2018-02-02

萌えるからと言ってなんでも書くのは危ない

 小説なり漫画なりで好きなシーンや良いシーンがあったら自分なりの解釈でそのシーンの絵や小説にすることがあると思う。

 先に述べるが、私はそれに大いに賛成である

 私は小説を書くのだが、その中で「ここのシーンたまんない!」とか言われて絵にしてもらえた日には感激で夜も眠れない。

 さらに言えば、私宛に送ってくれれば喜んで家宝にしたか軽率に送って欲しかった。

 だが世の中そんな人ばかりではない。

 これは私が以前に経験し、現在も未解決に近い(理由は後述する)話だ。

 私は当時とある作品のAというキャラにハマっていた。

 今でこそそのAは凄い人気なのだが、当時は登場して間もないこともありpixivなどで検索しても総数で2桁ないくらいだった。

 そんな由々しき事態に、私はそのジャンル出会った仲間たちと共にキャラの良さを広めるべく日々小説を書いていた。

 そんなある日、とあるCPを見かけた。

 それは現在そのジャンル大手CPのS×Aだった。

 これはいいと私も最初は書いたり読んだりしていたが、作品が多くなるにつれて主流が可愛いAという風になっていった。

 それも仕方ないことだ。

 Sに対してはAもツンデレのようなところもあったし、そもそも公式設定からして童顔など可愛い要素多めなのだ

 けれど初登場や要所要所で現れる格好良さ、正体不明の頃から時折見せる恐ろしさなども魅力なキャラだ。

 そして悲しいことに、私は後者の部分でAを愛していた。

 つまり解釈違いだ。

 こうなってはS×Aに触れにくくなる。

 幸いにして当時はAの魅力を全力投球で書いたA攻めの別CP小説が好評で普段のメインはこっちだった。

 だから無理してS×Aに触れる必要はない。

 ないのだけど——

 これまた悲しいことに私はSも好きだったのだ。

 特にAと絡むのが好きだった。

 これは原作エピソードのせいとも言えるのだが、語ると長いのでここでは省く。

 とりあえず、原作がAとSの絡みを推してくるのである

 そうなるとAとSが絡む二次が見たくなる。

 でもそれでは主流解釈可愛いAを見なければいけない。

 雑食とはいえ、解釈違いばかりというのはさすがにキツいものがある。

 ならばと、逆CPに手を出した。

 今から考えればこれがいけなかったのだが、当時は雑食の利点を生かした良い手だと思ったのだ。

 そして私はA×Sを検索するようになった。

 まぁ当時ジャンル自体マイナーな上に、その主流CPとは逆なため作品総数が少なかった。

 それでも活動する人はいた。

 そしてその中に彼女はいた。

 仮名はエヌ子としておこう。

 エヌ子は絵も小説も書けたため当時のpixivにあるASの大半は彼女作品だった。

 少なくとも私が検索した範囲ではエヌ子の作品に溢れていた。

 なので真っ先にエヌ子の作品をみることになったのたが、正直ドストライクだった。

 小説にしても小話を書いた絵にしても私の好みでヤバかった。

 本当に好みすぎてpixivに日参し、Twitterフォローして新作を待ち望むほどのファンになった。

 けれど声をかけることはしなかった。

 理由としては単純だ。

 私が雑食で、逆CPを既にいくつか書いていたかである

 私はそうではないが人によっては逆CP絶対NGなんてこともある。

 そもそもエヌ子はS総受の人だった。

 ならSA以外にもS攻めを書いている私なんか範疇外の可能性がある。

 だからまりかかわるべきではないと思ったのだ。

 だが悲しきかな、雑食書き手の性。

 エヌ子の作品を読む内に私もASを書きたくなった。

 そして同時に、エヌ子さんの作品もっと多くの人に見てもらいたいと思った。

 そのためにはどうすればいいか

 それが、その日からそれが私の命題になったのだ。

 そんなある日、エヌ子の新作が投下された。

 それはいもの妄想シチュエーションの絵だった。

 そして、その中のひとつが、私の心に深く刺さったのだ。

 それは普段Sにひどく当たってしまうAが酔っ払い甘えるというシチュエーションだった。

 簡潔に言えば凄く萌えた。ヤバかった。

 そして、この萌えならばいいのではないかと私は思ったのだ。

 この萌えならばエヌ子さんの作品紹介に打ってつけではないかと。

 そしてTwitterにてリツイートした。

 が、それでは足りないと思った。

 もっと他の作品pixivにあるから見てほしいと。

 そして、私はある作品を書き上げた。

 そう、それが冒頭の説明に繋がるのだ。

 つまり、私はエヌ子さんのその絵のシーンを元に小説を書いたのだ。

 そしてそれを、pixivにアップした。

 そのときはまだpixivにまとめた作品がアップされてなかったのでURLは乗せてなかったが、代わりに「エヌ子さんのAS萌えて」とも「元ネタはエヌ子さんの作品から」なども明記していた。

 これが多分いけなかった。

 これがどういう経緯でかは未だにわからないが、人伝に私が上げた作品を知ったエヌ子は「嫌だ」とツイートした。

 今はそのツイート自体消されてしまい残っていないのだが、はっきりとした拒絶だった。

 今でもそのショックは覚えている。

 だが考え方の違いもあるだろうし、何か不手際もあったのだろうと心を落ち着かせた。

 そしてすぐに該当作品を消し、リプでエヌ子にその旨を伝えた。

 すると今度はそれを「嫌だ」と言われたのだ。

 そして「きっかけのツイートは消すから戻して」と上記ツイートを消されてしまった。

 そうは言われてもこちももう消しているしと困惑する中、リプでは埒があかないと言われDMに移行することとなるのだが。

 DMもっと混迷する。

 そのときのやりとりは最初に消されてしまったツイート以外すべて画像に残しているのだが、先方がネットに公開しないことを約束しろと言うので上げられない。

 だが内容としては早々にこちから「どうしたいのかわからない」や「そちらの主張が一貫していない」ことを指摘した。

 すると先方からよくわからない問題を出されたり、果ては「消して済むなんて思うな」「こちらの仕事に影響が出て困る」などと送られてくるようになったのだ。

 こうなったのは多少は私の落ち度なのだろうが、それにしてもよく意味がわからなかった。

 その中で1番訳が分からないのは直接やり取りしているのに「仲介役になってくれ」と私と仲のいい相互さんに連絡していたりするところなのだ

 幸いその方にはエヌ子とのDMやり取りに移行するときからずっと相談しており、DM内容も見せていたので中立に徹してくださったのだが。

 その方をしても意味が分からないと言っているほどなのである

 なお、エヌ子がその方に送った文面は私は見ていない。

 その方が見ない方がいいと言ったからだ。

 まぁそれはいい。悪口だろうとなんだろと気にしない。

 それよりも最初の方に述べているが、これは未解決に近いことが問題なのだ

 結果を先に述べると、先方からの返信が来ていないのだ。

 DMでも埒があかないかSkypeにしてくれと言われ、証拠が残らなくなるからと断ったら返信がこなくなった。

 そしてフォローが外されてしまった(当時は相互フォローではないとDMを送れなかった)。

 まぁ返信が途絶えるのは既に何度もあり、その都度こちから折りをみて催促していたからそこはもうどうでもよかった。

 それよりもフォローが外された方が困ったのだ。

 先方都合でDMにしたのに、これではもう絶縁状である

 正確にはブロックはされていないので違うのだが、それでも返信しないという意志の現れである

 こうなると本当に困惑しかない。

 解決したいってのも、責任を取ってくれっていうのも先方の要望なのにそれを達成する前に切られてしまってはどうしようもない。

 このまま活動するにもまた絡まれ訳の分からないことを言われても困るし、そもそもCPを変えようとジャンルは同じなのだからどこかで出会可能性が高い。

 そして考えた結果、私はアカウントごと引退することを決めたのだ。

 そうする以外手段が思い付かなかったし、少なからず仲間たちに迷惑もかけていたのが嫌になっていた。

 そうして私は先方の消すなという言葉尊重し、pixiv作品には閲覧制限をかけ、ことの経緯を書いた文面を公開した。

 もちろんよく分からなかったところや、二転三転していた発言には触れずだ。

 そしてTwitterアカウントも消さず、あらましを書き放置した。

 後日談として、その後も繋がっていた相互さんなどから

解決してよかった!ってあの人すごく喜んでるんだけど」や、ちょっと人としてどうなの?という話を聞くのだが、もう関わりたくなさすぎてスルーしてしまった。

 その節は失礼しましたと、この場を借りて謝罪したい。

 でももうエヌ子には愛想が尽きていたから話も聞きたくなかったということで許して頂きたい。

 あと私の作品を好きだと言ってくださった人たちへの申し訳なさすぎが強かったのもある。

 閲覧制限をかけたあともpixivメッセで「好きでした。残念です」や「どうにか見れるようにしてもらえませんか」など当時はもちろん、数年経った今でも届く。

 それを見るたび、もっとどうにかならなかったかなと思う。

 なので、というわけではないがこれを書こうと思ったのだ。

 脱線なども多かったですが、一応これは注意喚起です。

 こういう人もいるからという。

 そして冒頭のそれになるのです。

 つまりいくら萌えようと安易に人の作品元ネタに書かない方がいいよっていう。

 書いてくれーって言ってる人は大丈夫でしょ?とか思うよね。

 ダメです。私の関わった人も言ってました。

 だから書くなら仲間内にした方がいいです。

 じゃないとこうなったときすごく面倒くさいです。

 神の作品とか書きたいよね。

 でも神ほど気を付けた方がいいです。

 神に失望したくないなら余計に。

 件のエヌ子ですが、最近は浮上していないようですけど未だにそのジャンルに居ますし、どうも商業お仕事しているようですし、別垢を持ってないとも限らないので本当に気を付けて。

 途中からパクリだとか、出るとこ出るとか気の弱い方だと心が折れそうなことまで言ってくるような人なので。

 そして、そんな人間はエヌ子だけではないと思うので私の実体験を元に紹介しました。

 長くなりましたが、どうか皆様は楽しい創作ライフお楽しみください。

 長文乱文をここまでお読み頂きありがとうございました。

  • anond:20180202215028

    雑食者が死ぬほど地雷だったんじゃない? だとしたら突然地雷の人に自作品の絵なんて描かれたら発狂してもおかしくないと思うわ てか他人の作品の絵描くときって事前に許可取るなり...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん