「仲介役」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 仲介役とは

2018-04-30

anond:20180430123933

そこは非公式だとはっきり明言しとけばいいのでは

pixiv仲介役になって原作者に金は渡るけど「二次創作物の内容については関知しないし管理責任もない」っていう契約にすればいい

(誤解を招くので「その代わり口も出せない」を削除)

2018-02-02

萌えるからと言ってなんでも書くのは危ない

 小説なり漫画なりで好きなシーンや良いシーンがあったら自分なりの解釈でそのシーンの絵や小説にすることがあると思う。

 先に述べるが、私はそれに大いに賛成である

 私は小説を書くのだが、その中で「ここのシーンたまんない!」とか言われて絵にしてもらえた日には感激で夜も眠れない。

 さらに言えば、私宛に送ってくれれば喜んで家宝にしたか軽率に送って欲しかった。

 だが世の中そんな人ばかりではない。

 これは私が以前に経験し、現在も未解決に近い(理由は後述する)話だ。

 私は当時とある作品のAというキャラにハマっていた。

 今でこそそのAは凄い人気なのだが、当時は登場して間もないこともありpixivなどで検索しても総数で2桁ないくらいだった。

 そんな由々しき事態に、私はそのジャンル出会った仲間たちと共にキャラの良さを広めるべく日々小説を書いていた。

 そんなある日、とあるCPを見かけた。

 それは現在そのジャンル大手CPのS×Aだった。

 これはいいと私も最初は書いたり読んだりしていたが、作品が多くなるにつれて主流が可愛いAという風になっていった。

 それも仕方ないことだ。

 Sに対してはAもツンデレのようなところもあったし、そもそも公式設定からして童顔など可愛い要素多めなのだ

 けれど初登場や要所要所で現れる格好良さ、正体不明の頃から時折見せる恐ろしさなども魅力なキャラだ。

 そして悲しいことに、私は後者の部分でAを愛していた。

 つまり解釈違いだ。

 こうなってはS×Aに触れにくくなる。

 幸いにして当時はAの魅力を全力投球で書いたA攻めの別CP小説が好評で普段のメインはこっちだった。

 だから無理してS×Aに触れる必要はない。

 ないのだけど——

 これまた悲しいことに私はSも好きだったのだ。

 特にAと絡むのが好きだった。

 これは原作エピソードのせいとも言えるのだが、語ると長いのでここでは省く。

 とりあえず、原作がAとSの絡みを推してくるのである

 そうなるとAとSが絡む二次が見たくなる。

 でもそれでは主流解釈可愛いAを見なければいけない。

 雑食とはいえ、解釈違いばかりというのはさすがにキツいものがある。

 ならばと、逆CPに手を出した。

 今から考えればこれがいけなかったのだが、当時は雑食の利点を生かした良い手だと思ったのだ。

 そして私はA×Sを検索するようになった。

 まぁ当時ジャンル自体マイナーな上に、その主流CPとは逆なため作品総数が少なかった。

 それでも活動する人はいた。

 そしてその中に彼女はいた。

 仮名はエヌ子としておこう。

 エヌ子は絵も小説も書けたため当時のpixivにあるASの大半は彼女作品だった。

 少なくとも私が検索した範囲ではエヌ子の作品に溢れていた。

 なので真っ先にエヌ子の作品をみることになったのたが、正直ドストライクだった。

 小説にしても小話を書いた絵にしても私の好みでヤバかった。

 本当に好みすぎてpixivに日参し、Twitterフォローして新作を待ち望むほどのファンになった。

 けれど声をかけることはしなかった。

 理由としては単純だ。

 私が雑食で、逆CPを既にいくつか書いていたかである

 私はそうではないが人によっては逆CP絶対NGなんてこともある。

 そもそもエヌ子はS総受の人だった。

 ならSA以外にもS攻めを書いている私なんか範疇外の可能性がある。

 だからまりかかわるべきではないと思ったのだ。

 だが悲しきかな、雑食書き手の性。

 エヌ子の作品を読む内に私もASを書きたくなった。

 そして同時に、エヌ子さんの作品もっと多くの人に見てもらいたいと思った。

 そのためにはどうすればいいか

 それが、その日からそれが私の命題になったのだ。

 そんなある日、エヌ子の新作が投下された。

 それはいもの妄想シチュエーションの絵だった。

 そして、その中のひとつが、私の心に深く刺さったのだ。

 それは普段Sにひどく当たってしまうAが酔っ払い甘えるというシチュエーションだった。

 簡潔に言えば凄く萌えた。ヤバかった。

 そして、この萌えならばいいのではないかと私は思ったのだ。

 この萌えならばエヌ子さんの作品紹介に打ってつけではないかと。

 そしてTwitterにてリツイートした。

 が、それでは足りないと思った。

 もっと他の作品pixivにあるから見てほしいと。

 そして、私はある作品を書き上げた。

 そう、それが冒頭の説明に繋がるのだ。

 つまり、私はエヌ子さんのその絵のシーンを元に小説を書いたのだ。

 そしてそれを、pixivにアップした。

 そのときはまだpixivにまとめた作品がアップされてなかったのでURLは乗せてなかったが、代わりに「エヌ子さんのAS萌えて」とも「元ネタはエヌ子さんの作品から」なども明記していた。

 これが多分いけなかった。

 これがどういう経緯でかは未だにわからないが、人伝に私が上げた作品を知ったエヌ子は「嫌だ」とツイートした。

 今はそのツイート自体消されてしまい残っていないのだが、はっきりとした拒絶だった。

 今でもそのショックは覚えている。

 だが考え方の違いもあるだろうし、何か不手際もあったのだろうと心を落ち着かせた。

 そしてすぐに該当作品を消し、リプでエヌ子にその旨を伝えた。

 すると今度はそれを「嫌だ」と言われたのだ。

 そして「きっかけのツイートは消すから戻して」と上記ツイートを消されてしまった。

 そうは言われてもこちももう消しているしと困惑する中、リプでは埒があかないと言われDMに移行することとなるのだが。

 DMもっと混迷する。

 そのときのやりとりは最初に消されてしまったツイート以外すべて画像に残しているのだが、先方がネットに公開しないことを約束しろと言うので上げられない。

 だが内容としては早々にこちから「どうしたいのかわからない」や「そちらの主張が一貫していない」ことを指摘した。

 すると先方からよくわからない問題を出されたり、果ては「消して済むなんて思うな」「こちらの仕事に影響が出て困る」などと送られてくるようになったのだ。

 こうなったのは多少は私の落ち度なのだろうが、それにしてもよく意味がわからなかった。

 その中で1番訳が分からないのは直接やり取りしているのに「仲介役になってくれ」と私と仲のいい相互さんに連絡していたりするところなのだ

 幸いその方にはエヌ子とのDMやり取りに移行するときからずっと相談しており、DM内容も見せていたので中立に徹してくださったのだが。

 その方をしても意味が分からないと言っているほどなのである

 なお、エヌ子がその方に送った文面は私は見ていない。

 その方が見ない方がいいと言ったからだ。

 まぁそれはいい。悪口だろうとなんだろと気にしない。

 それよりも最初の方に述べているが、これは未解決に近いことが問題なのだ

 結果を先に述べると、先方からの返信が来ていないのだ。

 DMでも埒があかないかSkypeにしてくれと言われ、証拠が残らなくなるからと断ったら返信がこなくなった。

 そしてフォローが外されてしまった(当時は相互フォローではないとDMを送れなかった)。

 まぁ返信が途絶えるのは既に何度もあり、その都度こちから折りをみて催促していたからそこはもうどうでもよかった。

 それよりもフォローが外された方が困ったのだ。

 先方都合でDMにしたのに、これではもう絶縁状である

 正確にはブロックはされていないので違うのだが、それでも返信しないという意志の現れである

 こうなると本当に困惑しかない。

 解決したいってのも、責任を取ってくれっていうのも先方の要望なのにそれを達成する前に切られてしまってはどうしようもない。

 このまま活動するにもまた絡まれ訳の分からないことを言われても困るし、そもそもCPを変えようとジャンルは同じなのだからどこかで出会可能性が高い。

 そして考えた結果、私はアカウントごと引退することを決めたのだ。

 そうする以外手段が思い付かなかったし、少なからず仲間たちに迷惑もかけていたのが嫌になっていた。

 そうして私は先方の消すなという言葉尊重し、pixiv作品には閲覧制限をかけ、ことの経緯を書いた文面を公開した。

 もちろんよく分からなかったところや、二転三転していた発言には触れずだ。

 そしてTwitterアカウントも消さず、あらましを書き放置した。

 後日談として、その後も繋がっていた相互さんなどから

解決してよかった!ってあの人すごく喜んでるんだけど」や、ちょっと人としてどうなの?という話を聞くのだが、もう関わりたくなさすぎてスルーしてしまった。

 その節は失礼しましたと、この場を借りて謝罪したい。

 でももうエヌ子には愛想が尽きていたから話も聞きたくなかったということで許して頂きたい。

 あと私の作品を好きだと言ってくださった人たちへの申し訳なさすぎが強かったのもある。

 閲覧制限をかけたあともpixivメッセで「好きでした。残念です」や「どうにか見れるようにしてもらえませんか」など当時はもちろん、数年経った今でも届く。

 それを見るたび、もっとどうにかならなかったかなと思う。

 なので、というわけではないがこれを書こうと思ったのだ。

 脱線なども多かったですが、一応これは注意喚起です。

 こういう人もいるからという。

 そして冒頭のそれになるのです。

 つまりいくら萌えようと安易に人の作品元ネタに書かない方がいいよっていう。

 書いてくれーって言ってる人は大丈夫でしょ?とか思うよね。

 ダメです。私の関わった人も言ってました。

 だから書くなら仲間内にした方がいいです。

 じゃないとこうなったときすごく面倒くさいです。

 神の作品とか書きたいよね。

 でも神ほど気を付けた方がいいです。

 神に失望したくないなら余計に。

 件のエヌ子ですが、最近は浮上していないようですけど未だにそのジャンルに居ますし、どうも商業お仕事しているようですし、別垢を持ってないとも限らないので本当に気を付けて。

 途中からパクリだとか、出るとこ出るとか気の弱い方だと心が折れそうなことまで言ってくるような人なので。

 そして、そんな人間はエヌ子だけではないと思うので私の実体験を元に紹介しました。

 長くなりましたが、どうか皆様は楽しい創作ライフお楽しみください。

 長文乱文をここまでお読み頂きありがとうございました。

2017-07-06

https://anond.hatelabo.jp/20170706092633

ミスの後の嫌味の後のお誘いという流れではないみたいなのを聞くと、

なんかその女性気持ちいね

その人と関係改善を図ってみてっていうのは具体的に今仲が悪くて改善するって話なのかな。

仲は周りから見て悪くないけど嫌味で傷ついててきついって話なのかな。

どっちにしても元増田にその女性に対して好意を持ってないなら上司とか誰かに相談して仲介に入ってもらった方がいいと思うけどね。

もちろん仲介役元増田性別からないけど男性の方がいいと思う。


元増田ミス減らそうと努力してて実際ミス少ないみたいで偉いじゃん。

2017-05-13

[] #24-3「あの音楽歌詞

だがそんなことを口にすれば、弟たちは俺を巻き込んだ上で面倒くさいことに発展する予感がした。

なので知らないフリを決めこうとしたのだが、弟の仲間の一人であるドッペルは目ざとかった。

「マスダの兄ちゃん、何か思いついた?」

「……いや、別に?」

「本当にぃ?」

弟たちの眼光が鋭い。

いつその視線物理的に刺さってもおかしくない。

観念した俺は白状することにした。

「……本当に大したことじゃないぞ」

「それを決めるのは俺たちだ」

「……ガイドと名乗る、未来から来たとかい人間がいるのは知っているか?」

「ああ、あの人? 見たことある

キテレツな格好ですごい胡散臭いよね」

だが、あいつの持っているアイテムの力が本物であることは、みんな薄々分かっていた。

或いは、と考えたのだ。

「なるほど……だめでもともとか」

「でも、今度はその自称未来人さんを探さなきゃいけないのかあ……」

「もしその人が本物なら、下手すれば既に未来に帰っているかも」

微かにさした光明も、その筋道のなさに弟たちの表情は曇るばかりだ。

どうやら、灯台下暗しであることを知らなかったらしい。

「何だお前たち、知らなかったのか。その未来人は、いまシロクロのとこに居候しているんだぞ」

「ええ!? 本当かよ、シロクロ」

イエス! ザッツ! ライト!」

弟たちにとって、それは意外な人物だったようだ。

まあ、シロクロは身の上話をロクにしない上に、言動が怪しくてコミニケーションが難しい人物である

なので、それを当たり前のように受け入れていた弟たちにとってはむしろ意外だったのかもしれない。

「なんで、今まで言わなかったんだよ」

プライバシーポリシー!」

シロクロが分かるような分からないことを言う。

「そ、そうか……」

俺たちは適当に相槌をうつ


未来人は俺に門前払いされた後も何件か周ったらしいが、結局信じてもらえなかったようだ。

任務が終わるまで帰ることができないので途方に暮れていたところを、通りがかったシロクロに拾われたらしい。

まあ、シロクロは“アレ”だから信じるだろうな。

或いはシロクロ自身、謎の多い人間から波長が合うのかもしれない。

ただ信じてもらえてもシロクロに話が通じているわけではないから、任務遂行できず宙ぶらりん状態、といったところだろう。

「シロクロも大概だよな。そんな胡散臭い奴を住まわせてやってるとか」

アイマスト! ゴードゥ! グッドシングス!」

シロクロが分かるような分からないことを言う。

「あー、はいはい

弟たちはシロクロの発言を受け流す。

その後、十数秒かけてそれっぽい理屈を並べてシロクロを言いくるめ、自宅へ案内してもらうことになった。

そしてガイドと知り合いであった俺は、仲介役ということで付き添う羽目となった。

(#24-4へ続く)

2016-12-08

集団訴訟仲介業者を開設したら儲かりそうな気がする

これから著作権にうるさい時代になるだろうけど

個人では守りづらいので集団訴訟という形で仲介役をする業者を作れば社会貢献もできるし銭も儲かるし丁度いいんじゃないだろうか?

2016-11-02

http://anond.hatelabo.jp/20161101215153

もっとも、あらゆるゲーム規約を常に把握していなければならない、というコストメルカリ全面的に負うというのも少し違和感がある。

責任持てないならその商品扱わなければいいだけ

銭のために扱うって決めたんなら売買にかかわる連中と一緒に仲介役責任背負えよ、って事かと。

詐欺出し子だって逮捕されるんだし。

2016-10-10

人間行為責任を求めるのって意味なくね?

人間には自由意志などないとかそんな話はせずともさ、人間なんて環境適応して動く遺伝子の乗り物じゃん。

お前の魂が凶悪犯罪者の遺伝子に入って凶悪犯罪者と同じように育ったら凶悪犯罪を犯すよ。必ず。

でもその凶悪犯罪者にとって凶悪遺伝子は生まれつきだし、犯罪に導く環境がそろったのは運だよね。

この世の出来事なんて全て偶然と必然の積み重ねでしかないんだからその仲介役人間責任求めても意味なくね?

2016-08-28

バカと会話をした

事あって、久しぶりにバカと会話をした。

Aという人からBというバカとの間の仲介役として入ったのだけど、双方の間でのとあるまり事が問題となっていて(少なくとも俺にはそう見えた)、物事がなかなか進んでいなさそうだった。

(ちなみに、そいつのことをバカと言いたいが故にBと呼称したわけではない。)

「それだったらルールのもの修正すればいいんじゃないか」と思って、ルールの変更や修正相手認識させるために「なんでそうしなきゃいけないと思う?」とBに促してみた。

そしたら何と「それがルールから」と答えた。

「でも今のルールじゃうまく機能していないんだよね?」と改めて聞いてみると「ルール以外のことはやらない」と言い張るばかり。

流石にあきれて、「じゃあそのルールがなかったら、どういう風にすればいいと思う?」と聞いてみた。

が、相手は「そういう決まりになっているんだからルールを守るべきだ!」とずっと繰り返すばかり。

改善策を考えるどころか、現在の決まり事に固執されていて、「決まり事が守れないことが悪い」という考え以外に頭が回っていないようだった。

結局あきらめて結局向こうの言い分だけ聞いて、相談を持ち掛けてくれたAに「向こうはこう思っているらしいよ」ということだけ伝えて、今回の話は終わった。

まり事を守るというのは確かに社会生活大事なことだし、それを疑うことなく真面目にこなすことでその人はこれまで生きてきたし、そのおかげでバカなりにも生きてこれたんだと思う。

だけど今ある状況をよくするには、制度既存の枠組みそのものが間違っていたりすることもある。

普段そんなに意識したことがないようなことだったけど、何か問題が発生した時に色々な側面から物事をとらえて、ある観点から見た事象に疑問を持てることができるかどうか、そしてそれをどう改善していけばよいか考えて、提案できることが、バカとそうでない人の差なのかなと思った。

端的にバカと言うよりは頭の固い人の話なのかもしれないけどね。

2016-06-08

なんか、変なことにまきこまれて、怒られまくっている。

友人Aが友人Bを訴えた。なぜか、私の立ち位置が以下の様な感じになった。仲介役

友人A⇔私⇔友人B

そして、訴えた方の友人Aに、訴えた方の友人Bのことで私が怒られている。

友人Aよ、お前が勝手にBを訴えてと関係が悪くなったんだろうが。

もう、しらんよ。

2015-06-19

高校時代理系に憧れて、大して成績いい訳じゃないのに理系選んで、案の定数学物理挫折して、偏差値ガバガバ大学に行ってプログラミングやってみたけど続かず中退して

高校時代から続けていたゲーム日本一になって、世界大会とか行って、でもチームメイトはくっそ頭いい大学とか行ったり社会人だったりして羨ましくて

そのゲーム区切りつけて引退して実家帰ってフリーターして免許取って、最近就活始めてさ

 

なんか面接で「ゲームの方には進まないんだ?」とか言われるのが辛くてさ

そんな事言われたって、ただ普通になりたいって思ってる自分が居てさ

でも特別やりたい業種もなくて、取り敢えず社風やらの体制適当に選んで、イイトコ見つかるかなーってダラダラ過ごしてるけどさ。

 

やっぱ人生ってこんなもんで良いんだよね?

 

 

てか書いてて思い出したわ、聞いてくれよ。この間面接で即落とされたらしいんだけど、理由が目の焦点が合ってないからだってよ。

なんで理由教えてもらえたかってのは、キャリアサイト使ってて仲介役が聞いてくれたんだけどさ。

斜視でさあ。絶対に目があってるとわかる要素がないわけですよ。

小さい頃から時たまに友達に言われたりしてたけど、就職にまで影響あるの考えてなかったわ。

それ聞いた夜とかガチで枕濡らしちゃったよね

 

社会人のあの独特な雰囲気とかしゃべりって何なんだろうね。僕あれ苦手で堪らんわ。

就活めんどくさ

寝よ

2015-06-10

パズドライラスト炎上絵師コザキユースケさんが謝罪した件について

こちらの記事より

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1506/09/news132.html

パズドライラスト担当している人が、ユーザーから絵についてクレームを受けて謝罪し、イラスト修正したようだ。

そのクレームがどう伝わったのかだが、ユーザーが彼のツイッター上のアカウントを見つけて辛辣リプライを飛ばすというものだ。

俺はこの件についてどうも釈然としない。

こういうのは運営仲介すべきものだと思うんだ。

思えばパズドラ運営は昔からユーザーに甘かった。優しいのではない。甘いのだ。

ちょっとミスをすればその度に詫び石を配布していたし、今回の件についても絵の修正をするという対応をした。それがユーザーから「ぽかぽか運営」と持ち上げられたりもするが、運営対応としては、この「ぽかぽか運営」は良くない対応だと思う。

ユーザー調子に乗らせるからだ。事実ユーザーはわざわざイラスト担当アカウントを見つけだしてはてな村民も真っ青な辛辣リプライをたくさん送り付けている。

運営製作者をユーザーから守らねばならない。俺がいいたいのはこれだ。

製作者がユーザークレームを受けてモチベーションが下がり、退職してしまえば被害をうけるのは運営だ。

パズドラ制作陣は全員が鋼のメンタルを持っているのか、俺が無知なだけかはわからないが、なかなか誰かが退職した、という話を聞かない。

しかし、今回は大丈夫でも次回はどうなるかはわからない。

コザキ氏は自身ツイッター上でも述べていたが、「今回は特例だから対応するけど、本来対応しないもの対応がほしい場合はお問い合わせフォームから運営に連絡をとってほしい」と言っていた。

言ってることはそのとおりなんだが、ユーザーがそんなこと聞くわけがないだろと。

仮に聞いた人がいても、他の聞いていない人がまた彼にクレームをつけるだけだ。以前は対応してくれたという前例を従えて。

ユーザー要望に限りはないが、製作者側の対応には限界がある。

いずれは対応できなくなる。その時が来れば、それまで「ぽかぽか運営」と呼ばれていたものは、「クソ運営」と言われるようになるだろう。

から「クソ運営」と呼ばれないために、運営製作者個々人に責任が飛び火するのを防ぐ必要がある。

最善策は、制作陣のSNS上での活動を禁止することだ。

禁止するとはいかないまでも、せめて彼らにSNS上では自分が誰であるか素性を見せないように注意喚起するべきだ。

次にいいのは、ユーザー意見を業務の範囲外では聞かないこと。

要望などはお問い合わせフォームでのみ聞き、ツイッター上でのリプライでの要望は一切対応しない方針にすることだ。

まあ、こんなにツイッター上での対応しまくって前例だらけのパズドラ運営には無理な話だが...

はてな匿名ダイアリーみたいに完全に匿名担保されているサービス上では誰もが(特定されないように注意すれば)好きなことを言えるし、その発言責任を負う必要がない。

だが、ツイッターは違う。一度素性がばれたらアカウントを捨てるか鍵垢にでもしない限り、一見匿名でも言葉責任が伴う。

ツイッターでは毎日のようにこんな炎上騒ぎを聞くのにはてなでは全くそういうのを聞かないことからわかるとおりだ。

から運営製作者とユーザー仲介役としての役割を果たすべきなんだ。

企業として、全体の責任ではなく、個々人に責任が及ぶのはあってはならないことだ。なんのための責任者なのかって話だ。

まりは、運営仕事しろってことだ。

2014-01-03

もう義実家いきたくない

もう まじむりだわ~

夫が私の人見知り、人嫌いを一切理解できないので仲介役にはならず、

逆に余計な情報を義両親に流したりしている。

次に義両親と顔会わせた時、もう言い訳聞かないわ~まじむりだわ~

二度と行きたくないわ~

2013-10-26

当方Webデザイナー。もうすぐ今年も終わるなと思ったら去年の今頃大炎上した営業のことを思い出したので吐き出し。

去年の春先、営業に新人が入ってきた。新人と言っても30代半ばのオッサン。訪問販売系の営業をずっとやってて成績がよかたらしく、鳴り物入りで入社してきたソイツが炎上者ね。

ウチは企画からやる制作会社から、その営業とは全然違うだろって制作サイドは全員思ってたんだが、営業サイドは違ったみたいで。かなり期待してたし、そいつ自分の手腕(笑)に自信があったか最初からかなり強気で営業の部長以外からはあまりよく思われてなかった。ていうか今思えばその歳で転職歴かなりあったし、胡散臭さプンプンしてたな、そういえば。

でも仕事だし本当にできる人間ならこっちとしてもないがしろにするわけにいかいから、まあ大人の態度でいきましょうかって言ってたんだけど。ソイツは自分仕事を教えてくれてた先輩(女)を追い込んでやめさせた。先輩が上へも下へも他部署へも調整に入ってくれてたのに、うまく部長に取り入る形で先輩が仕事できない体に持っていった、みたいな。口は確かにうまいんだわ。それで部長も、あいつは女だし先がないみたいな感じでそれに乗っちゃったんだな。ていうかどうでもいいと思ってたんだと思う。女の営業って実際長くいる人滅多に見ないし、実際先輩もそろそろ結婚かって彼氏いたしね。そいつの目の上のタンコブになってるなら排除してもかまわないかって感じだったんじゃないかと俺は思ってる。部長悪い人じゃないんだけどな。

そこでどうなったか

まずソイツとの仲介役がいなくなって、制作サイドとソイツはギスギスしだした。ソイツ偉そうだったんだよね、喋り方とか一々。知らないことを知らないと言わず相手から情報を引き出しておいて叩くとか。勉強熱心だったけどそれで変な知識つけてきてチクチクダメ出ししてくるし、営業が神営業に全員従えって感じ丸出しだったのも感じ悪かった。まあそれで当然俺らは距離を置くよね。大人だからね。仕事からやるけどさ、話してて不快な気分にさせられる奴と積極的コミュニケーションを取ろうとか思わないわな。あ、営業成績はそこそこでした。前職でも前々職でもナンバーワンでしたっつっといてそこそこ(笑)

秋口から結構大きい仕事が入って、ソイツがメインで担当することになった。仲介役の先輩が持ってたクラで付き合いもあったし、無茶を言わない優良クラだからって皆危惧してなかったんだけど、そこでソイツはやらかした。簡単に言うと、できないことをできると言って話を進めてしまった。ありがちだが。

できないことってのはまあ、システム機能かな。社内でもしっかり吟味しないとダメな部分だってのは、俺と同じ業界の奴なら分かると思う。それをしてなかった、正確には騙しトークで乗り切ってたらしい(まあ乗り切れてないわけですが)クラにも騙し、俺らにも騙し。その場その場を乗り切って途中で発覚→炎上部長逆鱗に触れて冷や飯コース(そりゃ部長も謝罪に行く羽目になったし)。いづらくなってやめていきましたとさ。

あいつ今頃何やってんのかな。

お前さ、ホント感じ悪かったよ。お前の失敗見てて、人って他人の助けがないと仕事なんかできないんだなってよく分かったよ。誰も助けてくれなかったよな。お前が辞めて本当に空気がよくなったぜ。

2013-04-13

やたら怒鳴る上司と何考えてるのか分からない後輩

特定の後輩に対してだけやたらと怒鳴る上司がいる

意味もなく怒鳴るわけではないけど、その後輩が失敗したときにだけ異様に怒る

大声で怒鳴るのは勿論、後輩が提出した書類に不備があったときにはその書類の束を後輩に投げつけたり、机殴りつけたり椅子蹴ったり、

自分の机の上の書類をなぎ払って床に落としたり、携帯床に叩きつけたり、とにかく乱暴になる

実際に殴るのを見たことはないけど、平手振り下ろさんばかりにしているのは見たことあるから殴られたりもしてるのかもしれない

仕事してるその後輩ひとり残して全員引き連れて昼食行ったり帰ったり、聞いた話だと、その後輩を誘わずに後輩以外全員で慰安旅行的なこともしてるらしい

後輩の方は、ネットで言うところのコミュ障とかアスペっぽいタイプで何考えてるのか分からない

4年目になるはずだけど、同期の別の後輩いわく入社当時から同期との交流は皆無でアドレス交換もしてないらしい

ちょっとした雑談なら普通にするけど、職場内でも自分が知る限り親しくしている人はいないと見ている

たまに無自覚っぽい感じで失礼なこと言うこともあるけど、ビジネスマナー的なところは人並みだと思う

ただ、雑用はもくもくと積極的に片付けてくれるけど、本筋の仕事の出来は四年目でそのレベルかー・・・って感じ。

新人入れるよりは役に立つけど四年目なら専門分野あっても良さそうなもんなんだけど何聞いても曖昧ぼんやりしてる

自分はその後輩とは別の担当だけど、職場委員(相談係とか人事との仲介役みたいなもの)になってるんで、その後輩が最近あった産業医面談で「うつ傾向有り、要受診」と判定された話を耳にした。

元々の性格なのかと思ってたけど、近い担当人間に聞いてみたら、最近は無表情で覇気もなくて声も聞こえない、と言うから相当病んでるなぁと思っていたところ、後輩は勧められたとおり精神科受診して診断書を貰ってきた。

そう言う診断書って大体休養を進める内容になってて、そうなったら基本的には有給消化してしばらく休んでもらう感じの流れになる。

ただこの後輩が持ってきた診断書には「鬱病で投薬中です」っていう以外の内容が一切ない。

産業医面談でも休むつもりはない・頑張ると話してたそうで、どうしたもんかなーと思っていたら今日さらにひと悶着あったらしい

なんでも、上司・後輩・その他数名で進めているプロジェクト会議中に、上司が後輩に対して「出て行け!お前なんかこのプロジェクト必要ない!」と怒鳴りつけたらしい。更に、怒鳴られて固まってる後輩に「とっとと出て行け!お前なんか電話番でもしてろ!」と追い討ち。

その辺の遣り取りを、職場フリースペースでやるもんだから、「電話番でもしてろ!」は自分も聞いた。

後輩は無言で席を立って、自席で言われたとおり電話番+雑用を始めたらしい。

前後の遣り取りも知らないし、どっちが悪いのか分かなんて部外者には分からんけど、聞いてて気持ちいい話ではないよね。

上司なら出来ない部下の面倒もちゃんと見てやれよ、とも思うけど、主任クラス資格さえ持ってれば年次で自動的になるもんだし、その上の課長も更にその上の部長も面倒見がいい方だとは到底いえない・・・

後輩一人だけ毎日0時過ぎまで残ってるし、フロア最後の退出者が提出する管理簿みても、大抵後輩の名前になってる。

そういうのって上司管理して仕事分散させるとかしてかなきゃだめなんじゃないのかなぁとは思うけど、所詮自分もただの主任クラスで他の担当への発言権なんてないし。

出来ることといえば全員宛に「今年も私が委員やってるから上司に言いづらい相談とか人事課との場繋ぎとか遠慮なく言ってくださいねー」っていつもと同じ挨拶メールを出すくらいしかない。

ここ三年続けて委員やってるけど、ここまで深刻な感じになってるのって初めてだ・・・

対応するって言っても上司なり後輩なりが何か言ってこない限り私の出番来ないから、なんかもうすごいもやもやする・・・誰か何とかしてくれ・・・

2013-04-09

頭固すぎ!どうせ自分のいいようになるって思ってるんでしょ!実際そうだからどうしようもないんだけど!

仲介役にしてしまった彼になんて言えばいいかからないくらい申し訳ない…ほんとどうにかならんのかねあの人は。

1年少し前の自分に言ってやりたい。あの人のところに行くもんじゃないと。

それほど近くないところがせめてものいかもしれないが、本当に…本当に、ああもう。

自分過去に固執しちゃう人間だと自負してるけどなんなんだよあの人はよお…その上を行き過ぎだよお…

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん