2020年02月13日の日記

2020-02-13

コロナを乗り越えてみんなでオリンピックを迎えよう

感動

病んでるんならおとなしくしとけよ

メンタルやられたっていっていきなり2週間も休んで、かまってちゃんブログ書いてたかと思ったら、出てきた途端にどうでもいいことSNSに書き散らして何なのお前?

まじでおとなしくしとけよ。周りを逆なでするようなことしてんなよ。

どうせなら1年ぐらい休んでくんねーかな。。。中途半端に出てこられる方が面倒くさいわ。。

anond:20200213235507

idなしでレス水増しとか一部の専門板みたいやな

シマウマはロバって言われても、そもそもロバがわからない……

anond:20200213230132

現役とじゃなく模試の全受験者と比べて

年始模試では多浪生は圧倒的な成績なんだけど、本場前の模試になると現役にごぼう抜きされて合格から外れる

anond:20200213234711

おまえみたいな感性のやつが議会でヤジとかするんだと思う。

anond:20200213234159

危機が起きたら危機対処すりゃ支持率は上がるからね。危機なんだから多少の間違いも許される。

地震の時も枝野は一応あがった。菅があまりにもクソだっただけで。

anond:20200207185501

 今更だけれど思ったこと書くね。

 エンタメに飽きたら、世界史勉強をするのがいいんじゃないかな。

 この元増田の言っていることの全部が正しいとは思わないんだけれど(たとえば「海外ドラマはお子様向けを卒業した十二歳向け」みたいな表現ね)、娯楽をある程度摂取するとパターンが見えてきちゃうのは本当だと思うし、たくさんの作品を鑑賞していると、脚本術について詳しくなくても、「この場面で伏線を張っているな」とか、「今このキャラクター物語をたたみに向かってるな」とか、何とはなしに見えてきちゃうよね。

 それに、月9ドラマなんかだと作業しながらでもそれなりに理解できるようにストーリーを作っているので、まどろっこしく感じちゃうのもよくわかる。自分全然見ない。映画なんかも、友達と付き合いで行く以外は、こじらせ芸術映画をたまに見る程度。なんでかっていうと、アート映画脚本術に従っていない、従っていたとしてもあからさまじゃなくて、どういうストーリーになるかほとんど予測がつかない。そこが楽しいから

 で、この増田勉強することにしたみたいだけれど、なんだかんだ言って、教養を得ることに向かうってのは、いい考えなんじゃないかな。

 自分なんかは、世界史をざっくりと勉強してみると楽しかった。ちょっと古い本だけれど、中央公論社から出ている「世界歴史シリーズ全三十巻を、数年前に読んでみた。正確には、学生時代に流し読みをしたものの再読だ。

 世界史を知っておくメリットはいくつかある。ニュースを流し読みしても大体のことが頭に入ることだ。でも、それとは別にそもそもすごく楽しいってのがある。いろんなファンタジーとかゲームとかの元ネタを見つけるとわくわくするし、遠い国の人たちの暮らしを知って空想するだけでも、毎朝の通勤時間が豊かになる。

 それと、このシリーズは、歴史地域ごとに分かれて書かれているので、ある出来事複数の巻で重複して触れられることがある。たとえば、モンゴルによるバグダッド破壊なんかはイスラームの勃興期と遊牧民を扱った巻にそれぞれ出てくるし、トルキスタンで起こったムスリムの反乱は、近代イスラームの巻と清朝末期を扱った巻の両方に出てくる。

 それの何が面白いかっていうと、同じ出来事見方によって評価全然違うってこと。当たり前なんだけれど、ある国では救国の英雄だけれど、別の国では冷酷な侵略者になっていることなんてざらだし、時代が変化することで評価が逆転したり、忘れられていた人に急に光が当たったりする。チンギス・カンモンゴルではヒーローだけれどほかの国では災厄以外の何物でもないし、バッハフェルメールといった人物も、忘れられていた時代があった。この世界史シリーズも著者によってバイアスがかかっていて、そこがかえって読みごたえがあるんだけれど、モンゴル担当した人が個性が強くて、「遊牧民文化は定住民のせいで低く評価されすぎ!」みたいな本を出していて、おかげでモンゴル残酷行為が若干省かれちゃっているのが難点。

 これってまさに芥川龍之介の「藪の中」みたいな感じで、互いの証言矛盾しているから頭を使わないといけなくて、下手な娯楽よりもずっと面白い。いや、自分現在起こっている日本中国韓国との証言の食い違いは、あまりいい気持がしないんだけれど、それがたとえば何百年も昔のことだと、それがとてもロマンチックに感じられる。聖地奪還の情熱燃えていた十字軍も、アラブから見れば「なんか辺鄙なところから蛮族が来たぞ」みたいな印象しかない、みたいな話だ。

 話がそれてしまったけれど、自分が言いたかったのは、頭の中に複数物語を併存させておくことで、自然物事に対して客観的になれるメリットがある、ってこと。しょっちゅう増田表現の自由だとかセクハラだとかいろいろと炎上したりしているけれど、ある人の意見絶対視しなくて済むようになる。Aという視点ではこうだけれど、Bという観点からだとこういう意見が当然出てくるだろうな、ってのが読めてくる。読めてくると、「この人ならこういう反応をするだろうな、この専門家ならこういう発言をするに違いない」ってのがわかってきて、こっちも必要以上に感情的にならなくて済む。元増田は「悪化する大衆メンタリティ」という表現で、そういう荒れがちな場をちょっと下に見ている感じもないではないけれど、議論にすらなっていない議論から距離を取ることができるようになると、余計なストレスを感じなくて済むのは確かだ。

 それに、複数見方ができるようになると、例えばムスリムから世界史を見たらどう見えるだろう? 女性史の観点からならどうだろう? って、多くの人に受けいれられている歴史見方を疑ってかかれるようになるので、やっぱり楽しい

 他にもいろいろメリットがあって、基礎的な知識があると、ほかのことを勉強していてもすごく楽しい古典文学を読んでいてもすごく面白いし、百年前のあの憧れの人と同じ本を手に取っているって興奮できる。文豪たちと同じ詩を読んで感動するのはいものだ。科学医学歴史についてざっくりとでもいいので学ぶと、自分生活は先人のものすごい技術的蓄積の上に成り立ってるんだなって思うし、自然科学の基礎的な素養があると、ぽっと出のインチキ治療法には引っかからなくなる。哲学史について軽く触れるだけでも、学生時代にしたような哲学的思索は、ギリシアインドが二千年前にとっくに通過した場所だってわかってはっとする。女性地位がどう変化したかをたどってみると、「女性は『常に』被害者だった」みたいな極端な意見には大きな疑問符をつけることができる。

 それと、こうやって三十巻ざっと読んで思ったのは、自分歴史観はバイアスがかかっていたんだなってこと。たとえば、ギリシアローマ歴史は一巻にまとまっていて短すぎるって思ったし、中国歴史ももう少し細かいところに触れてほしいって思ったけれど、たとえばムハンマド時代からアッバース朝滅亡までが一巻ってのはちょうどいいって感じられて、これってつまり自分イスラームのことをまだまだ知らないってことだよね、って思えたりして、バランスが悪いなあって。自分の考えは、ちょっと偏っているかもしれないって、疑えるようになるってのもまた、勉強する楽しさの一つだ。

 あと、いろんな知識が増えると、いろんな人が自分よりも前に書かれた本について言及しているのをたくさん見つけることになるんだけれど、この世界がまるで巨大なシェアードワールドみたいな感じがして面白い自分古典を読むのが好きな一番の理由がそれかもしれない。さっき述べた、互いに矛盾するような証言でさえ、この世界がどれほど「作りこまれいるか」、いいかえると複雑なのかを教えてくれているみたいで、興奮する。

 自分通勤時間と昼休みしか読書をしないエンジョイ勢だけれど、こういう勉強ってのは一生やっても飽きない気がしている。娯楽を馬鹿にするわけじゃない。でも、「娯楽の場がぎすぎすして嫌だな」ってときには、ほかに楽しいと思える遊び場を持っておくのは、いいことなんじゃないかな。

ワイ新システム導入のための社内取りまとめ担当、神部長ポンコツSEの間で揺れる

ポンコツSE要件定義の甘さにつけこんで弊社部長無茶振り

ワイを飛び越してSEに直接電話する

SEもアホだから請けちゃう

でもその割に抜けてたりするし明らかな不具合が発生

その不具合対応に追われて他が検証できず別の不具合が発覚

不具合が発覚したので部長に詰められて検証時間も取れず

部長「大変なシステムだな!終わったら飲みに行こうな!!」

ワイ「アホかな?🤔」

もう何十年も前、幼稚園児だった頃、父が亡くなる事を考えるだけで怖くなって泣いていたのを思い出す。

大人になってから祖父母や親戚が亡くなった時に残された時間は限られていると感じて寂しい気持ちになった。

そして、その時が現実に近づいていると思うと、胸が苦しくなる。

年末年始にあった時は元気だったんだけど、体調を崩して入院することになった。

父はヘビースモーカーだったので肺が悪い。高齢なので肺だけじゃなくて全部悪い。

酸素マスクの助けはあるが呼吸は苦しそうで少し虚ろになる時もあるが、ボケてはおらず息も途切れ途切れに話す内容はいつもと変わらないのが見てて何とも辛い。

病状は悪くはなっても良くはならないのがわかってるから辛い。

何かできること、すべきこと考えなきゃいけないんだろうけどそれも辛い。

最期挨拶とか考えるのも嫌だ。

葬式の準備とかしたくない。

でも結局、淡々と諸々済ませるんだろうなんて考えるのも嫌だ。

あー嫌だ嫌だ。

もう皆でコロナでコロって逝こうよ

逝こうよ・・・ね?

ここにはidはないんか?

誰が喋っとるんかわからんやろ

なりすましし放題やんけ

anond:20200213234313

別にどうもしません

親子といえど他人だしなんとかするでしょ

何の損害も出てないどころか

火消しがんばったのに

お前のせいだ!損害賠償といわれて、訴えられたとしま

どうしますか?

ただし、あなた人生マスコミに大々的に報道され、

もう2度と元に戻らないくらい、壊滅的な風評被害を受けたとします。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん