何度か飲みにも行っている。

そうやって仲良くなったつもりでいた。ただ同時に同期の当たりが強くなっていった。

火曜日って仕事だるくないですか?お家帰りたいなあ」とぽそりとつぶやいただけで「じゃあ早く家帰ってください。ほら、早く」と真顔で言うようになった。

こんな言葉はただの世間話だ。本気で帰る気は微塵もない。

職場の人と休憩中に話しているところにわざわざ首を突っ込んできて「増田さんって本当に無知なんですよねーwイントネーションがたまにおかしかったりするでしょw」と大声で馬鹿にしたり。

熱で頭がふらふらしているときにも(病院へ行った後に職場に来ている)「増田さん、今日仕事遅いですよ」と言ってきたり。

毎日毎日こんなことばかりで、でも周りには「仲が良いよね」とか「増田さんがいないとき心配してましたよ」なんて言われても、わたしの前では馬鹿にするばかりで。

耐えられなかった。だから直接言った。嫌だと。職場でくらいはまともに接してくれと。

それからよそよそしくなった。そりゃ仕方ないのかもしれないけど、わたし以外には普通に雑談したり笑いあったりするのに、わたしにはなくなった。

他の人たちには小ばかにしたりしない。普通コミュニケーションが取れるのなら、わたしにもそれで話してくれたらいいのに。

でも仕方ない。これまでよりはストレスがなくなったし、気を使ってくれているのだともわかる。

けれど、たまに話すと同期のデリカシーのなさに喧嘩をしてしまう。前みたいに兄妹みたいなすぐ仲直りできるような喧嘩じゃなく、今にも離婚しそうな夫婦みたいな喧嘩だ。

わたしは同期のことが嫌いだ。

いつもわたし飲み会幹事をしている。仕方なく呼ぶけど本当は呼びたくない。酒が飲めない癖にいつも嬉しげにやってくる同期もどうかしていると思う。

また前みたいにポプテピピックの話なんかができれば、こんなに嫌悪しなくて済むのだろうか。「あ?」なんて言われずに済むのだろうか。

人の気持ちがわからない。

2019-06-12

結局鬱って病気なんだよな

仕事辞めたいけど辞めれない

収入なくなるのが本当にめちゃくちゃ怖い

有給取って休みたいけど申請のたびに私用つってんのに理由根掘り葉掘り聞かれるし鬱陶しいしめんどくさい

読みたくて買った本は溜まる一方だしテレビ見るのもだるい食事はまあ空腹感じなきゃいいかあくらいになってるし

鬱の谷みたいなところに戻ってきたなあ

あのトラックの前に飛び出したらとかロープで首吊ってとかコンクリートブロックアクセル全開で突っ込んでとか今すぐ頭からから飛び降りてとか、なんかふと浮かぶんだよな

仕事はまだできてるから大丈夫大丈夫頑張れ頑張れって言われ続けて、どこで休めばいいのか分からなくなってきた

頭の中がざわざわするのを抑えるのに自傷するしかないのを何で分かってくれないんだろう

自分でもヤバイのはわかるけどどうヤバイのかはわからないというか

情緒不安定だしやりたいことまで身体がついていかないしでも気の持ちようって言われるし

薬で誤魔化してるだけって何度伝えれば分かってくれるんだろうなあ

きっと誰も分かってくれないんだろうなあ

ネガティブキチガイで面倒なメンヘラと思われてるんだろうと分かってるからもう怖い怖い

たすけてくれー

2019-04-29

増田でよく見る煽りあい自分が吹っ掛けられるのばかりだったからいつも迷惑だなあくらいに思ってたけど、他人同士がやってるの横から眺めてるとマジでこれ小学生口げんかやな

2019-03-31

習志野応援はうるさいし焼豚はクソ

習志野応援がうるさい。

プロ野球シーズン中や甲子園間中鳴り物応援の音が漏れ聞こえてくる場所に住んでるけど、今年の習志野応援は本当にうるさい。

なんというか音圧が凄い。

振動で頭が痛くなり気分が悪くなる。

打楽器の音?振動?で胃がむかつく。

で、俺以外にも同じような悩みを抱えていた人がいたようで「習志野応援がうるさい」と近隣住民が苦情を入れたというニュースが流れてきたんだけど、これに対する焼豚の反応も気持ちが悪い。

子ども達が一生懸命やってるんだから理解しろ」だあ?はあ?「一生懸命」は免罪符なんですか?じゃあお前は自分が体調を崩している時に爆音鳴らされても子ども達が一生懸命やってたんなら我慢するんだな?

習志野アンチが近隣住民に成り済まして習志野妨害をしている」いやな、普段鳴り物応援くらい我慢できるんだよ。なんなら賑やかやなあ良いなあくらい思うんだよ。それでも不快感が凄かったんだよ。

「じゃあ住むな」?さすが野球至上主義焼豚様は言うことが違いますなあ。ビバ野球野球を嫌う者は非国民!滑稽ですなあ。競技人口が減り続けている競技がそんなに偉いんですかね。理解できません。この人は我々と同じ立場になったらすぐに引っ越せるんでしょうかねえ。

子ども達が一生懸命やってるのは理解できるけど、その頑張りが無駄軋轢を生まないようにするのは大人の役目なんじゃないですかね。その大人はなにやってるんですかね。

2019-03-09

anond:20190309131632

おもちゃを手に入れて遊んでるだけで、遊びのついでに嫌がらせになればいいなあくらいのもんだよ。

2019-03-06

マジで基礎からやる恋愛講座

【追追記じわじわ伸びててうれしい

はじめに

各位、己の段階に合わせて飛ばしたり飛ばさなかったりしよう。

実践ベースです。つまり、反復と訓練の話です。技術ノウハウ・考え方の話ではない(多少はあるが)

そういうやつは死ぬほど転がってるので、インターネットを探しましょう。

1000%偏見だけど、多分、増田見ている人達理論については充分に学んでいて、というか学びすぎていて、その矛盾とかが気になっちゃうんだけど、完璧理論とか存在しない(恋愛はだいたい定性的な、もっと言うとお気持ちの話なので)と割り切って、多様な人がいるなあくらいで抑えといて、目の前の人に集中するほうがいいと思う。

ステップ0 健康になろう

訓練には体力が必要です!

0-1精神

恋人がいないだとか、童貞だとか、ダメ男ばっか好きになるとか、友達がいないとかそんなことはあなた価値に一切関係ないし、そういうことをわざわざ言ってくるやつは相手しなくていい。

からなんだよ、うるせえな。

そういうメンタリティが最も大切であるあなたあなたのことを大切にしてくれる人とだけ関わるべきで、個々の対応感謝することはあれど(たとえ親でも)不快だと思えば、距離を取ってそれなりの対応をするべき。

0-2睡眠

よく寝ろ。具体的な方法無限にある。Google先生に聞こう。なんでこんな投げやりか?俺ができてねえからだよ!教えてください!

0-3食事

よく食べろ。よく食べる人は魅力的だ。

ただし、ジャンクフード身体健康を代償に心の健康を保つもの。上手く使っていこう。

0-4衛生

最低限の衛生として、人に会う前には風呂に入れ。何日間連続で入ってなかろうが俺は知ったことではないが、人と会う前だけは入っとけ。清潔感って言う言葉は嫌い(私がキモイと思う人が無理、の言い換えに過ぎないから)だが、風呂に入ると気持ちいいし、汚れも落ちる。入って後悔する風呂なし、心に刻んで入ろう。

他にもファッションとか髪型とか爪切れだとか、無限にあるが、そんなことより健康だ。健康になったらその後でインターネットで身だしなみについて調べよう。

ステップ0ができないなら、病院にいって薬もらおう。お前は恋愛とかしてる場合じゃない。友人とか親に連絡して病院行け。頼むから

ステップ1 準備のための準備

最も仲のいい友人と飯に行く。

いつも誘ってるやつといつも行くところに行こう。

ここでやることは大きく2つ。

1つは、事前にイメージを持っておくこと。どうしたら楽しいか、どういう話を好むか、どんなメニューがあるか(おすすめか)。

もう1つは、実際食べに行ったとき、誰かがやらなきゃいけないけど、誰がやってもいい仕事積極的にやると、本番での練習になって良い。ドアを開けるとか、水を注ぐとか、店員さんを呼ぶとか。失敗しても特に何も無いし。むしろ相手がやってくれたときタイミングよくありがとうっていうことの方が大切かもしれないので、できなかったらできなかったでその練習だと思おう。

あとは、ありがとうを過剰だと思うくらい(理想相手がしてくれたことすべてに)言うことと、小さいこともごめんなさいということを気をつけると1,000,000点!ぶっちゃけありがとうとごめんなさいちゃんと言える人ならそれだけで付き合っていいと思う。かなり難しいよ笑

飯行ってくれるやつがいない?それじゃあ家族と行こう。家族と仲が悪い?そうか。そこに便利な箱があるじゃろ?インターネットの人は怖い?

分かった。分かった。お前の言うこともよく分かる。俺と飯を食おう。TwitterIDブコメに載せておいてくれ。(俺もインターネット人間ですが、、笑)

ステップ2 企画を立てる

仲のいい友人数人と遊ぶ

遊びには大きく2つある。企画を立てるか、企画に乗るか。

2-a他人企画に乗る

こっちの方がハードル低いけど、会の成功自分が与える影響が少なくなるので、運ゲー要素が強い。仲のいい友人同士ならそのへんをうまくクリアすることが多いけど。(お互いの得手不得手がわかってるので)

ここで大切なのは企画立てた人をいかサポートできるかなんだけど、自分企画することがないとどこがつらいのかとか分からいから、両輪で進めていくとよさげ

2-b自分企画する

これはなかなかにつらい。やること決めて、必要なこと洗い出して、日程決めて、必要もの揃えて、メンバーに呼びかけて、etc……

クソめんどくせえけど、結局人と付き合うことってそういうことだと思う。

ステップ3 1対1のコミュニケーション

仲のいい友人と1対1で遊ぶ

これは上の2つを応用することでうまくいくと思う。

今度は相手がどういう気遣いをしてくれたかに着目すると参考になって良い。

ただ注意点として、相手の気に入らないポイントとか、気遣いできねーなコイツとか、そういうこと思っちゃって無理になるかもだよね笑

まあそういうの(どうやって折り合いつけていくかとか)も含めて訓練だよね。

ステップ4 モテるに学ぶ

モテそうな(同性の)友人と1対1で遊ぶと勉強になるよね〜。マジで。え、惚れそう……ってなるもん(なった)

あとシンプル楽しい

ここで異性とのデートで使えそうなコースでかつ普通に楽しいところ(映画とか)にしとくとマジで勉強になる。モテる人ってそういうとこも行き慣れてるし、気遣いすご〜ってなる。なによりこのステップまでたどり着いたあなたならその気遣いのすごさに気がつける。訓練をしたものしかからない境地というものは何事にも存在する。多分。

ステップ5 異性を含めて複数人で遊ぶ

ようやく異性と関わる段階です。いや、前のステップ相手が異性でもいいんだけど、ここから絶対に異性でなくてはならないので。

合コンとかはやめろ。マジで。あれを企画集客成功させられるやつ、そもそも恋人に困らない。誘われたら行ってもいいかもしれない。が、失敗しても落ち込まない。勉強になったなあくらいの気持ちで。

1回でも異性と話せたらOK/事務的なことでもOK/ありがとう・ごめんなさいをちゃんと言う

この辺りを意識しつついこう。

しろ仕事をやりに行く感じで行こう

このステップは3回くらいやるといいと思う。繰り返すうちに話せる異性ができる(一緒に仕事する人がランダムに選ばれると仮定すれば何回かは異性になると思う)し、仕事する姿に好感を持ってくれる人が現れると思う。ここでいう好感というのは性的な魅力ではなく、人間的な魅力というやつ。ここで勘違いして死なないようにしよう。俺は死んだ。

まずは友人、いや仕事仲間になるんだ。信頼を勝ち取りに行くことがここの目標

出会いがない問題について

それは絶対的な数の話なのか、恋愛対象になる人がいないという話だろうか。後者ならば大丈夫だ、話すうちにあれいいじゃんと思うことがあるし、このステップ目的恋愛ではなく、異性とコミュニケーションをとる、信頼を得ることなので、大丈夫

とりあえず騙されたと思ってこのステップをやってくれ。

前者ならば、ここまでで築いてきた友人に紹介を頼むと良いと思う。あなたが心身ともに健康であり(ここ重要)、人間とのコミュニケーション問題がないことがここまでのステップ証明されていると思うので、紹介する人も安心して紹介できるとおもう。

ステップ6 異性を含めて複数人食事に行こう。

ステップ5の打ち上げ的なやつがいいかも。まあ5と6は順序が適宜入れ替わる可能性大いにある。

ここで大切なのは相手の話すこと(話したいこと)を話そう。

プライベートとかそういうのはいい。やめろ。聞かれたら答えよう。気になることも今回は質問するのをやめろ。次回のために取っておけ。オタク、だいたい質問キモくなってしまうので……ただ相手が聞いてきたことは相手も聞いてほしがってることがあるので、そこを上手くつくと(相手が)楽しい会話になると思う。

ここでの会話は内容よりタイミングを重視する。

情報交換型のハイコンテクストコミュニケーション楽しいのはわかる。いわゆる「オタクコミュニケーション」なんだけど。俺も好きよ、そういう会話、パタポン2体験版レア装備全部2個とるための効率いい方法について話したりしたいし。でもね、それいきなりやられて盛り上がるのかなり難しいし、まずきっかけを掴めないと思うんだよね。ミッキーマウスの顔が変わる話を専門用語もりもりで急に振られたところを想像してみてほしい。

いや、ちょっと楽しいかもしれない……

けど!どっちかは無理することになると思うんだよね。ミッキーマウスの話する側はなんだコイツ分かってねえなって思うし、される方は知らねえよってなったり、タイミングを掴むだけのゲームになりがち。

ただ、そういうのが評価される場所は必ず存在し、共通文脈存在する場所で王になると自然恋人ができるという構造はある。

その戦略の方がここ見てる人なんかは正直向いてると思うけど、そのルートちょっとまだ体系化できてない&応用編にあたるのでまた今度、、

話戻すと、つまるところ会話はリズム&謎解きゲー。タイミングよく相手の言って欲しいことを伏線を回収しながら言うゲーム相手言葉・表情・服装・持ち物から情報感情を引き出しつつ、タイミングよく(これが大切)なんらかの入力をする(正しい反応でなくても良い、「できる女のさしすせそ」みたいなやつはまさにそれ)と、よさげな出力が返ってきます

ステップ7 3人の異性と友達として飯を食べに行こう

ここまで来れたら、3人くらい一緒にご飯食べてくれる人できると思う。

その人たちと上の反復と訓練の成果を発揮しながら、ご飯食べに行こう。

上手くいけばそのまま恋愛に発展するかもしれないし、そこそこ上手くいけば恋愛相談に乗ってくれる貴重な異性になるかもしれない、最悪でも縁が切れるだけ、あと2人ご飯行く人いると思い直して、やっていこう。まあ最悪な感じになったら、追撃して最悪を更新しないようにその日は早く寝ようね……

ステップ8

あとは友人に聞くなり、そのあたりに転がってる恋愛マニュアルを読んでやっていってください。この先は応用編です。うまくいくよう祈ってます

さいごに

恋愛コミュニケーションの最終系だ、という仮定のもと、この文章を書きました。

なので、残念ながら、すぐには結果はでないと思います。1年とかかかるかも。自分は3年くらいかかった。あらゆるステップふっとばして、いきなり告白して振られるみたいな状況からちゃん人間コミュニケーション取れるところまでになって、恋人もできたよ。

この論の肝は失敗が前提であるというところです。転んだときダメージを最小限にしつつ、前のステップを上手く利用することで復帰しやすくすることで、試行回数を稼ぐ。結果、反復することによる洗練と経験値効率パワーアップが期待できると思う。

しかしたら、途中でどうしようもなくなって、立ち止まるかもしれない。消耗するよね。わかる。そのための健康ダメだと思ったら、すぐにステップ0に戻ることが肝要。

あとは、ステップの途中までしかいけなくてもそれはそれで人生充実してない?と思うわけで、ナンパとか恋愛工学に手を染めて結果なにも残らなくてマジで二進も三進もいかないとかになるのを防ぐという点では優れてると思うよ。時間当たりの効率はクソかもしれないけど、、

これ読んでやってみようって人いたらうれしいな。がんばっていきましょう。

追記

友達がいないという人、ステップ0の健康をやったのちに、私が友達になるので、なんらかの連絡手段用意してくれたら連絡する。誰もこないと踏んでるけど笑

友達を利用するのは〜とか踏み台に〜って言ってる人は、とても誠実でいい人だと思う。たしかにそう受け取られなくもないかもね。

考え方を変えて、利用しようが、踏み台にしようが、ちゃんコミュニケーションを取ろうとして、結果として相手気持ちよくなってもらえるなら、それでいいんじゃないかな。もしこの行為ががあなたの信念に関わることで、誰も幸せにならない誠実さを貫きたいというのであれば、ぜひその信念を貫いてほしいと思う。

ケチつけたいだけの人じゃないって信じてるよ。

それでもこの文章に納得がいかねえと言う人はあなたに向けた文章ではないと思って、ブラウザバックしてください。自分必要/快適/対象である情報を選ぶということもリテラシーひとつですよ。

2019-02-05

anond:20190205113828

昔ばあちゃん帝王切開の傷見せてもらったけど嬉しい感情は少しもなかったな

ああ痛々しいなあくら

2018-12-01

anond:20181201155849

自分増田とは違って田舎で育って、大学進学で上京就職したクチだから経歴は違うけど、似たような断絶を感じたことがある

結論から言うと、増田価値観/感覚は「同じ空間で、同じ目的で動いている人はファミリー」って田舎ヤンキー層と同じなんだよね

増田価値観だと会社ファミリー秘密を共有すべきだし、みんなで行動すべきだし、お互いの悪いところはずけずけと言いあうほうがいいと思うかもしれないけど

都会的な価値観だと、個人秘密・考え方を非難するのはよくないし、個人時間個人のものって考え方なのよ

みんなで行動するとかもないし、何かしたいとき自分で声をかけてやってるわけ。飲み会とかもそう。

から、誰が付き合ってるとか、そういう話は本人がしない限り極力触れないし、個人悪口も当然言わない

もちろん、仲の良い同期で飲み会だったら、きっとそういう話はしてるし、なんだったら誰が一番抜けるかとか、ゲスな話もしてるかもしれない

だけど、少なくとも会社のような公の場では、そういう話をしないのが当たり前のマナーなわけ

さらヤンキー価値観だと男女の価値

男は暴力的な力強さがあるとモテて、女は容姿が良ければモテる、すごく単純なもの

けど、文化的に洗練されるとそういうわけじゃないんだよね

増田正社員は見た目は地味で容姿は大したことないのにモテてるのが悔しいみたいだけど

上流層は見た目だけを見てるわけじゃないんだよね。見た目はある程度あればよくて、派手に美人じゃなくても、よく見たら可愛いあくらいで十分。

それ以上に、価値観(勉強的な頭の良さ・知識の量・マナー・話し方・考え方とか)が合うかどうかを見てるわけ

増田モテないのは正社員派遣に手を出すのがかっこ悪いとかそういう理由じゃなくて

単純に増田人間的な魅力がないからだと思う

端的に言えば「底が浅い」のが見透かされてるんじゃない?

あとは上流層は会社会社仕事のためであって、そこで仲良くなれば交際に発展することもあるけど

ヤンキーみたいに結婚相手を探しにきてるわけじゃないから、自発的に動かないとそういう進展もするわけない

まあ早いとこ考え方を改めないと正社員彼氏もできないと思いました

2018-11-13

宝くじ当たったら仕事辞めて遊んで暮らすぞって妄想するんだけど

保険証ってどうなるんだろ

あと年末調整確定申告とか

あと大金入ってもローンの返済とかさっさと済ませたらあと別に欲しいものがなくなる

車とか未だにワゴンRがどういう車か分からないレベルだし

時計は丈夫なG-shockあれば事足りるし

服はユニクロ以上の高い服欲しいと思わないし

家なんて別に一人暮らしから広いの買ってもしょうがないし

馬鹿舌だから高い肉や寿司食っても味の違いなんて分かんないし

ゲーム漫画絶対に欲しいって程熱入ってるもの無いし

海外にしてもルチャリブレ見たいなあくらいであとは興味無いし

死ぬまで食って寝るだけになりそう

あ、PCネット回線買い替えて快適にしたいそれくらい

まあ当たらないか心配するだけ無駄だけど

2018-10-21

バナナフィッシュの知能を下げずに暴力性を抑えつつ洗脳できる物質について、

一瞬不快というか、もし自分に使われたら嫌だなあくらいの感じがしたが、

ちょっと考えたら別に俺に使われても俺に悪いことなかった。

喜びとか恐怖とか行動を動機づけものそもそもよくわからんがあるものだし、

知能が下がらないってことは、整合性を好む心理的傾向が残っていれば、

今と同じくらい整合的に行動するだろうし、好まなくなればそれはそれでいい。

2018-10-10

[]若おかみは小学生!

若おかみは小学生!』を見てきたので感想。いつものごとくネタバレ気にしてないのでネタバレ嫌な人は回避推奨です。あらすじ解説とかもやる気ないので見た人向け。またこ作品書籍漫画版アニメ版あるけれど、それらは横に置いといて映画の話します。

総評

これは120点っすな。点数の基準は「上映時間映画料金を払ったコストに対して満足であるなら100点」なので、「見れて大満足! もうちょいお布施したい」でした。

演出とは裏腹に内容的にはかなりヘビー(というのを見越して爽やかで明るい演出を用いていた)なので、児童文学原作でお子様向け痛快娯楽活劇とは言い切れないんですが、個人的にはクオリティさえ伴えば子供を思いテーマや悲しい作品でぶん殴ってもええやないか、いてもうたれ、子供ってのは子供なりに受け取るんだ派なので、クオリティでぶん殴ればいいと思いますふるぼっこドン

この映画に関してはTwitter児童労働がどうのこうのという話もちらりと耳にした程度で事前情報収集もなく見に行ったんですが、そういう物語じゃなかったですよ。

喪失を乗り越えるという話

じゃあ、どういう物語だったかといいますと、大きく2つの柱が絡み合うストーリーでした。それは大きなテーマで言えば「喪失を乗り越える」と「自分自身と居場所を見つける」という話。

初っ端から重いですが、主人公である女子小学生・関織子(通称おっこ)は、本作冒頭の交通事故において両親を失います。もうこの時点で軽い話になりようがないわけですよ。にも関わらず事故被害のシーンはグロカットされ、葬儀とそれに続くドタバタのシーンも描写はされず、おっこは新生活の場であるところの、祖母の営む温泉旅館「春の屋旅館」へと向かいますトランクひとつ持って別に落ち込むわけでもなく、ちょっと大変なだなあくらいの顔色で一人旅をして、到着し、新しい部屋(いままでのマンションとは違う昭和的な和室)を与えられ、転校して新しいクラスメイト挨拶をして、ひょんなことから家業である温泉旅館を手伝うことになります

若おかみは小学生!』って言うタイトルから当たり前ですが、こうして女子小学生おっこの若女将修行生活が始まるわけです。

「春の屋旅館」がある「花の湯温泉」は歴史のある温泉街で、古都然としたまちなみに浴衣姿の観光客が歩く割合賑やかで、カラフルな町です。この辺音楽美術演出あいまって、しみじみと明るく暖かく描かれていて雰囲気良いですね。美術レベルは高かったです。

でも、この明るく爽やかなあたりが(とうぜんそれは演出意図に沿ったものなんですが)、ある意味ホラーでもあるわけです。

小学生児童にとって、両親を失うというのは、最愛家族を失うということであるのみならず、加護者も生活基盤も導き手も失うということです。もう、それは世界崩壊かいレベルでの悲哀なわけですよ。

にも関わらずおっこはそこまでの苦しさを見せない。両親を思い出してちょっとうつむくことはあっても、笑うし、日常生活を送るし、新しい出会いにも前向きでいる。それはよく考えればとてもとても異常なことなわけです。

異常なおっこの新生活は、やはり物語後半に向けて徐々に破綻してゆきます。「両親がまだ生存していて自分と一緒に暮らしている」という幻想を何度もみてしまうおっこは、あるシーンにおいて事故の原因となった(もちろん別のですが)大型トラックを見て、事故フラッシュバックから過呼吸になってしまう。おっこは、両親の喪失という悲しみを乗り越えたわけではなくて、ただ単に今まで封印をして日常生活を演じていたに過ぎなかったわけです。

あらすじなんかにおいて本作は「主人公おっこの成長を描く」なんてサラリと書かれているわけですけれど、それは不誠実な欺瞞であって、おそらくおっこの身になってみれば、それは成長じゃなくて引きちぎられてバラバラにされてしまった自己の修復というサバイバルなわけです。失った何かから目を背けて、決定的な破綻をしないようにごまかしながら疾走するというのが、この物語の前半部分でした。

自分自身と居場所を見つけるという話

そういう意味で、おっこが若女将をやるというのは、児童労働とかそういうレイヤーの話ではないのです。両親を失って加護者も生活基盤も支えも失ってしまったおっこにとって「いまできるなにか」に必死に飛びついて自分を騙そうとしていたとも見ることができます祖母である旅館経営者(現女将)の後継者問題という、旅館側の都合があったにせよ、おっこが旅館雑務に飛び込んで笑顔で充実していく背景にはそれがあるはずです。

事実おっこの若女将雑誌に取り上げられて評判を呼ぶという広告的な価値はあったものの、従業員としてみたとき、お客さんに感情移入しすぎて夜闇の中に駆け出すなど(一般的社会人価値からすれば)行き過ぎな面もありました。

でもそれも仕方がないと思うのです。両親という生活基盤を失ったおっこは、同時に目指すべき将来の自分像も失っています。「将来こういう自分になったらいいな」です。その空隙を、目の前に提出された安易な「若女将」で埋めてしまったわけですから、その意味では、おっこの若女将労働としての若女将ではなく「若女将ごっこ」でもあって、つまりはある種の自分の居場所探しなわけです。

たとえおっこ自身がそれを言語化できるレベルで気づいてなかったとしても、まだ収入もなく住む場所自分では決められない小学性にとって、他にできることなんて事実ないじゃないですか。それはせめて居場所を獲得するという生存努力です。

おそらく祖母はそのおっこの悲痛に気がついていて、周囲が無責任に「若女将誕生!」とはしゃぐなかで、決して自分からは手伝え、継げとはいいませんでしたし、おっこの労働危惧してた素振りも見えました。経営者として「子供接客なんてさせられない!」と拒絶することもできたでしょうけれど、おっこから女将をとりあげて、じゃあ不安定彼女精神に何をしてあげられるかと言えば何もない。だから黙認しかないわけです。

だいたい「自分自身と居場所を見つけるという話」なんてもの現代社会において、大学卒業して就職して一年二年経った青年が、俺はどうやらこういう方面には我慢が効くがこういう方面は苦手だぞ、どうやらおれはこういう仕事とこういう人間関係の中でなら生きていけそうだ――みたいなのをやっとこさやるものなわけで。そんなものを、小学生が引きちぎられるような喪失を乗り越えるのと二正面作戦でやるのは無茶というものです。

そういう意味では、周囲の大人たちはもうちょいどうにかフォローしてやれなかったのかよ、とも感じるんですが、でも逆にそれこそ大人視点傲慢物言いであって、大人だろうが子供だろうがどんな人間でも自分自身の心の中の悲しみや未来とは、自分一人で向き合うしかないというのも一面の真実です。

おっこは画面上の軽やかさやおっちょこちょいさに隠されがちですが、実は誇り高い女の子です。特に自分が設定した自己目標に対しては愚直なまでに誠実です。だからこそ、宿泊客のために対立している真月に頭を下げて教えを請うこともします。その実直さが両親を失うという危地の中で彼女孤立してしまった原因だし、それが巡って彼女の味方を増やす原因でもあったのは素敵だったと思います

ふたつの話の交差点

おっこは「喪失を乗り越えること」から逃避して、目の前のロールである女将に飛びつき、そこで必死に働くことによって苦しかった過去ある意味塗りつぶそうとしたわけですが、その逃避が「自分自身と居場所を見つける」ことにつながってゆきます

幾つかの出会いがあって、目指すべき未来のヒント、ロールモデル出会います。たくさん登場人物がいるのですが特筆すべきなのは三人でしょう。

まずは旅館女将である祖母。登場シーンは少ないのですが、彼女個人人格職業倫理が融合してしまったあの佇まいは、今は亡き母経由もふくめておっこの誠実さの根っこのように思います職業倫理がついには人格化しちゃうって、昭和的な善人のあり方としてすごく共感できるんですけど、今の時代では流行らないのかもしれないと思ってちょっとロリしました。

二番目には、おっこの同級生、秋野真月(大旅館の跡取り娘、通称ピンフリ)でしょう。この娘は小学生女子なのですが、広い視野旅館業と湯の花温泉京の未来を見つめていて、顧客に対して誠実であろうという、幼いながらある種の達人系キャラです(傲慢物言いをする残念キャラでもあるのですが)。この娘と同年代として出会うことができた、ライバルとして対立したり和解したりできた、というのはおっこを取り巻く幸運の中でも格別のものでした。彼女との交友は、悲痛から逃げ出して飛びついた「若女将ごっこ」に、その内実の精神性を加えて「本当の若女将」へ進化させてくれたと思います

(余談&劇中では語られませんが、温泉郷に住まう子供の中でも誰よりも本気で町の未来について抱え込んでしまってる真月の孤独にとって、その孤独の闇に現れて、自分の高さまで登ってくれると約束してくれたおっこの存在は、想像すると涙がこぼれるものが有ります。真月からみてもおっこは救いであったと思うし、そうだと良いなあ)

三番目は宿泊客である占い師グローリー水領です。長い黒髪をたなびかせたこ宿泊客は、都心部事務所を構える凄腕の女占い師なのですが、私生活での失意から「春の屋旅館」で飲んだくれ生活をしています

抑制的な演出描写される彼女鬱屈をおっこはどうにかして励まそうと、浴衣を着たことのないという彼女着付けを手伝います浴衣経験のそんな彼女艶姿におっこが感嘆した感想が「格好いい!」でした。

ものすごくさり気ないシーンだったのですが、それはおっこが喪失していた「自立した憧れるべき大人の女性像」を見出した場面だったんじゃないでしょうか?

私生活で辛いことがあっても他者に当たらず、それどころか宿泊先の幼い従業員おっこに気を使っておどけてまで見せる。グローリー水領はおっこ視点では「素敵な大人のお姉さん」です。その素敵な年上のお姉さんに、「可愛い」でも「素敵」でも「綺麗」でもなく「格好いい!」と小さく叫んだおっこに、少し泣けました。お洒落で(←女子小学視点では重要です)、颯爽としてて、自立をしてて、視線を合わせて話してくれる。そんなお姉さんはおっこにとってどれほど輝いて見えたことでしょう。暗闇の中で我武者羅に迷走していた、それでも笑顔だけは守っていたおっこにとって、それは小さな灯火で「未来自分」「目指すべき形」です。

祖母の言う「誰も拒まない花の湯」、同級生真月のいう「客を癒やすレストスペース」、女占い師自分仕事を「他人を励ます仕事」だと評したこと。それらは全て本作テーマに重なるパラフレーズです。そしてそういう人々の輪の中に、自分も入っていける。癒やしたり癒やされたりしながら前へ進んでいくコミュニティの一員になる。「若女将」という「自分自身と居場所を見つける話」は、おっこにとっては生存努力であり逃避だったわけですが、それを誠実に、ごっこから実体にしていくのならば、結局逃げていた「両親の喪失という苦しみを越えていく」につながっていくのだ、という脚本はすごく良かったです。

別れ

ここまで触れてませんでしたけれど、おっこには霊感があるという設定で「春の屋旅館」にきてから騒々しい幽霊少年やおませな幽霊少女出会い、励まされています。両親が今でも生存していて日常は壊れていないという幻想に悩まされていた頃おっこを支えていたこ幽霊たちですが、物語終盤でおっこから見えなくなってしまうという形で別れが示唆されます

でもそれは、おっこが人間社会のなかで居場所確立した――七つまでは神のうちといういわばまだ神様たちの一員であり神楽の主役でもあったおっこたちが、社会の中で着地して、痛みも悲しみも乗り越えていく季節がやってきたのだというエピソードです(おそらく魔女の宅急便黒猫ジジが喋れなくなる、も同様の構造ですよね)。

見終わってから気づいたのですが、この作品幽霊や鬼たちは、幼いおっこが空想したイマジナリーフレンズだとしても物語が成立するように設計されています

おっこは自分の中の勇気かしこさと一緒に自分の悲しみと戦った。「春の屋旅館」はその舞台であり、若女将はおっこが戦うための姿だった。

すべてのフィクションファンタジーなので現実視点を持ち込みすぎるのは野暮というものなわけですが、今後おっこは中学入学卒業して、大学はともかく高校くらいは出るはずで、一人前になるまで十年近い時間があります。(このお話のおっこは絶対旅館業一筋だと思うのとは別に一般化するのならば)そのなかで、旅館から離れるかもしれない。現実に寄せて考えるならその可能性は高い。

でもそんなことはおっこの戦いとそこで得たものとは関係がないわけです。おっこは若女将というコスチューム身分を手に入れたわけではなく、戦いの中で手に入れた人間関係自分自身がある。将来どこでなにをしようと、おっこの手に入れたものが曇ることは二度とない。それがこの映画の中心であって、それは児童労働とかそういうのではなく、もっとパーソナルで尊いものだったと思います

ps.おう真月ちゃんパート書き足したで!

2018-07-28

低能先生のこと

なんかもう結構時間経って、誰かしっくりくる言説書くだろと思ってたんだがいまだにない。

hagex刺したのだって「彼なりの正義感」みたいな意見あったけど、たぶんそうじゃなくて「ネットリンチ」は低能先生にとっては切実な自分自身に対する攻撃だったんじゃないだろうか。

彼にとってはイケハヤやらに対するネガコメは彼自身に対する攻撃に思えていたんじゃないだろうか。ほら、共感性羞恥とか言うのあるじゃん漫画のなかのキャラがひどい失敗したら自分自身いたたまれなくなるみたいな。ああいうのの拡大版が彼を覆っていたのじゃないだろうか。それとhagex刺したのとつながらないように思うけど、たぶん彼は彼だけじゃなくて「ネットリンチ」してた俺達も彼と同じようにhagexが傷つけられることでダメージを受けるだろうと考えていたのではないだろうか。無差別殺人とかやろうかなとか言ってたことあったけど、そのときに「お前らのせいで人が死ぬ」みたいなことを言ってた。だからこそ刺した後に一旦逃亡して犯行声明を残したわけだ。アレは「お前ら」に向けた糾弾言葉ってことなんだろう。

けどまあ、実際の所低能先生に苦しめられてた連中は彼が事件かなんか起こしてネットから消えねえかなあくらいに思ってただろうからそのへんに思いが至ればあんな凶行に至らなかったんじゃないかなあとおもわないでもない。

2018-03-29

anond:20180329152004

この算出法だと大抵の人がマイナスになりそう

自分相手提供できるもの」追加

相手に求めるプラス条件」を「絶対に外せない条件」とかで書いてもらった方がいいか

こんな人だったらいいなあくらいの気分で書いてるだろうし

2018-01-24

職場の先輩が仕事中に眠っていることがしんどい

一年前、わたしがいまの会社中途採用入社したのと同じくらいの時期に数か月の休職から復帰した人がわたしの先輩だ。

復帰した当初は、「○○さんは病気で少し休職していて、まだ復帰したばかりで本調子じゃないので就業時間中に眠ったりしてしまうことがあるかもしれないけど、教えてくれれば起こすなり休ませるなりするので僕も気を付けてみるようにするけど気が付いたら教えてね」と上司に言われていたので、気が付いたら上司に報告して、上司判断で休憩したり、場合によっては早退してもらうようなこともあった。

少しして、先輩とも徐々に懇意になってきた頃、先輩本人から、「メンタル系の病気で休んでいた」「うちの会社休職中はお給料が出なくて、医者にも反対されたけど復職した」「医者から会社から最初は午前か午後だけ働いて徐々にっていうのを薦められたけどそれだとお給料が少なくなっちゃうから断った」という旨の話を聞いて、あまりいい気分ではなかったのが正直なところだったけど、地方から上京して一人暮らしというのも大変だろうし、金銭関係シビアだろうな、くらいにしか思っていなかった。

わたし部署では、部署内でいくつかにチーム分けして業務を行っており、わたしのチームはわたしと先輩と派遣さんの3人だ。

有りがたいことに弊社は業績を伸ばしており、その分わたしのチームの仕事量も増えている。

しかし、半年経っても一年経っても、先輩の居眠りは治らない。

毎日眠っているわけではないが、日によっては半日以上眠っていることもある。

当初は「薬が合わないみたいで、いろいろ試してるんだけど…」などと言っていたので、大変だなあくらいに思っていたのだが、だんだん復職した時にもっときちんとケアしてほしかった」「そもそも上司がちゃんと仕事してくれたら休職するようなことにはならなかったのに」などと言われるようになり、わたしを信用してそういう話をしてくれていたのかもしれないが、わたしとしてはそういう話を聞くのは結構きつかった。

仕事中に「ふあぁぁ~~~」と声を出して欠伸をされたり、日がな一日うつらうつらしていたのに「疲れた~~~」「全然終わんな~~~い!」と言われたりするのにカリカリして、残業をお願いすると次の日に残業した分だけ居眠りされてしまうので「もう帰っていいですよ」と言わざるを得ないし、仮に残業してもらっても、次に出勤した時「昨日○時までいたから疲れが取れなくて…」と言われてしまうし、わたし残業時間と終わらない仕事の山とストレスけが日に日に積もっていくばかりだ。

詳しい病名は知らないが、鬱だった場合、そういう症状が出てしまうということはわかる。夜眠れないとか、眠っても眠っても眠いとか。わたしだって、それなら仕方がないなと寛容でありたい。

でも、わたしの心の狭さと前述のような言動のせいで、「夜眠れないんです」と相談されても、「昼間眠ってるからじゃないか」と思ってしま自分性格の悪さがつらい。

わかりたいし、理解もしたいけど、いらいらしてしまってそれが出来ないことがとてもつらい。

同じチームの派遣さんにそれとなく聞いたら「よく眠る人だなくらいにしか思ってないので」と言われて本当に感心してしまった。

わたしもそのくらい寛容というか、無関心というか、許容できるようになりたい。

さいとうよしかずさんの「やさしくなりたい」でも聴きながら帰ります

2017-10-13

anond:20171013103204

からだけど、一般有権者への語り掛けでもその微妙政治的言い方をするのはあんまよくないと思う。

安易政敵を褒めると既存支持層の中でも頑固で闘争心溢れる奴らががっかりする、ってのはわかるんだけど、野党既存支持層が少ないか野党なわけじゃないですか。

だったら勢力拡大には、既存支持層を逃がさないことより、無党派層、或いはどちらかと言えば与党支持かなあくらいの層を取り込むことに注力した方がいいし、

そのためには「一定程度は褒めてもいい与党の成果だと認識してるけど、素直に褒めるのはやめて、批判の舌鋒を普段よりやや緩めることで表現する」みたいな、無党派層消極的与党支持層には伝わりづらい話法はやめた方がいいと思うんだよね。

めんどくさすぎるツンデレじゃねーんだし。

相手に内心のデレが伝わらないツンデレは、ただの性格悪い奴としか見られないんだ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん