「鍵っ子」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 鍵っ子とは

2021-11-23

第1章 俺、誕生

once a porn a time.

I am born in The bed town.

そこはベッドタウンであることだけが取り柄のしがない町であった。

しいて特産品を挙げるのならのなら、現代価値基準で言えば圧倒的な勝ち組家庭がモーレツに嵐を呼びがちな国民アニメぐらいである。

私はそんな都心に近いことだけが拠り所のそこで、そのアニメ主人公たちからは1回りぐらい下の家庭に産まれた。

十二分な中流であった。

私を産んだ時に既に母は40を超えていて、父はそこから更に2歳ほど年を取っていた。

両親の性格は今で言えば大人の発達障害、その血をかけあわせて出産適齢期を過ぎた母体から世界に飛び出した私は、当然のように見えざる発達障害を抱えていた。

物心ついた頃、テレビで見た自閉症特集で「自分はこれをギリギリ回避しただけなのだ」と子供心に嫌というほど感じたものだ。

発達障害からくる情緒不安定、また生まれつきの運動音痴リズム感の無さが幼少期の私を苦しめた。

せめて産まれたのが3月でなければ……。

持って産まれた才能と産まれた時期によって本能レベルの優劣を植え付けられた幼稚園時代、思い出せる記憶おゆうぎ会で失敗した結果泣き出して最後には小便を漏らしたことだけだ。

他の記憶はどうでもいいものと辛いものしかないので忘れてしまったが、一番辛い記憶は忘れきることが出来ていない。

小学校に上がってからは、持ち前のコミュニケーション不全と癇癪持ちにより友人を作りかけては次々に失っていった。

ただ、両親が共働き鍵っ子で、ゲーム玩具だけは持っていたため、それを目当てに厚かましい連中によく家を遊び場にされていたことを覚えている。

私にとって人と一緒に遊ぶことは食い物にされることだった。

結局彼らとの間に友情が芽生えることもなく、クラスで班分けがあると決まって彼らは本当の友人たちと群れあい、私は余り物のグループにいた。

同じグループにいる者たちは、今思えば全員が発達障害だったのだろう。

その顔つきは目がつり上がってこそいないが、うっすら自閉の色に染まっている。

スポーツは苦手だった。

ゲーム自分で遊んでも家をたまり場にしている連中よりうまく出来ないことにイライラしがちだった。

私は一人の時間にはよく図鑑を読んでいた。

それで暗記が好きな子供だと勘違いされたのか、学校教師は私に自信をつけさせようとよく電車動物名前を答えさせようとしたが、私は物についた名前に興味はなかった。

科学論理に基づいてどういう事が起きているのかが好きだったのだ。

まり物事概念のもの理屈原理が好きであったのだ。

その理由は結局の所、生まれつき物覚えが悪い自分でも、名前を覚えなくても概念だったら分かるし、テストで出るときも穴埋めの周りにヒントが沢山あるので昔の偉人名前なんかよりはずっと覚えやすいと感じたからだろう。

私の中にただ一つ人より出来ると感じられるものがいつの間にか産まれていた。

そんな私を見て、両親は中学受験を勧めた。

勉強が好きだと思ったのだろう。

それと、小学校友達がいないことも見抜かれていた。

新しい環境で、勉強の好きな同級生と一緒になれば、自閉症じみた我が子にもちゃんとした友達が出来ると信じた両親は、私を塾に通わせることにした。

塾に通うことの条件として私は大嫌いだったスイミングスクール習字教室を辞めることを提案した。

取引は成立した。

それから私は受験勉強をそれなりに頑張り、それなりに手を抜き、結局暗記が得意でないことで躓き、志望校から2段階落ちる滑り止めの私立入学した。

中学受験勉強どころか学校の授業さえ本当に真面目にやっていれば受かれるような学校だったが、親戚や両親は私を賢いと褒めてくれた。

私だけが自分いか努力しておらず、そもそも勉強自体も苦手なのかを思い知らされていた。

そして、同じく受験勉強をする塾の同級生を見ているうちに、自分が得意げにしていた「記憶力が足りない代わりとしての理解力」というも、実際は大したことがないことを嫌というほど分かっていた。

我が子を無事私立へと送り出したと胸を撫で下ろす両親とは裏腹に、私は自分という人間の程度を思い知らされた烙印としてその学校制服へと袖を通した。

つづき https://anond.hatelabo.jp/20211124015201

2021-10-14

anond:20211013181351

□かぎなど

完全に分かってる人向けだな

ウィー・アー・鍵っ子

これ20年前に放送しろ

たし

かに

吸血鬼すぐ死ぬ

最近BS12のこち亀SPを見まくっているが

昔は普通に読んでいた、特殊刑事がまったく笑えない

くすりともしない

後、ゲストキャラ女の子キャラデザが急に石田敦子風だったりガキ探偵コナン風とか

その時その時のキャラデザ氏がやっていた作品を引きずっていて浮いている

昔のアニメってこういういいか・・・・そういう時代だったんだなーって思いつつ、まあそれはともかく

作中で編集最強ネタってなんとなく少年漫画向け女性作家に多い感じ

 

最果てのパラディン

うむ。地に足ついたキャラ、展開を期待したい

原作エターナってるって本当ですか?

 

□真の仲間じゃないと勇者パーティーを追い出されたので、辺境スローライフすることにしました

なろうアニメではたまにあるんだけど、DQ世界なのに、

医者が赤いネクタイして、白いスーツ着て、メガネかけて、聴診器

時代考証さんは転生失敗したようですね

  

世界最高の暗殺者異世界貴族に転生する(暗殺貴族)~2話

Fate/Zero切嗣(ただし正義の味方願望無し)みたいな人物

引退直前に組織に切り落とされ、飛行機事撃ち落とされる

そしてその魂は田村ゆかり神の手異世界転生し勇者を殺せって言われる話

転生するまでの話はアニメスタッフオリジナルらしいがぱk....影響は見えるもののまあまあ悪くなかった

本編はたぶん少女二人を連れて中世後期~ルネッサンス時代世界

魔法と武具体術暗殺するみたいな話みたいだ

ちなみにこの原作の作者はケヤルガを描いた人、そう鬼頭明里を食ったケヤルガの原作

また上田麗奈がシャベー女を演じてるー 

 

□先輩がうざい後輩の話

動画工房によるworking

やさしく気をつかいまくっちゃうでか先輩とちっちゃい新人

がん溘aる蟾ヲい!

いいですよ、お薦め

でも1話告白しちゃった。どうすんの

原作のしろまんた先生VtuberセクハラをしてApex Legends大会でチームごと出場停止になったクソ素晴らしい人格者なので応援したいと思います

 

大正トメ御伽話

pessimistなスバルくんを和風レムがご奉仕する話

 

舞妓さんちのまかないさん

天才舞妓はん少女M・A・Oと飯炊きざーさんがいちゃいちゃする奴

クオリティ高い。ジェネリックきららNHK日常系っぽいアニメといえば黒魔女さんが通る!!を思い出した

きらら不足で肌が荒れ気味な貴方

 

□見える子ちゃん

フェチカット推し

この作品、見えるけど無視していれば勝手に消えていってくれるしお祓いできないし

見えるから、だからどうなの?みたいな問題があるかも

🐈の話は良かった

無職転生

やっぱおもしれえわ

でもやっぱエロ成分が妙に濃厚だわ

 

異世界食堂2

2になっても登場人物食レポプロ

□しょうたいむ!~歌のお姉さんだってしたい~

うらみちお兄さんレベルを期待すると後悔する

でもまあ

まあ

 

□月とライカと吸血姫

演出がすごい。ここを見せたいって所で動きと構図、カメラがめちゃくちゃ決まってる

ただ階段を上るシーンだけなのに他のアニメ表現力の幅で才能の違いを見せつけてくれる

ただのシャワーシーンなのに、シャワールーム美術異世界感をかもしだしている

禍つヴァールハイトMVZみたいな世界の作り込みを感じる

内容は綾波レイ王立宇宙軍する感じ(戻ってこれない可能性もあり)

KINGレコード金かけてる

庵野秀明という男が映像編集が全てです。みたいな事を言ってたけど

やっぱ決まった画を作れるコンテ描きが重要じゃないか

テレビエヴァのすごかったのはドラマシーンでのコンテのセンス、画作り、レイアウトカメラだよ。あとタイミング時間の割り振りとかも

2021-07-05

子供を預けることに申し訳なさがある……って言ってる人って小学一年生から鍵っ子だった人間とかを正常な教育を受けられなかった野蛮人みたいに思ってるんだろうか

多分思ってるんだろうな

2021-07-03

anond:20210703172044

子供の為なら片方の親が家に居た方が良くないか

学校パワーカップルみたいなのが居たが、帰ってからゲームばっか

親とは殆ど顔合わせられない、ある時帰りの会で急に泣き出して寂しいから家に帰りたくない、みんなと一緒に居たいって泣いてた子居たし

鍵っ子結構居たが可哀そうだったぞ。電車通学だったか放課後遊ぶのも禁止だった

2021-02-15

「男らしさから降りた男性は本当に魅力的なんだろうか?」という、ずっと弱いまま生きている男の疑問。

はじめに。無駄に長い日記かもしれませんが、ご容赦ください。

「男らしさ」とは具体的にどういう物なのか?未だに理解出来ていませんが、僕は自分がそれを持ち合わせていない事は理解しています

男なら、強くなれ。男なら、我慢しろ。男たるもの、立派であれ。男なら、涙を見せるな。

こういう男なら、男だから、強くなれ、強くあれ。という生き方と、僕は正反対存在でした。

僕は女子を恐怖していました。

僕は小学生の頃、同級生上級から揶揄れいじめられるような弱い子供でした。

運動神経が悪い上足も遅く、急に殴られたり目の前で自分の物を盗まれたりしても、その犯人を走って追いかける事も出来ないようなやられっぱなしの存在でした。

何故僕がそういうからかいターゲットに選ばれたのか、今でもよく分かりませんが、やられてもやり返す事も出来ないような弱い存在は格好の玩具だったのでしょう。

休み時間になる度に消しゴム鉛筆を盗まれ上履き女子トイレに投げられ、階段では足を引っかけられ、とにかくその事が嫌で嫌でしょうがなかった事は覚えています

それでも学校その物は嫌いではありませんでした。どうしても行きたくない日が多く定期的にズル休みをしたり、登校日もグループ登校ではなく遅刻寸前になって親に学校まで送ってもらう事が大半でしたが。やっぱり学校は嫌いでした。

ともかく1年生の頃に、僕は同じクラス女子生徒の事を好きになりました。その子がどういう性格でどういう人柄なのかは全く知りませんでしたが、容姿自分好みでとにかく一目惚れだったのだと思います

ある日、体育館で全校集会をしている時に一緒に並んでいた女子と何故か「お互いの好きな人を言い合おう」という話になり、僕は馬鹿正直に「○○さんの事が好き」とその女子に打ち明けました。

その話を僕に振ってきた女子は、僕の好きな相手を聞き出した後に自分の好きな相手を打ち明けなかったので、ズルい、騙された、何て卑怯な奴だ、と非常に腹が立った事は今でも覚えています

うっかり自分の好きな相手の事をその女子に話してしまったその日の内か、それとも次の日だったか、それは今となっては覚えていませんが、僕は学校廊下で○○さんとすれ違った時にある事にすぐに気が付きました。

小学校1年生の、まだ6歳の子供でも、自分が強烈に嫌われている事を理解出来るのは不思議な事だとこの歳になっても思います。生まれて初めて好きになった異性に、僕は同じ学校に通う9年間ずっと嫌われ続けました。

○○さんに何か非があった訳ではなく、僕の性格容姿が決して女性に好かれる物では無かった事が一番の原因だと、今ではよく理解しています。嫌いな相手好意を寄せられる事が女性にとって非常に不快である事も知りました。

自分女子に嫌われる男子である事を僕はその時理解出来ました。中学校を出れば流石に何かが変わるだろうと期待していましたが、結局高校での3年間もずっと女子からは嫌われていました。12年間、ずっと嫌われていました。

同じ登校班に家が近くで僕にも優しくしてくれる子が一人だけ居ましたが、僕がズル休み常習犯グループ登校もしない自分勝手な子供だった事もあって、すぐ疎遠になりました。

学生時代女子からずっと嫌われていた事、自分女子に好かれるような人間で無い事を学校で学べたお陰で、僕は今でも女性恐怖症です。親からは本当に分かりやすいなぁとその事について笑われます

道を歩いていて向かいから女性が来ると、その人の年齢に関係なく大きく迂回して逃げるような動きをしてしまます自分の方が体格が良くても、背が高くても、情けない事に女性の事が怖くて怖くて仕方がありません。

通りすがり様に、「臭っ…」「キモッ…」と言われるんじゃないか、言われなかったとしてもそんな顔をされるんじゃないか、内心そう思われるんじゃないか、そう思うだけで怖くて血の気が引いて、とにかく女性から逃げてしまます

去年散歩帰りに、下校中のまだ低学年であろう女子小学生と狭い歩道ですれ違った時、「自分が向かいから歩くだけで不審者だと思われてこの子に防犯ブザーを鳴らされるんじゃないか!?」と本気で思い、垣根を飛び越えて車道に逃げたところ、着地の際にバランスを崩してずっこけて、右の肘あたりをアスファルトで擦り剥いてしまい、そのまま痛い、痛いと思いながら帰宅する事になりました。本当に何て自分は情けなくて馬鹿なんだろう、と悲しくなりました。

僕は男子に嫌われる役立たずでした。

幾らキモくて女性に嫌われていようが男には男性同士の繋がり、「女性共通の敵として見下し」「男性友情尊いと崇める」事で男の同士の絆を深めるホモソーシャルがあるじゃないかと思う人も居るでしょう。

誰が言ったかは知りませんが、同性にさえ好かれない人間が異性に好かれる訳が無い、という言葉を聞いた事がありますキモイ奴として女子に嫌われていた僕は、同じように男子からキモい奴として嫌われていました。

子供の頃、皆に人気のある男子はどういう人だったか友達になりたくなるような明るくて面白い子や、運動がよく出来て体育の時間に大活躍するような子は間違いなくクラスや学年の中で人気があったと思います

前述したとおり僕は運動音痴で足も遅かったので、体育の時間活躍どころか同じグループ迷惑をかける完全な足手まといでした。性格も、自分が嫌われてる事に自覚が無いタイプ空気が読めないおかしい奴でした。

ボールを遠くに投げられない、捕る事が出来ない、速く走る事が出来ない、長く動く事が出来ない。僕は体育の時間の間完全に単なる数合わせで、もっと言えば僕の入った側が不利になるババ抜きのババのような存在でした。

当然、体育の時間活躍するような運動がよく出来る男子や、クラスの中心的存在先生からの評判も良いいじめの主導者からも嫌われていました。同じ男子からも嫌われホモソーシャルから疎外された子供が僕です。

それでも僕には休み時間落書きを見せ合える友達が居ました。年齢の割に体が小さくいじめターゲットになっていた子と、母子家庭鍵っ子である事を理由にやっぱり男子の中から浮いていた子が友達になってくれました。

ある日、いじめターゲットになっていた友達が転校しました。ひょっとしたら親御さんの転勤などが理由だったのかもしれませんが、クラスメイトからいじめも大きな原因だったのではないか、と僕は思っています

の子は何も悪い事をしていないのに、体がクラスで一番小さいというだけで、物をぶつけたり、馬鹿にしたり、○○菌が付いた!と貶して良い存在のように扱われていました。昔の事ですが、僕もされたという事は覚えています

僕はキモくて役立たずだったので、ホモソーシャルに入る事はありませんでした。僕のようなキモくて役立たずの男子を皆でいじめるあのノリがホモソーシャルなら、僕は昔からそれが嫌いだったし仲間とも認めて貰えてなかったと思います

僕は他人に取れるマウントなんてありませんでした。

男性男性というだけで女性を見下して上から目線で接する「マンスプレイニング」という差別意識があると聞きました。男性というだけで女性より優れているという思い込みから来る「有害な男らしさ」の一つであるらしいです。

女子に嫌な思い出があるなら、女子なんて、と割り切って見下せたら楽だったのかもしれませんが、僕は自分能力他人に勝った記憶小学校1年生の小テスト以降全くありません。

体育の遠投ではわざとらしくやる気なく投げた女子以外に飛距離で勝てた覚えがありませんし、シャトルランで性別関係なく僕より早く脱落した同学年の生徒は一人も居ませんでした。その事が、今でも忘れられません。

なら勉強はどうかというと、女子は安定して成績が良く、僕は5教科の合計点が150点台という事がありました。自分は本当に馬鹿なんだ、この学年で自分以上に頭が悪い奴は居ないんだとその時強く頭に刻み込まれました。

両親は自宅から近い学校に通って欲しかったらしいですが、結局そんな成績では自分名前さえ書けば無条件で入学出来る遠くの私立くらいしか行ける高校がありませんでした。僕が馬鹿なせいで、余計なお金がかかりました。

頭が悪いのは僕が一切努力を行わず遊んでばかりの馬鹿だった事が大きいと思いますドリルは後ろの答えを写すだけ、夏休みの宿題家族に泣きついて答えを全部教えてもらうという他力本願だけでそれまで生きていました。

結局その私立高校でも男子の仲間に入る事も出来ず、小中学校の時のように女子から嫌われ、勉強もろくにしないでズル休みを繰り返しました。高校卒業しても、自分がそこで努力して得た物なんて何にもなかったと感じました。

高校受験さえしなかった者が大学受験なんて出来る筈もなく、大学受験さえ出来ない者が就職活動なんてする筈もなく、僕は高校卒業してから現在までずーーっと親の脛を齧って何の努力もせずに家に引き籠っています

僕は自分能力他人より優れていると思った事が小学校1年生以来ありません。ずっと引き籠っているので、家族以外の女性と接した事も学生時代以来何かのお店で店員さんとして働いてる女性以外とは殆どありません。

中学校時代から友達とは話が合わないという理由でずっと疎遠です。彼らともゲームアニメなど娯楽の話題で盛り上がっていたくらいで、ミソジニーで絆を深めた事なんて一度も無いと思います。何せ女性話題が出ません。

僕は良い歳して未だに童貞で、所謂専門店女性とも関係を持った事がありません。中学校時代友達達はそんな僕に気を遣ってか、僕でも話題に混じれるゲームなどの話題しか僕の前ではしないようにしていてくれました。

僕の男性器は極めて小さく、友達家族など親しい間側の人とも決して一緒にトイレに行ったりお風呂に入りたいとは思えません。女性が言う所の「ポークビッツサイズで、その事に子供の頃から非常に強い劣等感を持っています

から自分意見や嗜好が人と合わない事が多く、現実より自由場所であるインターネットでも他人と上手く付き合えた事がありません。自分好きな物多数派意見に叩かれる、という経験は嫌というほどしてきました。

僕はこれまでの人生で親や兄弟に守られるだけで、自分が誰かを庇護したという事はこれまで一度も無かったと思います我が家という共同体で一番の弱者は僕であったため、家族弱者であった僕を外から守ってくれました。

「男らしさ」という言葉が全く当てはまらない男だと自分で思いますし、男性同士の繋がりからも完全に省かれています。現状のままで男らしくなりたいとは思っていませんし、男性同士の付き合いに入って嫌な思いをしたくもありません。

貧弱で、競争から逃げ、庇護される側で、何一つ優れている所が無い僕は全く「男らしく」ないと思います。男らしさから降りるまでもなく、初めから男らしかった事なんて一度も無かった、生物学上は男だっただけの存在だと思います

小学生の頃からずーっと現実がつまらなかったので、漫画ゲームなどの空想に逃げていました。今でもその頃から変わらず逃げ続けています

僕という存在は「男らしさから降りた新たな男性像」の一つでしょうか?

結論から言えば全くそんな事は無いと思います。ここまで長々と自分は違う、加害者ではない、ノットオールメンと言い訳をしているだけなのですから

「男らしさを降りる」というのは現在の「男らしさ」を否定して新たな「男性としての生き方」を広めるために努力し戦う事で、ただ自分現在の「男らしさ」から逃げる事では無いだろうと思うからです。

結局僕は男らしくなれず、男同士の繋がりの中に入れず、かといって現在の「男らしさ」を変えるための「ジェンダー強者」としての努力も一切しなかった、ただの負け犬でした。

魅力的な男性が男らしさから降りれば「男らしさから降りた魅力的な男性」になるでしょうが、男らしさから降りているだけの男が魅力的ではない、が答えじゃないかな…と僕は思います。ここまでお疲れ様でした。

2020-12-20

自分一人暮らしの“子供部屋おじさん”だ

28独身男性

地方都市勤務、一人暮らし

仕事プライベートほとんど不自由なく暮らしている。

彼女は今まで何人か出来たが、すぐ別れる事がほとんどだった。

今は独身貴族謳歌していると言っていい。

ただ、幸せだと胸を張って言えない。

おそらく結婚して家族を持つことが幸せだという洗脳に近い教育のせいだろう。

今でこそ晩婚化や一人◯◯のようなシングルに対して許容する社会になってきてはいるが、それでもまだ未婚者は未熟者、という風潮はある。

正直、未熟者である自覚はある。責任を負いたくないのだ。結婚相手子供人生を歩んでいく責務を、まだまだ想像できないし、したくない。

自分一人暮らしをしているだけの“子供部屋おじさん”なのではないか

Wikipediaによると子供部屋おじさんの定義40歳以上とあるが、予備軍・潜在性は十分にそれである

鍵っ子だったせいもあってか、一日に必ず自分時間空間が欲しい。親族の集まりがあっても早々に切り上げて自室に戻る事が多かった。

同棲なんて考えられない。

そして、昨今SNSWebエッセイであまりに多くの不倫話や旦那への愚痴を見る機会が増えた。

それが結婚への希望を打ち砕くには十分だった。

ただ、諦めきれていないのも事実

一つはその家族を築く=幸せというような思想が染み込んでしまっている事。

もう一つは、両親。自分の中で理想夫婦像となってしまっている事だ。お互いを尊敬し合う、人生パートナーに見える。そして、その両親を安心させたいという願いもある。

どこぞの上手くいかなかった夫婦の話より、一番身近で敬愛する両親を参考にすべきなのは分かるが、あの境地に至るまでの甲斐性が自分にはやはり無い気がしてならない。

それでも将来、急に自由の気楽さよりも寂しさが勝り、結婚を焦るようになるのだろうか。

そしてこれは勝手想像だが、自分のような人間が少なからずいるのではないか

2020-12-15

anond:20201215090953

昔のいわゆる鍵っ子世代大人になったころにはもう大人数が泊まれるような実家は少なくなってただろうね

ググる鍵っ子昭和30年代後半期から高度成長期頃あたりに出てきた言葉から田舎実家が広いという常識を持ってる人ってやっぱり少ないか

2020-11-04

少し安心した

また「いいねブロック」されたのかと思ったけど、鍵っ子になっただけのようだ。

フォローブロック』もなかなかクるけどさ、「いいねブロック」はもっとショックなんだよ…

どっちもよくやられるんだけど、そんなに変なのかね…

2020-10-18

ライン工やってる増田女です。

仕事中、手を動かすだけの流れ作業してると脳がとても暇になる。

基本はオタクなので昨日読んだマンガなどを脳内で思い返して暇を潰してるのだが、思い返すネタがなくなる脳が勝手過去記憶とか引っ張り出してくる。

基本人間関係で失敗した内容ばかりで、その時感じた感情ごと蘇ってくるのでフラッシュバック一種なんじゃないかと思ってる。

昨日頭の中に渦巻いたフラバ内容に寝込むほど消耗した。

内容は幼少期(おそらく低学年)から始まった親の夫婦喧嘩

仕事帰りに必ず飲みに行く父親はおそらく飲み屋女の子に入れ込んでいた。

そして顔を見たくないかパート仕事を入れた母親は、パート先での愚痴を全て私に吐き出していた。

自分ひとりっ子なので見事な鍵っ子になった。

帰ってきて3時間程度は家に一人。

帰宅した母親に夕飯時愚痴の捌け口にされる。

それが高校卒業まで続いた。

食器を投げるような激しい夫婦喧嘩ではなく、冷戦だった。

家の空気は冷え切っていた。

父親趣味であるマンガ本が本棚にたくさんあったので、読みふける事しか時間をつぶせなかった。

(結果見事なオタクになった)

中学から高校への進路は、親に相談せず自分で決めた。

そのためにテキトーだった勉強に身を入れ、成績を上げて志望の高校合格した。

父親合格を告げたが、そうか、ぐらいしか返ってこなかったと思う。

父親は私に興味がなかった。

母親自分の事で手一杯で、子供の事は「話(愚痴)を聞いてくれる相手」としか見てなかった。

まり放置されていたのか、と、アラフォーの今になって理解した。

暇を潰せる物(ゲームマンガ)だけを買い与えて、あとは衣食住だけの面倒をみる。

しかったんだと思う。でも訴える事はなかった。私の話を聞いてくれる事はなかったから。

元々両親の仲はそれなりで、自分が生まれからしばらくしてから険悪になったんだろう。

小学3年生になっても直らなかった夜尿症と、今でも残る爪噛み癖は家族からストレスに晒されていたからではないか

そして今、結婚すらできずにライン工をしているだけの墓守娘になった。

そんな内容が仕事中に蘇ってきて、めちゃくちゃしんどかった。

振り返って寒さのせいでフラバもキツかったのだと思った。

なので冬に向けての準備をしに行こうと思う。

2020-08-18

売却癖

衝動的に手持ちの物を売り払う癖がある。

売り払うものゲームソフトだ。

親共働きで鍵っ子、家に誰もいない中私の遊び相手になってくれたのはゲームだった。

スイミングクラブ上級試験に受かったご褒美に買ってもらったマゼンタゲームボーイカラーと、ポケットモンスター銀

近所の金持ちにいちゃんが貸してくれたゲーム機が自分の家にあって、しか自分の持ち物になるなんて!箱から出したてピカピカのランドセルを背負った時と同じくらい嬉しかったものだ。

それから「いつかは卒業するだろう」と思いつつ中学ではファイアーエムブレムMOTHER1+2出会い高校では星のカービィUSDXタイムアタックに熱を上げ、大学ポケモンXYに出戻りし……

現在も私はswitchスマホを握り締めてゲームと向き合っている。

大人になったらゲームをやめるなんて大間違いだった。

しろアダルトゲームができるようになると名作ADVを男女BLの境なくやりまくったし、今はSteamやらDLsiteプロアマチュアの垣根なく無限面白いゲームを購入することができるのだ。

幼い頃のように没頭できる時間はなくなったけれど、購入本数は増えたと思う。

しかし、先述した通り私には売却癖?がある。

高校の時だ。私は手持ちのゲームポケモン銀とプラチナを残しすべて売ってしまった。

きっかけは正直思い出せない。ただ、私の高校生活はお世辞にも楽しいものとは言い難い。

友人とは一度も同じクラスになれないのに、とんでもない女(教師カマキリをくっつけておおはしゃぎする等)とは二年同クラスな上修学旅行の班も同じ。

本命に落ちて来た学校だったので授業のモチベも終わっていて、ついでに入学時両親が離婚した。

確たる理由はわからないが、私はゲームを売ってしまった。

そしてゲームをすることもやめた。親が禁じた訳でもなく、ほかに趣味がある訳でもない。受験勉強に打ち込むでもなく、高校生活を惰性で消費していった。

そして大学、私はふとゲームをやりたいという感覚に襲われた。高校から抜け出したことメンタルに余裕ができたのだろう。

衝動的におもちゃ箱(というかゲーム箱だが)を漁って手にしたのは、折りたたみ式のゲームボーイアドバンスSP。早速何かやろうとカセットを入れていた巾着をひっくり返した。出てきたのは、ポケットモンスター銀。それだけ。

そこからはもう怒涛だった。

「お母さん!ポケモンの古いゲーム捨てた!?」「アンタが売って良いっていったんでしょ!?」とかい迷惑まりないやりとりをして私は中古屋に走り、探していたものを見つけた。

ポケットモンスターサファイア不思議のダンジョン青の救助隊、闇の探検隊ポケモンコロシアム、ポケモンチャンネル………それからカービィ鏡の大迷宮USDXMOTHER1+2トマトアドベンチャー。ここに書ききれないくらいの私の思い出は、そこにあった。

けれど悲しいかな、大1でバイトもろくに始めていない私には全てを買い戻すことはできなかった。いつか絶対買い戻そう、そう胸に誓って500円箱なしのトマトアドベンチャーだけを手に私は店を出た。

帰ってきてすぐ、私はポケットモンスタープラチナを起動した。本当はサファイアをやりたかったのだが、私が手元に残しデータが飛んでいないソフトはそれだけだった。

すごく、面白かった。何をして良いのかわからず各街に飛んで聞くBGMも、適当に組んだパーティレベル80代のライバルボコボコにされたことも。

あの時得た端金で買った名前も知らないスナック菓子にかえていいものじゃなかった。何年越し、何十回目の殿堂入りを果たした時、私は泣いた。

そしてその夜、人生ではじめてバイト用の履歴書を書いたのだ。

人生初のアルバイト苦痛の方が多かったが、おかげでソフトほとんどは一年以内に買い集めることができた。FE系のソフトと一部のハード大学生の懐には痛かったけど、ようやく自分を取り戻せたような気がした。


……自分を取り戻せたような気がした?


ここに来て私はゲームに相当な依存心を持っていることに気がついたのだった。

職場ゲーム趣味について弄られると「まあゲームに育てられたようなもんなんで!w」と冗談で返したことはあったが、どうやら真実(マジ)らしい。

そして現在コロナ無職である

バイト貯金繋ぎつつ、精神を削られている毎日だ。

疲労ピークに達した時、ふとあの時の感覚が頭を過ることがある。売ってしまえばいい、と。

今手にしているswitchを手放した時、私は今度こそ自我を失うかもしれない。

2020-07-20

高校ですでに、ITでの現場経験がある、つまり師匠がいる子は別として

学校教育で となると ちょっとな、

鍵っ子などもいて、何が起きるかがわからない。

ちょっといま、新作を見ているが、さすがにこれは未成年にはNG 保護者同伴必須

2020-07-15

おれが堤真一を知ったのは再放送やまとなでしこ

鍵っ子で帰って洗濯物をたたみながら再放送をみてた

むかしは夕方4,5じくらいに再放送ドラマをよくやってた

踊る大捜査線もそこでみた

王様のレストラン古畑任三郎銀狼怪奇ファイル堂本剛金田一若葉のころ

若葉のころはやたら長いなという印象だったけどウィキペディアみると12話しかないんだよな

30話くらいあった印象

よるのドラマじゃなくて再放送がこどもの自分ドラマとの出会いだった

Gガンダムドラゴンガンダムとのバトル回から見た

なにがいいたいかっていうと名作ドラマ毎日ちょっとずつ再放送してほしい

まとめてだとみのがしたらもういいやってなるけど毎日あったら一日見逃しても次の日みるから

2020-03-04

anond:20200304090953

たまに体罰を懐かしむ奴もいるが、

殴られていた当時も今も許せない。

鍵っ子なんて虐待だというメリケン式がスタンダードになりつつある昨今だが、留守番は平気だったし今も別に問題とは感じない。

頭は切り替わらない、人間が入れ替わるだけ ってことなのかな~

子どもが一人で家にいること

今回の休校騒動でそれが一般的では無いことを知った

小一から鍵っ子で、学校学童も無い期間は一人で家にいることが当たり前だったかちょっとしたカルチャーショックだった

ツイッターだとお留守番で危ない目にあった経験ばかりバズってるけど、自分場合は小一から高三までずっと鍵っ子で何にも起きなかったか不思議に思う 

生存バイアスとか言われるんだろうか

2020-02-28

こんなに唐突休校なんか言われても小学生だけでは留守番できない!どうするんだ!って話に対して

俺はできてたけど?別に平気だろ?小1から鍵っ子だったけどなんともなかったけど?みたいにお留守番できてたマウント取ってくるやつ

「ぼくできるもんっ!!ひとりでおるすばんでぎるも”ん”っ!!!!」じゃないんだよなあ

お前らこの手の話になるとすーぐそういうこと言い出す

お前らのことは聞いてないの

お前らみたいにほっといてもずーーっと黙ってファンタジー小説読んだり電車図鑑地図帳見て時間潰して友達と外で遊べなくても全然OKな奴の話はしてないの

クラスで一人浮いてる奴ってクラスにたった一人だからそうなってるわけで

残りの30人くらいの普通のガキは友達の家に押しかけてギョピィイイイイイイイーーーーッ!!って奇声上げながら室内で鬼ごっこして障子に倒れ込んでビリビリに破っちゃったりしてるの

年相応の普通のガキはお前らみたいなおませさんと違っておとなしくお留守番できないの

anond:20200228025004

はいはい、哀れだなぁ

おまえの親は能力いからお前を鍵っ子にしたんだなぁ

うそれでいいよ

まり昭和常識を令和にふりかざすなよ

うるさいじいさんとおもわれるぞ

anond:20200228024507

社会が大変複雑になってるので昭和基準で人を図るのをやめたほうがいいよ

ちなみに鍵っ子アメリカでいうと被虐児童

おまえがやってることは奴隷の鎖自慢

anond:20200228024012

無能から鍵っ子なんて危険な役目をそつなくこなせたんだろうな

anond:20200228023555

鍵っ子子供時代過ごしてきたのにそんなこと言われてもね

過保護の親が屁理屈捏ねてるだけとしか思わん

2020-02-27

鍵っ子としては隔世の感ある(老害)

というかお留守番自習自炊もできる子であっても虐待ダー放置子ダーっていちゃもんつけるキチ親がいるんだろうな

2019-07-10

anond:20190710134016

横だけど、共稼ぎ育ちは大変だね。歪んでて。

スーパー惣菜菓子パンで育ったんやろ。鍵っ子かな?可哀想

2019-07-06

anond:20190706112432

4年生から留守家庭なくなって鍵っ子だった

共働きだったから帰ってもだれもいない

いつも再放送ドラマを見ながらダラダラと洗濯物をたたむのが日課だった

自分としてはたいしたことじゃないと思ってやってたけど、

親はめちゃくちゃ感謝してくれるのでうれしかった

2019-06-25

anond:20190625194109

鍵っ子育ちを馬鹿にするのやめろよ。

かに鍵っ子育ちとか片親はメンタリティ問題あるやつ多いけどやめろ!

もう一度言うが

専業主婦馬鹿にするのはワイの母親馬鹿にすることや

共稼ぎ鍵っ子育ちは黙ってスーパー惣菜でも食ってろ

片親は2人分の愛で育ててくれた親にでも感謝してろ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん