「ドストエフスキー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ドストエフスキーとは

2020-03-28

新型植松ウィルスBoomer Remover〜

 COVID-19で老人が減ればいいという考えは率直に言って植松聖と同じだ。ドストエフスキーが『罪と罰』に書いた「有用人間が生き残るために無用弱者犠牲となって然るべき」という倫理観と同じと言ってもいい。つまりこれは昔からありふれた考えであり、そして最後否定されて終わることが決まっている、解法の定まった既知の問題のように見える。しかし、さて「自分が直接の被害者である」という条件がつくと、これはまだありふれた道徳問題でいられるだろうか。

 社内で仕事効率を落としている(それどころか効率化の提案を握りつぶし妨害する)のは権力を握った老人、一歩外に出れば電車や店などでマナーが悪いのは大抵老人と、社会に出て以来一貫して老害世代に良い印象が無い。そもそもの心象が悪い上、就職氷河期団塊が逃げ切るためのしんがりとして一世代がまるごと犠牲にされたのだという事実までのしかかってくる。

 更に現在進行形の直接的な被害もある。高額な上に逆進性が強く「人頭税」と揶揄される本邦の社会保険料は、現役世代家計を直接に圧迫している。社会保険料が高すぎる、生活が手一杯で家庭も持てないし子供も作れない、というのは、老人を生かすため下の世代を殺しているも同然だろう。

 今回の買い占め騒動で、現役世代労働のために拘束されている平日の昼間から我先にスーパーに並び、列を成して押し寄せたのは、他でもない年金の受け取り手である老人世代だった。老人たちのために毎月高額な社会保険料をせっせと納めている現役世代は、労働が終わり帰りに寄ったスーパーで、既に食料品が売り切れとなり、ガラガラになった棚を目撃した。

 老人に対する福祉が、自分生活と直接天秤にかけられたら。被害者加害者復讐する正義物語、とまではいかなくても、これは少なくとも医療現場トリアージ問題と同じ性質の話に変わるのである

2020-02-02

anond:20200202211727

ドストエフスキーは『やさしい女』がすこすこのすこ

川端康成は『山の音』と「舞姫』←よく勘違いされるけど元プリマの話だから映画化も確かされた

村上春樹ノーベル文学賞を取れない理由

何度でも言うわ。

まらないポルノじゃあ、ノーベル文学賞は取れないよ。

ドストエフスキーが、「乳房は小さく、腰は細かった」なんで書くか?

残念ながら、狙いどころが悪すぎる

学生運動くらいで何かを語るなよ、ってことだ

あ、ごめん。

増田ハルキストが多いんだよな?

2020-01-29

netflixで見た贖罪

湊かなえ原作贖罪という映像作品をみた。面白かった。

同時に、こんなことが現実にありえるだろうか、と思う。こんなこととは、贖罪テーマとして、複数人人生因果を一つの物語にまとめることができるのだろうか、ということだ。

もちろん、小説であり、サスペンスなのだから現実にはありえないのは当然だ。

もし、自らの人生を振り返って、小説のように物語として人生を捉える、説明することが可能であるとしたら、それは不都合記憶を省略して、因果を無理矢理に成立させているだけである

湊かなえ小説をわざわざ持ち出して書くことでもないのだが、久しぶりにこの手の作品を見たので、きっかけに思いつきを書いてみる。

また、この文章の発想の材料としてtwitterで流れてきた、脳科学に関するつぶやきであるtweetは見失ったが、内容は、脳のような複雑系ブラックボックスとして扱うしかないのではないか、というものだった。

この二つの材料を元に思いつきを書く。

脳が複雑系であるゆえに、私たちのあらゆる認知活動複雑系の一部である。とすれば、小説という営みは虚しい。なぜなら言葉説明ができない対象言葉にしているということはそれはただの虚構からである。もちろん、大抵の小説フィクションであることは、承知している。が、人は小説で感動し、自分人生を重ね合わせたり、小説人生の一つの真理を見出すわけである。ちなみに、逃げの一文を加えると、ドストエフスキーとか立派な文学ではなく、私が対象としたいのは大衆向けのエンタメ小説である

小説複雑系表現することが不可能である以上は、その存在意義上記のような、自分人生を重ね合わせたり、小説人生の一つの真理を見出すこととすることはできない。私の考えでは、小説存在意義は、まさにそのような錯覚を発生させること自体である、思いつきだけど。人は、自らの人生意味不明さ、理解不能さを紛らわせる為に、小説にすがるのではないか

また、小説という文化自体は複雑性が高いものであって、数多の小説を読み漁ってその相互比較をすることは、一つの小説を読んでそこから何らかの意図を汲み取ろうとする行為より格段上の行為であると思う。

追記、今またnetflix残穢、というホラー映画を見ていて、その途中に書いているのだが、怪談説明のできないもの説明しようとした結果のバグのようなものであると思った。

2020-01-28

anond:20200128174514

ドストエフスキー著作をたくさん読んでほしい。人間の醜さには限りがなく、一方で高貴さも兼ね備えていること…などについてもっと知ってほしい。

2020-01-16

歩きスマホに腹が立つの自分が道を譲らないといけないからだ

歩きスマホをしている人間こちらを見ずにずんずんと歩いてくる。一方私はぶつかると危険なので道を譲る。相手は私に一瞥もせずに我が物顔で道を専有する。これが嫌なのだ本来お互いに五分五分、道を譲り合い避け合うべきなのに、私が一方的に労力を割き、相手は何もしない。完全に私の敗北だ。自分よりも年齢の低い相手には、年端もいかない若造がこなくそと、自分よりも年齢の高い相手には偉ぶりやがってこなくそと、怒りが燃える歩きスマホでなくても同じだ。複数人で横並びに歩いている人間が正面から歩いてきたときに、彼らは決して避けようとしない。なぜ私だけが避けなければならないのか。自分が惨めに思えて、腹が立つ。歩きスマホ相手に自らぶつかりに行くおじさんもきっと自分と同じ気持ちなのだろう。ドストエフスキーの地下牢の手記で将校にわざとぶつかった彼も同じ気持ちなのだろう。歩きスマホ危険から嫌なんじゃない、自分が不当に不利益を被るのが嫌なんだ。

2020-01-05

俺はもしかしたらオタクかもしれない

例えばロック好きって話になった時にNirvanaが通じないとき

例えば小説好きって話になった時にドストエフスキーが通じないとき

例えば漫画好きって話になった時に寄生獣が通じないとき

例えば映画好きって話になった時にダークナイトが通じないとき


別に知ってて普通とか老害みたいなこと言うつもりは無い

けど自分のなかの超有名作品世間一般の○○好きの間には距離があるんじゃないかと思った

俺はもしかしたらオタクかもしれない

2019-11-18

ドストエフスキーめちゃくちゃ面白いのになんで読んでる人少ないんだ

難解なイメージあったけど罪と罰キャラの立ちっぷりほとんどライトノベルみたいなもんやんけ

ズミーヒンいいやつ過ぎん?

2019-10-03

anond:20191003113238

ドストエフスキーの〇〇の〇〇を所有している〇〇が...

で、その〇〇が現在の〇〇

2019-08-12

anond:20190812193808

そんなあなた海外文学を勧めたい。

本屋に並んでいる日本小説たちはある意味かに面白い。令和の世において大企業たる出版社がそれなりの金を使って出版している本が面白くない訳がない。

が、そんな小説を読んでいると、面白いことが分かりきっている小説を読むこと自体がつまらなくなってくる。普通に面白い小説では満足できなくなってくるのだ。きっと元増田小説読みレベルが上がったのではないかと思う。

そこで試してもらいたいのが海外小説である翻訳物は抵抗があるかもしれないが、日本普通に面白いとされている小説に飽きているのならば試してみて欲しい。海外文学と言っても多種多様なので、いろいろと読んでみて欲しい。ブッカー賞受賞作とか取っ付きやすいと思う。トルストイとかドストエフスキーとかも読んでみたら面白いよ。

個人的おすすめアリステア・マクリーン女王陛下のユリシーズ号』とアゴタ・クリストフ悪童日記』。前者は至極のエンタメ海洋小説後者小説好きこそ楽しめる、読書上級者向け小説。どちらも面白いけど、現代日本ベストセラー小説たちとは系統がだいぶ違うので、ぜひ試してみて欲しい。

2019-08-06

anond:20190806145631

普通人芸術などできない

障子に勃起チンコで穴をあける芸術小説は波の男には作れない

基地の中で日本刀を持って暴れ切腹して死んだ小説家の作品こそが名作だ

ドストエフスキーシベリア送りになっていなければ生前も死後も知名度ゼロだったはず

2019-07-14

地下室のしゅきになりたい

「なんか金が転がり込んできたし上司もムカつくし仕事もつまらんし辞めて引きこもるわ」

現代人の理想過ぎない?

もしかしてドストエフスキーって転生してる?

2019-05-17

anond:20190517145628

小説なら貴志祐介の「青い炎」、ドストエフスキーの「悪霊」とか。悪霊のスタヴローギンは少女凌辱するのでろりともだちと通じるところもあるかもしれない。

成人向けゲームでは「素晴らしき日々」の一部シナリオ。「3days」は手段としての自殺だけど自殺シーンは鳥肌が立つ。「腐り姫」も良い。

漫画はあまり思いつかないけど、藤子・F・不二雄の「自分会議」とか。鬼頭莫宏「ぼくらの」ある意味自殺といえる。

2019-04-19

ドストエフスキーがもし現代に生きてたら

ツイッター国粋主義者から使わないだろうけどVKとかで百田尚樹も真っ青のネトウヨ発言連発して炎上しまくってそう

ノートルダム火災とか「ざまああああwww」とか言いまくってそう

2019-04-10

anond:20190410154453

夏目漱石愛人と入水自殺したし

三島小説で食えなかったから腹いせで日本刀持って暴れたんだよな

ドストエフスキーも生きてるときは裕福じゃなかった

2019-03-16

ラノベ読みたい

とっかかりがなくて手を出せないまま20年。

レーベルごとの特徴とかもあると思うんだけど、

ざっくりとおすすめを教えていただけないだろうか。

ドストエフスキーナボコフボラーニョ、マルケスヘミングウェイ

谷崎、内田百閒金井美恵子町田町蔵とかを好んで読みます

舞城王太郎ラノベ? 文体が好き。

2018-12-29

anond:20181227002831

この傾向、今に始まった話じゃなくて1960~70年代当時から手塚治虫梶原一騎作品でもその手の未回収ネタが残るオチ(単に打ち切り場合も)は大量にあるのだが、全体的なクオリティが良ければ文句を付けるのは野暮という風潮だった気が

それを言えば、漱石明暗ドストエフスキーカラマーゾフも未完だが、それゆえ失敗作とか駄作という奴はおらんじゃろ

投げっぱなしで良いとは言ってないぞ、ただ、完全にきれいに完結できるという発想自体が理に落ちてないかという気が

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん